FC2ブログ
2020年09月23日 (水) | Edit |
台風12号の影響で午後から雨の予報だったが、予報が狂って台風は列島を直撃することなく東側にそれ始めている。
そのせいで午後になっても青空がでていた。
午前中、来月から再開する日本水彩上田支部の例会をお知らせするハガキを作り、支部長に校正してもらうためファックスを送った。
午前中に返事が来るかと待っていたが来なかった。
お昼まで庭の草取りをした。30分程度なのでわずかなエリアしか取れなかったが・・・。
次女から貰ったコルチカムがまた今年も花が咲き出した。
シバザクラに覆われていたところから、いきなり花が咲き出す。
花が終わってから葉が出てくる。
同じような咲き方をするヒガンバナも、お彼岸が終わった今頃になって花芽が出てきた。
コルチカム ヒガンバナ
午後は、ハガキに貼る切手を買いに北御牧郵便局に行った。
まだ支部長から印刷のゴーサインが出ていないので、ハガキは持っていけなかった。
郵便局から戻った後、雲が広がり始めてきたがまだ雨が降りだしそうになかったので、リハビリウォーキングに出かけた。
いつも歩く田んぼもどんどん稲刈りが進んでいた。
コンバインで刈るところは大雨の前に田んぼが乾いているうちに刈り取ってしまおうと急いでいるのだろう。
稲作などしたことがないジイでも農家の行動パターンが推測できるようになった・・・。
リハビリウォーキング①
一昨日初めてカワセミを見た池のところではしばらく立ち止まって観察したが見つけることができなかった。
近づいてくる台風の影響で雨になるかと思った天気も青空も見える天気なので、明日からのみちのく釣行にも少し明るい兆しかと期待を膨らましている。
カワセミを見た池 リハビリウォーキング②
1時間10分のウォーキングを終えて家に戻った後、支部長に電話をしてハガキの原稿の了解を得たので印刷し、夕方近所のポストに投函しに行った。
明日から3日間みちのく釣行のため、ブログは後日まとめてアップすることにした。
2020年09月22日 (火) | Edit |
今日は朝から冷え込んでいたがいい天気になった。
明後日から出かける予定があるので、遅れていたレタスやハクサイの植え付けをすることにした。
天気予報では、今夜から雨が降るというし、台風12号も近づいてくるので、苗を植えるのは今日を逃したらまただいぶ先になってしまう。
まだ9月の初めに種を蒔いたポット苗は十分に育っていないが仕方がない。
まずはミニ耕運機で耕した後、畝を立てて施肥をしたあと黒マルチを掛けた。
畝に黒マルチ
とりあえず畝を3列作ったが、畑に植えるところまで育った苗は、レタスは15本、ハクサイは4本だけだった。
午前10時から始めてお昼をはさんで午後3時までかけて、2列の畝に苗を植え、寒冷紗を掛けて作業が終わった。
苗を植え寒冷紗を掛けた
午前中は青空が出て陽射しがあったが、午後からは雲が広がって太陽が雲に隠れてしまった。
畑作業を終えてからリハビリウォーキングに出かけようと思ったが、疲れてしまったので中止した。
ジイだけは畑仕事で、目標の6,000歩は達成していた。
4時過ぎに車で接骨院に行った。
祝日なので休みのはずだが、営業をしているというので施術を受けに行った。
先客が二人いたので、終わるまで庭で待っていようかと思ったら、長女が夜勤明けで家にいたので、母屋でコーヒーをご馳走になりながら待った。
その後施術が終わった後も母屋でご馳走になった。
明後日からのみちのく釣行の間、バアの面倒をお願いした。
明後日は休みなので、小諸のイタリアンに一緒に食べに行くようだ。
接骨院の近くの畑で稲刈りが暗くなるまで行われていた。
コンバインの動いている姿を撮った。
稲刈り風景
シェフナベさんから連絡があって、台風と一緒にみちのくに行くようだが、予定通り出かけることになった。
雨で釣りができないかもしれないが、春のみちのく釣行ができなかっただけに、何とか来年につなげられるよう、みちのくの地に足を運んでおきたい。
こんな年まで渓流釣りを続けられるのも岩手の師匠やシェフナベさんのおかげだ。
2020年09月21日 (月) | Edit |
今日は敬老の日の祝日ということらしい。
ジイやバアが知っている敬老の日は9月15日と定められていた。
祝日法に定められたのが1966年で、それから2003年に9月の第3月曜日に変更されるまで、ずっと9月15日に固定されていた。
はじめにインプットされた日付が9月15日だから、変動制に変わっても簡単に切り替わらない。
来月の体育の日もそうだ。
実際に老人の日にお祝いされる対象となる年齢になってみると、毎年祝日が変わるのは正直言って嬉しくない。
節目の日が変わるのは、硬くなった頭にはついていけないのだ・・・。
今朝の新聞には、70歳以上の女性が全女性人口に4分の1以上になったと報じられている。
全人口に占める65歳以上の高齢者が占める割合(高齢化率)は、もちろん世界最高の28.7%で、第2位のイタリアの23.3%を大きく引き離して断トツだ。
今の政権が本気で出生率を増やす施策を講じない限り、これからも高齢化率は高まる一方だろう。
今日は4連休の3日目で、コロナ禍でも全国的に人の流れが出たようだ。
連休中なので東京はじめ全国の新たなコロナ感染者数は減少したが、この連休の影響が出る10月初めが心配だ。
そういうジイも24日からみちのく釣行に出かけるが・・・。
今年最後の釣行だが、今日台風12号が日本近海で発生し、ちょうど出かけるころに日本に上陸しそうなのでこれも心配だ。
今日の午後も4時からリハビリウォーキングに出かけた。
歩いている途中、ため池でカワセミを見かけた。
ジイが八重原台地でカワセミを見たのは初めてだ。
バアはジイのいないところで一度見たというから、これで二度目だ。
気配を感じて池の対岸に飛んで行ったので写真には撮れなかったが、この辺りにいることが分かったので、これからはため池の近くを通るときは注意して見ることにしよう。
リハビリウォーキング
1時間で家に戻ってきたあと、昨日の夕方稲刈りが終わった奥家の奥の田んぼを見に行った。
今年は稲わらなど要るか聞いてもらえないうちに刈り終わってしまった。
まだ在庫があるので来年は間に合いそうだが・・・。
稲刈りの風景を写真に撮りたかったが、終わってしまったので、この風景を描いてみようか?
稲刈り終了
2020年09月20日 (日) | Edit |
いつもより15分早く起きて朝食の準備をした。
昨夜焼いたパンはいつものようにふっくらしていた。
このところ3回ほどパンがふっくらと焼けなかった。
原因がわからないので、イオンで新しく買ってきたドライイーストを使って焼いた。
やはり原因はイースト菌にあったようだ。
パン
今日は東御美術会の例会の日なので、それに出席するが、例会の後上田支部の三役会議をするので、車のない支部長の送迎を頼まれていた。
家を出るのが少し遅くなってしまったので、途中コンビニでお昼のお弁当を買うのをやめて支部長の家の近くまで迎えに行った。
東御美術会の例会は、祢津公民館で静物画を描いた。
画題に用意されていたのは色々あったが、カサブランカを選んで描いた。
人物や花を描くのは苦手なのだが、技術を向上させるためには、苦手を克服しなければいけないので、チャレンジした。
白いカサブランカを描くのは初めてかもしれないが、実際に描き始めるためによく観察してみると、白い花だが花弁の色は光のあたるところ、陰のところ、折れたところ、丸みを帯びたところ、それぞれ色が違っていて、それを絵の具で表現するのにはかなりの混色のテクニックがいることが分かって、他の画題を選べばよかった後悔した。
途中近くのスーパーまで昼食を買いに行った。
昼食をはさんで午後1時半まで描くことになっていたが、1時ごろから描き終えて片付けを始める人もいたので、予定より早く筆を置く羽目になった。
まだ完成というにはほど遠い。またあとでかなり手直しが必要だ。
カサブランカ ジイの絵
東御美術会は1時半で解散となり、1時45分から上田支部の三役会議を始めた。
中断していた例会を10月から開始する方向で決まった。
ただ10月の神川公民館の部屋の予約をキャンセルしているので、再度予約が取れるかどうか、連休明けに確認してから、支部員にハガキで例会の再開を通知することになった。
来年の支部の活動についても話し合い、11月中旬にはコロナの第三波が発生しているか否かが分かるだろうから、その時点で常任委員会を開催して来年度の事業計画を立てることを決めた。
人類にとってどう対応しなければいけないのか先に見えない新型コロナなので、これからのことを話し合っても堂々巡りになるだけだ。
3時過ぎまで話し合って話し合いは終わった。
家に戻った後、4時過ぎからリハビリウォーキングに出かけた。
いよいよ本格的に稲刈りが始まったようで、歩いている途中でもコンバインの姿を見かけた。
半袖のポロシャツで歩いていると少し肌寒く感じるような陽気だった。
リハビリウォーキング コンバイン
途中田んぼの脇にいた人と立ち話をした。
同じ町内にある唯一のお店の店主だった。
奥さんは接骨院の常連で昨日も接骨院で先客だった人だ。
長女の家の所有者だった家の家族のことなど話してくれた。
こういう地域では個人情報は筒抜けだ。
我々のこともきっと口の端にのぼっていることだろう・・・。
歩いて家に戻ってくると、家の奥の田んぼが全部稲刈りを終えて大型コンバインが引き上げていくところだった。
畑のタマネギの苗床を覆っていたスダレを外した。
か細いが5センチほど伸びた苗が並んでいた。
タマネギの苗
2020年09月19日 (土) | Edit |
昨日は11時過ぎに就寝した。
久し振りにたっぷり睡眠した感じだが、寝すぎても頭がボーっとしているのはどういうことだろう?
朝からいい天気だったので、庭の草取りを10時ごろから始めた。
庭は、荒れ屋敷かと見まがうばかりに雑草が生い茂っていた。
7月は長雨で草取りができず、8月の梅雨明けからは猛暑が続いて草取りどころではなかった、というのが言い訳だ。
コロナが蔓延していた6月ごろまでは、庭も畑もそこそこマメに草取りもして、きれいにしていたのだが・・・。
一度草が生い茂ると、手が付けられなくなってしまう、というのが過去の経験から学んだことだが、失敗を繰り返してしまうというのが人間の弱さでもある。
そんなことを考えながら、草取りに精を出した。
午前中では終わらず、午後も1時間やって庭の半分だけ草取りが終わった。
念のためにビフォーアフターを写真に撮った。
庭の草取りビフォー 庭の草取りアフター
3時過ぎに、昨日行けなかった接骨院に行くため歩いて向かった。
リハビリウォーキングと接骨院行きを兼ねるのが効率的だ。
接骨院に着くと先客が一人いたが、間もなく施術が終わったので、あまり待たされずに済んだ。
行く前に裏庭で採れたミョウガを届けた。
前回よりプリプリに太ったミョウガが採れた。もう一回ぐらい採れそうだ。
待っている間に接骨院の窓からの田園風景を写真に撮った。
この場所もいい景色で気に入っている。
リハビリウォーキング 窓からの景色
帰りも当然歩きだが、途中で家の近くの道路からコンバインを積んだトいかくのラクターとすれ違ったので、確認したらため池の田んぼのほとんどが稲刈りされていた。
今年は全体的に稲刈りが早まっているようだ。
2020年09月18日 (金) | Edit |
昨日、というより今朝3時半に寝て、7時に起床。朝起きても頭はボーっとしていて、朝食の準備もいつもより手がのろい。
若くはないのだから、夜更かしはいけないと思いつつも、昨日はドラマにのめり込んでしまった。
10時前に上田のイオンに買物に行った。
バアのウォーキングシューズが傷んできたので新調するという。
毎日歩くようになると、履く靴もそれなりに足にフィットし、疲れないものがいい、という考え方になる。
そういうものは、やはり値段もいいものになってしまう。
バアだけではなかなか踏ん切りがつかないようなので、丁度いいサイズで好みの色のヨネックスのシューズがあったので、背中を押して買うことに決めた。
靴売り場の後、食料品を買ってから11時半に帰宅した。
新型コロナの発症例が下火になってきたとはいえ、まだ上田市内の買物にゆったり時間を使う気分になれない。
昼食あとは、さすがに睡魔に襲われて、2時間ほどベッドで眠った。
午前中から雨が降ったり止んだりしていたが、午後からは風も出てきたので、昼寝の後のリハビリウォーキングも見合わせた。
接骨院に行く曜日の日だったが、これも出かけるのが億劫になって明日にすることにした。
風でデッキに置いてある「カネノナルキ」の鉢がデッキの下に落ちていた。
鉢から草の上に落ちたらしく、枝や葉が折れてなくて幸いだった。
夜になってリビングの窓ガラスにアマガエルが張り付いていた。
灯りを頼って飛んでくる虫を捕まえるためだ。
こんな風景も間もなく見られなくなる。
空の雲 アマガエル

2020年09月17日 (木) | Edit |
昨夜から寝具を夏掛けから掛布団に替えた。
夜中寝ている間にその掛布団をはねてしまって、身体が冷えて目が覚めた。
まだ身体が布団に慣れていないのか・・・。
朝起きると外気温は20℃を切っていた。
朝日が当たっているときとそうでないときで、デッキの温度計は微妙に変化するが、近くの観測所のデータでは、最低気温が18℃台になっていた。
午後から曇りがちになったので、3時半にリハビリウォーキングに出かけた。
先月から今月初旬までの暑くて大汗をかくような気候からはずいぶん変化した。
着ているものも長袖ポロシャツと長ズボンに変わった。
暑過ぎず、寒すぎない、歩くのには一番いい季節になった。
周りの景色も、田んぼが黄色に色づき、大豆畑は青々とし、耕作していない畑はきれいに耕されて赤い粘土質の土がきれいに整地されている。
今日は、新しくできたブドウ畑のほうに足を延ばした。
途中のアップダウンの距離が長いので、普段のコースよりも負荷がかかるが、ちょうど1時間で家に戻ってきた。
二人とも脚力が戻ってきて、以前の歩くスピードに戻りつつあるようだ。
リハビリウォーキング
夜になって巨人阪神戦を見ていたが、一方的なゲームになってつまらなくなったので、8時過ぎからアマゾンのプライムビデオでアメリカのドラマを見始めたら、シリーズドラマで完結まで10話近くあり、全部見終わったら午前3時になっていた。
ブログは翌日2日分書くことに・・・。
2020年09月16日 (水) | Edit |
5時半にスマホのアプリの音声メッセージに起こされた。
枕元に充電しながら置いてあったスマホの電源コードが寝返りを打った時に外れたようだ。
今度のスマホは余計なおしゃべりが多い。
アプリをアンインストールしたいが、歩数計や体重記録などとも連動しているのでできない・・・。
それから熟睡できずに目覚ましが鳴る7時までスマホのニュースなどを見ながら時間を潰した。
朝の天気は晴れていた。
天気予報では下り坂で一日曇りとなっていたので、畑仕事をするのは今日しかないと、9時半から畑に出た。
まずはまだ雑草が出始めた畑をミニ耕運機で耕した。
レタスやハクサイの苗が育ったら植える予定の場所は念入りに耕した。
キュウリは完全に収穫できなくなり、葉や茎が枯れてきたので、支柱やネットを解体した。
今年は今までになく大量に収穫できたし、種も取ることができた。
キュウリネットの片づけ
モロッコインゲンも片付けようとしたが、まだ花も咲いている枝もあるので、もう少し収穫できそうなので残して、周りの草取りだけした。
ここまででお昼になったので、昼食の後、眠くなるのをこらえて畑に行き草取りをした。
夏の雑草も種がつくようになって、根の張り具合が弱くなり、手で引き抜きやすくなった。
午後3時過ぎまで草取りをして、疲れたので終わりにした。草取りには終わりがない。
午後からは曇りになるはずだったが、陽射しが強くだまされた気分だ。
家で休憩し昼寝をした後、4時からリハビリウォーキングに出かけた。
途中、稲刈りが終わった田んぼがあった。
いつ刈ったかわからない後、道路にコンバインが落としたと思われる泥やタイヤ痕が残っていたので、おそらく今日刈ったのだろう。
9月中旬で稲刈りが始まったのは近年では初めてかもしれない。
7月の長雨の後、8月の梅雨明けからはずっと晴れて高温が続いたので、稲の生育が平年より早くなったのだろうか?
稲作などしたことがないジイにはわからないことだが・・・。
今後の台風がどうなるか異常気象が当たり前になった昨今、早く台風の影響を受ける前に収穫できるに越したことはない。
リハビリウォーキング 稲刈りが終わった田
今日はいつもより長めのコースを歩いたが、ちょうど1時間で家に戻ってきた。
バアの足取りもだいぶ軽くなってきた。
今日から菅内閣がスタートしたが、期待感ゼロだ。
2020年09月15日 (火) | Edit |
朝起きると少し霧がかかって曇り空だった。
天気予報では一日晴れのはずだったが・・・。
予報も外れるのが秋の空だが、8時過ぎたころから雲が取れて青空が出てきたので、9時過ぎ久し振りにお出かけすることにした。
行先は白樺湖、女神湖だ。
立科町のコンビニでお昼のお弁当を買ったあと、まずは白樺湖に向かった。
途中の道路は、何か所かで工事をしていた。
去年の台風19号で川沿いの道路が傷んでいて、その補修工事のようだった。
コロナ禍でも白樺湖入口の池の平ホテル周辺では車の数の多さが目立った。
いろいろなアミューズメント施設が揃ったファミリーランドを有するホテルは、コロナ禍でも頑張っているように見える。
他のホテルはどうかわからないが・・・。
まずは駐車場に車を停めて、1周3.8㎞のジョギングコースを、ゆっくり歩いて一回りした。
10時15分から歩き始めて、1周し終わったのが11時半だった。
白樺湖一周① 白樺湖一周②
お腹も空いたので、湖畔でお弁当を食べた後、持ってきたスケッチ道具を出して、湖畔の風景をスケッチした。
12時半に描き終えた後、車に戻って、次は女神湖に行った。
白樺湖 白樺湖スケッチ
一番写生にいい場所は先客に占領されていたので、少し外れたところからスケッチをした。
その間バアは周辺を歩いたり、ジイの描いている姿を眺めたりして過ごした。
多分小一時間でスケッチを描き上げた。
女神湖 女神湖スケッチ
描き終わって女神湖を出たのは午後2時だった。
3時前に家に戻った後、畑に行ってダイコンの苗を間引きした。
同じ場所に2,3本生えてきた苗を、1本にした。
間引き作業は、どれを残すかいつも悩ましい決断をしなければならないが、根元の茎の一番太そうなものを残すようにした。
同じ太さのものは、隣の苗との距離で近いものを間引くようにした。
夏ダイコンとして春に蒔いて夏に収穫したものと同じ種なので、これから秋の終わりに収穫するころにはどんな味になるのかわからない。
夏に収穫したときは、とにかく辛いダイコンだったが・・・。
できれば寒くなって甘みが増してくれるといいのだが・・・。
隣のニンジンも順調に発芽している。
ダイコンの間引き
夕方4時半過ぎに接骨院に行った。
途中でいつもかち合うご夫婦の車とすれ違ったので、先客はなかった。
施術を終えて帰ったところだった。
ジイとバアの施術が終わるころ長女が接骨院に顔を出した。
今日は夜勤明けだったようだ。
また今日も施術の後、母屋でコーヒーをご馳走になった。
2020年09月14日 (月) | Edit |
今日は久し振りに朝からいい天気になった。
午前中は家の掃除をした。畑のピーマンに大量のカメムシが取り付いていたので、ガムテープに張り付けて除去した。
ただ羽のある虫なのでガムテープに張り付けられなくて飛んで逃げたり下に落ちたりしたので、完璧に除去できなかった。
時間を置いて根気よく除去しなければダメだろう。
ピーマンの枝や葉が弱っているように見える。
午後から、彩明会の顧問の家に行った。家の近くの公民館で他の二人と落ち合い自宅を訪問した。
電話連絡が取れず直接の訪問だったが在宅していた。
あらかじめ予定していたレストランへ先生を伴って行ったが、定休日だった。
仕方がないので大屋駅の近くの蔦屋に出店しているタリーズコーヒーに行った。
なかなか本題に入れなかったが、今後の彩明会の存続や来年の会員展の開催の有無について、それとなく顧問の考えを聞き出そうとしたが、あいまいではっきりした意思表示を聞き出せなかった。
すでにそういうことに対する判断能力も減退しているのだろうか?
3時まで話し合って終わりにした。
帰りはジイが自宅まで送り届けた。
唯一の連絡手段である携帯電話の充電をしておくようにお願いしたが、果たして充電の仕方を覚えているか心配だ。
先生を送った後、上田駅に行って、みどりの窓口で大人の休日俱楽部パスの購入と新幹線の座席指定を取った。
春に行けなかったみちのく釣行を、岩手の師匠が9月に企画してくれた。
今回は他県ナンバーで岩手入りするのもはばかれるので、新幹線で岩手まで行ってレンタカーを借りることになった。
唯一コロナ感染者が出ていなかった岩手県も7月29日についに感染者が出てから、すでに23例の感染者がいるようだ。
長野県の296人に比べれば10分の1以下だが・・・。
4時過ぎに帰宅したあと、4時半からリハビリウォーキングに出かけた。
少し雨雲が湧き出していたが、まだ降ってこないだろうと傘も持たずに家を出た。
いつもは1時間近くかけて歩くコースを50分で歩いてきた。
リハビリウォーキング
風も涼しく感じるようになってきた。おそらく気温も27,8℃だっただろう。
家の戻ると6月まで麦畑だった南側や西側の畑が、大型のトラクターで、ザックリと土起こしされていて、畑の景色が変わっていた。
トラクター 畑
自民党総裁選は菅氏に決まった。
はじめから出来レースだったので、何の感想も湧いてこないが。
それにしても、菅が総理大臣で、麻生が副総理兼財務大臣、二階幹事長が留任と速報が入っている。
昔の時代劇で、悪代官と結託した悪徳商人の二人がお互いを見合って「おぬしも悪よのう・・」とにんまり笑い合う場面を思い浮かべてしまった。
これで近畿財務局の公文書改ざん問題もうやむやにされてしまうのだろう。
どれもこれも人相の悪い人たちが集まったものだ。
2020年09月13日 (日) | Edit |
今日は朝から曇りがちの天気で、午前中から雨が降ったり止んだりを繰り返した。
明日、彩明会の顧問の先生と今後のことについて話し合うため、電話で連絡しようとしたが、携帯電話の電源が入っていないのか、連絡ができなかった。
固定電話は1年前から解約されているので、携帯だけが頼りだがそれも通じないとなると、直接家に会いに行くしかない。
一緒に会うほかの二人の会員に連絡して、顧問の家の近くの公民館に集まることにした。
午後2時になって、怪しい雲は出ているが、日課のリハビリウォーキングに出かけることにした。
午前中の断続的な雨もあって、湿度が高く風もなかったので、陽射しがない割には蒸し暑くかんじながら歩いた。
いつものコースも飽きてきたので、途中から長女の家の前を通るコースに変えた。
長女も在宅していそうだったが、接骨院の定休日なので、声をかけずに通り過ぎた。
カボチャやミョウガなど収穫した野菜を持ってきていれば立ち寄ったのだが、急なコース変更なので持ってきてなかった。
1時間を10分ほど超えるコースだったが、疲れや痛みは出なかった。
リハビリウォーキング
途中でビールなどに使うホップの実が道端の藪の中に見つけた。
何年か前に見つけた場所で、毎年この時期になると実をつける。
誰が植えたというわけではない自然の中で自生しているものだ。
ホップの実
同じ道にあるアケビはまだ緑色で色づいてなかった。
あと半月もすれば紫色に熟すだろう。その時まで画像はお預けだ。
いつ雨が降ってきてもおかしくない空模様だったが、家に戻ってくるまで雨には降られずに無事帰ることができた・
雨雲
2020年09月12日 (土) | Edit |
今朝は30分早く起きた。実際には6時ごろから目が覚めてトイレに行ったりしていたので、1時間早くというべきだろう。
ここ2,3日就寝したあとトイレに起きる回数が2回か3回に増えている。
原因の一つに、夜中の気温が下がるようになり、発汗作用が減衰しているからではないかと勝手に自己分析している。
そろそろ寝る前の缶ビールはやめたほうがよさそうだ。
今日は彩明会の例会の日で、7時の段階で、天気の状態で写生にするか、公民館で静物画を描くか決めることになっていた。
朝起きた段階では青空が広がっていたが、次第に雲が増えてきて7時にはほとんど青空がなくなっていた。
ウェザーニューズでは、昨夜の予報では午前10時から雨のマークがついていたが、今朝の予報では曇りに変わっていた。
判断に迷うところだったので、副会長と相談して祢津公民館に集まってから参加者の意見を聞いて決めることにした。
早めの朝食をとった後、出かける前に畑に咲いているコスモスを切って、画題にする用意をした。
8時10分過ぎに家を出て、途中コンビニで昼食を買い、祢津公民館に8時半に着いた。
早くも3人が到着していた。今日は全部で6人だったが、話し合って公民館で静物画を描くことになった。
野菜を持ってきた人もいたので、画題はコスモスと野菜の2種類となった。
ジイは自分の持って行ったコスモスを画題に選んだ。
時間があればコスモスを描き終えた後、野菜も描こうと思っていたが、花のデッサンに時間がかかって、野菜は描けなかった。
午後1時半まで描いた後、それぞれ描いた作品を並べて、顧問がいないので講評ではなく、描いた本人の説明と他の人の質問や感想を述べあった。
画題のコスモス ジイの絵
今日は、あえて顧問の先生を誘わなかった。
これからの会の運営について、顧問のいないところで話し合いたかった。
来週、ジイを含めて3人で顧問と今後のことについて話し合うことに決まった。
顧問が今どれだけの判断能力があるかわからないが、顧問の気持や考えを確認したうえで、今後の会の存続について考えなければならない。
今年の初めに話し合ったときには、顧問の意見で存続を決めたが、来年は顧問不在でも存続させるのかどうか、が大きな要素になりそうだ。
新しい会員が入会する見込みが立たない以上、会の存続は高齢化するだけなのでじり貧になるのは明らかだ。
ただ、10年続いた会をジイが会長の時に解散する、というのは忍びない。
細々ながらでも続けましょう、とジイが言えば存続するかもしれないので責任重大だ。
午後2時前に帰宅したあと、2時半からリハビリウォーキングをした。
昨日は歩いていないので、のんびりしているとまた雨で歩けなくなると思い、出かけた。途中一度だけポツンと雨が落ちてきたが、それきりで1時間無事歩くことができた。
歩いた後畑の様子を見に行った。
種を蒔いてから10日目になるが、ダイコンの葉は、二葉から四葉に育っていた。
早く間引きしなければいけない。タマネギも順調に発芽していた。
ダイコンの芽 タマネギの発芽

2020年09月11日 (金) | Edit |
朝のうち雲も出ていたが間もなく青空が広がって暑くなった。
そろそろ食材の在庫が乏しくなってきたので、午前中に買い物に出かけた。
バアは上田まで行くつもりだったようだが、ジイは上田の新型コロナウィルスの感染がまだ終息していないので、上田ではなく、立科町のツルヤに行くことを主張した。
全国チェーンの大型スーパーのほうが格安な商品もあるが、地元のスーパーでも大きな差はない。
野菜などは地元スーパーのほうが鮮度がいい。
結局ジイの主張が通ってツルヤに行った。
行くときに資源回収用のペットボトルやトレイなどを持って行ったが、アルミ缶は回収していないので、置いて行った。
このところ毎日缶ビールを飲んでいるのでかなり溜まっているのだが・・・。
1時間もかからずに11時前に戻れたので、そのあとリハビリウォーキングをしようと思ったが、かなり陽射しが強く無風状態で暑かったので歩くのは見合わせた。
カボチャとキュウリの種を陰干ししていたが、乾いたので紙袋にしまった。
来年はこの種を使って苗を作ってみよう。
種
午後になって2時ごろ歩く支度をして外へ出たらポツポツと雨が落ちてきていた。
家の中から南東の空を見た時は青空も出ていたのだが・・・。
今日の雨雲は西北のほうからきたようだ。
その後は降ったり止んだりで歩く機会を失ってしまった。
4時半になって雨は上がっていたが、接骨院に車で行った。
今日は先客がなくすぐに施術をしてもらうことができた。
5時半に帰宅したが、これから歩くと帰りは暗くなってしまうので、今日は歩くのを断念した。
家の前の麦畑だったところでは、暗くなるまでユンボで畑を耕していた・・・。
麦畑
明日の彩明会の例会は、写生に行く計画を立てていたが、雨になりそうなので祢津公民館で静物画を描くことにするつもりだ。
最終的には明日の午前7時に決めて会員に連絡する。
折角コロナ禍の中活動を再開したのに、なかなか風景画を描く機会が得られない・・・。
2020年09月10日 (木) | Edit |
今日は朝から曇りがちの天気だった。
昨夜から、東御美術会の会員のブドウ農家の人から郵送されてきたブドウの注文書を探し続けたが見つからず、諦めて携帯に電話をしたが出なかった。
万策尽きたかと思ったが、去年の注文書の控えがとってあることを思い出した。
注文するファックス番号も書いてあったので、パソコンに残っていた去年のファックス送付書の日付や内容を変更して注文した。
それにしても郵送された封書をどこにしまったのか、それとも間違えて捨ててしまったのか、家じゅう探したが見つけられなかった。
今後、何かの拍子に出てくるかもしれないが・・・。
10時半過ぎからリハビリウォーキングに出かけた。
昨日は途中で雨になって傘を差したが、今日はまだ青空も半分近く出ていて、降りだしそうになかった。
昨日は風があったが、今日は無風状態で空気もムッとしていて蒸し暑かった。
雲に隠れていた太陽が出てきて、カッと暑い陽射しがさしてきたころになって、雨がポツポツ落ちてきた。
バアがこういう雨を「狐の嫁入り」というんだよね、と教えてくれた。
傘も差さずほとんど濡れることもなくちょうど1時間歩いて家に戻った。
リハビリウォーキング① リハビリウォーキング②
お昼はカレーを食べた。お肉以外のジャガイモ、タマネギ、ニンジンは自家製だ。
バアは他の野菜も入れたがるが、ジイは余り野菜の種類が多いのは好まない。
おかずはローストビーフやカボチャの煮物、その煮汁で味付けした高野豆腐などなど、またお腹いっぱい食べた。
今年は去年に比べ1~2㎏体重が増えている。お腹周りが太くなっている。
午後になると断続的に雨が降り続いた。
二度三度と雨が降るたびに窓を閉めた。
午後から雨
夕方になると雨は止んだが、気温が下がって窓を開けているとひんやりした風が入ってくるようになったので閉め切った。
台風10号が去って日本列島の大気が変わってきたのだろう。
日本の政治の空気も変わるといいのだけれど・・・。
立憲民主党と国民民主党が合流して新しい政党として立憲民主党となり、枝野幸男氏が代表となった。
安倍政権とその後継に対抗できるようになるか、数よりも政策で押し返す力量をつけられるか課題が多い。
2020年09月09日 (水) | Edit |
朝から晴れて強い陽射しが照り付けた。
デッキに置いてあるレタスの種を蒔いたポットの苗が出そろった。
まだ蒔いてから一週間しか経っていないが、毎日暑い陽射しを受けて発芽が春先のポット苗とは成長の早さが違う。
同じ日に種を蒔いた畑のダイコンも、双葉が大きくなった。
間もなく間引きをするようになる。
レタスの苗 ダイコンの新芽
今日も午後から天候が崩れる予報が出ていたので、午前中に歩こうと思ったが、陽が強すぎて歩けなかった。
昼食の時に、昨日次女から送ってもらった誕生日祝いのローストビーフを食べた。
オーブンで作るのと違って軟らかく、牛肉のうま味が凝縮されていておいしかった。
塩味だけで作ってあるとのことだったので、ワサビや辛子、ショウガなどで食べてみたらどれもおいしく食べられたが、ジイは辛子味が一番しっくりきた。
ローストビーフ
長女が持ってきてくれたパンプキンプリンは、昨夜の夕食ですでに美味しくいただいた。
今年の畑で作ったカボチャは、長雨でなかなか受粉しなくて最終的には、4個しか収穫できなかったが、今日2個目を割ってみたら、いい色のカボチャになっていた。
夕食に食べてみたが、最初の1個と同じようにホクホクしてうまかった。
取った種を洗って乾燥させた。
今年グリーンファームで買ってきた苗だが、来年は種から育ててみようと思う。
最近の苗はF-1といって、種を採取しても自家用にならないものが多いのだが・・・。
午後4時からリハビリウォーキングに出かけた。
出かける前に遠くで雷の音がしていたので、空模様を見に外へ出たら、東の空に右側半分の虹が出ていた。
出かける支度をして外へ出て虹を見たら、今度は左側半分の虹に変わっていた。
虹① 虹②
歩き始めて間もなく、陽は射しているが、雨がポツポツと落ちてきた。
それでも濡れるほどでもなく、ミストシャワーのようで暑さをしのぐのにちょうどいい、と言って歩き続けた。
しばらくすると雲の太陽も隠れはじめ、30分ほど歩いた頃から傘を差したほうがいい降り方になった。
風も吹き始めたので、傘がオチョコにならないよう傾けながら、歩くコースをショートカットして家に戻った。
ちょうど45分の歩きだった。
リハビリウォーキング① リハビリウォーキング②
今日で73才になった。何とか無事にこの年まで生き永らえた。
今使っているスマホのアプリに生まれてからの日数が表示されている。
自分では数えたこともなかったが26,665日だそうだ。
このうちの何日を覚えているだろうか。
一日一日を大切に、などという標語もあるが、どうやらそんな生き方はしてこなかったようだ。
ただ、2007年11月14日からは、毎日日記を書き残すようにしているので、少しは過去を振り返ることができる。
2020年09月08日 (火) | Edit |
午前中長女が家に来た。パンプキンプリンを届けに来てくれた。
今日は、午後から病院ではなく別の場所で研修があるとのことで、午前中時間が空いたようだ。
パンプキンプリン
長女が帰った後、午後から天気が崩れる予報が出ていたので、晴れている間に歩こうと、リハビリウォーキングに出かけた。
さすがに陽射しは強かったが、ひところに比べれば我慢できない暑さではない。
歩いている途中の田んぼの稲は、穂が垂れ下がってきて、稲の葉も黄色く色づいてきた。
それと対照的に空の青が深くなった。
秋らしいうろこ雲も見られるようになった。
今日も1時間歩いて家に戻った。
リハビリウォーキング 稲穂 うろこ雲
午後になってクロネコヤマトの宅配便が届いた。
次女からの誕生日祝いのプレゼントだった。
低温調理器で作ったローストビーフだった。
写真を撮ったがビニール袋の光が反射して中身がよく見えない。
明日食べるときにもう一度写そう・・・。
ローストビーフ
何も言わなかったが、午前中の長女のパンプキンプリンも誕生日祝いだったのか?
4時半に接骨院に行くと先客が二人いたので、母屋の庭でしばらく待った。
後でもう一人予約のお客さんがいるというので、庭の草取りをして待つことにした。
予約のお客さんのほかにもう一人来たので、結局先客4人が終わってから施術を受けた。
ジイが終わった時には閉院時間の6時を少し過ぎていた。
その間に、長女が研修から戻ってきたので、バアは母屋でお茶をご馳走になっていた。
病院などで待たされるのは苦痛だが、接骨院では待たされるぐらいの来院者があることに安堵感が生じるから、これが身内感覚ということなのか?
2020年09月07日 (月) | Edit |
昨夜から今朝にかけて九州は台風10号の猛威に晒されたが、長野の我が家周辺は穏やかな朝を迎えた。
日中も晴れたり曇ったりしていたが、雨は降らなかった。
午前中家の中の掃除をした。
ダイソンのコードレス掃除機にしてから、掃除をしようと思ったらすぐに始められるようになり、いつでもできると思うようになったら、かえってそれまで決めていた曜日ごとにやらなくなった。
掃除の後、浴槽の蓋を洗った。
蓋の一部がカビで黒くなってきていた。
我が家も建ててから間もなく18年になる。それなりに経年劣化してきているのは仕方がないが、ジイとバアにとっては『終の棲家』なので住み続けられるようメンテナンスしなければいけない。
ここ2日ほど夜更かしが続いて寝不足だったので、午後は長い昼寝をした。
4時半過ぎから今日もリハビリウォーキングに出かけた。
雲が多かったが雨は降らないと決め込んで折り畳み傘は持たずに出かけた。
途中季節にはホタルが飛び交う水辺にツリフネソウが咲いていた。
この1,2年草刈りで花が咲く前に刈られて見つからなかったが、今年は見事に咲いていた。
他に八重原台地で咲いている場所を知らない。
今日は南風が吹いていたが熱気はなく、心地よい向かい風の中を1時間歩いて家に戻った。
雨にも降られずに済んだ。
リハビリウォーキング ツリフネソウ
2020年09月06日 (日) | Edit |
昨夜は、夜7時過ぎから雨が降りだし、夜中に寝るまでかなりの雨が降っていた。
朝起きるとまだ雨が降っていた。
今日はバアの猫ご飯の当番の日だったが、ヤマちゃん家のポストにチビとハナが乗って、雨宿りをしながら朝ご飯を待っていた。
今朝の猫
朝のうちこそ雨が残っていたが、やがて雨が止んでときおり陽も射してきた。
昨日暑くて回避した草刈りを午前中にやった。
雲が動いて時々陽射しも遮られるし、気温も25℃前後で、台風の余波で風もあったので、草刈り日和だった。
畑の周りや西側の道路際、庭や入口の芝生花壇などフルコースで草刈りをした。
約2時間やったらもうお昼の時間になっていた。
道路に飛び散った刈り取った草を竹箒で掃いて、中断した。
昼食後、芝生の刈り取った草を片付けた。
畑の周りの草取りをしているときに畑のダイコンの畝を見たら、今月2日に蒔いた種が早くも発芽していた。
夏場はこんなに早く発芽するとは・・・。
草刈り ダイコンの発芽
その後は久し振りに洗車した。
駐車場に止めておくだけでも、土埃がついて汚れが目立ってくる。
特にリアウィンドウは泥だらけになる。
フロント部分も猫の足跡などが付いているので、スーパーの駐車場の止めるときは少し恥ずかしい・・・。
洗車が終わった後、いつもより早めに2時半過ぎにリハビリウォーキングに出かけた。
陽射しはあったが、風があったので、暑苦しくはなかった。
歩いている途中道路でシマヘビに出会った。
道路を横切る途中だったのか、最初は道幅の半分を占めていたので、バアが怖がって通り抜けるのに苦労したが、写真を撮ろうと構えたら、反転して草むらに戻った。
車でも来たら轢かれてしまうところだったが、交通量の少ない田舎道だからヘビも出てきたのだろう。
1時間歩いて家に戻った。
リハビリウォーキング シマヘビ
今日は長女夫妻から、小諸で夕食にウナギを食べようと誘われていた。
6時に予約しているというの、5時に長女夫妻の家に行った。
20分ほど家で時間調整をしてから、小諸に出かけた。10分前にお店に着いた。
久々にウナ重を食べたが、やはりうなぎ屋で焼き立てのウナギを食べる味は格別だ。
たまにしか食べられないから余計そう感じるのかもしれないが・・・。
割り勘のつもりだったが、カミちゃんがご馳走してくれることになった。
ジイの誕生日祝いだとか・・・。
うなぎ屋 ウナ重

2020年09月05日 (土) | Edit |
今日も午前中は夏の天候、暑い陽射しが注ぎ込んだ。
そろそろ草刈りをしなければならないのだが、暑そうなのでやめた。
朝朝食をもらったあとの猫たちがデッキのテーブルの上でまったりとしていた。
朝食後の猫たち
午前中、新聞の折り込みチラシに、農機具即売会の案内があり、そこで中古品の販売もしているようだったので、見に行くことにした。
高齢化、過疎化で農機具の中古品もたくさん出ているかと思ったが、欲しいと思っているミニ耕運機はほとんど展示していなかった。
チェーンソーなども新品ばかりだった。
今の自分の年を考えると新品を買ってもあと何年使えるかわからないので、思い切れない。
子供たちに残すといっても農機具ではなぁ・・・。
午後は空模様が一転して、雨が降りだした。
風も吹いていたので雨が吹き込まないよう窓を全部閉めたら、家の中は蒸し暑くなった。
雨は長続きせず、2時間もすると雨があがった。
歩いても雨の心配もなさそうだったので4時半からリハビリウォーキングに出かけた。
それまで陽が射していたのに、歩き始めたら入道雲に太陽が隠れてしまったので、暑さが半減した。
田んぼの稲が水抜きを始めたので黄色くなり始めた。
中には一部稲穂が倒れ始めているところもある。
今年も無事収穫できるといいのだが・・・。
リハビリウォーキング
昨日タマネギの苗床に、新しいスダレを加えて、ネコが入り込まないよう囲いを強化した。
単管パイプで押さえているが、台風の風で飛ばないか心配だ。
タマネギの苗床

2020年09月04日 (金) | Edit |
最大級の台風10号が発生して西日本に近づいているが、こちらは朝の天気をみるとまるで影響がないような青空となった。
生ごみを出しにステーションまで歩いてきたが、さわやかな空気だった。
午後からは大気が不安定になるという予報だったので、午前中にリハビリウォーキングをしようかと思ったが、9時を過ぎると陽射しが強く気温も上がってとても歩ける状態ではなくなった。
浅間山の背後には入道雲がいくつも湧き出していた。
入道雲
歩くのはやめて、立科町のツルヤとコメリに買物に行くことにした。
まだ立科町の住民がコロナに感染したという報道はないので、毎日感染者が発生している上田市に行くよりは不安は少ない。
それでもウィークデーに行くよりは平日のほうが混み合わないだろう。
台風に備える意味もあってツルヤでは食料品を買い込んだ。
コメリでは、タマネギの苗床に掛けてあるスダレが足りなくて、囲ってある隙間から猫のハナが入り込んで遊んでいたので、入られないよう隙間を塞ぐスダレを買い足してきた。
午後からそのスダレを掛ける前に雨が降りだしたので、急いで畑に掛けに行った。
少し雨に濡れたが何とか隙間を塞いだ。
その様子を写真に撮るのを忘れてしまった。
その後しばらく雨が降ったり止んだりした。
台風の余波か南風に乗って、普段は吹き込まないデッキの屋根のある下まで雨が吹き込んでデッキが濡れた。
今日は歩きは中止と思ったが4時半ごろの空模様を見るとしばらく降ってきそうもなかったので、歩くことにした。
接骨院に行く日でもあったので、接骨院まで歩いて行くことにした。
歩いている途中ザリガニがあちこちの道に出てきていた。
田んぼの水抜きが始まって居場所を失ったのか?
リハビリウォーキング ザリガニ
接骨院に着くと、5時前だったが車が1台止まっていて、お客さんが一人いたが、施術は終わっていたので、待たずに施術を受けることができた。
二人が終わって家に歩いて帰るころには西の空に陽が沈みかけていた。
まだ6時前だがだいぶ日が短くなった・・・。
夕焼け
2020年09月03日 (木) | Edit |
今朝は30分早く起きて、プラごみを公民館まで来るまで出しに行った。
空が抜けるような青さだった。天高く馬肥ゆる秋、という感じの空だった。
朝の空
今日は東御美術会の例会の日だが、写生のためいつもの祢津公民館ではなく中央公園に8時半集合なので、朝食の後片づけはバアに任せて、7時45分に家を出た。
まだ通勤時間帯の最中だったので道路は少し混んでいたが、中央公園には8時15分に着いた。
他に誰も来ていなくて1番だった。
コロナ禍のせいかいつも早く来るような人たちが欠席だった。
待っている間に雨が降ってきた。雨雲が流れているので降り続くような雨ではなかった。
結局5人しか集まらず、話し合って明神池に行くことに決まった。
人数も少ないので、各自自分の車で行くことになった。
明神池ならジイの家にも近いので大歓迎だった。
明神池
明神池に着いて、絵を描き始めたころには陽射しが眩しいので、木の下の木陰を選んで描いた。
10時半を過ぎたころから雲行きが怪しくなってポツポツ雨が落ちてきた。
水彩画にとって雨は難敵、すぐに片付けるしかない。
明神池のキャンプ場の炊事場の屋根の下で雨宿りをした。
11時過ぎまで止むのを待ったが、止まなかったので写生は撤収することにした。
我が家の近くまで来ているので、お昼を我が家で食べようと提案して、自宅へ案内した。
しばらくおしゃべりをして12時になったのでお昼を食べようとしたが、みな遠慮して帰ることになった。
みんなを見送った後、いつものようにバアと二人で静かに昼食を食べた。
午後は、ジイ小屋で、午前中描きかけになっていた絵を仕上げた。
今日仕上げないと次はいつになるかわからない。
今回もできとしていまいちだった。はじめの構図では池の面積が大き過ぎて、あとから手前の雑草や木の枝を加えたが、彩色する前のデッサンの段階で、池の大きさを意識して構図を決めなければいけなかった。
見えている景色をそのまま描いてもいい風景画にはならない。
雨宿りしているときに、日本水彩画会の会員のMさんの絵を見せてもらった。
ジイの近くで描いていたので、同じように見えているはずだが、画用紙に描く絵がこんなにも違う・・・。
ジイの絵① ジイの絵② 会員の絵
今日の絵を仕上げた後、前回の例会で描いた人物画の修正などもした。
絵の上達は数を重ねるしかない。
コロナ禍でずいぶんとさぼってしまった。これも後退の原因だ。
4時半ごろまだ空には雨雲が見えているが、リハビリウォーキングに出かけた。
ジイは昨日の農作業でたっぷり歩いているが、バアは昨日ほとんど歩いていない。
今日は少しコースを変えていつもとは違う道も歩いた。
田んぼを見ると、水抜きが始まっていた。
いよいよ稲刈りに向けた準備が始まった。立て続けに台風が来ているが、稲刈りまでに大きな被害が出ないことを祈る。
歩いている途中で農業生産法人の若者が道路の端で休憩していたので話を聞くと、今年は梅雨明けの晴天続きで生育が早まっているので、稲刈りが早まるかもしれないとのことだった。
リハビリウォーキング 水抜きが始まった田んぼ
リハビリウォーキングから戻ると、浅間山の景色が朝とは打って変わって、おどろおどろしい景色に変わっていた。
夕方の空
今日も長野県のコロナの感染者は12人と二けたになった。
昨日は初めての死者も出た。全国的にはピークを過ぎたように報じられているが、長野県は1週間単位で見れば今が最悪だ。
2020年09月02日 (水) | Edit |
朝起きると青空が広がっていた。今日は畑仕事に専念することにした。
10時に家を出て上田のカインズに一人で行った。
上田で多数の感染者が出ているので、いつもは買物はバアも一緒だが、今日は感染リスクを避けて一人だ。
カインズの白菜の苗は1個60円近い値段で高すぎて手が出ない。
時期的には遅いが種から苗作りすることにした。合わせてレタスの種も買った。
種蒔きするタマネギも今年はネアアースのほか赤タマネギの種も買った。
帰りにアリオでしか売っていない自家製パンに入れる干しアンズを買うために寄った。
セルフレジを利用してそれだけ買って家に帰った。
午後1時から畑仕事を開始した。
午前中は晴れていたのに西の空には黒い雲が広がり始めていた。
まずは、ミニ耕運機でタマネギの苗床や、レタスやハクサイを植えるところとニンジンダイコンを植えるところを耕した。
2日続いた雨で畑はまだ完全に乾いてなくて粘りがあった。
ハクサイ、レタスを植える場所
最初に、ダイコンとニンジンの種をそれぞれ一畝蒔いた。
今年の春に蒔いた種が残っていたので、それを使った。
秋作でもうまくいくといいのだが・・・。
ニンジンは、種を蒔いた後、ロール状の藁をさらに細かくカッターで刻んで蒔いた上にかぶせた。
春の時はロール状の藁を植えに敷いたら発芽率が悪かった。
細かく刻んだほうが発芽しやすいだろう。
大根も春の時と同じように、畝の高さを高くした。
そのせいなのか種がよかったのか、どちらかわからないが、春に蒔いたダイコンは途中で枝分かれせず、まっすぐに伸びた。
ニンジンとダイコン
次に、タマネギの苗床を作った。
田の畔に使う畔板を利用して枠を作り、耕して肥料を入れた後、その上に培養土を1㎝かぶせた。
初めて苗作りをした時からのジイのアイデアだ。
苗床を作った後、今日買ってきた2種類の種を筋蒔きした。
最後に、苗床の上にスダレをかけた。これは生涯学習の講師から教えてもらったアイデアだ。
今まではこの方法でかなり発芽率が高かった。
これで500本ぐらいの苗が作れれば最高だ。
タマネギの苗床
最後に、ポットにレタスとハクサイの種を蒔いた。
それぞれポットは15個用意した。
全部発芽して育てば、3軒でまた食べ切れない量になるだろう。
全部作業が終わったら午後6時を過ぎていたので、リハビリウォーキングは中止したが、ジイの歩数計は9,400歩に達していた。
2020年09月01日 (火) | Edit |
9月はジイの誕生月だ。今月中にまた一つ年をとる。
誕生日を迎えるたびに、この一年間無為に過ごしてこなかったかと自責の念が沸き起こる。
古希を過ぎても惑うばかりだ。
気温が20℃しかなかった。朝起きると窓を全開するのが日課となっているが、今朝はひんやりした空気が家の中に入ってきた。
少し雲のほうが多かったので気温は急上昇しなかった。
涼しいうちにリハビリウォーキングをしたほうがいいだろうと思って10時半過ぎに歩き始めた。
昨日までの暑さと打って変わって、涼しい中での歩きとなった。
いつも1時間近くかかるコースを5分ぐらい短縮して歩き終わった。
道路の端の草むらに赤い花が目に付くようになった。
スマホのアプリで調べたらマルバルコウソウという外来種だった。
夏の雑草が枯れ始めている中で、鮮やかな赤色が目を引く。
先日牧草地の草が丸められていたが、白いビニールに巻かれて山積みになっていた。
こうして畑で発酵させてから牛の餌になるそうだ。
リハビリウォーキング マルバルコウソウ 牧草
午前中歩いたので、午後の接骨院行きは、少し早めに3時ごろ行った。
すでに二人の先客が施術を受けていたので、しばらく母屋の庭で待った。
施術を終えたところを見計らって入室した。
二人目の人は初めて来院した人だった。
新しいお客さんも来ているようだ。
バアとジイの順番で施術を受けて、ジイが終わるころいつもの夫婦がやってきた。
同じ時間帯でよくかち合う人だ。御主人はリハビリウォーキングでよくすれ違う人だ。
今日は、施術が終わった後しばらく奥さんと話をした。
我が家に隣接する畑で作っているセンブリの収穫の時は手伝いに来たこともあったそうだ。
よそから来た我々には知らない、この地域で暮らしてきた人たちの歴史を垣間見たような気がした。
午後からの来院者だけでも6人になった。
夜になって、窓を開けていると寒く感じるほど涼しくなった。
これで暑さから解放されるといいのだが・・・。
自民党の総裁選は、党員投票をしない両院議員総会で決めることになった。
国民の蚊帳の外で決めることとはいえ、選挙もしない、候補者の政策や政治家としての信条も分からぬまま、一国の総理大臣を決めてしまう日本の議会制民主主義とはお粗末、としか言いようがない。
2020年08月31日 (月) | Edit |
今日はバアの病院の予約が入っている日なので、いつもより30分早く起きた。
空は曇っているが外の温度は23℃になっていた。
8時半に家を出るときには雲が取れて青空が出ていた。
3か月に1回の東御市民病院の定期検診の日だ。
コロナ禍で来院者が減っているのであまり待たずに終わるかと、駐車場で待った。
暑いのでエンジンをかけたままエアコンを点けて待った。
待ちくたびれて30分以上眠ったようだ。
10時半にバアが病院から出てきた。
病院の近くの薬局で薬を処方してもらった後、上田のAコープに行った。
上田市内で新型コロナウィルスの感染が広がっているのであまり気が進まないが、Aコープに隣接するグリーンファームで種や苗を買いたかった。
ところが本命のグリーンファームは定休日だった。このところよく定休日にぶつかる。
Aコープで食料品を買った後、同じ敷地内にあるユニクロで布製マスクを買った。
息苦しくなく暑苦しくもない素材のもので、買ってきて実際につけてみると眼鏡も曇らないので、愛用できそうだ。
まだ当分マスクは必需品のようだ。
県内の感染者は3日連続で二けたの数が続き、今日ようやく7人になったが、そのうちの5人は上田市在住だから、この圏域はまだまだ油断できない。
昼過ぎに家に戻ったが、すでに30℃台になっていたので、エアコンを点けて涼しくして過ごした。
4時ごろになって雨雲が広がってきたが雨は降ってこない。
畑の夏野菜を収穫した。キュウリは最後の収穫をしたが、巨大になったキュウリを1個だけ種を取るため残した。
5時半過ぎに3日ぶりにリハビリウォーキングに出かけた。
今にも雨が降りそうな天気だった。
実際に歩き始めてすぐにポツポツと雨が落ちてきたが、傘をさすほどでもなかったので歩き続けた。
途中でコースを変えて35分歩いて家に戻った。
午前中の買物等の歩きを加えて辛うじて目標の6,000歩を越えた。
リハビリウォーキング
今日は悲しい知らせが郵便受けに入っていた。
バアの学生時代の親友がなくなったという知らせだった。
がんが転移し緩和ケアの治療をしていたようだが、本人の望みで誰にも病状を知らせないことにしていたようだ。
もう長いこと年賀状を交わすだけの関係になっていたが、何か事あるごとに思い浮かべる人だったし、良くバアとの話題になった人だ。
お互いの結婚式には出席し、お祝いの言葉をもらったりあげたりした。
子供たちを連れてたずねたり、来てもらったりもした。
牧師夫人として東北の地で奮闘している様子に敬意を抱いていたのだが・・・。
自分たちの生きてきた歴史の中で、大きな影響を与えた人が先に天国に召されることに、悲しさ、寂しさを禁じ得ない・・・。
2020年08月30日 (日) | Edit |
いつもの夏なら朝の時点で20℃前後まで気温が下がっているはずだが、今年は25℃前後までしか下がらないことが多い。
今日も7時の外気温は24℃だった。
そこから気温が上昇して午前中のうちに30℃を越えた。
朝食の後、ひとしきり朝のワイドショーを見た後、家の掃除に取り掛かったが、掃除を終えた時には汗びっしょりになった。
たまらず全開していた窓を全部閉めて冷房をかけた。
今日は、午後1時から上八重原公民館の掃除当番が回ってきていたので、少し早めに昼食を取って準備した。
12時45分にヤマちゃん夫妻と公民館に行くと、組長と奥のMさんの奥さんが来て掃除を始めていた。
ジジイとヤマちゃんは掃除機で広い会議室や廊下、和室などを掃除機で掃除をした。
バアとミッチャンは台所の掃除、Mさんの奥さんはトイレの掃除、組長のHさんは外回りの掃除と、いつの間にか暗黙のうちに決まっている分担に従って公民館の掃除をした。
1時間もしないうちに終わったので、最後の片づけを組長さんに託して、ジイとバアは公民館のそばの長女宅に行った。
昨日安否確認に来てくれた時に、長女から頼まれていた作業をした。はじめに、ガレージ兼倉庫の窓周辺が変形しているというので修理した。
内側の壁に立てかけていた足場の重みでトタンの壁が外側に押されて変形したようだ。
足場を移動して壁に立てかけるのではなく、鉄骨部分に固定するようにした。
もう一つ別の倉庫の中に物干し竿をかけたい、ということで赤羽から持ってきた伸縮竿を電動ノコで切断して掛けた。
錆びついて伸縮できなくなっていたので潤滑油などを使って回せるように試みたが、テコでも回らくなっていたので切断した。
倉庫の竿
今日は、長女の仕事が休みで在宅していたので、頼まれ仕事を終えた後は母屋で冷たいお茶をご馳走になった。
しばらくすると雷が鳴りだしたので、外に出て見ると西の空に大きな積乱雲が広がっていた。
積乱雲
雨が降りだす前に4時に家に戻った。
そのうち西の空だけではなく東や南の空からも雷雲が広がって5時ごろから雨が降りだした。
その後の雨は昨日よりも大量の雨になった。
雨どいから雨が勢いよくあふれていた。
1時間以上降ってから小康状態になって空が赤く染まってきた。
西の空に雲の切れ間があった。
これで雨は終わりかと思ったが、暗くなってからも雨が断続的に降り続いた。
これで畑はしばらく水やりをしなくて済むだろう。
雨の後
2020年08月29日 (土) | Edit |
今日は朝起きた時にはデッキに陽が射していて、温度計は24℃になっていた。
夜中に傘マークが出ていたが雨は降らなかったようだ。
昨夜は寝室のクーラーは点けずに扇風機だけタイマーで点けていた。
朝起きた時には扇風機は点いていなかったので、少し汗ばんでいた。
朝から晴れて陽射しが強く、気温が急上昇して、お昼ごろには窓を閉め切ってクーラーを点けた。
午後2時過ぎにデッキの温度計を見たら39℃に達していた。
猫のチビが気温が高いデッキを避けて、駐車場の車の下で涼んでいたが、見た目には涼しそうには見えなかった。
コンクリートも熱くなっているはずだ。
温度計 車の下のチビ
午後5時を過ぎても、デッキの温度計が30℃より下がらないので、今日のリハビリウォーキングを中止した。
6時ごろ、長女が昨日のブログを見て、へばっているのではないかと心配してやってきた。
夜勤明けで軽井沢の追分にあるパン屋さんのパンを手土産に持ってきてくれた。
一度帰ったが途中でネギが欲しいと戻ってきた。
畑のネギを収穫し、合わせてニンジンとダイコン、枝豆を持たせた。
夜9時を過ぎて待望の雨が降ってきたが11時ごろには小止みになった。
今日も一日何もせずに過ごしたが、第2次安倍政権の悪政の数々を思い起こしていた。
なんといっても集団的自衛権の行使を可能とする安全保障関係法を、憲法9条を骨抜きにして法制化したことは、最大の歴史の汚点となった。
他にも特定秘密保護法の制定や犯罪を計画段階から処罰する「共謀罪」を盛り込んだ改正組織的犯罪処罰法を制定させるという、反動的な戦前に回帰するような悪法を十分な議論もなく与党の多数を頼んで制定させてしまった。
消費税も、8%、10%に引き上げ国民の暮らしを圧迫させている。
経済対策もアベノミクスで株価は上がり、円は下がって大企業や富裕層には恩恵があったようだが、労働者の実質賃金や年金は下がって、格差だけが拡大した。
雇用が拡大したがそれ以上に生活保護受給者は増大した。
安倍一強で、森友、カケなど省庁の官僚の政権への忖度で、公文書改ざんなど絶対やってはいけないことまでやらせる公務員倫理の低下まで引き起こした。
桜を見る会に象徴される公文書の適正な保存もされなくなってしまった。
将来、安倍政権下の歴史的評価も黒塗りで終わってしまう・・・。
大臣に任用した議員の選挙違反や収賄など安倍首相は任命の責任はあると言いながら、一度も責任を取らなかった。
今年に入ってからの新型コロナウィルスに対する失政で、30%を切る支持率で、最早政権を維持する力を失っていたが、自らの潰瘍性大腸炎という病気を理由に退陣することによって、今までの悪政、失政を免罪させようとしているが、病気で帳消しになるようなものではない。
2020年08月28日 (金) | Edit |
今日は朝から雲が多い天気で、気温はギリギリ30℃までいかなかった。
だからといって涼しかったわけではなく結構蒸し暑かったが・・・。
午後2時過ぎに突然ニュース速報で、安倍首相辞任が流れてから、5時からの1時間にわたる記者会見まで、ずっとテレビに釘付けになったので、接骨院もリハビリウォーキングもお休みした。
17日の慶応病院の長時間診察以来安倍首相の体調悪化ニュースが流れて以来、毎日疑心暗鬼の報道が流布されていた。
小泉環境相は首相の病状について憶測で語るのは醜いなどと、大臣になってから頓珍漢なコメントが続くようになって、権力の座につくと彼もただのつまらない政治家だったかと思わされたが、一国の総理が自らの健康状態を隠すこと自体が憶測を呼ぶのであって、かえってアドバルーンのように情報を小出しして世間の動向を見ることのほうが醜いことだ。
やはり今日の記者会見で、首相をやめざるを得ないような病状であったことが、憶測ではなく確かな情報だったことが明らかになった。
一日も早く安倍首相の退陣を願っていたジイにとっては、まずは拍手を送りたいところだが、後任の首相も直接選挙権のない国民はカヤの外で見守るしかない。
いずれにしても、今の自民党の中から選ばれてくる政治家で世の中が大きく変わるわけではないので、あまり期待はできない。
長野県の新型コロナウィルスの感染者が、過去にない19人という最大の人数となった。
しかもそのうちの12人が上田市在住というから、いよいよ身近に大波が押し寄せてきた感じだ。
しばらく外部との接触には細心の注意を払わなければいけない。
2020年08月27日 (木) | Edit |
夜になって、思いつくままに今日一日のことをブログに書こうと思ってパソコンに向かったが、一向に思い出せない。
夕方、といってもまだ外が明るい午後4時にリハビリウォーキングに出かけたことだけは、いつもバアが歩いている姿をスマホのカメラで撮っているので、思い出せた。
歩く前に、スマホで雨雲が接近中で1時間後には降雨が予想される、と表示されたので、雨が降る前に歩くことにしたのも思い出した。
リハビリウォーキング
そのスマホのカメラに、ナベに入れたトマトと、それに入りきらないトマトの写真が撮ってあった。
写真のデータを見ると、午後2時58分に撮影されている。
大量のトマトの保存のためトマトピュウレをバアが作る前の様子を撮ったものだ。
トマト
写真を手掛かりに二つのことは思い出せた。
リハビリウォーキングは、途中で雨が降られてもいいように、折り畳み傘を持って出かけたが、1時間歩いて結局雨には降られず、途中からは西日を浴びながら家に戻った。
昨日と同様風があって、歩いても暑苦しくなることはなかった。
午前中のことはずっと家の中にいて、新聞を読んだり、スマホで週刊文春や週刊朝日、サンデー毎日などの記事を読んだりして過ごしていたので、なかなか思い出せなかった。
どこかに出かけたり、何か身体を動かすようなことをしたりしないと記憶に残らなくなってきているのかもしれない。
今日は時間をかけて何とか思い出すことができたが、これからは毎日ブログを書き続けるのが難しくなっていくのだろう。
2020年08月26日 (水) | Edit |
今朝は朝から雲がなく晴れ上がって陽射しが強かった。
20℃前後だった気温がぐんぐん上昇して、午前中には30℃を越えた。
デッキの温度計は昼過ぎに36℃に達した。
午前中浴室の大掃除をした。
じめじめした長雨の後は、連日の猛暑で、風呂場の汚れが目に付くようになっていた。
夜の照明のもと、めがねを外して入浴するので、細かいところは見えないが、日中明るいところで見ると、早く掃除をしろと言われているようだった。
気にはなっていたがなかなか踏ん切りがつかなかった。
始めたのが少し遅かったので、お昼までに終わらず、昼食の後も続けた。
浴室の折れ戸式のドアを初めて外して洗った。
見えないところにびっしりと埃や髪の毛が詰まっていた。
18年分のカビも層になっていた。
外したのはいいが、洗った後取り付けようとしたらなかなかレールに嵌められなかった。
30分以上も悪戦苦闘してやっと嵌め込むことができた。
ただでさえ大汗をかいたうえに冷や汗までかいてしまった。
もう二度と外して掃除しようとは思わない。
浴室の折れ戸
4時ごろになって陽射しが陰って少し涼しくなってきたので、畑の野菜を収穫した。
キュウリはもうまっすぐになっているものはなく、栄養不良で曲がったりひょうたん型になっていたりするものばかりだ。
肥料が足りないのではなく、栄養を供給する葉が枯れてほとんど茶色くなっているためだ。
モロッコインゲンも同じような状態になった。
エダマメを全部収穫した。気が付いたら鞘が黄色くなりかけていた。
もう何年もエダマメは作っていなかったので、種蒔きの時から失敗ばかりだ。
野菜の収穫を終え、5時過ぎから今日もリハビリウォーキングに出かけた。
歩き始めた時は西日が射していたが、そこに雲がかかって、涼しくなった。
牧草地の草が3日前に刈られていたが、今日はその草が丸められていた。
その傍でカラスが群れていた。
八重原台地は田んぼと畑が中心で、牧草地は少ないほうだが、こういう風景はいつもの田園風景に変化を与えてくれていい感じだ。
普段は耕作放棄地のように見えるのだが・・・。
歩くのもいい気分になる気候と風景になったので、今日は少し足を伸ばして1時間10分歩いた。
家に戻った後、畑の野菜に水やりをしたが、そろそろこの作業もしばらくお休みになりそうだ。
リハビリウォーキング 牧草地
長野県の新型コロナウィルスの感染者数が、今日だけで9人も発生した。
その半分以上は隣の上田市在住者だ。
上田市内のバーでクラスターが発生しているが、それとは別の感染経路不明者もいる。
高齢者危うきに近寄らず、だ。そろそろ秋作の野菜の種を仕入れに行きたいのだが・・・。
2020年08月25日 (火) | Edit |
昨夜は寝る前に気温が下がって、クーラーも扇風機もなしに就寝した。
いつもより1時間早く起きるため早めに寝たら、5時半過ぎに目が覚めてしまった。
バアの血栓治療の経過を診察するため浅間病院に9時に予約が入っていた。
8時半には病院に着くように8時前に家を出た。
少し早く着いたので、駐車場で待機したが、続々病院に入っていく人が見えたので、後を追った。
最初の検査で心電図と心臓エコーを取るエリアに行くと、10人近くの人が待機していた。
心電図とエコーで約45分、そのあと採血のエリアで30分かかった。
採血はいつものことだが血管が見つからず二人掛かりで採られていた。看護師泣かせだ。
担当医の診察は、忙しい合間を縫って、心電図とエコーの結果が出たところで一度説明があり、その後血液検査の結果が出たところでもう一度説明を受けた。
手術を受けた時から3か月が経って、特に血栓が再発する徴候は見られない、という診断だった。
血液サラサラ薬を飲み続けると出血しやすくなることもあるので、今後飲み続けるか、中断するか決断を求められたが、まだ弾性ストッキングを履かないと右足にむくみが出ることもあるので、しばらく薬を飲み続けることになった。
今後は、東御市民病院のかかりつけの内科医に紹介状を書いてもらって、そちらで経過観察をすることになった。
会計を済ませて病院を出たのは11時だった。
6月1日に緊急手術で肺血栓の処置をしてもらってから約3か月、今まで一度もかかったことのなかった病院だが、バアの命を取り留めてくれた病院なので感謝して玄関を出た。
屋根のない無料駐車場に止めてあった車の中は蒸し風呂のようになっていた。
帰りに立科町のツルヤに寄って買い物をしてから家に戻った。
昼食の後は、デッキの温度計が36℃の達していたので、冷房を点けて過ごした。
朝早く起きた寝不足を昼寝で解消した。
3時半に丸子のマツキヨに行って薬をもらい、隣のデーツーで猫ご飯を買った。
家に戻らずその足で接骨院に行った。
二人が施術している間に、よくウォーキングですれ違うKさんが夫婦でやってきた。
ウォーキングも接骨院も同じような時間帯になっているようだ。
施術を終えて帰ろうとしたら、母屋に長女がいたのでお茶をご馳走になった。
今日は夜勤明けでお昼ごろ帰っていたようだ。
佐久の病院に再就職して約10カ月が経ち、こちらの勤務にも身体が慣れてきたようだ。
家に戻って5時半からリハビリウォーキングに出かけた。
昨日と同じように涼しい風が吹いていて、歩くのも楽になってきた。
リハビリウォーキング