FC2ブログ
2019年01月17日 (木) | Edit |
また忘れてはいけない1日を迎えた。もう24年も経ったのか。
阪神淡路大震災の被害者や遺族は一日たりとも忘れないだろうが、直接被害を受けなかったジイたちは、時間とともに悲惨だった被災の記憶が薄らいでいる。
さらに2011年3月11日の東日本大震災の追い打ちもあって、災害に対する感性がマヒしていくようだ・・・。
今の政府が進めている政策の中には、まるでこうした震災被害がなかったことのように進めていることが多過ぎる。
今朝はまた氷点下13℃まで下がった。
昨日の暖かい気温は束の間のものだった。
7時に目覚ましで一度目を覚ましたが、寒く感じて布団にもぐっている間に1時間ほどまた眠ってしまった。
起きてきたら朝ドラが始まっていた。
日中は晴れて気温も上がってきた。浅間山周辺には雲が出ていた。
浅間山
昨日女子会に出かけたバアが、12時上田着の新幹線で帰って来るので迎えに行った。
家を出るまで全豪オープンの錦織の試合を見ていたので、到着時間ギリギリになってしまい、ホームまで迎えに行くことができなかった。
改札口で合流できたが・・・。
久し振りに娘たちと充実した時間を過ごせたようで、明るい顔をしていた。
3人で「さをり織り」体験講座を受講して、マフラーを編んだようで、家に持ち帰って仕上げの糸結びをしていた。
バアと合流し、上田アリオで買い物をしてから家に戻ると、まだ錦織の試合が続いていた。
テレビを点けたら、5セット目のタイブレークの最中で、もう負けたと思ったらそこで踏ん張って逆転で勝利した。
2試合続けて5セットマッチをして、これからの試合で体力が持つかどうか心配だ。
続けて大坂なおみの試合は安心して見ていられた。
夕食は、バアがお土産に買ってきたイモ菓子を食べた。
お正月に次女が持ってきてくれた「落花飴」を、またわざわざ次女が地元で買ってホテルまで届けてくれたので、その飴を食べた。こちらで4か所のスーパーで探してどこにも置いていなかった。
イモ菓子 落花あめ
2019年01月17日 (木) | Edit |
今朝は久しぶりに気温が高くなっていた。とはいっても0℃だが・・・。
昨日の午後のリハビリウォーキングで感じた暖かい南風が夜まで吹き続けたのだろう。
ただ朝のうちは暖かく感じた外気だったが、次第に冷たい北風に変わって一日中気温が上がらず、寒く感じるようになった。
今日はバアが娘たちと大宮で女子会をするので、新幹線の上田駅まで送って行った。
上田駅前の駐車場に止められたので、一緒に新幹線のホームまで送って行った。大
宮駅では長女がホームで出迎えることになっていた。
バアを見送った後、どこも寄らずに家に戻った。
今日はコープの宅配の日なので戻って注文品を受け取らなければならない。
今回の女子会は、大宮のホテルに泊まる一泊する会ということで、バアたちは昼食を皮切りに、編み物教室を受講したり、夕食はコース料理などで楽しんだようだ。
時々LINEで様子を知らせてくれた。
また、グーグルの現在地共有アプリで、いつでもどの辺にいるかが確認できた。
悪用されなければ便利なものだ。不安や心配などをリアルタイムで解消してくれる。
ただ、便利さの陰で権力に悪用される危険を十分気を付けなければいけない。
ハローウィンの時、渋谷駅前で軽トラをひっくり返して騒いだ若者が、10人以上も特定されて検挙されている・・・。
在宅中は、いつもバアと一緒にいるのが当たり前の生活をしているので、たまにこうして一人でいると、何をすればいいのか見当がつかない。
わずかに明後日の佐久の水彩画の会に初参加するにあたって、準備していく絵を選ぶことをしたぐらいで、あとはテレビを見たり、居眠りをしたり、おやつを食べたり人間の本源的な行為をしているうちに深夜になってしまった。
夕日が美ヶ原高原に沈むころ外に出るとすでに氷点下に気温が下がっていた。
佐久に持って行く絵 夕焼け
2019年01月15日 (火) | Edit |
連日の氷点下10℃前後の冷え込みとなった。
深夜床下のエアコンをフル稼働させているが、室温は17℃までしか上がっていなかった。
午前中は曇りがちで陽射しがなく、晴れて陽射しがあれば暖房がなくても20℃近くまで上がるのだが、今日は室温も17℃からなかなか高くなっていかなかった。
午前中は外気温も上がらないのでリハビリウォーキングはやめて、テニスの全豪オープン錦織圭の試合を見た。
2セット続けて相手に取られて絶体絶命の状況になったが、その後の相手の身体的トラブルで勝ちを拾った。
午後になって雲が取れて時折日差しも出るようになったので、短めのリハビリウォーキングをすることにした。
歩き始めると、いつもと違って南風が吹いていて、風による寒さが感じられなかった。
30分ほどで家に戻ってくるつもりだったが、倍の1時間歩いて戻ってきた。
昨日までガチンコで凍っていたため池のヘリが解け始めていた。
南の空に、空飛ぶ円盤のような雲ができていた。
南風を受けたリハビリウォーキング ため池の氷が解け始めた 空飛ぶ円盤のような雲
帰ってきてから今まで撮りためてきた画像から、水彩画の画題になるよう風景を探したが、見つからなかった。
今年の東京展に向けて、新しい画題を探す作業をしなければ・・・。
姨捨の夕陽だけで満足するわけにはいかない。
夕方から最後の見納めになるかもしれないので、稀勢の里の相撲を見た。案の定なすすべもなく押し出されてしまった。
今までの横綱ならここで引退表明となるところだが、明日もう一番取るようだ。
引き際というのは、難しいものなのだろうか?
定年制の仕事だったジイには、有無を言わせず自動的に最後が来たが・・・。
夜は大坂なおみの試合を見た。上り坂の若い選手の勢いを感じた。
片や引退間近、片や頂点間近、プロのスポーツ選手も厳しい世界だ。
2019年01月14日 (月) | Edit |
毎朝同じような冷え込みが続いている。
ただ氷点下の気温は二けたまで下がる手前で止まっている。
いつもなら7時前に暖房が切れるようにセットしているが、今日はフィットの車検のためホンダのSさんが9時過ぎに代車に乗って来ることになっていたので、朝食の後も暖房をつけっぱなしにして待っていた。
長野市内の営業所の所長になっているので、フィットをそちらまで運んで車検整備をするとのこと。
以前は上田市古里の営業所へ乗って行ってそこで車検をしてもらっていたのだが、今回は自分の営業所でやるらしい。
営業的な理由もあるのだろう。
代車の車はステップワゴンのデモカーでまだ新しい車だった。
代車に乗って佐久まで行こうと思っていたが、傷を付けたらいけないのでN-Boxで行くことにした。
Sさんが家を出た後、10時に家を出て初めに佐久の駒場公園に行った。
佐久近代美術館が建っている公園だ。
公園に続いている長野牧場のカラマツの並木道を歩いた。
天気も良く風もほとんどなかったせいか結構歩いている人がいた。
広大な敷地の中や外周を1時間ほど歩いた。
長野牧場のカラマツ並木
その後、佐久のイオンの近くにあるデニーズでお昼を食べた。
デニーズは久しぶりだが、まだ上尾から今の家に通っているころ、何度か家に来る前に遅い夕食を食べに寄っていた。
その時に食べたことのあるオムライスを食べた。
10年以上も前の味がまだそのまま変わらずに残っていた。
デニーズのオムライス
昼食後、イオンに行って海外旅行用のスーツケースを買った。
3月に旅行を計画しているので、その時に使う。
2年前にバア用の新しいスーツケースを買ったが、それは少し今のバアの状態では大きすぎて運ぶのに苦労しそうだった。
荷物は少し詰める量が減るので、どうやって減量するか工夫しなければ・・・。
スーツケース
公園でのリハビリウォーキングとイオンの買物とで歩数計が1万歩を超えた。
午後6時半過ぎに車検を終えたフィットが戻ってきた。
Sさんと1時間ほどおしゃべりして過ごした。
Sさんとの付き合いも10年近くになった。
名前が同じ、郷里が同じ横浜の金沢区ということで意気投合して、それ以来ずっとホンダ車を乗るようになった。
2019年01月13日 (日) | Edit |
今朝も最低気温がマイナス9℃になっていた。
起きてカーテンを開けると雲はなく朝日が明るく射しこんできた。
リビングにも陽が射しこんでくる9時半過ぎから家の中の掃除をした。
明るいところで掃除機をかけたほうが、汚れが吸い込まれるのが見えるので、きれいになった気がするものだ。
ただ今の時期は埃が舞っても窓を開け放して掃除をするわけにはいかない。まだ外は氷点下だ。
キッチンの水槽回りも掃除をした。
年末以来の掃除だがもう汚れやカビが溜り始めていた。
日ごろからこまめに掃除をすればいいのだろうが、掃除をするために生きているわけではないので、ほどほどにしている。
10時半過ぎに、リハビリウォーキングに出かけた。
昨日は一日出かけていたので、バアのリハビリウォーキングに付き合えなかったが、今日は一緒に歩くことができた。
バアのためというより自分のためのウォーキングと言っていいだろう。
それほど寒く感じなかったし、晴れて見通しが効く景色を見ながらの気持ちいい歩きだったので、少し足を伸ばして明神池の近くまで行って帰ってきた。
家に戻ってきたら12時になっていた。
リハビリウォーキング① リハビリウォーキング②
午後は、日本水彩上田支部の総会資料作りをした。
すでに去年の納会の日に常任委員会で検討した資料の修正箇所と、昨日会計担当から送られてきた予算書、決算書の原稿を入力する作業なので1時間ほどで終了した。
総会は今月の25日なのでまだ時間がある。
印刷は間近になってからやることにした。
2019年01月12日 (土) | Edit |
今朝もマイナス9℃と冷えたが、さらに濃い霧に包まれていた。
東京ではもう20数日雨が降らず乾燥しているというが、こちらは霧が出るだけ乾燥はしていないのだろう。
朝霧
今日はいつもより30分早く起きた。今日は彩明会の新年の総会の日だ。
新年総会ということでお昼はみんなで仕出し弁当を食べることになっていたので、バアにお弁当を作ってもらわなくても済むが、久し振りにFさんを乗せて、祢津公民館に行って会場作りをしなければならないので、早めに家を出た。
8時半に祢津公民館に着いたが、すでにもっと早く来ていた人たちで会場が作られ暖房で講堂も暖かくなっていた。一
人を除き、他の8人が9時前に揃ったので総会を始めた。
遅れていた一人は、地元のドント焼きの行事に参加していて忘れてしまっていたようで、電話で呼び出して後からやってきた。
年齢的に忘れやすい年になって、みんなが他人ごとではないので、寛容になっている。
今年の年間の事業計画では、案作りに苦労したが話し合いの結果いろいろ意見が出て、写生地は7か所のうち5か所変更になったので、来月までに新しい計画を印刷し直して配ることにした。
来月の会員展の役割分担なども決めて会議は終了した。
その後、30分ほど来月の会員展に出品予定の作品研究会を行った後11時半から食事会をした。
12時ごろには食事も終わったので、ジイともう一人のIさんは佐久近代美術館で行われる授賞式に参加するため中座することになったが、他の会員も片づけをして解散することになった。
授賞式は、主催者の佐久市の市長や教育長、議長なども出席する式典だった。
受賞者は全部で15人だった。そのうち新人賞は4人で、二人は女子高校生だった。
これからの若い人に交じって71のジイが新人賞というのもなんともこそばゆい感じだった。
審査委委員長は元日展審査員の日本画家と審査員は二紀会理事の女流洋画家、東京芸大名誉教授の合計三人だった。
授賞式のあとの審査委員長の受賞作品の鑑賞会での講評では、ジイの絵については3人の委員全員が推挙してくれたという話をしてくれたので、素直に喜ぶことにしよう。
今年の日本水彩東京展に出品する候補作の1点にすることにした。
授賞式 賞状 作品鑑賞会

2019年01月11日 (金) | Edit |
今朝もマイナス10℃まで気温が下がった。
昨日の朝降った雪の残りが、寒さで凍り付いていた。
ただ昨日と違って、朝からずっと晴れ間が続き日中の気温が上がった。
凍り付いた雪
陽が当たっていれば多少の寒さも耐えられるので、午前中1時間ほどリハビリウォーキングに出かけた。
昨日一日休んだのでバアの足も固まっているのではと心配したが大丈夫だった。
大きなリンゴ園の中を歩いた。リンゴがなっている間は歩くと不審がられるが、今は何もない時期なので安心して歩ける。
事務所の駐車場に、ここで働いている隣のMさんの車が止められれていた。
歩いている途中アライグマに似た動物に遭遇した。
家に戻って防寒服を脱いだら背中が汗ばんでいた。
バアと一緒にリハビリウォーキングを始めるまでは、こんな真冬には歩くことはできないだろうと思ってほとんど歩いたことはなかったが、実際に歩いてみると意外とその気になれば歩けることが分かった。
リハビリウォーキング
彩明会の顧問の先生や副会長、Fさんに明日の総会に関連した電話をした。
午後から、会員展の案内状の発送や報道機関への記事掲載依頼のファックス送付などをした。
来月の会員展までにまだ準備することがいろいろあるが、明日の例会の打ち合わせ前に済ませておかなければいけない作業だった。
一通り準備を終えた後バアの髪を切った。
先月頼まれて切ってから間もないが、前回は恐々切ったので、切り方が足りなかったようだ。
ジイの髪はもう40年以上もバアに切ってもらっているので、バアに頼まれれば断るわけにはいかない。
そのうち上手に切れなくて断れるようになるかもしれないが・・・。
2019年01月10日 (木) | Edit |
今朝もマイナス14℃まで下がった。
隣の上田市菅平では国内最低のマイナス23,6℃を記録したらしい。
今季三度目の冷え込みだ。
今までは晴れたことによる地上の放射冷却によるものだったが、今日は朝のうちこそ晴れていたが、雲の流れが早く太陽が雲にかかる割合が多く、風も吹いていて日中も気温が上がらなかった。
さすがに今日は寒さの中リハビリウォーキングに行くことは控えた。
温度計
午前中から午後にかけて、彩明会の総会の資料と、会員展の案内ハガキなどの印刷をした。
明後日の例会に何とか間に合いそうだ。
家の中の温度が、普段は日中20℃以上になるのだが、今日は16℃から変わらなかった。
さすがに16℃では寒く感じるので、こたつに入っていることが多かった。
いつもは寝る前に入れる床下暖房を午後5時を過ぎてスイッチを入れた。
今日で太陽光発電を始めてから63,000kwになり、モニターが記念の花火を打ち上げた。
花火は1,000kwごとに打ち上げられる。
今年中に固定価格買い取り制度も終わるので、そろそろこれからの発電をどのように使うか検討しなければならない。
最近大容量バッテリーを売り込む電話もかかってくるようになった。
どこから調べてくるのかわからないが・・・。
夕方になって雲がなくなり浅間山の空が赤くなった。今夜も冷えそうだ。
発電モニター 浅間山
2019年01月09日 (水) | Edit |
今年二度目の積雪となった。前回と同じように1,2㎝程度だ。
北信では大雪になってしなの鉄道が動けなくなるほどの積雪になったようだが、東信のこの辺ではそれほどの雪は降らない。
9時ごろまで雪が降ったがその後は雪雲が流れ去って青空が出てきた。
道路や駐車場の雪は、竹箒で掃くと軽く飛んでいくので力が要らない。
掃いた後は太陽の光ですぐに融けて消えた。
ため池は全面結氷の上に雪が積もって真っ白になった。
朝の雪 ため池に積もった雪
今年最初のコープ長野の配達があった。雪
で遅れるかと思ったがいつもと変わらない時間にやってきた。
午後から、佐久近代美術館で開催されている「佐久平の美術展」を見に行った。
最初の展示室にジイの絵も展示されていたが、周りの作品も受賞作なので、引き立て役になっていた。
日本水彩上田支部の二人も一緒に受賞していた。二人は何度もこの美術展で受賞している人たちだ。
ジイの絵のところでバアに記念の写真を撮ってもらった。
佐久近代美術館入口 展示室 姨捨の夕陽の前で
美術館を出た後、美術館が建っている公園の中をバアと20分ほど歩いた。
雪が積もっていて風も冷たかったが、思ったほど冷えていなかった。
足を伸ばせば何度か歩いたことのある長野牧場につながっている公園だが、今日は無理をせずにそちらまで行かずに短めに切り上げた。
公園でウォーキング
2019年01月08日 (火) | Edit |
今朝も最低気温はマイナス10℃を越えた。
今日は燃えるごみの日、正月休みにたまったごみと古い絨毯などを入れたごみ袋二袋が重かったので、車でステーションまで運んだ。
車が冷え切って暖房が効いてくる前に家まで往復した。
エアコンの室外機の排水が凍っていた。ため池の氷もだいぶ厚くなっているようだ。
この間まで池のふちにきていたアオサギやシラサギも来なくなった。
エアコンの室外機 ため池の氷
来週バアが娘達と大宮で女子会をすることになったので、新幹線の切符を買いに上田駅まで行った。
今度で2回目で、前回は日帰りしたが、今回は一泊する。食事会だけだはなく、沙織教室なども企画しているようだ。
娘たちがバアの身体だけでなくメンタルな面でもリハビリを考えて企画してくれるのがありがたい。
上田駅までの送り迎えはジイの役目だが、大宮周辺は娘たちが面倒を見てくれるだろう。
新幹線のチケットは「大人の休日倶楽部」の割引で格安になった。
みどりの窓口でチケットを買った後、上田アリオで買物をした。
上田駅を行く途中しなの鉄道の信濃国分寺駅周辺が渋滞していた。
すっかり忘れていたが、今日は毎年1月8日に行われる八日堂縁日の日だった。
普段は歩道を歩く人の姿などほとんど見ないのに、ぞろぞろと大勢の人が行き交っていた。
中には大きなだるまを抱えている人もいた。
帰りは混んでいる国道を避けてバイパスを通って、東御市内のベイシアまで行って追加の買物をしてから家に戻った。
昼食の後、少し風は出てきたが、昨日と違って大気の温度が暖かくなっているので、リハビリウォーキングに出かけることにした。午前中買物している間、バアが股関節に違和感があったというので、歩くのはやめにすることにしていたが、外が思ったより暖かそうなので歩く気になったようだ。
無理をしないで近場だけでも、と思って歩き始めたのだが、身体が温まるにつれて調子が出てきて、結局50分近く歩いた。
家に戻って庭を眺めたら、まだ寒さはこれからだというのに、早くも春に向けて植物はしっかり準備をしているのを発見した。
ジンチョウゲの花芽が赤く伸びてきていた。
早咲きのスイセンも目を出していた。
家の入口のシデコブシの花芽も膨らみ始めた。春は近し、といった感じか?
ジンチョウゲ スイセンの芽 シデコブシ
2019年01月07日 (月) | Edit |
今朝はまたマイナス10℃を越える寒さとなった。
7時の目覚ましで目が覚めたが、暖かい布団から出るのを躊躇していたらまた30分ほど寝入ってしまった。
昨日と違って朝から青空になりお日様が出ていて、10時過ぎには気温が0℃を越えてきたので、リハビリウォーキングに出かけることにした。
あまり風は吹いていなかったが、大気の冷えはまだ残っている感じだった。
それでも風の来ない日向で、お日様に顔が向いている方角を歩いているときは暖かく感じた。
太陽の有難さを肌で感じることができた。
孫たちと2回目のウォーキングで歩いたコースを一望千里まで歩いた後、そのまま家に戻らないでさらに回り道をして歩いた。
出発してから1時間15分で家に戻ってきた。
歩数計を見たら二人とも9,000歩の大台に乗っていた。
時間の割に距離も歩数も増えたということは、かなり脚力が付いたということで喜ばしい兆候だ。
昨日は一日買物に出かけて店内を歩いただけなので、その分を取り返した。
歩いている間、浅間山にはときおり雲がかかっていたが、いつもは浅間山より雲がかかっている率が高い蓼科山が雲一つかかっていなかった。
方角的にはその先は山梨県、静岡県だ。ビーナスラインまで行ったら富士山も見えたことだろう。
今日のリハビリウォーキング 雲一つない蓼科山
原田マハの「モダン」を読了した。
ニューヨーク近代美術館(MOMA)を舞台にしたそこに働く人たちの人間模様と絵画作品との絡みを描いた短編集だ。
原田マハの小説の多くには印象派などの有名な絵画がでてくるので、絵を趣味とする以上そのぐらいの知識はないと、と思いながら読み進める。
わからない絵や画家の名前が出てくると、スマホですぐに調べられるので便利な時代になった。
彼女の本のおかげで、すっかり衰退していた読書力が少し戻ってきた。
2019年01月06日 (日) | Edit |
朝起きた時は晴れて朝日が射していたが、次第に雲が広がってきた。
明け方の気温はマイナス3℃とあまり下がっていなかったが風が冷たいので体感的には寒く感じた。
午前中は気温が氷点下なのでリハビリウォーキングはやめて、立科町のコメリとツルヤに買物に出かけた。
最近コメリが店舗を新築移転して広くなり、品揃えも増えたので、猫ご飯をここで買うようにした。
コメリの買物の後、ツルヤ周辺を歩いてから買物をするつもりだったが、寒いのでツルヤの買物だけで家に戻った。
買物をすることに気が行ってしまって、今日の部分日食のことをすっかり忘れてしまった。
薄曇りでかえって見やすかったかもしれないのに・・・。
また生きているうちに見られるかもしれないのでよしとしよう。
午後になっても一向に気温は上がらず、リハビリウォーキングはやめて、バアはウォーキングマシンで済ませた。
ジイ小屋に猫ご飯を仕舞いに行ったついでに、部屋の掃除をした。
年末年始はずっと絵筆も持たずに過ごしてしまったので、ボチボチ描き始めなければ・・・。
絵筆は持たなかったが、来週の彩明会の総会の資料作りをした。
年間事業計画で4月から11月までの写生に行く場所を考えなければならない。
去年までの7年間の写生場所をリスト化した。
ほぼ行き尽くしてしまった感じなので、1か所ぐらいは新規開拓しようと思っているのだが、画題として魅力的か、落ち着いて描ける場所があるか、近くにトイレがあるかなど、下見なしで決めるには難しさがある。
2019年01月05日 (土) | Edit |
新しい年を迎えてから冷え込みが続いたが、今朝は少し冷え込みが緩んだ。
とはいってもマイナス6℃だが・・・。
晴れていたので、次女家族が使ったシーツや布団カバーを洗って干した。
デッキの物干しの高さがジイの手が届かない高さだったので、干す前に高さを調整して手の届く高さに下げた。
デッキに日よけの屋根を付けてから7,8年は経つのに、それ以来脚立などに乗って干していたが、なんでもっと早く下げておかなかったと悔やんだ。
高さを下げて干してみたら楽にシーツなどを干せた。
民間の会社の創意工夫、改善の意識がジイにもあったら何年も苦労し危ない干し方をしなくて済んだのに・・・。
洗濯、掃除を済ませた後、風が出てこない午前中にリハビリウォーキングに出かけた。
二日間孫たちと一緒に歩いたが、今日はバアと二人だけのいつものウォーキングに戻った。
コースを変えて田楽池からリンゴ園の淵を歩いた。
風もなく寒さはほとんど感じなかった。
1時間で歩いてきたが、手術する前より早く歩き終わった感じがした。
田楽池
午後隣のヤマちゃん夫妻がやってきた。
例年2日にやっている新年会だが、今年は次女家族が来ていたので今日になった。
ともあれ1年間大過なく過ごせたことと、これからの1年お互いに支え合って暮らしていく意思確認の慣例行事だ。
年々体力の衰えを痛感しながらも、まだ4人ともADL(日常生活動作)は自立できているのでそれぞれ今年の目標は健康の維持ということか。
2019年01月04日 (金) | Edit |
次女家族との暮らしも三日目となった。
早く起きてきたムー君、ノム君と一緒に朝ご飯を食べた。二人とも育ち盛りで食欲旺盛だ。
二人の動きを見ていると、そのパワーには圧倒されてしまう。
小6、小2の二人だが、あと数年のうちには見上げるように育ってしまうのだろう。
今日も晴れて風もなかったので午前中リハビリウォーキングに一緒に出かけた。
浅間山が今日もくっきり見えた。
昨日より少し距離のある中八重原の一望千里まで行く1時間のコースを歩いた。
落ちている木の枝を拾って振り回したり、小川の凍った流れに石を投げて氷を壊したり、普段の生活では経験できないワイルドな散歩を楽しんでいるようだった。
浅間山 リハビリウォーキング
帰る前に玄関前で記念写真を撮った。
次女家族と揃って写真を撮るのも、これから先いつできなくなるかわからない。
午後4時過ぎに次女家族も埼玉に帰って行った。
嵐が過ぎ去った後のような感じと、久しぶりの刺激的な暮らしが終わってぽっかり穴が開いたような感じが入り混じっていた。
夜になってブログを書き始めると、家の中の静けさが妙にわびしく感じられた・・・。
次女家族と集合写真

2019年01月03日 (木) | Edit |
昨夜は深夜3時近くまで起きていたので、朝はゆっくり寝ているつもりだったが、孫のムー君、ノム君が7時半過ぎには起きてきたので、ジイやバアも起きた。
二人の孫とゆっくり朝食を食べるつもりだったが、孫たちは朝食を早々に切り上げて、アイパッドやゲーム機で遊びだした。
10時に一緒にリハビリウォーキングに出かけた。大宮で暮らす孫たちには寒すぎると思ったが、元気に走り回りながら40分ほどのウォーキングに付き合ってくれた。
リハビリウォーキング
家に戻ってきた後、孫たちは駐車場で冬休みの宿題の縄跳びをした。
その間に焼き芋、焼きジャガの準備をした。
少し風が強かったが、畑の火燃し場で火を付けた。
先日剪定した柿の枝を燃やそうとしたが、なかなか勢い良く燃えなかった。
しっかりお芋が焼けるまで1時間近くかかってしまった。
サツマイモは、孫たちが芋ほり大会で掘ってきたものだ。
ジャガイモも一緒に持ってきたのでそれも焼いた。
ほくほくしたお芋がおいしかった。
焼き芋① 焼き芋② 焼きいも③
午後の猫たちのおやつの時間になると三々五々猫たちがジイ小屋の前に集まってきた。
猫好きの孫たちが猫を見に行ったが、ミーちゃん以外は警戒して近づこうとすると逃げられてしまった。
ミーちゃんだけは孫たちに抱かれてもじっとしていた。
次女家族の家は今建て替え中だが、新しい家が完成したら猫を飼うつもりだという。
猫好きの遺伝子は間違いなく引き継がれているようだ。
孫とミーちゃん
箱根駅伝は、東海大学が初優勝した。
ジイが神奈川県に住んでいるころ、いつも並み居る強豪校の後塵を拝していたのが東海大学だった印象がある。
今の監督は、東海大学に招聘される前は、長野の佐久長聖高校の駅伝部の監督をしていた。
今の陸上界をけん引する大迫選手などが排出した学校だ。
昨日のブログで密かにそろそろ優勝させたいと思っていた大学だった。
リハビリウォーキングや焼きいもなどでじっくりテレビで見るわけにはいかなかったが・・・。
勝っても負けても心からスポーツに打ち込める平和な環境を壊すような政治だけはストップさせなければいけない。
2019年01月02日 (水) | Edit |
今朝はカーテンを開けたら外は白銀の世界だった。
今季は二度ほど雪が降ったが、積もるような雪にはならなかった。
今回も積雪2㎝ほどで雪かきをするほどでもなかった。
昨日の初日の出は雲一つなかったが、今朝は雲が出ていてそれに日が当たっていた。
雪景色 朝の雲
朝食はおせちはやめていつものサラダとパン、ヨーグルト、目玉焼きに戻した。
朝8時から恒例の箱根駅伝を見始めた。
スタートから埼玉の大東文化大学の選手の転倒があり、見ているのが辛かった。
途中で見るのをやめて、家の掃除をした。
掃除が一段落したあと、リハビリウォーキングに出かけた。
道には雪がまだ残っていた。途中からは車も人も通っていない道になって、初めての踏み跡を残すのが快感になった。
リハビリウォーキング
建設中のワイナリーが外観的には完成していた。
ワイナリー
さすがに風の通り道のところだけは寒く感じたが、それ以外はぬくぬく感じながら歩いた。
1時間ほど歩いて家に戻ってくると、一度はトップにたった青山学院が後方に落ち始めていた。
お昼を食べた後も駅伝を見て過ごした。
昨年と同様往路優勝は東洋大学になったが、青山は去年以上に出遅れてしまった。
明日の復路で挽回するにはきつい時間差だ。
そろそろ優勝は他校に譲ってもいいのではないか、と勝手に思っている。
できればまだ優勝したことがない大学に優勝してもらいたい。
4時に予約しておいたムー君の誕生日ケーキを受け取りに出かけた。
7号の大きさだが、見ると結構大きく見えた。
次女家族は、途中佐久平駅近くのレストランで夕食を食べてから来たので9時に到着した。
今日の主役のムー君は12歳の誕生日だ。今年は中学生になる。
去年のお盆に来た時より背も伸び、声変わりで大人の雰囲気が漂い始めていた。
(写真の正面に移っているのは小2のノム君)
ケーキ① ケーキ②
2019年01月01日 (火) | Edit |
なにはともあれ無事元気に新年を迎えることができた。
7時前に起きて寝室のカーテンを開けると空が明るくなり始めていた。
初日の出を眺めるため2階の和室に上がった。天
文台が発表するこの地域の日の出時間より数分遅れて山の端から太陽が顔を出した。
あたりの景色は霜で白くなっていた。温度計はマイナス13.5℃まで下がっていた。
初日の出 温度計
朝食は昨日バアが準備してくれたおせち料理だ。
お正月ぐらいダイエットを気にせず食べることにしよう。
午前中は恒例の実業団ニューイヤー駅伝を見て過ごした。
平成最後のレースは、旭化成が3連覇で終わった。
判官びいきではないが、最後まで競り合ったチームのほうに勝たせたかったが・・・。
午前中に届いた年賀状の中に、出していなかった人からのものが6人もいたので急いで返事を書いて、お昼を食べた後北御牧郵便局まで出しに行った。
午後ジイがテレビを見ている間にバアがウォーキングに出かけた。
途中で気が付いて後を追ったが姿が見えなかった。電話で場所を確認し、落ち合った。
朝は一番の寒さだったのに、風もほとんどなく寒さは感じなかった。
空気が澄んで浅間連山の山容がすっきりと見えた。
ジイは30分強、バアは1時間の新春初リハビリウォーキングだった。
今朝の冷え込みで家の北側のため池が、昨日まで半分融けていたが、また全面結氷していた。
今年も1年まずは身体のケアを第一に、元気に暮らすことを目標にしよう。
浅間山
2018年12月31日 (月) | Edit |
今朝も東の空が朝焼けで赤くなっていた。
冷え込みは昨日ほどではない感じだ。
今年最後の一日が明けた。
この1年、世界も、日本も、我が家もいろいろなことが起こった。どちらかと言えばいいことよりもよくないことが多かった。
世界的に政治が混とんとし、内戦で多くの人がまた命を失った。
経済的にも富めるものと貧しいものの格差が広がった。
国内の政治も、悪くなるばかりだ。
国民の思いに口先だけ寄り添うようなことをいいながら、やることは国民の思いから遠くなる悪政ばかりだ。
地震、豪雨災害など、自然災害も多かった。
中には人災と言ってもいい災害で亡くなった人もいた。
我が家も2月にバアが腰椎椎間板ヘルニアを発症し、3月に手術をした。2か月近く入院を強いられた。
ジイも8月に右手の親指の腱鞘炎になってから、日常生活に少し支障が出ることがあった。
二人とも肉体的には老化の兆しを否応なく認めなくてはならなくなった。
そんな1年でも生きて過ごせたのは、まだまがりなりにも平和な国であるからだと思う。
1年の締めくくりの朝、少し外の気温が上がってきてから、1階のガラスの窓ふきをした。
3か所も鳥がガラスに激突した跡が付いていた。
窓ふきの後は、1階のトイレ掃除をした。
そろそろトイレも故障しがちになってきている。
手の届かない個所には汚れが溜っていた。
掃除をしている間、バアはおせち料理の準備をしていた。
もうそろそろこういうおせち料理も作るのが大変になってきたね、といいながら大晦日が近づくと材料を買い揃え準備を始める。
何か1年のけじめとしてやらなければ、という感情が残っているのだろう。
これも今年はいろいろ食事作りもままならない時期もあったが、今は台所にまた立てるようになったからこそできることでもある。
お昼には、おせち料理の一つ、なますなどを試食した。
毎年同じ味、おふくろの味だ。子どもの頃から正月にはなます三昧だ。
昼食の後、バアに伸びた髪をバッサリ切ってもらった。
頭が軽くなった感じがした。
外の風は相変わらず強そうだったが、今年最後のリハビリウォーキングに出かけた。
始めは向かい風で足が進まなかったが、西向きにコースが変わってから寒さが感じなくなった。
以前に45分かかっていたコースを歩いて家の近くまで来たらまだ25分しか経っていなかったので、蟹原公民館まで行って戻ってきた。
リハビリウォーキング
リハビリウォーキングから戻った後、畑の平核無柿の剪定をした。
切った枝は正月2日に来る孫たちが焼き芋をしたがっているので、細かく切って燃やしやすいようにした。
ついでに古いベッドの宮の部分を壊して燃やす薪にした。
これで焼き芋ができる準備はできた。雨や雪、風がなければできるだろう。
柿の木
夜になって、年越しそばを二人で食べた。
おせちの煮物も一緒に食べたらお腹がいっぱいになった。
なにはともあれ元気にまたたらしい年を迎えられそうだ。
2018年12月30日 (日) | Edit |
今朝もマイナス9℃まで下がった。
今は日の出が遅いのか7時に起きると、日の出前で東の空が赤く染まっていた。
陽が出る前に急いで2階の和室の窓から写真を撮った。
明後日の元旦も日の出が見られるかわからない・・・。
朝焼け
朝から晴れていたが気温はなかなか上がらなかった。
午前中年内最後の買物に上田アリオまでかけた。
お正月のおせち料理の材料は、コープや今までの買物で少しずつ買い揃えてきていたので、それほど多くの買物にはならなかった。
今やおせち料理もネットでも取り寄せられる時代だが、やはり年末にいろいろ手をかけて作ることに新年を迎える喜びがあるのではないかと思う。
午後になってますます風が強くなってきた感じもするが、家の中でウォーキングマシンで歩くよりは、外を歩くほうが気分が違うので、バッチリ防寒対策をしてリハビリウォーキングに出かけた。
歩き始めはいつも向かい風なので、すぐに追い風の方向に歩く方向を変えた。
いつもと逆のコースで中八重原の一望千里に向かって歩いた。
地形によって風が全くなく、日当たりで暖かく感じる場所もあった。
最後の上り坂はまた向かい風で苦しかったが、1時間を切る時間で家まで戻ってきた。
最近まで1時間15分かかっていたコースだ。
出かけるときは山腹まで見えていた浅間山が雲の完全に隠れていた。
ため池の氷も半分は凍ったままだ。
午後のリハビリウォーキング 浅間山
帰ってきて一休みしてから、栗きんとんを作った。
裏ごししたサツマイモはコープで買ってあった。
それを解凍し、砂糖やミリン、甘露煮の汁などとクチナシを水に溶かして鍋で温めて水分を飛ばしてから、甘栗を入れた。
もう何年もこうして作っているので、30分もかからずに出来上がった。
ブログを書きながら、塩少々を入れるのを忘れたのに気が付いた。まあいいか・・・。
栗きんとん
栗きんとんの後は塩出ししたカズノコの皮をむいた。
さすがに味付けはジイにはできないのでバアにあとでやってもらうことにした。
こんなことをしているといよいよ年の瀬も迫った感じがしてくる。
リビングの窓際に置いてあるカネノナルキが満開になった。
金はならないが、花だけでも観賞しよう。
カネノナルキ
2018年12月29日 (土) | Edit |
今朝もマイナス8℃まで下がっていた。8時の時点でもマイナス5℃だった。
午前中はときおり風花が舞っていた。
冷たい風が吹き続けて、日中も気温が氷点下の真冬日となった。
これも全国的な年末の寒波なので耐えるしかない。
風花が舞う
とてもリハビリウォーキングする天候ではなく、バアは室内のウォーキングマシンで午前、午後各30分ずつ歩いていた。
ジイは、30分だけマシンで歩いただけだったので、5,000歩に届かなかった。
今日はうれしい便りが二つあった。
一つ目は、我が家のイロハモミジの木につがいのシメがやってきたことだ。
ここ数年シメの姿を見るのはまれだった。
猫たちが居ついてからほとんど庭に姿を見せなくなったので、もうこの辺りには警戒して来ないのではと思っていた。
まだ渡ってきて間もなくなのだろう。まずは下見に来たのかもしれない。
シメと時期を同じにしてツグミの姿も見られるようになった。
シメ
二つ目の朗報は、佐久近代美術館からだった。
先日、佐久近代美術館の「佐久の美術展」の公募展に出品したが、その選考結果が郵送されてきた。
入選というだけではなく、新人賞の受賞通知だった。
今回初めて応募した結果が新人賞という結果になって、何となくこそばゆい感じだ。
70過ぎのジイさんが新人賞というのもなんだかなー、という感じだが賞を授けてくれたことを素直に喜ぶことにしよう。
大げさに10年間水彩画を描いてきた集大成のような気持で描いた「姨捨の夕陽」という絵だが、まさか受賞するとは思っていなかった。
今回出品することを勧めてくれた彩明会の会員の人も奨励賞を受賞したとのこと、一緒に受賞できて心強く感じた。
この絵を年賀状の挿絵に使ってよかった。
来月12日に授賞式もあるという。その日は彩明会の総会の日なので、どうしたものか・・・。
額装した絵
2018年12月28日 (金) | Edit |
昨日高速バスを降りて自宅へ向かう車の中から、風花が舞うのがライトに映っていた。
夜中に少し積もっているようにも見えたが、朝起きると吹きだまるところにだけ雪が残っていた。
日中晴れたり曇ったりしていたが、気温は氷点下のままだった。
吹きだまりの雪
午前中昨日のブログを書いてアップした。
夜中まで本を読んでいたので、昨日は書かずに寝てしまった。
昨日は、朝早くから車で出かけ途中高速バスに3時間、都心の電車を乗り継ぎ、豊洲やお台場海浜公園などを歩き回ったが、バアは多少足や腰が痛くなったようだが、何とか無事過ごすことができ、だいぶ自信が付いたようだ。
これなら来年海外旅行にも出かけられそうだ。
かねてから行きたいと思っていた南イタリアに行く決心がついたようだ。
今日は気温が上がらず風もあるので、リハビリウォーキングは休んだ。
昨日たっぷり動き回ったので、休んでみいいだろう。
ジイも、寝不足もあったので、2階のトイレ掃除をしたり、ジャガイモの芽掻きなどをしたぐらいで、あとは一日何もせずに、居眠りなどを時々しながら過ごした。
次女から頼まれていたムー君の誕生日ケーキも電話で注文することができたので、お店まで行かずに済んだ。
去年は暮れの29日に次女家族がやってきた。
その時は次男のノム君の誕生日だったので、ケーキを頼まれて注文しておいた。
今回は、正月の2日の長男のムー君の誕生日にみんなでやって来るので、正月にケーキ屋さんがやっているか心配したが、去年ノム君のケーキを頼んだお店が正月もやっているというので頼むことができた。
新しく開拓し、クリスマスにケーキを買ったお店は正月休みだった。
2018年12月27日 (木) | Edit |
朝いつもより1時間早く起きた。6時ではまだ日の出前なので外は暗かった。
今年最後の用事を済ませるために東京まで出かける。
今月初めの東京行きでは帰りの高速バスの中に財布を落としてきてしまったので、今日は財布をポケットに入れずポシェットに入れて行くことにした。
今回はバアも同行するので、なくさないようしっかりチェックしてくれるだろうが・・・。
佐久インター南のバス停8時10分発なので、7時半前に家を出た。
外は氷点下だがマイナス2℃とそれほど厳しい寒さではなかった。
8時にバス停に着いてバスを待ったが、10分遅れて着いた。
その遅れが池袋到着まで取り戻せず、20分遅れで池袋に着いた。
池袋から新宿に行き、用事を済ませたあと、昼食がまだだったので、豊洲市場の見学を兼ねてお昼を食べに行くことにした。
いろいろ行き方はあるようだが、乗換案内アプリで調べたら、新宿から地下鉄大江戸線で汐留まで行き、そこから「ゆりかもめ」で市場前に行くのが、乗換も少なく簡単そうだったのでそれで行くことにした。
ユリカモメに乗るのはジイは初めて、バアも二度目だった。
汐留駅での乗り換えは、地下最深部から地上の高架までエスカレータや階段、エレベーターを乗り継いだ。
階段を使わない移動手段を探すのは結構大変で、車椅子の人や足の不自由な人がいかに苦労しているか身を持って体験した。
豊洲市場には1時半過ぎに到着し、まずは腹ごしらえと思って下調べしたお寿司屋さんに行ったら、行列ができていた。
他にもお店はあったが大なり小なり行列ができているので、最初のお店と決めて並んだ。
結局30分ならんでようやくカウンター席、それも入口に一番近いところになった。
せっかく遠くから食べに来たのだからと、年金生活者にはそぐわないちょっと高めのお寿司を頼んで食べた。
やはり普段スーパーで売っているような寿司ネタとは違う味に満足した。
ただ、並んでいる人たちからは丸見えの場所なので、食べていても落ち着かなくて、ゆっくり味わえなかったのが心残りだ。
食事の後は、マグロなどのセリが行われる建物の見学などをした。
広すぎてほかの野菜などの市場までは回り切れなかった。
豊洲市場 すし店 お寿司 マグロのセリ場
帰りに、これも行ったことのないお台場海浜公園でゆりかもめを途中下車した。
駅から砂浜のある海辺までいくつもの階段を降りなければならず、さすがにバアの足や腰も悲鳴を上げ始めた。
砂浜を少し歩いた後しばらくベンチで休んだ。
観光客の大半は外国人だった。テレビ中継でよく見る景色が眼前に広がっていた。
レインボーブリッジの中をゆりかもめが走っていることも今日初めて乗ってわかった。
台場海浜公園
再びゆりかもめに乗って終点の新橋まで行き、新橋から山手線で池袋まで行った。
バスの出発まで1時間近く時間があったので、近くの喫茶店で休んだ。
持って行った原田マハ著「キネマの神様」を読み始めた。
帰りの高速バスの中でも読み続けた。
バスは都内が混んでいたので30分遅れで佐久南インターに着いた。
家には9時45分に帰ってきた。
一息入れてから読みかけの本を最後まで読んでいたら、夜中の12時半になってしまった。
近頃は、文庫本1冊を一気に読み通すような読書力はなくなってしまったと思っていたが、面白い本なら読み切れることが分かった。
さすがにそれからブログを書く元気はなかったが・・・。
2018年12月26日 (水) | Edit |
朝は薄曇り、気温は昨日ほどは冷え込まずマイナス6℃までだった。
午前中郵便局に年賀状を出しに行った。これで元旦には届くだろう。
郵便局まで来たついでに、通帳に貼ってある陰影をなくす手続きやATMからの送金の限度額の設定のし直しなどの手続きをした。
バアの通帳については、本人が来なければできない手続きもあり、一度家まで戻ってバアと一緒に出直した。
簡単に済ませるつもりだったが、振り込め詐欺が横行する時代になり、手続きが複雑になっていた。
家に戻って浴室の大掃除を始めたが、始めて間もなくコープの宅配が来たので中断した。
昼食を食べたあと、少し風が出てきたようだったので、早めにリハビリウォーキングに出かけることにした。
歩き始めると、見た目ほど寒くはなく、風がないところもあって、楽に歩くことができた。
30分ほどで切り上げるつもりだったが、結局1時間歩いてきた。
昨日全面結氷したため池の氷も半分融けていた。
午後のウォーキング 半分融けたため池
その後浴室の掃除の続きをしたので、終わって一息付けたのは4時過ぎだった。
右手の腱鞘炎になって以来簡単な清掃しかしていなかったので、手の届かない個所の汚れがひどかった。
カビの生えやすい場所なので、手を抜くと途端に汚れが溜る。
大変な思いをするといつも、この次はあまり間隔を開けずに掃除をしようと思うのだが・・・。
何事にも通じることだが、こんな反省ばかりで70年余も生きてきてしまった。
2018年12月25日 (火) | Edit |
今朝は今季2度目の氷点下10℃超えになった。ため池も全面結氷していた。
温度計 全面結氷したため池
午前中上田に買物に出かけた。
クリスマスにかこつけてケーキ屋さんに行ってケーキを買ってきた。
先日の上田アリオの中のフジヤでは通り過ぎたのだが・・・。
やはりいくつになっても甘いもの好きは変わらないようだ。
おかげさまで糖分を控えなければならない病気とは無縁だ。
買ってきたケーキ
午後になって少し気温も上がってきたようなので、リハビリウォーキングに出かけた。
ため池の氷が半分融けていた。
歩いている途中で、去年上八重原の区長をしていた人とすれ違った。
ジイより6歳年上のようだが、いまだにランニングをしている。
今日も、元日マラソンに参加するためのトレーニングで走っているとのことだった。
定年後にUターンしてきた人で、ジイとは越してきたころに北御牧公民館の生涯学習の写真の講座で一緒に1年間受講して知り合った。
同じ町内会では数少ない知り合いの一人だ。
午後のリハビリウォーキング
リハビリウォーキングから戻った後、年賀状を仕上げた。
昨夜、デザインやメッセージを考えて試作まで終えていたが、夜も遅くなってしまったので年賀状の印刷は今日に延ばしていた。
宛名書きも郵便局のソフトを使ったので、夕食前には全部仕上がった。
一言書き加えて出すつもりだったが、メッセージに書いたもので十分だろうと思い、何も書き加えないで出すことにした。
出来上がった年賀状
数年前に上尾の友人からいただいたロウバイが今年初めて花を咲かせた。
去年、花芽が3個できたが咲かずに落ちってしまった。
今年はたくさん花芽が付いたので咲くのを楽しみに待っていた。
ようやく一輪だけだが蕾が膨らみ花びらが半分開いた。
ロウバイ ロウバイの開花
2018年12月24日 (月) | Edit |
今朝は温度計はマイナス1℃程度だったが、風が冷たくてもっと寒く感じた。
晴れているのに気温が全然上がっていかなかった。
陽射しがあるので、昨日届いたソーラーセンサーライトの取り付けをした。
いままで付けていたセンサーライトが点かなくなったので取り外した。
電球が切れているのか別の電源で試したらちゃんと点灯した。
デッキの下を這わせて延ばした配線のどこかで断線しているのかもしれない。
まだ使えることが分かったのでそれはジイ小屋の入口に取り付けることにした。
デッキの屋根の支柱2本にソーラセンサーライトを取り付けた。
あるアルミ製の支柱なのでネジ釘で付けるわけにはいかないので両面テープと園芸用のビニール針金を使った。
まだ実際に点灯するか充電できていないので確かめられなかった。
作業しているだけで顔や手が冷たく冷え切った。
取り付けたソーラーセンサーライト
午前中は晴れていても気温が上がらないのでリハビリウォーキングをするのは諦めた。
午後になっても気温が3℃までしか上がらなかったが、完全防備をして歩くことにした。
30分ぐらいをめどに歩き始めたが、歩いてみるとそれほど寒く感じなかったので、少し歩く距離を伸ばした。
家に戻るまでの45分間1台も車とすれ違わなかったが、3人組の女性ウォーカーとすれ違った。
おしゃべりしながらのんびり歩いていた。
浅間連山は雪が降ったらしく中腹まで白くなっていた。
浅間山の隣に見える黒斑岳までこれほど白くなるのは珍しい。
午後のリハビリウォーキング 雪が降った浅間山
わが家に戻った後、2000年から撮りためてきた画像などパソコンやCDに保存してあったデータを、外付けのハードディスクにコピーした。
今使っているパソコンは、CDディスクの読み取りができないので、古いノートパソコンを使ってやったせいもあるのか、データをコピーするのにサクサクとはいかなかった。
データが壊れて読み取れなくなった画像もあった。
将来誰も見ることもなくハードディスクごと捨てられる運命になる可能性大なので、無駄なことをしているようにも思えるが、生きた痕跡でもあるので整理して保存だけはしておこう。
夜になってソーラセンサーライトが点灯するか確認した。無事点灯した。
これで夜でも安心して家とジイ小屋を往復できる。
センサーライト点灯
2018年12月23日 (日) | Edit |
天気予報で午後3時ごろから雨となっていたので、午前中にリハビリウォーキングをする予定にしていた。
朝7に起きた時は、デッキの温度計が5℃になっていた。
最低気温も3℃とこの時期としては考えられないような高い気温だ。
朝のうち陽が射していたが、ウォーキングに出かけるころには完全な曇りで、雨をもたらす黒い雲も遠くに見えていた。
9時20分過ぎ、出かける前に念のため折り畳み傘を持って出た。
最初に、今年の区の役員の農事部長の家を目指して行った。
組長の最後の仕事として、農家の来年の種もみや農業資材の予約票の取りまとめがあり、昨日から明日のまでの3日間のうちに農事部長が予約票を取りに来ることになっていた。
昨日と今日の朝まで待っていたが来なかったので届けに行くことにした。
いつ来るかわからない、というのは結構待っているのが大変だ。
家を留守にすることもできないし、朝早く来られるのも困る。以前に7時前に来られたこともあった。
届けに行く途中でポツポツと雨が落ちてきた。折り畳み傘を持って出て正解だった。
同じ町内会でも農事部長の家まで行くのに歩いて30分かかった。
家に戻るまでにまた雨が止んで陽も射してきた。
帰りはコースを変えて家に戻ったら1時間10分が経過していた。
家に帰って間もなく、雨がまた降ってきた。
朝のリハビリウォーキング
昨日の午後ネットでアマゾンに4テラバイトのハードディスクと、ソーラーセンサーライトの注文をしたら、昨夜8時過ぎにクロネコヤマトからのメールがあり、今日には早くも配達できる、ということだったので、午後配達してもらうよう依頼しておいた。
雨が降ってくる前に、午前中歩く予定をしていたからだ。
それにしても、アマゾンやクロネコヤマトの物流システムのスピード力、正確さには感心してしまった。
午後3時ごろ配達されてきた。
早速ハードディスクに、去年撮りためた画像などをコピーした。
今はMicrosoftのワンドライブというクラウドに保存しているが、来年3月には無料期間が終了するので大事なデータは少しずつハードディスクに移していくつもりだ。
ソーラセンサーライトは4個入りだったので、ジイ小屋まで行く間の通路に取り付けるつもりだが、雨が降っていたので明日取り付けることにした。
明かりは、太陽光で充電したあと暗くなるまでちゃんと点灯するか試さなければならない。
ハードディスク ソーラセンサーライト
2018年12月22日 (土) | Edit |
朝から一日曇り空、夕方には晴れる予報だったがそれもなかった。
気温は0℃までしか下がらなかったのでそれほど寒くはないのだが、曇っているせいか歩く気にならなかった。
午前中、上田アリオまで買物に行った。
新聞やペットボトル、缶などリサイクル品が貯まっていたので運んだ。
店内は特に割引のある日でもないのにお客さんで混んでいた。
思えば年末の3連休の初日だ。ボーナスも出てお店のかき入れ時だ。
ケーキ屋さんの前に行列ができていた。早くもクリスマスケーキを買いに来ているようだ。
そんな行列を横目に見ながら、普段の食材だけ買って帰った。
帰りに、ガソリンスタンドで給油した。昨日からメールで2円引きのセールが始まっている通知があったので、満タンにして年が越せるように給油しに行った。
単価が143円だった。前回入れた時は149円だったからだいぶ下がってきたようだ。
午前中に買物を済ませて家に戻った。
午後も曇りが続いたので、リハビリウォーキングはお休みした。
昨日はたくさん歩いたし、たまの休みもいいだろう。
夕方から、年賀状作りの構想を練った。
水彩画を始めてから、毎年自分の描いた絵の中から自分のお気に入りの絵を年賀状に載せている。
何にするか迷ったが、最新の作である姨捨の夕陽の絵を使うことにした。
現物は佐久近代美術館に出品してしまっているので、額装する前に撮ってあった写真を使うことにした。
絵は決まったがどんな文面にするか考えているうちに夜が更けてしまった。
2018年12月21日 (金) | Edit |
今朝もマイナス4℃まで下がった。霜が降りて周りの畑が白くなっていた。
今日は朝からどんより曇っていた。
午前中庭のハナモモの枝の剪定の続きをした。
一昨日は手の届く範囲の剪定だったので、高いところの枝がまだ残っていた。
右手を痛めて以来使ってなかった園芸用三脚を出してきて、それに乗って剪定をした。
この三脚はジイ小屋の裏の壁に立てかけているが、それを針金で固定しようとしてペンチで針金を曲げた時に腱鞘炎を起こしてしまったいわくつきの三脚だ。
剪定ハサミや高枝切り、ノコギリなどを使ってバッサリ切り落とした。
手に痛みはだいぶ和らいできている。
風がないので一昨日剪定した枝と合わせて畑で燃やした。
剪定したハナモモ
午前中雲に覆われていた空が次第に晴れ渡ってすっかり青空になったので、午後からリハビリウォーキングに出かけた。
ため池の水が鏡になって周囲の木から浅間連山まで映し出していた。
行けに映る浅間山 午後のリハビリウォーキング
風もなくポカポカ陽気なので、明神池まで歩いた。
明神池も無風状態で鏡になって松林を映し出していた。
明神池を一周した後諏訪神社の階段を登る練習をした。
手すりもないし、高さも不均一で、傾きも不規則な階段で登りづらいが、以前に比べたら格段の力強さで登っていた。
明神池までの最短コースを往復したが、1時間45分、12,000歩のウォーキングとなった。
鏡のような明神池 諏訪神社の階段
夕方になっても無風状態が続き、赤く染まり始めた浅間山がまだため池に映っていた。
夕方の浅間山
2018年12月20日 (木) | Edit |
今朝の気温はマイナス3℃、空は曇って薄暗かった。
起きた後から次第に霧が出てきた。
7時過ぎから近くでトラクターの音が聞こえてきたので、外に出てみたら西側の畑を耕していた。
お米の収穫が終わると農業も一段落かと思うがどっこいまだたくさんやることがあるようだ。
朝の霧 霧の中のトラクター
朝食の片付けが終わった後、ジイもIHクッキングヒーターやレンジフードの大掃除をすることにした。
年末の大掃除のスタートだ。今週中は平年より気温が高い日が続きそうなので、少し早めに始めることにした。
換気扇のしつこい油は洗剤とブラシではなかなか落ちなかったので、外に出て高圧洗浄機で洗ってみたが油はやはり落ちなかった。ス
チーム洗浄と同じ効果を期待したが無理だった。
まだ右手の腱鞘炎が完治していないので長い時間はできない。
キッチン周りの掃除だけで終わりにした。
換気扇の洗浄
午後になって、晴れ上がって気温も上がってきたのでリハビリウォーキングに出かけた。
家を出た時には風が強くて困ったなと思ったが、地形や方角によって風を感じない場所もあって、歩きも軽くなった。
中八重原の一望千里のモニュメントのあるところまで行ってきた。
2か月前ごろまでは1時間10分ほどかかっていたコースだが、今日はちょうど1時間で戻ってきた。
アップダウンの多いコースだが、舗装された道なので、こういう道ならバアも手術前の歩きと変わらなくなっている。
あとは階段の上り下りなど膝を曲げた時に支えられる筋力がつけば元に戻ったと言えるだろう。
浅間山の山腹まで雪が降った跡が残っていた。
午後のリハビリウォーキング 浅間山
夕方ジイ小屋で、次の50号の絵のために画用紙をパネルに張り付けた。
今年の東京展以降大きな絵は2枚しか描けなかった。
ただやみくもに描く枚数を増やせばいいというものでもないが、質も量も来年は今まで以上に増やしたい。
50号の画用紙
2018年12月19日 (水) | Edit |
少し寒気が戻ってきてマイナス5℃まで下がった。
晴れているが風が少しあって寒そうなので、午前のリハビリウォーキングは見合わせた。
庭木の剪定をした。2本のハナモモは、春に白い花を咲かせてくれる、庭の中心というべき木だ。
以前住んでいた上尾の家の庭に咲いていた木のヒコバエを運んできたものだ。
2本とも樹勢が良くてこの16年で大きく育った。
毎年かなりの枝を剪定しているが、一回り大きくなっている。
ヤマボウシの枝を剪定したところでお昼になったので終わりにした。
午後になってさらに風が強くなってきた気がするが、晴れているのでリハビリウォーキングに出かけた。
歩き始めは北から吹いてくる風が向かい風で上り坂だったので少し大変だったが、歩く方角が変わり、風が来ない場所もあって歩くのが楽になった。
1時間弱歩いて家に戻った。
ジイは午前中庭を歩き回った後なので9,000歩台に達していたが、バアは目標の6,000歩にわずかに届かなかった。
家に戻った後、家の階段を上り下りして目標を達成させていた。
午後のリハビリウォーキング