FC2ブログ
2019年10月22日 (火) | Edit |
今日は朝から雨で外にも出られなかった。
テレビはどのチャンネルも即位礼ばかり・・・。
関心もないが、右向け右!でマスコミが一斉に無批判に報じることに、鳥肌が立つようでテレビを消した。
10時ごろから雨が小やみになってきたので、ジイ小屋に置いてある工具類を長女の家の倉庫に運ぶ準備をした。
整理しながら持って行くものを選別していると、かなりの量になった。
外は、雨で先日の台風19号後の晴れ間などで乾き始めた土がまたたっぷり水分を含んだ。
雨模様
タマネギの苗を買ってきたのに、これだけ畑も水分を吸うと、これから1週間雨が降らなければ土も乾いてくると思うが、今週は週末までずっとお日様マークはなしだ。
ドウダンツツジの紅葉の色が一段と赤くなっていた。
畑 ドウダンツツジ 
午後外が明るくなり雨の心配もなくなったので、家の掃除をした後、午前中準備した工具類を車に積んで、長女の家に行った。
長女の家に行くと、ちょうど夫妻で買物に出かけるところだった。
荷物を下ろすのを手伝ってもらった後夫妻は出かけた。
倉庫の中の窓枠を支える支柱や枠が一部折れたり曲がったりしているので、その補修に取り掛かった。
古くなった枠の木を取りはずそうとしたが、鉄骨に留めているビスが錆びついて回らなくなっていた。
古い板を残してそれに宛て木をして補強するしかないようだった。
窓枠の周辺が重さで下がっていて、これを水平にする方法も考えなければならない。
結局今日はいろいろ試行錯誤しただけで何も進展しないうちに時間切れとなってしまった。
ジイが作業している間に、バアが家からリハビリウォーキングを兼ねて歩いてやってきた。
倉庫の修理が手詰まりになったころには長女夫妻も戻ってきて、しばらくお茶をご馳走になった。
今日は、光回線の工事が午前中来てネットがつながるようになった。
地元のケーブルテレビも、回線の接続工事は来月にならないとできないそうだが、仮に受信できる装置を貸与してもらって、キッチンに置いたテレビが見られるようになっていた。
光ケーブルのモデムは、仕事場になる離れの住宅に置いたので、母屋では電波の受信が弱い。
夫妻が買物に行ってきたのは、そのモデムから、離れと母屋の両方がネットにつながりやすくするための高性能の無線ランルーターと中継器を買うためだった。
お茶をした後早速無線ランをモデムにつなげた。
そのあと、各自のスマホと無線ランをつながるようにしたが、どうしてもうまくつながらなかった。
最後にパソコンをつなげるようにしたら、モデムの設定をするよう促す画面になって、それに従ってフレッツ光の設定をしたら、パソコンもスマホもばっちりつながるようになった。
中継器の設定もスムーズに終えて、最後に中継器を母屋のどこに置けば家の中全体がつながりやすいか試したところ、玄関の先の階段の近くが一番いいことが分かり、中継器の置き場所も決まった。
かなり手間取って最終的に終わった時は6時半を過ぎていた。
家に戻ったら7時前の天気予報がギリギリ間に合う時間だった。
2019年10月21日 (月) | Edit |
しばらく買物に出かけていなかったので冷蔵庫の中の食料品が底をつき始めていた。
いつもより早めに上田まで買物に出かけた。
台風19号の来る前に利用していた千曲川沿いの堤防道路のルートを走った。
千曲川の護岸があちこちで浸食されていた。
以前はサッカー場やマレットゴルフコースだったところは泥と流木で埋まっていた。
車を運転しながらなので、横目で見ただけだが・・・。
鉄橋の一部が川の中に落下した上田電鉄別所線の周りでは復旧工事の重機やダンプが動いていた。
川に面して建てられている住宅では、浸水した家具などを積み上げている家もあった。
自分たちは比較的災害に会わないところに立地しているので、こうした被災者の困難に直面した心情に思い至らないことが多いのだが・・・。
帰りに今話題のワークマンに寄って、冬用のズボンを買った。少し裾が長めだったので、その場で裾上げを無料でやってもらった。
今度の一泊の写生旅行ではいて行こう。
外で写生すると冷え込む季節になってきている。
午後から立科町のコメリに行って、倉庫兼ガレージの補修用の材木や金物などを買った。
ツーバイフォーの材木は、長さが12フィート3.6mもあるので、コメリのトラックを借りて長女の家まで運んだ。
車を運転していると上着のポケットで硬いものが手に当たった。
トタン板用の釘が入ったケースで、レジで打ってもらった記憶がない。
最初に釘を手に取ったので、材木を選ぶときに手に持っていた釘のケースをポケットに入れてしまい、そのまま忘れてしまったようだ。
このままでは万引きなってしまう。監視カメラに写っているだろう。
借りた車を所定の場所に停め、鍵を返しに行った際にレジで精算してもらった。
認知症の人が万引きするケースがあるが、気が付くまでジイも同じだったことを思うとゾっとした。
先日、大学時代の友人から、大学をやめるきっかけとなった大学当局との対立が始まって50年となる節目に、有志で集まろうというハガキが届いた。
今夜その友人に電話をして参加する返事をした。
最後に会ってから20年以上経っているが、電話を通じて聞こえてくる声やしゃべり方は若い時と少しも変わっていなかった。
そのことを言ったら彼もジイのことを同じように言っていた。
電話では外見が分からないが、容貌はお互い随分と変化しているだろうに・・・。
50年前の大学闘争を記した冊子を久し振りに取り出して読んでいたら深夜になってしまい、ブログは書けず翌日書いた。
2019年10月20日 (日) | Edit |
今日は東御美術会の会員展の最終日、午前9時から午後1時まで受付当番をすることになっているので、朝食の後支度をして会場の文化会館に行った
朝から晴れているので来場者が多いことを期待していたが、大きな台風のあとで自粛ムードが高まっているのか、今回の会員展は、1週間を通してここ数年では一番少ない入場者になってしまった。
当初印刷する予定だった作品目録は450枚だったが、300枚を印刷したところで様子を見ることにしていたが、最終日の今日でも50枚以上残っていた。
12時半ごろ午後の受付当番の人が来て交替してくれたので、1時前には家に戻ってきて昼食を食べることができた。
それでも、午後3時から出品した作品の講評を会長がするので、2時半過ぎには家を出て再び文化会館に行った。
3時から45分かけて出品作品全体の講評をしてもらったあと、4時を期して片付けに入った。
明日の休館日をはさんで同じ会場で別の絵画のグループが使用するので、初日に取り付けた額を吊るすワイヤーは外さず、そのまま残すことになったので、作業が半減し4時15分には解散することができた。
帰りに農家向けのホームセンター「大地」に寄ってタマネギの苗200本を買ってから家に戻った。
タマネギの苗
長女夫妻が上田での買い物の後寄ってくれたようだが、すれ違いで会えなかった。
おやつにジイの好きなおはぎを買ってきてくれていたので、喜んでご馳走になった。
夜は、ラグビーのワールドカップ日本対南アフリカ戦を見た。
前半の戦いで五分五分の試合展開だったので、後半の戦いに期待を高めたが、地力の差はいかんともしがたく、あえなく敗戦となってしまったが、ベストエイトに残った快挙に拍手を送るべきだろう。
ジイの甥が高校から大学時代ラグビーをやっていたので、甥もきっと熱くなって今日までの試合を見ていたことだろう。
これを機に日本にもラグビー熱が高まるに違いない。
2019年10月19日 (土) | Edit |
就寝中二度もトイレに起きた。二度目は4時過ぎで、それから2時間寝付けずベッドで呻吟した。
今日は彩明会の例会があるので、6時半起きで目覚ましをセットしていた。
寝付けないので起きてしまおうかと思っているうちに眠り込んだらしく、目覚ましで起こされた。
バアも一緒に起きて、弁当を作ってくれた。
今日の彩明会の例会は、当初奥裾花ダム周辺に写生に行く予定をしていたが、事前の天気予報で雨模様だったのと、先日の台風で道路崩壊している可能性もあるので、祢津公民館での例会に変更してあった。
奥裾花ダムから祢津公民館公民館に変更したので、欠席予定だった顧問の先生に連絡したら、出席してくれるということで、今朝迎えに行くことになっていた。
先月は、当日迎えに行ったらまだ就寝中だったので、今日は迎えに行く前に電話をしたら、今度は奥様が具合悪くして寝ているので行けない、ということだった。
いきいきサロンのボランティアに参加するバアを上八重原公民館に送り届けてから、祢津公民館に行ったので、到着が最後になってしまった。
来月予定していた布下での千曲川の紅葉を描くのは、現状では無理な状況なので、写生地を中央公園に変更した。
今後の彩明会についても、指導していただいている顧問が今後も続けて指導していただけるかわからない状況になる不安もあるので、会員には問題提起をしておいた。
12月の納会、来年1月の総会、2月の会員展をどうするかも・・・。
存続を希望する会員もいるが、それを誰が支えていくかが問題だ。
ジイも会長としてはや3年も続けてきたが、この1年ですっかり体力に自信がなくなってきている・・・。
絵のほうは、画題をいくつか準備してもらってあったが、ジイは静物画を描かないで、昨夜家でデッサンだけ仕上げておいた奥裾花ダムの鉄橋の絵を描いた。
昨夜は、1時間以上かけて、定規なども駆使して鉄橋を描いた。
それでも彩色してみると構図に狂いが出ているのが分かった。
建物や構造物は、遠近感を出す道具としてよく用いられるが、そこに狂いが出るとすぐに見破られてしまう、ごまかしがきかないモチーフだ。
事前にデッサンして行ったにもかかわらず、例会の時間内では完成させることができなかった。
今日の絵
今日は朝から雨の予報だったが、午前中から午後にかけて青空も出る天気になった。
お昼過ぎに終わるいきいきサロンの後バアは、近くの長女の家に行って、ジイの迎えを待つ予定だったが、長女たちが留守だったので、歩いて家に帰ったそうだ。
これも天気が良かったからできたことだ。
例会を1時半に終え、途中東御美術会の会員展が行われている文化会館に寄った。
作品目録を450枚印刷を依頼されているが、まだ300枚しか印刷していないので、追加印刷が必要か確認したが、まだ100枚近く残っているので、明日の最終日まで足りそうで追加印刷はしないことにした。
それだけ来展者が少ないということで少し寂しい気もする。
台風19号の被害が大きく、絵画鑑賞どころではないということだろうか?
家に帰って休んでいると、岩手の師匠からお米が届いた。
毎年美味しいお米を届けてくれる。同封してあった便りには、今月9日に99歳のお父さんが逝去されたことが書かれてあった。
御冥福を祈る。
2019年10月18日 (金) | Edit |
今日は佐久平水彩画研究会の例会で小諸の懐古園で写生をすることになっていたが、昨日連絡があって延期になった。
天気予報ではお昼ごろから雨となっていた。
朝から曇り空で今にも降ってきそうな空模様だった。
朝食の後、長女の家の玄関に使う踏板の二度目の塗りをした。
天気が良くないので、なかなか乾かなかった。
ジイ小屋のテラスに乾そうとしたが、ネコが上に乗る心配があったのでしばらくジイ小屋の中に乾していたら、部屋がオイルの臭いが充満してしまったので、外に立てかけて乾した。
午前中に持って行こうとしたが、臭いが消えるまで待って午後から行った。
ついでに木工をしようとため込んでいた木材や道具類を積み込んだ。
長女の家に着いて荷物を下ろそうとしたら、肝心の踏板を積み忘れていた。
積み込んだ道具や木材を下ろした後、もう一度出直した。
玄関の踏板
玄関に踏板をセットしたあと、庭の周りのあちこちに積み上げてあった庭木の剪定枝を、1か所にかき集めた。
あとで風のない日に燃やすつもりだ。
先日の台風19号で、応急処置した倉庫のトタンが一部剥がれたり外れたりしていたので、補修した。
これから冬場になると北風が吹くとまた剥がれる心配があるので、本格的な修理を近いうちやらなければならない。
それが終わったら自分でトタンのペンキ塗りをしなければ・・・。
そんな作業をしている間に雨が降り始めたので家に戻った。
しばらくすると出かけていた長女夫妻が、「ちゃたまや」のカステラを買って家に戻ってきた、とLINEで知らせてきたので、大急ぎでもう一度長女の家に行った。
就職に先立つ健康診断などを受けてきたようだ。
来週早々には、仕事が始まるとか・・・。
カステラとお茶をご馳走になった後、来月彩明会の例会で千曲川の紅葉を描きに行くことになっているので、現地を見に行った。
布引観音に行く道路はその手前で通行止めになっていた。
川の水量は台風以後増量したままのようだ。
対岸の護岸が大きくえぐられているのが見えた。
とても写生するような風景ではなくなっていた。
明日の例会では、来月の写生場所の変更を提案しなければならない。
夕方から夜にかけてときおり強い雨が降ってきた。
千曲川も増水しているにちがいない。
これ以上の被害が出ないことを祈るばかりだ。
千曲川
2019年10月17日 (木) | Edit |
午前中、晴れ間があったので、雨が降るって来る前に長女の家の玄関に置く踏板の制作に取り掛かった。
ほぼ形が出来上がって、やすりやサンダーで角を取ったり、板を磨いたりして、仕上げの塗装は昔使って残っていたラッカーを使った。
塗り始めて間もなく、古いせいか塗料が滑らかに伸びず、表面が凹凸になってしまった。
塗料も板全面を塗り切る前になくなりそうになった。
これは失敗だと気が付いて作業を中断・・・。
昼食の後立科町のコメリに塗料を買いに行き、仕切り直しで新しいラッカー系の油性ニスで塗ることにした。
木材の仕上げ塗りの塗料には、水性、油性の2種類の中に、いくつも色や表面の仕上げをどのようにするかで、選ぶのが難しくなるほど種類が多いのに驚いた。
実際に塗ったらどうなるか説明書きだけではわからない。
一番失敗の少ない無難な塗料と思ったがそれすらどれがいいのかわからなかった。
午前中に塗って失敗した板は、電動カンナで表面を削ったがきれいに仕上がらなかった。
別の板を新しくカットして、とりあえず買ってきた塗料で塗った。
塗料がよく伸びて塗りやすく、仕上がりもまずまずだった。
二度塗りすると仕上がりがきれいになる、と書いてあったので、表面が乾いてきたのでもう一度塗ろうと思ったら、最低4時間以上置いてから重ね塗りするように書いてあった。
塗る前にサンドペーパーで表面を研磨したほうがきれいに仕上がると書いてあった。
これでは今日中に仕上げることができない。
明日は天気が良くない予報だが、踏み台づくりを終わりにした。
玄関の踏板
明日予定していた佐久平水彩画研究会の例会は、延期するという連絡があった。
明後日の彩明会の例会で奥裾花自然園へ写生に行くのも、雨の予報と先日の台風による道路事情の不安もあって祢津公民館に変更し、連絡をした。
奥裾花自然園は去年も天候不順で行けず、2年続きで断念する羽目になった。
どうしても行きたかった、という人がいたので一昨年下見を兼ねてバアと行った時に撮った写真の中から4か所選んでA4サイズでカラー印刷した。
部屋で写真を見ながら風景を描くというのもありなので・・・。
奥裾花自然園
2019年10月16日 (水) | Edit |
今朝も晴れて空には青空が見えた。
昨日から台風が過ぎて大気が入れ替わったのか、朝晩の冷え込みがきつくなってきた。
昨日は少し気が早いがダイニングテーブルにこたつ布団をセットした。
ヒーターは点けないが、布団の中に足を入れているだけで寒さを感じない。
膝を痛めてから、足が冷えるという感覚を経験するようになった。
今日は昼過ぎに、長女の家の母屋の外壁と倉庫の屋根とシャッターの塗装をした業者が代金を取りくるので、午前中郵便局までお金を下ろしに行った。
お昼前のコープ長野の宅配では、台風19号被害のお見舞いとして、2リットルのボトルと菓子パンが届けられた。
我が家では特に被害もなかったが、組合員全員にということらしい。
配送も道路が寸断されているので、渋滞個所もあり宅配にも影響が出ているとのことだった。
昼食の後、塗装屋さんが集金に来る長女の家に行った。
午後1時半になっても来ないので電話をしたら、倉庫のトタンを補修するためのトタン板を運んでくるのに手間取っているとのことだった。
2時過ぎにやってきて、風で落ちてしまった縦樋の取り付けと、外れないようビス止めをしてもらった。
さらに修理用のトタン板も1枚持ってきてもらった。
古いオイルタンクも、持って行ってくれるという約束だったので、それも軽トラに積み込んだ。
支払いもすべて済ませて、塗装屋さんが帰った。
雨どいの取り付け オイルタンク
塗装屋さんが来る前に、保科不動産のリフォームを担当している不動産屋さんの夫が、離れのリフォームの打ち合わせに来てくれた。
接骨院として利用するための打ち合わせのためだが、その前に今回の台風で発生した雨漏りについて、実際の状況を診てくれた。
ジイの見立て通り西側のガラリから入り込んだ雨水が、梁を伝って2階の和室の天井から壁に沁みてきたものだった。
そのガラリは離れのリフォームの時に大工さんにガラリの一部を塞いで雨が吹き込まないようにしてもらうことにした。
さらに、洋室にリフォームした隣の部屋の壁紙も雨水を含んでシワが出ていたので、これは無償で張り直してくれることになった。
さらに北側のアルミサッシの窓枠の隙間から雨が吹き込んだので、そのサッシの隙間も調整してくれた。
良心的な不動産屋さんで本当によかった。
今回長女の家の火災保険をお願いした埼玉の保険屋さんからも電話で台風被害の様子を尋ねる電話があったので、雨漏りのことを報告したら、写真を撮ることと、リフォームをするときには見積もりを取って写真と一緒に送るよう指示してくれた。
せっかく購入した中古住宅でいきなり発生したトラブルで意気消沈していたのに、今日一日で、解決法に光明がさしたような思いだった。
梁に雨の跡 雨漏りでシワになった壁紙

2019年10月15日 (火) | Edit |
朝食の後、家の掃除をした。昨日までの3連休中台風騒ぎや会員展などで掃除をする暇もなかった。
10時ごろ長女の家に行った。
今日は可燃ごみの収集日なので、初めて集積場にごみを出したようだ。
生ごみも一緒に出したそうだが、早く生ごみだけでも敷地の一角に埋めるようにして、ごみ減量化の協力をさせたい。
そんな気持ちで、昨日作ったごみの穴の蓋にする型枠を設置するために出かけた。
ちょうど引っ越しで出た大量の段ボールをスーパーの資源ごみ集積場に出すため車に積み込んでいるところだった。
早速、持って行ったスコップでごみの穴掘りを、長女の夫の手を借りて始めた。
長女の夫はシャベルは使ったことはあるが、スコップは初めてだという。
団地住まいで育った彼との生活歴の違いを実感した。
今度の家の土地には、畑にして野菜を作るスペースも十分あるが、いきなり野菜を作れなどとはいったらプレッシャーになるに違いない。
穴を掘ったところは、家の北側でその先の田んぼとは1,5mほどの段差があるので、おそらく宅地造成する際客土したのだろう大小の石が埋まっていて、50㎝の深さを掘り下げるのに、ずいぶんと手間を食ってしまった。
敷地に置いてあった石板を再利用して蓋の回りを囲った。その下には除草シートを敷いた。これで周りに雑草も生えず、虫も入りにくいだろう。作業の後コーヒーなどをご馳走になっていたら、お昼の時間になってしまった。
ごみ穴の蓋の枠 ごみ穴完成
家に戻った後、上田アリオに買物に行き、アリオの中のレストランの一つ長崎ちゃんぽんで皿うどんを食べた。
午後1時前で力仕事の後でもあったので、増量の皿うどんを食べたら、バアの普通盛と比べたら倍の量があった。
それを完食したらさすがに胸が焼けた。
増量皿うどん
千曲川の堤防道路は車で走れるようになっていたが、テレビに映されていた上田電鉄別所線の橋梁の崩落を見た時には、今度の台風の被害の大きさを象徴するものだと感じた。
ローカルな電鉄会社で、果たして別所線は再会できるのだろうか?
東御市や上田市では、千曲川やその支流の沿線で水害が発生し、道路の寸断や水道の供給が停止しているところもある。
我が家が済むエリアでは何事もなかったかのような状況だが、少し離れた所では色々被害が出ているようだ。
こんな実態を確認もしないで、自民党の馬鹿な幹事長が「まずまずの状況」などと口を滑らせてしまったが・・・。
買物から帰った後は、11月の上田支部の小品展を記事にしてもらうため、地元のミニコミ誌などの会社10社に記事を掲載してもらうためにファックスを送った。
さらに上田市・東御市の首長や議長を始め生涯学習の関係者に送る案内ハガキを印刷したりした。
明日郵便局に行って、値上がりしたハガキ用の切手を購入して送る。
夜9時すぎから、サッカーワールドカップ2次予選、日本対タジキスタンの試合をテレビで観た。
アゥエイの試合なので押される場面もあったが、心配せずに観戦することができた。
試合の結果も3-0で一方的な試合だった。
2019年10月14日 (月) | Edit |
今日は朝から曇り空、午後から雨の予報が出ていた。
東御美術会の会員展が今日から始まるので、その設営のため8時20分に家を出て、会場の東御市文化会館に行った。
途中、台風19号の影響で、橋の一部が崩落して、3台の車が転落し、3人が行方不明になった現場のすぐ近くを通った。
まだ千曲川は普段の水量の数倍の量が流れていた。
一つ上流の橋を渡ったが、護岸の一部がえぐられているのが見えた。
9時から会員展の展示作業が始まった。
額を吊るすワイヤーを取り付けるため高い脚立に登るのはジイの仕事みたいなものだったが、今回だけは脚立を倒れないよう押さえつける役に回った。
10時過ぎにはすべての作業が終わって、閲覧できるようになった。
東御美術会会員展
10時半に会場を出て帰宅した。
帰るころにはポツポツと雨が降ってきた。予報より少し早い。
その後降ったり止んだりする状態が午後3時ごろまで続いた。
午後から、長女の家で使う生ごみを地中に埋めるための蓋の枠をジイ小屋のテラスで作った。
ツーバイフォーの角材を丸鋸で切ったり、パネルをカットするなどしばらく遠ざかっていたので、思った以上に手間取った。
最後に蓋に付ける蝶番が、道具箱に入っていたものでは、蓋が反対側に倒れてしまうので使い勝手の悪いものになることが分かった。
午後3時過ぎ長女の家に行く前に、立科町のツルヤに行って蝶番を買ってから、長女の家に行った。
長靴や穴を掘るためのスコップなども車に積んでいったが、長女の家に着く前から雨が本降りになってきて、外で作業できるような状態ではなくなっていた。
穴掘りは明日にすることにした。
2019年10月13日 (日) | Edit |
昨夜のうちに台風19号は、大きな被害だけを残して過ぎていったのか、朝7時に起きた時には風雨は収まっていた。
一夜明けて、東御市周辺でも道路の陥没、別所線の鉄橋の崩落、堤防の決壊による家屋の浸水など、大きな被害があったことがテレビの報道で分かってきた。
主に水害のほうの深刻な被害の報道で陰に隠れてしまったが、農作物の被害も深刻ではないかと心配だ。
長女から朝雨どいが落ちているという電話があり、昨夜の雨漏りのこともあるので、朝食の後様子を見に長女の家に行った。
たてどいが庭に転がっていて、どこの場所から落ちてきたのかはじめはわからなかったが、よく見ると2階の屋根の雨を1階の屋根の集水枡に流し込む樋だった。
外壁の塗装のときに塗った後の取り付けが甘かったので、風にあおられて外れて落ちてきたようだ。
塗装屋さんに後日付け直してもらおう。
雨漏りがどこからきたのか、2階の押し入れの天袋の上の板を外して天井裏が見えるようになっていたので、そこから覗いてみた。屋根に下地はどこも濡れていなかった。
瓦のどこかから雨が入り込んでいれば屋根の下地が濡れているはず。
視線の先に、ガラリの隙間から光線が入り込んでいた。
上尾にいるときに住んでいた家でも小屋裏のガラリから雨が吹き込んで、小屋裏に床がびしょ濡れになったことがあった。
どうやら今度の2階の雨漏りは、このガラリから横殴りの雨が吹き込んで、天井から壁に伝わってきたようだ。
瓦の問題ではなく、天井裏の通気口のガラリに原因があるのであれば、対策は容易だ。
離れのリフォームをするときに一緒に対策を講じてもらおう。
ガラリ 屋根裏
昨日応急措置をした倉庫のほうは、ほとんど効果なくかなり窓枠がひしゃげていた。
近々材料を買ってきて本格的に修理することにした。
どのように修理するかイメージができた。
雨漏りが大きな問題にならなかったので、少し安堵してお昼前に家に戻った。
家の奥の田んぼや畑を見に行った。
今年の日本水彩展に出品した絵のモチーフになった田んぼは、まだ水が少し残っていた。その隣の畑のほうは、雨で土が流れて起伏ができていた。
奥の田んぼ 南の畑
午後から、畑の道具をしまってある手作りの物置に引き戸が壊れているのを見つけたので、これも修理しようとしたら、インパクトドライバーを長女の家に置きっ放しになっているのに気が付いた。
長女夫妻は上田に買物でかけて留守だったが、スペアの鍵はもらっているので、取りに行った。
天気もいいので、車ではいかずにバアを誘ってリハビリを兼ねて歩いて行くことにした。
まだ風が少しあったが、台風一過澄んだ空気の秋空で歩いていても心地よかった。
浅間山系も山の上こそ雲がかかっていたが、稲刈りを終えた田んぼとの対比が、絵にしたくなるような風景だった。
久し振りのウォーキングで足が重かったが、1時間ほど歩いた。
田んぼと浅間山 リハビリウォーキング
家に戻った後、早速物置の修理をした。
続けて木工の仕事をしようとして、ふと明日の東御美術会会員展に出品する絵を額に入れてないことに気が付いた。
それよりも先日手直ししたときに、一部色を落として描き直そうとした個所をまだやり終えていなかった。
慌てて手直ししたあと、乾かして額に入れた。
目録の印刷や画題札の印刷に時間を奪われて、肝心な自分の作品の仕上げを忘れていた。
日没前、浅間山に夕日が当たって赤く染まっていた。
夕方の浅間
2019年10月12日 (土) | Edit |
昨夜からの雨が今朝も残っていた。
台風19号が近づいているので、午後からも雨に風も加わって嵐になってきた。
午前中長女の家に行って、母屋の隣の倉庫兼ガレージの北側のトタン張りを支える支柱が壊れていたので、応急処置で当て木をして補強した。
窓枠を支える板でもあるので、折れた状態で強風にあおられて窓が割れても困る。
後日、材料を買ってきて本格的にやり直すつもりだ。
長女たちの車庫として半分使い、半分はジイの木工などの作業場として使うつもりなので、ジイの責任で補修する。
倉庫の応急修理
午後からは本格的になった台風の影響をテレビの情報を見たり、外の様子を家の中から見たりして過ごした。
家の南側の畑が水浸しになるのを初めて見た。
大雨
11月12日から1週間開催する日本水彩上田支部の小品展の、招待状のリストや報道機関あての宛名リストなどの作成をして過ごした。
夜になって、長女から雨漏りの知らせがLINEできた。
心配していた通り、過去に例のない大型の台風で、雨漏りが発生したようだ。
住宅購入の時は、1階部分で雨漏り跡があったことは報告を受けていたが、2階の天井から壁伝いの雨漏りの報告はなかった。
塗装し直したばかりの外壁よりも屋根のどこかから雨水が侵入したのだろう。
屋根からとなると、おいそれと原因の究明と補修は簡単にはいかない。
こんな暴風雨が二度と起こらないことを祈るしかないか?
長女の家の雨漏り
市内の千曲川に架かる橋のたもとの道路がえぐられて車が3台転落したニュースが流れた。
3人は救助したが、3人が行方不明になってしまった。
時々走っている道路なので、他人ごとではない気がする。
さらに上田市内への買物の時には必ず通る千曲川の堤防道路も氾濫したという。
通行止めになれば、迂回しなければならなくなる。
普段は静かな川にしか見えない千曲川もひとたび豪雨があれば、想像もつかない暴れ川になってしまう。
2019年10月11日 (金) | Edit |
昨日と打って変わって今朝は曇りで青空はゼロだった。
台風の影響か、南の暖かい空気で最低気温も13℃、日中午前中は薄日も射して気温は23℃まで上がった。
ここに住んでいると、空気の入れ替わりを肌で感じることができる。
今日は長女の新たな就職先までの、通勤コースを覚えてもらうため、10時前に長女の家に行き、車で先導して一緒に職場まで行った。
約束の時間の30分前には着いたので、ロビーでコーヒーを飲んで時間を調整した。
約束の時間になって長女が窓口に行ったので、それを機にジイは長女と別れた。
帰宅せずに、東御市役所の近くのレストランで、文化協会絵画部会の打ち合わせを兼ねた食事会があるので、そちらに向かった。
12時集合ということだったが、11時半に着いたので市役所の駐車場で時間を潰した。
5分前にレストランに行くとすでにほかのメンバーは集まっていて、打ち合わせが始まっていた。
長野時間というのを失念していた。集合時間の15分前には行ってなければならなかった・・・。
とんかつ屋さんだったので、打ち合わせの後はロースカツ定食を食べ、お腹いっぱいになった。
午後1時過ぎに解散となって帰宅した。
帰った後、家で東御美術会会員展の画題札の作成をした。
作業が終わった後外に出たら、予報より早く雨が降り始めていた。
道路がしっとり濡れていた。先日トラクターが耕していた南側の畑は、久し振りの雨でしっとりしていた。
きれいに耕された土の上に鹿の足跡がくっきり見えた。
夜になると鹿が周囲を徘徊しているのだろう。
ジイには聞こえなかったが、バアが昨夜鹿が鳴いていると言っていた。
雨が降り始めた 鹿の足跡も見える畑
夜は、会員展の作品目録を300枚印刷した。
全部で450枚印刷するよう依頼されている。
明日から台風が来るので、時間はたっぷりある。
豪雨や強風で停電しても、14日の開会日初日には十分間に合う数を印刷したので安心だ。
2019年10月10日 (木) | Edit |
昨夜午後8時ごろ長女の家から帰る途中、外気温は8℃まで下がっていた。
家の中はまだ暖房を点けるほど冷えなかった。
夕食が鍋物だったのと、人口が倍の4人だったせいもあるかもしれない。
今朝も秋晴れのいい天気となった。
立科町の測候所の最低気温は4℃になっていた。
庭のドウダンツツジが早くも紅葉していた。
紅葉したドウダンツツジ
長女夫妻は、8時半前に上田と長野に向けて家を出ていった。
まだ土地勘がない長野県内の道路を迷わずに行けるか心配したが、11時過ぎには2か所の公的機関で接骨院に関連した届け出を無事済ませたと電話があった。
長野市内を観光したあと、暖房器具や灯油用のポリタンク、食料品などの買物をして夕方帰ってきた。
今夜から自宅に泊まると言って引っ越してきた家に出かけた。
明日は、長女の新しい職場で就業のための説明や打ち合わせなどがあるというので、これからの通勤経路となる道を先導することにした。
来週の14日から始まる東御美術会会員展に出品する作品の画題や号数が全部そろったので、目録の原稿を入力した。
昨年と比べると出品者が5名減り、出品数も5点減った。
その代わり遺作となる作品が4人、4点となった。来年は70周年を迎える長い歴史のある会だが、入会する人数より退会する人数が上回るようになった。
ここにも高齢化の波が押し寄せている。
一昨日ジイが出かけている間に、庭のフジバカマの花にアサギマダラが吸蜜にきていたという。
アサギマダラが来るように数年前からミッチャンが庭に植えたのが始まりで、年々フジバカマの株も大きくなってきたが、今まで一度もアサギマダラが来ることはなかった。
時期的にはもう暖かい地方へ渡っているころだが、なぜかうちの庭へ今頃やってきてくれた。
去年から今年にかけてバアやジイの腰痛や膝痛で山に行けなくなり、アサギマダラを見られなくなっていた。
そんな我々に、向こうから会いに来てくれたようでうれしかった。
ミッチャンがスマホで撮った写真をLINEで送ってくれたので、ブログにアップする。
アサギマダラ
2019年10月09日 (水) | Edit |
今朝は絶好の引っ越し日和になった。
いつものように7時に起床し、長女夫妻と4人で賑やか朝食となった。
気が付いたら8時からの朝ドラが半分終わっていた。
9時前に家を出て長女夫妻の家に4人で出かけた。
運んできた荷物をどこへ配置するかシミュレーションしたかったようだが、ジイは気がかりの七二会から運んできたオイルタンクの組み立てをしたかったので、長女の夫の手を借りて組み立てた。
組み立てたオイルタンク
その間、長女はプロパンガスや灯油をどこへ依頼するか、情報を集めたが、最終的にはサイサン系のガスワンという会社に依頼することにした。
電話するとすぐに現場を見に来てくれた。
灯油の販売もしているというので、ガスメーターの取り付けやリフォームで新しくなったシステムキッチンのビルトインガスコンロへの接続と合わせて、オイルタンクの交換もやってくれることになった。
いったん社に戻って、必要な道具や人員を集めて出直すことになった。
10時半には運送会社の1台目のトラックが到着し、5分遅れで2台目も着いて、すぐに荷物の搬入が始まった。
引っ越し作業
しばらくジイとバアには出番がなさそうなので、いったん自宅に戻り、いつも11時半ごろに来るコープの配送の受け取りをした。
そのあと、みんなの昼食のお弁当を買いにツルヤまで行くと、定休日で休みだった。
毎週決まった曜日に定休日があるわけではないので、ほとんど休みがないものと思い込んでいた。
仕方なく近くのコンビニでお弁当を買って、12時過ぎに長女たちの家に行った。
引っ越し作業もガスの接続作業もまだやっていたが、引っ越しのほうは間もなく終わって引き上げていった。
ガス屋さんのほうは、午前中からお昼も食べずに作業を続けているので、こちらも自分たちだけお昼を食べるのは気が引けて、しばらく食べずに終わるのを待っていた。
さすがに1時半を回って我慢できなくなって、奥の見えないところで4人でお昼を食べた。
ガス工事は間もなく終了したが、続けてオイルタンクの交換工事にまたまた2時間以上かかった。
ガスの接続作業 タンクの取り換え据え付け作業
ようやく一段落したのでジイとバアは、家に戻ってバアは夕食の準備に取り掛かり、ジイはオイルタンクに溜まっていた灯油をポリタンクに移し替えるため家にあったポリタンクを持って行った。
灯油のタンク車が来ていて、先ほどまで作業していた二人が再び、付け替えたオイルタンクの油の送りとそれを受ける石油給湯器の具合を調整していた。
それも30分以上かけてお湯が出るか、湯音が安定して設定温度になるか、テストしていた。
はじめはオイルタンクの交換は自分でやろうかなどと思っていたのは大きな間違いだったことがよくわかった。
石油を送るパイプに空気が入ったりすると給湯機本体がうまく作動しなくなるものらしい。
ガスにしても給湯機にしても引っ越してきたその日から使えないと不自由する。
今朝電話してすぐに、一日がかりで対応してくれたガス屋さんには自然と頭が下がった。
暗くなる6時ごろから、近所に引っ越しのあいさつ回りをするつもりでいたが、外から様子を見ると、なかなか家に明かりがつかない。
結局7時少し前から、区長さんの家から始めて、ジイの知り合いの家に行った後、同じ組の家を順番に回った。
対象となる12軒のうち、2軒以外は在宅であいさつができたのは何よりだった。
荷物が片付いていないので、あいさつ回りの後、我が家に戻って4人で夕食テーブルを囲んだ。
明日は、接骨院の開業のため、上田保健所や、長野市にある国の出先機関に手続きに行かなければならないので、早めに就寝することにした。
2019年10月08日 (火) | Edit |
今朝は6時半に目が覚めた。昨夜よりは眠りは深かったようだ。
7時の目覚ましでベッドから出た。
朝食を終え片付けをしたあと、日本水彩上田支部の例会に出席するため、8時半前に家を出た。
途中大屋のコンビニで昼食を買った後、会場の神川公民館に行った。
20分ほどで着いた。新しくなった公民館は、今までより家から近くなったので、早く着くようになった。
支部展が終わった直後の例会だったので、支部展の反省や、今月末の写生旅行、来月の小品展についてなどの報告もあったので、静物画を描き始める時間が10時近くになってしまった。
画題がたくさん用意されていたので、その中からまたアケビと、植物のホトトギスの2点をスケッチすることにした。
アケビの画題 ホトトギスの画題
午前と午後1時半までに何とか2枚描き上げることができた。
アケビは、ビクと一緒に描くと色の配分やバランスが、先日東御美術会でアケビだけを描いたときより、描きやすかった。
やはり上田支部の場合は、構図や色のバランスなど、画題を用意するときにも事前によく考えて配置されている。
ジイの描いた絵① ジイの描いた絵②
2時に例会が解散になったので、まっすぐ家に戻った。
一休みしたあと、バアと一緒に上田アリオに買物に行った。
長女夫妻が午後から運送業者に引っ越しの荷物を積んでもらった後、こちらに新幹線でやってくるので、明日の食事の食材などを買いだしに行った。
引っ越しの作業は午後4時ごろから始まるというので、だいぶ遅くなるのかと思ったが、6時前にはすべて積み込みが終わり、東京を後にすることができるようになったと、連絡があった。
8時過ぎ上田着の新幹線で来るというので、到着時間に合わせて上田駅まで迎えに行った。
2019年10月07日 (月) | Edit |
今日は東京へ行くため6時に起きた。
その前4時半ごろから腰やひざの違和感で何度も目が覚めてほとんど眠れなかった。
来年の春から、家庭菜園も再開するつもりだし、今年2回しか行けなかった渓流釣りにも復帰したいので、焦らずじっくり養生して治したい。
高速バスで東京へ行くので、朝食を終え7時20分に家を出て、佐久インター近くの停留所へ行った。
出発予定の5分遅れでバスが到着した。
高速道路も、都内の道路もほとんど渋滞がなく、5分遅れのまま11時過ぎに池袋に到着した。
バスで寝不足をたっぷり補った。
池袋から新宿に移動したが、山手線に乗ると、すぐにバアが席を譲られた。
見た目にも助けが必要な年寄り夫婦に見えたのだろう。
新宿南口
早めに目的地に着いたので、用事も早く済ませるつもりだったが、これは相手のあることでこちらの思惑通りはいかず、用事が済んだら午後1時近くなっていた。
少し遅い昼食を食べた。最近東京に出るといつも言っている食事処でサンマの定食を食べた。
先日岩手の師匠から電話で、毎年送ってもらっている三陸沖で獲れるサンマが、今年は極端な不漁で送れないので、近いうちにお米と一緒に落ちアユを送ってくれるという話をしたばかりだった。
メニューを見てサンマがあったので即決で注文した。
師匠から送ってもらっているサンマとは比べようもないが、旬を味わった。
サンマ定食
今回は東京に出たついでに、どこかに行って観光するという計画は立てず、午後3時過ぎのバスで帰宅することにしていた。
帰りのバスも、道路混雑がなくほぼ遅れもなく佐久インター近くのバス停に到着した。
6時だったが、もうあたりは暗くなって霧雨が降っていた。
日帰りの東京行きも結構疲れを感じるようになった。
2019年10月06日 (日) | Edit |
今朝もいい天気となった。
朝食を終え、その片づけをしたあと、掃除をしようと準備していたら玄関のチャイムが鳴った。
ホンダの人がN-boxの車検のため代車に乗ってきた。
いつも長野に来てからの長い付き合いになるSさんが来るものと思っていたら、若い人だった。
Sさんも偉くなって店長をしている長野のお店から、Sさんに言われて車を預かりに来たようだ。
掃除を終えた後、長女夫妻の家に行った。
昨日炊いておいたバルサンの匂いがこもっていたので、全室の窓を全開した。
持って行った掃除機でバアが掃除した。
ジイは、モップで玄関や廊下、板の間、キッチンなどを拭いた。
最後に、バアと棚などを雑巾がけして終わった。
部屋数が多いので、全部終えたら12時を過ぎていた。
こんな広い家で二人で暮らしたら持て余してしまうだろう。
塗装屋さんは、今日は日曜日なので休みかと思ったら、1人で片づけをしていた。
残っていた樋の仕上げと、足場などの片づけをしていた。
屋根とシャッターの塗装を別に注文してやってもらったが、後で周りのトタン板は自分で塗ると言っていたら、足場を一組置いて行ってくれた。
午後は久し振りに何もせずに家でのんびり過ごした。
元の倉庫 塗装した倉庫

2019年10月05日 (土) | Edit |
台風18号も温帯低気圧に変わって過ぎ去り、今日は朝から秋晴れになった。
午前中、ジイ小屋で、東御美術会の会員展に出す2枚の絵の手直しをした。
全体的には変わり映えしないが、もうこれ以上いじくってもよくなりそうもないので、これで会員展に出品することにした。
白馬鑓 大王わさび農場
昼食の後、長女たちの家に、バルサンを炊きに行った。
母屋の外壁塗装は、昨日最後の玄関周りの塗装をしていたが、それも終わり、最後に残っていた樋の塗装などをしていた。
それと昨日からさび落としをしていた倉庫の屋根とシャッターのさび止めと屋根の本塗装をしていた。
母屋の2階のベランダから作業の様子を写真に撮った。
社長が自らシャッターの本塗りも始めていたのでそれも写真に撮った。
話し好き、自慢好きだが、仕事はきちんと言うなりのことはしてくれているので、良しとしよう。
仕事の関係で、看板屋とも付き合いがあるというので、相談してもいいかもしれない。
玄関周り 倉庫の屋根 塗装屋の社長
バルサンは、部屋数が多いので、長女が全部で10個用意してくれていた。
床下にもやるつもりだったが、何枚か畳を上げてみたが、床下が見える箇所が分からず、床下は断念した。 用意したバルサンを余らせてもあとで使うといっても、家具や荷物が入った後ではおいそれとバルサンは炊けないので、土間や納戸なども個別にバルサンを炊いたので10個全部使い切った。
昔と違って、煙が出ないタイプのものなので、しばらく外壁塗装、倉庫の塗装を見た後家に帰った。
バルサン
午後3時から久し振りにバアとリハビリウォーキングに出かけた。
今日は、はじめに立科町のほうに坂を下って行ったが、下りは結構膝に負担がかかった。
しばらく下りが続いたが、八重原台地の一望千里の記念碑のあるところまで、登り坂になると膝が楽になった。
1時間ちょっと歩いて家に戻った。
膝をかばいながら歩くと、他のところがいちいち文句を言うように痛くなる。
早く普通に歩けるようなって欲しいものだ。
バアに先導してもらうことのほうが多かった。
浅間山の稜線が稲の黄色と呼応し合って見ごたえがあった。
リハビリウォーキング 浅間山と稲
家に戻って一休みした後、立科町のコメリに行って、長女の家の階段の踊り場の天井に付ける照明のカバーとLEDのセンサーライトを買ってきた。
これなら、いちいちスイッチを点けなくても、人感センサーなので自動点灯、自動消灯する。
ジイ小屋を作った時、トイレの照明はセンサー付きのものを自分で買ってきた記憶があったので、ホームセンターへ行けば売っていると思って行ってみた。
10年近く前とは違って随分手ごろな値段で買うことができた。
照明器具
夜は、ラグビーワールドカップ日本対サモア戦をテレビ観戦した。
自国開催ということで、かなり選手層を強化したのか、サモアを圧倒する試合をしていた。
見ていても負ける気はしなかった。
2019年10月04日 (金) | Edit |
昨夜から今朝にかけて、かなり雨が降ったようでデッキが濡れていたが、7時に起きた時は陽が差すほど天候は回復していた。
その後はまだ台風の余波か、青空が広がっていたかと思えばまた空一面黒い雲に覆われてしまう時間帯もあった。
特に午後からは風が強くて、デッキに置いてある「カネノナルキ」が転がっていた。
それも夕方には納まって、静かな夕景色になった。
夕暮れ
今日は9時半に家を出て、はじめに上田中央公民館で開催中の彩光会会員展を見に行った。
出品者の半分近くは知り合いの人だった。
我ながら顔が広くなったと思った。
どれも個性ある作品で、水彩画を見る目の肥やしになった。
その後、上田イオンで買い物をした。
帰りに今日の午後延び延びになっていたジイの誕生日を祝うケーキの会のため、タルトというケーキ屋さんでケーキとリンゴパイを買った。
家に戻る前に、外壁塗装工事をしている長女の家に寄った。
最後の塗りで母屋の玄関の木部の塗装をしていた。
すでに漆喰の壁はきれいに白く塗られていた。
母屋の塗装が終わり次第、隣の倉庫の屋根の塗装をすることになり、そのさび落としなどを済ませてあった。
予定では明後日には完了するようだ。
外壁塗装
家に帰ってお昼を食べた後、Iさんの画集の印刷の残りに取り掛かり始めた。
途中3時からのケーキを食べる会で中断したが、画集は夜10時過ぎに10冊分印刷が終わり完成した。
画集
ケーキを食べる会では、よもやま話に花が咲いた。
ジイとバアもヤマちゃん夫妻も、生活の中に病院通いが大きなウェートを占めるようになった。
きっと長女夫妻もそんな我々の状況に不安を感じて、こちらに転居することを決断したのだろう。
われわれは、こういう老後を迎えるのを覚悟のうえで、自分たちなりに助け合いながら命を全うするつもりだったが、それに娘たちを巻き込んでしまった気がする・・・。
ケーキ
2019年10月03日 (木) | Edit |
7時前に目が覚めたので、目覚ましの鳴る前に起きた。
プラスティックごみを出しに公民館まで行くので、その前に朝食の準備をバアと手分けしてやった。
少しだけ早く起きたので、朝食も早く食べ終え、東御美術会の例会に出かけることができた。
朝ドラを見た後出かけ、会場の祢津公民館に着いたら、まだ4人しか来ていなかった。
途中コンビニでお昼を買ってから行ったが、9時15分前に着いたので早いほうになったらしい。
最初は、間近に迫った会員展に出品する絵の作品研究会を行った。
ジイも5点持って行ったが、はじめから出品するつもりの2点を推薦してもらった。
もう少し手直ししたほうがいいというというところを個所か指摘してもらったので、15日から始まる会員展の前に直すつもりだ。
作品研究会が11時過ぎに終わったので、その後画題を何点か用意してくれていたので、その中からアケビの実をスケッチすることにした。
リハビリウォーキングの途中で見かける野生のアケビと比べると、大きくて色も鮮やかだった。
30分ほど鉛筆でスケッチしたあと昼食となったので中断し、お昼を食べた後30分ほど油性ペンで線を入れた後、彩色した。
画題のアケビ ジイの描いたアケビのスケッチ
午後まで残った会員は半分ぐらいだったので、1時過ぎに解散となった。
例会に出席している間に、二つ電話が入った。
はじめに保険屋さんからの電話で、昨日見積もってもらった長女夫妻の住宅の火災保険を今日から有効になるよう手続きを進めてもらった。
もう一つは、外壁塗装を請け負っている塗装屋さんからで、母屋の隣の倉庫の屋根とシャッターの塗装についてだった。
東御美術会が終わって家に戻った後、現地に行って説明を聞いた。
かなり高い金額だったが交渉して少し値引きしてもらって、母屋の塗装の後、続きでやってもらうことにした。
ジイもこれから木工作業などに使わせてもらうつもりなので、ジイの判断と負担で・・・。
外壁塗装もほぼ終わりに近づいてきていた。
最後の玄関周りの塗装が始まっていた。
倉庫 ほぼ終わった外壁塗装 玄関の木部の塗装
このころから雨がポツポツ落ちてきたが、傘をさすほどではなかった。
打ち合わせの後立科町のツルヤに行って食料品を買って帰った。
降り始めた雨は止んでいた。まだ台風18号の影響はないようだ。
2019年10月02日 (水) | Edit |
今朝は5時半に一度目が覚めてトイレに行ってから眠れなくなった。
6時半に起きて着替え、ステーションまで金属陶器の袋を車で出しに行った。
歩いて持って行こうとしたが、重いので膝への負担を考慮して車にした。
午前中、Iさんの画集10冊分追加で印刷することになったので、その作業に取り掛かった。
今回は、同じページを10枚ずつまとめて印刷する方法にした。
今まで、一冊分奇数ページを印刷したあと、その裏面に偶数ページを印刷するようにしていたが、特殊な紙なので時々プリンターが複数枚紙送りをしてしまい、ページがずれて印刷すると、複数枚が無駄になるという失敗が度々あった。
今度は、紙送りが複数になってもみな同じページなので、やり直せばいいので無駄が出ない。
初めからそういう方法にしておけばもっと時間も紙も使わずに済んだものを・・・。
今日は午後2時過ぎまでかかって、奇数ページを各10枚ずつ印刷し終えた。
これで来週の上田支部の例会でIさんと会うときに渡せる目途がついた。
印刷を終えた後、3時からバアとリハビリウォーキングに出かけた。
本当は午前中のうちに歩きに行きたかったが、晴れて暑くなってとても歩くのには適さない気温だった。
午後1時半ごろのデッキの温度計は31℃の真夏日となっていた。
近づいている台風の影響もあるのかもしれないが、今年も気象が異常だ。
異常気象も何年も続くとそれが通常となる。その原因を作っているのが人間だ。
31℃の真夏日
ようやく3時になって雲と風が出てきて歩きやすい気候になった。
1時間ほど歩いたが、いよいよ歩くコースの所々で稲刈りが始まっていた。
これから数日のうちに大型のコンバインであっという間に刈り終わってしまうのだろう。
リハビリウォーキング 稲刈り風景
リハビリウォーキングから帰った後、畑に干してあった稲藁を、藁の収納庫、といっても単管パイプの骨組みに板を打ち付け、波板の屋根を掛けただけの掘立小屋だが、そこへ積み込んだ。
この後は、コンバインが田んぼに落としていった切り藁を丸めたものを頂ければ、来年の家庭菜園はばっちりだ。
夜から、上田支部の11月の小品展の案内ハガキの残りの分を印刷した。
プリンターを一日酷使したが、トラブルなくずっとご機嫌よく動いてくれた。
2019年10月01日 (火) | Edit |
夜中に膝や腰が痛くて目が覚めたが、しばらく我慢している間にまた眠り込んで、7時の目覚ましで起きた。
前進、後退を繰り返しながら薄皮を剥がすようによくなっているのだと思いたい。
今日は、長女夫妻が10時過ぎの新幹線で上田にくるので、9時40分に家を出て迎えに行った。
昨日まで仕事だった長女だがゆっくりする間もなく、中古住宅の引き渡しの手続きのためにやってくる。
こちらに来るついでに、夫の接骨院の長野での再開の手続きに必要な住所変更の手続きや、銀行口座の開設もしなければならない。
上田で二人を出迎えた後、東御市役所に行き、転入届や国保、年金などの手続きをした。
30分以上かかって一通りの手続きを済ませ、次に近くの地元の銀行に行った。
ここでは二人の口座の開設を始め、ネットバンクの手続きなど1時間近くかかってようやく手続きが終了した。
昔のように簡単に口座が作れないようになっているようだ。
気が付けば12時を過ぎていた。
銀行から歩いて行ける距離にあるイタリアンレストランでお昼を食べに行ったら、定休日で休みだった。
仕方なく近くのコンビニでお昼の弁当などを買い、車で数分の中央公園に行き、芝生広場の木陰のベンチで食べた。
午後1時半に不動産屋さんの事務所に行き、売買契約の残金を支払い、同席した司法書士から不動産手続きについて説明を受けた。
最後に住宅の鍵を受け取り、すべての手続きを終了して、晴れて長女夫妻の土地と建物になった。
玄関のカギは新しいものに変えられていた。簡単に同じ形のものが作れない最新の鍵になっていた。
不動産屋さんの気配りに感動した。
結婚して以来、住宅都市整備公団や民間賃貸マンション、都営住宅などを転々としてきた長女夫妻にとっては、初めての自己所有の土地、建物を手に入れたことになる。
手続きをしている最中、実印を押すのにすごく緊張したと長女は言っていたが・・・。
不動産屋さんを後にした後、もう一度市役所に戻って上下水道の開栓の手続きをした。
電気のほうは中部電力に電話で名義の変更を済ませた。
いずれ契約アンペアの変更が必要になるかもしれないが、それは住んでからでも間に合う。
市役所の手続きを済ませ、早速購入した住宅に行った。
まだ、塗装屋さんが外壁塗装の真最中だった。
作業の手を休め、長女夫妻にいろいろ説明してくれた。
塗装の仕方や壁の色などは一任されていたが、思い描いていたイメージ通りだったかわからないが、不満そうな顔色ではなかったので安堵した。
早速新しい鍵で母屋の玄関を開けた。
母屋のカーテンも新しいものに変えられていた。
友人から指摘された風呂場のタイルも張り替えられて修理済みになっていた。
給湯設備ももとからあったものだが、ちゃんとお湯が沸かせるようで、テストしたお湯が浴槽に張られていた。
新しい鍵で玄関を開けた
一通り母屋や離れなどを点検したあと我が家に戻って一休みした。
これからのことについていろいろ話をしたが、なかなか簡単には話が尽きない。
夕方の新幹線で東京の戻るというので、5時に家を出て上田駅まで送った。
2019年09月30日 (月) | Edit |
今朝も予報に反して朝からいい天気になった。
今日は午前中郵便局や農協に行く用事があったので、出かける前に郵便物を出す用意をした。
上田支部の4人に手紙を出した。
今日中に出さないと、明日から消費税増税に伴い郵送料が上がってしまう。
10時過ぎに家を出て、農協に行き小切手を振り出してもらった。30分も待たされた。
次の郵便局でも現金を下ろしたが、振り込め詐欺が横行しているせいか、使い道まで確認された。
はじめ断ると別の職員が、警察からの指導もあって、と言い訳をした。
なおさらカチンときたが、窓口でもめても仕方がないのであいまいに答えた。
待たされている間、何人かの人が新米が入っていると思われる米袋を発送しに来た。
きっと都会に住む子供たちに送り届けるのだろう。
お金の引き出しを終えたらひとまず家に帰って、買物に出かけ直そうと思ったが、家に戻ったら11時を過ぎていた。
上田で買い物を終えてから行こうと思っていた「大戸屋」に直行した。
久し振りに行ったが、ひところよりランチタイムで混み合うことはなかった。
きっとアルバイト店員のユーチューブへの悪ふざけ投稿でイメージダウンしたためなのだろう・・・。
おかげでせかされることなくゆっくり食事をすることができた。
食事の後、上田のイオンで衣料品を買って帰った。
家に帰る前に、中古住宅の外壁塗装の様子を見に寄った。
暑い中、二人で手分けして塗っていた。お茶とお菓子を差し入れした。
予定では今日中に1階部分を塗り終えるつもりだったようだが、今日中には無理だと言っていた。
外壁塗装
明日は、不動産屋さんと、最後の引き渡しの手続きがある。
長女夫妻も午前中にやってきて、市役所への転入手続きや銀行の口座設置などをした後、引き渡しを一緒に受けることになっている。
長女は、今日まで3日連続で勤務が入っていると言っていた。
最後の最後まで、シフト勤務に組み込まれるなんて、都立病院も少しブラック職場のように見える。
飛ぶ鳥跡を濁さずと、夜9時頃LINEで「つつがなくおわりました」と書いてよこしたが・・・。
外壁塗装の様子を見た後家に戻った。
一休みしてから、ジイ小屋で、来月14日から始まる東御美術会の会員展に出品する絵を選んだ。
21号以上80号までの絵の場合は1点、20号以下は2点で合計35号以下という出品規定になっている。
大きな絵は最近上田支部展に出した絵以外は描いていないので、これから描いて出品するのは難しい。
とりあえず今年描いた中から10号の絵2点を選んで手直しした。
この2点を出すかまだ決めかねている・・・。
白馬鑓 大王わさび農場

2019年09月29日 (日) | Edit |
今朝は5時過ぎに目が覚めてから眠れなくなり、6時過ぎに起きた。
一日曇りの予報だったが、朝日が射して青空が見えた。
ハナがデッキにやってきてしばらく毛づくろいするのを眺めていた。
朝食の後、天気がいいうちに、庭の草取りを半分ほどやった。
夏の間ピント上に向かって伸びていたミントが、花をつけて頭が重くなったのか、庭の通り道の上に覆いかぶさってきていたので、道に出ている部分を鎌で切り落として片付けた。
コスモスも盛りを過ぎて、倒れ始めたので根元から切って片付けた。
茎が木の幹のように太く育っているものもあった。
ヒガンバナが開花していた。
ヒガンバナ
庭仕事をしている間、立ったりしゃがんだりしたが、膝周りの痛みはあまり感じなかった。
痛みは出なかったが、強い陽射しで汗が出た。
少し自信がついてきたので、庭の後は畑に行き、畑の区画を仕切るため敷いてある防草シートの周りにはびこっている雑草を手鎌で刈り取った。
気が付いたらお昼前になっていた。
午後から、町内会の知り合いに、中古住宅周辺の住民たちの情報を聞きに行こうとしたが、午後5時まで出かけているというので、中古住宅の壁塗りをしている塗装屋さんに、飲み物などを届けに行ったが、今日は日曜日なので仕事を休んでいた。
塗り終わったところを、長女にLINEで写真に撮って画像を送った。
先日電話したときに、瓦の下方の破風(はふ)が何かわからないと言っていたので、そこも写真に撮って送った。
壁塗り① 壁塗り②

家に戻って早速畑に行って、草だらけになった畑をミニ耕運機で耕した。
先日刈り払い機で刈り取った草が、耕運機の刃にからまって時々エンジンが止まりそうになった。
簡単に終えるつもりだったが、全体を二往復したので、終わったら4時になっていた。
さすがに立ち仕事を続けたので、終わった時は膝周りに痛みが出始めていたが、家に入ってリクライニングシートで休んでいる間に痛みも取れた。
かえって膝より足首のほうが痛い。
膝をかばうため、他の部位に負担がかかってしまうのだろう。
人体というのは、複雑でデリケートなのものだと、痛みを知って初めてわかる。
畑
5時過ぎに知り合いの家に電話したら帰宅しているというので、早速出向くと、周辺の家の情報をいろいろ教えてくれた。
長女夫婦が引っ越してきたときのあいさつ回りの範囲など丁寧に教えてくれた。この知り合いの人は、北御牧公民館の生涯学習の写真の講座で一緒になった人だ。その後もこの地区では一番いろいろ話をして気心も知れる人なので、いろいろ教えてもらうには気兼ねなくお願いできた。
出かける前の5時ごろから雷が鳴って、雨が降りだしていたが、知り合いの家から帰るころには雨は止んでいた。
5時ごろの雨雲
2019年09月28日 (土) | Edit |
今日は朝から曇り空。午後から雨の予報だったので、午前中に買物を済ませようと、9時半に家を出た。
はじめに上田のカインズに行くと、消費税増税前の最後の週末とあって、店内は混んでいた。
大きなカートにいっぱいになるほど買い込んでいる人が目についた。
年金生活者としては増税への自己防衛として買いだめをするといっても、それほどの財力はないので、ささやかな抵抗という程度だ。
洗剤や日用雑貨のほかお酒やペットボトルのお茶などをまとめ買いした。
それもせいぜい一箱程度だ。猫ご飯も少々・・・。
次にアリオで食料品を買ったが、こちらは軽減税率の対象となる食料品なので毎日の生活に必要なものだけを買いだめせずに買った。
ハッピーデーで5%引きになるだけだ。
カインズでキッチンマットを買うつもりだったがあまりいいものがなかったので、アリオの後にニトリに行った。
こちらでは気に入った柄のキッチンマットがあったが、240㎝のサイズがなく、仕方がないので120㎝のサイズを2枚買った。
キッチンマット
このあとケーズデンキに行って、Iさんの画集の追加分に必要なスーパーファイン紙を購入した。
さらに焼きムラが出るようになったオーブントースターを買い替えるため新しいものを買った。
食パンも4枚焼ける大きなものだ。
温風も出てグリルとして使える機能も持っているが、パンを焼く以外あまり活用しないだろうな?
オーブントースター
もうこの時点で12時を過ぎていたが、まだ買い物の予定はあったので、東部のコメリに行った。
Iさんの画集に使うファイルを買ったほか、長女の家の生け垣を刈りこむのに必要なヘッジトリマーを買った。
充電式のものを買うつもりだったが、外壁塗装の打ち合わせをした時に、塗装屋さんが充電式のものは力が弱くて、使っているうちにすぐ電池が切れてダメだよとアドバイスしてくれたので、電気式のものにした。
ヘッジトリマー
最後にベイシアでしか売っていない酒類を買って帰ろうとしたら、二組も知り合いに会ってしまった。
みな絵の関係の人たちだが、ジイの顔もだいぶ広くなったのだろうか?
買物だけで4時間以上かかり、全部で6軒のお店をはしごして歩いたので、右膝にもかなり負担がかかってしまった。
家に戻って遅い昼食を食べた後はしばらく休んだ。
夕方、ラグビーワールドカップ、日本対アイルランド戦をテレビ観戦した。
詳しいルールはわからないが、前後半80分の熱戦を固唾を呑んで観戦した。
世界ランク2位のチームにどこまで善戦するか見るつもりだったが、ノーサイドの笛が鳴ってみれば、なんと19-12で日本が勝ってしまった。
この勝利は今後ずっと、ラグビーのこれからの歴史の中で語り継がれていくに違いない内容だった。
ぜひ決勝トーナメントに勝ち残って欲しいものだ。
ラグビーテレビ観戦
2019年09月27日 (金) | Edit |
明け方5時にスマホの電話の呼び出し音で目を覚ました。
Fさんからだったが、電話に出ると保留の音楽が鳴り続けて応答がなかった。
いくらこの辺の人の朝が早いからといって、まだ外が暗いこの時間に電話を掛けるというのは尋常ではない。
急用ならまた電話を掛けてくるだろうと、そのままにした。
今年になって、彩明会の例会には体調不良を訴えて出席していない。
去年まで例会に出るときは、同じ八重原なのでジイが送迎していたが、今年になって、無理をさせないようこちらからは電話をしないで、体調がよくなったら電話をくれるようにしているが、今まで一度も電話がなかった。
二度ほど例会とは別に様子を聞くため電話をしたが、あまり調子は良くないといつもと同じ口調だった。
時々会話が成り立たないところもあったので少し心配だ。
今日もいい天気なので、午前10時から約1時間バアと一緒にリハビリウォーキングした。
まだ右膝に痛みがあるので、バアの歩きにジイが付いていく形だ。
歩いている間、コンバインで刈った稲を運ぶトラックに何台もすれ違った。
八重原台地ではまだ刈っているところは少ないが・・・。
リハビリウォーキング 田んぼ
午後2時にIさんの家に、昨日印刷した画集5冊と60号の紙を貼った型枠を届けた。
いろいろ義理のある人に配ったら、画集がまだ足りないようで、あと10冊印刷を頼まれた。
すぐには無理だが、早いうちに印刷用紙やバインダーなどを買ってきて作ることにした。
丸子のIさんの家から、上田の整形外科に回った。
2時半になる前に医院に着いたが、すでに多くの人が待合室にいた。
3時から診療が始まりジイが診察室に呼ばれたのは4時半過ぎだった。
診察の後、処置室で膝に溜まった水を抜いて、注射をしてもらった。
今回抜いた水は8㏄だった。やはり膝に溜まった水を抜いてもらうと、膝の痛みがかなり緩和された。
このまま痛みが取れて楽になってくれるといいのだが・・・。
シェフナベさんから信州釣行の現場近くから電話があった。
無理を押してでも行きたかったなあー。
次女の新築内祝の贈答品のカタログで注文した電気の鍋セットが送られてきた。
これから寒くなるからちょうどいい。
電気鍋セット
2019年09月26日 (木) | Edit |
今朝も朝から青空が広がっていた。
昨日から今朝までの夜中はかなり冷えたようで、最低気温は8℃だった。
いよいよ最低気温が一桁の季節になってきた。
そろそろ着るものも夏物から秋物に変える時期が来たようだ。
今日も午前中リハビリウォーキングを兼ねて、中古住宅まで歩いて行ってきた。
今日も青空と黄金色になった稲穂の対比が美しかった。
リハビリウォーキング
途中地元の商店によってお茶菓子を買い、家から飲み物をリュックに入れて、外壁塗装の工事をしている塗装屋さんに届けた。
昨日から養生シート、テープ張りの作業と、ひび割れの個所のシーリング作業を続けていた。
午後から塗料が届くので、準備ができ次第塗り始めるとのことだった。
塗装のために足場は、専門業者に委託せず自前で組み立てているようだ。
我が家の外壁塗装に比べてかなり安く仕上がるようだが、これもこうしたところで費用を浮かしているからだろう。
帰りの道端に、ビールなどに使うホップの実が今年もやぶの中にぶら下がっていた。
アケビも熟して口が開き始めていた。
ホップの実 アケビ
家に戻ったら12時を過ぎていた。
歩いた時間は1時間ぐらいか。心配した膝への負担はほとんどなかった。
昨日、今日とリハビリウォーキングを兼ねて歩いたが、歩いた後のほうがかえって痛みが減っているように感じる。
午後は、先日Iさんから頼まれていた画集5冊分を追加で印刷した。
夕食をはさんで夜9時前までかかったが、印刷の仕方を工夫したら、紙送りの不調による印刷の失敗がなかったので、1日で予定した5冊を完成させることができた。
2日がかりになる覚悟をしていたので、ホッとした。
明日、Iさんの都合がよければ、画集と60号の紙を貼った型枠を届けようと思う。
2019年09月25日 (水) | Edit |
今日は朝からいい天気になった。
空気が澄んでいて爽やかな風が吹いていた。
庭の一角でコルチカムが開花していた。
次女からもらって植えたものだが、毎年花が咲くまで葉も出ていないので、どの辺りに咲くか、花が出て来ないか場所が分からない。
それは、ヒガンバナも同じだ。我が家のヒガンバナは秋のお彼岸を過ぎてからでないと開花しない。
あと数日で開花するところまで花の茎が伸びてきている。
また開花したらブログにアップしよう。
コルチカム ヒガンバナ
外にいると気持ちいい風が吹いているので、バアと久し振りにリハビリウォーキングに出かけた。
9月5日に膝を痛めてからジイは歩いていなかった。
それでもバアは一人でリハビリウォーキングに励んでいた。
久し振りの二人でのウォーキングだ。
今までは、バアの歩きが遅いので、ジイが先を歩くことが多かったが、今日ばかりはジイの歩きのほうが遅くてバアの後ろを歩くことが多かった。
空気が澄んでいるので、浅間連峰がくっきり見えた。
リハビリウォーキング
30分ぐらい歩くつもりが、気分がいいので45分歩いた。
思ったほど膝への負担が少なくて、これなら今季最後の白馬方面への釣りに行けるのではないかとも思ったが、ここで無理をしたら、一生釣りに行けなくなるかもしれない、と自制することにした。
午後2時に家を出て、中古住宅の外壁塗装の様子を見に行った。
早速、足場を組んだり、塗料が付かないよう養生したり、大きく空いていた穴をモルタルで埋めたりしていた。
親方が、見違えるようにきれいに仕上げますよと、言ってくれた。
外壁塗装の足場
様子を見た後、上田支部展の最終日を迎えた上田創造館に行った。
途中でまだ時間が早いので、ホームセンターに寄って印刷で失敗して足りなくなったハガキなどを買ってから創造館に行った。
まだ3時前だったが、支部員の半数近くが来ていた。
4時で閉展して一斉に展示していた作品を撤去し、車に積み込んだ。
設営の時は時間がかかったが、搬出はあっという間だ。
5時半から、「ささや」で授賞式、懇親会が行われた。
ジイの意識では、式典の最中も事務局という意識が強くて、受賞者の一人という感覚にはなれなかった。
7時でお開きとなって、家に帰ってきて、賞品の金一封を見て初めて受賞した実感がわいてきた。
授賞式 金一封

2019年09月24日 (火) | Edit |
朝7時に起きて朝食の支度を終えてから、ステーションまで可燃ごみを出しに行った。
重いものを持って歩くと右膝の動きがぎくしゃくして早く歩けなかった。
最初に8月3日にひざを痛めた時は、8月9日に佐久総合病院の整形外科で、膝に溜まった水を抜いてもらい、ヒアルロン酸を注入してもらって、数日のうちに痛みも消えて普通に歩けるようになった。
それから約1か月、9月5日にまた再発で膝を痛めてからは、膝に溜まった水を抜いても、なかなか痛みがなくならない。
膝をかばう歩き方をしているうちに、膝の関節痛より膝周りの筋肉痛のほうが痛くなることもあった。
安静にしていればいいのだろうが、いろいろ野暮用もあってじっとしているわけにはいかなかった。
シェフナベさんから禁漁前の最後の信州釣行の誘いの電話があったので、一緒に行きたいところだったが、今の膝の状態では渓にも入れないかもしれないので、涙を呑んで断った。
今日も午前中、上田支部展の目録を50枚印刷をした。
18日の搬入、設営のあと撮った集合写真も、カメラのキタムラに注文しないで、自分のプリンターで全員分プリントした。
午後から、上田のイオンとアリオに買物に出かけた。
その帰りに上田創造館に寄って目録を届けた。
これだけあれば今日と明日の2日間足りなくなることはないだろう。
支部長が受付当番をしていたので、11月に行う上田支部展小品展の案内ハガキや、実施要領について、ジイが事前に用意した文書でいいか確認した。
了解をいただいたので明日に間に合うように今夜印刷だ。
買物から戻った後、5時前に長女の中古住宅に行った。
11月にならなければ外壁塗装ができないと言われていたが、塗装屋さんが予定していた仕事に穴があき、急遽明日から塗装に入れるということになったので、その打合せに行った。
長女たちが引っ越してくる前に完成するめどが立った。
塗装屋さんとの打ち合わせを終えて、家に戻って夕食を済ませてから、早速小品展の案内ハガキを印刷した。
とりあえず明日の支部展最終日に、支部員のほとんどが集まるので、その時に渡すために150枚印刷し始めた。
120枚刷り終わるところで、印刷原稿に間違いがあることを見つけた。
PM5:00とすべきところをPM17:00になっていた。
これだけなら、上から紙を貼って修正しようと思ったが、もう1か所問合せ先の事務今日の庶務の名前が違っていた。
2か所も修正した紙を貼るのもどうかと思うので、あらためて150枚印刷し直した。
時間もハガキも大きなロスをしてしまった。
1時間ほどで済ませるつもりが、3時間近く費やしてしまった。
年寄りというのは、残された時間が少ないのに反比例して時間を多く浪費してしまうものだと、つくづく反省した。
2019年09月23日 (月) | Edit |
今朝は7時の目覚ましでは起きることができず、20分ほど寝過ごしてから起きた。
バアが朝食の支度を済ませて起きてくるのを待っていてくれた。
台風の余波で雨が降っていると思ったが、昨夜から今朝にかけて雨が降った様子はなかった。
朝食の後、雨が降ってくる前に、昨日畑まで運んできた稲わらを畑に立てて天日干しすることにした。
おおよそ10束ずつ倒れないように立てかけただけのものだ。農家の人から見たら噴飯もののようなやり方だと思うが・・・。
藁の茎はまだ青いところもあるので、干して乾かしてから仕舞わないとカビてしまう。
畑があまりにも草だらけだったので、刈り払い機で草を刈ってから稲わらを干した。
稲わらの束のほか、コンバインで稲刈りしたあとに、細かく刻んだ藁が田んぼに吐き出されているが、それは後日丸めてから10個もらえることになっている。
野菜の苗の敷き藁はそのほうが使いやすい。
稲わら 稲刈り終えた田
作業を終えて家の中に戻ったら、支部長から電話があったらしい。
電話をしたら、今日の受付当番から目録が残り少なくなっているということだった。
昨日の受付終了時点で、まだ70,80枚残っていたので今日中に届ければ間に合うと思っていたが、思った以上に今日も入りが多いようだ。
支部長の家に寄って11月の小品展の打ち合わせをしてから、上田創造館に行って昨日印刷しておいた100枚を届けた。
待ちきれなくて受付の人からジイのスマホにも電話がかかってきたが運転中なので出なかった。
帰りにいつものガソリンスタンドに寄って給油した。
前回よりガソリン単価が4円も上がっていた。
サウジアラビアの石油工場が攻撃を受けた影響が早くも出ているようだ。
トランプ大統領のアメリカ第一主義が生んだ政情不安からくるものだが、そんなことが世界の片隅の日本の我が家の生活にも影響を与えている。
グローバルな時代、アメリカ大統領の選挙権をアメリカだけではなく世界中に与えて欲しいものだ。
日中雲の動きが激しくて、青空が見えて陽が差すことも、雲に覆われて暗くなることもあったが、雨は風に乗って飛んでくる程度で、道路を濡らすほどは降らなかった。
風も吹いたが、稲が倒れたり、リンゴが落ちたりするほどでもなかったようだ。
日没の後の夕陽が見事で、しばらく夕焼けベンチに座って見とれていた。
日中台風の影響で気温が30℃まで達したが、夕焼けを眺めているころには涼しくなった。
夕焼け