FC2ブログ
2020年11月24日 (火) | Edit |
今日は朝から晴れ、風も昨日ほど強くない。
午前中立科町のツルヤまで買物に行った。
長野県内のコロナ感染は連日二桁の人数で、近隣の市町村でも陽性者が出ているので、うかうか買物にも行けない。
明日の朝食の食材が足りなくなったので、やむを得ず近場で連休明けで空いていると思われる立科町のスーパーを選んで出かけた。
あまり時間をかけず必要なものだけを買い揃えて家に帰ってきた。
お昼まで時間があったので、いただいた稲わらロールを、藁小屋に収納した。
去年いただいたものの残りの上に乗せることはできないので、一度残ったものを全部取り出してから積み直した。
積み切れずに2個ほど棚からはみ出てしまった。
年内にイチジクの防寒のために枝の周りに巻く藁束をその上に乗せてブルーシートを全体に掛けた。
藁束は、今年はもらえなかったが、去年もらったうちの半分は残っていたので、来年の家庭菜園には十分間に合いそうだ。
藁小屋
午後は昼食の後、1時半からリハビリウォーキングに出かけた。
冬用の毛糸の帽子をかぶって出かけたが、まだ少し早すぎたようだ。頭が熱くなった。
午後になると風が出てくるので、これからの季節は、歩くなら午前中のほうがいいかもしれない。
歩き始めるころには空の半分にもなかったうろこ雲が家に戻るころには空全体に広がっていた。
これから空模様が下り坂になりそうな気配だ。
リハビリウォーキング
ウォーキングから戻った後、午前中片付けきれなかった藁小屋に立てかけてあったイボ竹や単管パイプなどを片付けた。
3時半ごろ接骨院に車で行った。
この時間帯になれば常連客はほぼ途絶えるのでそれを見計らって行っている。
寒くなって受診者は午前中に集中するようになっているようだ。
施術を終えて長女が在宅の時は、母屋でお茶をご馳走になる。
今日も在宅していたのでお茶をいただきながらおしゃべりをしていたら5時になってしまった。
この時間で歩いて帰ると家に着く頃には真っ暗になってしまう。
ほとんど車も通らない田舎道だが、車には気をつけないといけない。
この時間帯を狙って接骨院に行くにはこれからは車を選択したほうがよさそうだ。
夜、支部長に電話をしたら在宅していて用件を済ませることができた。
病院のほうは心配する程のことはなかったようでホッとした。
昨日のブログで書いた葉の落ちたモミジの木。
モミジ

2020年11月23日 (月) | Edit |
朝起きて寝室の窓を開けると、ジイ小屋の屋根から雨のしずくが落ちていた。
雨はすでに止んでいるようだが、南の空は真っ黒な雨雲に覆われていた。
予報では一日晴れのはずなのになんてこった、と思っていたが朝食済ませるころには、どんどん黒い雲が消えて雲の間から青空も出て来るようになった。
デッキの横のモミジの葉がほとんど風で飛ばされて枝ばかりになっていた。
明け方に雨と風があったのかもしれないが、熟睡していて全然わからなかった。
今日の午後のリハビリウォーキングでは、レタスとダイコンをリュックに入れて長女の家まで届けた。
途中長女の家の近くまで行ったら、歩いて来る人がいたので挨拶したら、接骨院から戻るところだといった。
こちらのことは知っていたようだが、その人のことはマスクをしているので誰かはわからなかった。
明日接骨院の日なので、カミちゃんにどなたか聞いてみよう。
地元に昔から住んでいる人たちは、みな顔なじみなので見慣れないジイやバアのことはすぐ気が付くのだろうが、こちらはみな見慣れない人たちばかりなので見分けがつかない。
ましてやマスクで顔が半分隠れていてはなおさらだ。
長女が庭で草取りをしていたので、野菜を渡した後、お茶に誘われたが断って、ウォーキングの続きをして家に戻った。
風が少し強めで少しでも時間が遅くなると冷え込んできそうな気配だった。
朝の雨雲が嘘のような晴れで今日も山の稜線がくっきりと見えていた。
こんな秋空を見ていると、観光地に繰り出す人たちの気持もわからなくもないが、コロナに感染した人のうち、70代以上の重症化率、致死率が圧倒的に多いので、用心しなければいけない。
リハビリウォーキング
夕方支部長に電話をしたら病院に行っていて留守だという。
戻ったら電話をいただくことになったが、かかってこなかった。
何事もなければいいのだが・・・。
2020年11月22日 (日) | Edit |
今朝はマイナス2℃まで冷えたが、家の中はそれほど寒く感じなかった。
昨日のような快晴ではないが、青空が出て気温は昨日より上がって、20℃近くまで上昇した。
午後から風が出てきたので、今日もリハビリウォーキングは早めの1時半スタートとなった。
リハビリウォーキング
歩いているうちにさらに風が強くなって、家に戻る前には迎え風に押されてなかなか前に進まなかった。
この風は暗くなると、地鳴りのような音を出していたが、いつの間にか気が付いたらピタッと止んでいた。
今日は午前中、日本水彩画会上田支部の前支部長からコピーさせてもらった支部展関係の文書の整理分類の続きをやり、お昼前にようやく終了した。
夕方から夜にかけて、分類整理した資料を基に、上田市や東御市の市長、教育長あての名義後援承認申請書を作成した。
さらに申請書に添付する資料も作った。
もともとのデータをそのまま使えるものもあったが、書式や文体など全面的に修正しなければならないものもあって、かなりの時間を要した。
かつて公文書管理の職場にいたせいか、おかしな表現や文体をそのままにできない性(さが)が沁みついているようだ。
今月末に上田市と東御市に申請に行く予定をしているので、のんびりしていられない。
今日はお昼からリハビリウォーキングに行く前まで、全日本実業団女子駅伝をテレビで観た。
リハビリウォーキングしている間もスマホでテレビの音声をイヤホンで聞きながら歩いた。
駅伝の面白いところは、特に長距離区間で順位がひっくり返る醍醐味だ。
今日も有望な選手が前評判通りの力を発揮して順位が入れ替わった。
いまだ女子の長距離界は、世界に通用する実力を持った選手が大勢いるので今後も楽しみだ。
2020年11月21日 (土) | Edit |
今日午前中同じ町内の農業生産法人の人が、稲わらのロールを届けてくれた。
去年は奥の田んぼの稲刈りの前に、必要な稲わら束とロールを聞きに来てくれたので、50束と10個のロールをいただいたが、今年は頼む前に稲刈りが終わってしまったので、がっかりしていた。
去年もらって残っているものを節約して使えばなんとかなるかな、と思っていたのだが、ロ-ルだけでももらえれば有難い。
これで来年も家庭菜園をやる意欲が湧いてきた。
ロール稲わら
昨日は一日不安定な天気で雨もかなり降ったが、今日は雲一つない快晴になった。
ただ風があって、木に残っていた枯れ葉がほとんど落ちた。
午後1時過ぎにリハビリウォーキングに出かけた。
家の周りは強い風が吹いていたが、少し離れると家の周りほど風は強く感じなかった。
やはり地形により微妙に風に強弱があるようだ。
今日は中八重原のワイナリーのブドウ畑のほうまで歩いた。
浅間連山の山並みがくっきり見えた。
山のすそ野まで緑はなくなって赤茶けた枯れ色に変わっていた。
今週は異常な暖かさが続いたが、そろそろ平年の気温に戻りそうな空だった。
リハビリウォーキング 浅間連山
夕方になるとコロナ関連のニュースが続々と入った。
全国的に過去最多の感染者となった。
もはやとどまることを知らない増え方だ。
3連休の初日の今日、観光地は人出が多いと報道されている。
そんな中でようやく政府がゴーツーキャンペーンの一部見直すことを表明した。
まだ具体的なものは提示されていない。
遅きに失したといわれても仕方がない。
昨日LINEで孫のノム君が通うさいたま市内の小学校の児童に感染者が出たということで、午後からの授業がなくなったそうだ。
予定されていた今日の土曜授業も中止になったらしい。
子供同士で感染拡大しないか次女も心配していた。
危険が身近に迫ってきているので、政府が何をしようとしまいと、しっかり自衛だけはしようとは思うが・・・。
でもコロナに罹ったら自己責任だとは言わせない。
2020年11月20日 (金) | Edit |
今日も朝のうち雨が降ったり止んだりしていたがそのうち晴れて気温も高くなった。
車で外出すると、カーエアコンが冷房になっていた。
外気温の表示が24℃になっていたからさもありなんだ。
10時に上田支部の前支部長の家にお邪魔して、今まで支部展などの文書などのデータをコピーさせてもらった。
前支部長はコピーするのに1文書ずつ開いてコピーするものと思っていたらしく、ジイが二つのファイルを1分もしないで全部USBメモリーにコピーし終わったので驚いていた。
こんなに簡単ならもっと早くお願いすればよかった、と言った。
こちらは今年の1月の引継ぎの時から、いつでもお宅へお邪魔してコピーさせてくださいと、何度かお願いしていたのになかなか機会を作ってくれなかった。
相手は半日掛かりと思っていたし、こちらは10分もしないで済むのに、と思っていた。
ジイも決してコンピュータに詳しいわけではないが、我々の世代から以前の人間は、置かれていた環境によってITリテラシーに大きな差が出ている。
早めに用事が済んだので、家に戻った後上田のイオンまで買物に出かけた。
平日だというのに駐車場の空きが少ない。
今日は20日でお客様感謝デーだった。買物が終わったのが12時を過ぎていたので、先日長女夫妻が食べに行ってお薦めだった国道18号沿いにある中華のお店にお昼を食べに入った。
あんかけ焼きそばのランチセットを食べた。
太麺であんかけの味付けは美味しかったが、麺が口の中でぼそぼそして食べにくかった。
隅々までコロナ対策が行きわたっているように見えなかった。
コロナが終息するまではリピートできない。
あんかけ焼きそば
お店を出たら、入店するころまで陽が射していたのに、雨になっていた。
家に戻ったらリハビリウォーキングでもしようかと思っていたのに・・・。
家に帰った後、前支部長から受け取ったデータのチェックをし、たくさんある文書を項目別にファイルを作って分類しまとめた。
3時半過ぎに接骨院に車で行った。
陽が短くなったせいか接骨院のお客さんは午前中に集中し、午後も2時からの診療開始に合わせて早めに来ているようで、4時前には空いているようになった。
それでも経営を維持できる人数の来院らしいのでまずは一安心だ。
2020年11月19日 (木) | Edit |
今日も11月とは思えない暖かさとなった。
上田市では最高気温が24.8℃になり、観測史上初めての高さと報じられていた。
午前中庭で夏の間咲いたスカシユリの球根を掘り起こしたが、その近くのオオムラサキツツジの葉に蝶か蛾かわからないがさなぎがぶら下がっていた。
よく見ると少し動いている。
この異常な暖かさで羽化する準備をしているのだろうか?
さなぎ
虫だけでなく、午後リハビリウォーキングをかねて長女の家に行く途中、道端でホトケノザやタンポポが開花しているのを見つけた。
植物にも勘違いさせるほどの気温の高さなのだろう。
リハビリウォーキング ホトケノザ タンポポ
午前中掘り起こしたスカシユリの球根を持って長女の家に歩いて行った。
冬用の下着と冬用のフリースのシャツを着て出かけたら、途中で汗が背中を流れ落ちるのを感じた。
急激な気温の上昇の影響か、風が強くなってきた。
昨日運んだミニ耕運機を出して空き地を耕した後、母屋の南側の庭に球根を植えるため、ピンポイントでミニ耕運機で耕した。
場所によっては大きな石が埋もれていて、ミニ耕運機の刃が立たず、スコップで石を掘り起こした。
持って行ったスカシユリの球根のほか、長女が買ってきてあったカサブランカの球根や、チューリップ、スイセンなどの球根も長女と一緒に植えた。
風が強くて掘り起こした土が風に舞うときもあったが、何とか2時間近くかけて全部植えた。
来年春から夏にかけて花にあふれる庭になればいいのだが・・・。
チュウリップ、ユリの球根① チュウリップとユリの球根②
今日も想像していた通り、東京はじめ人口の多い都市が軒並み過去最多となるコロナの感染者数となった。
これからしばらく記録更新の状態が続く可能性もある。
それに対する政府の対応は、GoToトラベルは継続し、ただただマスクと三密の回避を言うだけの無策だ・・・。
菅首相の「静かなマスク会食」にはあきれてしまった。
いまだに個人の責任で対処しろというのか。
GoToトラベルを継続するということは、人の移動による危険性を隠すメッセージになっていることを自覚しろ!
トランプと同じことをしている・・・。
2020年11月18日 (水) | Edit |
朝起きてベッドから起きるとき、腰の痛みが和らいでいた。
昨日接骨院で腰も施術してもらったおかげだと思う。
今日も朝の冷え込みはなく、室温も20℃以上で、薄着でも過ごせる陽気だった。
日中も気温が上昇して、20℃以上になった。
これで日曜日から4日連続で快晴で気温も高くなった。
高気圧が日本上空を覆っているかららしいが、その高気圧も東に移動し始めているという。
そろそろこの暖かさも終わるのか?
今日も朝から、家の周りの麦を蒔いた畑に、大きな薬剤散布の専用トラクターがやってきた。
左右にそれぞれ10mぐらいは延びるシャワーヘッドの付いたアームを広げ、一気に散布していた。
薬剤散布
今年の夏ごろ南側の畑の段差を大きなショベルカーでなくす作業をしていた理由が分かった。
畑が土地の勾配に沿って段差があって、その段差に沿って区画がいくつかに分かれていたのを、ショベルカーで段差を削ったり埋めたりして、多少の勾配はあっても広い一つの畑にした。
これで、トラクターで畑を耕したり、種や肥料を撒いたり、薬剤を散布したり、一気に効率よくできるようになった。
今日の薬剤散布は、多分除草剤だろう。
今年ウォーキングをしているときに、大豆を植えた畑を観察していて、そこだけは夏の間雑草がほとんど生えていないことに気が付いた。
これから冬に向かって、麦だけが青々と生えそろっているのはこの薬のおかげなのかと思うと、複雑な気持ちだ。
我が家のドウダンツツジが枯れ始めたのもこの薬の影響かもしれない・・・。
午後、我が家のミニ耕運機を車に乗せて、長女の家に運んだ。
先日雑草を片付けた空き地を耕すためだ。
また腰を痛めてはいけないので今日は耕すのはやめた。
そのかわり、長女の家に車を置いて、明神池までリハビリウォーキングすることにした。
ポカポカ陽気で、薄着でも寒く感じることはなかった。
長女の家からだと明神池まで30分ぐらいで行ける。
池の周りを1周してから戻ることにした。
長女の家まで戻ったら、9,000歩になっていた。
リハビリウォーキング① リハビリウォーキング②
バアが長女の家で休んでいる間に、ジイだけ北御牧支所に行って、北御牧絵画会の作品展示を見てきた。
かつての村役場のあった建物の半分はJAの銀行部門が使っていて、残りの事務スペースは、合併当初は支所として使われていたが、今は支所機能もなくなって、公民館として使われている。
その一角がふれあいサロン広場として市民に提供されていて、その壁にパネル展示されていた。
年に数回この場所に展示しているようだ。
今日のコロナ感染者数は、心配していた通り過去最高の数値となった。
東京だけではなく、当地長野も30人と過去最高だ。埼玉も神奈川も・・・。
ジイが住んだことのある都県が全部。
手遅れになる前に早く人の移動を抑制する措置をとらないといけないのに、政府はまだそのような状況にないという。
医師会や専門家がみな危惧しているのに、自分たちに都合のいい意見しか言わない専門家しか周りに置かないから、対策が後手後手になる。
自分たちに都合の悪い人を排除する学術会議の任命と共通する問題が浮かび上がっている。
今日は浅間山も怒って噴煙をあげていた。
浅間山の噴煙
2020年11月17日 (火) | Edit |
今日も朝から快晴で気温が20℃近くまで上がった。
10月中旬から下旬の気温だという。
やはり寒いより暖かいほうが気分的には晴れやかになる。
どこかに出かけたいところだったが午前中宅配便が来ることになっていたので、来てから出かけようと思ったが、11時過ぎまで来なかったので結局出かけられなかった。
腰も姿勢の取り方によって痛みが走るので、家で静養しろということか・・・。
今日も朝からトラクターが来て、麦の種蒔きをしていた。
午前中に家の南側の畑を12時前に終えたので、午後から西側の畑をやるのかと思ったら、お昼を過ぎても西側の畑の種蒔きを続け、我々が昼食を種終えたころ全部種蒔きを終えて帰って行った。
3日間で、畑の耕うん、均し、施肥、種蒔きと続けて何町歩もある面積の麦蒔きを終わらせた。
すべて大型のトラクターという機械でやったとはいえ、たった一人でやるのだから大したものだ。
アメリカのように飛行機で種を蒔くほどのスケールではないが・・・。
麦の種蒔き
午後、北御牧郵便局に行って上田支部の支部員あてのお知らせハガキを出しに行った。
家に戻ったあと、本来なら東京へ行って済まさなければならない用事を電話で済ませた。
コロナの第3波が始まっているので仕方がない。
3時から歩いて接骨院に行った。
歩いている途中で、バアは着ていたライトダウンを脱いだ。
ジイは初めから薄い上着を着ていたので、脱ぐほどではなかったが・・・。
リハビリウォーキング往き
施術では、右膝を中心としたいつもの施術の後、腰が痛いといったら、背中から腰に掛けて入念に施術をしてくれた。
いつも倍近く時間をかけてくれた。
帰るころには陽が落ちて、薄暗くなっていた。
往きは暑いぐらいだったのに、帰りはバアのライトダウンが正解だったような冷え込みになってきていた。
歩いて接骨院に行くときは、帰りが暗くなることを想定して、反射板の付いたものを身に付けるようにしなければいけない。
鎌のように細くなった月が出ていた。
リハビリウォーキング帰り
2020年11月16日 (月) | Edit |
昨日とは打って変わって、暖かい朝となった。
温度計も氷点下にはなっていなかった。
朝7時に起きると家に前の畑でトラクターが畑を耕していた。
昨日とは違う機械を後に付けて平らになるよう均していた。
トラクター
その後お昼ごろまでにもう一度肥料のようなものを撒いていたので、おそらく近々麦の種蒔きをするのではないかと期待している。
耕された畑
午前中家の掃除をしたが、一通り掃除を終えたら汗をかいていた。
その後畑に出て、レタスとダイコンを収穫。
ニンジンはまだお店に出ているような太さまで育っていないが、試しに数本抜いた。
トマトやナスなどを植えた雨除けビニールのビニールをはずして収納した。
骨組みは、また来春トマトを植える場所に移設しなければならない。
午後1時からリハビリウォーキングに出かけた。
時々ランニングをしているOさんとすれ違うが、今日の挨拶は「暑いですね」だった。
バアも途中から上着を脱いだ。
暖かくて気分がいいので、明神池のほうまで足を伸ばしたが、さすがに1時間近く歩くと疲れてきたので、途中で引き返し長女の家で一休みすることにした。
長女が在宅していたので、家の中に上がって冷たい飲み物をご馳走になってしばし休憩した。
そこまでで8,000歩台だったが、家に帰ったら11,000歩台になっていた。
バアが血栓になってからリハビリウォーキングとしては一番長く歩いたかもしれない。
13日にやった網戸洗いの後、筋肉痛と腰痛が出てきていたが、たくさん歩いたら腰がだいぶ楽になってきた。
また一晩寝てみないと本当によくなったのかはわからないが・・・。
リハビリウォーキング
今日も長野県内のコロナ感染者数は10人と、5日連続で二けたとなった。
これ以上感染者が出ると、行動自粛をしなければならないかもしれない。
夜、上田支部の今後の予定について例会や総会の通知はがきを印刷した。
明日郵便局に行って投函するが、またすぐに変更通知を出すことにならないよう祈るばかりだ。
2020年11月15日 (日) | Edit |
今朝は今季一番の冷え込みになった。
家の南側の畑が霜で白くなっていた。
近くの気象観測所の最低温度はマイナス4.9℃だった。
朝の霜
空には雲一つなくお出かけ日和だが、今日も東御美術会があるので、ジイだけで8時半に出かけた。
会場は、昨日の彩明会と同じ祢津公民館だ。
東御美術会も、今日は常任委員会を午後からやる予定があるので、絵を描くのは午前中だけとなった。
画題の一つは、昨日ジイが家から持って行った百匁柿で、昨日同じ会場なので置いていったものだ。
他に菊の花もあったが、午前中だけではとても描き切れないので、先日上田支部で描いて、完成していなかった菊を描いた絵を持って行ってあったので、それを完成させることにした。
日本水彩画会の会員である上田支部の重鎮たちも、東御美術会の常任委員になっていて、朝から来ていたので、いろいろ指導してくれた。
何とかお昼までに仕上げることができた。
完成させた絵
途中、絵を描くのを中座して、祢津公民館に近いスーパーで駅弁大会をやる新聞折り込みが入っていたので、昼食用にそれを買いに出かけた。
お昼を食べた後午後1時から常任委員会が行われた。
議題の中心は、来年度の事業計画だったが、ほぼ庶務が用意した計画案で決まった。
今年で、常任委員を始めて三役など執行部の任期が終了するが、今年行う予定だった70周年記念事業が、コロナの影響で中止となったので、その事業を終了させるまでは、現体制で引き続きやって行くことになった。
世代交代をすべきという声も上がったが、次の世代を担える人が育っていないのが実情だ。
ジイのような世代が、まだ会の中では若手になるということ自体が、組織としては大きな問題だ。
ジイたちの世代までは、ほぼ60才を節目として現役を退き、その後の自由な時間を生涯学習の道に進もう、という人も多かった。
ジイもその一人だが、ジイの後の世代は、年金支給開始年齢が年々遅くなり、そのために働かざるを得なくなってしまって、市の主催する生涯学習講座も受講生が少なくなっているか、高齢化が進んでいるかのいずれかで大きな岐路に立っている。
昨日の彩明会も、今日の東御美術会でも、生涯学習講座で育って人の受け皿になっているが、新しい人が入ってこない、人も育たないという問題に直面している。
2時過ぎまで協議して委員会は終了した。
帰りに、上田支部の支部長を自宅まで送り、上田創造館の利用申請書に必要な支部の角印を預かった。
2時半過ぎに家を戻り、リハビリウォーキングに出かけようと思っていたら、バアは午前中に一人で1時間歩いてきたと言うので、ウォーキングは中止した。
昨日の午後からトラクターが暗くなるまで南側の畑を耕していたので、それを見に行った。
昼間トラクターが動くのはよく見るが、夜暗くなってからライトを付けて動かしているのはあまり見かけない。
かなり広大な畑を1台のトラクターですっかり耕し終わっていた。
またこれから麦を蒔くのだろうか?
去年から今年にかけて麦を蒔いたので、絵になる景色になった。
今年もそうなって欲しいものだ。
耕された畑
2020年11月14日 (土) | Edit |
今日は彩明会の例会があるので、いつもより15分早く起きて朝食の準備や出かける準備をした。
8時15分に家を出て、途中コンビニで昼食を買ってから祢津公民館に行った。
8時40分に着いたが、すでに会場にテーブルと椅子が並べられ、暖房も点いていた。
いつも早く来て準備をしてくれる会員がいる。
申し訳ないと思うが、同じように早く来て手伝う、というのは真似ができそうもない。
一人欠席したが残り6人で今後の彩明会のあり方を協議した。
指導者として会の設立から今日まで先頭に立って頑張ってくれたO先生が、今後指導を引き続きお願いすることが難しい状況の中で、会として存続するのかそれとも解散するのか話し合った。
それぞれ考え方に温度差はあったが、存続するという意見が大勢を占めた。
O先生については、形だけでも名誉顧問として残ってもらうのが、今までお世話になったものとしての義理人情ではないか、という意見があった。
指導者がいない形での存続をイメージしていたジイには、心にぐさりとくる言葉だった。
ジイとしては今の会員だけではいずれじり貧になることは目に見えているので、今後は特に指導者を置かないで同好会として門戸を広げていくことを考えていた。
今のジイの周りの水彩画を描く人の中では、O先生の指導に反発をしてきた人もいる。
それを考えると、名誉顧問になったとしても「O先生の作った会」というイメージが払拭されるわけではないので、会員を増やすのは難しいかもしれない。
何か今日の社民党の党大会の議論とダブるような感じだ。
じり貧覚悟で存続することに同意し、来年3月の会員展も実施する方向で準備することになった。
10時まで話し合った後、静物画をみんなで描いた。
他にも画題が用意されていたが、ジイが持って行った百匁柿を全員で描いた。
昼食をはさんで午後1時半まで描いた後、それぞれ描いた絵を並べて、描いた人からは描いた狙いや描き方で苦労した点などを話してもらい、他の人が感想や意見を言う形で講評を行った。
これからは、こういうやり方でお互いの技量を高めることになるのだろう。
画題 ジイの絵 講評
2時前に解散したので、家には2時半前に戻ってきた。
3時にリハビリウォーキングに出かけた。
今日も青空で雲がほとんどなく、空気も澄んでいて山並みがくっきりと見えた。
歩いている途中でバアが急に立ち止まったので何事かと思ったら、ヘビが道路に出ていた。
朝晩氷点下まで下がるようになったこんな季節は、もう冬眠に入っているのかと思っていたが・・・。
大きさからいうと今年生まれたヘビだと思うのだが・・。
鎌首を持ち上げていたので、死んでいるわけではなさそうだが。
リハビリウォーキング ヘビ
リハビリウォーキングから戻った後、立科町のツルヤに買物に行った。
夕方の時間に行くのは滅多にないが、レジに行列ができるほど混んでいた。
昨日も今日もコロナの感染者が、記録を更新している。
長野県も昨日23人の新記録となったが、今日も19人出ている。
多くは長野市や北信だが、隣接する小諸市や上田市でも感染者が出ている。
これではまた水彩画関係の活動自粛を考えなくてはいけなくなる。
2020年11月13日 (金) | Edit |
今日の天気予報は、朝から晴天で気温も上がるとなっていたので、かねてからの懸案だった長女の家の網戸洗いをすることを昨夜決めた。
朝は氷点下1℃まで下がっていたが、雲一つない快晴で、風もほとんどなかったので、気温がぐんぐん上がった。
長女の家に行った9時半ごろには、防寒着では背中が汗ばむ感じだった。
はじめに南向きの縁側のある窓の網戸とガラス窓の洗浄から手を付けた。
久し振りにケルヒャーの高圧洗浄機で網戸を洗ったが、水勢がよすぎて網戸を水が突き抜けてしまうのかあまり洗浄効果が出ない気がした。
縁側のある窓まではケルヒャーが届いたが、その先の和室までは、外水道から離れていて届かなかった。
仕方がないのでケルヒャーは諦めて、20mのホースリールにさらに10mのホースをジョイントして洗った。
結果的には、ケルヒャーよりホースの先のシャワーヘッドのほうが軽くてストッパーも付いていて使い勝手がよかった。
それ以降は効率的に洗浄が進んで、お昼前に台所の窓まで終わらせることができた。
12時を少し過ぎたところで家に戻ってお昼を食べた。
昼食の後、午後1時過ぎに再び長女の家に行って、残りの網戸洗いをした。
午後からは、北側になるので網戸だけ外して、南側の陽の当たるところで洗おうと思ったが、西側からホースを通せばホースが届くので、風呂場の窓から作業を再開した。
風呂場から、北側の廊下の窓、トイレの窓と連続して洗浄した。
日陰で水洗いは身体が冷えるかと思ったが、日陰でも空気が生暖かい感じで、全然寒くなかった。
最後に2階の南側の窓の網戸を洗って3時ごろ作業を終えた。
2時過ぎにはバアが家から歩いてきて、しばらく様子を見ていたが、帰りは車で帰るので、もう少し周辺を歩いて来るようアドバイスした。
目標の6,000歩を目安に歩いてきたようだ。
陽気も良くて歩きやすかったようだ。
あとで洗った網戸の枚数を数えたら、大小合わせて30枚だった。
何か所か天窓もあるので小さいものもあるが・・・。
窓ガラスは54枚になった。
網戸① 網戸②
終わった後、長女にオレンジの味がする冷水と、熱いお茶を淹れてもらった。
接骨院の先客が帰ったのを見計らって、接骨院で施術を受けた。
網戸洗いをしているときは夢中でやっていたのでわからなかったが、終わってお茶を飲んでいると少し筋肉痛を感じるようになってきたので、施術で張った筋肉をもみほぐしてもらったり、股関節を回したりしてもらったら、だいぶすっきりした。
4時半に家に戻った後しばらく休んでおやつなどを食べた後、ジイ小屋で火曜日の上田支部の例会で描きかけた菊の絵の続きを描いた。
1時間ほどしか描けなかったので、まだまだ完成していない。
小菊なので花の数、色が多いので丁寧に描こうとすると時間がかかる・・・。
夜、明日の彩明会の準備をした。今後の彩明会をどうするか話し合う。
今日の絵
2020年11月12日 (木) | Edit |
今日は上田医療センターの泌尿器科に行った。
3か月ごとに定期検診を受けているが、前回の8月はコロナ禍で受診はせず薬の処方箋だけ出してもらいに行った。
今回は尿検査と医師の検診を受けた。
尿の数値には問題なく、医師の診察もエコー検査で前立腺や膀胱、腎臓に特に異常は見つからなかったので一安心だ。
コロナ禍の前は、待合室に人があふれ、1時間、2時間待たされることがざらにあったが、今は症状の安定している患者の受診は医師のほうで控えるようにしているので、待合室の人数も半分以下だ。
次回の予約も、2月は薬だけ、5月に検診という形になった。
今日は全て終わった時間は10時前だった。
車を停めてあるホームセンターまで戻った後、バアに頼まれていた猫たちのご飯をそこで買ってから家に戻った。
途中トヨタとホンダのディーラーに寄って最新のカタログをもらってきた。
安全運転補助機能の情報を調べたかった。
午後から、長女の家までバアと歩いて行き、草だらけになった空き地の片づけをした。
今朝もマイナス4℃まで気温が下がったが、日中は気温が上がって、歩いている間も防寒した服装では暑く感じるほどだった。
空き地の枯草を、刈払機で刈ったあと、その枯草を集めて燃やした。
初めのうちは風も弱く、煙が上がっていたが、次第に風が強くなってきて、湿った草も良く燃えるようになった。
今の時期は、田んぼの藁焼きも盛んに行われているので、枯草を燃やしてもとがめられることはない。
煙が流れる方角も田んぼのところだし、すぐ隣の家も空き家になっている。
2時間ほどやってだいぶ空き地がすっきりした。
空き地ビフォー 空き地アフター
今年は、中途半端にヒマワリやコスモスを咲かせようとしたので、それを駆逐するように雑草のほうがいっぱいはびこって手が付けられない状態になってしまった。
この後、またミニ耕運機を持ってきてしっかり耕して、来年は花壇としてきれいに仕上げるようにしよう。
空き地の整理が終わった後、庭の草取りをしていた長女にコーヒーを淹れてもらった。
4時半になったので家に歩いて帰ったが、途中ですっかり陽が落ちて周りが薄暗くなっていた。
まだ冬至までは40日ぐらいあるというのに・・・。
行くときは暖かかったが、帰りは風が冷たくなって寒くなっていた。
今日のコロナの感染状況を見ると、明らかな第三波と言える危険な兆候となった。
一日当たりの感染者数が、過去の最多数を更新する1,647人となった。
政府は、ゴーツーキャンペーンのせいではないと否定するが、全国的な広がりはまさに人が移動した結果であることは子供でも分かることだ。
以前から専門家が、寒くなってウィルスの活性化とインフルエンザとの複合という危険性を指摘していたにもかかわらず、経済を優先する施策を続けたことが原因といえよう。
早く手を打たないと年末にかけて悲惨な状況になる・・・。
2020年11月11日 (水) | Edit |
今朝はこの季節一番の冷え込みになった。
霜が降りて家の前の畑が真っ白になっていた。
立科町の観測所の最低気温がマイナス4.4℃だった。
今月5日に霜が降りたときは、柿やイチジクの葉が全部落ちたが、今朝の霜で家の入口のシデコブシの葉が一気に落ちて根元に溜まっていた。
レンゲツツジの葉も落ちて、来年の花芽が見られるようになった。
家の前から見える林の紅葉も少し葉が落ちて透けて見えるようになった。
シデコブシの落葉 レンゲツツジの花芽 家の前の紅葉
昨夜は寝る前に暖房を点けたので家に中は暖かくなっていた。
昼過ぎに鷹野林檎園に贈答用のリンゴの発送をお願いしに行き、自家用のリンゴ10㎏も買ってきた。
自家用リンゴ
次女に電話をしたら、渋抜きした柿を食べたいというので、リンゴ園の帰りに立科町にあるクロネコヤマトの集配センターに行って柿を一箱送った。
孫たちの動向も聞いた。あーちゃんはせっかく今年大学に入学したのに、いまだにリモート授業だけで、大学での授業は行われていないそうだ。
もう今年度の通学は諦めているようだ。
ムー君、ノム君もそれぞれ苦労しながらも頑張っているようだ。
いったん家にもどった後また上田方面に出かけた。
まずはホームセンタームサシに行って油圧式のジャッキを買った。
そろそろタイヤ交換をしなければならないので、それに備えて少しでも身体の負担が軽くなるよう簡単にジャッキアップできるように、と思って買ったが、その費用でディーラーに頼んだら何回かやってもらえるのではないかとバアに言われてしまった。
ムサシの次に、創造館にいって来年の支部展の会場の仮予約をした。
もっと早く行けば希望の日程が取れたと思うが、空いていたのは、東御美術会の70周年記念展前後の10日ほどだけだった。
支部長と電話で相談して記念展の前日までの1週間を仮予約した。
これで9月21日から10月11日まで上田支部展、東御美術会記念展、上田支部小品展と3つの展覧会を連続でやる羽目になった。
創造館のあとは、ガソリンスタンドで給油し、ユニクロとワークマンで冬物衣料を買って帰路についた。
帰る途中、長女の家に自家用リンゴを届けに行ったが、留守のようだったので倉庫にリンゴと油圧ジャッキを置いてから帰宅した。
帰ったら4時を過ぎていて、外も寒くなってきたので、リハビリウォーキングは昨日に続き2日お休みになった。
夜になってすでに氷点下まで気温が下がってきた。
今日も暖房を点けて寝るようだ。
2020年11月10日 (火) | Edit |
先月から再開した日本水彩上田支部の例会のある日なので、いつもより15分早く起きた。
支部長としなの鉄道の大屋駅で待ち合わせをし、支部長を乗せて神川公民館に行くので、8時半に着く電車の時刻に合わせて家を出た。
外の気温は3℃だったが、さらに冷たい風が吹いていて体感的には寒く感じた。
今日の例会は、午前中いっぱいにして、そのあと来年度に向けた活動方針を決める常任委員会の会議をやることになっていた。
コロナ禍の活動なので、今までのように午前から午後まで通しで公民館を使うことができない。
さらに飲食も禁止されているので、お昼でいったん区切りをつけなければならない。
絵を描くのは9時から12時までということで、画題は菊の花を選んで描くことにした。
他にも野菜や果物などの画題もあったが、今の時期にふさわしい菊の花を選んだ。
水彩画を始めてからしばらく、花を描くのは難しいので敬遠してきたが、最近絵の上達のためには、正確な描写や色彩の配置、構図など絵を描く基本の要素が詰まっている、と思うようになった。
そんなことを思いながら描いていたらあっという間に時間が過ぎてしまった。
11時半ごろから周りが道具を片付け始めたので落ち着いて描けなくなり、ジイも筆を置くことにした。
画題の菊の花 ジイの描いた絵
いったん例会を閉めた後昼食を取らずに続いて、常任委員会を開催した。
昨夜作成した資料に基づいて会議を進めた。
事業計画についてはほぼ原案に沿って了承された。
今年は予定していたほとんどの事業が行われなかったので、予算ではかなりの金額が次年度に繰り越しになる。
そのため、来年度の支部員の年会費は半額とする案も了承された。
また今年度の役員手当は、支給しない、という提案をしたが、支給対象となっている正副支部長、庶務、会計は、事業はなくても様々な仕事はあったはずなので、せめて半額支給ではどうかという意見が多数を占めて、そのようにすることになった。
毎年1月に宴会場ささやで行っている総会、新年会については、新年会は中止し、総会だけ神川公民館で行うことになった。
午後1時まで会議をして解散した。
支部長と一緒に東御市文化会館まで行って、来年10月の上田支部小品展の会場の申し込みを正式にした後、支部長を自宅近くまで送ったので、家に戻ったのは2時を過ぎていた。
お昼を食べてないので、バアに用意してもらって遅いお昼を食べた。
長女から、接骨院に来るときにネギとダイコンを持ってきてというリクエストがあったので、畑で収穫したあと、接骨院に行きがてら長女に届けた。
接骨院は先客が一人いたので少し待ったが続けて施術を受けた。
少し施術室が冷えているように感じたので暖房を点けてもらった。
ついこの間まで暑い時があったのに、いつの間にか暖房が欲しくなる季節になった。
施術を終えた後、家にいた長女にコーヒーを淹れてもらってご馳走になった。
5時になったので家に帰ることにしたが、外はもう薄暗くなり始めていた。
2020年10月16日 (金) | Edit |
2020年10月15日 (木) | Edit |
今朝は朝食の準備を終えた後、車で公民館までプラごみを出しに行った。
空は曇っていて車に装備されている外気温を測定する温度計は12℃になっていた。
ひところ10℃以下まで下がっていた時期もあったから、さほど寒くは感じない。
9時ごろから晴れてきて日差しも出てきたが、気温はあまり上がらず、午後になっても14~15℃止まりだった。
畑のエノキの葉の黄葉が進んだ。
イチョウほど黄色くはないが、赤く紅葉する樹木が多い中で、黄色くなる樹木は貴重だ。
借地なのでいつまで植えておけるかわからないが、もっと大きく育つといい。
黄葉したエノキ
エノキと並んでいるイチジクは、ネットで囲ってからハクビシンの被害は出ていない。
寒くなる前にもう少し収穫できそうだ。
午後は天気が崩れる前にリハビリウォーキングに出かけた。
歩き始めた時はまだ陽射しがあったが途中から曇ってきた。
しばらくコースから外れていた田楽池のほうを歩いた。
新築中の家が一軒あった。周辺の建物とは異質な西洋風の建物なので、よそから来る人が建築主だろうとバアと話をした。
毎日同じようなコースを歩くより、たまには違ったところを歩いたほうが、足取りも軽くなる気がする。
気が付いたら1時間を10分超えて家に戻った。
家に戻るころには少し風が冷たくなって冷えてきた。
リハビリウォーキング
今日もまた気分の悪くなるニュースがあった。
文科省が国立大学や都道府県の教育委員会に、17日に行われる故中曾根康弘元首相の内閣・自民党合同葬儀の際に、弔意表明を要望する趣旨の通知を出したというものだ。
過去にもそういう事例もあったらしいが、今般の日本学術会議の任命外しにも通じる学問や信教の自由に対する菅政権の露骨な意図が現れている。
学校教育に対する権力の介入こそ安倍政権を継承する菅内閣の本丸だということがよくわかる。
格安スマホなどという即物的な飴玉で、政権の悪だくみに乗せられるような国民ばかりではないぞ!
2020年10月14日 (水) | Edit |
昨夜は深夜0時からサッカーの日本対コートジボワール線を試合終了までみた。
遅くまで見てあまり見せ場のない試合で失敗したかと思っていたら、後半のアディショナルタイムで日本が得点して1-0で勝った。
勝利の余韻に浸ることなくすぐに就寝した。
そんなことで、今朝は7時に起きるのが辛かったが、意を決して起きた。
朝食の後ひと眠りしようかと思ったが、9時前から浄化槽の定期点検や町内会の会費の徴収など来客が続いたので、眠る暇がなかった。
さすがに昼食の後は眠くなって、小一時間眠ったようだ。
郵便局の配達で起こされた。
書留で来週参加するツアー旅行の行程表と上田から乗車する新幹線のチケットなどが送られてきた。
今回のツアーはフルムーンパスを利用した旅行なので、新幹線などはグリーン車利用になっている。
グリーン車など乗るのは、バアが長女を妊娠しているときに出かけた時以来のような気がする。
ゴーツートラベルを適用したツアーなので通常価格よりはかなり格安になる。
そうでなければ参加できないようなツアーだ。
いずれ詳細はブログで書き残すが・・・。
午前中は晴れていたが、午後から雲が出てきたので、3時半からリハビリウォーキングに出かけた。
日中かなり気温が上がったが、出かけるころには少し涼しく感じた。
歩いているうちに身体が温まってバアは上に羽織っていた服を脱いだが・・・。
リハビリウォーキング
田んぼは最後まで残っていた稲刈りを急ピッチで刈っている光景が見えた。
今週中にはほとんどウォーキングしているエリアでは稲刈りが終わるだろう。
最後の稲刈り?
早くも稲わらを燃やしていたり、田起こしが済んだところもある。
いよいよ1年の周期の終わりが近づいている感じだ。
歩いている途中近くの工場の敷地で大きなキノコを発見。
傘の大きさは15㎝ぐらいありそうだ。
今日は1時間を超えて歩いたので、1万歩に手が届く歩数になった。
大きなキノコ
2020年10月13日 (火) | Edit |
いつもより15分早く目覚ましをセットして起きた。
カーテンを開けると朝日が眩しかった。
今日は上田支部の半年ぶりの例会の再開の日だ。
昨日車を運転しない支部長から、会場の神川公民館に近いしなの鉄道大屋駅に迎えに来て欲しい、という連絡があった。
自宅近くまで迎えに行くと申し出たが、遠回りになるからと固辞された。
10分か15分の違いなのだが・・・。
朝食の準備をしていたら7時に電話があって、副支部長が行けるようになったので送迎は副支部長にお願いすることになったとのことだった。
当初の予定より5分遅れで家を出て神川公民館に向かった。
途中コンビニで昼食を買ってから行った。
今日の例会は、今年6月に予定されていた日本水彩展に出品するために準備していた作品を持ち寄って作品研究会をすることになっていた。
会員の3分の2にあたる20人が集まった。
全員が作品を持ち寄ったわけではないが15人ほどが1点から3点ほど持参したので、それぞれ順番に前に展示して批評し合った。
作成途上の作品もあったが、入選間違いなし、賞を取るのではないか、と思えるような力作もあった。
いつも当落線上にあるジイの作品が霞んで見えた。
コロナ禍でもじっくり制作に取り組んでいる人もいる。うかうかしていられない・・・。
上田支部
一人平均15分で、研究会が終わったのは12時半を過ぎていた。
午後にまたがる予定だったが、コロナ対策で午前と午後で区切らなければいけないことと、食事を館内ではできないことなどから、お昼過ぎまで続けて全部終わったところで解散することになった。
解散後有志でイタリアンレストランに食事に行くというので、コンビニで買ったお昼があるが、レストランの食事に付き合った。
結構お店は混んでいた。
市のクーポンが使えるお店なのでそれも影響しているのかもしれない。
今月末で市のクーポンの有効期限がきれるので、まだ残っているクーポンを使いにバアとまた食べに来ようか?
午後3時前に家に戻った後、バアとリハビリウォーキングを兼ねて接骨院に歩いて行った。
ちょうど他のお客さんがいなかったので、すぐに続けて二人とも施術を受けることができた。
早めに終わったので、少し遠回りをして家に帰った。
旅行に持って行く肩掛けとリュックとしても使えるバッグを先日買ったので、試しにそれを使って見た。
普段のウォーキングの時にも飲み物や折畳傘も入れられる大きさだ。
後姿をバアに撮ってもらった。
リハビリウォーキング ジイのバッグ

2020年10月12日 (月) | Edit |
去年の台風19号が襲ったのは去年の今日だった。
我が家は高い台地にあるので水害の心配はないが、大地の淵を流れている千曲川やその支流では大きな被害があった。
渓流釣りを楽しむものとして多少は川の水の怖さを知っているつもりだが、それでも今までの経験や知識を越える自然の脅威があることをこの年になって知った。
長野市内で堤防が決壊して9000戸近い家が水に浸かり、その多くが住めなくなった。
年老いてから自宅を失った人もいる。わが身に置き換えたらやるせないに違いない。
この地域の堤防は、100年に一度の洪水でも耐えられる堤防として整備が完了していた。
今日は朝のうち曇っていたが間もなく晴れてきて秋晴れになった。
朝7時過ぎには猫たちが朝ご飯を待って、デッキに集まってきた。
最近なかなか一緒には集まらなくてばらばらに来ることが多い。
久し振りに3匹が揃った。
3匹の猫
午前中、明日の日本水彩上田支部の例会で、東京展に向けて準備していた作品の研究会をやるので、持って行く作品の最後の手直しをした。
その後畑でタマネギの苗の生育状況を見た。
糸のように細かった苗が、2ミリぐらいの太さに育っていたが、周りの雑草も育っていたので、雑草を取り除いた。
全体で300本ぐらいできればいいと思って苗作りをしたが、このまま育てばもう少し多く採れそうだ。
タマネギの苗
午後から丸子のベルプラザに買物に行った。
買物をする前に近くを流れる千曲川の支流の依田川の堤防道路をリハビリウォーキングした。
晴れて陽射しが強く冬用の長袖を着ていたので、汗をかいたが、川沿いの道は川の流れの音を聞きながら気分よく歩けた。
数組のウォーキングする人もすれ違った。
この川も去年の台風の爪痕が残っていた。
護岸が崩れているところもあった。
1時間超歩いてからマツキヨや百均、ツルヤなどで買物をしてから家に戻った。
リハビリウォーキング
2020年10月11日 (日) | Edit |
久し振りに朝から青空になった。
やはり雨で暗い朝より明るい陽射しのある朝のほうが、今日も一日命を与えられたと強く感じることができる。
外へ出たら昨日までの肌寒さとは違って生暖かい空気になっていた。
それでも衣替えをしてしまったので、下着は冬用の長袖のシャツとズボン下をはいた。
朝食の後、明るい陽射しが入る中家の中の掃除をしたが、着込んでいたので汗をかいた。
掃除の後畑の様子を見に行った。
レタスとハクサイの苗は、雨で土が潤ったせいか生き生きして見えた。
よその畑を見ると、ハクサイなど葉が大きく育っているので、そこまでこれから育つか少し心配だ。
レタスは、よく見ると中央の葉が丸まり始めているように見えるが・・・。
レタスとハクサイ
ダイコン、ニンジンも今のところは順調に大きくなっている。
ダイコンは太さが3,4㎝になっていた。
ニンジンとダイコン
畑の一角に植えたエノキが、早くも黄色く色づき始めた。
隣のブルーベリーの葉も赤くなり始めている。
黄葉したエノキ
今日も午後4時からリハビリウォーキングに出かけた。
昨日長女の家にブドウを届けがてら歩いて行ったが、お米は?と言われてしまった。
毎日ブログをチェックしているので、岩手の師匠の新米もお裾分けがあるのかと期待していたらしい。
今日も背中に新米と午前中畑で採った秋ナスを背負って歩いて持って行った。
今日は夜勤明けの翌日の休みで在宅しているのは昨日確認してあった。
新米などを手渡した後、家には上がらずウォーキングの続きをして家に帰った。
昨日はコーヒーをご馳走になってゆっくりしていたら、家に着く頃には外が暗くなってしまった。
今日はまだ陽が沈む前に家に戻ることができた。
その後夕陽が沈んだが、真冬の頃に比べると陽が沈む位置が随分南に移動しているのに気が付いた。
冬至の頃に向けてさらに南寄りに移動する。
リハビリウォーキング 夕陽
2020年10月10日 (土) | Edit |
台風14号の影響で朝から風雨が強かった。
これでは外で写生などできないので、彩明会の例会を中止して正解だった。
予定していたことができなくなったので、家で絵でも描けばいいのだが、一度しぼんだやる気は年を取るとなかなか簡単にやる気を再び膨らませるのは難しい。
めっきり家の中も20℃前後で肌寒くなってきたので、夏物を冬物に衣替えすることにした。
整理箪笥の二つの引き出しの入れ替えと、クローゼットの棚に置いてある衣装ケースを置き換えるだけなので30分ぐらいで終わらせることができた。
新しい衣類もたいして増えていないし、古くなったからといって捨てるものもあまりない。
中には20,30年前から着ているものもある。
着飾って人目を引こう、という意欲も失われているので、生地が傷んでいない限り着つづけるだろう。
午後になって雨が止んだ。まだ分厚い雲に覆われているが雨は降りそうもなかった。
雨の後
畑のイチジクが一気に熟して口を開けていた。
いっぱい採れたのでヤマちゃん家と半分ずつ山分けした。
先日ジャムを作った量ぐらい採れたので夜になってまたバアがジャムにした。
イチジク
午後4時ごろ念のため折畳傘を持ってリハビリウォーキングに出かけた。
昨日いただいた立派なシャインマスカットを長女たちにお裾分けするために、リュックに入れて長女の家まで行った。
仕事で留守かと思ったら、夜勤明けで家にいたので手渡した。
接骨院は来客中だったのでカミちゃんには声を掛けなかった。
ちょうど夜勤明けの睡眠をとり終えてコーヒーを淹れていたところだというので、そのコーヒーをご馳走になった。
リハビリウォーキング
帰りは5時半近くになったので、家に着く頃には暗くなっていた。
薄暗くなって出没し始めたのか、2匹のタヌキに出会った。
タヌキのほうがびっくりして一目散に逃げていった。
立科町の街の明かりが輝いていた。
立科町の明かり
2020年10月09日 (金) | Edit |
朝のうちは曇っていたが、10時半過ぎごろから雨が降りだした。
お昼を過ぎると本降りになり夜まで続いた。
今日も一日寒くて、こたつの電源をオンにして過ごした。
昨日出かけている間に郵便局から配達が来たようで不在連絡票が入っていた。
今日その配達で岩手の師匠から送られた新米を受け取った。
先月24日から26日のみちのく釣行のセットをしてくれた翌日稲刈りをしたそうで、取れたてのお米を早速送ってくれた。
すぐにご賞味あれと添えられた手紙に書かれていたので早速明日にでもいただこう。
師匠の新米
10時ごろチャイムが鳴ったので玄関を開けると去年画集を作るのを手伝ったSさんがご夫妻で訪ねに来てくれた。
一度接骨院のほうには来てくれたが自宅は知らないはずだったが、この町内会にお姉さんが嫁いできていたので、土地勘があり、近所の知り合いに我が家を場所を聞いてきてくれたとのこと。
自家製のシャインマスカットをいただいた。もうかなり規模を縮小したとは聞いていたが、長年ブドウづくりをしていた人なので立派なシャインマスカットだった。
家に上がってもらえずお帰りになった。
シャインマスカット
キッチンのシンクの下の引き出しの淵が、長年水が飛んで、表面に張ってある壁紙の角が膨張して破れ始めていたので、同系色のオレンジのビニールテープを買ってきて、破れている箇所を上から押さえて貼った。
やり終えてから出っ張ったところをカッターナイフで削って平らにしてからやればよかったと思ったが時すでに遅しだった。
キッチンシンクの引き出し
午後3時半過ぎに接骨院に行った。
雨で客足が鈍ったようで、先客もなくすぐに施術を受けることができた。
午前中から雨になったので、今日はリハビリウォーキングにも出られず300歩にもならなかった。
過ぎたるは猶及ばざるが如し、ともいうから今日ぐらい休んでもいいだろう。
10月になって1日6,000歩を達成できなかったのは今日が初めてだった。
2020年10月08日 (木) | Edit |
今日は朝から夜まで雨が降り続けた。
気温も最低気温こそ11℃と、10℃以下にはならなかったが、最高気温も13℃までしか上がらなかった。
明日にも衣替えをしたほうがいいようだ。
去年購入した一人用のリビングコタツのカバーをセットした。
試しにこたつを点けてみたが、足元が温まって今日のような肌寒さにちょうどよかった。
方向の定まらなかった台風14号も日本列島に沿って北上しそうなので、明後日予定している彩明会の例会は中止になりそうだ。
雨の時のために予備的に祢津公民館をいつも予約しているのだが、明後日は市の行事が優先的に入れられていたので予約が取れなかった。
10月10日は昔の体育の日で、晴れの特異日なので何とかなるだろうと思っていたのだが、台風には勝てそうもない。
雨
午後から上田のアリオとイオンの二つの大型スーパーに買い物に行った。
2か所をはしごして、何とか毎日の目標歩数の6,000歩をクリアすることができた。
両方とも買物目当てというより、フロアの端から端まで歩くことを念頭に店を覗いて歩いた結果だ。
昨日の夜上尾から戻った長女夫妻が家に寄ってくれて、お土産にフランスパンと手ぬぐいの生地で作ったおしゃれな布マスクを持ってきてくれた。
フランスパンは早速朝食で食べた。
今日の買物で、布マスクを持ち歩くときに便利な収納ケースを買ってきた。
布マスク
2020年10月07日 (水) | Edit |
このところ毎日最低気温が10℃を切るようになってきた。
今日は朝から曇り空で肌寒かった。
午前中晴れ間も出て少し気温が上がったが、午後になるとまた曇ってしまった。
ついこの間まで、ペットボトルのお茶を氷が入ったマグカップに入れて、ごくごくと飲んで暑さをしのいでいたのに、今日などは熱いお茶を湯呑みでゆっくり飲んで体を温めるようになった。
2リットルのペットボトルを1日1本のペースで飲んでいたのに、先月末に買った6本入りのケースにまだ4本も残っている。
残ったペットボトルは、来年まで持ち込しか?
日中は晴れマークの予報だったが、午後にはすっかり曇ってきて、空模様も怪しくなってきたので、午後2時前からリハビリウォーキングに出かけた。
稲刈りが進んでまだ残っている田んぼのほうが少なくなってきた。
稲刈りを終えて田んぼに残った稲わらを焼くところもあって、今日のような風の弱い日に焼く家が多いのか、あちこちで煙が立っていた。
台風や秋雨前線の影響で明日から天気が崩れる予報もあるので、乾いている今のうちに燃やしてしまおう、というのか?
煙のせいで景色が少しくすんで見えた。
リハビリウォーキング けむり
1時間ほど歩いて家に戻った。
帰った後、マリーゴールドやペチュニア、キバナコスモスなどの花の種を採取した。
来年はポットでもっとたくさん苗を作って、プランターや庭に植えよう。
種を取るために乾燥させていたエダマメから種を採った。
今年は最初に蒔いた種の発芽率が悪く、あとからまた種を買って蒔いたエダマメがよくできたので、その種を採取した。
来年はカッコウが鳴き始めたらこの種を蒔いてみよう。
畑のイチジクがハクビシンに食べられずに収穫できたので、バアが採れたイチジクでジャムを作った。
ジイは余りイチジクが好きではないので自分では作らないが、あれば朝食のパンにはつけて食べる。
イチジクジャム
2020年10月06日 (火) | Edit |
朝起きて寝室のカーテンを開けると眩しい朝日が射しこんだ。
このまま晴れが続くのかと思ったが、朝食を食べ終わるころから雲が広がって陽射しがなくなった。
昨日長女から火曜日に接骨院に来るのだったら早めに来て欲しいとLINEが入っていた。
接骨院を早めに閉めて、今夜から上尾に出かけたいらしい。
それならばと、いつもは夕方5時ごろ行っているが、今日は午前中に行くことにした。
10時過ぎに行くとちょうど先客がいなかったので、すぐに二人とも続けて施術を受けることができた。
11時前に施術が終わったので、お昼は外食することにして、東御市のコロナ対策クーポンを使えるお店に行くことにした。
早めに接骨院が終わったので、中央公園の駐車場に車を停めて、お目当てのお店まで歩いた。
駐車場から歩いて15分ほどかかるが、歩けばリハビリウォーキングにもなる。
11時半の開店時間に合わせて行ったが、すでに満席でしばらく待たされた。
混むのが分かっているお客さんは開店の30分前から待っていたようだ。
20分待って席に着くことができた。
かた焼きそばとワンタンスープのセットを初めて頼んで食べた。
待っている間に、スマホでお店のホームページを見て、こういうメニューがあるのを知った。
今までは焼きそば単品でしか食べたことがなかった。
焼きそばセット
美味しい昼食を満喫したあとは、駐車場まで少し歩くコースを変えて住宅街を通って戻った。
このころにはまた青空が広がって陽射しもあった。
トータル6,000歩まであと少しだったが、中学校と公園の間に分譲された広い住宅地があることを初めて知った。
これで今日のリハビリウォーキングも兼ねることができた。
帰りに昨年10月の台風19号で不通になっていた道路が開通したので、よく写生に行っていた布引観音の近くの千曲側の様子を見に行った。
川に面する岩場が崩れて見る影もなくなっていた。
ここの風景画のメインテーマの岩場だった。
川も崩れた岩で渓相が変わってしまった。
ちょっとショックが大きくてしばらく写生に来られそうもない。
以前の千曲川 千曲川
家に戻った後、しばらく休んでから、丸子のショッピングモールベルプラザに買物に出かけた。
デーツーで猫ご飯を買った後、ツルヤで食料品を買った。
店内を歩いている間に、毎日の目標歩数の6,000歩は楽に超えた。
庭のヒガンバナが満開になっていた。
満開のヒガンバナ
2020年10月05日 (月) | Edit |
朝のうち曇り空で少し強めの風が吹いていた。
外水道の脇に置いてあったジョウロが風に飛ばされて離れたところに転がっていた。
その風も少し弱くなってきたので10時半から段ボールや枯草を燃やすことにした。
火燃しをしているときに、畑の雑草が伸びているのが気になって、刈払機で刈ることにした。
畑の周りは道路沿いの草を刈り、火燃しを終えたら昼食の時間になっていた。
昼食後はいつも15分から20分ぐらいウトウトするのだが、今日は居眠りしているわけにはいかず、庭や入口の芝生の草刈りも午後からやった。
もうこれからは雑草もさほど伸びてこないだろうから、これが今年最後の草刈りになるだろうと思いながら刈った。
刈り終わったら3時になっていた。
3時のおやつを食べ乍ら一息入れ、4時からはリハビリウォーキングに出かけた。
空はすっかり青空になっていた。
秋の空
今日はコースを変えてリンゴ園の脇を通るコースにした。
まだ赤くなったリンゴがたわわに実っていた。
こんな時にリンゴ園の近くを通るのは、疑われるのでまずいのだが、リンゴを見て初めて気が付くノー天気の性分だ。
寒くなった時に風が当たらないのでよく歩くコースだったが、これからはこのコースのほうがメインになるかもしれない。
今日も長袖を着て歩いていたが、風があったので少し肌寒く感じた。
リハビリウォーキング
家に戻ってくると庭のほうからキンモクセイの甘い香りが漂ってきた。
植えてから10年近くなるが、花が咲き出したのは2,3年前からだ。
今年は今までで一番花芽が多い。
どこかのお寺のキンモクセイは10キロ先まで香りがする、という大木があったが、我が家のキンモクセイはほんの2,3mというところか・・・。
一緒に植えたギンモクセイも数えるほどだが花芽が出ていた。
キンモクセイ ギンモクセイ
2020年10月04日 (日) | Edit |
このところ天気予報の降雨が外れて、降らないことある。
気象衛星の雲の画像から予報を出すのだろうが、我が家の上空は雲が薄いのか、雨まで降ってこない。
今日も午前中、畑の土が乾いていたので水やりをした。
午後から雨の予報だったが、あてにならない。
ただ、リハビリウォーキングだけは雨が降る前にやっておこうと10時半前に歩き始めた。
歩いている途中で、はざかけをしている風景に出会った。
コンバインで一気に刈ってしまう田んぼもあれば、手間暇かけて稲わらにしてはざかけをする田んぼもある。
効率性を考えたらコンバインで刈り取り、乾燥機にかけてしまうほうがいいのだろうが、天日干しという昔ながらの農法で食べたコメのほうが美味しい、という神話は残っているようだ。
リハビリウォーキング
もうすっかり秋の風景になっているが、まだキキョウが咲き残っていた。
夏のお盆の時期に盛りになる花だが、気温が下がる今の時期でも咲く遅咲きのものあるようだ。
キキョウ
今日も1時間を超えるコースを歩いて家に戻った。
午後から伝統の阪神巨人戦をドコモのDAZNのアプリで観戦した。
今日はテレビ局では放映されていないので、このアプリを使ってテレビに映してみた。
最近気づいたのだが、生放送といっても実際には2,3分時差がある。
スマホでヤフーのアプリのスポーツナビというので速報を見ていると、それより遅れて放映されていた。
今日もスポーツナビでは丸がホームランを打ったと報じられているのに、DAZNでは丸の前の打者の岡本がまだ打席に入る前だった。
巨人のピンチになった時、早く結果が分かるようにスマホのアプリで見ようとも思ったが、結果が分かってみるスポーツ観戦ほど面白くないものはないのでぐっと我慢した。
今日の試合ではことごとくピンチをしのいでいたが・・・。
2020年10月03日 (土) | Edit |
天気予報では、今日一日秋晴れの天気になっていたので、久し振りに松本まで行くことにした。
9時過ぎに出かけるまで陽が射していたが、松本へ向かう途中から曇りがちになってきた。
いつも松本に行くときに通っている道路が、去年の台風19号の豪雨災害で橋が流されて不通になっているのを忘れていて、すぐ近くまで行って気が付いたので、かなり遠回りをしてしまった。
ただ、有料だった三才山トンネルが9月から無料になったので、それだけでも走ってみたい気分だ。
往復で割引券を買っても900円以上していた。
まず松本市内の大型商業施設イオンモール松本の駐車場に車を停めた。
買物は後にして、中町通から駅に向かって歩いた。
4,5年前まで2カ月に一度ぐらいのペースで松本に出かけていたので市内の様子はだいぶわかっているつもりだが、歩いている途中の景色は少しずつだが変化していた。
中町通りの店舗の名前が変わっていたり、空き地になっていたりした。
よく覗いていた石井スポーツもライザップに変わっていた。
中町通り
長野県内の2店のデパートの一つ井上デパートに立ち寄った。
目の保養をしたあと特売になっていた帽子を二人で一点ずつ買った。
今度の旅行に被って行こう。
隣の丸善で水彩画の図書を買った後、丸善の向かいのビルの中ににあったお店で昼食を食べた。
ジイが好きで何度も入ったお店だが、店名が変わっていた。
店内のテーブルや椅子、配置は全然変わっていない。
壁のディスプレイ類も以前のままだった。居ぬきで経営が変わったのか?
和食中心だった料理が、しゃぶしゃぶや肉料理のメニューに変わっていた。
牛肉のひつまぶしを食べた。
店の雰囲気も料理の質もあまり変わっていないので、松本に来たらまた食べに来ようか・・・。
昼食
昼食の後、また歩いてイオンモールまで戻り、店内を見て回った。
建て替えて大きく様変わりしてから、じっくり買物をしたことがなかったので、二つのフロアを歩いて見て回っていたら疲れてしまった。
コロナで閑散とした様子を以前にニュースでやっていたが、今はすっかりそれ以前の状態に戻っているような買い物客の多さだった。
最後に食料品コーナーに行って買物をして帰ることにした。
青空の下での街歩きをイメージして出かけたのに、曇り空で気分は余りパッとしなかった。
午後3時半過ぎに帰宅した。
車で、往復で約90㎞、たまに商業施設の集積率の高い都市に出かけるのも気分転換になるようだ。
夜、国勢調査の回答をパソコンを使ってネットで回答した。
時代が変わったと痛感した。
調査員の仕事も回収が少なくなって負担も減ったことだろう。
回答項目がこんなに少なかったか、と思ったら無職なので調査票の裏面の就業関係のいくつかの項目へ行く前に、回答が終了したからだった。
2020年10月02日 (金) | Edit |
朝のうち空を覆っていた雲が1時間もすると一気に消え去って、その後は秋の青空が広がった。
快晴の空の下で午前中は畑仕事をした。
ポットで育てたハクサイの苗が大きくなってきたので、先月早く育ったレタスと4本のハクサイの苗を植えた畝の隣に、次に植えようと用意していた黒マルチに6本の苗を植えた。
植えた後に寒冷紗を掛けた。
10月に苗を植えるのは遅すぎると思うが、ダメもとで植えた。
その隣に5月に植えてあったイチゴの苗が増えて混み合っていたので、畝を伸ばし一部を植え替えた。
イチゴは今年初めて栽培したのでどうしていいかわからないのだが・・・。
ハクサイの苗 イチゴの苗
畑仕事を終えた後、先日リハビリウォーキングの時に取ってきたアケビがスケッチしようと思ったが、まだ実が開かないので、開いているアケビを取りに行った。
やはり絵に描くのは口が開いて実が見えてないと絵にならない。
お昼を食べた後、採ってきたアケビをスケッチ画にして描いた。
1時間ほどの時間で描いたので少しあっさり描き過ぎた感があるが、練習だと思ってヨシとしよう。
庭のヒガンバナがようやく咲き始めた。
我が家のヒガンバナは10月にならないと咲かないらしい。
アケビの実 アケビのスケッチ ヒガンバナ

スケッチが終わった後、バアとお互いの髪のカットをし合った。
それぞれ30分もかからずチャチャっとカットした。
多少裾が波打ったり、虎刈りになったりしていてもこの年になるとさほど気にならない。
だいいち後ろには目がないので自分ではわからない・・・。
髪を切って頭が軽くなったところで3時半からリハビリウォーキングに出かけた。
家を出てため池を見たら水面が鏡のようになっていて浅間連山が池に映っていた。
まさに秋の景色だった。
歩いた後、接骨院に行くつもりだったので、ベーシックなコースを50分で歩いた。
鏡池 リハビリウォーキング
家に戻って着替えをしてから接骨院に行った。
今日も5時前で先客がなかったので、すぐに二人続けて施術をしてもらった。
施術が終わった後、空き地のヒマワリの種が詰まった花柄を採ってガレージの中に入れた。
この種で来年はしっかり耕して雑草が生えないようにしてから種を蒔こう。
長女は出勤していて不在だったので、すぐに家に戻った。
夜になって、満月が東の空から上がってきたので写真に撮った。
昨日が中秋の名月だったようだが写真に撮らなかった。
スマホで撮ったので手ブレでぼけてしまった。
満月
昨日夕方のニュースでもやり今朝のマスコミ各紙の一面トップの記事にもなったが、学術会議推薦の会員の内6名を任命しなかった。
いずれも公聴会などで政府が進めた安全保障法制や共謀罪法などに反対の意見を述べていた人たちだという。
内閣府に属するとはいえ、政府から独立した組織として、政府の政府に支配されずに運営されるべきすじあいのものだ。
安倍政権時代から官僚の人事をはじめ自分の意にそぐわないものを排除し、自分たちの意の沿うものを強引に任命してきた。
その極みが内閣法制局長官人事だったし、任命には失敗したが黒川高検次長の検察庁長官人事だった。
その人事に深くかかわっていた菅首相が、いよいよその陰湿な性格を表してきた。
こうした人事を掌握することで、戦前の大政翼賛会のように異を唱えるものは非国民というような風潮を作り出していくのと同じ手法だ。
気が付いてみれば後戻りできないような暗黒政治に支配されてしまう。
今の香港を鏡にして見ればそれがよくわかる。
この問題は、全マスコミがこぞって徹底的に追求しないと、近い将来、戦前と同じ轍を踏むことになるぞ。
アメリカのトランプ大統領夫妻が新型コロナの陽性になったとニュースになった。
大統領選挙にも影響がありそうだ。
こんな大統領が再選されるのは御免だが・・・。