FC2ブログ
2018年11月18日 (日) | Edit |
今日は東御美術会の例会と常任委員会の日だ。
このところ就寝するのがまた遅くなってきて朝寝不足感が残ることが多い。
水彩画の例会の日は、最近はバアが弁当を作ってくれるようになったので、朝早く起きなくても済むようになったが、一人時間まで寝ていることもできるが、それも申し訳ない気がするので、今日は行く途中コンビニで弁当を買うことにしてお弁当作りは断った。
会場が市役所に隣接する中央公民館なので、近くにセブンイレブンがある。
お昼休みに買いに行ってもいいと思っていたが、朝出かけて途中の旧北御牧村唯一のコンビニに寄ってもまだ9時の集合時間には余裕があったので、そこでお弁当を買ってから中央公民館に行った。
9時過ぎに簡単な報告事項があった後、絵を描き始めた。
いくつか画題が用意されていたが、ジイは落ち葉を拾い集めてきた人がいたので、それを描いた。
イチョウやコナラ、サクラ、ブルーベリーなど色とりどりの葉があって、色の多彩さが面白かったので、それを描くことにした。
この画題を選んだのはジイだけだったので、独り占めで描いた。
描き始めは面白がったが、描いて色を付けるうちに、構図や色の配置など難しすぎて訳が分からなくなってしまった。
色を付けてから全体の構成を見直すつもりだったが、デッサンからやり直さなければいけない、と思ったが手遅れだった。
昼休みをはさんで午後1時過ぎまで描いたが、満足のいくところまで描き切れなかった。
30分ほど会長の講評を受けた。いろいろ指摘されたが、駄目だと思ったところをやはり指摘された。
画題の落ち葉 ジイの描いた絵 講評
今日は、例会の後2時から常任委員会があった。3
か月の活動報告と、12月の納会や1月の総会の進め方や議題にについて協議した。
役員や常任委員会の委員については、今年で2年の任期が終了するが、引き続き2年間変更なしで総会に提案することになった。
ジイの写生旅行係もお役御免にならなくなった・・・。
1時間の常任委員会の後、同じメンバーで再来年の美術会70周年記念事業推進委員会が開かれた。
メインの議題は記念展と記念誌の発行だ。
記念展は、毎年実施している会員展に冠を付けるだけなので、それほど問題ないが、記念誌は費用が掛かることなので、個人に経済的負担を少なくするため、印刷屋に依頼しないで、ネット印刷を使うことも検討された。
事前の調査をすることになった。
二つの委員会をやったので、会議が終わったのは4時だった。急いで家に戻った。
今日は5時から組長会議と忘年会が行われる。
組長会議の前に、昨日集めた区費の収納もあるので、4時半に家を出た。飲み会になるので、車ではなく歩いて行った。
会場の上八重原公民館まで歩いて20分だ。
組長会議のテーブルには仕出しの弁当とつまみ、缶ビール2本が用意されていた。
30分ほどで会議が終了したあと、忘年会になるはずだったが、10人近くいる組長さんたちの多くが席を立って帰り支度を始めたので、ジイも忘年会には参加せずに帰ることにした。
8年前組長になった時は、年に3回ほど会議の後に飲む会が用意されていて、ほとんどの人が参加していた。
今回も、最初で最後の飲み会なのでみな出席するものと思って、ジイも半心イヤイヤながらも参加するつもりで歩いて行ったが、そういう状況ではなかったので、喜んで退席した。
帰りは夜道になっていたが、用意していた懐中電灯で足元を照らしながら帰った。
曇っていて月明かりもなかった。
2018年11月17日 (土) | Edit |
今日は日中曇りの予報だったはずだが、朝から陽が射して明るかった。
早くから目が覚めて寝不足だった目には眩しかった。
朝の冷え込みは0℃前後でそれほどではないが、室温は16℃で、まだ暖房していない室内は足元が寒く感じた。
こたつに入って足を温めた。
午前中リハビウォーキングに出かけた。
9時半過ぎに家を出たが、そのころには外気温も10℃以上に上がっていた。
今日は立科町の十八塚リンゴ園のある近くまで足を伸ばした。
ただ、今は主力商品のフジの収穫時期なので、リンゴ泥棒と疑われないようリンゴ園から少し離れた道を通るようにした。
おかげで少し交通量の多い道を歩くことになってしまった。
高いところから振り返ると、我が家の屋根やモミの木が見えたが、周りの木が大きくなってきて、家が見つけにくくなってきた。
リハビウォーキング リンゴ園のある高台からの我が家
途中で、リンゴを入れるコンテナや段ボールをいくつも抱えて歩く6人ほどの集団とすれ違った。
どうやらリンゴ園で契約しているリンゴの木の収穫をしに来たようだ。
リンゴ園に記号や番号を付けたリンゴの並木があって、フジがたわわに実っていた。
今日も1時間を超えて歩いた。
午後は、2時から始まったJ2の松本山雅の試合をテレビで観戦した。
今日はJ2の最終戦で、トップの山雅から4位までのチームが今日の勝敗如何で、順位が入れ替わるという接戦だ。
上位2チームがJ1に自動昇格できるという天下分け目の試合ということで、応援に力が入ったが、山雅は結局1点も入れられず引き分けに終わった。
昨日日本代表とベネズエラの試合を見たばかりなので、レベルの違いを感じてしまった。
他の3チームがやはり引き分けなどで終わったので、山雅は勝ち点1を上積みしただけだったが首位を辛うじてキープし、優勝とJ1昇格を手に入れた。
来年チーム力をかなりテコ入れしないと、前回と同様1年で降格してしまう。
夕方、町内会の後期の区費を集金して歩いた。
前回は日中に集金して歩いたが、留守のところもあったので、今回は午後6時前後に集めることにした。
今の時期なら、外が暗いので在宅か留守か、家の中の明かりで見当が付く。
今日も1軒明かりがついていないところがあったので、そこを飛ばして最後に行ったら、ちょうど帰宅したところだった。
スムーズに全部集金できたとホッとしていたら、電話がかかってきて、まだ集金に来ないのか、と催促されてしまった。
その家は徴収免除になっている単身世帯だと思い込んで集金に行かなかったが、事前に納付書はポストに入れてあったらしい。こちらがうっかり、集金不要と思い込んでしまった。
組長の仕事の中で一番大事な集金の仕事も満足にできないようでは組長失格だ。
10年後にまた組長の役が回ってくるが、次は無理だろうな・・・。
今年も夏の間デッキに出して日光浴させていたカネノナルキが、家に入れてから花芽が膨らみ始め、開花し始めた。これから年明けまで咲き続ける。
カネノナルキ
2018年11月16日 (金) | Edit |
今朝も氷点下まで下がったが、昨日の朝よりは冷えていなかった。
バケツに洗車用の雑巾を入れて外の流しに出しっぱなしにしていたら、水が凍っていた。
まだ薄い氷だが今季初めて見る風情だ。
朝の氷
今日は朝からいい天気だったので、午前中からリハビウォーキングに出かけた。
毎日同じコースでは飽きてしまうので、途中からコースを変えて歩いた。
すでに45分や1時間コースを越えて、足を伸ばしている。
今日は家に戻ってきたら1時間15分が経過していた。歩数も8,000歩台だ。
朝の冷え方を考慮して、ライトダウンを着て歩いたら、途中から暑くなってきて背中が汗で濡れてきた。
風も弱く陽射しがあったので、デッキの温度計を見たら朝7時過ぎにマイナス1℃だったのに、12時前には15℃まで上がっていた。
リハビウォーキング
午後は、庭のオレガノやミントなどのハーブ類を片付けた。
ミントなど葉がまだ青々していたが、霜が降りるようになった今、いずれ枯れてくる。
枯れたまま立たせていては荒れ屋敷のように見えてしまう。
初めは枝切り用の剪定ハサミで少しずつ切っていたが、時間が掛かるので刈り払い機で一気に刈り取った。
刈った後は、庭のコスモスなどと一緒に庭で燃やした。
風が出てきていたのでよく燃えて刈った草はきれいになくなり、終わった時には庭がすっきりした。
最後にスカシユリの球根を掘り起こした。
半分だけ埋め戻し、残りは別のところに埋めたり発泡スチロールに入れて保管した。
スカシユリは、我が家の庭の土や気候に合っているらしく、ホームセンターで買ってきた一袋の球根が、数年でバケツ一杯の量に増えていた。
夕方、昨日手直しした小品展に出品する2枚の絵を額縁に入れてみた。
新しいマットは画用紙の大きさに合わせてカットしてもらったので、絵の良し悪しは別としてイメージ通りの形になった。
千曲川秋景 浅間山初冠雪
2018年11月15日 (木) | Edit |
今朝は冷え込んで、朝日に畑の霜が光っていた。
最低気温が今季一番低いマイナス4℃になっていた。
いよいよ本格的な寒さがやってきそうだ。
朝霜
午前中、上田の画材屋に電話したらお店を開いているというので、10号の額縁のマット(絵の窓枠)をカットしてもらうため10時過ぎにお店に行った。
イオンの近くにお店があるので、イオンで買物をしている間にやってもらうつもりだったが、店内にお客さんがいてすぐに手を付けられなさそうだったので、午後に出直すことにした。
イオンで買物をした後、お昼の時間になったので、家には戻らないで上田市役所の近くにあるラーメン屋さんに行った。
ネットで調べて初めて行った。あごだしのつゆのラーメンでコクがあった。
ラーメンの味で蘊蓄を語るほど食べ歩いているわけではないが、残った汁を全部飲み干した。
味も良かったが値段もよかった。
ラーメン
ラーメンを食べた後、上田城址公園まで歩いて行った。
上田市役所から上田城までは10分もかからない。
千本桜まつりが行われる内堀の周りのサクラはすでにほとんど落葉して枝だけ残っていた。
櫓門の近くの大イチョウがいい色になっていた。
内堀の周りを歩いていると、本丸跡で菊花展が行われていた。
小さな苗から仕立てて、何度も鉢の大きさを変えて育てていく、大変な手間暇をかけた結果として大輪になったのだろう。
根気のいる手仕事なので、ジイにはまねができそうもない。
堀の周りをもう一度歩いて時間を測ったら、11分で一周した。
明神池よりだいぶ狭いところだということが分かった。
この次歩くときはどのくらいかかるか、バアの回復状態を測ることができるだろう。
上田城址公園櫓門 イチョウ
午後1時半過ぎに画材屋さんに電話したら出来上がっているというので、車を停めていた市役所まで戻ってから、画材屋さんに行った。
帰りにユニクロに寄って冬用の下着や部屋着などを買ってから家に戻った。
夜、額縁のマットのサイズを確認した。
描いた絵の大きさに合うようになったが、額に収めたら絵を手直ししたくなった。
今度の上田支部の小品展に出す2枚の絵を手直しした。
少し良くなったかどうかはわからない・・・。
2018年11月14日 (水) | Edit |
昨夜は11時過ぎからテニスのATPファイナルズ「錦織対アンダーソン」戦を見てしまったので就寝が遅くなった。
試合のほうは目を覆いたくなるようなアンダーソンの一方的な勝利で、見なければよかった・・・。
朝はいつもの通り起きたが朝食の後、新聞を読んでいるうちにまた居眠りをしてしまった。
おかげで天気がいいのにリハビウォーキングに行くこと忘れていた。
先日鷹野リンゴ園にいったら、前日からフジの収穫が始まったばかりだということで、まだ自家用のリンゴは買えなかった。
今日はお昼を食べた後、毎年贈答用のリンゴを頼んでいる伝票を届けに行くついでに自家用リンゴを買ってきた。
自家用のリンゴは、形が悪かったり傷などがあったりするが、味には何も問題ないものだ。
早速夜食べたら蜜がたっぷり入っていた。
今年は台風の影響もなく、リンゴは平年以上のできらしい。
ただ玉の大きさは、小さめということだった。
ちなみに依頼した贈答用のリンゴが届けられるのは、12月になってからとのことだった。
鷹野リンゴ園
リンゴ園から戻った後、リハビウォーキングにでかけた。
晴れているが少し冷たい風が吹いていたので、ライトダウンを着て出かけたが、風が吹いていない場所を歩いているときは少し暑く感じた。
途中ハラハラと枯葉が舞い落ちてきた。こ
の前まできれいな紅葉に彩られていた風景も終わりに近づいているようだ。
自分たちの人生でもあるような気がして、落ち葉の絨毯を踏みしめながら歩いた。
いつもより長い距離を歩いたので、家に戻ったら1時間20分も経過していた。
午後のリハビウォーキング
2018年11月13日 (火) | Edit |
今日は朝から曇りがちの天気で、霧は出なかった。
日本水彩上田支部の例会があるので、朝からバアにお弁当を作ってもらった。
このところすっかり食事作りはバアにお任せで、楽をさせてもらっている。
8時半に出かけようとしたら見知らぬ車が家の前を通り抜けていった。
行き止まりの道なので戻ってきたところで家を尋ねられた。少
し離れているが同じ組の人の家だったので教えてやった。
不審者も不審車もすぐにわかるのが利点だが、事件があっても気づいてもらえないし、まして防犯カメラで犯人の目星が付く、ということも無理なところが難点だ。
毎日のように怖いニュースが放送されているが、こんな田舎ではありえない、と思いたい・・・・。
9時前に神川公民館に着いた。全部で15人近く集まった。
季節らしく菊の花やバラの花が画題で持ち寄られていたので、菊の花を選んで描いた。
花の絵は苦手であまり描かないが、上達するにはなんにでも挑戦してみなければならない。
上手な人のそばで、描き方などを盗み見しながら描いた。
満足できる出来栄えにはならなかったが・・・。
画題のキク ジイの描いた絵
お昼を食べて1時間ほど描いたところで皆片付け始めたので、未完成だったがジイも筆を置いた。
帰りに画材屋さんに寄るつもりだったが、今日は店を開けていないとのことで、寄らずに家に戻った。
まだ2時前だったので、バアのリハビウォーキングに出かけようと思ったが、すでに午前中一人で1時間以上歩いてきたというので、歩くのはやめにした。
ジイ小屋で、来週に迫った上田支部会員展(小品展)に出品する2点の手直しをした。
今日の例会で、会員展に出品する作品の題名もほぼ出そろったので、夜になって作品目録をワードで作成した。
一昨年の作品目録のデータがあったので、初期設定をしないで済んだので、2時間ほどで完成させることができた。
2018年11月12日 (月) | Edit |
朝起きた時は少しもやがかかっていたが、見通しはきいていた。
少し経つと霧が出てきた。
天気予報では一日曇りだったので、朝霧は晴れると、昨日ブログに書いたばかりで焦ったが、霧が晴れると青空が広がった。
曇ってくる前リハビウォーキングに出かけた。
9時半を回ったところなのでまだ冷えているかと思って、しっかり防寒着を着て出かけたら、少し汗ばむほどの暖かさだった。
バアの体調も足の状態もほぼ元気な時に戻ってきているように見える。
1時間いつものコースに変化を付けて歩いて家に帰った。
リハビウォーキング
家に戻って一息入れて入れてから、畑に行ってミニ耕運機で耕した。
今の時期畑の一部でタマネギやハクサイなどが植わっているはずだが、今年は何も植えていない。
右手が痛いこともあるが、来年は家庭菜園を休むつもりでいるので、秋冬野菜も作っていない。
畑仕舞いになるかもしれない、と思いながら耕した。
これで来年の春まで畑仕事は終わりだ。
来年のことはその時になってみなければわからないが、今年1年、畑と庭の手入れで身体の負担が大きかったので、一休みするつもりだ。
若いときのように疲れや体の故障がすぐに治る、というわけにはいかなくなった。
野菜作り自体は楽しいし、収穫の喜びも大きいが、それで身体を壊したら元も子もない。
午前中では終わらず、午後からも2時間ほどやって終了した。
耕した畑
ジイ小屋の脇の百匁柿を10個ほど採って、そのうちの1個を食べてみたら渋が抜けていて甘くなっていた。
平核無柿の焼酎漬けが渋が抜けたころ合いなので、次のために採ったのに百匁柿が渋抜きをしないで食べられるとなると、同時に食べていかなければならない。
これから毎日柿尽くしになりそうだ。
2018年11月11日 (日) | Edit |
今朝は完全な濃霧だった。ヤマちゃん家の先は何も見えなかった。
昔の人は、朝霧になった時は晴れると経験的に認識しているようだが、今日はそれを確認するような晴れになった。
朝の霧
日曜日の朝のルーティンの家の掃除をしたあと、晴れ上がった青空の下、リハビウォーキングに出かけた。
天気もいいので明神池まで歩いて行くことにした。
リハビウォーキングを始めたころは、車で明神池まで行ってから歩くことが多かったが、最近は家から歩いて行くこともするようになった。
往きは最短コースを辿って行ったので、40分ほどで明神池に着いた。
時間はまだ11時だったが、お腹が空いてきたので久し振りにふれあい館でジャガバタおやきを買って、池の外周を歩いている途中でベンチに座って食べた。
帰りは、以前に日東ボタンの会社のある遠回りのコースを歩いて帰ったら、家に着いたのは12時半になっていた。
2時間10分のリハビウォーキングだったが、途中のおやきが効いて、シャリ切れにならずに済んだ。
歩数計は13,000歩台になっていた。
リハビウォーキング
少し遅くなったお昼を食べた後、網戸洗いをして網戸をジイ小屋に収納した。
今日のような天気と暖かさは、天気予報では明日からなくなりそうだ。
今まで半日掛かりでやっていたが、今日は長女から譲り受けた高圧洗浄機を使って、7枚の網戸と3か所のガラス窓を同時に洗浄したので、1時間もかからずに済んだ。
まだ右手の腱鞘炎が完治していないので、網戸を専用ブラシを使って手洗いするのは不安があった。
洗浄機の水圧で洗った結果は、手洗いするよりも汚れが落ちたような感じだった。
網戸とガラス窓を同時に洗えたので、年末のガラス窓磨きが楽になりそうだ。
時間があったので、網戸洗いの後、ジイ小屋に吊るしてあったタマネギを下ろして野菜保存箱に移し替え小屋裏にしまった。
2018年11月10日 (土) | Edit |
天気予報では今日1日晴れとなっていたが、朝起きると曇っていて霧も出ていた。
今日は彩明会の例会の日なので、昨夜から今日の天気を心配していた。
今日の写生地は布引観音周辺だ。
ジイが春夏秋冬で描いている千曲川の風景のところだ。
紅葉の季節なので、陽に当たった紅葉が生える千曲川を描きたいと思っていた。
中央公園に9時に集合してから行くことになっていたので、8時20分に家を出て中央公園に行った。
すでに4人が来ていて参加者の中でジイが一番最後になってしまった。
顧問の先生が来ていないので電話をしたら、今日の例会を忘れていたらしく、来られないということで、集まった人だけで現地に行った。
途中、今年の5月に描きに行く途中スピード違反で捕まったところはスピードを落としてゆっくり走った。
現地に直行した一人を加えて6人で写生することになった。
顔ぶれを見たら写生旅行に行った6人だった。
一人が別のところから写生したいというので、そちらまでみんなで車で行ってみたが、景色はいいのだが、橋の上からで風もあり、車道で描かなければならないのでそこで描くのは断念し、現地の布引観音の入口に戻った。
布引山の景色
そのころには、曇っていた空が一気に晴れてきて、千曲川沿いの木々の紅葉がきれいに見えるようになってきた。
初めは布引観音の入口の階段周辺をスケッチで描くつもりだったが、千曲川沿いの紅葉がきれいになってきたのでそちらを描くことにした。
布引観音入口 千曲川の紅葉
お昼までそこで描いた後、みんなでお昼を食べた。
食べ終わった後布引観音の入口をスケッチしようと思っていたが、紅葉を見に来る観光客の車がいっぱいになり、落ち着いて描いている雰囲気ではなかった。
他の会員たちも午前中でほぼ描き上げていたので、今日は顧問の先生もいないので、写生を終了して帰ることになった。
早く終わったので、文化会館で開催されている丸山晩夏生誕150周年記念展を見に行こうとしたが、文化会館に行くと何かほかのイベントが行われているらしく駐車場が満車で、車を停められなかったので家に帰ることにした。
1時過ぎに家の戻ると、バアが外で待っていたので、リハビウォーキングに出かけることにした。
既に午前中一人で1時間歩いたそうだが、天気もいいので午後も歩くというので、午前中歩かなかったコースを歩くことにした。
我が家の周辺のリハビウォーキングのコースも今は紅葉真っ盛りで、歩いていても飽きない。
歩いた時間は測らなかったが、1時間以上は歩いただろう。
リハビウォーキング
家に戻った後、ジイ小屋で午前中描いてきた絵の仕上げをした。
まだまだ手を加えなければならないが、今度の上田支部の小品展に出品しようかな?
ジイの描いた絵
2018年11月09日 (金) | Edit |
大腸検査で1.5㎏減った体重が、昨日昼から普通食に切り替えたら検査前の体重に半分だけ戻った。
まだ今夜は測っていないが、多分元に戻っているだろう。
理想体重からいうと、1.5㎏よりもっと減ったほうがいいのだが・・・。
大腸検査のために行った血液検査では、中性脂肪やコレステロール値が基準値より高い。
大腸や膵臓の腫瘍マーカーの数値は基準以内だった。
午後出かける予定だったが、午前中から雨模様でリハビウォーキングにも出かけられないので、午前中上田のイオンに出かけた。冬用の下着などを買った。
毎年予定を書き込めるカレンダーをイオンで買っているので、同じタイプのものを買った。
この時期になると来年の予定もポツポツ入ってくる。ま
だ海外旅行の予定は入っていないが・・・。午
後も雨がポツポツ降る中、ホンダカーズしなの古里(こさと)店にN-Boxの12か月点検に行った。
1時間強で点検が終わるというので、店内で終わるのを待った。待っている間タブレットで週刊文春やサンデー毎日の記事を読んで過ごした。
待っている間に雨が止んで店内に西日が射してきて暑くなった。
店員さんが気を遣ってブラインドを下ろしてくれたが、それでも暑さは下がらず着ていた上着を脱いだ。1
時間もかからずに点検は終わった。
家に戻ってくるとバアがいなかった。
電話をしたら、リハビリウォーキングに出かけていた。
怪しい雨雲も遠くに見えるが、青空が赤くなり始めていた。
電線にムクドリの集団が止まっていた。
夕日とムクドリ
2018年11月08日 (木) | Edit |
朝から曇り空、一日曇りという予報が出ていた。
朝食は三分粥にインスタント味噌汁だけ。
大腸のポリープを取ったので、傷跡からに出血があった場合に備えての食事なのだろうが、自分の感覚としては出血があるように感じられない。
朝起きてから腸内のガスは出たが、出血の痕跡は何も出なかった。
昼食までお粥食を渡されているが、自己判断で昼食から普通食に戻すことに決めた。
午前中、上田のカインズ、アリオで買物をし、最後に東御のベイシアに行って家に戻ってきた。
力が入らないが、食べるものをたくさん買ってきた。
食べることが元気の源だ、ということを実感。
1時過ぎの昼食だったが、昨夜バアが用意してくれた食事と、今日の買物で買ってきた総菜なども加えて、たっぷり食べた。
午前中の買物をしているころから雲が切れて、曇りの予報に反して午後からは快晴となったので、リハビリウォーキングに出かけた。
昨日一日リハビウォーキングを休んだので、歩き始めは足が重そうだったが、途中から筋肉の緊張がほぐれたのか足の運びが早くなった。
1時間強かけて田楽池まで行って戻ってきた。
リハビウォーキング
出かける前に家の南の畑の大豆の収穫をしていたが、戻ってきたときには全部収穫が終わって別の畑に移っていた。
畑の景色が一変していた。
このあとまた麦を植えるのだろうか?
何も植えていないのと麦が植わっているのでは冬の景色がまるで違う。
何もないモノトーンよりは、麦の緑があるほうが好きなのだが・・・。
庭のイロハモミジがいい色になってきた。
食足りて景色を愛でる余裕が出てきた。
大豆の収穫 収穫後 庭のモミジ

2018年11月07日 (水) | Edit |
今日は大腸の内視鏡検査があるので、朝から何も食べられない。
12時にクリニックに行くようになっているが、それまで口にできるのは水だけだ。
空腹感と脱力感で何もする気が起きなかったが、里山同好会の納会の宛名を年賀はがきアプリで印刷した。
名前を登録していなかったので、新規に13人分を入力した。
以前のパソコンには入力してあったのだが、新しいパソコンには入っていない。
データを移せばいいのだが、前に同じようなことをしてもともと入っていたデータに上書きしてしまって大変な目に合っているので、それよりは追加で新しく入力したほうがいいと判断した。
ハガキの印刷が終わって切手を貼ったところで、クリニックへ行く時間になったので家を出た。
10分前にクリニックについて早速個室に案内された。
個室① 個室②
今回も下剤1.8リットルが用意されていたが、半分飲んだところで様子を見るということだった。
昨日から家で十分腸管の洗浄は済んでいるはずだが、まだ追い打ちを掛けられた。
半分で済むと思ったが、結局最終的には全部飲んでやっとOK になった。
本を持って行って読み始めたが、トイレに駆け込むのが忙しくて10ページも読めなかった。
はじめに手術の人がいて、そのあと内視鏡検査があってその2番目だったので、検査が始まったのは3時半を過ぎていた。
検査は10分もかからなかったが、小さなポリープ1個が見つかって、その場で切除した。
眼鏡を取っていたのでぼんやりだが、切り取った瞬間鮮血が出たのが見えた。
痛みはなかったが、内視鏡の管が腸壁を押しているのがわかった。
検査が終わってホッとしたら、看護師からポリープを取ったので、今夜から明日の昼間で検査食と同じようなレトルト入りの箱を渡された。
帰ったら、おいしいものをお腹いっぱい食べることにしていたので、がっくり・・・。
会計を待っている間にバアに電話した。
夕食の支度を早めにしていたバアもがっかりしていた。
切り取ったポリープの病理検査の結果を2週間後に聞きに行くことになった。
アメリカの中間選挙の結果が出た。
下院は民主党が過半数を占めた。
これからどれだけトランプの暴走を止められるかわからないが、まずはやれやれといったところか・・・。
2018年11月06日 (火) | Edit |
今朝は久しぶりの雨模様、可燃ごみを出しに近くのステーションまで傘をさして行ってきた。
明日の大腸の内視鏡検査のため、検査食も二日目となった。
朝もいつもと変わらないのはコーヒーメーカーで淹れたコーヒーを飲むだけで、あとはおかゆ食だ。
午前中は雨で外仕事はできないので、家の中で里山同好会の納会の案内通知を作った。
平成21年の滋野公民館の「里山を歩く」という生涯学習講座から始まった。
移住してきて初めて公民館の講座に参加し、開講式に出たら講師の先生から、いきなり学級長を命じられた。
たまたまそこにいた男性がジイだけだった・・・。
2年間の講座の後、続けて里山を歩きたいという受講生と講師で作ったのが「里山同好会」だった。
合わせて10年間、講師を中心に会員は多いときは20人にもなったが、年々会員が高齢化し今年は7人になってしまった。
人数が減少していく中で、これ以上会として存続させるのは難しい、ということで今年限りで解散することになった。
いろいろな事情で休会している9人も含めて最後の納会をやりましょう、という案内文を作った。
大きな事故もなく、無事県内の里山や百名山の山も登ることができた。
おかげで地元に生まれ育った人よりも県内の地理には詳しくなった。
一人も知り合いもいなかった土地に来て、いろいろな人にも出会える場所にもなった。
案内文を作りながら10年間の思い出が沸き上がってきた。
午後雨が上がったので、立科町のクロネコに行って、おととい焼酎漬けした柿を子どもたちに送った。
戻った後バアとリハビウォーキングに出かけた。
雨が降りだしそうな低い雲だったので、傘を持って歩いたが、1時間歩いて、雨には降られずに済んだ。
車にも1台もすれ違わなかった。
青空に紅葉の景色もいいが、しっとりとした空気も気持ちがいい。
家に戻ってくると、庭のモミジがいつの間にか紅葉が進んでいた。
リハビリウォーキング 色づいたモミジ
午後5時から飲むように言われていたピコプレップという経口腸管洗浄剤2回分と水2リットルを2時間かけて飲んだ。
もう何回も内視鏡検査を受けてきているが、検査前に家で飲むのは初めてで、飲んだ後の状況は、検査直前に飲むものと同じような症状だった。
何度トイレに駆け込んだことか・・・。
これなら明日クリニックに行ってから苦しむことは少ないだろう。
最後の夕食用のおかゆは食べるのをやめた。
おかげで体重は検査食になる前と比べると1.7㎏の減になった。
夕べアマゾンに発注したワイヤレスチャイムが、一日で届いた。
入浴中に死亡する人の数が毎年数千人にも上る、という記事にバアが不安を抱いていたので、浴槽から手の届くところにチャイムの押しボタンを付けることにした。
お風呂のリモコンにも呼び出しスイッチが付いているが、湯船に浸かっていると手が届かない位置にある。
リビングや寝室にいるときに呼び出し音が聞こえるよう、チャイムを両方の部屋に取り付けた。
呼び出しチャイム
2018年11月05日 (月) | Edit |
今朝も濃い霧に包まれていた。
霧が出ている間は厳しい寒さはないので、霧の中を出かける用事がない限り、それも幻想的でいいかなと思う。
朝食の後、配りものを届けに区長さんがやってきた。
先日の組長会議は、上田支部の写生旅行中のため欠席したので、陳謝した。
今月は、年内に臨時的に出費があった除雪や木の剪定、公民館の修理など町内会費の追加分3,600円を徴収する。
市の広報などの配布物と合わせて集金の予告票も配った。
バアも一緒に歩いてリハビウォーキングをした。
最後の1軒で、外に出ていた奥さんと話をした。
時々リハビウォーキングをしている様子を見ていたらしく、最初は杖を突いてゆっくり歩いていたのが、だいぶ早く歩けるようになってきたね、と言ってくれた。
あいさつや言葉を交わしていなくても、遠目から見られている、ということか・・・。
天気も良く風もなく歩くには一番の気候なので、一望千里の碑のある中八重原のほうまで足を伸ばした。
明後日の大腸の内視鏡検査のため、今日から検査食になった。
朝からおかゆと鳥そぼろのレトルト食だけなので、歩いている間お腹がなっていた。
リハビウォーキング
午後から曇りの予報だったが、ずっと青空が出ていた。
検査食だけなので、体に力が入らなかったが、午後から畑のナスやトマト、ピーマンなどの夏野菜の苗を片付けた。
1時間もやったら疲労感がどっと出てしまった。
仕上げにミニ耕運機で耕すつもりだったが、次の機会に延期した。
年を取ってくると、食べるものをきちんと取らないと体力、気力が一気に衰えることを実感した。
内視鏡検査が終わったら、おいしいものを好きなだけ食べるぞ、と思った。
入浴前に体重を測ったら、昨日より0.7㎏減っていた。
感じている空腹感からして、もっと減っているかと思ったのだが・・・。
2018年11月04日 (日) | Edit |
昨夜は遅くまでテレビを見ていたのでブログを書いて寝たのは1時半過ぎだった。
山歩きで疲れていたのでブログは翌日にしよう、という誘惑に負けそうになったが・・・。
一日のけじめとして書かないといけない、という気持ちはまだ残っているようだ。
その代わり朝起きるのがつらかったが、偶数日はバアの猫の朝ご飯当番なので、バアが起きるのに合わせて起きてしまった。
今日は、畑の平核無柿で干し柿を作る予定にしていたので、9時から作業を始めた。
去年が豊作だったので、今年は裏年であまり実がつかないのではないかと心配していたが、なんのなんの今年も取り切れないほどの実がついた。
平核無柿の木
去年干し柿をたくさん作り過ぎて食べ切れなかったので、今年は100個を目安に柿を取るつもりだったが、手の届く範囲で収穫したら200個以上採れた。
まだ高いところにはたくさん残っているが・・・。
柿を採っていたら面白い形の柿が3個も出てきた。
採った柿を最終的に数えてみたら干し柿にしたのが全部で210個、余った柿が60個もあったのでそれは焼酎漬けにした。
先日から焼酎に漬けて食べているが、渋が抜けるのは1週間から10日かかる。
そのあと1週間ぐらいで、熟し過ぎて柔らかくなってしまうので、食べごろが難しい。
LINEで子どもたちに聞いたら、食べたいというのでクロネコで送ることにした。
文化フェスティバルに出品していた絵の搬出に行かなければならないので、干し柿づくりはお昼をはさんで午後2時過ぎまで、お昼休みもそこそこに作業を続けた。
出かけていたヤマちゃん夫妻も戻った後、柿の皮むきを手伝ってくれたので想定以上に早く終わらせることができた。
干し柿を終えて文化フェスティバルの会場の中央公民館に行った。
途中から雨になった。天気予報では午後から曇りとなっていたのに・・・。
文化フェスティバルは3時から閉会式をやり、その後片づけ搬出の作業をしたが、設営の時より半分以下の時間ですべて片付けることができた。
家に戻る途中も雨が降っていた。
文化フェスティバルの前に家の干し柿を全部終わらせておいて正解だった。
干し柿 変な形の柿
2018年11月03日 (土) | Edit |
今朝はいつもより30分早く起きた。
先週の土曜日に実施する予定だった里山同好会が、雨予報のため翌日ではなく1週間遅らせて今日実施することになった。
今日は朝からいい天気で絶好の山登りの天候だ。
バアがお弁当を作ってくれるので、出かける前の慌ただしさがなくなった。
8時に家に出て集合場所の中央公園に行った。
今日は最後ということもあって、7人全員が参加となった。
今日の行き先は、国土地理院の調査で、海から一番遠い地点と指定された箇所がある佐久市臼田の榊山だ。
佐久市内に住む会員を家の近くで拾って総勢7人で登山口まで行った。
登山スタートは9時半過ぎ、初めは沢に沿ってなだらかな林道を歩いた。
これならバアでも歩けるかも知れない、と思いながら歩いた。
陽のあたる山筋の紅葉がきれいだった。
紅葉
林道は落ち葉の絨毯が敷き詰められていた。
全行程2.3㎞の残り1㎞のところまで来たところで林道が終わり、そこからは流量の少ない沢に沿って登った。
そこからは勾配がきつくなった。
板状節理の石が欠けて小さな石ころになって登山道に転がっていて、歩きづらくなった。
まだしっかり踏ん張れないバアには無理なコースになってきた。
海から一番遠い地点には11時に到着した。
ここまでほかに登山者もおらず、完全に貸し切り状態だ。
海から一番遠い地点
記念の写真を撮った後、さらに先に榊山山頂があるというのでそこを目指した。
海から一番遠い地点まではそれなりに整備されていたが、そこから先の頂上までは、赤いテープの目印だけが頼りで、落ち葉に埋まって登山道も消えて分かりづらかった。
途中に1か所三角点があったのでそこが山頂かと思われたが、国土地理院の地図を持っていた人によると、もっと先が山頂になっているというので、さらに先を目指して、ようやく山頂に着いた。
山頂と確認できたのは、4等三角点と木に掛けられた表札でだった。
木の葉が落ちていなければ、眺望もなかっただろう。
木の枝越しに荒船山の断崖が見えた。
山頂
山頂でお昼を食べた後、記念の写真を撮ってから下山した。
上りは2時間半近く費やしたが、下りは1時間と少々で午後2時には登山口まで戻ってきた。
下っている途中で、上ってくるそれぞれ二人の登山者二組に出会った。
帰りに臼田支所に寄って、当直していた職員に海から一番遠い地点到着証明書の発行をお願いした。
後日書類ができたら佐久市に住む会員が受け取りに行くことになった。
佐久市内でその会員を下ろし、途中佐久南インターの近くにできた道の駅に寄った後、中央公園に4時に戻ってきた。
これで10年続けた里山同好会の山歩きも最後かと思うと感慨ひとしおだ。
今月21日に納会をして会を解散することになった。
2018年11月02日 (金) | Edit |
今朝起きると足の付け根辺りの筋肉が痛くなっていた。
昨日都内を歩いた距離は、普段こちらでリハビウォーキングで歩いている距離より少ないはずなのに・・・。
慣れない人混みの中を歩くのは想像以上に緊張があるのかもしれない。
帰りのバスの中で疲れて眠ってしまった。
今朝も睡眠時間は十分なはずだが、疲れが残っているように感じた。
朝食の後、写生旅行の会計報告の書類を作成した。
旅行の時撮った集合写真をネットでキタムラに注文した。
午後は文化フェスティバルの設営があるので、午前中だけでも歩こうとリハビウォーキングに出かけた。
周辺の田んぼの稲刈りは全部終わり、ハゼカケしている稲の脱穀もほとんど終わって残すはあと1,2枚の田んぼだけになった。
そんな中で、コンバインで刈った田んぼでトラクターが刻まれた稲わらをロール状に巻いていた。
以前にどこかの畑で、稲わらのロールを崩して敷き藁に使っているのを見たことがある。
家畜の飼料に使うだけではなさそうだ。
天気が良く景色もいいのでこの時期は歩いていても気分がいい。
1時間ほど歩いて家に戻った。
午前のリハビリウォーキング 稲わらのロール
午後1時家を出てFさんの家に寄って絵を預かった後、上田のイオン店内にあるキタムラでプリント写真を受け取った後、文化フェスティバルの会場である中央公民館に行った。
計算より時間がかかって集合時間の2時の5分前に着いた。
早くもパネルの組み立てが始まっていた。
去年の手順と違う形で始まってしまったが、横やりを入れるのもはばかれたので、続きの設営を手伝った。
出品数が去年より少なくなったのでパネルの組み立てかたの違いも、枚数を減らすことで辻褄を合わせることができた。
3時半ごろにはほとんどパネルに持ち寄った絵を飾る作業も終わり解散となった。
去年のように設営の責任者ではないが無事設営が終わってホッとした。
文化フェスティバルの設営に来た人に中には写生旅行に参加した上田支部の支部員の人も半数近く来ていたので、写真や会計報告の資料などを渡した。
2018年11月01日 (木) | Edit |
今朝は東京に出かけるため6時起きた。
近頃また寝る時間が遅くなってきたので、普段朝起きるのは7時だ。
早く起きた今朝はまだ日の出したばかりで、東の空を太陽が赤く染めていた。
デッキの温度計を見るとマイナス1℃になっていた。
新聞を取りに玄関を出ると目に前の畑の大豆に霜が降りて、白くなっていた。
これからの朝はこうした光景が当たり前になっていく。
朝焼け 温度計 大豆に霜
先月5日のバアだけの東京行きは、大事を取って新幹線で行ったが、今日はジイも付き添って高速バスで行くことにした。
7時20分に家を出て佐久インター南のバス停まで車で行った。
高速バス専用の無料駐車場がある。バスは時刻通りやってきた。
出発してから池袋まで、高速道路も都内の道路も空いていて、池袋には到着予定時刻より15分も早く着いた。
今まで何度も高速バスを利用してきたが、到着予定より早く着いたのは初めてだった。
仕事が休みだった長女と池袋駅で落ち合うことになっていたが、バスが付くのと長女が来るのと同時だった。
3人で新宿まで行って用事を済ませたあと、モンベルで山用品を買った。
長野にも山用品を置いてあるお店もないわけではないが、品数の多い専門店は買物圏内には見当たらない。
その後池袋に戻って静かな喫茶店に入って休んだ。
だいぶ元気なころに戻ってきたとはいえ、ただでさえ疲れる都会の雑踏はバアにはこたえるに違いない。
バスの出発時間まで1時間前になったところで、西武デパートの地下やバス停の近くのユニクロで買物をして時間を過ごした。
バスは始発なので時間通り、長女に見送られて池袋を出た。
せっかくの休みの日なのに、一日付き合ってもらった。
帰りのバスも順調で、佐久インター南のバス停には5分遅れだけで着いたので、家には8時半過ぎには戻ってくることができた。
往復バスの長時間乗車と池袋、新宿の人混みの多いところで階段も多くあった街歩きに耐えられて、バアも自信につながったに違いない。
2018年10月31日 (水) | Edit |
今朝は0℃まで気温が下がっていた。
昨夜の天気予報で明けがたは冷え込むと言っていたので、寝る前に床下エアコンのスイッチを入れて試運転をした。
家の中もベッドの中も暖かくてよく眠れたが、6時半には目が覚めてしまった。
とりあえずエアコンは無事に動作するようだ。
朝食の後、先日から頼まれていたバアの髪を切った。
今まで行っていた美容院は階段とエレベーターを使う場所にあった。
手術してからあまり行きたくなくなったようだ。
へたくそでもジイに切ってもらったほうがいいのだろうか?
髪を切った後リハビウォーキングに出かけた。
時間は10時を過ぎていたが、朝の冷え込みはなくなって暖かくなっていたが、北風を正面から受けている間は、顔が風の冷たさで硬直する感じだった。
これからさらに寒くなるとリハビウォーキングも自由にできなくなるかもしれない。
ついこの間まで暑くなる前の午前中とか、涼しくなる夕方を選んで歩いていたのが嘘のようだ。
50分ほど歩いて戻ってきた。
今日歩いたコースは、ジイが二日間出かけている間、バアが一人でリハビウォーキングしたコースだった。
車の通りが少ない比較的安全なコースだった。
リハビウォーキング
家に戻ってきたら、家の入口の白樺の木に大きなキノコが生えていた。
家を作った時に家の入口に何本かの白樺を植えてもらったが、みな枯れて唯一生き残っていた白樺の木だが、これも今や風前の灯だ。
株元にキノコまで生えられてしまった、ということはもうほとんど生命力が尽きてきたのだろうか?
それに比べ、今年のドウダンツツジはいつになくいい色の紅葉になった。
夏が暑かったせいかあまりいい色にならない今年の紅葉、と思っていたが、我が家のドウダンツツジだけはいい色になった。
白樺の木にキノコ ドウダンツツジ
午後、ハロウィンだからというわけではないが、今年取れたカボチャがまだ2個調理しないで残っていたので、カットして一部は生のまま冷凍し、一部はレンジで味付けして煮た後冷凍した。
こうしておけば今年から来年まで食べたいときに解凍して食べられるだろう。
生のものの一部は、天ぷらにして揚げられるようカットの仕方も変えてみた。
今年ほどカボチャをたくさん食べた年はなかった。
2018年10月30日 (火) | Edit |
昨夜は、部屋に戻って歯を磨いた後布団に入ったらすぐに寝付いてしまったようだ。
夜中の2時前に暑くて目を覚まし、しばらく眠れなくなったがまた寝入った。
時間はわからないが、雨の音で目が覚めたがまた寝てしまった。
外が明るくなるにつれ同部屋の人が起きる音がしていたが、6時半過ぎまで寝られたので睡眠は十分だ。
7時からの朝食会場はバイキングで結構混んでいたが、座る席が見つからないほどではなかった。
食事の途中で、旅行係女性からフロントで清算しているので来て欲しい、という呼び出しが来たので急いで食事を終わらせてフロントに行った。
会費で足りない分は支部の会計から出してもらうことになっているが、とりあえず全体の費用を会に報告するまでジイが立て替えておくことになっていたので、部屋に戻ってお金を用意した。
予想していたより少ない額だった。
8時45分の出発まで時間があったので、昨日ホテルのベランダからスケッチしたあたりを散策した。
ホテルの横にあるリンゴ畑の回りには3mほどの高さにネットが張られその上には電気柵が張り巡らされていた。
リンゴを収穫に来た人に確認したら、やはりサル対策とのことだった。
今朝もサルが出ていたという。
出荷間際のリンゴを狙われるとのこと、リンゴ農家にとってはサル憎しだろう・・・。
サルよけネットと電気柵
ホテルに戻ったら今日の写生地美麻新行高原に行くバスがスタンバイしていたので、急いで乗り込んだら、いつも記念に撮っている集合写真を撮るのを忘れてしまった。
写生地には9時に到着した。雨こそ降っていなかったが、5月の東御美術会で来た時に見えた爺ヶ岳や鹿島槍の山並みは雲で何も見えなかった。
今日は北アルプスを主題に描くことはやめて、古民家をスケッチすることにした。
美麻の古民家① ジイのスケッチ①
美麻の家並み ジイのスケッチ②
予約していた民宿のお昼のおそばの時間を12時半にして、それまでじっくり描いた。
赤い屋根の古民家と、いくつか並ぶ民家の2か所を描いた。
途中散らばって描いている支部員たちの様子を見て歩いた。
12時半から昼食のそばを食べた。新そばがおいしかった。
迎えのバスが来るのは2時だったので、それまで民宿の食事室でゆっくりおしゃべりをして過ごした。
今回の写生旅行では今まであまり話をしていなかった人たちとも話すことができた。
絵を描く貪欲さも参考になった。
マイクロバスが着いたときに、今度は忘れずに民宿の前で集合写真を撮った。
少し早めに迎えのバスが来てくれたので、途中道の駅にも立ち寄ったが、ほぼ予定通り駐車場まで戻ってくることができた。
写生旅行係としては無事に旅行が終わったことが何よりだ。
自分の絵のほうはいまいちだったが・・・。
家に戻ってから1時間初日の木崎湖の絵やスケッチ3枚の手直しをした。
2018年10月29日 (月) | Edit |
写生旅行のため朝6時に起きた。朝日が赤く空を染めていた。
この辺は晴れの予報になっているが、出かける先の大町は午前中傘マークになっていた。
朝食をしっかりとってから集合場所の中央公園に行った。
早めに出たつもりだが通勤ラッシュで道路が混んでいて、8時集合の15分前に着いた。もう送迎バスも来ていて数人がすでに乗車していた。
22人乗りのマイクロバスなので、荷物が乗り切れるか心配したが何とかなりそうだったので、ジイも車に乗り込んだ。
最悪の場合、荷物だけジイの車に乗せてマイクロバスに伴走するつもりだったが・・・。
8時10分前には全員揃ったので出発した。
途中丸子自治センターで待っている6人を乗せ総勢19人で大町に向かった。
今日の写生地の木崎湖キャンプ場には、10時に到着した。
心配していた雨は降りそうもない天気だった。
木崎湖 
一昨年描きに来たときはお昼前に雨になって途中で断念している。
今年こそリベンジできそうだ、といき込んで描き始めたが、お昼前から風が強くなってきて冷え込んできた。
我慢して描いていたが筆を持つ手が寒さで震えるようになった。
描いているみんなに聞いて歩くと続けたい人、ギブアップしたい人半々だった。
ホテルに電話すると午後1時半ごろなら迎えに来られるというので、それまで描き続けることにした。
写生している場所はバラバラなので、時間が変更になったので伝えて歩いたが一人足りない。
寒いので風のないところへ描きに行くと言って、キャンプ場を離れたという。
探し回ってようやく見つけた時は、1時15分になっていた。
30分近く探し回っていたのでジイは絵の続きは描けなかった。
ホテルからの迎えは時間通り1時半にやってきて、10分後にはホテルに着いた。
ホテルの配慮で、チェックインの手続きをしたあと部屋に入れてもらえたので、3時まで部屋の中で続きを描くことができた。
ジイの描いた木崎湖の絵
3時から予定していた作品研究会を別室で開催した。
残念だが、ジイも含めて完成に近い人のほうが少なかった。
作品研究会
4時前に研究会を終了し、6時の夕食まで自由時間になった。
部屋に戻って外を眺めると、なかなか紅葉がきれいになっていた。
外の狭いベランダに出てスケッチをすることにした。
同部屋のジイを含めて3人が同じように描いていた。
宿の窓から見えた景色 ホテルのベランダからのスケッチ
1時間で描いた後、温泉に行った。
少し冷えていた体がポカポカに温まった。
6時からの宴会は人数も多かったので今まで以上に盛り上がっていた。
2時間の宴会の後は一部屋に集まって二次会を開いた。
全員ではないが多くの人が集まって、ジイが用意したワインと冷酒を少しずつ分けて飲んだ。
ジイもいつになく飲んだせいか10時には眠くなって自分の部屋に戻った。
間もなく同室の人たちも戻ってきたので、ジイが部屋を出たのが解散のきっかけになってしまったようだ。
盛り上がった宴会
2018年10月28日 (日) | Edit |
今朝は濃い霧に包まれていた。1年のうちこの時期はよく霧が発生する。
朝のNHKの天気予報で気象予報士が、濃霧、霧、もやの違いを解説していた。
200m以下の視界の時は濃霧と気象学的には定義されているらしい。まさに濃霧だった。
そんな霧も9時を過ぎるとすっかり消えてなくなった。
午前中、うえだのAコープとアリオに買物に行った。
Aコープは新鮮な地元野菜や果物がたくさん並んでいる。ジ
イと一緒に日本水彩上田支部の写生旅行の係をしているKさんも出荷しているが、Kさんの話では、県内のAコープ内の直売スペースの中では一番の売り上げだと言っていた。
日曜日の今日は、他の曜日より30分早い開店時間なので、10時に着いたときには駐車場は満車に近かった。
そのあとアリオに行ったので、買物から戻ったら12時になっていた。
午後3時前からリハビリウォーキングに出かけた。空は快晴で雲一つなかった。
写生旅行の明日にとっておきたいような天気だ。
バアの足の調子もいいので少し遠出した。
ワイナリーの経営者が建築主の建設中の建物のところを通ったので写真を撮った。
すると隣の家のほうから女性が出てきて、話しかけてきた。
浦和から7年前に移住してきて夫婦でワイン用のブドウづくりと、ワイナリーでワインを作っているとのことだった。
中八重原で数年前からワイン用のブドウを作っているブドウ畑を見かけるようになり、年々面積が広がっているのは知っていた。
シクロ・ヴィンヤードという名前は、自転車の選手だった経営者なので、フランス語の自転車を意味するシクロとワインのヴィンヤードをとって、付けた名前とのこと。
今建てている建物を醸造所として認可を取り、ワインの販売もするらしい。
ただ、レストランとかカフェなどとして同じ建物で行うのは駄目らしい。
以前住んでいた家と土地の所有者は桶川に移住したので、土地と建物は埼玉が縁でその人から譲り受けたらしい。
ワイナリーが完成したら、地元ワインとして買って応援してあげよう。
ただし、玉村豊男さんのところのような高いワインだと買えないが・・・。
午後のリハビリウォーキング 建設中のワイナリー
10分間ほど立ち話をした後、残りのコースを歩いて家に帰ったら、家を出てから2時間近く経っていた。
浅間山が夕日を受けて赤くなっていた。
山肌はすっかり秋色になっていた。
浅間山
夕方から夜にかけて明日からの写生旅行の準備をした。
みんなには小さいマイクロバスなのでなるべく荷物を少なくするように言ったが、荷物がたくさんになってしまった・・・。
2018年10月27日 (土) | Edit |
朝7時に起きた時には雨が上がっていた。
間もなく陽も射してきた。朝食を終えた後、陽が射しているのにまた雨が降ってきた。
こんなおかしな空模様も9時過ぎには雨の心配もなくなってきた。
これなら里山同好会の例会を実施しても降られずに済んだかもしれない。
会長さんがいろいろ連絡して来週の土曜日に変更したのに・・・。
雨上がり、庭のヤマボウシの木の幹に数匹のアマガエルがいた。
中には、幹の色に同化しているカエルもいた。
雨が降りだすと大きな声で鳴いていたのはこのカエルたちか?
我が家の庭もだいぶ紅葉が進んできた。
アマガエル 我が家の紅葉
天気が良くなったので、午後はバアの運転で、N-ボックスに乗って明神池まで行った。
術後2回目の車運転だ。
明神池のサクラがすっかり紅葉して濃い赤色になっていた。落葉も始まっていた。
雨上がりで空気が生暖かく感じたが、気持ちよく歩けた。
池の周回道路を歩く時間も元気な時とほとんど変わらなくなったし、神社の階段もゆっくりだが確実に足が出るようになった。
ちょうど1時間歩いて車まで戻った。
明神池の紅葉
家に戻った後、来週の文化フェスティバルに出品する絵の手直しをした。
静物画では柿の絵を出すことにしているが、風景画は先日の御代田のパン屋さんのところから描いた浅間山にするか、彩明会の写生旅行で描いた青鬼集落にするか迷った。
描き終えた後、バアに見てもらったら、青鬼集落のほうがいいと言ったので、そちらに決めた。
御代田からの浅間山 青鬼集落
2018年10月26日 (金) | Edit |
今朝も晴れ、この天気も今日までで、明日は雨になる予報だ。
明日は里山同好会の最後の例会の日なので、朝から会長からどうするか相談の連絡があった。
日曜日は晴れの予報になっているので、一日延期することにしたが、ジイは月曜日から写生旅行なので、行けない旨伝えた。
電話があった後すぐバアと小布施に出かけた。
9月に小布施の岩松院の裏山になっている雁田山にジイだけ里山同好会で登ってきたが、バアはしばらく小布施に入っていない。
栗の収穫も終わって新栗を使ったおいしいものも食べられる。
高速を使って行くこともできるが、今日は一般道だけで行った。
菅平から須坂経由で行ったほうが山の紅葉を間近に見ることができる。
9時半前に家を出て、途中菅平で紅葉の唐沢の滝を見てから小布施に向かった。
唐沢の滝の紅葉はいまいちで絵になりそうもなかった。
唐沢の滝
小布施には11時前に着いた。
しばらく街中を歩いた後、11時半前まだお昼には早いと思ったが、腹時計はすでに12時を過ぎていたので、和風のレストランに入って食事をした。
栗おこわとも思ったが、普通のありきたりのメニューにした。
お腹がいっぱいになった後、小布施ミュージアム中島千波館に行った。
久し振りの入館だったが、ちょうど「デッサンは大切です」というタイトルの特別展が行われていた。
中島千波と言えばサクラを主題とした日本画で有名だが、今回の企画展では、大作の2点の屏風絵に描かれたサクラの絵と、その下書きになったデッサン画を対にして展示していた。
緻密でリアルな画風だが、その前段としてしっかりしたデッサンを描いていることがよくわかった。
他の作品でも同じようにデッサン画が展示されていて、発表される作品の前のしっかりとした習作があることをあらためて認識できた。
中島千波館① 中島千波館②
中島千波館に入館するときに、北斎館と高井鴻山記念館も観覧できる共通入場券を購入したので、そちらも見て回った。
北斎館は、富岳三十六景と富岳百景の企画展が行われていた。
写真撮影用に拡大した赤富士と白波が展示してあったので記念に撮影した。
フラッシュ禁止なので暗いところで撮ったせいかピンボケになっていた。
北斎① 北斎②
最後に北斎のパトロンでもあった小布施の豪商で画家文人でもあった高井鴻山の住居跡の一部を見学した。
高井鴻山記念館
せっかく小布施に行くのだから、どこかでスケッチでもしようかと、道具をリュックに詰めて背負って行ったのだが、3館をめぐっている間にそれぞれの絵に圧倒されてとても下手なスケッチを描く気になれなかった。
最後にケーキのモンブランでも食べて帰ることにしたが、旅の情報誌やSNSで紹介されているお店はどこも満席で行列待ちになっていて断念。
土産物売り場のイートインコーナーで、モンブランとコーヒーのセットを買って食べた。
行列の出来ているお店と同じものだから良しとしよう。小布施を満喫して帰路についた。
モンブラン
2018年10月25日 (木) | Edit |
今日はキリも出ず、朝から青空になった。
周囲の景色は、紅葉が進んですっかり秋らしくなった。
少し風があったので、ライトダウンを羽織って、午前のリハビリウォーキングに出かけた。
区長さんの家に赤い羽根募金を届けに行かなければならなかったので、そこまで歩いて坂道を登って行った。
区長さんの家は県道を越えた奥にあるので、募金を届けた後県道から一本北側にある農道を歩いて、明神池まで行くことにした。
明神池の近くの田んぼでは、ハゼカケした稲束を脱穀している風景に出会った。
写真に撮りたかったが、仕事中のところを写すのは失礼かと思って撮らなかった。
芝生広場のある野外ステージにせっしているため池には、たくさんの水鳥がいた。
最近明神池には2羽の鴨しか見かけないが、どうやら大多数の水鳥はこちらの池に来ているようだ。
芝生の外周の並木はすっかり紅葉になっていた。
黄色く色づくカツラの木はすでに落葉してしまったようだ。
リハビウォーキング 野外ステージの池
明神池に着くまでに1時間かかってしまったので、外周道路は歩かずに家までの最短距離を歩いて帰ることにした。
途中県道沿いに新築の家があったので寄り道をして見に行った。
どうやらワインの特区でワインづくりをしている会社組織が作っている建物らしい。
ひょっとしたら大きな建物なのでレストランかもしれない。
寄り道をしたので、家に帰りついたら12時近くになっていて、2時間のウォーキングになった。
午後から、先日の東御美術会の写生で途中になっていた絵の仕上げをした。
構図を大幅に手直しして、主題は浅間山だということがわかるように大きくした。
例会の時の絵と並べるとこんな感じだ。
まだかなり手直しをしなければならないと思うが・・・。
気が付いたら3時間近くジイ小屋で描いていた。
もう少し外は暗くなりかけていて、午後のリハビリウォーキングは当然お休みとなった。
午前中に2時間も歩いたのだから十分だろう。
10号の絵 手直しした絵
2018年10月24日 (水) | Edit |
今朝は周りが見えないほどの濃い霧に包まれていた。
昨夜遅くなってから雨が降ったので、地表に湿気が貯まっていたのだろう。
月に一度のガラス瓶の収集があるので、上八重原公民館まで貯まったビンを出しに行ったが、ライトを付けて走った。
少し霧が晴れてきたところで写真を撮った。
手前の畑の大豆がいつの間にか茶色くなっていた。
朝霧
午前中、上田のケーキ店タルトにケーキを買いに行った。
今日は火災保険の更新手続きのため、午後1時に大宮から保険屋さんが説明に来ることになっているので、その時のお茶うけにケーキを用意することにした。
先月のジイの誕生月のケーキを食べる会の時に行ったケーキ屋さんは、午前中でケーキはほとんど売り切れてしまっていて、ロールケーキが僅かに残っているだけだった。
そのロールケーキが予想以上においしかったので、きょう開店時間に合わせて、普通のケーキを買いに行った。
定番のイチゴのショートケーキのほか、チーズケーキと安納芋のモンブランの3種類を買って帰った。
家に帰ってすぐに冷蔵庫にしまった。
午後1時前に保険屋さんが来たので、大急ぎでコーヒーを淹れた。
ヤマちゃん家も同じ保険屋さんの火災保険を同時期に加入しているので夫妻も同席した。
淹れたコーヒーとケーキを出すのに気を取られてケーキを撮るのを忘れてしまった。
気が付いたときにはみんなのお腹に納まった後だった・・・。
みんなの評判も良かったので、これからはここのケーキもお使い物などに利用することにしよう。
保険屋さんが帰った後、リハビリウォーキングに出かけた。
午後3時過ぎだったが、もう道路に映る影が長くなっていた。
リハビリで歩き始めたころには45分かかったコースを歩いたら、30分もかからずに戻って来てしまったので、ため池の先の田んぼ道を追加して歩いた。
午後のリハビリウォーキング
今日は日本水彩上田支部の支部員から電話があって、今度の写生旅行に参加したいと言ってきた。
ホテルの部屋は大部屋なので一人ぐらいの追加は問題ないので、OKした。
初めての参加なので大歓迎だ。
毎年東京展で入選している実力のある人で、ジイよりも若く将来の上田支部を背負って立つ人なので、今度の旅行ではじっくり話をしたい。
2018年10月23日 (火) | Edit |
今日も晴れの朝を迎えた。午後から降雨の予報も出ているので、午前中にリハビリウォーキングに出かけた。
朝のニュースでは東京では予報が外れて朝から雨模様と言っていたが、こちらでは雨の気配は全然感じられなかった。
昨日1年ぶりの山登りを果たしたバアは、筋肉痛も出ず、元気に坂道を登っていた。
毎回リハビリウォーキングをしている間、スマホのカメラで歩いている姿を写真に撮っているが、今日は撮っている間についた差を追いつくのが大変だった。
午後は歩けないかもしれないので、1時間15分歩いて、8,000歩に達した。
飲み物を持って出なかったので、途中の商店の自動販売機で缶コーヒーを買って飲んだ。
まだ腰を曲げたり、背筋を伸ばすような運動はできないが、こと歩くことに関しては元気な時の状態に近づいている。
バアが外に出歩くことが好きな性格だったのが幸いしているのだろう。
それでなければ今頃引きこもりになっていたかもしれない。
午前中のリハビリウォーキング
お昼を過ぎると青空がなくなってきたので、雨が降る前に上田のカインズまで買物に出かけた。
ついでにガソリンスタンドに行ってフィットに給油した。
今までで一番高い156円/ℓだった。
日本の原油の最大輸入国であるサウジアラビアの政情によっては、さらに不安定な原油供給になる可能性もあり、世界がおかしな流れになっている。
買物を終えて帰るころには雨が降ってくるものと思っていたが、また青空が出てきてサングラスを持たずに出かけたので、運転中まぶしく感じた。
晴れてきたので、以前から機会があったら行ってみようと思っていたカフェレストランに行くことにした。
上田市古安曽にある「カフェスプラウト」という、発芽コーヒーを飲ませるカフェだ。コーヒーの生豆を、特許を取った発芽機で発芽させてから焙煎したコーヒー豆で淹れたコーヒーだった。
初めて飲んだが、普通のコーヒーより香りは控え目で、味は焦げた苦みはなく、干し草のような独特な味がした。
炭焼き焙煎のような強い香りが好きなジイには少し物足りない感じがした。
ケーキセットでチーズケーキを頼んだが、ケーキにアイスも添えられていた。
チーズケーキは少し乾いていた。
物珍しさでたまには来てもいいが、病みつきになるところではなさそうだ。
カフェ ケーキセット
2018年10月22日 (月) | Edit |
今日も一日晴れの予報が出ていたので、白樺湖に行く予定をしていた。
朝起きると霧に覆われていて景色が見えない状態で山に行けるのか心配した。
朝食を食べ、出かける支度をしている間に霧が晴れて青空が出てきた。
立科町のツルヤが開店する9時半に合わせて家を出た。
朝食に使うレタスが傷んでいて足りなくなったので、それを買うのと、白樺湖で食べるお昼の弁当などを買うためだ。
クーラーボックスを持って行ったので、他にもいろいろ食料品を買った。
これでしばらく買物をしなくて済むだろう。
ツルヤから白樺湖に向かう途中で、白樺湖よりも車山に登山することになった。
白樺湖の周回道路を歩くことで回復ぶりを測るつもりだったが、それより石がゴロゴロした山道を歩けるかどうか、バアはそちらを試したかったようだ。
車山肩の駐車場に車を停め、1時間かけて車山山頂の測候所のドームまで登った。
小石を敷き詰めた登山道は歩きにくかったが、ほとんど休憩なしに登り切った。
富士山を始め、南アルプス、中央アルプス、北アルプスの峰々が見渡せた。
足元の石が気になって、下を向きながら歩くことが多かったが、時折立ち止まって雄大な景色を見入った。
車山登山開始 頂上間近
測候所のドームのそばの風の少ない場所で、お昼のお弁当を食べた。
元気な時は、車山山頂から登ってきた方向とは反対の、蝶々深山のほうへ歩いて行くことが多かったが、今日は来た道を戻った。
一気に無理をしてもいけない。
下山中は余裕もできて、登山道の脇で咲くマツムシソウも発見した。
マツムシソウ
帰りは、途中長門牧場に寄って、車山登山のご褒美でソフトクリームを食べた。
そろそろソフトを食べる季節ではなくなりかけているのだが、この牧場に来ればソフトを食べるのが定番になっている。
ジイがスケッチしている間、バアは車山登山だけでは1万歩に達していなかったので、牧場の中を歩いて1万歩越えをさせていた。
ジイは、牧場のレストランのテラスから、蓼科山を背景に牧場を描いた。
短時間で素早く描こうと、少し乱暴な描き方になってしまった。
バアも1年ぶりに山に登れたうれしさを娘たちにLINEで伝えていた。
長門牧場 ジイのスケッチ画

2018年10月21日 (日) | Edit |
昨夜寝るころには空には雲がなくなっていたので、きっと放射冷却で冷え込むだろうと思っていたら案の定、最低気温が0℃になっていた。
昨夜10時ごろの気温は7℃だったのに・・・。
立科町の観測点でも1℃台なのでそんなに違いはないだろう。
温度計
今日は東御美術会の例会の日なので、6時半に起きた。
バアが一緒に起きてお弁当を作ってくれた。
ジイは朝のご飯の支度をするだけで済んだので、7時前には食卓に座ることができた。
8時に家を出て中央公園に行った。参加者は後から現地に来た2人を加えても7人だった。
東御美術会も年々高齢化が進んで例会への参加者が減少している。
ジイがまだ若手の部類なのだから、あと数年もしないうちに深刻な事態になりそうだ。
今日の写生は、御代田の「ココラデ」というパン屋さんの駐車場に車を停めて、その周辺から浅間山を描く。
9時過ぎには現地に到着した。着いたときは浅間山には雲がかかっていて姿が見えなかった。
描き始めて間もなくから次第に雲が流れ去って、山頂が見えてきた。何と今年の初冠雪だった。
昨日の午後からの天候の悪化で雪になったのだろう。
こんなタイミングで写生ができるなんてなんと幸運なことか・・・。
雲間の浅間山 初冠雪の浅間山
まずは1時間かけてスケッチ画を描いた。
描き始めは山の稜線がよく見えなかったので、手前の風景から描き始めたが、途中から全景が見えてきたので、一気に描き上げた。
初冠雪の感じもスケッチに描き残した。
スケッチ画
スケッチを描き終えた後、10号の画用紙に改めて描き始めた。
おおよその構図はスケッチ画で描いたのと同じように描いてみたが、最初の彩色を終えたところで改めて見直してみると、主題の浅間山がこじんまりしてしまって、何が描きたかったのかわからない絵になっていた。
油絵の指導者で、先日の子供たちに送ったぶどうの生産者でもあるWさんから、ずばり何を描きたいのかわからない絵だねと、指摘されてしまった。
まだ完成途中なので家に戻って更に色を付けるつもりだったが、家に戻った後色を落として、もう一度構図からやり直すことにした。
10号の絵
午後1時まで描いて解散となり、2時前には家に戻ってくることができたので、2時半過ぎにリハビリウォーキングに出かけることにした。
いい天気だったので、午前中バアは一人で1時間ほど歩いたという。
午後のリハビリウォーキングも家から県道までの一気の上りを一度も休まず登り切った。
元気な時より勢いがあるような歩き方だった。
これで原因のわからない全身のかゆみや手術した腰椎周辺の骨がきしむような痛みが消えれば、全快と言えるのではないか・・・・。午
後のリハビリウォーキングでも1時間以上歩いた。
午後のリハビリウォーキング
庭のドウダンツツジが紅葉してきた。
サンシュユも紅葉が始まり、赤い実も色鮮やかになった。
ドウダンツツジ サンシュユの赤い実
2018年10月20日 (土) | Edit |
今朝は4時間ぐらいしか寝ていないので寝不足だったが、いつものように7時に起きた。
朝になっても昨日のトラブルが回復していなくて、朝食の後も色々試みた。
今日も午後から天気があれる予報になっているので、曇ってはいるが雨が降りだしそうもない午前中にリハビリウォーキングに行くことにしていた。
スマホと格闘している間に、気が付いたらバアの姿が見当たらない。
電話をしたら、しびれを切らして先に歩き始めていた。もうだいぶ先まで行っていた。
慌てて後を追った。戻りかけているバアに途中で合流したあと、コースを変えて足を伸ばした。
歩く速さも距離も元気な時と同じようになってきた。あとは自信がつけば心配がなくなる。
今日のように一人で歩き出したのもリハビリウォーキングを始めてから初めてのことだった。
歩いている間、空の半分は黒い雲、残りの半分は青空になっていた。
その青空も午後になると雲に覆われてしまったが、少しぱらつく程度で雨は降らずに終わった。
夜になると、煌々と月が輝いていた。
雲 青空