FC2ブログ
2020年04月07日 (火) | Edit |
今朝はマイナス2℃まで冷え込んだが、霜が降りるほどではなく、ホッとした。
朝のうちは天気予報どおり曇っていたが、次第に雲がとれて青空が広がった。
気温もどんどん上がって10℃を越えてきた。
9時過ぎに、昨日植えた野菜の水やりをした。
まだ土は昨日の水やりで少し湿り気が残っていた。
10時20分にリハビリウォーキングに出かけた。
朝の涼しさが残っていると思ってライトダウンを着て出かけたが、途中で暑くなってダウンジャケットを脱いだ。
長女が家のコブシがだいぶ咲いてきている、とLINEをよこしてきていたので、ウォーキングのコースに長女の家を含めた。
長女は出かけているようだったので声をかけずにコブシの写真だけ取ってウォーキングを続けて1時間後に家に戻った。
リハビリウォーキング コブシ
午後は、長女がいる時間帯を見計らって3時ごろ接骨院に行った。
接骨院には先客があったので母屋に行ったが、長女はまた出かけて留守だったので、接骨院の先客が終わるまで庭で待機した。
待っている間に次のお客さんが二人も続けてきたので、先を譲った。
いつ行ってもガラガラというよりは、先を譲るぐらいお客さんが来てくれるほうが身内としては悪い気はしない。
今日も先客の一人は初めて来院した人で口コミで来たとのこと、人口の少ないこんな田舎では口コミが何よりの宣伝となる。
東京の赤羽で開業し続けていたら、長女も都立病院に勤務し続けていたら、今のコロナ騒ぎでどうなっていたかわからない。
長女夫妻の田舎暮らしの選択も、丁度いい潮時だったのかもしれない。
ジイとバアの施術が終わった5時を回っていた。
途中で長女も帰ってきていたので、終わった後は母屋でコーヒーをご馳走になった。
明日は接骨院の定休日と長女の休みが重なっているので、一緒に安曇野の光城山のサクラを見に行くことになっているので、打ち合わせをした。
今日は非常事態宣言が発出され、指定された都府県で緊急事態措置案を発表することになった。
措置案の骨子は昨日のうちに報道されているが、国と調整して2,3日のうちに具体化されそうだ。
次女からのラインでは、大学に進学したアーちゃんは入学式は中止、4月30日の新入生オリエンテーション、5月4日から授業開始らしいがこれもまた変わる可能性がある。
ムー君やノム君たちのさいたま市の小中学校は明日始業式、その後は分散登校で3日に一度午前だけの授業らしい。
明日の始業式も顔合わせと教科書配布だけらしい。
孫たちにとっては残念だが二度とない忘れがたい経験でもある。
まだこれからの長い人生を考えれば、取り返せないものではない。
それよりも、ジイたちが予定していた今月下旬のみちのく釣行が中止と決まった。
緊急事態宣言の対象地域の埼玉在住の釣り仲間が、まだ感染者の出ていない岩手にウィルスを運んでいくわけにはいかない、ということになった。
PCR検査が誰でも簡単に受けられるなら、釣り仲間全員で事前に検査を受けて陰性の証明書を持って行ければいいのだが・・・。
コロナ騒ぎから3か月経ってもいまだに検査対象は限定的だ。
圏内の釣り場へ一人で釣りに行くしかない。
接骨院から戻ったら、普段より大きく見える月が東の空に輝いていた。
月が地球に近づくスーパームーンというやつだ。
スーパームーン
浅間山は今日の暖かさで先日の積雪がすっかり溶けて黒い地肌が見えてきていた。
我が家の家の入口にあるソメイヨシノがようやく開花した。
庭のシダレザクラも間もなくだ。
雪が融けた浅間山 サクラの開花

2020年04月06日 (月) | Edit |
今日も朝からいい天気になった。風も昨日ほどは強く吹いていない。
絶好の畑仕事びよりとなったので、9時過ぎから畑に行って作業を始めた。
最初に、アスパラガスの根を植える場所の土起こしをした。
日当たりがよくて水はけのいいところで、数年はそのまま植えっ放しするところといったら場所が限られる。畑の変形の角を使うことにした。
その後は、ミニ耕運機で、今日植えるものの場所を耕すことにした。
有機石灰と肥料を蒔いた後、耕そうと思ったらミニ耕運機のエンジンがなかなか掛からなかった。
ガソリンが流れるバルブを開けてからガソリンを足したら、油を被って着火しにくくなってしまったようだ。
10分ほど他の用事をして少し乾かしてから、何度も着火を試みた。諦めかけたところでようやくプスプスとかかり始めアクセルを引くと煙を吐きながら、ようやくエンジンが始動した。
一通りミニ耕運機で耕した後、土起こししたアスパラを植えるところをミニ耕運機で耕しながら均した。
バアが様子を見に来て写真を撮っていた。
ミニ耕運機
午前中はジャガイモを植えるための畝を立てたところでお昼になった。
午後1時から農作業を再開し、最初にアスパラの根を植えた。
アスパラは肥料食いなので、完熟鶏糞や化成肥料を多めに入れた。
次は、ジャガイモの植え付けをした。今年はキタアカリ2㎏と男爵1㎏を植え付けた。
ジャガイモの次は、レタスのプラグ苗を20本植えた。
レタスは時間差でまたゴールデンウィーク明けころに植えてみるつもりだ。
最後にイチゴの苗を3本植えた。
今年初めてバアの要望を聞き入れてイチゴの苗を買ってきた。
イチゴは秋に植えて冬越しさせるのではないかと思っていたが、たまたまジャガイモやレタスを買いに行ったときに、イチゴの苗も売っていて買ったものだ。
一応苗を植えた後、ロールの稲わらを使って敷き藁をした。
ロールの藁は去年稲刈りの時に10個いただいたものだが、1個で敷き藁として使うのに相当の量になりそうだ。
ナスやキュウリ、トマトなどの夏野菜の敷き藁としてたっぷり使えそうだ。
畑仕事の途中 イチゴの苗
全部植え付けが終わった後は、ホースで水やりをした。
最後に、レタスに寒冷紗を掛けて今日の農作業が終わった。
畑仕事終わり
久し振りの農作業は、肥料をはじめ、いろいろ段取りが悪くて作業時間が夕方5時までフルタイムの労働になってしまった。
畑での作業だけで約1万歩になった。
さすがに足腰が張っているが、心配した膝の痛みは今のところ出ていない。
年寄りだから1日2日経たないと大丈夫かわからないが・・・。
ただ1日歩き回ってもすぐに痛みが出なかったのは、みちのく釣行を前にして少し自信になった。
畑の道端のスイセンが満開になっていた。
畑仕事をやり終えたジイに拍手をしているようだった。
スイセン① スイセン②
いよいよと言うのか、やっとと言うのか明日政府は緊急事態宣言を一都六府県を対象にゴールデンウィーク明けまでの約1か月出すことになった。
2020年04月05日 (日) | Edit |
明け方ジイは気が付かなかったが、寝室の照明が明るくなっているのにバアが気が付いたらしい。
いつもは調光して小玉電気ほどの明るさなのだが・・・。
起きた後太陽光のモニターを見たら午前5時前後にデータが消えていた。
電気工事か何かで停電があったようだ。
電気器具によっては、停電の後再通電すると初期設定に戻るものがある。
朝食も終わり掃除をしようかと思っているときに、もう一度太陽光のモニターを見たら、エアコンを点けているときのような電気の使用量が通電後ずっと続いていた。
昨夜もエアコンを点けていないので普通なら使用料は1キロワットにも満たないはず。
それが2キロワット近い使用料になっていた。
急いで家中のエアコンを点検したが点いていない。
最後にジイ小屋に行ったら、中に入ったとたんに大きなモーター音がした。掃除器が唸りをあげていた。
いつもは掃除機は使い終えたらコードを抜いて収納するのだが、掃除を終わった後絵を描き始めてコードを抜くのを忘れてしまったようだ。
朝5時ごろから10時近くまで掃除機が点きっぱなしになっていたことになる。
幸いモーターが焼き付くまでには至っていなかったが、阪神淡路大震災の時の通電後の大火災を思い出してしまった。
掃除機
午前中は、そんなドタバタもあってウォーキングには出られなかった。
朝からずっと風が吹いていたが、午後になって風を押して立科町の町道沿いにある郵便ポストに投函する郵便物もあったので、リハビリウォーキングに出かけた。
歩いてみたら行く手を阻むような強い風でもなかったので、町道から上八重原の台地、新しくブドウ畑になった周辺まで坂道を登った。
ブドウ畑の上に植えられている杉やヒノキの幹の間から空が透けて見える景色は、バアのお気に入りのようで、どこを歩こうかというと時々この辺りまで歩こうという。
ここまで来ると最低1時間のコースとなる。
リハビリウォーキング
家に戻った後、家の入口にシデコブシをスマホの接写機能を使って撮った。
先日よりも小鳥に齧られた様子が鮮明に撮れた。
なぜか先日スマホのプログラム更新をしたあとから、それまで頻繁に発生していたカメラのフリーズが起こらなくなった。
その後ハナモモの花芽を撮っても固まらなくなった。
よくわからないアプリでカメラが誤操作してしまう問題を解決させるプログラムの変更でもしたのだろうか?
シデコブシ はなもも

2020年04月04日 (土) | Edit |
春眠暁を覚えず、朝目覚ましに起こされてもなかなか起き上がれない・・・。
今日はバアの猫当番なので、朝ご飯を待っている猫のためにいつまでも寝ているわけにはいかない。
朝ご飯をもらって落ち着いたのか、デッキで朝日を浴びながら猫たちが寛いでいた。
猫たち
今日も晴れていい天気なので10時半過ぎにリハビリウォーキングに出かけた。
出かける前に畑に咲いているスイセンを切って、接骨院に届けることにした。
ちょうど来客のいないときだったのでカミちゃんに手渡すことができた。
リハビリウォーキング
接骨院の先まで歩いた後、家に戻った。
いつもより距離を歩いたと思ったが、時間的には1時間10分ほどでいつもとあまり変わらなかった。
庭のソメイヨシノの花芽がだいぶ膨らんできた。
ハナモモも間もなくで、今年は同時に咲き出しそうだ。
スマホの接写で撮ったが、今回はカメラがフリーズしなかった。
ソメイヨシノ ハナモモ
午後から昨日届いた住所録ソフトで来年の年賀状用の住所録を作成した。
毎年郵政の年賀状ソフトを使って宛名書きをしているが、そのデータを使って水彩画関係のあて名書きをすると、なぜが次の年の年賀状を作るときに前年の住所録が壊れてしまっていて、また一から住所録を作り直さなければならなかった。
データの保存の仕方が間違っているためだと思うが、これからは複数の住所録ファイルを作ることができるので問題は解消できそうだ。
東京の新型コロナウィルスの感染者が今日は118人になり、ついに3桁の大台に乗った。
他の国の例から見ればこれからは加速度的に増えて行くことだろう。
長野県も昨日10人目が出た。
それも大町市なので、5月下旬に予定している東御美術会の写生旅行は、大町市内のホテルの宿泊予定なので中止せざるを得ないだろう。
4月19日に役員が集まって協議することになっているが、中止になるに違いない。
2020年04月03日 (金) | Edit |
昨夜は就寝したあと、次女からLINEでシデコブシの花芽をヒヨドリがついばむ事例を知らせてきてくれた。
そういえば庭のハナモモにも最近ヒヨドリが飛んできているし、思い当たる節もあった。
今日はネットで注文していたプリンターやインク、住所録ソフトの3点が、全部クロネコの同日宅配だったので、ネットで午前中の配達指定にした。
9時過ぎには配達に来てくれたので、無駄に待たずに済んだ。
時間ができたので、丸子の音楽村のスイセンを見に行った。
今日は朝から無風で快晴だった。
家を出る前に先日の雪で浅間山が真っ白に冠雪していたので、それを写真に撮った。
冠雪した浅間山
今年はコロナ騒ぎで、音楽村のスイセンまつりは中止になっていたが、ちらほら観光客はきていた。
ポカポカ陽気だったので、スイセン畑を一通り見た後、山側の集落のほうまで足を伸ばして歩いてきた。
歩数計を見ると6,000歩には届いていなかったので、いつものリハビリウォーキングで歩いている距離には及ばなかったものの1時間以上音楽村で過ごした。
音楽村① 音楽村②
帰りは丸子のベルプラザ内のツルヤで買い物をしてから家に戻った。
お昼を食べた後、相変わらず無風状態だったので、畑で剪定枝や段ボールなどを燃やした。
気温の高さと火の熱で汗だくになった。
火燃しの後、朝届いたプリンタ―のセットアップをした。
以前の機種と違って、パソコンやスマホとのネットワークも簡単にできた。
試しの印刷も、一昨日のハガキを印刷してみたが、印刷ずれもなくきれいに印刷できた。
写真もきれいに仕上がっている。
今までのプリンターも故障しているわけではないし、インクも残っているので使用目的に応じてしばらく使い分けしようと思う。
プリンタ―
4時前に接骨院に行った。
午後のお客さんが一段落したころ合いを見て行ったつもりだったが、先客があり待っている間に次のお客さんも来たので先を譲ってその後から施術を受けたので、終わったら5時を過ぎていた。
昨日の午前中郵便局に出したハガキが早くも今日届いたところもあったようで、早速確認の電話があった。
昨日の安倍首相の布マスク全世帯に2枚配布するという話には、とうとう安倍首相も血迷ったかと思ったが、今日は所得減少世帯に30万円支給するという。
申告制というが、市町村での窓口対応になると思うので、所得減少をどう証明させるのか想像するだけでも混乱必至だ・・・。
当然ながら我ら年金生活者は対象外だ。
景気浮揚策には消費税の大幅な引き下げしかないと思うのだが・・・。
2020年04月02日 (木) | Edit |
今朝は6時半ごろに目が覚めトイレに行ったあと、またうとうととしかけた途端に電話で起こされた。
上田支部の前支部長からだった。
今日発送するハガキの文面について同意してくれる内容の電話だった。
修正するように言われても昨夜のうちに印刷し終わっているので、修正できないのだが・・・。
7時前だったが仕方なく起きた。
窓から明るい陽が差し込んできていた。
日中は 晴れていたので気温が10℃近くまで上がったが、風が強く吹いていたので午前中のリハビリウォーキングは見合わせた。
上田支部の作品研究会の中止も決まったような状況なので、彩明会の4月の例会も中止にすることにして9時ごろから会員に電話連絡した。
みな状況が悪化しているのがわかっているので中止に反対する人はいなかった。
ひととおり連絡し終わったあと、北御牧郵便局に昨夜印刷したハガキを出しに行った。
30枚の切手シールを買い、27通のハガキに切手シールを貼らなければならないと思っていたら、郵便局の人が貼ってくれると言ってくれたのでお願いした。
ローカルな郵便局ならではの対応だ。
外に出たついでに田中駅近くのJAに行って、文化協会の負担金も支払ってきた。
午後になって、風は相変わらず吹いていたが、もう2日も歩いていないので、リハビリウォーキングに出かけることにした。
風が弱い立科町の町道を50分歩いて戻った。
ノルマの6,000歩は越えることができた。
リハビリウォーキング
戻ってきて家の入口のシデコブシを見たら花びらがほとんど喰われてなくなっていた。
半分以上の花びらが開きかけたところで食い千切られていた。
バアは鳥の仕業ではないかというがジイは虫ではないかと、意見が分かれた。
今までにない花芽の数に喜んでいたのにがっかりだ。後で消毒をしておこう。
アンズは花芽が全開していた。雪に倒されていたスイセンは立ち直って、たくさん咲いていた。
シデコブシ アンズとスイセン

2020年04月01日 (水) | Edit |
雨の予報だったが、朝のうちは曇り空で地面は濡れていなかった。
今日は、10時に文化会館で日本水彩上田支部の今後について役員で話し合うことになっていたので、9時半過ぎに家を出た。
このころからポツポツと雨が落ちてきた。
文化会館で正副支部長と庶務のジイと4人での話し合いだった。
結論は早かった。日本水彩画会本部からの中止は出ていないが、東京都美術館のほかの美術展が軒並み中止になっていることや、東京の感染の状況から中止になるのは時間の問題だろうということで、日本水彩展出品のために予定されていた今月14日の支部の作品研究会と5月の例会は中止することになった。
作品研究会の講師をお願いしていた長野支部の二人の先生には支部長から連絡してもらうことにし、上田支部の支部員にはハガキで通知することにした。
ジイとしては何か割り切れない気持ちが残ったが、仕方がない。
万が一にでも水彩展が開催されるようなことがあれば、落選覚悟で出品するしかない。
40分ほどで協議は終わったので、11時には家に戻ることができ、コープの宅配に間に合った。
午後は、支部員に発送するハガキの文面の作成に取り掛かった。
案文ができたのでハガキ印刷をしたが、プリンターの調子が悪く文字がずれて印刷されてしまう。
いろいろヘッド位置の調整やインクの目詰まりの清掃など試してみたが、印刷のずれは治らなかった。
ずれを直せないまま文面を今日の会議に参加していた正副支部長3人にファックスで送った。
夜になって支部長の指示で一部文章を加えてハガキを印刷した。
合わせて宛名も郵政の年賀状ソフトを使い、新たに住所録を作って印刷した。宛名面の印刷は印刷のずれが出ずにきれいに印刷できた。
いよいよ使い過ぎで言うことを聞かなくなってきた。
画集を作ってやった人たちから過分にいただいたお礼を元手に新しいプリンターを買うことにした。
まだインクは山ほど残っているので当分はプリンターのご機嫌を伺いながら併用しなければ・・・。
2020年03月31日 (火) | Edit |
朝7時に起きると外は霧に包まれていた。
昨日は暖房をつけ忘れて寝てしまったので、室温が16℃まで下がっていて少し肌寒く感じた。
食料品が底をつき出してきたので、10時ごろ上田アリオまで買物に行った。
首都圏では不要不急の移動を控えるよう要請が出されているが、上田のスーパーでも少し客の数が少ない。
春休み中なので普段なら子供連れが多いのだが、あまり子供の姿も見かけなかった。
レジもほとんど並ばずに済ませることができた。
店を出て外の駐車場まで買物袋を提げて行きかけて、手の消毒をするのを忘れているのを思い出して引き返した。
今日は買い物の帰りはどこも寄らずに家に戻った。
家を出るときと、家に戻って来たときでは残雪の量が全然違っていた。
道の両側に除雪車が押し寄せて残っていた雪が、ほとんど融けていた。
雲が多くて日差しはあまり出なかったのに、気温が10℃以上にまで上がったためのようだ。
それでも我が家の道路の先に押し寄せられた雪が泥交じりで山のまま残っていた。
後で泥の片づけが大変だ。
除雪車の落とし物
午後から接骨院に施術を受けるため行ったが、先客があったので、夜勤明けで戻っていた長女がいる母屋でコーヒーをご馳走になりながら待った。
車の保険について話し合って、N-boxの保険はジイの保険で継続することになった。
今日もそうだが、近所とはいえN-boxで送迎することもあるので、業務使用条件にした。
割高になるが、保険がおりなかったら困るのは自分たちだ。
待っている間に次のお客さんも来てしまったので、ジイとバアの施術が終わったら4時を過ぎていた。
家に帰った後、ジイ小屋で50号の絵の続きを描いた。
遅々として進まないが仕方がない。
今日の絵
上田支部の支部長から電話があって、明日臨時の役員会で今後のことを打ち合わせすることになった。
あらためて東京都美術館の展示スケジュールを見ると、4月から5月中旬までの予定されていた展示会は全て中止になっていた。
今月29日、30日を臨時休館としていたのが、4月1日までさらに2日臨時休館が延長されていた。
今日の東京都内の感染者数はあらたに78人となった。
3桁の数字になるのは時間の問題だ。
多分このままでは日本水彩展も中止になるだろう・・・。
それを前提に上田支部としてこれからのことを決めていくことになりそうだ。
2020年03月30日 (月) | Edit |
昨日雪かきで疲れたのか朝目覚ましで起こされるまでぐっすり熟睡した。
心配した筋肉痛は残っていなかった。まだ若いか、それとも明日あたりに痛みが出るのか?
今日は一日曇りで昼頃1時間だけ晴れ間が出る予報だ。
曇ってはいるがそれほど寒くなさそうなので10時過ぎにリハビリウォーキングに出かけた。
舗装道路はほとんど雪が残っていなかったので歩くのに不自由はしなかった。
途中長女の家の脇を通った。
昨日は雪かきの手伝いに行かなかったが、接骨院の駐車場や車庫の前の雪かきはやった跡があった。
開業日以来の雪かきだが長女も休みの日だったので二人でやったのだろう。
ようやく雪国に来た実感をしたことだろう。
1時間15分歩いて家に戻った。
リハビリウォーキング
時々雲が薄くなって薄日も射すことがあり、積もった雪もどんどん融け始めていた。
出かける前は麦畑が真っ白だったのに、戻るころには麦の穂先が顔を出していた。
畑の淵の水仙が開花が始まっていたのに、寒さに花びらを閉じて耐えていた。
スイセン
夕方1時間半ほどジイ小屋で50号の絵の続きを描いた。
あまり進捗しなかったが絵の上の半分が少し形になってきた。
空の色は手直ししたくなっているが、全体を描いて色のバランスを見てからにしよう・・・。
絵を描いていてもなぜか切迫感が起こらない。
4月14日の作品研究会までに仕上げなければならないのだが・・・。
東京のコロナ感染者の状況によっては、日本水彩展が中止になる可能性もある。
オリンピックの選手たちの延期が決まるまでの心境が分かるような気分だ。
今日の絵
元ドリフターズのメンバー志村けんの死亡がワイドショーで取り上げられていた。
子供たちの成長期にテレビを席巻していたメンバーだ。
ばかばかしいと思いながらも子供と一緒にテレビを見て腹を抱えて大笑いしていた記憶がある。
つい2週間ほど前に発症してから、あっという間のことだ。
本人も死に至る病いとも思わなかっただろう。
70才というとジイよりも2つも若い世代だ。
死者が1万人を超えたイタリアでは、高齢者の治療より若い人の治療を優先する方向に転換したそうだが、日本でもそういう状況にならないとも限らない。
早く有効な治療法が見つかることを祈るばかりだ。
夕焼けが少しものかなしい風景に見えた。
夕焼け
2020年03月29日 (日) | Edit |
昨日午後4時から降り出した雨が夜中から雪に変わった。
午前0時ごろ寝る前に外を見るためにデッキの電灯を点けると、2,3㎝雪が積もり始めているのが見えた。
朝起きてまず外を見ると一面の銀世界になっていた。
予想よりはるかに積もっていた。
昨日の段階では積雪注意報だったが、午前4時40分に警報に変わっていた。
7時半過ぎに除雪車が家の前まで除雪にやってきた。
除雪車
朝の段階で積雪20㎝ぐらいだったが、お昼過ぎまで雪が降り続けて、最終的には30~40㎝まで積もった。
今年は一度も雪かきしないで終わるかも、と思っていたのに、例年数回に分けて降る雪を一度に降らせた感じだ。
雪の中を小鳥たちがたくさん飛んできたが、なかでもジイの好きなシメがデッキの前のハナモモの木に何度も飛んできて挨拶しているようだった。
積雪 シメ
午後雪が止んできたので、雪かきを始めた。
朝の早い時間に除雪してもらった道路もその後10㎝以上積もったので、玄関前の駐車場だけではなく道路もやらなければならなかった。
雪も湿り気が多く重い雪だった。
家に周りのほかヤマちゃん家の周りも除雪した。
普段使わない腕や腰の筋肉をフル稼働させたので、全部の作業を終えたらあちこちの筋肉が張っていた。
結構膝も使ったが痛みが出なかったのが何よりだ。
雪かき 道路
遠くに見えるTさんの家では自家用の除雪機で雪かきをしているのが見えた。
ホームセンターで数十万円?で売っているようなマシンだが、そのうち我が家にも必要になってくるかもしれない。
雪かきをおえたあと雪だるまを作った。
大宮に住む次女から庭にうっすら積もった雪で孫たちが遊ぶ姿をLINEで送ってきたので、返事代わりに雪だるまの画像を送った。
雪かきをしている途中まで空が明るくなり始めて雪が融け始めたが、また曇りだして温度が下がってきて雪どけが止まってしまった。明日になって残った雪が凍らなければいいのだが・・・。
雪だるま
2020年03月28日 (土) | Edit |
朝からどんより曇っていたが、昨日の暖かさが残っていた。
9時前にロールカーテンを取り付けにKさんがやってくることになったので、朝食の後昨日届いたダイソンの掃除機で家の中を掃除した。
30分ほどの掃除でごみがいっぱい溜まっていた。
サイクロン式の掃除機なので透明な筒の中に溜まっているのが見える。
普段こんなにゴミだらけの家の中で暮らしているのかと驚いた。
掃除を終えて一段落していると9時前にKさんがやってきた。
早速キッチンの窓2個に同じ色、サイズのロールカーテンを付けてもらった。
先日ジイは2階の窓に苦労してロールカーテンを取り付けたが、さすがKさんはプロであっという間に取り付け終わった。
長女たちの家の母屋や接骨院のリフォームでお世話にもなっているので、作業が終わった後お茶を飲みながらお礼を言った。
帰り際、これから接骨院に寄って施術してもらうと言っていた。
接骨院の顧客にもなってもらっているようだ。
カーテン① カーテン②
Kさんが帰った後、組長さんがやってきて、明日の朝6時から道路清掃はなくなったとのこと。
天気予報が大雪となっているので、先ほど有志だけでごみ拾いを済ませたとのことだった。
一声かけてくれれば一緒にやったのに、以前からの住民だけでやってしまったようだ。
お蔭で明日早起きしなくて済んだのだが・・・。
カーテンの取り付けが早く終わったので、雨が降ってくる前に10時すぐからリハビリウォーキングに出かけた。
長女たちの家のほうまで歩いて行ったら、Kさんが施術を終えて帰るところに遭遇した。
ちょうど1時間歩いて家に戻った。
歩いている間は雨に降られることもなかった。
ウォーキングから戻って家の入口に来るとシデコブシの花芽全体が咲き始めの準備をしていた。
さらに畑に行くと一昨日一輪開花したアンズがいくつも開花していた。
シデコブシの花 アンズの花
午後は、埼玉から保険屋さんが車の保険の更新のために来ることになっているので待機していたら早く着いたと1時半ごろにやってきた。
今まで乗っていたN-boxは長女たちが越してきたときに譲り渡したので、来月で切れる保険は新たに自分たちで掛けるということだったが、保険屋さんの話では、いくら今はやりのネット保険でも、新規に契約すると、ジイが長年入ってきた保険の割引率に比べると高いものになるということだった。
これについては長女夫妻と話し合ったほうがよさそうだ。
毎年保険の説明を聞いてその場で契約更新の手続きをタブレット端末を使ってやってしまうのだが、今回はあとで結果を電話で知らせることにした。
いよいよ東京、千葉と今までにない新型コロナウィルスの陽性者が出てきた。
今日1日で国内で208人だ。
昨日日本水彩画会のほうから、今年の第108回日本水彩展の応募用紙等が送られてきた。
ホームページには3月末現在開催する予定で準備していると書かれているが、果たしてどうなるか。
会場が東京都美術館なので、都のほうから中止の要請が出るかもしれない。
美術館のホームページでは4月から5月末までの催し物が軒並み中止または延期となっている。
2020年03月27日 (金) | Edit |
今日は一日雨の予報だったが、朝起きた時にはまだ降ってきていなかった。
今日は佐久総合病院にヤマちゃんを迎えに行くよう頼まれていたので、9時過ぎに家を出た。
予定より早く着いたが、すぐにヤマちゃんと合流し、家に戻った。
いつ雨が降りだすかわからなかったし、午前中にダイソンの掃除機が届く予定だったので、ウォーキングにも出かけることができなかった。
11時半にようやく掃除機が届いた。
昼食の後、上田のグリーンファームにジャガイモの種イモやレタス、イチゴの苗を買いに行った。
ついでに隣接するAコープでも買い物をして帰るつもりだったが、カインズで買いたいものがあったのを思い出し、カインズまで足を伸ばした。
途中上田城城跡公園にも寄って、満開になったヤマザクラなどを鑑賞した。
さらにお濠や櫓のあるところまで階段を上がってみてきた。
先日には蕾だったシダレザクラが満開になっていた。
ヤマザクラ シダレザクラ
午前中リハビリウォーキングができなかったので、その代わりにもなった。
お蔭で帰りが予定より1時間以上遅くなってしまったので、買物の後行く予定だった接骨院には明日行くことにして、ただ掃除機のスタンドを作るために長女たちの家に倉庫に行った。
1時間ほどでスタンドを作り終わって家に帰ろうとしたら、キッチンのロールカーテンを頼んでいたKさんから電話があって明日の午前中取り付け工事に行きたい、とのことだった。
そこでカミちゃんに頼んで、これから接骨院で施術を受けることにした。
急いで家に戻ってバアと一緒に接骨院に戻った。
明日は午後から車両保険や火災保険をお願いしているさいたま市の保険屋さんが午後来ることになっている。
午前中バタバタしたくなかったので、時間的には遅くなったが今日中に接骨院の施術を済ませることができて助かった。
家に戻って夕食を取った後、作ってきたスタンドに2台のコードレス掃除機取り付けた。
スタンド① スタンド②

2020年03月26日 (木) | Edit |
朝6時に起きて渓流釣りの支度をした。
もう外はすっかり明るくなって日が差していた。
6時半過ぎに家を出た。外気温はマイナス1℃だった。
途中コンビニに寄ってパンとおにぎりと、日釣り券を買った。
時間は7時近くで道路は通勤の車で少し混んでいた。
入渓ポイントに車を停め、ウェーダーを履き釣り用のジャケットとビク餌箱を付けて準備万端、勇んで川に入った。
去年までのこの時期背丈以上の枯れた葦が生い茂っていて、入渓しにくいが、今日はそういう障害物がほとんどなく、簡単に水辺まで近づけた。
しかし、以前のポイントがすっかり砂利で埋まっていたり、全体的に水深が浅くなっていて、ポイントが少なくなっていた。
数少ないポイントに竿を出すが全く反応がない。
水中には石がゴロゴロしているが、根掛かりしない。
去年の台風による洪水で、石の角が削れ、挟まっていた小枝やごみも取れているのか、一度も根掛かりしなかった。
納竿するまで一度も仕掛けを取り替えることがなかった。
はじめに入渓したH川では、4か所車で移動して、以前に釣れたポイントを探ったが、一度たりともあたりが来なかった。
魚が水中を走る姿も全く見られなかった。
途中で出会った釣り人と情報交換したが、やはり当たりゼロとのことだった。
H川
H川を諦め、漁協のホームページのブログで釣果ゼロと書かれていたK川に行くと、河川敷で工事をしていた。
仕方なくその支流に入渓したがそこでも数百メートル釣り上がったが全く当たりが出なかった。
去年の禁漁後の洪水の後、今年になってまだ漁協は放流をしていないのかもしれない。
今日買った日釣り券と一緒に渡された漁協のチラシには、公開放流は4月4日からと書かれていた。
朝のうちこそ冷えていたが、釣っているうちに気温もどんどん上がって水温も上がっているはずなのに、当たりがないということは魚がいないということだろうと諦めて11時半に納竿して家に帰った。
釣果はなかったが、4時間近く歩き回っても、右膝に痛みが出なかったのが何よりだった。
今までのように斜面の上り下りや、大きな石の飛び歩きが簡単にはできなくなっているが、慎重に歩けば大丈夫だということが分かった。
午後は、渓流釣りの疲れをたっぷり取った。
5時近くになって外に出るとまだ夕日が眩しかった。
庭のシダレザクラの枝にジョウビタキがやってきてチッチッと鳴いていた。
警戒心が強くて簡単に撮れない野鳥だが、カメラを構えても全然逃げなかった。
餌付けでもされていたのだろうか?
ジョウビタキ
畑のスイセンが2種類開花した。アンズの花も一輪開花したが、明日以降続きそうだ。
この時点でもまだ20℃以上の気温だ。
スイセン① スイセン②
アンズの花① アンズの花②
家の入口のシデコブシも蕾が顔を出し始めた。
今年は今までで一番多い花芽を付けているが、そのうちのいくつかは小鳥に齧られたように花芽の先が減っていた。
シデコブシ
夕方1時間ほど50号の絵の続きを描いた。
今日の絵
2020年03月25日 (水) | Edit |
今朝は6時過ぎに目が覚めてしまった。
昨夜は珍しく早く11時半過ぎに就寝したので、普段の睡眠時間ぐらいは寝た計算だ。
なので、それからは寝付けなくなり、目覚ましの鳴る7時前にベッドから起き出した。
氷点下まで下がる予報だったので、昨夜は暖房を点けてから寝たので室温は20℃になっていた。
外は冷たい風が吹いていて歩く気が起きなかった。
畑の道路際のスイセンが今日開花した。
スイセン
午前中一人で上田のグリーンファームに夏野菜の苗や種を買いに行ったが、定休日だった。
今まで一度も定休日に遭遇したことがなかったので、休みという想定をしていなかった。
仕方がないので、隣接するケーズデンキへ行き、いっぱい溜まっていたインクカートリッジをリサイクルボックスに入れたあと、店内を見て回った。
いろいろ眺めていると欲しいものが雲のように湧いてきてしまうので、早々にお店を出た。
帰りにガソリンスタンドに寄って給油した。
前回より1ℓ当たりで10円も安くなっていた。
原油価格の暴落が値段に出始めているのだろうが、原因が新型コロナウィルスかと思うと喜んでばかりはいられない。
午後買物に出かける支度をしていたら、長女夫妻が上田で買ってきたどら焼きを届けに来てくれた。
長女たちが越してきてから、色々銘店の食べ物情報が得られるようになった。
10年以上住んでいるジイとバアよりまだ半年に満たない長女夫婦のほうがよっぽどか情報通になったようだ。
そのお裾分けにも預かれるようになった。
歯医者に予約があると言ってすぐに長女たちが帰ったので、そのあと丸子のベルプラザにあるデーツーとツルヤに行って買物をした。
そのころには気温も10℃近くまで上がったが、相変わらず冷たい風が吹いていたので、リハビリウォーキングはお休みにした。
夕方1時間ほど50号の絵の続きで、彩色を始めた。
はじめに20号、次に10号、そして今度は50号と変な順番だが、今年の東京展への本命として描いてきた雪の白馬鑓の絵が一段落したあと、今月はジイが属している4つの水彩画の会がコロナ騒動で全部中止となり、時間ができたので、もう一枚50号を描くことにした。
果たして今年の東京展が開催されるか微妙な状況になってきているが、今のところ開催する予定で、間もなく募集要項も各支部に発送されるようだ。
柿の木や建物の位置、空と畑の分割比率をいろいろ試して、最終的に色を付け始めた。
さてどんな仕上がりになることやら?
今日の絵② 今日の絵①
夜になって、東京都の今日の新たなコロナ感染者が41人と報道された。
オリンピックの延長が決まった矢先、堰を切ったように感染者の数が急増する・・・。
中国の感染者の実態にも疑問の点が多いが、日本の実態だって数字的な信用性は乏しい。
検査数89件のうちの41人の感染者ということは、10,000件を検査すれば、5,000人近くの感染者がでるということ。
都内の感染者数が爆発炎上するのはアメリカの状況を見れば火を見るよりも明らかではないか!
2020年03月24日 (火) | Edit |
夜中から明け方にかけて降雪の予報が出ていたので、朝起きてカーテンを開けたら外は真っ白か思ったが、霜が降りてはいたが青空が出ていた。
気温はマイナス2℃と氷点下になっていた。
このところ暖房も点けていなかったので、室温は16℃まで下がってひんやりしていた。
相変わらず風が吹いていて、午前中は外を歩く気にならず、接骨院に車で行くことにしていた。
10時半ごろに行くとちょうど誰もいなくてすぐに施術してもらえた。
バアはいつもの左足ではなく肩痛があるので、そちらを重点的にやってもらっていた。
ジイも4,5日前から寝違えて右の首が痛いので、右膝をやめて首を見てもらおうとしたが、寝違えでそんなに長く痛みは続かないはずなので、別の原因かもしれないと言われたので、もう少し様子を見ることにし、いつもの右足を施術してもらった。
二人の施術が終わったタイミングで、長女が夜勤明けで帰宅した。
また新しいパン屋を開拓してきたと言ってパンをお裾分けしてもらった。
佐久には知らないパン屋がまだたくさんありそうだ。
午後からジイ小屋で、50号の絵に取り掛かったが、先日デッサンした内容、構図ではどうしても気が乗らなくて、全部消して一から描き直した。
途中で3時のお茶を飲みに母屋に戻った。
一時曇っていた空も回復してまた青空になり、気温も上がってきていたので、3時半を過ぎていたがリハビリウォーキングに出ることにした。
軽く30分ほどと思って家を出たが、歩き終わってみれば50分歩いていた。
途中二度目のヒバリに出会った。
あちこちの田んぼでトラクターが動いていた。
近くまで行くと、田んぼの畔を大きな丸い刃で切り固めていた。
いよいよ代掻きに向けて準備が始まったようだ。
リハビリウォーキング 畔切り トラクター
その後またジイ小屋で50号の絵のデッサンの続きを描いた。
手前の柿の木の位置や、小屋の位置、麦のラインなど描いては消し、描いては消しを繰り返して、夕食前にようやく形が決まった。実際の風景とはかなり違うところもあるがこれが絵の面白いところでもある。
彩色で、どれだけ冬の寒さを表現できるか力量が試される・・・。
デッサン
2020年03月23日 (月) | Edit |
昨日ほどではないが今朝も少し風が吹いていた。
キンモクセイ掛けていた寒冷紗を掛け直した。
もうとってやってもいいのだが遅霜にやられないようもう少し様子を見ることにした。
寒冷紗
晴れて室内も明るいので、朝のうち部屋の掃除をした。
先日、懸案だった掃除機の購入を決めてジャパネットに注文した。
新聞の折り込みに入って広告で、下取り価格が多く今までで一番安い価格になっていた。
他のネットや周辺の家電ショップも下取りはないので、同じ程度の価格ならジャパネットにすることにした。
東御市では粗大ごみの回収はしないし、持ち込んでも高額の引き取り額になる。
先日の電動ウォーカーの引き取りで懲りごりした。
コードレスで電池が1時間もつダイソンのサイクロン式掃除機だ。
いま我が家にあるコードレスの掃除機は、カタログハウスで買ったものだが、最長で30分だからその倍は使えることになる。
ジイ小屋で使っていた20年以上前の掃除機を下取りに出すことにした。
今まで1階で使っていた紙パック式の掃除機は2階に、2階の掃除機をジイ小屋で持って行くことにした。
掃除が終わった後、リハビリウォーキングに出かけた。
少し風が強いので、風を避けて立科町の町道を歩いた。
風がなくなって身体も温まったので、中八重原の台地に回り込んで高台に出たら、やはりまだ風は吹いていた。
1時間強の歩きっだった。
歩いているときに見えた浅間山から噴煙が出ているのが見えた。
リハビリウォーキング 浅間山
午後は、ヤマちゃんを佐久総合病院まで送った。
こんな時期なので、病院の中まで入らず、駐車場で別れた。
帰りに佐久の上州屋に寄って釣り餌を買った。
その近くに長女のお気に入りのパン屋さんがあるのでそこへ行ったら、定休日だった。
佐久に出かける前に、シェフナベさんから電話があって、4月の中旬に岩手に行く誘いがあった。
4月下旬にみちのく釣行を予定しているが、今年は雪が少なく早く渇水が始まりそうで、入渓者の出足が早そうだということだった。気持ちが動いたが、まだその前に地元の川に行って、足の状態も確認しなければならない。
家に戻って釣り道具の点検をした。
2020年03月22日 (日) | Edit |
今朝起きてすぐデッキの温度計を見たら、早くも12℃になっていた。
ただ強風が吹いていて、ゴォーと唸りを上げていた。キンモクセイに掛けた寒冷紗がほどけて飛びそうになっていた。
こんな風の中とても外を歩く気にはなれなかった。
昨日うまく撮れなかったアンズやシデコブシの花芽を撮った。
風に吹かれて揺れるのでピントを合わせるのが難しかった。
アンズ シデコブシ
昨日は全開できなかった紫のクロッカスが大きく開いていた。
庭に3種類のクロッカスが咲いているが初めに黄色、次に白そして最後に紫が順番に咲く。
植えてから肥料をやるわけでもなく、周りを雑草に囲まれても何もしてやっていないが、律義に毎年咲いてくれるこういう花が好きだ。
クロッカス
春を告げるサンシュユも満開になった。
根元近くのシバザクラもいつの間にかたくさん咲き出した。
三種 シバザクラ
長女の家や接骨院のロールカーテンを取り付けたリフォームのKさんが、使わなかったサンプル品のロールカーテンを置いて行った。
それを我が家の2階のプレイルームの窓に合わせてみたら、ほとんどオーダー品かと思うぐらいサイズがぴったり合ったので、取り付けることにした。
金具のつけ方がよくわからなかったが、一昨日接骨院に行ったとき金具がどのように付けられているか見て、おおよそのことは分かったが、今日は取り付ける前にインターネットで取り付け方を実演しているユーチューブを見て、さらに意外と簡単に取り付けられることが分かった。
3個の金具を窓枠の内側に取り付け、あとはロールカーテンを嵌め込むだけだったので、30分もかからずに取り付けることができた。
家ができた時から付けてきたバアが手編みしたレースのカーテンがお役御免となった。
ロールカーテン バアの編んだレースのカーテン
午後からは、プレイルームの一角をジイの書斎として使っているが、カウンターの上や書棚など雑然としていたので片付けた。
古い書類なども出てきてそれを見ながら片付けていたので整理し終わったら夕方になっていた。
2020年03月21日 (土) | Edit |
今日も朝から気温が2℃と高め、さらに日中は20℃を越えた。
暦では春分を過ぎたのだから当たり前だが、この辺りではまだまだ朝晩は氷点下まで下がる季節なのだが・・・。
今日も午前中1時間20分歩いたが、上着を脱ぎたくなるほどの暖かさだ。
春になると吹く南風が吹いていた。
浅間山系も春の霞がかかってくっきりとは見えない。
リハビリウォーキング
家に戻って庭の花を観察すると、七二会から貰ってきたヤブツバキや、もともと植わっていた早咲きの丈の低い水仙が一輪開花していた。
昨日までは開いていなかったから、今日開いたのだろう。
黄色いクロッカスに続いて白いクロッカスも咲き出した。
ヤブツバキ 早咲きのスイセン 城のクロッカス
畑のアンズや家の入口のシデコブシも花芽の上皮が裂けて赤い花びらが顔を除かしていたが、これはどちらもピンボケでブログには載せられない。
午後は久々にずっと家の中で過ごした。
「春眠暁を覚えず」というがここ数日目覚ましの鳴る1時間以上前から目が覚めてしまい、なかなか眠れずに起きることが続いていた。
当然寝不足はどこかで補わなければ倒れてしまう。
倒れるように?深く椅子に座り込んで寝ていた。
夜になって、大人の休日俱楽部の会員手帳に張り付ける写真を、キャノンのセルフィ―というコンパクトフォトプリンターで印刷しようと思ったら、故障で印刷できなかった。
普通のプリンターで、証明用の写真を印刷しようと思ったが、そういうプリントができるアプリが新しいパソコンには入ってなかった。無料のソフトをダウンロードしたが、ウィルスバスターから警告メッセージが出たのでアンインストールした。
他のソフトを探していたら夜中になってしまった。
昼間たっぷりとった睡眠の貯金がまた無くなってしまった・・・。
今日が49回目の結婚記念日だというのに、余韻に浸っている暇もなかった。
これも世情が新型コロナウィルス騒ぎで騒々しいからか・・・。
発症した重症化しやすい年齢だから、人の集まるところへは出かけないようにしているので、去年のようにケーキでも買って来ようという話にもならなかった。
2020年03月20日 (金) | Edit |
今朝の外は晴れていたが風が吹いて、気温は5,6℃あったのに少し寒く感じた。
今日は接骨院が祝日で休診のはずだが、午前中だけ開けているというので、10時過ぎに接骨院に行った。
常連の先客があったので15分ほど待たされたが、11時過ぎには二人とも施術を終えた。
丸子のベルプラザにあるマツキヨに買物に行った。
最近、寝ているときに口を開けて寝ているらしく朝起きると喉が痛くなっていることが多い。
最近は声もかすれ声になってきた。
今年の初めごろから口が開かないようにするテープを貼って寝るようにしている。
それでも鼾をかいているようだが、喉の痛みは少し減っているように感じる。
いろいろ市販品を試しているが、マツキヨブランドのテープがジイには合っているようだ。
そのテープと膝に貼るファイテン社製のチタンテープを買った。
1週間前に佐久の牧場で歩いた後痛くなった膝にチタンテープを貼ってから、痛みが和らいでいるのでこれからしばらく貼り続けるよう予備を買った。
ついでにマスクの棚を見たが空っぽだった。
午後から長女の家に行って、家から持っていた大きな袋で、昨日石垣から取り除いた枯草などの片付けをした。
午後接骨院を休診したカミチャンと一緒に残った石垣の枯草や木、フジヅルなどを片付けた。
昨日ジイが3分の1片付けたつもりだったが、実際には6分の1にもなっていなかった。
二人で手分けしてやったが、とても全部は終わらせることができなかった。
広い敷地が恨めしく思えた。
この次またカミチャンの接骨院が休診の時にやることにして終わりにした。
膝は痛くならないよう気を付けながら動いたので痛くはならなかったが、終わって家に帰ってきたら腰の周辺の筋肉が痛くなっていた。
石垣① 石垣②
帰ってきた後2時間ほどジイ小屋で、次の50号の絵を描く準備をした。
彩明会の会員展ように描いた20号の「凍てつく朝」を50号に描き直すものだ。
会員展の時にいろいろ講評してもらったことを参考に、構図を少し変えて描き直すことにした。
さてどんなものに仕上がることやら?
50号の絵
2020年03月19日 (木) | Edit |
今朝は朝日に照らされて畑からモヤが上がっていた。
少し冷えて霜が降りていたが、最低気温はマイナス2℃でたいした冷え込みではない。
晴れて南風が吹いたので、気温が一気に上がった。食事の後、バアの髪を切った。
腰の手術をしてから、通っていた美容院が上田駅の近くのビルの中にあり、階段もあるので通えなくなり、ジイが切るようになった。もう2年近くなるので熟練してもいいのだが、失敗したら取り返しがつかないので恐々やるせいかなかなか上達しない。
髪を切った後、10時半ごろリハビリウォーキングに出かけた。
そのころには気温が15℃まであがっていた。
ダウンジャケットはやめて薄めのコートを羽織って出かけたが、それでも暑かった。
毛糸の帽子をかぶって出たが、すぐにとった。1時間弱歩いて家に戻った。
リハビリウォーキング
午後バアの知り合いの人が接骨院の午後2時からの開診に合わせて来るというので、その前に明神池のほとりに建つ梅野記念美術館で開かれている絵画展を先に見に行った。
早く見終わったので、明神館の付帯設備の「憩いの家」に行った。
そこは地元の人たちが農産物や軽食を提供する場所になっていたが、新たに喫茶店に改装されたので、初めて入店してコーヒーを飲んだ。
大きなカップで飲みごたえのある量のコーヒーだったが、待ち合わせの時間が迫ったので、飲み切れずにお店を出た。
カフェ
2時前に接骨院に着いたがまだ知り合いは来ていなかった。
間もなくやってきてバアがしばらく付き添ったようだ。
ジイは、待っている間庭に長く伸びたフジの蔓を引き抜いた。
5mほどの範囲に何本も地を這うように蔓が伸びていて、所々に地中に根を張っていたので、スコップで羽が切れずノコギリで根を切った。
その後は北側の石垣の隙間に生えた雑草を刈り取った。
3分の1ほど片付けたところでバアの用事も済んだので、作業を終わりにした。
石垣の先は田んぼなので、石垣の隙間からそろそろ冬眠していた蛇が出てくるのではないかと気を付けながらやったが、まだそんな気配はなかった。
その後バアと上田城跡公園のウメを見に行った。
もうウメは満開に近かった。
ウメの木
今年はコロナウィルス騒ぎで、例年の上田場千本桜まつりは中止と決まったが、サクラの中で一番先に咲く櫓門のシダレザクラが赤く膨れてあと1週間ぐらいで咲きそうな様子だった。
バアが一輪咲いているのを見つけた。城跡公園の堀の周りを一周して家に戻った。
シダレザクラ
2020年03月18日 (水) | Edit |
朝起きた時は晴れていたが、夜中は曇っていたのか雲の保温効果で冷え込みがなかった。
最低気温も氷点下になっていなかった。
10時前に家を出て、中八重原の牧場のところまでリハビリウォーキングした。
途中の麦畑で、ヒバリの初鳴きを聞いた。
写真に撮ろうとしたが逆光で撮ることができなかった。
今日も1時間を超える歩きになった。
天気も良く景色もいいので、歩く力になる。膝の調子もいい。
リハビリウォーキング
今日は、長女夫妻が、隣のヤマちゃん夫妻に、接骨院の開所にあたって多大なご芳志をいただいたり、毎週施術を受けに来ていただいたりしているお礼に、長女が佐久で見つけてきた美味しいパン屋さんのパンをご馳走したいということで、お昼にヤマちゃん家にやってきた。
ジイとバアもご相伴にあずかった。
迎え入れてくれたヤマちゃん家がおばあちゃん仕込みのシチュウや新鮮サラダ、イチゴなどを用意してくれていて、お礼というよりかえってお世話になってしまった。
6人そろってにぎやかに楽しくお昼をご馳走になった。
食事が終わった後、カミちゃんがフキノトウがどんなところで収穫しているのか知らなかったので、畑の隅のフキノトウが出ているところを教えてやった。
前回収穫してからまた10個ほど出ていたのであとで収穫した。
先日仕上げた夕暮れの麦畑の絵を1時間ほどかけて手直しした。
空を少し暗くし過ぎてしまった。
次の雪の麦畑を描くため、10号の画用紙を水張りした。
夕暮れの麦畑 水張り

2020年03月17日 (火) | Edit |
今朝は例年の冬の寒さに戻って、最低気温はマイナス8℃になった。
昨日降った雪はあらかた融けていたが残った雪が凍ってガチガチになっていた。
朝から天気が良かったが、外に出ると寒いので歩くのは躊躇していたが、デッキの温度計が10時ごろで6℃、10時45分で10℃まで上がったので、リハビリウォーキングに出かけることにした。
風もなく陽射しがあるので、朝のうちとは全く違う陽気になっていた。
空の空気が入れ替わったのを体感しているようだった。
リハビリウォーキング
昨日の雪が長女たちの家ではどうなっているか、庭の梅の花はどうか気になって歩いている途中に寄ってみたら、ちょうど長女が2階の窓からこちらのことに気が付いて顔を出した。
今日の午後にカーテンの取り付けを頼まれているので、お昼を食べたらもう一度訪ねることを話して家に戻った。
ウメ
1時間弱の歩きだったが、目標の6,000歩は楽に越えていた。
午後1時前に長女の家に行って、古いカーテンレールを取り外し、新しいカーテンレールを取り付けた。
全部で3か所の窓のカーテンレールを交換した。
2か所の窓のカーテンは、レースのカーテンしか入荷していなくて、遮光カーテンのほうはコロナウィルスの影響でまだ注文した生地の入荷が遅れているそうだ。
カーテン
カーテンレールを取り付けた後、接骨院で施術してもらう予定だったが、先客があったので終わるまで母屋でお茶をご馳走になりながら待った。
接骨院の施術を終えて家に戻ったら4時になっていた。
家の近くで漏水の緊急工事が行われていて、家の前の止水栓から水を池に放流していた。
水道管に泥が入ったので水を抜いているようだ。
トイレの水を流したら泥水が出てきた。
水道工事が終わって間もなく、長女たちの家のリフォームを手掛けた不動産屋さんのご主人が、本業のカーテンで、我が家のキッチンの窓にロールスクリーンを取り付けてもらうための採寸にやってきた。
今までバアが編んだレースをカーテンにしていたが、少し変色し伸びてきていたので新しいカーテンに代えることにした。
長女の家のカーテンはジイが取り付けたが、ロールカーテンはプロに任せることにした。
2020年03月16日 (月) | Edit |
朝7時に起きて外を見ると、曇ってはいたが雨も雪も降っていなかった。
そのうち、雲が切れて青空も見えてきたので、一日雪という天気予報が外れてよかったと喜んでいた。
ところが10時ごろから風が出てきたかと思ったら、いきなり横殴りの雪が降り始めた。
一昨日の雪は積もり始めるのに時間がかかったが、今日の雪はあっという間に地面を白くした。
雪
雪で視界が悪くなるほどだったので、午前中に夜勤から帰宅する長女が雪道で難儀していないか心配したが無事に帰れたようだ。
雪の降る中、シメがデッキのところまで降りてきた。
時々庭の木に飛んでくるのを見かけたが、近くまで飛来したのは、久し振りだ。
この家ができたころ週末に泊まりに来ているときに、窓ガラスをつつく人懐こいシメが2年ほど来たことがあったが、その後住み始めてからは近くまで来るシメの姿は数少なくなった。
たまに飛んできてもカメラを構えるころには飛び去ってしまい、なかなか撮ることができなかった。
シメ
お昼ごろ、宅配便で半月前に注文していたハニカム構造のクッションが届いた。
テレビのコマーシャルで宣伝され始めたころの金額より半分以下になっていたので試しに買った。
すぐに使い始めたが効果のほどはまだわからない・・・。
クッション
午後2時ごろから雪が止んで瞬く間に青空になった。
庭や畑の雪はすぐに融けなかったが、道路の雪はすぐに融けて跡形もなくなった。
これなら夜になって道路が凍ることもないだろう。
畑のタマネギの苗が健気に顔を出していた。
晴れ間 玉ねぎ
玄関の前が吹きだまりになっていたので雪を掻き出した。
このまま晴れて夜になるかと思ったら、また4時ごろから降り出した。
一日忙しく変わる空模様だった。
ブログを書いている今、星が見えている。
2020年03月15日 (日) | Edit |
今朝は朝から青空が広がった。
昨日降った雪が太陽にあたってどんどん融けていった。
朝まで屋根に積もっていた雪が音を立てて軒下に落ちてきた。
雪が融ける前に、麦畑を一眼レフのカメラで写真に撮った。
雪の麦畑②
9時半に立科町のツルヤに買物に出かけた。
日曜日は全品3%引きのセールをしているので開店間もない時間帯だが結構混んでいた。
ツルヤの店内にあるフラワーショップで、小さな胡蝶蘭の鉢物などの花を二鉢買った。
今日は長女が夜勤なので午前中は在宅しているという。
昨日ホワイトデーなので花でも買って届けるつもりだったが、日勤の仕事で日中家におらず、雪で買物に行くのも億劫だったので、今日10時半ごろ長女の家にツルヤで買った花を届けに行った。
お茶をご馳走になったあと、長女の家から明神池までリハビリウォーキングすることにした。
長女の家から明神池までは30分かからず着いた。明神池を1周してから長女の家まで戻った。
時間にして1時間10分の歩きになった。
リハビリウォーキング
まだ雪も残っていて寒そうな景色だが、歩いてみると風もなくポカポカ陽気で気分よく歩けた。
二日歩いていなかったので、足が動くか不安だったが、ほとんど膝に痛みも感じずに歩けた。
昨日までの二日間時々ズキンズキンと痛むことがあったのに・・・。
長女の家の庭のウメが開花していた。
ウメの花
午後からジイ小屋で、夕暮れの麦畑の絵をひとまず仕上げた。
まだ手直しするところがいろいろあるが、次の雪の麦畑も描いてみたいので、一段落させた。
描き終えた絵
2020年03月14日 (土) | Edit |
朝起きた時はまだ降りだしていなかったが、8時前から雪が降りだした。
はじめはみぞれっぽくて降ってもすぐに融けて積もらなかったが、次第に雪の量が増えるにしたがって、みるみるうちに土の上や木の葉に積もっていった。
午後になると家の屋根も庭の木も雪で真っ白になった。
積雪① 積雪②
昨日接骨院に行ったときに、いただいたフキノトウをお昼に天ぷらにして食べた。
我が家の畑のフキノトウは、全部フキミソにしてしまったので、天ぷらにして食べていなかった。
天ぷらは若い時と違って、最近では家で天ぷらを揚げる機会が少なくなった。
一緒にタマネギやニンジンでかき揚げも揚げて食べたら、どちらも揚げたてでおいしくいただけた。
午後2時間ほど、ジイ小屋で夕暮れの麦畑の絵の彩色を始めた。
今月の水彩画関係の例会がすべて中止になっているので、描く時間はたっぷりとれるのだが、取り掛かるまでに気合を入れないと始まらない。
通販で買った新しいイーゼルに乗せて10号の絵の彩色をした。
今日の雪景色も、画題の一つになりそうだ。
夕方ようやく朝から降り続いた雪が止んだ。
道路には雪かきするほど積もっていなかった。
イーゼル 水彩 雪の麦畑


2020年03月13日 (金) | Edit |
朝目を覚ますと寝室が少しひんやりしていた。
もう3日続けて暖房を点けていない。室温を見たら16℃だった。
立科町の測候所の最低気温はマイナス4℃だった。
明け方こそ冷えたが、今日も日中は晴れて気温が急上昇した。
庭のサンシュユが一気に開花してきた。
浅間山の雪もかなり消えて、春先の雪形の「心」が間もなくはっきりと見えてきそうだ。
サンシュユ 浅間山
昨日少し歩き過ぎたのか、右膝周辺が固まって重く、半月板が時々痛んだので、リハビリウォーキングは休むことにした。
朝から株式市況の暴落がニュースになっている。
投資信託や株もやっていないので我が家の家計には直接の影響はないが、そのうち年金の支給額にも反映される可能性がある。
これでオリンピックでも中止になれば日本の経済も沈没しかねない・・・。
午後久し振りに洗車した。以前はこまめに洗車していたが、最近は手を抜くことが多い。
車が汚れていても人目をはばかることがなくなった。
洗車
今日は午後3時半過ぎに接骨院に行った。
午後の受診者も一段落したあとで、カミちゃんもじっくり施術してくれたので、午前中重かった右膝もだいぶ軽くなった。
夜になって、家の前の麦畑の夕暮れの風景を10号の画用紙でデッサンを描き始めた。
彩明会の会員展に20号の画用紙に、1月の朝の霜が降りた風景を描いたが、今回の風景は3月8日午後6時前に撮ったものだ。
この風景を麦の成長に合わせてシリーズで描いていこうかと思っている。
麦畑の夕陽
2020年03月12日 (木) | Edit |
今日はいつもより30分早く6時半に起きた。
カーテンを開けると眩しい朝日が入ってきた。
いつの間にか日の出は6時2分にまでなっている。
早く起きたのは、バアが椎間板ヘルニアの手術をしてから2年が経過して、その経過検査で佐久医療センターに行くためだ。
9時半の予約だが、準備ができた8時半前に家を出た。
9時に病院に着いて、すぐにCTとレントゲンを撮った。
10時15分には診療室に呼ばれた。
2年が経って担当医が変わっているか心配していたが、手術を執刀した医師は変わっていなかった。
手術の際に骨を削って骨の代わりに入れたチタンが骨と同化しているかが一番の問題だったが、順調に金属と骨の同化が進んでいるとの見立てだった。
ただ、バアが訴える金属が身体に入っている違和感を、「気のせい」と一蹴してしまうのは、相変わらずだ。
整形外科的には問題なくても、医療ではメンタルケアも大事な要素だ。
10時半には会計も済ませて医療センターを後にすることができたので、久し振りに長野牧場をウォーキングすることにした。
途中のコンビニでお昼のお弁当を買ってから行った。
広大な畑の中央に区画を区切るように植えられているカラマツの林を歩いた後、ヤギの飼育をしている牧場の一角でお昼を食べた。
長野牧場
以前に彩明会で桜が咲いているころ写生に来た時は、冷たい風が吹いて震えながら描いた記憶があるが、今日は風もなく暖かい日差しの中、サクラの大木の切り株に腰掛けてお昼を食べた。
途中佐久のイオンで買い物をしたあと、去年の台風で千曲川の支流がどうなっている見に行った。
護岸に生い茂る葦や雑木が倒れて歩きやすくなっていた。
釣り人も竿を出していた。ポイントは石や砂利で埋まって少なくなっているが、入渓しやすくなっている。
足を痛める不安のあるジイにとっては条件がよくなっている感じだ。
家にに戻って歩数計を見たら1万歩を越えていた。
鹿曲川
2020年03月11日 (水) | Edit |
戦後生まれのジイには、戦争体験は語れないが、9年前のこの日のことは、今までに体験したことのない大きな揺れの体感とともに、あらゆる情報ツールを通じて見聞し、追体験した東日本大震災のことだけは、後世に伝えることができる。
そのためにも今一度大震災を心に刻んでおこう。
今日は朝からいい天気になった。昨日の雨は北海道でも雪にならず、積もった雪を溶かしている様子がテレビに映し出されていたが、わが浅間山では標高が高いせいか雪なったようで、ほとんど溶けていた山腹がうっすらと白くなっていた。
浅間山
今日も午前中10時前から1時間15分リハビリウォーキングをしてきた。
昨日接骨院で筋肉をほぐしてもらったせいか一昨日の山歩きの筋肉痛も出ず、調子よく歩くことができた。
少し強めの風が吹いていたが、冷たさが感じられない。
追い風の時には汗ばむようだった。
道端にヒメオドリコソウとオオイヌノフグリが並んで咲いていた。
リハビリウォーキング ヒメオドリコソウ
リハビリウォーキングから戻り、コープの宅配を受け取って、ちょうどお昼を食べようとしていた時に、太陽光のパネルが、累計で7万キロワットの発電量になった花火を打ち上げていた。
設置してから11年と8か月で達成した。売電価格は昨年11月から大幅ダウンしたが、発電は故障もなく順調に動いている。
損得を計算して設置したわけではないので、これまで僅かばかりでも再生可能エネルギーに寄与したことだけでもよしとしよう。
東日本大震災でメルトダウンした福島第一原発のその後の処理の実態をみたら、原発は絶対に再稼働も新設もNOと声を大にして言わなければならない。
太陽光モニター
東御美術会の庶務のAさんから電話で、4月の例会も中止するという連絡があった。
まだ決めるのは早過ぎると思うのだが、会長からの指示だという。
新型コロナウィルスの状況は、爆発的な感染は起こらなくても、感染の拡大はずっと続くと思うのだが、19日の専門家会議ないしはその後3月末ごろをめどに、鎮静化宣言をしてひとまず騒ぎを鎮める方向に舵を切るのではないか?
すでに中国はそういう動きになっている。
そうしないと経済的な恐慌に陥ってしまうからだ。
今度のコロナウィルス騒ぎで、WHOも政治的に動くことが白日の下に晒された。
これからの論調はSARSより感染力は強いが、重症化率は低いとか言って幕引きをはかるのではないか・・・。
これからも感染しないよう自衛していくしかない。
しばらく水彩画の関係の例会で描く機会が減ってしまうので、午後から2時間ほどジイ小屋で50号の絵の続きを描きほぼ完成した。
次の絵を描く準備の第1弾として10号の紙を水張りした。
白馬鑓
2020年03月10日 (火) | Edit |
朝起きてすぐデッキの温度計を見ると、10℃に達していた。
陽が出ているわけでもないのに、朝からこの温度ということは、大気が太平洋の暖気を運んできているのだろう。
朝から雨の予報だったがまだ雨が降っていなかった。
今日は早めに接骨院に行くことにし、9時半過ぎに家を出た。
家を出るころから雨が降りだした。
こんな天気なので受診者はいないだろうと思っていたが、先客が二人もいた。
30分ほど待ってようやく施術を受けることができた。
我々が終わった後、送迎を希望する人を迎えに行くと言っていた。
帰りには本降りになっていた。
午後は2時に中央公民館で、上田支部の写生旅行係の打ち合わせ会があった。
当初、公民館のロビーで打ち合わせすることになっていたが、新型コロナウィルスの関係で3月1日からロビーが利用できなくなっていた。
そのことを知って、学習室は利用できるらしいので、キャンセルがあるかもしれないと、3月2日に学習室の予約をしに行ったが、その時点では市が主催するシニア大学の講座でほとんど貸し切り状態で、学習室は予約できなかった。
今日は4人が集まった時点で近くの喫茶店に行って打ち合わせする提案をしようと思っていたが、公民館に行ってみると、シニア大学で押さえられていた学習室が全部キャンセルされてがら空きになっていた。
みな予定より早く集まったので、空いている学習室の1室を借りて静かなところで打ち合わせをすることができた。
今度新しく写生旅行係の係長になった人が、信州新町にある宿泊施設を探してきてくれていた。
宿までの送迎だけでなく、写生地への送迎もしてくれるらしい。
宿泊料金も今までのところより安く済みそうなので、全員一致で宿泊場所は決まった。
事前の写生地の下見や宿泊場所との打ち合わせをするため4月の下旬に信州新町に行く日程も決めた。
みちのく釣行との日程が重ならないようにした。
3時過ぎに打ち合わせを終え、3時半には家に戻ることができた。
雨は止むことなく降り続いていたので、家でパソコンに溜まった写真の整理などをして過ごした。
気が付いたら今日はブログにアップする写真を1枚も撮っていなかった。
2020年03月09日 (月) | Edit |
朝起きたら室内の温度が16℃に下がっていた。
太陽光の発電量や電気の使用量を表示するモニターを見たら、深夜の電気使用量が少量になっていたので、昨夜暖房を点けるのを忘れていたことすぐに分かった。
油断してつけ忘れても凍えるほど寒くならない外気温になっている。
今日は朝から濃霧で景色がほとんど見られなかった。
朝霧
9時を過ぎてから霧が晴れて青空になると、雲一つない快晴になった。
天気のいい日はまず家の掃除だ。
掃除を終わった後庭に出ると、ポカポカ陽気で庭のクロッカスやフクジュソウが満開になっていた。
クロッカス フクジュソウ
畑に行くと、畑の隅の土山でフキノトウが顔を出していた。
雑草の枯葉に覆われていたところを探すといっぱい収穫できた。
ヤマちゃん家にお裾分けした残りをバアがフキミソにした。
夕食で試食したがツーンとフキの香りが口の中に広がった。
子供ころはこの香りが苦手だったが、年を取ると、この味と香りで、また春を迎えることができた喜びとなんともいえない郷愁を感じるようになった。
フキノトウ
昼食の後、あまりのいい天気なので、家の周りのリハビリウォーキングは中止して、祢津城山に行くことにした。
以前は東部湯の丸インターの入口にあるベイシアの駐車場に車を停めて、そこから歩いて行っていたが、今日は登山口まで車で行った。
登山口から急な階段があって、歩き始めはバアも階段を一段一段上がるのに苦労していたが、階段の脇の土の部分を歩けば、スムーズに足が上がる要領が分かってそれからは比較的楽に登れるようになった。
左足に全体重をかけて踏ん張ることまだできないので、階段だと右足だけで踏み出さなければならないので余計足に負担がかかってしまう。
祢津城山① 祢津城山②
それでも頑張って15分で山頂に到着した。
家にいるときは無風状態だったが、登り始めるころから山頂にいる間強風が吹いていた。
急な温度の上昇で上昇気流が発生したようだ。
八ヶ岳や北アルプスの山並みがくっきり見えた。
祢津城山山頂 北アルプス
山頂からの下りも15分ほど降りてきてしまったので、物足りず登山口から別の山道を歩いて行ける宮嶽山稜神社まで往復した。
ちょうどいつものリハビリウォーキング程度の時間になった。
歩いている途中で天蚕が木の枝にぶら下がっていた。
天蚕
この後は、コメリとベイシアで買物して家に戻った。
バアも次のハイキングに挑戦する気になったし、ジイも気を付けて歩けば渓流釣りもできそうな気になってきた。