FC2ブログ
2022年06月29日 (水) | Edit |
二日間の東京で身体が疲れ切っていたのか、昨夜は12時前に就寝して今朝7時まで一度も起きずに目覚ましで起こされた。
ジイにとっては多い睡眠時間だが、まだ寝足りない感じで起きた。
起きて窓を開けると涼しい風が入ってきた。
日中は東京並みに猛暑日に近い温度となるが、朝晩は30℃以下になるのでそこが都心と信州の違いだろう。
午前中、畑のポット苗が心配で畑に行ってみると、まだ完全に乾き切っていなくて、野菜や花のポット苗は無事だった。す
ぐに水を足した。そろそろ畑やプランターに植え換えたほうがよさそうだ。
玄関前に置いてあるプランターのうち、ビオラなどが水不足で枯れ死寸前になっていた。
昨日の夜水やりをしたが手遅れになったかもしれない。
そろそろ寿命でもあるが、肥料を撒いて水やりをした。
水不足で枯れ始めたプランター
ペチュニアのポット苗が育ってくるので入れ替えようか・・・。
畑の雑草も伸び放題で何とかしなければいけないのだが、暑過ぎて畑仕事どころではない。
午前中から午後にかけて、東京に出かけていた2日分のブログを書いてアップした。
午前中のうちに気温は軽く30℃越えをして、とてもリハビリウォーキングに出かける雰囲気ではなく、東京で二日とも1万歩以上歩いたので、今日は休むことに決めた。
午後4時のデッキの温度計は、ついに35℃になった。
西日が当たっているので、気象庁の観測所とは違う結果だが、
我が家のデッキ上では間違いなく猛暑日になった。
22jun29ondokei.jpg
2022年06月28日 (火) | Edit |
昨日は日本水彩展や都心の街中歩きで疲れたのか、11時前には就寝し、ぐっすり眠れた。
前回新宿のホテルに泊まった時は、線路際に建っているホテルで、朝早くから電車の音で目を覚ますことがあったが、今度のホテルは今年4月オープンのホテルで設備も新しくアメニティも行き届いていて、ゆっくりできた。
7時に起き、着替えて近くのモーニングをやっていそうなところ探したが、適当なところが見つからず、コンビニで買ったものをホテルに持ち帰って部屋で食べた。
9時半にチェックアウトし、地下鉄を使って築地まで行った。
最初に築地本願寺を見学した。
この建物は普通のお寺とは全く違う建築様式なので、築地に行ったことがる人なら大抵目にしていることだろう。
お寺には縁がないジイとバアなので、築地には何度も行ったことがあるが、遠目に眺めるだけで一度も境内に足を踏み入れたことがなかったが、特に信者でもなく、縁もゆかりもない人でも自由に見学ができる、と聞いたので今日は中に入ってみることにした。
すでに炎天下で外気温は真夏並みになっていたが、広い堂内は涼しくなっていた。
武蔵野大学付属の高校生の行事が行われていたので、控えめに見学した。式典の中でパイプオルガンが演奏されていた。
メロディーやハーモニーはまるで讃美歌のようだった。
パイプオルガンイコール教会音楽という先入観のせいかもしれないが・・・。
築地本願寺
建物の外観ももっと見学したかったが、陽射しが強すぎてゆっくり見て回ることもできないので、早々にお寺を後にして、佃島に向かった。
佃島は、徳川家康が大阪の住吉神社の関係者を呼び寄せて住まわせたと言われている。
その際に職人たちも一緒に移住して当時の佃煮の技術を生かした産業を興したと言われている。
築地本願寺から佃大橋を渡ってすぐ、と地図にあったが、実際に炎天下を歩いてみると、30分以上かかった。
途中何度も給水した。
途中の佃大橋からの眺め。
佃橋からの眺め
はじめに江戸時代から営む佃煮のお店でお土産に佃煮を買った。
こじんまりしたお店で、周りにも本家とか元祖とかを看板に掲げているお店もあったが、ネットで調べてあたりを付けておいたお店にだけ行った。
店主との話ですぐ近くにある住吉神社を教えてもらったので、そこまで歩いた。
昭和の時代を代表する舗装路地のある住宅がひしめき合った場所もあれば、その先には高層マンションも建ち並んでいて400年ほどの歴史が景色の中に詰め込まれているような感じがした。
木陰で絵を描いている人もいた。
住吉
以前にもんじゃ焼きを食べに行ったことのある月島まで歩き、そこから都バスに乗って東京駅まで戻った。
バスは八重洲口に着いたので、八重洲の地下道で丸の内口まで行こうとしたが、どうして連絡道が見つからず地上に出たら、消防車やパトカー、見物人がたくさん出ていた。
ビルの中程でガラス磨きのゴンドラが止まり、そこにはしご車が伸びて行くところだった。
あとのニュースで知ったが、ゴンドラが故障して救助されたらしい。
作業員の一人は熱中症で病院に運ばれたらしい。
やっと丸の内口まで遠回りをしてたどり着いたが、お昼は迷った挙げ句、結局新しくできたヤエチカの一角で冷たいさぬきうどんを食べた。
このまま家に帰るにはまだ早過ぎるので、水族館で涼んで行こうと思いつき、葛西臨海水族園に行くことにした。京葉線で行けば15分で行ける、はずだったが、東京駅の京葉線は地図上では改札まで600mと書いてあったが、それ以上ジイとバアの足では20分位かかったと思う。
やっとの思いで電車に乗ることができた。
葛西臨海公園駅で降りてから水族園までまた炎天下の歩き、さらにチケット購入してから建物までさらに数分歩き、館内に入ったら座って一息つかなければならなかった。
ただ大きな水槽をグルグル泳ぎ回るマグロやカツオなどを眺め、小さめの水槽に色とりどりの魚を眺めて疲れを癒された。
とても水彩画では表現できない原色の色や模様には驚かされた。
小さな子どもだけではなくジイやバアと同じような年ごろの人まで、きれいな魚の前で歓声を上げる姿はとても微笑ましかった。
今のウクライナの戦況を一瞬忘れてしまうような世界だった。
魚 イソギンチャク
最後に屋外のペンギンたちの給餌イベントの終わりを見て見学を終了、熱くなった体を冷やすべくレストランでかき氷を食べた。
こちらも人工的な着色料たっぷりの鮮やかな色のかき氷だった。
かき氷
東京駅まで戻り新幹線に乗ろうとしたが、目の前でドアが閉まってしまったので、帰りの新幹線は5時半の出発となった。
入線まちの先頭に並んだので、自由席は安心して座れたが・・・。
7時過ぎに無事帰宅した。
2022年06月27日 (月) | Edit |
朝6時起床。いつもより1時間早く起きて、いつものルーチンで朝食の準備をしてそして食べた。
いつもと違うのは、コーヒーの量を減らしお替りなしの1杯にしたぐらいか。
7時15分に家を出て上田駅に向かった。
普段なら20分程度で到着するが、通勤ラッシュで上田駅前の有料駐車場に着いたのは7時50分だった。
新幹線の時刻は7時56分だったので、ピッタリの時間だったが、ぎりぎりの時間を嫌がるバアには怒られた。
上野駅では、9時14分に着いたが、新しくできた公園口の改札までが遠くて時間がかかった。
改札の前の見つけやすいコインロッカーにジイの荷物を預けた。
日本水彩展の会場の東京都美術館に着いたのは開館時間の9時30分を過ぎていた。
駅から美術館の間は日陰が少なく、歩くだけで汗びっしょりになった。
上野公園
まだ開館して間もないので、混んでくる前に自分の絵が展示されている22号室に向かった。
絵の前で記念撮影した。
展示室が全部で27室と、今までより少なくなったので、展示の仕方が全部大小関係なく2段となり、壁の下側に集中していた。
上に展示されている作品は、額の表面のアクリル板に照明が反射して見えにくかった。
ジイの絵は上だったので、記念写真で撮っても作品が半分しか写っていない・・・。
来年度は改善が必要だ。
日本水彩展 絵の前で
最初の入口で、上田支部の人たちの作品の展示場所も確認しておいたので、最初の入口に戻って順番に見て回った。
海外旅行で一緒だった都内の人の絵も隣の部屋に展示されているのを発見、今年の年賀状に一緒に入選を果たしましょう、と書き送りそれが現実となって嬉しい気持ちになった。
浜松のYさんの作品も見せてもらった。
南信州の盆踊りの多数の人物を、一人ひとり丁寧に描き込んでいた。
ジイにはここまで人物をしっかりと描き込む力量はない。
この中にひょっとしたら自画像も埋め込んでいるかも・・・。
見終わったら12時近くになっていた。
上野から新宿に移動し、新宿で遅い昼食をとった。
オフィス街なので昼休み時間は混み合っているようので、時間をずらして正解だった。
昼食
午後2時から用事があるバアと別れ、同じビルにあるスタバでバアの用事が済むのを待った。
今までは新宿三丁目の世界堂に行って画材などを買いに行っていたが、暑さでとてもそこまで行く気がしなかった。
バアと合流したあと、予約してあった高田馬場のホテルに行ってチェックインした。
高田馬場駅周辺は学生時代は何度も行ったことがるが、それから50年余、すっかり変わってどこがどうやら浦島太郎の感じだ。
スッカリじいさんなってしまった・・・。
ホテルしばらく休んでから夕食を食べに行った。
ホテルのすぐ隣のビルにあるキリンシティでささやかにビールとカクテルで入選を祝って乾杯・・・。
夕食
今日で関東甲信越は梅雨明けとなった。
東京は今日も猛暑日で6月中の連続3日の猛暑日は観測史上初めてとか、明日も猛暑日確実とか、気象予報士が言っている。
2022年06月26日 (日) | Edit |
今日も朝食の後の一段落を終えた後、リハビリウォーキングに出ようとしたが、急に思い立って、新しい車の試運転も兼ねて、湯の丸高原に行くことにした。
家から見える湯の丸方面は、昨日と違って山頂付近は雲に隠れていた。
今ちょうどつつじ祭りも行われている。
目的地にはナビがなくても行けるが、使い慣れないナビを使いこなすためにも、目的地に湯の丸スキー場を設定して出かけた。
途中の案内音声の音量が大き過ぎたが、到着するまで変え方がわからないので、うるさい音を我慢しながら走った。
日曜日で、地蔵峠の駐車場は満車だったので、通り過ぎて群馬県側にできた新しい駐車場に車を停めて、近くの斜面に咲いているレンゲツツジを鑑賞した。
ここはちょこっと通りすがりに、立ち寄る人がいるだけで観光客はほとんどいなかった。
もう一度地蔵峠に戻り、相変わらず駐車場は満車状態だったので、ジイが冬によく滑っていた第6ゲレンデのほうならたっぷり広い駐車場があるので、そちらのほうに向かったら、もっと手前に空いているところがあったので、そこに停めた。
この時期、レンゲツツジを見に来る観光客のためにリフトが動いている。
今までスキーの時以外このリフトに乗ったことはない。
山に来て、歩かずにリフトに乗るなんて邪道だ、と思ってリフトに乗る人を少しバカにしていたが、今日は進んでリフト券売り場に並んだ。
それも往復のリフト券を買って乗り込んだ。
二人乗りのリフトに乗るときは係員が3人がかりで世話を焼いてくれた。
余程危なっかしく見えたようだ。
ツツジ平から鐘のある分岐まで歩いて戻った。
レンゲツツジは満開だったが、他にもサラサドウダンやイワカガミも見つけて感激した。
ツツジ平① ツツジ平② サラサドウダン イワカガミ
帰りのリフトに乗るころには12時を過ぎていて、お腹がすいてグーグーとお腹が鳴っていた。
リフト
佐久で買物をしたいとバアが言うので、帰りは佐久まで行き、遅い昼食をカツヤで食べた後買物をし、家には3時過ぎに戻った。
湯の丸高原では涼しいくらいだったが、下界は今日も猛暑日に達したようで、家に帰ると家の中はむっとする暑さだった。
窓を開け放すと、風が入ってきてままなく過ごしやすい温度まで下がった。
2022年06月25日 (土) | Edit |
昨夜は11時半に就寝し、今朝は7時まで一度も目を覚ますことなく眠れたので、頭スッキリで朝を迎えることができた。
起きてからのルーティンを済ませた後、9時からリハビリウォーキングに出かけた。
久し振りに、空は抜けるような青空が広がっていた。
リハビリウォーキング
歩きながらの景色は、いつもは成長する水田の稲や、畑に撒かれた大豆の芽が伸びる様子に目が奪われているが、今日は空に浮かぶ雲の形に目を奪われた。
南の空に、オタマジャクシのような雲が浮かんでいた。
西の空には、イルカのような形の雲があった。
数分のうちにどんどん形を変えてしまうが・・・。
オタマジャクシの雲 イルカの雲
坂を登り詰めたところで、折り畳み椅子を出して休憩した。
さっきまでオタマジャクシのように見えた雲は、宇宙飛行士のように見えた。
休憩
気温は高くなっていたが、風があったので歩きづらいとは思わず、フルコースを歩いて1時間強で家に戻った。
スカシユリが開花していた。
スカシユリ
帰った後は、掃除をする前に、コタツの掛布団を片付けた。
まだ梅雨明け宣言は出ていないが、こんな暑さが続くならコタツを使うことはないだろう。
午後2時を過ぎるころには、デッキの温度計が32.5℃まで上がった。
長野市では36℃の猛暑日を記録したようだ。
全国的にも猛暑日になったようで、群馬県伊勢崎市では40.2℃に達した。
温度計
午後3時過ぎに新しい車が納車された。
新古車だが、まだ新車の臭いは残っていた。
カーナビは、スマホと連動して電話も送受信できるものだった。
早速、納車してくれた営業の人に設定してもらい通話してみた。
ブルーツゥースで繋がり、補聴器にも繋がるので相手の音声はしっかり聞き取れた。
こちらの声もハンドルの近くにマイクが付いているので相手に聞こえていることが確認できた。
ほぼ新しい車には満足できたのが、車のキーが1個しかなくスペアキーが付いていないのには参った。
最近のキーはスマートキーといって所持していればタッチセンサーでドアの施解錠ができたり、ボタンでエンジンスタートできる分スペアキーを作るのは値段が高い。
さてどうしよう?
早速ルーフキャリアを取り付けた。
7月1日には、東京都美術館から作品が戻ってくるので、また積み込みをして運ばなければならない。
新車 ルーフキャリア
2022年06月24日 (金) | Edit |
昨夜入浴前に補聴器を外して充電器にセットしたが、右耳用の補聴器が充電できなくなった。
充電器に問題があるのか、補聴器本体に問題があるのかわからない。
今朝から、購入したメガネ店に持ち込むことばかりで頭がいっぱいになった。
とりあえず今日は午前中、予定していた上田駅のみどりの窓口に行って、東京行きの切符を購入すること、下取りに出すフィットの給油をすること、ガソリンスタンドに隣接する上田イオンで買い物をすることを全部済ませたうえで、小諸の眼鏡屋さんに行った。
出かける前と出かけている途中で、明日の午後新古車が納車されること、保険屋さんからは明日納車で任意保険料が1,800円還付されることなどの連絡を受けた。
眼鏡屋さんで補聴器を診てもらうと、トラブルの原因はわからないが、何らかの理由で補聴器がセーブモードになっていて、それを解除することによって、充電ができるようになった。
重大なトラブルではなく、メーカーに送って修理をするというような事態にならずにホッとした。
家に帰って充電したあと、無事使えるようになった。
夜になって再充電するときに問題なく充電のセットができた。
補聴器
車のほうは、いまだにバアは騙されているのではないかと心配しているが、明日の午後にはそれも杞憂に終わるだろう。
もうこの年になると、新しい車が来るというので、ワクワクしながら待つ、という気分は湧いてこないが、これからは安全運転補助機能が付いているので、池袋の暴走事故のような危険性からは回避できるようになる、と期待はしている。
これでバアにも積極的に運転をするよう勧められる。
任意保険料が、戻ってくるというのは意外だった。
午後3時に接骨院に行って施術を受けた。
暑いのでクーラーを点けてもらった。
今日は午前中から気温が上がって、真夏日の30℃越えになった。
接骨院から戻って、夕方涼しくなったら歩くつもりだったが、午前中の買物などで5,000歩台になっていたので、リハビリウォーキングは休むことにした。
午後6時過ぎになってようやく涼しい風に変わった。
早生種のブルーベリーの実が色づき始めた。
ブルーベリー
日中は窓を開けて風が入るようにしたが、熱風が入ってくる感じだった。
床下に仕舞っていた扇風機を出した。
扇風機
一昨日届いたロール紙をジイ小屋に運び、来年に向けてどんな絵を描くか、構想を練った。
今回入選した大王わさび農場は、冬の風景だが、新緑の水車小屋を今度は描いてみようか・・・。
ロール紙
夏至を過ぎて日没は7時を過ぎる用になった。
梅雨だというのに、真夏の空のようだった。
夕暮れ
2022年06月23日 (木) | Edit |
朝からむしむしする典型的な梅雨の気候。
夜中にも雨が降ったのか、デッキも水溜りができていた。
次第に雲が取れて青空が顔を出すと、気温が急上昇した。
上田市役所に電話をしたり、バアの髪を切ったりしていたら、リハビリウォーキングに出かける時間が10時半になってしまった。
今日は風も弱く、太陽を遮る雲もなかったので、昨日と比べて滅茶苦茶暑く感じた。
途中で2回休憩と給水を摂った。
そんな中、ランニングしている女性とすれ違った。
上八重原で見かけるのは初めてではない、3度目ぐらいか?
この辺りで見かける若い人は、ほとんど上八重原にある二つの農業生産法人で働いている人たちだ。
今は毎日のように水田の周りの土手や畔の草刈りをしている姿が見られる。
リハビリウォーキング
1時間歩いて家に戻った後は、お昼まで一休みで、氷で冷やしたお茶をがぶがぶ飲んだ。
午後1時前に家を出て、東御市役所の駐車場で上田支部の支部長、副支部長と待ち合わせした。
1時20分の集合をお願いしたが、二人とも早めに来てくれたので、1時10分に駐車場を出て上田市役所に向かった。
2時に上田市長と面会のアポイントメントが撮れていたので、遅れないよう早めに出発したが、途中の道路がスムーズに走れたので、1時40分に上田市役所に着いてしまった。
早過ぎるので、作品を展示する予定の場所の庁舎2階にある「まちのアトリエ」を先に見てもらった。
2時10分前に3階の担当課の市民参加・協働推進課に行き、そのあと4階の秘書課に案内された。
2時から15分ほど市長と面談し、上田支部の支部展や小品展に足を運んでいただいたお礼や、この度の庁舎内での展示の機会を与えていただいたお礼などを支部長のほうから申し上げた。
面談の後には、控室で記念撮影までしてきた。
そのあと、まちのアトリエで担当課の課長、係長、係員と具体的な展示の方法などを話し合った。
いろいろ話し合っている経過の中で、担当課から市民が参加できるワークショップを展示以外にやってもらうのが条件、ということが出されてきて、支部長、副支部長が難色を示し、それ以上話が進展しなくなった。
3時過ぎに打ち合わせを終了し、1階のロビーの一角で支部長以下3人で話し合ったが、ワークショップは対応できないというのが正副支部長の意見だった。
やはり現状の支部員では自分の絵を描くことだけで精一杯で、水彩画に興味を持ち、描き始める人を発掘していこうという取り組みまでできないだろう、という見解だ。
支部の構成員の高齢化が顕著だが、中でも中心となって動くべき会員資格を持つ役員自体が動けなくなってしまっている・・・。
今回の上田市役所庁内の作品展示については、ジイが先走ってしまったようだ。
この件をどのように着地させるかしばらく頭が痛くなりそうだ。
しかし、これで上田支部の先も見えてしまったようで悲しい気もする。
2022年06月22日 (水) | Edit |
今日は朝から青空だった。予報では曇りのはずだったが・・・。
先日写生旅行の下見に行った信州新町のさぎり荘から電話があった。
10時頃こちらから電話をするつもりでいたら、向こうから先に電話があった。
宿泊条件について一昨日メールがあり、不明な点があったので問い合わせをするつもりだった。
宿泊料金は当初より高くなっていたが、今の割引制度を適用すれば、今までより安い参加費で旅行ができそうだ。写生旅行のある10月下旬に国の制度がどのようになっているか不透明な部分もあるが、今の割引制度より後退することはないだろう。
早速写生旅行係長と電話で、来月の上田支部の常任委員会で実施の方向で提案することで合意した。
新古車を購入する業者に連絡をして、保険の太陽さんに書類をファックスするように依頼した。
今日のうちに名義変更した車検証が届くというので、早速保険屋さんにファックスが届いたそうだ。
バアはまだ車が来る前に代金先払いなので、騙されていないか心配していたが、午後保険屋さんから電話があって車検証の写しも届き、保険料も計算し直して、今までより安くなったそうだ。
差額を払わなければならないと思っていたのに、新車割引、安全装置割引、ハイブリット割引などで逆に安くなったそうだ。
今年は免許の書き換えでゴールド免許が復活すると、さらに来年は割引が増えると期待している。
納車は当初の24日の予定が、ホンダの純正部品がまだ納品されず納期がずれて26日になるようだ。
午前中いろいろ連絡事項があって、リハビリウォーキングに出かけられたのは10時半だった。
すでに気温は高くなって陽射しも強くなっていたが、風があったので何とか歩くことができた。
いつものコースと少し変えて歩いた。
途中我が家が見下ろせるところまで来たところで休憩した。
その景色を写真に撮ったが、知らない人には小さくてわからないだろう。
リハビリウォーキング 我が家の見える景色
1時間歩いて家に戻って間もなくコープ長野の宅配がやってきた。
午後は次第に雲が広がってきて、3時半過ぎには雨が降り始めた。
一時雨音がバシャバシャと音を立てるほど強い雨にもなった。
夜、外が暗くなるころには雨は止んだ。
今日参院選が公示された。
7月10日投開票まで、しばらくニュースの中心は選挙戦になるだろう。
改憲勢力の伸長だけは抑える結果になって欲しいものだ・・・。
2022年06月21日 (火) | Edit |
今朝久し振りに猫のホクロちゃんが戻ってきていた。
今日はバアの猫当番の日ではないので、いつから来ていたかわからないが、7時過ぎの朝ご飯の時にはほかの猫たちと一緒にたくさん食べたそうだ。
今日は一日家の周りにいた。
オスのクロネコに縄張りを奪われてしまい、あちこち転々と逃げ回る生活になっているようなので、またいつまで居残れるかわからないが・・・。
ホクロちゃん
今日も暑くなる前に9時過ぎにリハビリウォーキングに出かけた。
最初に通る道の脇の畑をトラクターが耕していて、土煙を上げていたので、コースを変え普段と逆回りで歩いた。前半に上り坂が多く結構苦しかった。
途中で折り畳み椅子を出して休憩した。
ぐるっと回って家の近くまで来たら、先ほどのトラクターが家のそばの畑を耕していて、最後に土埃を浴びてしまった。
リハビリウォーキング
家に戻った後、昨日伐採したジンチョウゲや剪定したハナモモやツツジの枝を火燃しした。
以前に剪定したキャラの木の枝が、よく燃えるはずが、昨日の夕立で湿っていて、それが邪魔をして始めのうちはなかなか火勢が上がらず時間がかかった。
お昼前には終わらず、昼食後すぐに残りを燃やし始め、終わったのは2時過ぎだった。
ジンチョウゲの根っこは時間がかかるのでもっと乾かしてから燃やすことにした。
火燃し ジンチョウゲの根
世界堂にネット注文していたロール紙が届いた後、接骨院に行った。
来年の日本水彩展に向けて、画用紙だけは用意できた。
午後から風が出てきて、診療室の窓から涼しい風が通り抜けていた。
電気をやっている間気持ちよくて眠りそうになり、隣で施術を受けているバアと喋って睡魔と闘った。
施術の後は、夜勤明けで家にいた長女にコーヒーを淹れてもらった。
タマネギが豊作だ、という話からカミちゃんの実家にもタマネギを送ろうか、という話になり、家に戻った後ジイ小屋の軒下に吊るしてあるタマネギをかごに入れて、もう一度長女の家に届けに行った。
2022年06月20日 (月) | Edit |
暑くなる前にと、9時半にリハビリウォーキングに出かけたが、もう十分暑くなっていた。
梅雨が明けたら、もっと早く7時ごろとか、夕方の6時ごろとか、歩く時間を考えないといけない。
今日は特に出かける予定もなかったので、時間はたっぷりある。
フルコースを歩き、途中木陰で折り畳み椅子を出してしばらく座って休んだ。
年を考えれば熱中症対策で、1時間ばかりのウォーキングだが、休憩と給水は大事だ。
リハビリウォーキング
家に戻った後、郵便局とJAの銀行に行く用事があったので、北御牧の元役場まで行った。
地元自治会の役員で、外灯会計を担当しているので、街灯の電気料金の引き落とし金額がどうなっているか、通帳の記帳をした。
電気料金が上がっているので、今年集めた区費の中で、街灯の料金を賄っているが、例年に比較して2割増しの電気料になっているので、これから先区費で足りるかどうか見極める必要がある。
今月の料金も確実に2割増しになっていた。
夏場に向かって日没が遅くなるので、街灯の電気料金は減るはずだが、一向に減る気配はない。
家に戻ったら12時を過ぎていた。
午後から、デッキの前のジンチョウゲを伐採した。
ほとんど枯れ死している状態になっていたので、思い切って伐採した。
昨日修理してもらったチェーンソーがその威力を発揮した。
上尾から移住してきたときに持ってきたジンチョウゲだが、15年で命尽きた感じだ。
春先になるといい香りを漂わせてくれたが、今年は花も咲かなかった。
ジイとバアより早くその寿命を終えたようだ。
伐採したあと、残った切り株を最後に抜き取ったが、意外と根が浅く簡単に全部抜きとれてしまった。
ジンチョウゲを伐採したあと
オオムラサキツツジも思い切って強剪定した。
これも土地を購入したときから前の所有者が植えてあったものだが、強剪定したので来年花が咲くかどうかわからない。
覆いかぶさるように伸びているハナモモの枝も日が当たるように切り落とした。
3時前に、あまりの暑さにしばらく外の作業を中断した。
今日も真夏日になった。
5時ごろになって少し涼しくなってきたので、草刈りを始めた。
今日の草刈りの主役はナイロンコードの刈払機だ。
家の入口の芝生花壇をはじめ、庭から畑にいたるコンクリートや石の淵に生えている雑草を中心に草刈りをした。金属刃の付いた刈払機では、石の際は危ないので刈れない。
ナイロンコードなら石に当っても反動もないし刃も欠けない。
思い切って際刈りができる。
気が付いたら薄暗くなり始めていた。
今日も外仕事をいっぱいして疲れ切った。
芝生花壇
2022年06月19日 (日) | Edit |
今日は東御美術会の例会で、祢津公民館に行った。
先月まで、長野県のコロナ警戒レベルが5となっていて、公民館の使用ができなくなっていたが、感染者の減少により警戒レベルが2に下がったので、今月から利用できるようになった。
半年使えない状況だったので、久し振りに室内で例会が開かれた。
参加者は、10人に満たず、やはりコロナの影響は続いている。
今年の日本水彩展に出品するも入選できなかったIさんも出席していた。
発表の日知り合いが電話をしたら、電話口で泣いていたと聞いていたので心配していたが、今日は内心までは読めないが、来年も挑戦すると元気よく言っていた。
ジイより若いが支部員になったのは20年も前なので、ジイよりずっと画歴は長い。
若手の一員として一緒に頑張ろうと声をかけた。
季節柄たくさんの花が画題として用意されていた。
画題① 画題②
たくさん練習したいので、B5の小さい画用紙で2枚描いた。
花は大きな紙で丁寧に描くほうが技術力を磨くにはいいとは思うのだが・・・。
午前中1枚目を描き終えた後、近くのベイシアにお昼を買いに行った。
先日コンビニでお昼を買おうと思ったら、おにぎりが1個もなかった。
コンビニのメインの商品だと思うのだが、そんなことがあると、買いに行くのに二の足を踏んでしまう。
午後2時まで描いて2枚を仕上げた。
スケッチ① スケッチ②
例会が終わった後、近くのコメリにチェーンソーを持って行って、馴染みになった店員さんがいるか探したら、いつもいる売り場にいたので、早速チェーンソーを見てもらった。
不具合の原因は実に簡単なことで、ストッパーが効いた状態だったので、刃が動かなかったようだ。
ストッパーを外すのに少し力を入れれば外れたのに恐々押しただけだったので外れなかった。
1分もかからず直してもらった。
1年の2,3回しか使わないようでは、使いこなせない。
また無料サービスでやってもらった。
外は気温が上がって30℃越えの真夏日になっていたが、今日もコメリで、一片の涼風というか気持ちのいい風に会えた感じがした。
家に着く頃、雷が鳴り始めていたが、3時半ごろからポツポツきたかと思ったら4時ごろには土砂降りの雨になった。
30分ほどでまた陽射しが当たるようになったが、まだ雷の音が遠くから聞こえてきた。
5時半ごろ雷も雨雲も遠のいたので、リハビリウォーキングに出かけた。
まだ暑さも残っていたが、少しひんやりした風も吹いていたので、気持ちよく歩くことができた。
50分ほど歩いたが、バアの歩数計は0からのスタートだったので、6,000歩に届かなかった。
ジイは1万歩台になった。
リハビリウォーキング
2022年06月18日 (土) | Edit |
青空こそ出ていないが薄日が差して蒸し暑い一日だった。
午前中は風もなく、外にいるとすぐに汗が出てきた。
昨日は陽射しが強く午後は暑くて歩けなかったので、今日はまだ暑くなる前にと、9時半にリハビリウォーキングに出かけた。
それでも歩いている間、汗をかいていた。
長い登り坂が続いたあと、リュックに入れておいた折り畳み椅子を出して一休みした。
ここから眺める眺望は、遠くは八ヶ岳や一番北側にある蓼科山が見え、美ヶ原高原も見えるいい場所だが、今日は霞んでわずかに稜線だけが見えていた。
目の前の田んぼは、我が家の周辺も含めて八丁田と言われる字名が付いているところだ。
この場所はリハビリウォーキングのフルコースの一角に位置する。休憩したあと、ほぼフルコースを歩いて家に戻った。
リハビリウォーキング 景色
家に戻った後は、畑仕事を始めた。
最初に8割がた茎が倒れてきた赤タマネギを収穫して、天日干しした。
先日収穫した普通のタマネギに比べると、大きさは例年通りだが、普通のタマネギが大きい球が多かっただけに、全体的に小さく感じた。
赤タマネギも収穫
そのあと、収穫が終わったブロッコリーの畝の隣に、ミニ耕運機でもう一つ畝を作るため耕して、灰色のマルチを掛けた。
ここまでやったところでお昼になったので、畑作業を中断した。
1時間歩いた後、ほとんど休まずに続けて畑仕事をやったので、結構しんどかった。
お昼をはさんで1時間休んだ後、再度畑に行って、レタスの苗を植えた。
今度のレタス苗は、ポットに種を蒔いて作った苗だ。
最初のは買ったプラグ苗でよく育ったが、果たして今度はどうか?
時期的には暑くなる一方なので、うまく巻いてくれるか少し心配だ。
レタス苗
一緒にポットに種を蒔いたキュウリやスイカがようやく芽を出し始めた。
レタスの苗を植えた後、水やりをし寒冷紗を掛けた。
寒さ除けというより虫除けのためだ。
元気に育つ豆類を写真に撮った。
豆類
次に午前中収穫して干していた赤タマネギの茎と根を切り、ジイ小屋のテラスに運んだ。
ここで5個ずつ束にし、ジイ小屋の軒下の梁に角材を渡して、そこに吊るした。
吊るし切れない分はヤマちゃん家と山分けにした。
赤タマネギだけで100個以上あった。
赤タマネギも種から育てたものなので、いとおしく感じるが、こんなにたくさん我が家だけではとても食べ切れない・・・。
ジイ小屋の軒下に赤タマネギ
2022年06月17日 (金) | Edit |
今日は朝5時にトイレに起きてから寝付けなくて、7時の目覚ましまでベッドでまんじりともせず過ごした。
最近なるべく夜更かししないよう、午前0時前には寝るようにしているが、早く寝たぶん早く目が覚めてしまう傾向にある。
長年の「夜更かしに朝寝坊」の習慣は、簡単には直らないのか?
朝食前に可燃ごみを出しにステーションまで行ったり、朝食後に家の掃除をしたり、そのあと先日の写生旅行の下見の実施報告書を作成したり、そこまでは元気に動き回ったが、そのあとは電池切れになったように、ぐったりして睡魔が幾度となく襲った。
昼食の後、立科のツルヤまで買物に行き、戻った後リハビリを兼ねて歩いて接骨院まで行くつもりだったが、暑そうなので歩くのはやめて車で行った。
施術後家に戻った後は、おやつを食べながら気が付いたら昼寝をしていた。
5時ごろには涼しくなっているだろうと思っていたが、西日がまだ強く歩く気力が湧いてこず、結局リハビリウォーキングは中止した。
夏日までにはならなかったが20℃後半の暑さが日没まで続いた。
今日最高裁は福島原発事故の国の責任を認めない判決を出した。
最高裁の判事でも、木を見て森を見ない人いわゆる専門バカがいることを今度の判決で思い知らされた。
衆院選の際の投票に合わせて行われる最高裁判事の国民審査の重要性をあらためて思う。
原発の推進を図ってきた国策を断罪しないで、国民の賠償などあり得ない。
2022年06月16日 (木) | Edit |
今日は朝から雲は多めだが晴れていた。
畑で、ブロッコリーとキャベツを収穫した。
キャベツは最初の収穫となる。
まだ少し小さめだが、これを食べ終わるころには次がもっと大きくなっているだろう。
ブロッコリーは、残っていた5個が、花が開きそうになってきたので全部収穫した。
店頭に並んでいるものより大きい。
キヌサヤとスナップエンドウもたくさん採れた。
豆類はいつもあまりうまく作れなくて、途中でうどん粉病などでだめになってしまうことが多かったが、今年は収量が多い。
あとから種を蒔いたモロッコインゲンやエダマメも揃って生育がいいので、これからの収穫が楽しみだ。
キャベツとブロッコリー
長女が今日はお昼まで家にいるというので、収穫した野菜を届けに行った。
先日買ってきた花苗を半分持って行って花壇に植えた。
ついでに花壇の周りの雑草が伸びていたので、刈払機で刈った。
家に戻った後、我が家の芝生花壇にも花苗を植えた。
芝生花壇
午後からは、畑や土手の草刈りをした。
梅雨時は雑草も水分を含んで伸びが早い。
半月もすると背丈が30㎝以上になっている。
畑と土手を刈り終わってもまだ混合オイルが残っていたので、庭のほうも刈った。
午前中30分、午後2時間の草刈りで普段使わない筋肉が硬くなった。
明日は筋肉痛になりそうだ。
一休みして、4時過ぎからリハビリウォーキングに出かけた。
雲が多めで陽射しも弱く、風もあったので気持ちよく歩けた。
先日、失効するdポイントを無駄にしないために、dポイントで買い求めた折り畳み椅子を持って出たので、景色のいい田んぼのあぜ道で椅子を出して腰掛けた。
リハビリウォーキングは、目標の6,000歩を越えるためには、1時間歩くことにしているが、近ごろはずっと歩き続けると疲れるので、途中で一休みしたくなる。
今歩いているコースではベンチなどというしゃれたものはどこにもない。
ということで、折り畳み椅子をリュックに入れて持ち歩くことにした。
今日は使い初めだ。
ぼんやり景色を眺めていると、時間が過ぎるのを忘れてしまいそうだ。
田んぼの草刈りをしていた青年たちが近くまで迫ってきたところで、立ち上がってまた歩き始めた。
リハビリウォーキング① 折り畳み椅子 景色
途中で、我が家の周りから姿を消していたホクロちゃんが、次の居場所近くの畑にいた。
まだ無事生き伸びているようだ。
意外と要領よく生きる知恵がありそうだ。
ホクロちゃん
今日次女からソルベが届いた。
ジャムかと思ったら、冷凍して食べるもののようだ。
早速冷凍室に入れた。
畑仕事などで汗をかいた後に食べることにしよう。
ソルベ
2022年06月15日 (水) | Edit |
昨夜からの雨が朝もまだ残っていた。
気温も12℃しかなく肌寒かった。
コタツをかたずけなくて正解だ。
去年採取したマリーゴールドの種をポット苗に植えたが全然発芽してこないので、先日カインズで買ってきた種を午前中あらためてポットに蒔いた。
去年長女の家の花壇に植えたヒマワリは背丈が2m以上に伸びて、始末が大変だったので、背丈が伸びず一つの茎からたくさんの花をつけるヒマワリの種も買ってきたので、一緒にポットに蒔いた。
庭のバラが5分咲きとなった。雨に打たれてかわいそうだ。
庭のバラ
雨が降っていたので、駐車場で作業をしていたら、カーポートの雨どいが詰まって幾筋もオーバーフローした雨水が落ちていた。雨も小降りになったので、脚立に登って雨どいに詰まったヘドロをホースで洗浄した。
昼食の後、午後1時10分の予約をしてあった高齢者認知機能検査の実車訓練のため、佐久市内にある軽井沢西ドライビングスクールに行った。
予約時間の15分前までに集合するように言われていたので、その時間より少し早く行ったがほぼ全員揃っていた。
それでも実車訓練や視力の検査などは、時間通り1時10分まで待たされてから始まった。
1日8人と人数限定のようだ。
時間前に揃っているなら早く始めてもらいたいものだ。
実車訓練は二人ずつで、運転と後部座席に乗る役で、ジイが先に運転をした。
問題なく運転実技は終了した。
視力検査は静止視力、動体視力、視野角、夜間視力で結果は、みな年齢よりやや劣っているという結果だった。
やはり安全運転補助装置の付いた車に乗り換える決断をして正解だった。
2時50分にようやく終了証を受け取って講習が終わった。
あとは免許センターの通知が来たら、新しい免許を取りに行くだけとなった。
そこでも形ばかりの視力検査などがあるのだろうけど・・・。
この次からは3年後ごとに免許更新の手続きをしなければならない。
家に戻るころには、陽も射してくるようになったので、家に帰った後すぐにリハビリウォーキングに出かけた。
まだ気温が低いので上にウインドブレーカーを羽織って行ったが、途中で熱くなって脱いだ。
今日は、明日のプラごみの収集に合わせてネットを上八重原公民館にセットしなければならない。
まだ4時過ぎだが上八重原公民館まで足を伸ばして、ネットをセットした。
今週で3回目だが、初めて自分でセットした。
1時間ほど歩いて家に戻った。
日本水彩画会の事務局から入選通知が届いていた。やっと入選の実感が湧いてきた。
リハビリウォーキング
2022年06月14日 (火) | Edit |
今日は日本水彩上田支部の写生旅行係の下見で、係の4人が東御中央公園の駐車場に午前9時の集合となっていた。
8時45分に駐車場に着くとすでに二人が来ていて、その後残りの一人も着いたので、9時10分前にジイの車に乗って、ジイの運転で出発した。
最初の目的地は、写生旅行で泊る予定の信州新町のさぎり荘、初めての訪問なのでナビにセットしてスタートした。
1時間ぐらいで着くかと思ったが、到着は1時間20分後の10時10分だった。
さぎり荘
早速施設の職員と打ち合わせ、初めから難題が浮上した。
2年前予約したときは、無料の送迎、写生地の送迎でOKだったが、基本的に送迎は2種免許を持たない宿泊施設では、無料で送迎するにはガソリン代や人件費の高騰でできなくなった、とのこと。
送迎を免許を持つバス会社などに頼むと高額の料金になってしまう。
今のコロナ対策の一環で適用している県民割り、地域クーポンを利用して、バス運行会社がどのくらいの値段でやってもらえるか、宿のほうで2社から見積もりを取ってもらうことになった。
公設民営の施設で指定管理者になっている組織なので、白ナンバーで運搬料金を取るわけにはいかない、という事情は分かる。
お金がかかる分、参加者に全額負担してもらうわけにもいかず、支部の会計からどのくらい繰り出しできるか、来月の常任委員会で協議が必要だ。
たまたま今日行ったメンバーは全員常任委員なので、話は進めやすいが・・・。
近日中にバス会社の結果を宿から連絡してもらうことになった。
話し合いの後、宿の周辺を写生地として採用できるか歩いて見て回った。
宿の窓からも見える犀川の風景は、ジイ好みの景色だった。
他の3人も賛意を示してくれた。
二日間のうちの一日は宿周辺で写生してもいい。
犀川
宿を出て、次に信州新町美術館の近くにある発電ダム湖であるろうかく湖に行った。
以前に彩明会で美術館の敷地からろうかく湖を描いたことがあるが、その当時に比べ、木や竹が生い茂って写生に適さなくなっていた。
下流に河川敷まで降りられる場所があり、近くの公衆トイレもあるので写生適地と判断した。
ろうかく湖
次に長野県歌にも歌われている久米路端に行ったが、3年前の台風19号の被害の影響か橋の修復が行われていて、残念ながら絵にならなかった。
久米路橋
12時半を過ぎていたが、そのあと道の駅に行ってお昼を食べた。
昼食の後、1時過ぎに道の駅を出発し、2時半に東御中央公園の駐車場に戻って来た。
途中から雨が天気予報どおりポツポツ落ちてきはじめた。
3時前に家に戻って来たので、すぐに接骨院に行って施術をしてもらった。
終わるころには雨が本降りになってきた。
2022年06月13日 (月) | Edit |
今日は6時半に起きた。バアの3か月に1回の定期検診の日、
8時45分に市民病院にバアを車で送った。
その後ジイは、久し振りに市役所に行って車の買い替えのため印鑑証明書をとった。
自動交付機で初めてマイナンバーカードを使った。
料金は硬貨でしか払えない機械で、財布に入っていた硬貨では足りないので、市民課の窓口にお金を崩しに行ったら、自動交付機の隣に両替機がありますと言われてしまった。
確かによく見るとすぐ隣に置いてあった。
初めてのこと故すぐに職員に頼ろうとしたのが間違いだった。
味気ない世の中になった。
昔なら市民課のロビーには誰かしら職員がいて、何か困っている様子の市民がいればすぐに飛んできて、世話を焼いたものだが・・・。
市役所の用事を済ませた後は、コメリに行って、花の苗やすす払いの道具などを買い、近くのベイシアに行って、百均コーナーを見ている間に、バアから検診終了の電話が入った。
市民病院に行くともう玄関前でバアが待っていた。
バアを乗せた後、まだベイシアでの買い物が済んでいなかったので、もう一度ベイシアに戻り買物をした後、薬局に寄って薬を受け取り家に戻った。
時間はすでに11時半になっていた。
ベイシアで買った昼食を早めに食べた後、昨日やり残したタマネギをジイ小屋の軒下に吊るす作業を12時半から始めた。
昨日のうちに、収穫したばかりのタマネギを4軒分届けたり送ったりして、軒下に吊るすタマネギの量を減らしたつもりだが、5個のタマネギを一つの束にする作業に2時間以上かかってしまった。
ジイ小屋のテラスで作業したが、サウナにいるようで、暑かった。
タマネギの束
全部束にし終わったら、もう数を数える気力も残っていなかった。
テラス側の軒下に2列吊るしたが、あまりの重さに竿を支えるフックが伸び切って危うく落下しそうになった。
去年より球の大きいものが多いのも原因のようだ。
フックを掛ける麻縄も補強した。
軒下に吊るす①
テラス側の軒下だけでは吊るし切れず、小屋の裏側の軒下にも目いっぱい吊るしたが、まだ吊るし切れなかった。仕方がないので、テラスに残した。
これからせっせとタマネギを食べることにしよう。
軒下に吊るす②
作業が終わってはっと気が付くと、3時45分になっていた。
そろそろ日本水彩展の入選者名簿が、ホームページに掲載される時間だ。
急いでスマホで調べるとすでに掲載されていた。
震える手で画面を開くと、ジイの名前が載っていた。
他に上田支部の人たちの名前を確認した。
13名のうち入選者は9人、落選者は4人だった。
先日の「遊彩四人と仲間たち展」の11人のうち日本水彩展に出品した5人は全員入選した。
ジイのブログを見てくれて、ときどきコメントを寄せてくれる浜松の人も入選していた。
早速ネットに縁のない支部長に結果を報告した。
支部長としては全員の入選を望んでいたのだろうが、やはり不安が的中した人もあったようだ。
入選率は上がったものの、出品者数も減り、新しい人の出品もなかった。
上田支部としてはジリ貧になるばかりだ・・・。
2022年06月12日 (日) | Edit |
朝食の片付けなどをバアに任せ、8時20分に家を出て上八重原公民館に行った。
区長、副区長、ジイの3人で落ち合い、次期民生児童委員をお願いする家を訪問した。
すでに民生委員のお願いに伺うことはわかっていたらしく、色々体調の不良を訴えてはいたが、引き受ける覚悟はできていたようで、長年社会福祉協議会の委託を受けて福祉運営委員長として「いきいきサロン」の運営に携わってきたが、その役を降りることと、気心の知れた人をもう一人の民生委員に推薦する、という二つの条件が出された。
福祉運営委員長の代役はすでにご自分で当たって、内諾を得ているとのことだった。
まだ病院の診断結果が出るまで確答は避けたいとのことだったが、感触としてはほぼ引き受けてもらえるように思った。
ただ、もう一つの条件である気心の知れた人というのが、区長の奥さんだった。
区長も奥さんとは民生委員の人選について難航していることは話し合っているそうだが、正式にお願いするところまでは話していない、というので改めて3人で奥さんのところへお願いに上がることにした。
自宅ではなく明神池のところにある登り窯の作業場にいるとのことで、そちらに伺った。
ジイも民生委員の仕事内容や民生委員協議会の内容などかつてそういう仕事に携わった経験を話して理解と了解を求めた。
やはり奥さんも最終的には民生委員の話が自分のところに巡ってくるのを覚悟していたように見受けられた。
これで今季の自治会役員の難題の一つが解決のめどが立った。
9時半過ぎに安堵感とともに家に戻った。
庭のバラが開花し始めていた。
薔薇の花
まだ曇り勝ちの空模様だったが、バアとリハビリウォーキングに出かけた。
昨日、ドコモのポイントが今月中に1500ポイント失効するので、ドコモショップで買ったアルミ製の軽量折り畳み椅子が届いたので、それをリュックに入れて歩いた。
途中、長女の家の前を通ったら、夜勤明けで家にいた長女が庭の草取りをしていた。
1時間歩いて家に戻った後、11時半ごろから急に雲が取れて青空が広がってきたので、タマネギを収穫することにした。
お昼前に普通のタマネギを全部引き抜いた。
昨日の夜中までかなりの量の雨が降ったので、畑の土が軟らかくなっていて、タマネギは簡単に手で引き抜くことができた。
今までになく大きいタマネギがほとんどで、引き抜きながら鼻歌でも歌いたくなる気分だった。
タマネギを抜きました 大きなタマネギ
12時半までに全部引き抜き終わったが、赤タマネギはまだ茎が倒れておらず、球も小さめだったので引き抜くのをやめた。
午後4時前から乾き始めたタマネギをひもで結んでジイ小屋の軒下に吊るす準備を始めた。
いつもは、ジャガイモの収穫と合わせてタマネギを子供たちの家に届けていたが。タマネギが高騰しているので、先にタマネギだけでも二人の家に届けることにした。
バアにも手伝ってもらって二人の子供の家に送る分と、紐で結わいてジイ小屋の軒下に吊るす分を分けながら、タマネギの茎と根を切り落とす作業をした。
一通りその作業が終わったら6時半近くになっていたので、次女の家の送る分は立科町のクロネコヤマトの営業所に持ち込んで手続きをした。
その足で長女の家にもタマネギとレタス、ブロッコリーを届けた。
家に戻るともう7時近くになっていたので、ジイ小屋の軒下に吊るす作業は明日に延期した。
2022年06月11日 (土) | Edit |
今日は彩明会の例会の日なので、朝8時20分に家を出て、集合場所の東御中央公園の駐車場に行った。
途中コンビニで昼食を買ったが、おにぎりの棚におにぎりは1個も残っていなかった。
仕方なくパンを買った。
8時40分に駐車場に到着。今日も4人しか集まらなかった。
今年は、コロナもあって必ず例会ができるとは限らないので、当日集まったメンバーで話し合って写生場所を決めることにしている。
久し振りに八重原台地の明神池で写生することに決まった。
ジイの地元なので、ジイの車が先導して明神池に行った。
ジイは今日もB5サイズの画用紙でスケッチ画を描くことにした。
9時半には描き始めたので、1枚目を11時前に描き終え、2枚目は写生している他の3人を入れた絵を描いた。
お昼前に彩色も半分まで済ませた。
明神池① 明神池②
この時期は、外で描いていると小さな虫が顔の周りにまとわりついてうるさい。
虫よけスプレーを持ってくればいいのだが、まだこういうシーズンになって初めてだったので持ってくるのを忘れた。
みんなでお昼を食べていると、ときおり陽が射していた空が黒い雲に覆われはじめ、遠くで雷の音がするようになった。
雨雲レーダーを見ると美ヶ原から長和町の近くまで雨雲が近づいてきていた。
雨が降る前に片付けることになり、12時40分に解散した。
明神池から我が家までは車で10分もかからないので、1時前に家に戻った。
2枚目はまだ完成していなかったので、ジイ小屋で完成させた。
人物を入れたスケッチにしたが、人物はまだまだ未熟だ。
遠近もさることながら、人の形も滅茶苦茶だった。
もっと練習が必要だ・・・。
スケッチ① スケッチ②
夕方6時前に上八重原公民館に行った。
6時までに組長から書面決議をお願いした結果の報告を受けることになっている。
ジイの組の投票用紙は、朝7時過ぎに組長からジイの家に届いていたので、それを持参した。
1票反対はあったが、それ以外はすべて賛成票で臨時総会議案は可決された。
役員会議で報告事項があった後、区長から明日の朝、民生児童委員の改選で、新たにお願いする家に一緒に行くように依頼された。
地区の人たちの顔ぶれも何もわからないジイがついていっても役に立たないと思うが、枯れ木も山の賑わいで一緒に行くことにした。
2022年06月10日 (金) | Edit |
今日も朝から晴れていい天気になった。
先日急遽今日の午前中に佐久創錬センターで、遊彩四人と仲間たち展の出品した作品の図録用の写真の撮り直しをすることが決まった。
展覧会の搬出の日に、ジイの一眼レフで撮ったが、会場の照明が暗くピンボケになったり画面が暗かったり、画集としては使えない結果になっていた。
図録を出版することについては、出品者全員から賛同を得ていたので、出すからにはちゃんと撮り直して掲載したい、と申し出ていた。
二人は都合がつかず来られなかったが、事前にLINEで自分で撮った写真を送ってもらい、それをパソコンにダウンロードしてみたら、思いのほか画像も粗くなく大きく引き伸ばしても大丈夫だった。
10時には三々五々会場に集まってきて、順番にセンターの中庭で撮影を開始した。
部屋は予約してなかったので、場所は選べない。
太陽光線が強いのではないかと心配したが、水彩画が多かったので問題はなかった。
かえって絵の具の色が鮮明に出て、見栄えが増したように思う。
急用で遅れてきた人の分も入れて11時20分ごろには撮影は完了した。
12時までには家に戻りたかったので、ジイは先に帰らせてもらった。
午後は1時過ぎに家を出て、最初に小諸の眼鏡屋さんに出来上がったジイとバアのメガネを取りに行った。
ジイのメガネは少し乱視の調整を変えただけで、遠近の度数は今までと変えなかった。
新しいメガネだと近いところがよく見えるようになった。
一緒にサングラスも作ったが、こちら偏光レンズにした分割高になるというので、単焦点レンズにして値段を抑えたので、どのように見えるか心配だったが、帰りに車の運転をサングラスをかけてしてみたが、特に支障はなかった。
ただ手元は少しぼやけるので、渓流釣りの時は仕掛けが変えられなくなるかもしれない?
メガネのせいにしなくても、最近は手先がうまく動かなくなって仕掛けを変えるのに時間がかかるようになっているが・・・。
バアは免許センターの視力検査に備えて近視のメガネを作ったが、メガネの効果よりも慣れないメガネをかけ続ける違和感のほうが強いようだ。
新調したメガネ
眼鏡屋さんの帰りに小諸のカインズによって買い物をした後、3時ごろ接骨院によって施術を受けた。
夜は今日撮影した作品の画像をトリミングなどの修正をし、仮に作ってあった画集の絵の写真と差し替えをした。
全部終わったら11時を過ぎていた。
2022年06月09日 (木) | Edit |
今日は久し振りに朝から陽射しが部屋に入り込んできた。
10時半には車の査定業者が来るので、早めに9時からリハビリウォーキングに出かけた。
雨上がりとしては空気が爽やかで蒸し暑さは感じなかったが、陽射しは強くて北に向かって歩いているときは、背中に陽が当たって暑く感じた。
歩いている途中で査定業者から確認の電話が入った。
1時間ほど歩いて家に戻った。
リハビリウォーキング
長野市から来ると高速を使えば1時間弱で来られるので、早めに到着すかもしれない、と思い待っていたが来たのは11時だった。
蟹原公民館のところから場所の確認の電話がきたので教えたら1分でやってきた。
査定業者は、あらかじめジイが購入を検討している車種の中でフィットの新古車を提案してきた。
他の車種はガソリン車だったので却下だった。
下取り価格も高めで、新古車もディーラーから購入するよりは当然ながら安い。
去年長女の車を買った時のカタログや見積書などを参考に比較検討することができた。
安全性能は長女の車と同じものなので、イメージしやすい。カーナビ、ドライブレコーダー、ETCなどオプションも入れて新車購入よりもかなりの額の節約ができそうなので思い切って契約することにした。
午前中で終わる予定が、いったんお昼を空けて午後2時過ぎまでかかってしまった。
新車の場合は、半導体不足などの影響で納車まで日数がかかると言われているが、新古車はお金さえ払えば今月中には手に入れられる。
即断即決になってしまった・・・。
午後からもう一社査定をお願いしていたがお断りした。
3時から立科町のツルヤに買物に行った。
今まで晴れていた空に黒い雨雲が広がり始めていた。
畑に行くと、タマネギの茎が全部完全に倒れていた。
早く収穫したいのだが・・・。
イチゴを収穫したら、ハートの形をしたイチゴがあった。
途中ポツポツも来ていたが、6時過ぎまで何とか天気が持ちこたえたが、その後雷とともに雨が降り始めた。
タマネギ イチゴ
2022年06月08日 (水) | Edit |
今朝は曇り勝ちの天気乍ら雨は降っていなかった。
お昼の食材にタマネギが欲しい、というので畑のタマネギを少し収穫した。
普通のタマネギは100%茎が倒れていた。
もう収穫時期だが、畑の土が乾くまで全部の収穫は待ちたい。
まだ茎が倒れていない赤タマネギも2個抜いてみたが、十分大きくなっていた。
先月種を蒔いたダイコンやカブが育ってきたので間引きをした。
ダイコンは、芽が出なかった隙間にダメモトで間引きした苗を植えてみた。
モロッコインゲンやエダマメもほぼ100%発芽していた。
今年は豆類の出来がいい。
空模様が怪しいので、午前10時半にリハビリウォーキングに出かけた。
コープの宅配の日なので、ゆっくり歩いていられないので、いつものコースをショートカットして45分ほど歩いた。
途中道端のオオルリシジミの幼虫の食草であるクララに、幼虫が花芽を食べているのを発見。
体長が5㎝ぐらいあるので、オオルリシジミの幼虫とは思えないが、念のため写真に撮った。
リハビリウォーキング クララに幼虫
家に戻ると6,000歩に達していなかったので、コープさんを待つ間畑などをうろついて歩数を稼ぎ目標を達成させた。
午後2時ごろ中古車買い取りの業者が来て、フィットの査定をしてもらった。
一昨日の夜ネットで査定価格の比較サイトで見積もりをしたら、昨日の朝一番で電話をしてきた業者だった。
昨日は朝から忙しかったので、今日なら電話に対応できると言ったら、今朝電話があって、今日来ることになった。
他社に先んじて連絡してきてくれた熱意を買って、査定に来てもらうことにした。
かなりじっくりフィットを点検していた。
30分ぐらい見た後で商談となったが、こちらはまだディーラーとの商談もしていないので、概算の数字しか出してもらえなかった。
1週間から10日ぐらいでまた数字が変わるということだった。
こちらが検討している新しい車の仕様を話して、新古車などの在庫を調べ該当するような車があればまた連絡をくれるとのことだった。
買取の業者については、一社に絞らず他に2社査定の依頼をした。
その二社も明日中に査定してもらうことになった。
夕方、明日のプラごみの収集日なので、上八重原公民館にネットを出しに行くことになっていたが、4時ごろまで覚えていたのに、7時のニュースを見ていてバアが突然思い出してくれて、慌てて公民館まで行った。
ネットはすでに出されていたが、ネットがねじれてちゃんと広げられていなかったので、それを広げ直した。
やはりすでに4個ほど出されていた。
今月はまだ残り3回ネット出しがあるが、また忘れそうで心配だ。
2022年06月07日 (火) | Edit |
昨日は夕方から、一時止んでいた雨がまた降りだしていたが、今朝7時に起きた時は止んでいた。
朝食前に、畑でレタスを3個収穫した。
先週初めて収穫してから1週間経って、レタスが大きくなり過ぎて早く収穫しなければと焦っていた。
案の定育ち過ぎてズシリと重かった。
3軒で分けることにした。
あと4個残っているが今週中に全部採ったほうがよさそうだ。
朝食の片づけはバアに任せて8時15分に家を出て神川公民館に向かった。
途中で、今日の上田支部の例会で、支部員に渡す書類を印刷し忘れていることに気が付いた。
家に戻っていては遅刻してしまうので、途中のコンビニでコピーをすることにした。
コピーをセットしたが、料金の支払いはコインかナナコカードしか使えない。
財布の中に小銭がほとんどなかったので、仕方なく昼食を買うのを先にして小銭のお釣りをもらうことにした。
コピーする原本を持っていてよかった。
9時10分前に公民館に着くと、日本水彩展に出品する人たちが早くも集まっていた。
画材屋さんが来るのは9時半なので、その前に例会を始めるつもりだったが、画材屋さんが来るまで出品票の確認や、出品料、運搬料の集金などを始めた。
事前の事務的なことを済ませてから、例会の部屋でコンビニでコピーした資料をもとに、日本水彩展のこれからのことや、支部の今後の予定などを説明した。
そうこうしているうちに画材屋さんが到着し、積み込みを始めた。
心配した雨も降らず、段取りがよかったので10時前には作業が終わり、画材屋さんは佐久の創錬センターで待つ佐久の人たちの積み込みに行った。
LINEで佐久の人たちには、画材屋さんが神川公民館を出た時間をと到着予想時間を伝えた。
例会のほうは10時前から通常の静物画を描き始めた。
画題① 画題②
ジイは事務整理をしていたので、10時半ごろから描き始めた。
画題は、花あり、野菜あり選ぶのに苦労するぐらい画題があった。
ジイはタニウツギとバラの花2点を午前から午後にかけて、B5の画用紙にスケッチ画で描いた。
出来はいまいちだが、描くことが技術向上の一番の近道だと思って描いた。
スケッチ1 ① スケッチ②
2時前には解散となったので、家に戻った後すぐに接骨院に行った。
急いで行ったので、朝採りしたレタスを持って行くのを忘れたので、施術を終わった後自宅に戻ってすぐにまた長女の家に行ってレタスを渡した。
夜勤明けで家に長女がいたのでコーヒーをご馳走になった。
変則勤務なのでいつも家にいるわけではないが、夜勤明けなどでいえにいるときは、いつもコーヒーなどを淹れてくれる。
夜は井上尚弥対ドネア戦をアマゾンプライムで観戦した。
井上尚弥の圧勝で2ラウンドの途中でKO勝ちだった。
これで井上尚弥も本物のレジェンドになった。
2022年06月06日 (月) | Edit |
昨日の夕方から降り出した雨は、朝になっても降っていた。
庭や畑は水浸し状態で、すでにかなりの雨量になっていそうだった。
関東甲信地方が梅雨入りとなった。
午前中は雨で何もすることもできず、家の中から外の様子を見たり、テレビをみたりして過ごすことしかできなかった。
午前中、明日の上田支部例会の会場の神川公民館で、日本水彩展まで運搬する作品の受け渡しがあるので、運搬手段を持たない支部長と上田市内在住のMさんの家に、今日の午後フィットに積み込みに行く連絡をした。
東御市内の支部長の家に午後2時に着くように家を出た。
家を出るときに小雨に変わっていたが、支部長の家の近くまで行くと、雨は降っておらず道路も乾いていた。
先日取り付けたルーフキャリアに60号の絵の額縁を積んだ。
雨に備えて合羽を着こんでいったが、全然必要がなかった。
20分ほどで固定用のゴムバンドやロープを駆使してルーフキャリアに固定した。
支部長を助手席に乗せ、Mさんの家に向かった。
以前に一度だけ額の運搬をしたことがあるからそれから3年ぐらいたっているので、道に迷うのではないかと不安だったが、間違えずに無事着いた。
Mさんの絵は40号なので、車内に収納できるので簡単に終わった。
3時に行く予定が、3時には積み込みが終わって家を出ることがきた。
一緒に行った支部長を家の近くで下ろし、自宅まで戻った。
運搬中雨にも降られずラッキーだった。
家を出る前にトイレに行ったときにスマホをポケットから出してテーブルに置き、そのまま忘れて出かけてしまったので、途中で気が付いたが戻るわけにはいかなかった。
出かけている間にそのスマホに電話があったので、家に戻って返事の電話をした。
上田支部の写生旅行の係長からで、10月の写生旅行の宿泊先と連絡したら、去年までと比較して宿泊代が1.5倍に跳ね上がっているのでどうしようかという相談だった。
東御美術会の写生旅行でも常宿になっている黒部ビューホテルも同じように値段が上がったが、信州割、大町割で3分の1ぐらいの金額になった事例があるので、今度も同じような割引制度があるはずだ。
今月旅行の下見で宿にも行くのでその時宿に確認しましょう、ということで了解してもらった。
夕方ジイの出品する絵もフィットに積み込んだ。
駐車場の屋根の柱に誰かいると思ったら、ハナがちょこんと座っていた。
フィットの屋根 ハナ
2022年06月05日 (日) | Edit |
朝起きたら、あちこちの筋肉が固まって歩くのもサイボーグのようにぎこちなかった。
運動不足と回復力の弱体化=老化現象ということか・・・。
先輩の年寄りたちはきっとこうして自分の老化を実感していったのだろう。
朝食の後、家の掃除をしたついでに、リビングのテーブルの下に敷いていたホットカーペットと絨毯を片付けた。板張りの床が出てきてリビングらしくなった。
ついでにダイニングコタツのカバーも片付けたいところだったが、まだ梅雨寒があるかもしれないからもう少し残しておきたいとバアが言うのでそちらは見合わせた。
リビングの床
11時からリハビリウォーキングに出かけた。
今日はほとんど風がなかったので、陽射しが暑かった。
低気圧も近づいているせいか蒸し暑くもあった。
1時間歩いて汗もだいぶかいた。
日陰での水分補給が清涼剤となった。
リハビリウォーキング
昼食後、晴れている間に、一昨日カインズで買ってきた花苗をプランターと芝生花壇に植えた。
プランターには、ベコニアとメランポジウムという花を植えた。
北米産の花のようだがカタカナ名では覚えられそうにない。
ポット苗についていた名札をプランターに刺しておいた。
芝生花壇には、ジニア(百日草)とブルーサルビアを植えた。
プランター 芝生花壇
花苗の残りを長女の家の花壇に植えに行った。
去年レンガでサークルにした花壇にベコニアとジニアを植えた。
長女の家の花壇
そのあと、広い花壇のほうをミニ耕運機で耕した。これで3回目となる。
耕運機は長女の家に置いておいたが、そろそろ我が家の畑でも必要なので、フィットに乗せて帰ることにした。
フィットに乗せるときに使うアルミの踏板は長いので助手席を倒さないと車内には乗せられない。
バアも一緒に来ているので助手席を倒すわけにはいかない。
先日取り付けたルーフキャリアーに乗せることにした。
ロープを持って行ってなかったので、園芸用の麻縄を使って縛り付けた。
短い距離なので途中で落ちることはなかった。
ルーフキャリア
畑のジャガイモの花が咲き出した。
よく見ると可愛い花だ。
ジャガイモの花
2022年06月04日 (土) | Edit |
なぜか目覚ましが6時半に鳴って起こされてしまった。
今日は朝から晴れていい天気となった。
昨日は出かけることが多く歩けなかったので、今日は9時半にリハビリウォーキングに出かけた。
陽射しは強かったが、風が心地よく吹いていたので暑く感じなかった。
6月にしてはすっきりした青空だった。
歩いている途中の水分補給に氷を入れて冷やしたスポーツドリンクを飲んだが、冷たくておいしかった。
田植えが一段落したあとは、草刈りが仕事のようで、あちこちで刈払機の音が聞こえてきた。
1時間以上歩いて家に戻った。
リハビリウォーキング
家に帰った後、ジイも草刈りをすることにした。
今日の草刈りに使う刈払機は、金属刃ではなくナイロンコードを装着したものを使った。
芝生やコンクリートの淵などの多い所の草刈りをやる予定だった。
刈り始めて10分もしないうちに、ナイロンコードが擦り減ってなくなってしまった。
去年からナイロンコードを使い始めているが、消耗が激しいので、補充用のナイロンコードを買っておいたが、それを刈払機に使うのは初めてだ。
まずは刈払機に取り付けた部品を外して分解し、ボビンという巻取り器にコードを巻き付ける。
外でやり方を書いたマニュアルを読みながら始めたら、風が強くてマニュアルが飛んで行きそうになったので、家の中でやることにした。
なかなか思うように巻き付けず何度もやり直してようやく巻き付けることができた。
ナイロンコード
30分もかかってようやく草刈りを再開。お昼近くになっていたので、バアに昼食は12時半からに頼んで一段落するまでやることにした。
あと少しで終わるところで佐久のTさんから電話があり、日本水彩展の出品票を午後取りに来ることになった。
昼食後も草刈りの済んだ芝生のクローバーを根からむしり取ったり、庭の草取りをしてTさんの来るのを待った。
入口の芝生
Tさんは一度だけ我が家に来たことがあるけれど、一度だけで次に迷わずに来れる人は滅多にない。
やはり途中で電話があって、違う場所に行ってしまったようだ。
それでも蟹原公民館まで来てもう一度電話があったので、その後は案内しやすかった。
Tさんが帰った後も草取りを続け、最後にジイ小屋の脇のキャラの木の剪定をした。
年々大きくなって、ジイ小屋の脇に入ってくるコープの宅配の車がこすりそうになってきていた。
剪定の時期かどうかわからないが、今のうちに切っておかないと、コープの車が苦労する。
園芸用の脚立に乗って、形を考えながら剪定した。
キャラの剪定
2022年06月03日 (金) | Edit |
今日も可燃ごみを出しにステーションまで歩いて行った。
昨日の天気予報では、早朝から午後3時ごろまで雨の予報だったが、雨が降った形跡はなく、空は青空が出ていた。
家の裏の喜多池の土手の草刈りが数人でやっていた。
新芽が伸びてきていたユウスゲが、今年もバッサリ切られてしまった。
まだ時期が早いので、花芽はこれから出てくるから、咲かないわけではないと思うが・・・。
喜多池の土手
9時半過ぎ、雨が降る前に買物や用事を済ませに出かけた。
最初に小諸のカインズに行って日用品や花の苗を買った後、小諸の眼鏡屋さんに行った。
ジイの補聴器の調整をしてもらうのとジイとバアのメガネを買うためだ。
補聴器は使い慣れてきたので、もう少し音量を上げてさらに聞こえやすくしてもらった。
よく聞こえる分雑音も多くなるので、これも慣れなければならない。
メガネは、バアの先日の認知機能検査の際、視力検査の数値が免許センターで引っかかりそうな数値だったので、メガネを作ってもらうことにした。
2本セットで格安のセール品があり、それで近視用とサングラスを作った。
ジイのメガネも今までのメガネの度数の乱視を調整し直した度数で作ってもらうことにした。
さらに単焦点のサングラスも注文した。
あわせてバアのメガネの値段の4倍になってしまった・・・。
お昼の時間になったので、市役所から送られてきた「とうみ応援クーポン」の食事券を使って、市内のお店でお昼を食べることにした。
障がい者の就労支援事業で新しく施設を改修し、社会福祉法人みまき福祉会が運営する「カフェみまき苑」に行った。
今年の4月オープンしたばかりなので初めて利用した。
カフェというので軽食だけかと思ったが、ランチメニューで、ソースかつ丼、焼肉丼、ピザなどがあったので、ソースかつ丼を注文した。
ご飯は地元の八重原米を使い、食材も東御市産ホエー豚や野菜を使っている。
平日のお昼時間でも満席に近い状況だった。
とんかつの厚みもありお肉も柔らかくておいしかった。
ボリュームもあったので、バアが食べ切れるかと心配したが、カツをひと切れ残しただけで食べ切った。
八重原米が美味しいと言っていた。
ソースかつ丼
昼食の後、家に戻らず立科町のツルヤに食料品を買いに行った。
2時過ぎに買物を終えてお店の外に出たら、突風が吹いていた。
近くにいたおじさんが帽子を飛ばされていた。
急いで車に乗り走りだして数分もしないうちに雨が降りだした。
遠くで雷の音も聞こえていた。
家に戻って荷物をおろし、カインズで買った花の苗をすぐには植えられないので、水を溜められる容器に移した。
花のポット苗
3時前に接骨院に行った。
そのころには雨もやみ、真っ暗になっていた空も雨雲が無くなって、明るくなり始めていた。
施術を終えて接骨院を出るころには陽射しも出てきていた。
2022年06月02日 (木) | Edit |
今日は東御美術会の例会があるので、いつもより30分早く起きた。
着替えて上八重原公民館にプラごみを出しに行った。
昨日出ていたプラごみのネットがいっぱいになっていた。
8時前に家を出て、途中のコンビニで昼食を買い、東御中央公園に8時20分に着いた。
平日の通勤時間帯だったので珍しく渋滞にぶつかった。
先月の写生旅行から間がないせいか、参加者はジイも含めて4人だけだった。
話し合って、御代田の真楽寺に行った。
いい天気だが、閑散としていて静かに写生ができた。
今日もスケッチ画を描くつもりで、最初に三重塔に挑戦した。
三重塔は日陰の中だが、左半分に陽が射していて、陽と陰をうまく描ければいいな、と思いながら描いたが、三重塔の建物が難しすぎてそんな余裕はなかった。
描いているうちに光と影も動いていくので、さらに難しかった.1時間では終わらず1時間半でようやく彩色まで終わった。
三重塔 スケッチ①
気分を変えて、2枚目は近くの神代杉を描いた。
樹齢千年を超える巨木で幹回りは10mあるという。
幹の一部の黒くなっているところがあって江戸時代末期の火災で焦げたあとらしい。
途中昼食をはさんで、これも1時間半ほどかけて描き上げた。
はじめは鉛筆だけで終わりにしようと思ったが、時間があったので彩色した。
神代杉 スケッチ②
2時に真楽寺で解散してそれぞれ自分の車で帰った。
ジイは東御文化会館で開催されている展覧会を見てから家に帰った。
1時間ほど休息してから、ジイ小屋で、日本水彩展に出品する大王わさび農場の絵の手直しをした。
一昨日の作品研究会ではいろいろ指摘されたが、修正しないで出すつもりでいたが、もし入選できなかったら後悔するかもしれない、と思い直し、最後の手直しをすることにした。
何か所か修正したあと、もうこれ以上手を加えないよう額に入れた。
馬子にも衣装、我田引水かもしれないが、額に入れたら収まりがよくなった気がする・・・。
大王わさび農場
夕方、畑の野菜の水やりをした。タマネギが5割ほど茎が倒れていた。
家庭菜園の先生から8割がた倒れたら、収穫の合図と教わっているので、梅雨に入る前に収穫したほうがいいかもしれない。
玉ねぎ
2022年06月01日 (水) | Edit |
朝食の支度を済ませた後、畑でレタス、タマネギなどを収穫した。
レタスはプラグ苗を買ってきて植えてから2か月に満たないが、もう収穫できるようになった。
もっとぎっしり巻いて大きくしてから収穫したいところだが、あまり巻き過ぎると食べではあっても味が落ちる。少し隙間があるぐらいのほうが美味しいと、朝食造りの手伝いでサラダを作るようになってから理解した。
タマネギはニュースで値段が高騰していると聞いているので、茎が倒れ始めたものを収穫して、3軒で分けた。
まだ球が小さいのではないかと心配したが、まずまずの大きさだった。
長女の家に持って行くのに、キヌサヤとイチゴも添えた。
レタス 玉ねぎ
9時過ぎにリハビリウォーキングを兼ねて長女の家まで野菜を届けた。
今日は夜勤明けで家にいるのが分かっていた。
9時過ぎでももう晴れているとかなり暑く感じる。
空は薄い雲に覆われていたのだが。
リハビリウォーキング
家に帰った後、今月7日に日本水彩展に搬入する画材屋さんに引き渡すために、運搬する手段がない支部長と支部員の絵を運ぶ準備をした。
支部長の絵は、60号なのでフィットの荷室には入らないので、新しく取り付けたルーフキャリーに載せなければならない。
当日の天気が心配なので、ブルーシートを60号の額の大きさに袋状に折り畳んで、それに額を入れて屋根に載せることにした。
午後1時半に上八重原公民館に行って、市の広報などの配布物回覧の仕分けをした。
一昨日印刷した臨時総会の書面決議の資料も分けた。
仕分けをした後、今月の10日に行われる区内の道路舗装などの要望に対する市のヒアリングについて打ち合わせをした。
今年度は道路整備事業の市の予算が例年より多めに計上されているので、毎年出している要望のなかで、一つか二つしか予算がつかないが、区長は今年は倍近く付けてもらえるのを期待しているようだ。
3時近くまで打ち合わせをした後、ジイは2か所の組長の家に配布物を届けて家に戻った。
今月はジイが毎週水曜日の夕方、翌日のプラごみの収集に合わせて上八重原公民館の集積場所にネットを用意する当番になったので、6時前に公民館に行くと、すでにネットが置かれていて、プラごみの袋が2,3個入れられていた。
前日にプラごみを出したかった人がネットを設置したのかもしれない。
原則として当日の朝6時半から7時半までに出すことになっているのだが・・・。
いずれにしてもプラごみはネットに入れておかないとカラスや野生生物が散らかしてしまう。
役員になるまで、ネットの準備を役員がやっていたことも知らなかった・・・。
先日の草刈りもそうだったが、思っていた以上に役員の仕事があることに少し驚いている。
2022年05月31日 (火) | Edit |
夜中に降り出した雨は朝7時に起きた時には上がっていたが、まだ庭の草に雨の露がたまっていたので、まだ雨は上がったばかりのようだった。
午前中はまだ雨が降ると思っていたが、そのまま空が次第に明るくなってきた。
午後の上田支部の臨時の作品研究会に備えて、道具や自分の絵を車に積み込みなどをした。
西の空に青空が出始めたので、10時過ぎにリハビリウォーキングに出かけた。
西の空の青空
今日はあまり気温が上がらないという予報だったので、上着を羽織って出かけたら途中で暑くなって脱いだ。
バアも我慢できなくなって、上着を脱いだ。
さすがに今日は雨上がりなのでほかに歩いている人は見られなかった。
昨日当たりで残っていた田んぼの田植えも全部終わったようで、風景も落ち着いて見えるようになった。
5月も今日で終わりなのでさすがに田植えも完了か?
それでも歩いている間に荷台に苗箱を積んだ軽トラがどこかへ運んでいる姿が見受けられた。
1時間歩いて今日も6,000歩のノルマは達成できた。
リハビリウォーキング① リハビリウォーキング②
午後は12時半前に家を出て、最初に来月の日本水彩展への搬入をお願いしている画材屋さんに行って、出品者リストを渡した。
これをもとに日本水彩画会の本部に受付番号を画材屋さんが取り、出品する作品に番号を張り付けて、東京都美術館に搬入する。
来月7日に神川公民館と佐久創錬センターの2か所で積み込んで、9,10日の間に東京に運ぶ。
画材屋さんの帰りに神川公民館に行った。
午後1時からの作品研究会と思い込んでいたが、1時半からだったようでまだ誰も来てなかった。
早く着いたので、机や椅子を出して会場づくりをした。
1時半前に参加する人がほぼ出そろったので作品研究会を始めた。
一般の部ではジイを含めて4人が作品を持ち込んでいろいろ指導を受けた。
一昨日長野の先生に指導してもらって手直ししているので、もう修正しない積もりでいたが、いろいろ細かい点を指摘されて手直しをせざるを得ないことになってしまった。
搬入の積み込みまで残り1週間で、手直しをしなければ・・・・、
3時半ですべて終わって解散となり、4時前に家に戻ったので、急いで接骨院に行った。
4時から施術をしてもらった後、夜勤明けで家にいた長女にコーヒーを淹れてもらってご馳走になった。