FC2ブログ
2021年01月27日 (水) | Edit |
明け方まで雨が降っていたようで道路が濡れていた。
気温は2℃と比較的暖かい。昨日まで残っていた雪はほとんど融けてしまった。
昨日道路をふさいでいた除雪車が残して行った雪を部分的に取り除いたが、今日は車が通れるほど融けていた。
融けた雪
昨日は早く目が覚めてしまったが、今日は目覚ましに起こされるまでよく眠れた。
午前中昨日途中で終わったドライブレコーダーの最後の取り付けをやった。
車のエンジンをかけて電源を入れてみて、カメラに前方、後方カメラの画像が映し出されてホッとした。
ドライブレコーダーの本体のボタン操作がよく呑み込めず、思い通りに操作できるようになるまで、マニュアルと首っ引きで格闘した。
何とか設定は終わったが、また次に何かをしようと思ったら多分一からマニュアルと格闘するようになるだろう。
それはこれからメインで車を使う長女に任せよう。
ドライブレコーダー 車
午前中北東のほうだけ青空が見えるようになっていたが、午後になって太陽の軌道を塞いでいた西南方面の雲が薄れて薄日もときおり射すようになってきたので、1時からリハビリウォーキングに出かけた。
浅間山の雪が白く光っていた。
浅間山
気温は高かったが、相変わらず風が吹いていたので、風があまり吹かない立科町の町道を歩くことにした。
途中木の切り株の上にタヌキと見間違うような柄の猫がいた。
ネコ
初対面だがこちらと目が合っても逃げ出さなかった。
立科町の町道に沿って番屋川という2級河川が流れているが、この川も一昨年の10月の台風19号で護岸が壊れる災害を受けていて、災害復旧工事をしている。
工事の様子からまだ工事の完成には時間がかかりそうだ。
リハビリウォーキング 河川工事
千曲川も台風19号で大きな被害を受け、観光地でもある市内の海野宿にアクセスする道路が壊れ、護岸も大きく破壊された。
その護岸工事は大林組が受注していたが、最近になって13,400か所以上の施工不良個所が見つかり、全面的にやり直しをすることがニュースになっていた。
番屋川のほうは、立科町の業者が受注して施行している。
30分歩いたところから来た道を引き返して家に戻った。ピッタリ1時間だった。
ウォーキングから戻った後、昨日コメリで買ってきた照明器具をデッキの柱に取り付けた。
以前にソーラー式の照明器具をネットで買って取り付けたが、安かろう悪かろうで、4個のうち今も照明機能を果たしているのは1個だけだった。
今回はそれに懲りて、ソーラー式はやめて電源式のものにした。
照明器具に備わっているコードは防雨型なのだが、外壁に付けてある電源コンセントまで長さが足りず、とりあえず延長コードでつないだが、雨に濡れて接続部分がショートするといけないので、仮にビニール袋で接続部分を塞いだ。
防雨型の延長コードをネットで注文した。
夜間照明 接続

2021年01月26日 (火) | Edit |
今朝は5時に目が覚めてから寝付けなくなってしまった。
ドライブレコーダーの取り付け用のマニュアルをホンダカーズから頂いたので、よく読みながらやればできないことはないが、近ごろはマニュアルなどを読んで理解することができなくなってきている。
用語がほとんど最近の外来語、専門語なので意味がわからない。
昨日のうちに一度読んだがイメージが湧かなかった。
目が覚めてから、説明書きを反芻しているうちに少し自信がなくなって、カー用品専門店に持って行って、取り付け工賃を払って付けてもらおうか、などと考えているうちにすっかり目が覚めてしまった。
結局、もう寝付けないと諦めて6時半過ぎに起きてしまった。
朝食を終えたあたりから睡魔に襲われた。
朝起きた時はマイナス7℃で霜も降りていたが、10時ごろには気温が2℃まで上がってきたので、リハビリウォーキングに出かけた。
晴れているのは午前中だけ、という予報だった。
歩き始めた時は、風もなく陽を浴びて真冬とは思えないポカポカ陽気で歩いた。
ただ田んぼの畔の水溜りは、薄氷が張っていた。
歩き始めて30分ほどは暖かかく感じたが、雲が広がってきて日差しが薄日に変わると、風も出てきて頬が冷たくなってきた。
今日も1時間歩いて家に戻った。
リハビリウォーキング 畔の氷
一昨日除雪車が来た時に、我が家の敷地の先の道路に雪を残して行った。
その雪が山になって融けずに残っていた。
今は農作業を休んでいるが、道路の先はセンブリの畑になっている。
車が通れなくては困るので、山になった雪を車が通れる幅だけ雪をどけた。
雪が凍っていて硬くて重かったので、思いのほか重労働になった。
除雪
午後からドライブレコーダーの取り付けを始めた。
朝のうちは弱気になって迷っていたが、お昼ご飯を食べてやる気と元気が出てきた。
マニュアルを参考に、車の内装パネルなどを取り外してみたが、一番難しい場所のパネルの内側には、エアバッグが内蔵されているので、その部分は手を付けず、配線を迂回することにした。
はじめにリアカメラの配線をやったあと、フロントガラスに付ける全方位カメラの配線に取り掛かった。
そこからは、リアカメラの配線と電源につなぐ配線の2本を束ねて回さなければならない。
配線クリップが単線用のしかなかったので、作業を中断して立科町のコメリまで大きめの配線クリップを買いに行った。
そんな中断もあって、配線をし終わった時には4時半近くになっていた。
外での作業は寒くなってきたし、薄暗くもなってきたので、最後の仕上げのカメラの設定は明日やることにして作業を終了した。
明日、配線のやり直しにならないことを祈るばかりだ。
ドライブレコーダーの取り付け
上田地域のコロナ感染者の減少に伴い、警戒レベルが4から3に今日から引き下げられた。
またこれで公民館も曜日に関係なく使えるようになるだろう。
3月の彩明会会員展の開催の案内状と報道関係に開催記事掲載の依頼を出すことにした。
2021年01月25日 (月) | Edit |
昨日夕方までに一度雪は止んだが、夜は雪がまた降る予報が出ていた。
寝ている間にまた雪が積もっているのではないかと心配したが、朝起きると雪は降らなかったようで、除雪された道路は雪がなく乾いていた。
気温も氷点下まで下がらず2℃だった。
今日は長女がホンダの新車を買ったのでその納車に一緒に行った。
昨日行くつもりだったが雪で一日延期していた。
簡単に済むものと思っていたが、色々細部にわたって説明もあり、スマホに連動したサービスが受けられるトータルケアの登録などもあって時間がかかった。
全部の説明が終わった後、営業所の社員全員揃っての納車式なるものも行われ、店長以下スタッフ全員が自己紹介する場面もあった。
以前にはなかったことなので面食らった。
花束もいただき、新車の前で記念撮影をしてすぐにフォトスタンドにしてプレゼントもされた。
顧客を手放さないためのサービスに苦心しているようだ。
10時にお店に着いてから、全部終わって帰るときには12時になっていた。
カーナビやETCなどディーラーオプションで取り付けると本体と工賃でかなりの金額になるので、カーナビはジイが付けてやる、と大見得を切ってしまったので、しばらく車を預かって自分で取り付けることにした。
ETCだけはセットアップは素人ではできないので、カー用品ショップに頼むつもりだが・・・。
家に戻った後長女も一緒に遅い昼食を摂った。
午後3時からリハビリウォーキングに出かけた。
長女も一緒に歩くというのでいつもコースを1時間歩いた。
途中まめちゃんに会わせたかったが、いつもいる玄関前にはいなかった。
その後の猫たちのうち2匹には引き合わせることができた。
浅間山が昨日の雪で真っ白になっていた。
ジイが好きな景色になっていた。
リハビリウォーキング 浅間山
ウォーキングの後、長女に家に行って、ノーマルタイヤをガレージに収納した。
納車の際にはスタッドレスタイヤを装着してあるので、ノーマルタイヤが荷室に載せてあった。
雪国というほどの積雪はないが、昨日のように冬の間何回かは雪が降るので、スタッドレスタイヤは必需品だ。
今度の車では、タイヤ交換もディーラーでやってもらうようにしたので、時期が来たらタイヤを積んで行けば自分で交換しなくても済むようになった。
ジイの車も先週の車検の際に同じようにディーラーにタイヤ交換してもらう契約をしたので、これからはタイヤ交換の苦労はしないで済みそうだ。
2021年01月24日 (日) | Edit |
朝7時に起きると外は一面の白銀の世界、まだしんしんと雪が降っていた。
こういう景色を見ると心が躍るような気持になるのは何故だろう・・・。
雪国育ちではないジイが信州を終(ツイ)の棲み家として選んだのもこの雪景色が憧憬としてあったのかもしれない。
今年初めての本格的な降雪となった。
朝食もそこそこに雪景色をカメラに撮りまくった。
雪景色① 雪景色②
10時半過ぎには除雪車がやってきて家の前まで除雪をしていってくれた。
家の裏側の道もMさんの家の前まで除雪していってくれたので、ジイが除雪しなければならないのは、自宅の玄関前の駐車場だけで済んだ。
数年前まで自分でやっていた道路の除雪をやらないで済むようになったのは、年老いて雪かきが重荷に感じるようになってきたジイにとっては朗報だ。
駐車場の除雪はあっという間に終わった。
庭のロウバイも雪に負けず蕾を膨らませていた。
除雪車 除雪車の除雪 駐車場 ロウバイ
今日は午前中上田のホンダカーズに行く約束をしていたが、電話で明日に延期してもらった。
出かける用事がなくなったので、今日は一日家の中で過ごした。
昨日に続きリハビリウォーキングもお休みだ。
今日のお昼ご飯は昨日ちゃたまやで買ってきた双子卵で卵かけご飯を食べた。
濃厚な卵の味が美味だった。
双子卵
午後は、ジイ小屋で50号の絵の手直しをした。
ちょうど雪が降って雪景色になっているので、描きながらイメージも膨らんで手直しの筆が進んだ。
出来の良し悪しは別として、ほぼ自分なりには完成のレベルになった。
3月の彩明会の会員展に出品するかどうか、来月の例会でみんなの意見を聞いて決めようと思う。
水彩
22日に核兵器禁止条約が発効した。唯一の被爆国である日本はこの条約を批准していない。すべての核保有国と核の抑止力に依存するNATOの加盟国も同様だ。日本は、条約を済ませた国と地域51、条約に加わる意思を示す署名をした86の国との橋渡し役をする、という詭弁を弄して、いまだに条約の批准をしていない。こういう政府にしておくわけにはいかない。
2021年01月23日 (土) | Edit |
天気予報では一日曇りだったが、朝から雨が降っていた。
気温はプラス2℃とこの時期としては異常なほど高い。
ただ雨が降って陽射しがないので、これ以上気温は上がらず、午後からは下がって、それとともに雨から雪に変わった。
今日は埼玉から保険屋さんが昼過ぎに来るというので、ちゃたまやのシュークリームを食べてもらおうと、10時前に家を出てちゃたまやに行った。
車で20分ぐらいかかるところにある。
10時開店ということでまだ開店後10分ぐらいの時間だったが、駐車場がいっぱいになるほど混んでいた。
店内はそれほど3密が気になるほどは混んでいなかった。
卵やシュークリーム、クッキーなどを買って家に戻った。
保険屋さんは、天気予報で長野県内が雪ということで早めに埼玉を出てきたらしく、11時半過ぎにやってきた。
こちらも早めに買物を済ませておいてよかった。
1時間ほど車の保険の契約更新の手続きをして帰っていった。
帰りに雪にならなければいいのだが、と思っていたら、帰ってから1時間半もしたら、雨から雪に変わってきた。
それからは、ずっと雪は降り続けて外が暗くなるころには、畑や庭はもちろん道路にも雪が積もって一面の銀世界となった。
まだ2,3㎝なので雪かきをするほどではないが…。
それよりも明日は日中雪が降り続いて積雪20㎝という予報が出ている。
雨が雪に 雪積もり始める
2021年01月22日 (金) | Edit |
今朝は少し寒さが緩んで朝の気温はマイナス5℃だった。
天気予報では朝のうちだけ晴れで昼前から雨となっていたので、晴れているうちにリハビリウォーキングに出かけようと、9時半に家を出発した。
気温は急激に上がっていて、家を出るときは2℃だった。
歩き始めは無風状態で日差しもあったので、昨日と同じような陽気となった。
30分ほど歩いている間に雲が出てきて日差しを遮るようになった。
いつもは追い風になる方角である東に向かっていると、向かい風が吹くようになった。
この時期に東風が吹くのは珍しい。
歩き始めてから30分ほどで天候が変わり始めたのを肌で感じた。
雨まで降ってくる気配は感じなかったので、慌てることなく1時間のコースを歩いて家に戻った。
リハビリウォーキング 雲が広がる
お昼を過ぎても雨が降る気配はなかった。
午後からジイ小屋で、昨日の絵の続きを少しやってから、次の50号の風景画を描くための画用紙を型枠に水張りをした。
去年は結局1枚しか大きい絵を描かずに終わった。
今年はこれからのコロナの状況にもよるが、日本水彩画会では東京都美術館での日本水彩展を開催する予定のようなので、それに向けて準備していかなければならない。
50号の画用紙
3時から接骨院に行って右足の施術を受けた。
昨日は1時間半も歩いたので、今朝起きた時に右ひざの関節がピリッと痛みを感じるようになった。
午前中のウォーキング中では何も違和感を感じなくなっていたが、施術でしっかりケアをしてもらった。
施術を受けている間、通り雨があったようで、車のフロントガラスに雨粒が残っていたが、雨はそれだけで夜まで降らずに終わった。
2021年01月21日 (木) | Edit |
今朝は冷え込んでマイナス10℃になった。
家の前の麦畑が霜で白くなっていた。
一晩中床下暖房を点けていたが、室温が16℃までしか上がってなかったので、いつもなら7時で暖房を消すが9時まで点けていた。
晴れて陽射しがあったので次第に気温も室温も上がった。
午前中ネコ御飯が少なくなってきたので、丸子のベルプラザに買い物にでかけた。
ネコ御飯はホームセンターで買っているが、カインズやコメリのものはネコたちが飽きてきたようで、最近はベルプラザにあるデーツーのプライベートブランド品を買っている。
ネコ御飯のあとは人間様の食品を隣接するツルヤで購入した。
午後からリハビリウォーキングに出かけた。
いつものように防寒対策して出かけたが、途中から暑くなってきて手袋やマスクをとり、ダウンジャケットの前を開けて歩いた。
春先のような陽気に誘われて、中八重原にあるシクロビンヤードのブドウ畑の先まで足を伸ばした。
シクロビンヤードは以前にもブログに書いたが、自転車競技の選手だった人が第2に人生でワインづくりに取り組んでいるワイナリーだ。
このブドウ畑は手入れがきれいでそばを通って眺めるだけでも気分がよくなる。
リハビリウォーキング
お蔭でいつもより30分オーバーして歩いたので、歩数計が13,000歩台になっていた。
南信のほうではロウバイが開花したというニュースが聞けるようになった。
今日のデッキの温度計は13℃まで上がった。
この陽気で我が家のロウバイはどうか見てみたがまだまだ蕾が硬い。
今までにないたくさんの花芽があるので開花が楽しみなのだが・・・。
ロウバイの花芽
ウォーキングの後ジイ小屋で50号の絵の手直しをした。
18日に絵の具を落とした絵だ。
写真だけではあまり変化したように見えないが、自分なりにはだいぶ色合いを変えたつもり。
水彩画
アメリカの大統領の就任式があった。
トランプからバイデンに代わって、これからはトランプの顔を見るのも少なくなりそうでホッとする。
2021年01月20日 (水) | Edit |
大寒の今日の最低気温はマイナス7℃だった。
朝起きた時にはマイナス5℃になっていた。
朝から快晴で雲一つなかった。
太陽光発電も朝からたっぷり発電し、とうとう累計で75,000kwに達した。
設置してから12年と5カ月となる。
太陽光発電
今日はコープの宅配がお昼前にあるので、その前にリハビリウォーキングに出かけようと支度をしていたら、郵便局の宅配便がやってきた。
インターホンを鳴らすのを待っていたら、なかなか鳴らさないので玄関ドアを開けたら、赤い車が走り去って行った。
郵便受けに不在連絡票が入っていた。
在宅しているのに黙って不在連絡票だけ置いて行くなんて配達する気があるのだろうか?
インターホンが故障しているかと試しに押したがちゃんと呼び出し音が鳴った。
すぐに電話の音声ガイダンスに従って不在連絡票の番号を入力したが該当する番号がないとのメッセージが出た。
不在連絡票が通じるようになるにはある程度時間がかかるのか?
すぐに北御牧郵便局に電話をして苦情を言った。
午後4時以降再配達してもらうようにした。
そんなこんなで午前中のウォーキングはできなくなった。
11時半過ぎにコープの宅配便を受け取った。
昼食の後あらためてリハビリウォーキングに出かけた。
午前中より少し風が強くなっていた。
歩き始めは北向きに歩くので向かい風が強く、身体も温まってないので少し辛かったが、少し歩くと楽になった。
360度見渡す限り雲一つない快晴だった。
浅間連山の山並みもそれぞれ頂上付近は雪でふちどりされていた。
リハビリウォーキング①
歩く向きが南に変わると、空気も澄んでいて、佐久市臼田の山の中にあるJAXAの大型パラボラアンテナもよく見えた。
次の任務に就いたハヤブサ2からの通信を追っているのだろうか、想像したら楽しくなる。
リハビリウォーキング② JAXAアンテナ② JAXAアンテナ①
午後4時以降は郵便局、佐川急便の宅配を待っているうちに日が暮れた。
買物に出かける回数が減った分、我が家もネット注文が増えた。
2021年01月19日 (火) | Edit |
今朝の気温は、マイナス4℃と昨日とあまり変わらなかった。
寝ている間に少し雪が降ったようで、うっすらと雪が積もっていた。
今日はフィットの車検を予約していたので、9時過ぎに家を出てホンダのディーラーに行った。
予約時間の9時半ピッタリに到着した。
ここのお店の女性社員は、事務所から駐車場まで出てきて出迎えてくれる。
寒いのでこちらが恐縮してしまうのだが、なぜかジイの名前を憶えていて名前を呼んで挨拶してくれた。
一通り車検で整備する内容などの説明を受けた後、代車を出してもらってそれに乗って家に戻った。
代車はハイブリッドではなくガソリン車だったが、最新の安全補助機能付きの車だった。
今ジイが乗っているフィットに比較すると格段に進化している。
昼食後、まだ気温は0℃と上がっていなかったが、リハビリウォーキングをすることにした。
今日の午前中ネットで注文した眼鏡が曇りにくいマスクが届いたので、早速そのマスクをつけ、ネックウォーマーや毛糸の帽子をかぶって出かけた。
風が冷たく向かい風の時は一段と寒さが身に沁みたが、バアの風除けになるようバアの前を歩いた。
しばらく曇りにくいマスクの効果があったが、マスクの中が吐く息で湿り気が増すと眼鏡が曇り出した。
なかなか100%の効果は望めない。
追い風の時はなぜか曇らない。眼鏡のレンズの温度と相関しているのだろう。
途中で接骨院にも来てくれている二人組に会ってしばらく立ち話をした。
最近またウォーキングを再開したようだ。
風があったせいか速足になったので、1時間コースを5分ぐらい早く家に戻った。
リハビリウォーキング
3時に接骨院に行って施術を受けた。
寒いので受診者が少ないのではないかと心配していたが、ソコソコ来ているようだ。
施術が終わった後、ジイだけで上田に出かけた。
アリオまで空き缶やトレイ、ガラス瓶など資源物のリサイクルを出しにアリオに行った。
コロナが怖いので買物はしないで用を済ませてすぐに退散した。
その後、日本水彩上田支部の暑気払いや、会員展の授賞式、新年会の会場に使っている「ささや」に行って今年度の予約をしてきた。
今年の新年会は今月22日に予約していたが、それはキャンセルしている。
今回の予約も今後のコロナ次第でどうなるかわからないのだが・・・。
ささやの予約を終えた後その足でディーラーに車検が終わった車を取りに行った。
ここも引き渡し予定の5時ピッタリだった。
5年目の車検だとばかり思っていたら、7年目だった。
思い込みと勘違いで2年間違っていた。
今回補助バッテリーを交換したが、5年でダメになるなんて随分モチが悪いなと思っていたが、7年も持てば十分だ。
想定していた車検費用より1.5倍もかかってしまったが仕方がない。
帰りは通勤ラッシュにあって普段より倍の時間がかかってしまった。
昨日は、菅首相の所信表明演説をテレビで観ていて、コメントする気も起きなかったが、マスコミ各社も総じて不評だった。
購読紙の朝日の天声人語でも酷評だった・・・。
2021年01月18日 (月) | Edit |
今朝の気温はマイナス5℃、平年並みの気温だ。
今日は午前10時に祢津公民館に行く用事があったので9時半に家を出た。
今月9日の彩明会の例会の日から、祢津公民館に展示していた会員の作品を回収にいくことと、来月の例会の日程を変更するために会場の予約をするためだった。
事前に連絡し合って4人が集まったので、当初予定していた2月13日(土)の前日に例会をすることで決まり、会場も空いていたので、来なかった他の3人にも連絡してもらうことにした。
東御市を含む上田地域のエリアが県のコロナ警戒レベル4に1月11日に指定されたことに伴い、土日の公民館の利用ができなくなった。
これ以上上田地域での感染者が増えれば、次の段階として平日も利用できなくなるのだが・・・。
とりあえず感染者が減少することを願って、日程の変更をした。
これも不確定要素だが彩明会の会員展を3月初めに予定しているので、来月はその会員展に出品する作品を検証する大事な例会だ。
すぐに用事が済んだので家に戻ったら、まだ11時前だったので、風もなく天気も良かったので、リハビリウォーキングをすることにした。
今日も寒さに震えることもなく、身体も気持ちも暖かく感じながら歩くことができた。
浅間山が雲の間から真っ白になった山肌を見せていた。
新年を迎えてから、調べてみたら雪や強風で4日休んだが、それ以外ほとんど毎日のように歩き続けている。
これも多分一人だったらもっと歩く回数が減っていただろう。
バアに歩こうかと声を掛けて断られたことがない。
逆にもたもたしていると早く歩こうと催促される。
ちょっと風が強かったり、曇って気温が上がらないときなど、迷うこともあるのだが・・・。
リハビリウォーキング 冠雪した浅間山
午後からは、ジイ小屋で彩明会の会員展に出品する50号の絵を修正することにした。
去年の冬の雪が残る麦畑を描いた絵だ。
今年の年賀状にも使った絵だが、改めて見直すと全体的に色遣いが暗い混色が多く気になった。
もう一度雪と雪が溶けて麦の芽が出ている箇所、絵の半分近いスペースだがもう一度描き直すことにして、色を落とした。
もともとの紙の色だけの白い雪の部分は少し絵の具の色が沁み込んでしまったが、問題はなさそうだ。
あと1か月で仕上げ直すつもりだが・・・。
色を落とした絵
2021年01月17日 (日) | Edit |
朝からどんよりとした曇り空、気温はマイナス2℃とこの時期としては高めだ。
昨日の日中に降った雪の上に夜中にも降ったようで雪が上積みされていた。
太陽が出れば皆溶けてしまう量なのだが・・・。
お日様が出ないので午前中はなかなか気温が上がらず、雪もすぐには溶けなかった。
朝の景色
ようやく10時を過ぎたころから薄日も射してきて、雪が溶け始めた。
屋根に積もった雪が滑り落ちる音がしだした。
昼食を食べた後気温も2℃まで上がってきて、風もなさそうなので、午後2時からやる長女夫妻と餅つき大会の前にリハビリウォーキングをすることにした。
歩く道路に雪はほとんど残っていなかった。
日当たりのいいところでは乾き始めていた。
風がないので日差しを浴びて暖かく感じながら1時間ほど歩いた。
リハビリウォーキング
歩き終わった後長女夫妻を迎えに行った。
午前中買物に行くと言っていたが、朝の雪景色を見たら車で出かけるのが怖くなって家にいたらしい。
我が家に来るのも坂道が心配で来たくないという。
既にモチ米は昨夜から水に浸していたので、中止にすることもできない・・・。
過保護だが迎えに行くことにした。
去年は暖冬でほとんど雪も降らなかったので、雪道を走る経験に乏しいのはわかるが、これから長く住み続けるには嫌でも雪の運転になれなければならない。
迎えに行ったついでに、昨日線引きした倉庫兼ガレージにフィットを止めてみた。
リアカメラを使えばそれほど難しくなくバックで入れることができそうだ。
餅つき大会は、今回はカミちゃんが主役で餅つき機を操作した。
つき・こねの時間を今まで以上に時間をかけてやったので、米粒は残らずもっちりとしたお餅に付けた。
おやつ程度にお餅を食べ、残りは半分ずつに分け切り餅にして分けた。
餅つき大会
今日は阪神淡路大震災から26年目の忘れてはならない日だ。
午後9時からのNHKスペッシャル「巨大地震と未治療死」という番組を見た。
阪神淡路大震災の時には、医療現場の大混乱の中で、瓦礫の中からせっかく救い出された人の中にも、治療を待っている間に様態が悪化して亡くなった人も数多くいたそうだ。
限られた医療資源の中で誰を優先して治療するのか、今では普通に耳にするようになったトリアージを、差し迫った状況の中で即座に判断しなければならない問題も浮き彫りになった。
また、医療資源が災害直後は被災者に集中するため、すでに入院していた人や、避難所に避難した弱者に対する対応が手薄になり、それが多くの災害関連死を生んだ。
それを教訓にDMAT(災害派遣医療チーム)やAMAT(全日本病院協会災害医療支援班)などが整備されてきたが、今後30年以内に起こり得る南海トラフ巨大地震に対応するにはぜい弱だ。
地震ではないが、今のコロナ対策でも同じ問題が起こっている。
今の政府には医療に対する大局観が見えてこないのが心配だ。
2021年01月16日 (土) | Edit |
このところ数日朝6時前後に目が覚めることが多くなった。
ただそのまま起きることなく、ベッドで7時の目覚ましが鳴るまでじっとしている。
夜就寝する時間を少し早くしているせいかもしれない。
6時間ほど眠ると目が覚めるリズムができてしまっているのだろう。
寝不足は日中しっかり補っているから、不健康にはなっていないが・・・。
今朝は少し暑くなって掛布団をはねた。起きてから外の温度計を見たら、この時期には考えられないような7℃になっていた。
気温が上がるとは予報で聞いていたがここまでとは・・・。
温度計
午後から天気が崩れる予報が出ていたので、朝9時半に長女の家に行って、倉庫兼ガレージとして使っている建物の中に、2台の車をまっすぐ止められるように白線を引きに行った。
目印がないとうまく車庫入れができないという。
車道白線引き用の水性ペイントをインターネットで取り寄せ、昨日配達された。
缶入りではなく、スプレーが売っていたのでそれを2本取り寄せた。
10㎝の幅で両サイドに養生テープを貼って、線を3本引いた。
スプレーで吹き付けるので思いのほか簡単に終わった。
冬場でも1時間もすれば乾くと缶に書いてあった。
朝から気温が高かったので、汗をかきかきの作業だった。
白線引き
早めに戦引きが終わったので、空き地に埋まっている石を備中鍬や唐鍬を使って掘り出し耕した。
この空き地を畑にして野菜でも作るかという考えもあったが、ミニ耕運機で耕していても、大小様々な石が埋まっているので、畑には向かない感じがした。
花壇だったら深く掘らなくても済むかもしれないので、花壇にしようかと思っている。
一昨日積み直した石垣に石を足した。見栄えはいまいちだが出入りしやすくなればそれでいい。
石垣左 石垣右
お昼前までやっていたら、急に風が冷たくなってポツポツと雨が落ちてきたので作業をやめて家に帰った。
家に帰ると間もなく雨が本降りになった。
午後1時半ごろ外が明かるくなって薄日が差してきた。
バアがウォーキングに出たがっていたので、一応念のため傘を持ち、ゴアテックスの合羽を着てリハビリウォーキングの出かけることにした。
歩くコースは、長女の家までを往復することにした。
途中雨が降ってきたら長女に家で雨宿りもできる。
雨にも降られず長女の家に着いたので、ガレージを開けて白線をバアに見せた。
リハビリウォーキング
家の戻る途中で、雲の切れ目から見えていた青空がなくなり、黒い雲が西の空から迫ってきた。
傘をさすほどでもないが雨もみぞれ交じりで落ちてきた。
家に着いて10分もしないうちに雪になった。
みるみるうちに庭や畑が雪で白くなった。
1時間後には真っ白になった。
今日はいっぺんに春と冬がやってきた感じだった。
雪の降り始め 雪が積もった

2021年01月15日 (金) | Edit |
天気予報では朝から一日晴れの予報だったが、どんより曇っていた。
今日は佐久平水彩画研究会の例会の日だったが、佐久市が長野県のコロナ警戒レベル5に指定されたため、公の施設が利用停止となり、佐久創造館が使えなくなったので、例会は中止となった。
時間が空いたので、用事もあり小諸に出かけることにした。
10時に家を出て小諸駅の近くまで行った。
駐車場に車を停め、市街地を歩き出した。
歩き出して間もなく、空を覆っていた雲が取れだして、青空が見えてきた。
少し寒かった気温が次第に日差しとともに上がってきて街中を歩いていても気持ちよくなってきた。
途中北国街道につながる道路に藤村使用の井戸という立て札と井戸があった。
すぐ近くには藤村旧栖地という札もある。
島崎藤村が6年間新婚生活を送った家があったところだ。
家の前の共同井戸で、今はポンプ式の井戸になっているが当時はつるべ式井戸だったようだ。
付近の道路はタイルが張られていて「藤村プロムナード」と名付けられていた。
藤村がここに住んでいる時代に、千曲川旅情や代表的な小説「破戒」が執筆されたといわれている。
藤村の足跡をたどるべく、付近の寺社を1時間ほど歩いた。
藤村の井戸 街歩き 
お昼に近くになったが、小諸市内で飲食するのははばかれたので、御代田のパン屋さんまでパンを買いに行った。
何度かパンを食べに行ったり、買いに行ったところだ。
ここから見える浅間山は雄大で迫力があるので、美術会でも写生に来たことが何度かある。
浅間山
ここも今回はパンを買うだけで食べるのはやめ、家まで持って帰って食べることにした。
少し遅い昼食となってしまったが、お腹が空いていたせいもあるが、おいしくパンをいただいた。
丸子のツルヤやマツキヨに行った帰りに、接骨院に行った。
昨日家の車の出入り口の拡幅作業をしたので、筋肉痛が出るのではないかと心配したが、特に痛いところは出なかった。
年を取っているので明日ごろ出てくるかもしれないが・・・。
足のほうは今日も電気と施術でもみほぐしてもらったので大丈夫だろう。
今日もコロナ感染者が全国で7,000人を超え、東京都もまた2,000人台になった。
去年の大晦日に1,337人と初めて1,000人台になった時は驚いたが、最近では1,000人台では驚かなくなった。
感覚がマヒしてくるのだろうか?
緊急事態宣言を効果あらしめるために、特措法改正に罰則規定を盛り込む案が浮上しているが、後手後手に回った失政のつけを国民に負わせるのはいかがなものか・・・。
2021年01月14日 (木) | Edit |
今朝はまたマイナス7℃まで下がっていたが、朝から快晴で気温が急上昇した。
朝食の後、家の掃除をしたが、途中から暑くなって汗をかいていた。
10時過ぎに長女の家に行った。
かねてから約束していた、母屋側の県道に面した車の出入り口を広げる工事をしに行った。
クワとスコップで組んである石積みを解体して内側に引っ込めて石を積み直す工事だ。
重機があれば簡単に出来るのだろうが、そんなものは持っていないし、借りても操作できない。
この辺の農家の人達は、土木工事もお手のもののようだが・・・。
はじめに左側の石積みから取り掛かった。
スコップで土を掘ろうとしたら、土が凍っていて歯が立たなかった。
唐鍬と言われる肉厚の土堀用の鍬を家から持って行ってあったので、それを使って掘り進めた。
積んである石の周りには隙間を塞ぐ大小様々な石が詰めてあったので、それを取り除くのが大変だった。
ツルハシでもあればよかったがそれも持ち合わせていない。
レンギョウのカブも一株抜いた。
左の石積み修復前
ひとまず積んである石を取り外すところまででお昼になったので、家に戻ってお昼を食べた。
気温が上がって、上着を脱ぐほどの暖かさになった。
午後1時過ぎから再び作業を再開した。
膨らむように出っ張っていた石積みを、県道に面して直角になるぐらいに約30㎝引っ込めて石を積み直した。
プロのように隙間なく組み直すことはできなかったが、崩れなければよしとしよう。
次に右側の石積みに挑戦した。
こちらは石積みの外側にハナズオウが根を張っていた。
まずはそれを取り除いてから、石積みに取り掛かる。
既に半分石積みが崩れていたので、こちらは取り外すのは簡単だったが、もう一度組み直すのに空き地に転がっている石を持ってきて足さなければならなかった。
こちらは約20㎝引っ込めて積み直した。
工事には2,3日かかるのではないかと思っていたが、何とか午後3時までには全部積み直すことができた。
全体で約50㎝ぐらいは広がったので、これから出入りするときにボディーをこする不安は解消できると思うのだが・・・。
左の石積み修復後 県道から見た全体像
あとは県道に出るときの右から来る車が見えない問題を解決する課題があるので、それは今検討中だ。
最近の車には、左右の車や人の動きを捉えるカメラを搭載するものもある。
今日は工事でリハビリウォーキングができなかったが、午後からバアも長女の家まで一人で歩いて来て、ジイの作業を見守っていた。
作業を終えて母屋でお茶をご馳走になった後家に戻った。
通販で道路白線引き用のペンキのスプレー缶を取り寄せて、午後4時以降の配達で届くようになっていたので、それに間に合うよう家に戻った。
倉庫兼ガレージの中に車を2台収納しているが、白線の目印がないので、車の止め方がまっすぐに出来ないらしい。
これもジイがやってやると口約束してしまったので、早速ペンキが届いたらやらなければならない。
DIYが身上のジイだから仕方がないが・・・。
2021年01月13日 (水) | Edit |
昨日夕方には止んでいた雪が寝ている間にまた少し降ったようで、積雪量が増えていた。
庭の樹木についた雪が冷えて氷の結晶になっていた。
常緑樹のトウネズミモチの葉のふちが白くふちどりになっていた。
枝垂れのハナモモの枝は造花のようだ。
トウネズミモチ ハナモモ
最低気温はマイナス6℃で冷えているが、暖かい空気が入り込んできているのか、濃い霧が立ち込めていた。
南側の麦畑も西側の畑も幻想的な景色になっていた。
朝の麦畑① 朝の麦畑②
午前中は霧がなかなか晴れず、陽射しが弱いので、道路に積もった雪も凍ってなかなか融けなかった。
歩くことも、買物に出かけることもできなかった。
11時半前にコープの宅配が来たがそのころになってようやく霧が取れて青空が出て来るようになった。
午後1時からリハビリウォーキングに出かけた。
昨日は歩いていないのでどうしても歩きたかった。
リハビリウォーキング
午前中の景色が嘘のようだった。
既に道路や畑にはほとんど雪が残っていなかった。
向かい風の時は少し寒く感じたが、追い風の時はポカポカして防寒着の下は汗をかいているように感じた。
このまま春が来るような錯覚を覚えた。
家に戻って、朝撮った景色を同じアングルで撮った。
同じ一日とは思えない景色の変わりようだ。
午後の麦畑① 午後の麦畑②
ウォーキングから戻って一息入れた後、食料品が底をつき始めたので、立科町のツルヤに買い出しに出かけた。
駐車場がガラガラだったのでオヤっと思ったら、定休日だった。
滅多にない定休日にぶつかってしまった。
しょっちゅう買物に来ていたら、入口に予告が出ているのに気が付くのだろうが、前回は1月7日なので気が付かなかった。
あと一日ぐらい買物をしなくても何とかなるが、明日は別の用事もあるので、少し逆方向になるがベイシアまで行くことにした。
上田のアリオやイオンにはまだ行きたくない。上田市では毎日5,6人の感染者が出ている。
遠回りして買物してきたので家に帰ったら4時半を過ぎていた。
先日の一都三県に続いて、栃木、愛知、岐阜、大坂、京都、兵庫、福岡の7府県が緊急事態宣言の対象となった。
去年の4月にはそれなりの効果があったが、今や張子の虎と同じ、効果は期待できない。
飲食店などの時間制限だけで観戦が沈静化するわけがない。
人の移動を止めない限りダメなのはわかっているのに・・・。
2021年01月12日 (火) | Edit |
朝7時に寝室の窓のカーテンを開けると東の空が朝焼けに染まっていた。
気温はマイナス2℃と少し寒さが緩んでいた。
日の出とともに朝日が射し込んだのも束の間、すぐに雲に覆われてしまった。
朝食の片づけはバアに任せて、上田支部の総会のため8時15分に家を出て神川公民館に向かった。
8時半過ぎに着いたがまだ誰も来ていなかった。
早速暖房のスイッチを入れて机や椅子のセットを始めると、すぐに数人がやってきてみんなでセットした。
9時から常任委員会を開催し、今日の総会の議事について協議した。
昨年の11月に行った常任委員会で大筋は決めてあったので、内容は再確認する程度だったが、今年から支部会員の人数が30人を割り込む問題について議論があった。
どこの文化芸術団体も抱えている問題だが、高齢化と会員の減少に歯止めがかからない。
上田支部ではジイのような年齢の者がまだ若手なのだ。確かに技術的な面では未熟なので、技術に長けた老練な人たちから見て未熟者という意味も籠った「若手」なのかもしれないが・・・。
いろいろ議論していたら、総会に始まる10時前までかかってしまい、同じ会場で常任委員以外の人が待つような状態になってしまった。
常任委員会を終えて10分遅れが総会が始まった。
総会のほうは、特に質問や意見も出ず、淡々と議事進行が進み約40分ですべて終了した。
11時過ぎには神川公民館を出て家に戻った。
このころから雪が降り始め、家に着いた頃には雪で景色が霞むほどの量になった。
お昼を過ぎてうっすらと畑や庭も白くなり始めた。
午後2時前には、庭の木やデッキの上も雪で白く積もった。
12時過ぎの雪 午後2時の雪
3時前に接骨院に行った。先客はなくすぐに施術を受けることができた。
こんな天候なので受診者が少ないのかと聞いたら、午前中から定期的に通ってくる人が来てくれたらしい。
閑古鳥が鳴いていないか心配したが安心した。
施術が終わって帰宅するころにはもう雪は止んでいた。
5時ごろ外が明るくなったので西の空を見ると雲が切れて薄日が差していた。
麦畑の寒々した風景も写真に撮った。
西の空 麦畑の雪

2021年01月11日 (月) | Edit |
朝起きた時の気温はマイナス5℃だったが、最低気温はマイナス10℃だった。
深夜に冷え込んだようだ。
朝のうち曇っていたので気温はなかなか上がらなかった。
毎日報道番組は、新型コロナウィルスの話題が中心だが、阪神淡路大震災の日が近づいてきて、少しずつ取り上げられるようになった。
さらに今年は東日本大震災から10年の節目の年なので、合わせて報じられることが多い。
70年余生きてきて、戦争の惨禍こそ経験しなかったが、二つの大震災と今回の新型コロナ感染症を経験したことは、自分の来し方行く末の意味を考え直す大きなきっかけになっていると思う。
既に老境に入り、わが身の健康を維持するだけでも思うに任せない状態では、他者のために何か身を削るようなことができるわけではないが、せめてこんなブログで思いつくままにつぶやいて見ようと思う。
午前10時半まで空模様を眺めていたが、気温が0℃より少し上がってきたので、陽射しはないがリハビリウォーキングに出かけることにした。
気温が低いので寒いのではないかと思ったが、微風だったのでそれほど寒くは感じなかった。
最近は、歩いている途中でワンチャンやネコチャンと会えるコースを暗黙のうちに選んで歩いている。
今日も豆ちゃんに会って、声をかけてしまった。
クロリンと同じ黒猫にもあったが、ジイとバアの姿を見て急いで側溝に隠れたので違うネコだったようだ。
今日も歩いている途中3人の人とすれ違った。
田んぼにトラクターで堆肥を撒いていた。
しばらく歩くたびにこの香りと付き合うことになる。
リハビリウォーキング 堆肥が撒かれた田んぼ
家に戻ってお昼はおでん鍋を食べて身体がすっかり温まった。
鍋は、次女の家の完成祝いのお返しに貰ったカタログで取り寄せたものだ。
焼肉やすき焼きもできる優れものだ。
午後から明日の上田支部の総会の資料の印刷をした。
昨日一部印刷したが、全10ページ、30部印刷するのに意外と時間がかかった。
他に会費の領収書を作ったり、会議の進行表を作ったり、細々したものを用意していたら夜までかかってしまった。
今日は早く寝て明日に備えよう。
2021年01月10日 (日) | Edit |
今朝はマイナス9℃まで下がった。10℃台が壁になっている。
朝から晴れて雲が少ないので、放射冷却の影響だろう。
昨日はジイだけだがリハビリウォーキングを休んでしまったので、今日は11時から歩き始めた。
朝の冷え込みが嘘のように、陽射しもあって歩いていてもそれほど寒さを感じなかった。
今日は歩いている間に、全部で10人の人とすれ違った。
何人かの人とあいさつしたり、言葉を交わしたりした。
半分以上の人は名前も知らない人たちだったが、今まで何年も家の周辺を歩いているが、こんなに1時間のうちに歩いている人とすれ違ったのは初めてのことだ。
日曜日ということもあるが、ジイの見立てでは、これもコロナの影響で外出を控えているので、運動不足を解消するためのウォーキングなのだろう。
冬の寒い時期に歩くなどというのは、一昔前までこの辺の人でなくても珍しがられることだった。
引っ越してきたころ、歩いているときに地元のおじいさんから「中国人か?」と尋ねられたことがあって、今でもそれを語り草にしている。
今日は、豆ちゃんや猫たちとも会うことができた。
リハビリウォーキング 豆ちゃん ネコ
午後から、風が弱いので、先日キンモクセイに巻いた寒冷紗を巻きなおした。
強風の時は風に翻弄されたが、風が弱いのでしっかり巻きなおすことができた。
そのあとは、12日の日本水彩上田支部の総会の資料作りに取り掛かった。
去年購入したプリンターの文字や罫線の印刷ズレがひどくなってきたので、プリントヘッドの位置調整をした。
自動調整をしたら今まで以上にずれてしまったので、手動調整をした。
印刷パターンを見ながら支持された通りにチェックして調整したら、完璧にはならないが目立たない程度になった。
去年中止になった東京都美術館で行われる日本水彩展の今年の日程が、今日行われている全国支部長会議で承認されるので、その議案の日程を今年の事業計画に載せた。
あと何点か資料の文字の修正などをして、一応データの修正は終わった。
一部印刷を始めたが、メインは明日印刷することにした。
緊急事態宣言の行方が見えない中、東京展が予定されている6月までには、終息が見えている状況になって欲しいものだ。
それにしても、今日から大相撲が始まった。
力士16人が欠場する中あえて強行する意味はあるのだろうか。
それこそ大相撲を中止するインパクトのほうが、効果が表れると思うのだが・・・。
2021年01月09日 (土) | Edit |
今日はいつもより30分早い6時半に起床した。
東の空は朝焼けで赤く染まっていたが、まだ日の出前だった。
外の温度計はマイナス7℃になっていた。
8時10分に家を出て祢津公民館に行った。
車で家を出るとき、車の外気温を示す温度計では、まだ気温はマイナス7℃のままだった。
ため池の前で浅間連山を見たら、今までに見たこともないような雪が積もった姿だったので、車を停めて写真に撮った。
浅間連山の雪
家を出てしばらく、道路が凍結している可能性もあるので、慎重に車を走らせた。
公民館に着いたときは最後から3番目だった。
早く来た人がすでにテーブルをセットし暖房を点けておいてくれていた。
今日から1週間、公民館のホールの一角で彩明会の作品展示をすることになっていたので、最初にその飾り付けをみんなでやった。
公民館の館長が、事前に看板を作ってくれてあった。
去年から新しい館長に変わったが、新しい館長は積極的だ。
公民館は、土日に利用することが多く、館長にお目にかかったことはまだないのだが・・・。
作品展示① 作品展示②
彩明会の総会は1時間半で終了した。
みな総会の後のことを考えていなくて、画題を持ってきた人がいなかったので、それぞれお昼まで窓から見える景色を写生したり、おしゃべりをしたりして過ごした。
ジイは会員展に向けて静物画を1点出す予定をしているので、昨年末に描いたスルメの絵の手直しをした。
スルメの絵
お昼は、近くのスーパーに予約していた仕出し寿司や飲み物を副会長が取りに行って運んできて、公民館で皆でいただいた。
飲食をすることは今のところ禁止されていないが、公民館の入口には、東御市が県の基準の感染警戒レベル4になったら公民館の利用停止をする旨の張り紙がしてあった。
隣の小諸市が感染警戒レベル5、佐久と松本圏域がレベル4に指定されていて、それ以外はレベル3となっているので、1段階上がれば利用停止になるということ。
これは多分公民館だけでなく他の公共施設でも同じなので、会員展を行う文化会館も該当しそうだ。
今日の総会の半分はその会員展の準備についてだったから、中止になる可能性もある・・・。
県内の感染者は、今日も41人、そのうち東御市は2人だが、昨日の感染者の未就学児の家族だ。
まだ全国的にも県内でも高止まりしている状況だ。
昼食を食べた後、解散になったので、1時過ぎには家に戻って来た。
早く帰れたのでリハビリウォーキングに出かけようと思ったが、バアは午前中一人で歩いてきたというので、ジイはウォーキングを休むことにした。
2021年01月08日 (金) | Edit |
朝起きた時は雪が止んでいたが、当たりはうっすらと雪化粧していた。
気温はマイナス4℃とこの時期としては高めだ。
8時過ぎからしばらくまた雪が降り出したが、積もった雪が増えることはなかった。
お昼前には、ときおり薄日も射して、降った雪はほとんど溶けてしまった。
日本海中心に大雪になっているのと比べるとずいぶん違う状況だ。
朝の風景 午後の風景
午前中から、明日の彩明会の総会資料の印刷に取り掛かった。
会員数が7人と減少したので、印刷部数は少ない。
会員展の案内ハガキも50枚印刷した。
今までは多いときは150枚印刷したが、今年は最終的に100枚でも余るかもしれない。
昼食の後、薄日が差している間にリハビリウォーキングに出かけた。
昨日は強風で歩けなかったので、今日は歩けるときに歩こう、と出かけた。
気温が2℃しかなかったが、風があまりなかったのであまり寒さは感じなかった。
最近の歩くコースで出会う犬の豆ちゃんは、家の中に入れてもらっているのか姿が見えなかった。
猫たちも姿がなかった。
猫のいる家の前の道には、クルミの実の殻がたくさん落ちているので、ジイはその道を「クルミ通り」と名付けている。
どうやらカラスがこの道にクルミを落として殻を割り、食べているようだ。
よく車に轢かせて殻を割って食べる、という俗説もあるが、ここのクルミは細かく割れていないので、車の説には同意しない。
70~80m離れたところに大きなクルミの木があるので、そこから運んでくるのではないか?
50mの長さの両脇に数えきれないほどの殻が落ちている。
実際にカラスが食べているところを目撃したわけではないが、特定のカラスの仕業だと思う。
想像力をかき立てられて楽しい道だ。
リハビリウォーキング クルミの殻
1時間ほど歩いて家に戻った。
3時過ぎに接骨院に行った。
先客がいたのでしばらく母屋で待ってから施術を受けた。
今日は午前中雪も降る天候で受診者がいなかったようで、午後になって来たようだ。
膝のほうも年末年始具合が悪くなることもなく、ずっとウォーキングも調子よくできているので、今年最初の施術してもらいながら、これも施術のおかげとかみちゃんに感謝した。
昨日の首都圏の緊急事態宣言を受けた今日の東京の人の移動は多少前日より減少しているそうだが、去年4月の最初の緊急事態宣言の時に比べて、1.5倍以上の人の動きがあるというデータが示されていた。
メッセージ力の乏しい内容でひとの移動を止めることはできない・・・。
首相の記者会見では、飲食だけ控えればいいように聞こえてしまう。
県外への移動禁止、ステイホームの徹底をしたうえで、1か月後感染者が大きく減少しなければ、オリンピックをやめる、というぐらいのことを言わなければダメだ。
2月中のワクチン承認に期待するなどと絵空事を言っているようでは誰も言うことは聞かない。
2021年01月07日 (木) | Edit |
今朝の気温は0℃とそれほどの冷え込みではなかったが、陽射しもなく風が強かったので体感的には氷点下の寒さだった。
9時ごろには雲の切れ間から陽射しが出るようになったが、風は一段と強まった。
空が荒れる前にと、午前中立科町のツルヤまで買物に行った。
店内は比較的空いているので、安心して買い物ができた。
立科町でも新年に2例の感染者が出ているので絶対安全というわけではないが・・・。
30分ほど買物をしてまっすぐ家に戻った。
相変わらず風が強く、気が付くとキンモクセイに巻いていた防寒用の寒冷紗がほどけてひらひらとはためいていた。
次第にほどけて風で飛んで行ってしまうようになったので、巻き直しにいった。
風が強くて巻きなおしても、下からまくれ上がってしまってうまく巻けなかった。
手間取っているうちに手が冷え切ってこごえてなおさらうまくいかない。
とにかくぐるぐる巻きにして当座をしのぎ、風のない日に改めてやり直すことにした。
キンモクセイ① キンモクセイ②
新年から続いたリハビリウォーキングも風が強すぎるので断念した。
午後からは、時々雪交じりの風になったが積もるまでにはいかなかった。
こんな天気の時はじっと家の中に閉じこもるしかない。
テレビの報道番組を見て過ごした。
アメリカでは、連邦議会議事堂にトランプ大統領の支持者が乱入し、一時占拠する映像が映し出されていた。
今日は上下両院の合同会議で、先の大統領選の選挙結果を確定する日だった。
敗北を認めないトランプが、支持者に議事堂に向かうよう扇動する演説をしていた。
もはやパーソナリティ障害者としか思えない言動だ。
日本にも自分の付いた嘘を秘書のせいにする同じような人格の持ち主がいるが・・・。
やっと政府が一都三県を対象に緊急事態宣言を発出した。
前もって報道されていた内容なのでインパクトのかけらもなかった。
これでは大きな行動変容は起こらないだろう。
11月の「勝負の3週間」と同じだ。
今日も全国で最多の7,475人、長野県でも79人。
2021年01月06日 (水) | Edit |
今朝の冷え込みはマイナス4℃と少し緩んだ。
室温も19℃になりだいぶ過ごしやすい。
空は雲が多く青空が少ない。
朝のうちに、市役所の広報担当課に彩明会の会員展の開催のお知らせ記事の掲載を依頼するファックスを送った。
今後のコロナの状況によっては、会員展も中止にせざるを得ないこともあるが、今のところは実施を前提に準備を進めていかなければならない。
9日の総会は、新年でもあるので、昼食を会で用意する予定をしていたが、注文をしてくれる会員からどうするか相談の電話があった。
会員の中でも一番神経質な人に電話して意見を聞いたら、食事をしてもかまわない、というので予定通り食事を用意することにした。
ちなみに東御美術会は、17日に総会と酒食の出る新年会を予定していたが、会場を変更して総会だけ開催する連絡が今日あった。
長野県でも連日過去最多の感染者数になっており、隣接する小諸市、佐久市、上田市で多数発生しているので、いよいよ身近に迫ってきている感じがする。
10時ごろから陽射しが出てきたので、今日もリハビリウォーキングに出かけた。
朝の冷え込みも弱かったせいか、歩いていても寒くて体が縮こまるようなこともなく、気持ちよく歩けた。
浅間山に雲がかかっていなかったので、白くなった全容が見えた。
隣の黒斑岳も灰色に雪が積もっているように見えた。
11時半ごろにはコープの宅配がくるので、それに遅れないよう急いで歩いたら1時間コースを5分ほど短縮して家に戻った。
リハビリウォーキング 浅間山
歩いている家の周りのコースに今2軒建設中の家がある。
古い家の建て替えと棟続きの増築の2軒だが、年々空き家が増える中で、住み続ける人がいるだけでもいい。
東御市もとうとう3万人を切ってしまった。
わずかずつだが毎年人口は減少している。
行政サービスも低下していることは否めないが、この自然の中での暮らしを個人的には満足している・・・。
2021年01月05日 (火) | Edit |
昨夜は暖房の設定温度を今までより1℃上げて点けた。
今朝も霜が降りて庭のハナモモの枝まで白くなるほど冷え込んだが、室温は17℃になっていた。
昨日と1℃違うだけでも寒さの感じ方が違った。
もっと設定温度を上げればいいのかもしれないが、消費電力がかなり違うので我慢しよう。
今日は朝から曇りがちで、陽射しが弱くなかなか気温が上がらなかった。
10時近くなってようやく青空がでてきた。
午前中北御牧郵便局に行って、振り込みや現金の引き出しをした。
スーパーなどにあるATMを利用することが多く、郵便局での引き出しなどは滅多にしないが、郵便局に来たついでに払い出し限度額の変更手続きをした。
最近はオレオレ詐欺の被害防止の為限度額が小さく設定されていて、大きな金額を動かそうとするとATMで拒否されてしまう。
それは自宅のネットオンラインで処理するときも同じで、クレジットカードの引き落とし口座が、埼玉時代の金融機関なので、不足額を補充するために振り込もうとすると50万円が限度なので、それ以上振り込もうとすると2回以上に分けて振り込まなければならない。
その都度振込手数料がかかるので、郵便局の窓口で振り込み手続きをしたほうが安く済んでしまう。
ATMの取扱額を増額できたが、オンラインの限度額は増額変更できないシステムになっているとのことで、残念ながら変更できなかった。
次に市役所に住民票を取りに行った。
以前は北御牧郵便局の近くに役場があったが、合併で支所となってしばらくはそこで住民票などが交付してもらえたが、その支所機能も2年前から廃止されてしまった。
合併して明らかに住民サービスが低下している・・・。
本庁の市役所まで行ったが、以前は玄関そばに設置されていた住民票の自動交付機もなくなっていた。
マイナンバーカードがあれば、コンビニのATMを使って交付してもらえるようになったから、というのが自動交付機の廃止理由らしい。
なんとしてでもマイナンバーカードの浸透、拡大を図りたい国の方針のせいだろうが、それで不便になっても、それはマイナンバーカードに異を唱える者の自己責任というのだろうか?
そもそもマイナンバーカードは、国民を管理することを優先して考えられているシステムだから、いくら利便性を後付けしても国民の理解、協力を得ることが難しいのだ。
郵便局と市役所に行ってきただけでお昼近くになってしまった。
昼食の後は、今日もリハビリウォーキングに出かけた。
これで5日連続だ。昨日より少し風があったが、明け方までの冷え込みが嘘のように、風のないところでは暖かく感じた。
場所によっては雪が残っているところもあった。
今日も豆ちゃんや猫たちにも会えた。
リハビリウォーキング ネコ
ようやく菅政権も重い腰を上げて、緊急事態宣言を発出する準備に入ったようだ。
しかし、遅きに失したとしか言いようがない。
増加が顕著になってきた12月中旬に宣言を出していれば年末年始の人の移動を抑えられたはずなのに、まだその段階にないといい続けた。
今日も東京では過去2番目の1278人の新規感染者が出た。
入院患者数は3,025人、病床使用率は86%に上る。
重症者も111人に達し、医療体制が危機的な状況になっているという。
周辺の埼玉、神奈川、千葉も過去最多となっているようだが、地元の長野も44人と過去最多となった。
全国の死者数、重症者数も過去最多となっている。
政府は7日にも緊急事態宣言を発出するようだが、それを効果的にさせるための特別措置法の改正も早めに国会を閉めて怠ってきた。
法律の改正を検討する通常国会も18日にならなければ開会されない。
こんなひどい政府を選んだつもりはない。
2021年01月04日 (月) | Edit |
今朝も最低気温はマイナス9℃と冷え込んだ。
毎晩深夜電力を使って家中を温めているが、朝起きると家の中がひんやりしていた。
室温が16℃まで下がっていた。このぐらいまで下がると足元が寒く感じる。
今日からテレビも通常の放送に戻ったようで、8時からはNHKの朝ドラも再開していた。
1週間も見ていないと、これまでのあらすじが頭からすっかり消えているので、ストーリーの展開についていけない・・・。
その後の羽鳥真一モーニングショーでは、玉川徹と石原良純が年末年始でため込んだ鬱積を思いっきり吐き出してバトルしていた。
9時ごろから太陽を浴びて外も家の中も暖かくなってきた。
風も弱そうだったので、リハビリウォーキングに出かけた。
長女に用事があったので、歩くコースは最初に長女の家を目指すコースを歩いた。
北に向かっての歩きだったが、新年になってから一番風が弱く感じた。
足取りも軽く22分強でたどり着いた。
リハビリウォーキング
今年初めての顔合わせなのであらためて新年のあいさつを交わした。
カミちゃんは先月分のレセプト申請事務に追われていた。
プリンターの調子が悪いとのことだったので、寒さでインクが固まってインクヘッドが固まっている可能性があるので、クリーニングしたほうがいいとアドバイスした。
機械的に詳しいわけではないが、しばらく使わないでいると印刷がかすれることがあり、そういう時はクリーニングすると解決した。
接骨院も1週間閉めているので、部屋が冷え切っていたせいもあるだろう。
接骨院は7日から再開するそうだ。
去年暮れに耕した空き地がすっきりしていた。
ここから見える烏帽子岳や根子岳の山頂が雪で白くなっていた。
長女の家の空き地 雪の山
長女の家からまっすぐ歩いて戻ると合計で45分弱しかないので、長女の家からさらに先に足を伸ばしてから家に戻った。
家を出てから1時間半後、もうお昼に近い時間に戻ったので途中お腹が空いて足に力が入らなくなってきていた。
午後から、週末の9日に予定されている彩明会の総会の資料づくりに取り掛かった。
今年の事業計画を作るところで作業がストップした。
4月から11月は屋外の写生を計画しているが、写生地は一任されているので、どこにするか悩ましい。
新規で新しい写生場所を開拓すればいいのだが、思いつかない。
とりあえず過去9年間の写生地の記録があるので、それを参考に考える予定だ。
いろいろ県内でも片道1,2時間かかるような場所まで行くこともあったが、なるべく東御市に隣接する市町村のエリアに限定して考えよう、ということなので思案しているのだが・・・。
夕方上田市内の某所に商談に出かけた。
お店は午後6時で閉店だが、話し終わったら7時になっていた。
帰りはもう真っ暗で、暗い道を走るのは久し振りで怖かった。
2021年01月03日 (日) | Edit |
今日も明け方までに少し雪が降ったようで、畑や庭が白くなっていた。
最低気温はマイナス8℃まで下がっていた。
朝のうち雪は止んでいたが、9時半ごろからまた雪が降ってきた。
この雪は積もらず、積もっていた雪とともに日中のうちに融けてしまった。
ため池は全面結氷しているのでその上に雪が積もって真っ白になっていた。
雪景色 ため池
今日も朝食をとりながら箱根駅伝を見た。
今朝の朝食はいつものサラダにパン、目玉焼き、バナナにヨーグルトのメニュウに戻った。
箱根駅伝は、復路優勝した創価大学がずっと首位をキープし、10区のランナーにタスキを渡した時点で2位の駒澤大学との差は3分19秒もあった。
10区も滑り出しは快調な走りだった。
上尾出身のランナーと紹介していたので、密かに応援していた。
もう番狂わせはないだろうとテレビを離れて他のことをしていた。
そろそろゴールテープを切るころだろうとテレビを点けたら、苦しそうにもがいている創価大学の選手の様子がテレビに映った。
見る間に追いつかれ追い越されてしまった。
もはや抜き返す余力も残っていないのは見るからに明らかだった。
上尾出身の彼の今後の人生を考えるといたたまれない気持ちになった。
まだ3年生だからもう一度リベンジのチャンスもあるので、それを目標に立ち直って欲しい。
駅伝の後、外の気温は2℃しかなかったが、頑張って歩くことにした。
歩き始めると雲に隠れていたお日様が雲から出てきてくれたので、あまり寒さを感じないで歩くことができた。
正月三が日はとかく運動不足になりがちだが、3日間連続で歩くことができた。
リハビリウォーキング
2021年01月02日 (土) | Edit |
今朝はいつものように7時に起きた。
偶数日は、バアの猫当番なので、ゆっくり寝ていられない。
猫たちも日の出とともにジイ小屋の前に集まってきて、朝ご飯を待ちわびている。
時々3匹が勢ぞろいしない日もあるが、寒くなると野ネズミや小鳥の狩りも少なくなるのか、腹を空かしてやってくる確率が高い。
今朝もお節料理の朝食だったが、モーニングコーヒーを沸かした。
やはり朝はコーヒーがないと頭がシャキッとしない。
恒例の箱根駅伝をスタートからテレビで観た。
沿道に鈴なりの応援がないのが例年と大きく変わった風景だ。
往路は優勝候補のチームではなく伏兵の創価大学が優勝した。
かつては名門と言われた六大学のいずれかが優勝したものだが、今はそれらの伝統校でも10位以内のシード校になるのも難しい時代になった。
駅伝が終わった後、すぐにリハビリウォーキングに出かけた。
向かい風の時は少し寒かったが、追い風の時は陽を浴びて暖かく感じた。
歩いている途中で、犬の豆ちゃんとネコ1匹に新年のあいさつをした。
昨日の元旦は、ほとんど車のすれ違うことがなかったが、早くも人の動きが始まったのか1時間弱の歩きで数台の車とすれ違った。
リハビリウォーキング
4時ごろヤマちゃん夫妻が新年のご挨拶に来た。しばし歓談。
新年早々冷蔵庫が不調になって大変だったらしい。
ただでさえ普段より多く庫内に食料品が入っていたので、早く食べてしまわなければと毎食毎食たくさん食べてお腹が苦しいといっていた。
我が家にはそうしたトラブルはないが、毎食お腹が苦しくなるほど食べてしまうのは同じ。
昨日も今日も昼食抜きだが、満腹感は解消しない。
体重計の数字が跳ね上がっている。
2021年01月01日 (金) | Edit |
今日の最低気温はマイナス9℃まで下がった。
ため池がまた全面結氷していた。
今年の元旦も冷えたが晴天となった。
ため池
昨夜は遅くまで起きていたので、8時過ぎに起床した。
朝食は、結婚してから続いている元旦のお節料理をいただく。
結婚してから実家と同じ県内に住んでいる間は毎年実家に帰省し、両親と一緒に年末年始を過ごしていた。
その間にバアはジイの母親から我が家流のお節料理の作り方の直伝を受けていたので、今も変わらずジイはありがたいことに「おふくろの味」を堪能することができている。
お節料理
正月料理に舌鼓を打った後は恒例のニューイヤー駅伝をテレビで観た。
11時半から新年最初のリハビリウォーキングに出かけた。
歩き始めは寒風が吹いていたので、風の少ない立科町の町道を歩いたが、途中からいつものコースに戻って歩いた。
浅間連山には雪雲がかかっていたが、雲の切れ目から、山に積雪している様子が垣間見えた。
新年最初ということでジイの歩く姿をバアがカメラで撮ってくれた。
水平が傾いていたので修正した。
健康を維持するためには、食事のコントロールが大事だが、歩くこと、運動することも大事だということを70代になってあちこち具合が悪くなってから実感した。
今年も一日の生活の中でできる限り歩くことを心がけようと思う。
歩きながらもスマホで駅伝の経過をイヤホンを通して聞いていた。
リハビリウォーキング① リハビリウォーキング②
1時間10分歩いて家に戻った後は、届いた年賀状に目を通した。
1枚1枚読みながら差出人の顔を思い浮かべた。
親戚の90代の叔母の年賀状には、高齢のためこれを持って年賀状終いをします、と書かれていた。
来年からは返事はないかもしれないが、こちらの様子を伝える年賀状は出し続けようと思う。
年末年始はテレビで映画の名作や見逃したくないドキュメンタリーなど数多くあるので、たくさん録画した。
去年上田ケーブルビジョンから購入した4Kチューナーの録画機能で簡単に録画ができるようになった。
録画するハードディスクは通販で4テラバイトのものを買ったので、たっぷり録画できる。
とてもあとから見切れない量になってしまうだろう。
陽が沈んで暗くなるとまた次第に外は冷えてきた。
2年前の元旦はマイナス13.5℃とブログには書いてあったが、そこまでは冷えない予報になっている。
いまやインフルエンザに気を付けることより、新型コロナに気を付けてステイホームを心掛けることが当面の生き方なんて寂しい限りだ。
2020年12月31日 (木) | Edit |
今朝は晴れて朝日が昨夜降って積もった新雪を照らしていた。
気温は、マイナス8℃まで下がって風が冷たく吹いていた。
積もった雪が凍ってガチガチになっていた。
雪景色① 雪景色②
晴れてはいても気温は日中なかなか上がらず、最高気温は、マイナス2℃と今季二度目の真冬日となった。
新聞受けにツララができていた。
融けた雪が氷点下ですぐに凍ってしまったようだ。
明日の新聞は分厚くて新聞受けには入り切れないので、近くにコンテナを置いた。
新聞受けのコンテナ 新聞受けのツララ
午前中は何もする気が起こらず、ぐたぐたと過ごしていたが、昼食のあとは意を決して浴室の大掃除を始めた。
例年年末が近づくとやっていたが、大晦日になってやるのは久し振りのような気がする。
2時間かけて何とか終わったが、腕や腰が張っていた。
少しでもきれいにして新年を迎えたい思いで掃除をした。
浴室の大掃除「
掃除を終えた後、おせちの一つ、栗きんとんを作った。
栗キントンだけは自分で作って心ゆくまで食べたい、という思いでここ数年自作している。
とはいってもキントンのベースのイモは、コープで取り寄せたものだ。
昨夜から裏ごしした冷凍のイモを解凍しておいた。
色付けのクチナシも水に浸けておいた。
栗は高知県産の栗を2瓶コープで取り寄せてあった。
砂糖や栗を漬けてあったシロップ、ミリンなどを加えて、熱を通しただけのもので30分もかからずに出来上がった。
朝からバアは我が家風のお節料理づくりだ。
午後のジイの浴室掃除の間に全部作り終えたようだ。
午後4時ごろ長女夫妻が年末にあいさつにやってきた。
毎年のように次女家族が年末には訪ねてくるが、今年はコロナ対策でステイホームだ。
夜はのんびり年末のテレビの特番を見て過ごした。
ここ数年NHK紅白は見なくなった。
ほとんど知らない歌手ばかりになり、観ていても郷愁感が湧かない。
今年の1年はコロナで始まり、コロナで終わったような1年だった。
最後の締めくくりの大晦日に、過去にない最大の4,506人の感染者となった。
東京都の感染者数も1,337人と、1,000人台に乗ってしまった。
ジイの読みでは、年明けになったら出る数字と予想していたが、早くも大晦日にここまでになるとは想定外だ。
新年になっても菅政権は有効な感染対策が取れそうもない。
まだ緊急事態宣言を発出する勇気もない。
最後はワクチン頼みしかないようだ。
これでは希望ある新年を迎えることができない。
2020年12月30日 (水) | Edit |
今日は午前中雨が降った。
朝の気温は6℃と、最少はデッキの温度計の目盛りを読み違えたかと思うほどの高さだ。
雨になってから少しずつ気温が下がりだした。
10時半に家を出て上田のカインズとバンバンに行った。
メインの用事は、バンバンに行って修理に出していた釣り用のウェーダーを引きとりに行くことにあった。
1週間以上前に連絡があったが昨日の夜まで忘れていて、突然夜中に思い出した。
ネットで調べたら年内は今日まで営業しているようなので、取りに行くことにした。
すぐに使うわけではないが、年を越すとまた忘れてしまう不安があった。
修理から戻ったウェーダー
カインズは、急ぎの買物ではないが出かけたついでの買物だ。
一人で出かけたので、他の用事はせずに行ってきたので12時過ぎに家に戻ることができた。
出かけるときには降っていた雨が、家に戻る前に止んでいた。
午後は、台所のシンクやIHコンロの周りと換気扇の大掃除をした。
換気扇は1年の油がこびりついていて、油を落とすのに手間がかかった。
完全には落とせないほどの汚れになっている。
17年も使ってきたものだから仕方がない。
頑張って掃除をして元の新品のようになれば掃除のしがいもあるが、いくらやっても元通りにはならないと思うと、頑張る気持ちもめげてくる。
掃除を終わったら、一時晴れ間が出ていた空がまた雨雲に覆われ、冷たい風が吹き出したと思ったら、雪になってあっという間に道路や畑が白くなり始めた。
とてもリハビリウォーキングするどころではなくなった。
雨雲 雪
夜になると雪が積もり始めて一面白くなったが、夜中には雪が止んで、月明かりに雪が白く光って見えた。
11時には気温がマイナス5℃まで下がってきた。
2020年12月29日 (火) | Edit |
朝のうち空が曇っていたせいか気温はマイナス1℃と、冷え込みが弱かった。
家の中も20℃と暖かかった。
裏のため池の氷がほとんど溶けていた。
ため池
9時過ぎに年末の買い物にでかけた。
はじめは上田のアリオに行くつもりだったが、連日コロナの陽性者が出ているのと、混雑が予想されたので立科町のツルヤに変更した。
早めに行けば空いているだろうと9時過ぎに出かけたのが正解だった。
気になるような混み具合ではなく安心して品定めができた。
年末なので店内にあるATMで通帳の記帳もした。
10時には家に戻ってきた。
今日まで接骨院を開いているというので、午後2時に家を出て歩いて接骨院まで行った。
年末になって午後のお客さんが少ないというので早めに行って施術を済ませば、冷えてくる前に歩いて家に戻ることができる。
2時半に着いたが先客がいるというので、昨日耕した空き地の脇に積み上げられていた草や枯れ葉を燃やして待つことにした。かなりの量だったので、施術の順番が来るまでに燃やし終わらなかった。
施術の後も続けて燃やしたが、4時半になっても燃え尽きないので残りは水をかけて消した。
残りはまた年明けにでも燃やすことにしよう。
接骨院の駐車場から東の空にレンズ雲だけが日を浴びて輝いていた。
その下の浅間山はすでに日が陰っていて、レンズ雲との間に満月が薄い雲のベールをかぶって姿を現していた。
滅多に見られない光景なので写真に撮った。
レンズ雲
帰りにリハビリウォーキングの写真を撮っていないことに気が付き、薄暗くなりかけた姿を撮った。
遠くの山は蓼科山から左に八ヶ岳連峰がシルエットで浮かんでいた。
12月末にしては寒くない一日だった。
リハビリウォーキング
明日からは、雨と雪の予報になっている。
今年最後の締めくくりは荒れた天気のようだ。
コロナも感染者数が右肩上がりで増え続けている。
年末は検査数も減って数字的には減るかもしれないが、市中感染の拡大は明らか、来年の1月3日から始まる週の後半の数字が今から怖い・・・。