FC2ブログ
2021年05月13日 (木) | Edit |
朝のうち家の用事を済ませた後、10時に長女の家に行った。
仕事のローテーションで今日も家にいる長女と一緒に丸子にあるデーツーにレンガを買いに行った。
上田のカインズに行く予定だったが、そこより近いデーツーに変更した。
普通の赤レンガと洋風の3種類の色のレンガを買った。
長女の家の空き地に買ってきたレンガを降ろすだけでもう11時半を過ぎていたので、レンガを並べる作業は午後からやることにしていったん家に戻って昼食にした。
昼食の後、1時半ごろ長女の家まで行った後、まだリハビリウォーキングをしていなかったので、明神池まで歩くことにした。
歩き始めたら、長女夫妻がウォーキングから戻ってきたところだった。
長女夫妻が明神池を一周してきたというので、ジイとバアも一周してくることにした。
いつも歩いているところと違って、景色が新鮮に感じた。
どこも田んぼはほぼ水が入っていた。
そろそろ田植えが始まりそうだ。
明神池にはまだハルリンドウが咲いていた。
明神池を一周して長女の家に戻ったら、2時45分になっていた。
リハビリウォーキング① ①リハビリウォーキング②
1時間以上歩いた。すぐにレンガを並べる作業を開始。
最初に洋風レンガでサークルを作った。全部で20個買ってきたが、1個分少なかった。
やり直すわけにはいかないので古いレンガで間に合わせた。次に、空き地を二つに区分するようにレンガを並べた。一番目に付きやすい場所だけ、新しいレンガを使った。
これはサイズが統一されているので比較的簡単に並べることができたが、古いレンガは部分的にセメントが残っていたりするので、平らに並べるのは厄介だった。
初めのうちは水準器を使ってきっちり並べていたが、途中から目見当で適当に並べたので、直線も歪んでしまった。
プロではなく素人がやるのだから、多少曲がったり上下があったりしてもそれは愛嬌だ・・・。
半部ほど終わったところで長女からお茶を淹れてもらって居間で一息入れた。
4時半ごろ作業を再開して、全部終わって片づけをしたら6時近くになってしまった。
予定では、ペチュニアやマリーゴールドの苗を植え、さらにプランターにも同じ花を植えるつもりだったが、それは明日にした。
2021年05月12日 (水) | Edit |
今日の天気予報は一日晴れだったので、衣替えに伴って洗濯が必要な冬物衣料を洗濯した。
朝のうちこそ晴れていたが、いざ洗濯物を干そうとしたら、曇ってきてしまった。
ただ風があったので午後まで干したらよく乾いたが・・・。
午前中、日本水彩展に出品する人の中で数人がまだ題名を連絡してこないので、電話連絡をした。
なかなか連絡を取れない人に一発で連絡取れたのがラッキーだった。
最初の電話で不在だった人も夕方までには連絡が取れて、全員の題名、号数を一覧表にすることができた。
明日にでも東京への運搬をしてくれる画材屋さんに連絡して、受付番号を本部に発行してもらうことにしよう。
本当に開催できるか半信半疑だが、今のところはやることを前提に準備するしかない。
オリンピック選手の心境が分かるような気がする。
今日はコープ長野の宅配の日だが、先週注文して今日配達されるものが、全部システム障害で届かなかった。
どうやらコープ長野だけではなく首都圏のコープも連動した障害だったようだ。
先月の途中から、配達伝票などの書式も変わったが、この新しいシステムに移行した中で起こったトラブルらしい。
予定していた食料品が届かないことが昨日わかって、早速自家製パンを焼いたりして備えておいたが、明日にでもスーパーへ買物に行かなければならない。
ネットで来週の注文はできるようだが、物流のほうとの連携にトラブルがあるので、まだ配達されるか確約はできないとのことだった。
コープの配送車が入ってくるジイ小屋の脇の道沿いにあるブルーベリーが満開になっていた。
今年もたくさん収穫できるといいのだが・・・。
レンゲツツジも開花し始めた。
ブルーベリーの花 レンゲツツジ
午後は1時半からリハビリウォーキングに出かけた。
気温はそれほど下がっていないのに、風が少し冷たく感じた。
いつも歩くコースにある田んぼは、ほとんど水が入った。
カエルの鳴き声がうるさくなってきた。
ときおり近づくと鴨が飛び立って逃げていく。
アオサギやシラサギの姿も目に付くようになった。
リハビリウォーキング 水が入った田
1時間ほど歩いて家に戻った後、長女の家に車で行った。
先日空き地に運んでおいたレンガ花壇に使っていたレンガをばらす作業を始めた。
レンガにセメントが固着しているのでそれを剥がすのに、先の尖った鉄の棒をカナヅチでたたいて分離するようにしたが、うまくいかなかった。
電動ドリルや電動ノコでもうまくいかなかった。
カナヅチで直接レンガを叩いてみたら、レンガの一部がセメントと一緒に割れることもあったが、全体的には何とか使えるレンガになった。
それをどのように並べるかは長女の意見を聞いてからだが、一応ジイの好みに合わせて並べてみた。
出かけていた長女が帰ってきたので、相談したところ、不足するレンガを買い足して明日並べてみたい、というので明日一緒にホームセンターまで買いに行くことにした。
先日蒔いた花の種のうち、早くもヒマワリが芽を出し始めていた。
去年は発芽したが、他の雑草に埋もれて2,3輪しか咲かなかったが、今年は2列びっしり咲きそうだ。
レンガ ヒマワリの芽
2021年05月11日 (火) | Edit |
今日は日本水彩画会上田支部の例会の日で、日本水彩展に向けた最後の作品研究会の日だ。
昨日東京都は、緊急事態宣言の延長に伴い、東京都美術館の休館の再延長を決めた。
今朝のニュースでは、それに対し文化庁は国立近代美術館や国立新美術館などを12日から再開するという。
夕方までには、都の要請を受けて文化庁所管の美術館、博物館の休館の延長に変更したが。
これでさらに日本水彩展の開催は遠のいた感があるが、昨日までの段階で、日本水彩画会の本部があくまで開催を目指して準備しているという通知を前提として、今日の例会も作品研究会を実施した。
作品を持参した人は全部で9人だった。
一人当たり15分以上の時間をかけて講評してもらった。
ジイも前回の指摘事項を修正してきたが、最後に2,3点修正の指摘を受けた。
11時半前に全員の講評も終えて解散となった。
会場の神川公民館がコロナ対策で館内での食事制限が続いているので、午後まで続けて使用するのが事実上できなくなっている。
12時前に家に戻った。朝のうちはどんより曇り空だったのに、青空も出ていい天気になった。
ネットで注文した衣料品が配達されるメールが入っていたので、午後もウォーキングにも出かけられず、宅配を待っていた。
その間に、冬物から夏物の衣替えをした。
整理箪笥の引き出し2個分以外は、衣装ケースの場所を入れ替えるだけなので、30分ほどで衣替えも済ませることができた。
さらに、サンルームやリビングに置いてあった、カネノナルキやゼラニウムなどの観葉植物をデッキに出した。
寒さに弱い植物だが、もう遅霜もないだろう。
そう思って出したのに今夜の天気予報では遅霜注意報が出ていた・・・。
風で倒れないようガムテープやひもで固定した。
観葉植物
3時半まで待ったが配達が来ないので、車で接骨院に行った。
早めに宅配がくれば歩いて行こうと思っていたのに・・・。
施術を受けた後、接骨院に車を置いて、周辺を30分歩いた。
5時過ぎになっていて、風も少し強めに吹いていたが、風があったほうが涼しくて心地よく感じた。
日中は暑く感じる気候になってきた。
これからは日中より朝か夕方の涼しい時間帯にリハビリウォーキングをしたほうがいい季節になった。
家に戻ると、不在連絡票が入っていた。
出かけた後入れ違いで来たようだ。
郵便局は本当に相性が悪い。
まるで留守をねらってきているのかと思うほどだ。
夕方7時前に昨日種蒔きした畑の水やりをした。
今日も夕焼けで西の空が赤く染まった。
今度は黄砂の影響ではなさそうだ。
こんな夕焼け空を絵に描いてみたい。
夕焼け
夜、ジイ小屋で30分ほどかけて指摘された箇所を忘れないうちに修正に取り組んだ。
ただ水に映り込んだところは、画用紙が乾かないので明日にした。
春近し白馬鑓
2021年05月10日 (月) | Edit |
朝起きた時は快晴だった。少し空気がひんやりした感じだった。
8時半前に、浄化槽の法定検査の検査員がやってきた。
年1回の検査だが、実施の前にハガキで日にち時間が一方的に決められて送られてくる。
今日は先月受診した大腸内視鏡検査で切り取ったポリープの検査結果を聞きに行く予約をしていたので、法定検査の日程を変えてもらおうかとも思ったが、水質検査などは槽内の汚水を採取するだけなので時間通りにくればクリニックに出かける時間に間に合うし、間に合わなければバアに対応してもらえばいいので、変更しなかった。
20分ほどで法定検査が終わったので、クリニックに行くのに支障はなかった。
クリニックのほうも、院内は混んでいたが、10分も待たずに診察室に呼ばれ、検査結果を聞くことができた。
結果は、取ったポリープは全部「腺腫」癌化する可能性があるポリープという判定だが、小さなもので年数も経っていないので心配するものではないとのことだった。
今後は1年ごとの検査を続ける、ということだったが、最近は内視鏡検査の代わりにCT検査も取り入れられるようになった、ということなので、次回はそれも検討してみよう。
食事制限や下剤など検査前の負担が4分の1ぐらいになるそうだ。
10時半には家に戻れたので、リハビリウォーキングに出かけた。
朝より少し雲が出てきていたが、爽やかな空気で、歩いていても気分がよかった。
いつもコースの先にある長女の家まで足を伸ばし、先日蕾が大きくなっていたシャクヤクの花が咲いたか見に行った。
立派な花が咲いていた。
前住者がシャクヤクが好きだったのか、庭にはいくつもシャクヤクの株があり、これから次々と開花していきそうなので、接骨院に来るたびに眺めることもできそうだ。
来たついでに先日蒔いたヒマワリやコスモスなどに水やりをした。
リハビリウォーキング シャクヤク
午後から、夏野菜の種蒔きや苗植えをやることにした。
最初に、先日買ってきたキュウリ用のネットを張ろうとしたら、支柱を立てるときに使う穴あけドリルが長女の家に置きっ放しになっているのを思い出し、取りに行った。
車で5分もかからないのだからよしとしよう。
キュウリ4本のほかスイカの苗2本も植えた。
キュウリとネット
種蒔きはダイコン、ニンジン、カブ、はつか大根の4種類を1畝ずつ植えた。
ニンジンは切り藁を作り、蒔いた畝の上にかぶせた。
種蒔き ニンジンに切り藁
モロッコインゲンやエダマメも植えるつもりだったが、去年たしか接骨院からの情報として、地元の人たちはカッコウの鳴き声が聞こえるようになったら豆を蒔くらしい。
去年は、モロッコインゲンを他の野菜と一緒に蒔いて、早過ぎたのか発芽せずあとからもう一度種を蒔いた記憶がある。
モロッコインゲンを蒔く予定のところにネットだけ張って、種蒔きはカッコウの声を聞いたらやることにした。
豆用ネット
午後2時ごろから始めて、全部終えて水まきをし、道具を片付け終わったのが6時過ぎとなった。
午前中はいい天気だったのに、畑仕事を始めたころには空はすっかり雲に覆われて、時折黒い雲も流れてきたので雨が心配だったが、降らなかった。
深夜に少し降る予報が出ている。
畑作業が終わった後、明日の日本水彩上田支部の例会の準備をした。
明日の例会も日本水彩展のために作品研究会をやることになっている。
7時頃、東京都美術館のホームページを見たら、緊急事態宣言の延長に伴って、今月の31日まで休館が延長されていた。
すぐに支部長のところに電話をしたら、今日日本水彩本部から手紙で、日本水彩展実施の方向で現在も準備を進めている、という手紙が届いたという。
緊急事態宣言の延長も見込んでのお知らせだというので、今後どうなるかわからないが、明日も粛々と出品の準備をすることを支部長と確認した。
東御市でも高齢者向けのコロナワクチンの予約が7日から始まった。
今日で受付開始後3日目となるので、ネットで予約状況を確認したら、6月末まですでに予約が埋まっていて、7月しか空きはなかった。
ネットがつながっている間に7月2日の予約を入れた。
2回目は3週間後だから、なんとか7月中にワクチンは打ち終わりそうだ。
2021年05月09日 (日) | Edit |
今日は朝から天気が良かったが、風が強かった。
午前中のリハビリウォーキングはやめて風の収まるのを待つことにした。
畑に行くと、藁小屋の稲わらの束が落ちて転がっていた。
強風で積んであった束の一部が落ちてしまったようだ。
よく見ると、藁小屋の屋根にしているビニールの波板の一部がはがれていた。
ジイ小屋にしまってある波板を留める押さえがついた専用の釘がなかった。
長女の家に運んでしまったようだ。
先日レンガ花壇を解体して出たレンガを車に積み込んで長女の家まで運び、波板を留める釘を持って戻った。
これからの木工作業は、長女の家のガレージ兼倉庫でやるつもりで、ジイ小屋にあった道具や材料、資材をほとんど運んでしまったが、こういう時は手元に道具や資材がないと困る。
かといって両方に道具や資材を揃えておいておくわけにもいかず悩ましいところだ。
いずれにしても自分で何でもやれるのはこれから先10年にも満たないだろうから、多少の不便さは我慢しなければ・・・。
長女の家から持ってきた釘で、波板をしっかり留め直した。
少々の風でもびくともしないだろう。
午後になってもほとんど風が弱まらなかったが、1時半からリハビリウォーキングに出かけた。
起伏の多いところなので、場所によって強風で前に進むのも苦労する場所があれば、全く無風の場所もあった。
1時間コースを歩いたが、風の影響もあって5分ほどオーバーした。
5月になってまだ一度も目標の6,000歩未満の日はない。
しっかり歩いているのに、コロナ太りで体重はなかなか減らない・・・。
リハビリウォーキング

2021年05月08日 (土) | Edit |
夜中の3時過ぎと朝の6時過ぎに目が覚めてしまった。
3時過ぎの時はトイレに行って間もなく寝付いたが、6時過ぎの時は寝付けず、6時半に起きた。
今日は彩明会の例会で、信濃国分寺に写生に行くことになっていた。
先月の例会の時に信濃国分寺の蓮の花を描きましょうと、案内したが、よくよく考えてみたらまだ蓮が咲く季節ではなかった。
計画を立てた時は5月にフジの花が見ごろになるので、仏閣とフジの花を描くつもりだったはずだが、いつの間にか蓮の花になってしまった。
実際に蓮の花が見ごろになるころは大勢の見学者が来るので、写生などしていられない・・・。
途中で目が覚めた時は、そんなことが頭をめぐって眠れなくなってしまった。
信濃国分寺の駐車場に9時集合となっていたが、心配だったので8時過ぎに家を出て信濃国分寺に行った。
事前に下見をしていなかったので、写生に適した場所があるか心配だった。
本殿をはじめ、鐘楼や三重塔など建物はいろいろあるが、藤棚は1か所だけ満開の棚があったが、他の2か所は花が終わっていた。
9時までに二人を除いて5人が集まり早速写生に取り掛かった。
広い境内で他の4人は鐘楼を描き、ジイだけ本殿を描いた。
信濃国分寺本殿
最初のスケッチは建物を大きく描き過ぎて描き直し、それも今一つだったので消して、3度目の正直でスケッチを描き終え彩色を始めようと道具入れに中を探したがパレットが入っていなかった。
一昨日の東御便術会の例会のあと、ジイ小屋でパレットを洗い、絵の具を補充したあと、道具入れにしまうのを忘れたようだ。
スケッチに時間をかけてしまったので、10時45分にパレットはないことに気が付き、散々迷った末家までパレットを取りに戻ることにした。
10時55分に出て家に戻り再度信濃国分寺には11時35分に着いた。
30分ほど彩色をしたあと、境内のお休みどころでみんなでお昼を食べた後、すぐに1時半まで描いた。
他の4人はほぼ完成していたが、ジイはまだ最初の彩色程度しかできていなかった。
2時までお互いの作品を批評したあと、解散した。
ジイは信濃国分寺から近い信州グリーンファームに寄って、キュウリとスイカの苗を買ってから家に戻った。
1時間ほど休んだ後、ジイ小屋で描きかけの今日の絵の続きを5時過ぎまで描いた。
神社仏閣などの日本建築は、瓦や木部の構造が複雑で、詳細に描こうとすればとても半日では描き切れない。
かなり省略して描いたが、省略し過ぎた感が強い。
写真を見ながらあとでじっくり手直しをしたいと思う。
ジイの絵
絵を描き終わった後、畑の野菜の水やりをした。
この1、2日でジャガイモが目を出し始めた。
あと1週間もすればすっかり芽が出揃いそうだ。
ジャガイモの芽
畑の先の田んぼでしろかきが始まった。
暗くなるまでやっていた。
しろかきをやっている人に聞いたら、今年の田植えは20日ごろとのこと、写真を撮る許可をもらった。
代掻き
鮮やかな夕焼けになった。これも黄砂の影響かもしれない。
夕焼け

2021年05月07日 (金) | Edit |
今朝は朝から曇り空。昨日の夏日が嘘のような天気だ。
5月1日に買物に行って以来買物をしなかったので、食料品の一部が底をつき始め、午前中立科町のツルヤに買物に行った。
1日の時は混み合っていた店内も普段の平日に戻っていた。
店頭に台湾産パイナップルが並んでいたので1個買った。
中国本土の不買運動で販売ルートに窮している、というニュースも耳にしていたので、ささやかな支援のつもりで購入した。
買物から戻った後、雨が落ちてこない前にリハビリウォーキングに出かけた。
久し振りにシチズンファインデバイスの工場の入口をかすめる道路を歩いた。
ここから我が家がよく見えた。
以前は会社と我が家の間の畑のふちに並木があって、視界が遮られていたが、その並木が切り倒されて視界が開けた。
リハビリウォーキング 我が家の見える景色
途中の林の土手で珍しい花を見つけた。
早速スマホのアプリで名前を探すと「ミヤマホタルカズラ」とわかった。
忘れないようにメモをしようとメモアプリを開いたら、以前にメモをしてあった。
メモをしたことも忘れていた。
年を取ればこういうことは日常茶飯事だ。
ミヤマホタルカズラ
家に戻ったら、玄関わきにヤマブキが満開になっていた。
その隣ではフジの花が咲いている。
去年はたくさん花が咲いたのに今年は少しだけだ。
ヤマブキの花 フジの花
昼食の後、午後1時に上田のホンダカーズに冬用タイヤから夏用タイヤの交換に行った。
雨が降りだした。
去年までは自分でタイヤ交換していたが、今回からディーラーにやってもらう契約にした。
自分でならもっと早く交換しているところだが、4月中は混んでいて最短で今日になってしまった。
20分ほどお店で待って交換が終わった。
このあと、長女の家に行き、今度は長女の車のタイヤ交換のためもう一度ホンダカーズに行った。
予約時間を3時にしてあったので、トンボ返りで行くと早く行きすぎてしまうので、いったん家に戻って一息ついてから出直した。
2台目のタイヤ交換を終えて戻った後、バアを乗せて接骨院に行った。
いつもより1時間近く遅く行ったら先客があってしばらく待った。
今日から東御市でも高齢者のワクチン接種の予約がスタートした。
早くも10時には予約の定員に達した、というメールが市から入った。
接骨院に来た人からも朝から電話したがつながらず、午後になってやっとつながったら本日の受付は終了しました、と言われたそうだ。
最初のメールでは、今後毎日2日分の予約を受け付ける旨書いてあったが、夜7時50分に訂正のメールで、明日以降7月10日までの期間の受付をすることになった。
7月末までに2回目の接種が受けられる体制を整えているそうだから、慌てず受付の混乱が沈静化する来週後半にでも予約のメールでもしようかと思う。
2021年05月06日 (木) | Edit |
今日は東御美術会の例会で小諸まで写生に行くことになっていた。
中央公園に8時半集合なので、いつもより30分早く起きて準備をした。
中央公園に行くとジイも含めて3人しか集まっていなかった。
当初予定していた小諸大橋はやめて、ジイの家の近くで描くことになった。
我が家に向かっている途中で、遅れた二人から連絡があった。
9時の集合と勘違いしていたようだ。
二人ともジイの家の場所はわからないので、明神池の駐車場で待ち合わせをして迎えに行った。
描き始めは9時半を過ぎていた。
隣家のHさんに家の敷地に入り込んで蓼科山を背景に近くの新緑の林を描いた。
画題にした景色 写生風景
木陰のないところで描いていたら、気温が上昇して炎天下になり日焼けしてしまった。
昼食は暑いので我が家のデッキで食べた。
デッキの温度計は26℃になっていた。
2時まで描いて解散となった。
ジイはあらかた描き終わったが、未完成の人が多く講評はなしで解散となった。
ジイの絵 温度計
長女から、LINEで庭のレッドロビンに毛虫が発生している、と書いてきたので、すぐに農薬と噴霧器を持って長女の家に行った。
今日の東御美術会の例会が早めの終わったら消毒に行くつもりでいたので、ちょうどよかった。
消毒しようと思ったら、噴霧器のノズルが壊れていた。
噴霧器を仕舞っていた我が家の物置まで戻ってノズルの部品を見つけ、接着剤で補修して、何とか使えるようになった。
レッドロビンやほかの樹木も一通り殺虫剤を掛けた。
殺虫剤は毛虫専用の薬を最近買い求めておいたもので、初めて使う。
効果があればいいのだが・・・。
終わって帰ってきたら6時近くになっていた。
いよいよ緊急事態宣言が5月末まで延長される見込みになった。
明日正式に決めるようだが、これで危惧していた東京都美術館で6月からやる予定だった日本水彩展も中止になるだろう。去年中止となり、今年こそと準備してきたものが水泡と帰した。菅政権の無策、無能を恨む・・・。
2021年05月05日 (水) | Edit |
朝からどんよりした曇り空で、今にも雨が落ちてきそうな空模様だった。
雨が降りだす前に、長女の家の空き地を耕しに行った。
フィットにミニ耕運機の載せて行った。
今年車の荷室に耕運機を乗せるためのアルミのブリッジを買ったので、苦労せずに載せられるようになった。
車で走っていると、フロントガラスにポツポツと小さな雨粒が当たった。
空き地は1か月以上前にミニ耕運機で耕してあったが、もうかなり雑草が生い茂り始めていた。
雨が降りだす前にと焦る気持ちで、縦、横、縦と3回耕した。
小さな石があるので時々回転する刃が跳ねたが、3回目の頃にはかなり深くまで刃が食い込むようになった。
耕した後、3種類の花の種を筋蒔きした。
長女夫妻が好きだというヒマワリの種を2条蒔いた後、黄色とオレンジのキバナコスモスも2条互い違いに蒔いた。
最後にマリーゴールドの種も1条蒔いた。
去年、ヒマワリの種を蒔いたが、周りを雑草に囲まれるようになって、発芽したヒマワリがほとんど育たなかった。
今年は少し雑草と区別できるよう畝立てしてそこに植えた。
空き地① 空き地②
11時半過ぎに作業を終えて家に戻った。
午後になって、午前中買物出かけていた長女から電話があって、上田の和菓子屋さんで柏餅を買ってきたから一緒に食べようと言ってきた。
毎日が休日のジイやバアにとっては、今日が何の日か忘れていたが、柏餅と聞いて「こどもの日」だったと気が付いた。
今月1日にツルヤに買物に行ったときに、一番目に付く売り場にショウブの葉が束で売られていて、こどもの日(端午の節句)に浴槽にショウブの葉を入れる「しょうぶ湯」の風習がこの辺りにはまだ残っているのかとその時は思ったが、もうすっかり忘れていた。
柏餅も我々がまだ子供のころには、端午の節句など季節の節目の食べ物として記憶に刷り込まれている。
今の時代のようにいつでもスーパーに行けば店頭に並んでいる、というものではなかった。
子育ての時代は、特別なハレの日のご馳走として行きつけの和菓子屋に買いに行ったものだ。
甘いものに目のないジイは、早速バアを誘って、リハビリウォーキングを兼ねて歩いて長女の家に行った。
車で飛んで行きたかったが、今日もまだ歩いていないバアを歩かせなければならない?
リハビリウォーキング
早速長女の家でご馳走になってから写真に撮っていないことに気が付いた。
コロナワクチンのことが話題になった。
長女は間もなく2回目のワクチンを打つようだが、医療従事者でもこんなペースなのだから、高齢者の我々に回ってくるのも時間がかかりそうだ。
東御市では7日から受付を開始するが、電話やネットの受付ではなかなかつながらないとニュースでやっているので、しばらく様子を見ることにした。
ワクチンを打ったから絶対安全というものでもないし、副反応で死んでしまっては元も子もない。
長女の家までの往き帰りに雨に降られてもいいように傘を持参したが、降られなかった。
結局夜まで雨は降らなかった。
明日の東御美術会の例会の準備のためジイ小屋に行き、先日のハナモモの里の絵の手直しをした。
現地で描いてきたものを手直しするのは、基本的な構図が違っていると簡単ではない・・・。
ハナモモの里
2021年05月04日 (火) | Edit |
朝から快晴となった。朝食の支度をしたあと、可燃ごみを出しに近くのステーションまで歩いて行った。
普段は1個か2個のごみ袋しかないが、今日は10個近い数があった。
ほとんどは衣類が入った袋だった。
もう衣替えの季節になったということか。
我が家も衣替えに合わせて古着を処分しないと、年々溜まる一方だ。
いつかまた着るときがあるかもしれない、と残しているもので着たものは1割にもならない。
もう先は残り少ないのだから、今年一度も着なかった衣類は捨てることにしたほうがいい。
午前中、畑仕事をした。
先日信州グリーンファームで買ってきた苗を植えた。
また明日から天気が崩れそうなので、少し畑の土が乾き始めた今日が苗を植えるには一番いいタイミングだ。
ミニ耕運機で耕した後、施肥をしてトマト、ナス、ピーマンを雨除けビニールの下に植えた。
去年と植える場所を逆にした。
連作障害が出る可能性もあるが、出たら仕方がない、諦めるつもりだ。
他にカボチャとプリンスメロンの苗も植えた。
植えた後は、いただいた切り藁をたっぷり苗の周り、雨除けビニールの下全体に敷いた。
苗植え① 苗植え②
片付け終わったら12時半を過ぎていた。
体を使ったのでお腹が空いた。
昼食後、文化協会に提出する書類を作成した。
今年も文化協会の総会はコロナ禍で開催せず書面決議となった。
総会の資料によると昨年度の会員数は1,290人から200人の減となった。
このペースだと今年度末には1,000人を切るだろう。
2時半過ぎに歩いて接骨院に行った。
ジイは午前中の畑仕事などですでに6,000歩台に達していたが、バアは庭と畑を歩いただけ。
庭でカミちゃんが花や木に水やりをしていた。
早速施術をしてもらった。
午前中畑仕事をした後なので、施術で筋肉をほぐしてもらってだいぶ楽になった。
帰りは4時ごろになったが、まだ日中の暑さが残っていた。
立科町の観測所の最高気温は24.4℃で夏日にはならなかったが、体感的には十分夏日になっていた。
昨日までうっすらと雪が残っていた浅間山はすっかり雪がなくなっていた。
リハビリウォーキング   浅間山
庭にアマドコロの花が咲いていた。
ここ2,3年庭の一角に生えて来るようになった。
今年は株が倍増していた。
似たような植物でナルコユリがあるが、我が家のは茎が角ばっているので、アマドコロだろう。
アマドコロ

日中デッキに猫たちが揃って寛いでいた。
暑くなるとデッキに涼みに来ることが多くなる。
猫たち
2021年05月03日 (月) | Edit |
霜注意報が出ていたが、氷点下にはならなかったようだ。
7時過ぎのデッキの温度計は、12℃になっていた。
この時期は晴れて陽射しがあれば、この時間だと温度計に陽が当たっているので、百葉箱で測る温度とは大きく変わる。
昨日家の中に入れておいた夏野菜の苗などはすぐに外に出して陽に当てた。
今日は11時過ぎにリハビリウォーキングに出かけた。
春先の風が吹いていて暑くも寒くもなく心地よい気分で歩けた。
バアの足取りも今日は軽かった。
リハビリウォーキング
定番のコースを歩いて戻ってくる途中、水を張り始めた田んぼの中を1頭のシカが飛んで逃げて行った。
逃げていく方向が、人家のある県道に向かっていた。
まだ経験の浅い若いシカのようだ。
我々の姿を見て驚いたようだが、日中に姿を見せるのは珍しい。
ヤマちゃん夫妻の話では家の南側の林から集団で姿を見せることがあるらしい。
以前から林の中に生息しているのは知っているが、頭数が増えているのかもしれない。
ウォーキングから戻ってきたら南の空に積乱雲が昇っていた。
浅間山には積雪があるし、5月のはじめとは思えない異常気象だ。
積乱雲 今日の浅間山
今日は憲法記念日、現在の日本国憲法が制定施行されてから74年になる。
ジイと同い年だ。
菅政権は、コロナ対策をめぐって、憲法を改正して私権を制限する緊急事態条項を盛り込むことが必要だと言う。
自らのコロナ対策の失敗、政策判断ミスを省みることなく、ロックダウンなどの強制力が取れなかったからだと、責任転嫁しているのは許しがたい。
憲法改正論議に、コロナを持ち出すのはやめなさい。
2021年05月02日 (日) | Edit |
朝起きると眩しいほどの陽射しだった。
山には雲がかかっているが窓から見える範囲は青空だった。
午後から大気が不安定になるというので、今日も早めに午前中にリハビリウォーキングに出かけた。
起きた時には雲がかかっていた浅間山山頂が姿を現していた。
昨日までにすっかり融けていた雪がまた積もっていた。
昨日の夜中の雨が山ではまた雪になったようだ。
冠雪した浅間山の姿が好きなジイにとっては、嬉しい限りだ。
冠雪した浅間山
今日はいつも歩く上八重原の台地を歩いた。
半分近くの田んぼに水が入った。
そこに鴨の姿も見られるようになった。
リハビリウォーキング 田んぼ
少し足を伸ばして長女の家の庭の樹木や先日植えたシバザクラの様子を見に行った。
去年植えたシバザクラはほとんど定着しなかったが、今年のシバザクラはどうか?
ちょうどいい間隔で雨が降っているので水やりを忘れても大丈夫なほど水分は潤っている。
歩き始めたころは日差しがあったが、次第に雲が湧いてきて日差しが弱くなった。
家に戻った後、昨日解体したレンガ花壇の写真を撮った。
レンガ花壇① レンガ花壇②
午後になると風も出て空も暗くなった。
3時過ぎから突風とともに雨がたたきつけるように降った。
それも1時間するとまた雨雲が切れて西日が当たるようになった。
雨上がりの麦畑も絵になりそうなので写真に撮った。
寒気が近づいているようで全県的に霜注意報が出たので、夏野菜の苗やマリーゴールドのポット苗を家に中に入れた。
麦畑
2021年05月01日 (土) | Edit |
昨夜は暗くなってから雨が降ったが、今朝はその雨は上がっていた。
ただどんよりした曇り空だった。
午後から雨の予報が出ていたので、いつもより早めの9時20分にリハビリウォーキングに出かけた。
陽射しはないが風も弱く歩きやすかった。
今日は中八重原方面に行った。シクロビンヤードのブドウ畑の脇を通ったが、まだ新芽は出ていなかった。
よく整備されているのでブドウの木の成長が分かりやすい。
長女からシクロビンヤードのワインをもらったが、もったいなくてまだ封を開けていない。
今度イワナのから揚げを揚げた時に長女夫妻を招待して、ワインを開けようと思っている。
歩いている途中一度だけパラパラと雨が落ちてきたが、持っていた傘をさすまでにはならなかった。
リハビリウォーキング
家に戻ってすぐに、立科町のツルヤに買物に出かけた。
土曜日のせいもあるが毎年ゴールデンウィーク中はお客さんで混んでいる。
今日もコロナにめげず若い人中心のお客さんで混んでいた。
買いだめしたつもりではないが、二つの篭いっぱいになった。
これでもうゴールデンウィーク中は買物に行かなくて済むだろう。
昼食の後、天気予報に反して、青空が出てきたので、昨日見合わせた雨除けビニール張りをすることにした。
午前中より多少風が強くなり始めていたが、それほど張るのに難儀しないで済んだ。
本来なら連作障害を避けるため、テントの位置を他の場所に移したほうがいいのだが、今年は骨組みは同じ場所のままにして、植える場所だけほんの少し移すことにした。
雨除けビニール
ビニールを張り終えた後もまだ雨が降ってこなかったので、駐車場の脇のレンガ花壇を解体した。
レンガ花壇を作ってからもうかなり経つが、素人が積んだレンガだけに、傾いたり一部壊れたりしていた。
花壇を解体してレンガを長女の家の空き地に利用するつもりだ。
一部セメントが張り付いているので、レンガを割らないようにセメンと落とさなければならない・・・。
空が暗くなってきたので、作業途中で終わりにした。
5時過ぎ突風が吹いてきてその風に乗って雨が降ってきた。
あっという間に地面が水びだしになった。
それから夜まで雨が降り続いている。
2021年04月30日 (金) | Edit |
今日は朝から晴れていい天気になった。
風も弱いので歩くのにはちょうどいい。
バアが明神池に行きたいというので、車で明神池の駐車場まで行き、そこから明神池や明神館周辺を歩いた。
バアが明神池に行きたがったのは、そろそろハルリンドウが咲いているはず、という思いからだったようだ。
そしてそのハルリンドウを見つけた時は小躍りして喜んでいた。
同じ時期、同じ所に野草が咲くのを確認するというのは、特別な感慨があるものだ。
年々暮らしの中に変化があり、特に肉体的には衰えを感じるようになっても、植物がいつもと変わらず新しく生まれ変わってくるのを見て、活きる力をもらったような気になれるのかもしれない。
リハビリウォーキング ハルリンドウ
明神池を1周した後は、明神館の下の田畑の周りを歩いた。
田んぼの半分近くに水が入り、トラクターも動いていた。
長い冬を過ぎ、人が動き出した感じが風景の中に感じられるようになった。
歩道を歩いていたら、今年初めてのヘビと出会った。
大きめのヤマカガシだった。逃げ足が速く写真に撮れなかった。
田んぼに水も入り、カエルの声も聞こえるようになって、ヘビも冬眠から目覚めたのだろう。
1時間近く歩いた後車で家に戻った。
昼食の後、畑のトマト用の雨よけビニールを張ろうと思っていたが、風が出てきたので見合わせた。
そのかわり、浴室の大掃除をした。
まだカビの季節ではないのに、窓枠などにカビが出てきていた。
浴室の床も黒ずんできているように見えた。
年末のような念入りの掃除ではないが、気になる汚れだけは落とすことができた。
午後3時に接骨院に行った。
施術中に新しい受診者が来た。
先に施術を終わったバアが待合室でその人と話していた。
あとで聞いたら、佐久医療センターで同じ整形外科の先生から手術を受けた人だった。
長野県は世間が狭い、ということか。
首都圏でそんな奇遇があるなんて考えられない・・・。
2021年04月29日 (木) | Edit |
今日は一日雨だった。日課となっているリハビリウォーキングも休んだ。
イギリス人は雨の中でも歩く人が多いらしいが、日本人のジイとバアはそこまでして歩こうとは思わない。
傘を差して畑の様子を見に行った。
久し振りの雨で、先日植えた葉物野菜の苗が寒冷紗越しだが、生き生きしているように見えた。
ジャガイモの水やりもこの雨でしばらくやらなくて済みそうだ。
ブルーベリーの花が咲き出した。
今年も花の数が多いから晩夏にはたくさん収穫できそうだ。
葉物野菜 ブルーベリーの花
午後からジイ小屋で、一昨日の作品研究会で「春近し白馬鑓」の絵で指摘された箇所を修正した。
水に映り込んでいる木の幹を直線から曲線に変えた。
枯草と残雪の境に影を入れて、雪に厚みが出るようにした。
右下の枯草の形を変えた。
中景の陰の林をさらに全体的に暗くし、右側の陽が当たっている林の濃淡を強くした。
自分ではかなり大胆に手直ししたつもりだが、終わってもう一度見直してみるとさほど大きな変化はなかった。
春近し白馬鑓
夜は、アマゾンプライムビデオの洋画を2本立て続けに見た。
いずれもホームコメディーだったが、肩の力を抜いて、頭を空っぽにして楽しんだ。
昨日福井県知事が、稼働開始後40年を超える美浜原発3号機、高浜原発1,2号機の3基の再稼働に同意することを表明した。
当初、同意の条件としていた県内の原発に貯まっている使用済み核燃料の中間貯蔵施設の県外候補地の提示について、青森県むつ市の同意のないままむつ市の施設を利用するという国や関電の言及と、新たに1原発当たり25億円の交付金などを「総合的に判断」したという。
早い話が交付金に目がくらんで、空手形とわかっていて、中間貯蔵施設の前提条件を放り出した、というわけだ。
福井県はもともと他に敦賀原発もある原発銀座と言われた県だ。
関西電力と地元との癒着も幾度となくマスコミの話題になったところだ。
こういう政治の裏社会のために多くの県民が原発の危険にさらされるのを許すわけにはいかない・・・。
2021年04月28日 (水) | Edit |
今日はどこへも出かける予定がなかったので、色々溜まっている家の用事を済ませる一日となった。
スカッと晴れて明るいときにやりたかったが、朝から雲が多い一日となった。
まずは家の中の掃除と、リビングのホットカーペットの片づけをした。
冬場の来客の際に使うだけのホットカーペットだが、もう1か月以上床下暖房も使わなくなっているので、早く仕舞わなければと思いながらなかなか手が付けられなかった。
掃除が終わった後は、庭に出て草取りをした。
特にクローバーの中でも葉が大きく茎の太いアカツメクサを中心に取った。
放置するとしっかり根を張って取るのに苦労する。
まだ根が浅い今のうちに撮ればそれほど苦労しないで抜き取ることができる。
大きく繁った葉にふ化した毛虫がびっしり張り付いていたので殺虫剤を使って退治した。
もうそういう毛虫の出る時期になってきたことを実感した。
そろそろ庭の樹木も葉が出そろってくるので早めに消毒をしたほうがよさそうだ。
12時過ぎに来たコープの宅配まで草取りをした。
午後からは、少し晴れ間も出てきたので、リハビリウォーキングに出かけた。
明日は一日雨の予報が出ているので、今日歩いておかないとまた足が固まってしまう。
青空の出ているほうに向かっているところを写真に収めたが、反対側の南から東の空は黒い雲に覆われていた。
リハビリウォーキング
1時間歩いて家に戻った後、駐車場の周りを囲っている波板の壁の一部が風の影響で外れて、風が吹くたびにバタンバタンとしていたのを修理した。
だいぶ前から外れているのはわかっていたが、冬の間は作業をするのが寒いので暖かかくなってからと、伸ばしに伸ばしていた。
駐車場の波板
次に、畑の藁を収納する小屋も手抜きの普請だったせいか大きく隙間ができてしまっていたので、それも板で塞いだりした。
隣のミニ耕運機をしまってある箱も傾いていたので、真っ直ぐに直した。
藁小屋
畑の一部にタンポポが群生していたので、それも引き抜いた。
庭も畑もその気になればあちこち草取りをしなければならない状況になりつつあるが、一気にやろうと無理をすれば身体のアチコチが悲鳴を上げるので、ボチボチやるしかない・・・。
丸川オリンピック担当大臣が、オリンピックへの医療従事者の派遣要請をめぐって東京都の動きが遅い、とクレームをつける記者会見がニュースに流れた。
丸川大臣と小池都知事との確執も伝えられるが、そんなことでコロナ対策がおろそかになることのほうが大変だ。
今の国内の感染状況を見たら、オリンピックに医療従事者を割り当てるほど人的余裕がないことは明らかだ。
そもそもオリンピックを開催することを見直す決断をするべき状況なはずだ。
政府には、冷静に科学的見地から情勢分析し、オリンピック中止を決断すべき時が来ている。
2021年04月27日 (火) | Edit |
朝8時15分に家を出て東御市中央公民館に出かけた。
13日にやる予定だった作品研究会がコロナ対策で流れてしまったので、急遽代替えで設定した作品研究会だ。
8時半過ぎに公民館に着いて、会場の講堂に道具を運んだ。
作品を掲示する台に使う段ボールや板、作品を張り付けるウレタンボードなど・・・。
設営は何人かに手伝ってもらったので9時過ぎから作品研究会を始めることができた。
作品を持参した人は全部で14人だった。
東京展に出品予定の半数ぐらいか。
今回初挑戦する人も二人作品を持ってきた。
午前中3時間だけ部屋が借りられているので、1人10分を割り振って途中15分の休憩を入れて12時前に全員の分が無事終了した。
ジイは作品2個を持参したが、最終的に今度の日本水彩展に出品するのは白馬の「春近し白馬鑓」に決めた。
「凍てつく朝」よりもみんなの評価は上だった。
会員の方たちから指摘された所を手直しして来月の例会で最終的に見てもらうつもりだ。
またその後佐久平水彩画研究会で、長野の先生の指導をしてもらうことにもなっているので、そこで最後の念押しをしてから出品する。
それまでに東京の緊急事態宣言が解除されていることが大前提だが・・・。
東京都美術館は都の施設なので、3回目の緊急事態宣言の期間となっている今月25日から来月11日まで休館となった。
作品研究会
午後は、接骨院にリハビリウォーキングを兼ねて歩いて行った。
朝の冷え込みとは打って変わって、歩いているだけで汗ばんできそうな陽気になった。
風があったから暑さは感じなかったが・・。
リハビリウォーキング
このところ歩いていると右膝に違和感を感じるようになっていた。
みちのく釣行の時は何もなかった。
そのあとの葉物野菜の植え込みやトンネル仕立てなど膝を曲げて作業をした影響だろうと思う。
去年膝を痛めた後しばらく右膝を曲げてしゃがむのもできなかった。
それに比べ、今回の畑の作業の時に自然に膝を曲げて作業をしていた。
かつて曲げるのも苦労していたことを忘れるほど回復していた、ということか。
接骨院で施術してもらった後は、なんの違和感もなく家まで歩いて帰ることができた。
2021年04月26日 (月) | Edit |
昨夜は霜注意報も出て冷え込んだ。
畑に植えた葉物野菜やデッキに置いてある夏野菜の苗など霜にやられなかったか心配したが、朝起きてすぐに調べたらいずれも無事だった。
畑の葉物野菜は植えたらすぐに寒冷紗とトンネル仕立てで掛ける予定だったが、寒冷紗を留める留め具が不足していたので、今日ホームセンターで買ってきてからやることにしていた。
午前中行きつけの上田のガソリンスタンドまで行ってガソリンを給油したあと、東部のコメリに行って留め具を買ってきた。
昼食の後、リハビリウォーキングに出かけた。
午前中風が強くて歩く気になれなくて、買物を優先した。
午後になって多少風が弱まったようだ。
この時期春霞で景色が霞んで見えることが多いが、今日は風の影響かカラッとして景色がくっきり見えた。
1週間前に真っ白に冠雪した浅間山も雪が溶けて黒い山肌になっていた。
リハビリウォーキング 浅間山
1時間ほど歩いて家に戻った。ウォーキングのあとレタス、サニーレタス、ブロッコリーの苗にトンネル支柱を立てて寒冷紗を掛け留め具で留めた。
留め具を使ったので、寒冷紗がピシッと張った状態になっていた。
これで遅霜の心配からも解放される。
天気予報では、今夜から明朝にかけて今日よりも強い冷え込みになりそうだ。
今日は氷点下までは下がらなかったようだが、明日はマイナス4℃まで下がる予報になっている。
デッキに出しておいた夏野菜の苗や、ペチュニアやマリーゴールドのポット苗のケースを家の中に入れた。
寒冷紗のトンネル
夕方暗くなる前に明日の上田支部の臨時の作品研究会の準備をした。
まだ日本水彩展が中止になるか決まっていないようだが、また去年と同じような状況になりつつあるので心配だ。
とにかく中止が決まるまでは、実施することを前提に準備を進めるしかない。
2021年04月25日 (日) | Edit |
午前中は曇り空で風もあった。昨日までの暖かさは半減した。
先日買ってきた松本一本ネギや葉物野菜の苗を植えることにした。
しばらく雨が降っていないので土が乾燥している今が植え時だ。
はじめにミニ耕運機で畑全体を耕した。
今日植える場所だけではなく、これから植える予定の場所も、耕せるところは早めにやっておいたほうがいい。
今日植える野菜は、連作障害が起きないよう前年違う野菜を植えたところを選んで決めた。
家庭菜園のノートには5年サイクルで植え替えていく表ができているので、それを参考にした。
苗を植える手順として、最初に耕運機で耕した後、畝たてをするところに施肥をする。
去年買った有機石灰は、肥料と一緒に撒けるので楽だ。
酸性化した土地を中和するための苦土石灰などの散布は、施肥をする1週間前ぐらいに撒いておかないと、化成肥料などと反応して肥料の効能が薄れてしまう。
施肥をした後に畝を作り、マルチを掛けた。
風が強くてグレイのマルチを掛けるのに苦労した。
買ってきた苗の数で計算すると4つの畝が必要だが、3列畝を作ったところでお昼の時間になってしまった。
昼食後洗い物はバアに任せて畑に行って続きをやった。
4列目の畝を作った後、別の場所でネギを植える溝を掘った。
ここも100本ほどのネギの苗を2列の溝に並べた。
施肥をして根の部分に覆土したあと藁を敷いた。
グレーのマルチ4列にレタス、サニーレタス、ブロッコリーを植えた。
レタスは20本の苗を買ったつもりだったが、16本しかなかった。
マルチの穴は20本分開けたので、4個分残ってしまった。レタスの種は去年のものが残っているので、時間差で植えるようポット苗を作ることにした。
買ってきた苗を全部植え終わったのは午後3時過ぎだった。
最後に冬越しのタマネギがだいぶ太くなってきたので、最後の施肥をした。
ネギの苗 レタスなどの苗 タマネギ
道具を片付け、3時半近くになって、参院補選の投票のため上八重原公民館間で歩いて投票に行った。
ジイは畑仕事で1日の目標歩数をとっくに達成していたがバアは1,000歩も歩いていない。
晴れていれば畑仕事の前に午前中に行くつもりだったが、午前中は曇っていたので畑を優先した。
午後から晴れてきたのでリハビリウォーキングとしては気持ちよく歩いて行くことができたが、ジイの足と腰は久し振りの畑仕事で筋肉が硬直していた。
家に戻って歩数を見たら14,000歩になっていた。
リハビリウォーキング
参院補選の結果は、珍しく?ジイの投票した候補者が当選した。
他に行われた北海道、広島でも野党が推す候補者が当選した。
これで秋までには行われるであろう衆院選の流れに変化が出ることを期待しよう・・・。
2021年04月24日 (土) | Edit |
昨夜は寝るのが遅くなったので、朝の寝覚めが悪く眠かった。
朝食の支度の段取りが悪くもたもたした。
朝食を食べ終わったころから頭もすっきりして元気が出てきた。
普段は見ない土曜日の朝ドラの1週間の総集編を見た。
みちのく釣行の間見ていなかったので、ドラマの展開のあらすじはわかった。
最近は、NHK+で後からでも見なかった3日分を見られるのだが、総集編を見たらもう十分だ。
昨日アマゾンで注文したレーザーポインターが午前9時半ごろ届いた。
27日の上田支部の作品研究会の時に使うためのものだ。
午前中の何時に届くかわからなかったので、午前中は出かけられないかと思っていたが早めに届いたので、上田の信州グリーンファームに野菜の苗を買いに行くことにした。
そろそろ夏野菜の苗が出そろう時期だ。
隣接するAコープもグリーンファームも土曜日なので混んでいた。
松本一本ネギ、トマト、ミニトマト、ピーマン、ナス、カボチャ、メロンの苗を買った。
まだキュウリは出ていなかった。
キュウリは時間差で植えたいので種を買って自分で苗を作ることにした。
野菜の苗を
午後から、長女が家にいるというので、空き地にシバザクラを植えに行った。
クワや有機石灰を積んで行った。
去年石がゴロゴロしたところできちんとクワで耕しもしないで、シバザクラの苗を植えたら、ほとんど定着しないで枯れてしまった。
今回は、事前にミニ耕運機で耕した後大きめの石は取り除いておいてあった。
それでも、持って行ったクワで耕すと大きめの石も出てきた。
一通り耕した後、有機石灰と肥料を入れ、家から持って行った3種類のシバザクラを交互に植えた。
余った苗は家の前の庭の一角にも植えた。
最後の水やりは長女にやらせた。
長女が仕事の合間の在宅の時と、ジイとバアが接骨院に行ったときにしばらく水やりをすれば定着率も高くなるだろう。
シバザクラを植えた
シバザクラを植え終わった後は長女にコーヒーを淹れてもらった。
台湾産パイナップルをご馳走になった。
中国本土から禁輸措置を受けている台湾のパイナップルを買って、台湾を支援したくてスーパーで買ってきたと言う。
よく熟して甘いパイナップルだった。
家に戻った後、「凍てつく朝」の絵の仕上げの筆を入れた。
凍てつく朝
明日からの緊急事態宣言に伴って、東京都美術館は期間中の休館が決まった。
日本水彩展は6月6日から始まる予定だが、去年の1回目の緊急事態宣言が出た時もその後美術館の休館に合わせて日本水彩展も中止が決まっている。
今回もそのようになる公算が高い。
来週の月曜日にはわかると思うが、その次の日には日本水彩展に向けての作品研究会を予定している。
果たしてどうなるか、またバタバタしそうだ。
中途半端なコロナ対策しか取れない今の政府には、振り回されてばかりだ。
しっかり筋の通った施策ができる政府に変わって欲しい・・・。
2021年04月23日 (金) | Edit |
普段と変わらない睡眠時間だったが、まだ眠り足りない感じがした。
いつものように起きて、いつものような朝食を準備して、いつものような一日が始まった。
非日常から当たり前の日常に戻った。
今朝は氷点下まで下がったようだが、起きた時にはもう日が差しこんで気温が上がり始めていた。
バアが家に中に入れておいてくれた花や野菜の苗をデッキに出した。
朝食のあと、釣り道具を洗浄し、デッキの物干しなどに干した。
いい天気だし乾燥注意報が出ているぐらいなのですぐに乾いた。
釣り道具の片づけが一段落したあと、バアとリハビリウォーキングに出かけた。
ジイがいない間も、バアは一人で歩いていたそうだ。
みちのく釣行に出かける前の日から田んぼに水入れが始まったが、今日はいろいろな田んぼで水を入れ始めていた。
新幹線の窓からも田んぼに水を入れている風景が見られた。
桜と田んぼは近代化が進んだとはいえ、まだ日本の原風景だ。
今日もいつも歩くコースを1時間10分かけて歩いた。
釣行で使った足の筋肉は張っているのか歩くのに少し足が重かった。
リハビリウォーキング 田んぼの水
午後3時に接骨院に行って施術してもらい、凝っていた筋肉がほぐれて足が軽くなった。
接骨院のお客さんの中にワクチンの接種券が届いたという人がいる、という話を聞いたが我が家はまだ来ていない、という話をした。
家に帰ってポストを覗くと接種券が入った封書が届いていた。
5月7日から予約の受付、5月17日からワクチン開始となっていた。
7月まで摂取できるということは、それまで少しずつの人しか予約摂取出来ないということか?
人を押しのけてでも最初にワクチンを打ちたいとは思わないので、最初の騒ぎが一段落してから予約をしようか・・・。夜になってみちのく釣行のブログを書き始めたが、わずか3日前のことがなかなか思い出せなくて困った・・。
2021年04月22日 (木) | Edit |
昨日は少々寝不足だったので、9時に寝た後朝5時前まで一度も目をさすことなく熟睡した。
朝食前の釣りはやめて、6時半に朝食を用意してもらって7時半に宿を出ることになっていた。
師匠とシェフナベさんは、朝食前に川虫を取りに行った。
6時に戻ってきてひと風呂浴びてきていた。
川虫取りのほか試し釣りもしてきたようで型のいいヤマメを釣ってきた。
静峰苑の朝食の主食は、揚げ物だった。
釣行の間の食事は、体力勝負なのでいつもより量もカロリーも多いものを採ってきたが、さすがに朝からの揚げ物は腹にこたえた。
朝食
予定通り7時半に宿を出発して、8時前から以前に大釣りした渓に入った。
思ったほど水量がなく、入れ食いだったポイントでは川虫、ミミズ、ブドウ虫と持っている餌をいろいろ試したが全然当たりがなかった。
かろうじて1尾だけ釣った。
10時に再集合したあと、盛岡に向かう途中で師匠が初めての渓に案内してくれた。
ジイは本流に合流している小さな渓があったので、そこで試しに竿を入れるとすぐにヤマメが釣れたので、さらに釣り上がるとポイントごとに立て続けに4尾釣れた。
他の人は本流で釣り始めているので、一度本流で釣っていたシェフナベさんのところまで戻って、ジイは支流を釣ること、12時までに車に戻ることを確認して、再度支流に向かった。
結局その後は30分ほど釣り上がって2尾をゲットし、最初の渓の1尾を加えて今日の釣果は7尾となり、3日間の合計は何とか20尾に達して面目を保つことができた。
師匠やシェフナベさんはジイの倍以上釣ったようだが・・・。
12時半で帰り支度を整え、途中道の駅区界高原でお昼を食べた後、盛岡に向かった。
盛岡市内の入浴施設でさっぱりしてから帰る予定だったが、施設に着くと定休日だった。
仕方がないので、午後3時半の予定だったが1時間早く駅前のオリックスレンタカーに車を返した。
師匠の車が前日、未舗装道路に山道を走っているときに石にあたりサスペンションのどこかが傷ついたらしく、走ると擦れる音がするようになった。
ディーラーと協議して、盛岡からレッカー車で一関のディーラーまで運んでもらうことになり、師匠は盛岡のオリックスレンタカーの車で一関に帰ることになったので、レンタカーを返した後も、我々が盛岡から新幹線に乗る前まで一緒に付き合ってくれた。
盛岡駅
3時50分発の新幹線の指定席が取れたので、それに乗って帰った。
シェフナベさんとは大宮で別れ、北陸新幹線に乗り換えて上田には7時6分に着いた。
上田駅の駐車場の止めていた車に乗って家に着いたのは7時40分だった。
盛岡から4時間弱で帰宅できたので、車で行くのと比べると半分以下の時間で戻って来られた。
家に戻って夕食を食べた後,
自分が釣った魚と師匠から分けてもらったほぼ同数の魚を処理したり、荷物を片付けたりしても、まだいつも寝ている時間よりも早い時間に眠ることができた。
2021年04月21日 (水) | Edit |
昨夜は8時半には眠りに落ちたが、11時半に目が覚めた後、2時間近く眠れなかった。
敷布団1枚だったので、腰や肩が痛くて目が覚めてしまった。
ようやくまた眠りについたあと4時半には仲間の動く音で目が覚めた。
早速身支度をして5時前に山荘の前の駐車場に行った。
外はまだ氷点下の寒さだった。
車の下に置いてあった餌箱を入れたビニール袋をカラスが突いていたので追っ払った。
まだ、穴が開いていなかったから突き始めたところだったのだろう。無事でよかった。
朝食前の釣りでは、目論見が外れてわずかに一尾釣れただけだった。
8時前に山荘に戻って、冷えた身体を温泉で温めた。
8時半から朝食を取った後、荷物を整理して9時半に宿を出た。
持って行ったミミズやブドウ虫では魚の食いが悪いので、途中で川虫を採取した。
次に入った渓では、その川虫効果もあって12時までの間に6尾を釣ることができた。
このあと葛巻から岩泉に移動し、道の駅「三田貝分校」で遅めの昼食を食べた。
分校給食という名前の定食を頼んだら思いのほかボリュームがあって全部食べ切れなかった。
分校給食
昼食あと1時間半ほど近くの渓に入り3尾を釣った。
何とか今日一日で二けたの10尾になった。
この後は今夜の宿静峰苑に向かった。
5時の到着、当初6時着7時夕食の想定だったが、早めに到着したので、宿の周辺で明日のための様子を見るため1時間釣るつもりだったが、ちょうどそこへ釣り人が歩いて宿へ戻ってきた人がいたので状況を聞いたら、今年は雪どけが早く、いつもなら車止めにところが開いていて上流までかなりの釣り人が入っているとのこと、試し釣りも明日の釣りも宿周辺では諦めることにした。
今日も9時前には寝てしまった。
2021年04月20日 (火) | Edit |
今日から3日間のみちのく釣行へ。
毎年この時期の釣行は車で行くが、今回は大人の休日倶楽部会員パスを使って、新幹線で盛岡まで行き、そこでレンタカーを借りて行くことにした。
今までになかったこの時期に会員パスが発行されるのはコロナの中、少しでも利用者を増やそうというJRの企図だろう。
去年の9月に同じように会員パスを使ってみちのく釣行に出かけた時は一関での待ち合わせだったので、しなの鉄道の田中駅一番電車を使って行ったが、今回は上田駅新幹線の一番電車に乗るため、上田駅近くの新幹線専用駐車場に車を停めて出かけた。
それなら一時間以上早く盛岡につくことができる。
実際に、今日は9時24分に盛岡に着いた。
駅前のオリックスレンタカーで車を借りて、葛巻町へ向かう。
今までにみちのく釣行では帰路のコースを、今回は往路になった。
あとで宿を手配してくれた師匠の話では、初日の宿が定休日だったので泊まる宿の順番が逆転した結果だった。
いつも走っていたはずだが、走った道路が初めてのように感じた。
途中の葛巻の道の駅に寄ったところでようやく同じ道とわかった。
最初に入った渓は、何度も釣っている場所なので、どこがポイントかよくわかっているつもりだった。
天気は良かったが風が強く、風の町葛巻にふさわしい?状態のうえ、今年初めての釣りで感覚が鈍っているのか、竿を振った瞬間に木の枝に仕掛けを引っ掛けてしまった。
立て続けに二度も木の枝にかけてしまい、気合が萎えてしまいそうだった。
お昼までにわずか1尾釣り上げただけだった。
近くのお蕎麦屋さんでお昼を食べたあと、午後は移動して別の渓の上流で釣ったが、相変わらず風に悩まされながらで、2尾を追加しただけだった。
カタクリの花が咲いていた。
釣果は上がらなかったが、可憐な花に心癒された。
カタクリ
6時に今日の宿平庭山荘に到着、温泉にゆっくり浸かった後7時から夕食となった。
温泉で温まった身体に、冷たい生ビールのおいしいこと・・・。
しかし、今回は生ビール一杯だけにコロナ自粛、短角牛のステーキに舌鼓を打った。
ステーキ
部屋に戻って8時半には爆睡が始まった。

2021年04月19日 (月) | Edit |
今日も朝からいい天気になった。
今日予定していた用事は昨日済ませたので、一日時間が空いた。
午前10時からいつものようにリハビリウォーキングに出かけた。
寒い間は歩く時間にもよるが、ほとんど車が行き交うことはなかったのに、軽トラを中心に何台か見かけるようになった。
いよいよ田植えの準備が本格的に始まったようだ。
一部の田んぼに水が入り始めた。
田んぼに水を引く水路周りの草刈りと清掃も始まった。
毎日歩いていると、田植えまでの間に田起こしから施肥などいくつもの工程があることが分かるようになった。
1時間を越えて家に戻った。
リハビリウォーキング 水が入った田
お昼までにまだ時間があったので、先日の遅霜でも枯れなかったペチュニアのポット苗の間引きをした。
一応遅霜の後は家の中に戻しておいたが、デッキに出すことにした。
今日も霜注意報が全県的に出ているが、先日のような氷点下になる冷え方はしばらくなさそうだ。
午後から、明日からのみちのく釣行に持って行く荷物の最終点検をした。
今回は、車ではなく新幹線で行くことにした。
ちょうど大人の休日倶楽部会員パスが臨時発行されているのでそれを利用する。
いったん大宮まで行った後東北新幹線に乗り換えていく。
コロナの感染が拡大している首都圏を通過するので、感染しないようマスクも二重にしていくつもりだ。
消毒スプレーも持参する。
今回は2泊3日の行程となるが、新幹線で移動するので、滞在時間は長くとれそうだ。
荷物を減らすためパソコンは持って行かないので、ブログは帰ってきてからアップする。
2021年04月18日 (日) | Edit |
昨日一日降り続けた雨も止んで、今朝起きてカーテンを開けると、山際を除いて雲一つない晴天だった。
朝食、朝ドラ、食器の片づけ、洗い物、洗濯干し、ニュースのチェックなど朝のルーティンをこなしたあと、10時半前にリハビリウォーキングに出かけた。
朝一番では雲一つなかったのに、いつの間にか雲が湧いてきていて、ときおり日差しを遮ったりした。
浅間山にも雲がかかっていたが、歩いている途中で雲の切れ目から真っ白に冠雪した浅間山が見えた。
どうやら昨日一日降った雨は、浅間山では雪なったらしい。
かなりの降雪量になったのか、北アルプスのような積雪になっていた。
手前の黒斑岳などは黒い山肌が残っていた。
リハビリウォーキングはいつの間にか長女の家のほうに向かっていたので、家に着いたついでに庭の花の咲き具合などを見学したあとさらに先まで歩いてから家に戻った。
時間的にはいつもより20分多く歩いたので、歩数計は8.000歩台になっていた。
昨日一日雨で歩けなかったので、その分を少し取り戻した。
冠雪した浅間山 リハビリウォーキング
午後はジイだけで買物や用事を済ませに上田まで出かけた。
はじめに、耳穴式の補聴器の試用をさせてもらったお店に行って補聴器を返却した。
1週間つけてみたが、特に左耳のほうがしょっちゅうハウリング音が鳴って鬱陶しかった。
返却時にお店の人に聞くと、耳穴式は基本的には自分の耳穴の型を取ってオーダーメードでピッタリするように装着するので、ハウリング音はしなくなるとのことだった。
それにしても小さ過ぎてよく落としてしまうので、オーダーメードで作るとしたら2段階上のサイズでないと駄目なようだ。
今日はひとまず補聴器の返却だけで、注文はしなかった。
みちのく釣行から帰ってからどうするか決めることにしたい。
補聴器のお店の後アウトドアショップに行って、釣り餌を買った。
普段お客さんが少ないのに今日はたくさんお客さんがいた。
釣り関係のエリアより、キャンプ用品などアウトソア関係のエリアにたくさんお客さんがいた。
コロナ禍でキャンプが見直されている証しだろう。
続いて上田アリオに行ったら、さらにお客さんで混み合っていた。
日曜日のハッピーデーだったせいもあるだろうが、3密が回避しにくい状態だったので、早々に買物を済ませてお店を出た。
5時過ぎに、出品していた佐久近代美術館に作品を搬出しに行った。
6時前に着いたが今日の最後だったらしく係員がそろそろ閉めようかと思っているところだったと言っていた。
6時半までに行けばいいと思っていたのはジイの勘違いで、6時で搬出は終了だった。間に合ってよかった。
2021年04月17日 (土) | Edit |
今日は一日雨だった。
長女が餅つき機でお餅をついて食べたいというので、午前中長女に来てもらってお餅を1升ついた。
もち米は昨夜のうちにバアが水に浸けてあった。
つく1時間前にザルにあけて水を切った。
事前の手間はそれだけだ。
あとは餅つき機にセットしてつきあがるのを待つだけ。
1時間もしないうちにつきあがり、のし板に上新粉を敷いてつきたての餅を広げた。
今回は茹でアズキで餡子玉を作って、大福のようにつきたての餅を薄く伸ばして餡子をくるんだ。
700gの餡子を全部使ったら20個以上になった。
普通の切り餅が少なくなったが、今日食べ切れない分は全部ラップにくるんで冷凍した。
雨の中長女を家まで送り届けた後、大福餅を昼食代わりに食べた。
2個も食べたらお腹がいっぱいになった。
若いときなら、好きなものはいくらでも食べられる自信があったが、今はモチをのどに詰まらせないよう気を付けなさいと注意される年になってしまった・・・。
午後は立科町のツルヤに買物に出かけた。
一昨日Aコープで買い物をして、しばらく買物に行かなくて済むようにしたはずだが、何点か買い忘れたものあった。
今日は忘れないようしっかりメモをしてから出かけた。
買物から帰った後は、みちのく釣行に向けて仕掛けづくりをした。
久し振りにやるので、手順を忘れているところもあり、思い出すまで時間がかかった。
ただ目印の付け方は新しいやり方を取り入れた。
左手の指先が思うように動かないので手間取ったが、最後の頃は少し手早く仕掛けを作れるようになった。
次に作るときにやり方を覚えているかどうか・・・。
東御市文化協会から電話あった。
昨日紹介したユーチューブの彩明会のビデオで、使ったBGMに音にひずみがあったので編集し直したいので、一時的にユーチューブから削除するという連絡だった。
昨日、今日のブログを読んでユーチューブを見ようと思う方はしばらくお待ちいただきたい。
2021年04月16日 (金) | Edit |
今日は佐久平水彩画研究会の例会でハナモモの里、余里に写生に行った。
佐久の人たちは旧浅科村の道の駅ホットパークで待ち合わせてから行くことになっていたので、ジイは一人で余里に行った。
余里は旧武石村で今は上田市になっている。
町おこしで川沿いにハナモモを植えはじめ、今は川沿いに数キロにわたって花の街道になっている。
民家の庭にもたくさん植えられていて、風景画の題材に事欠かない。
ジイは9時45分には現地に到着した。
他の人たちが来るまでにはだいぶ時間がありそうだったので、最初に民家の庭のハナモモをスケッチ画で描いた。
半分ほど描いたところでみんなが到着した。
ハナモモの里の民家 スケッチ
スケッチ画を描き上げた後、みんなが描き始めた付近まで行って10号の画用紙を使って本格的に描き始めた。
お昼ごろになってポツポツ雨が落ちてきた。
天気予報では夕方から天気が崩れるはずだったが・・・。
朝出かけるときは青空だったのに、雨男でもいるのか?
余里の風景 余里のハナモモの里の絵
お昼を食べるために集まった段階で、相談して中止を決めた。
12時45分に解散し、ジイは1時過ぎに帰宅した。
早い帰りにバアが驚いていた。
他の人たちは、余里に初めて来た人もいるとのことで、花街道の終点まで車で行くと言っていた。
帰った後、1時間もすると雨を降らせる雲は去ったようなので、まだバアがリハビリウォーキングを済ませていなかったので、それを兼ねて歩いて接骨院に行った。
雨雲が去った後は、風が強くなって向かい風の時はなかなか前へ進まなかった。
何とか接骨院に着いて施術をしてもらった。
終わった後は長女の家の庭を眺めた。
ハナカイドウが今にも咲きそうになっていた。
去年に比べ花の数が倍以上になっていた。
肥料をやり手入れをしたせいだろう。
コメリで買って植えた苗木のゲンペイモモが咲いていた。
南向きの庭に植えたので早く育ってたくさん花を咲かせてほしい。
虫にやられないよう消毒をしてやろう。
ハナカイドウ 長女の家のハナモモ
接骨院からの帰りは、少し風が弱くなって歩きやすくなった。
バアも施術のおかげで足が軽くなったと足取りが早くなっていた。
リハビリウォーキング
今日気が付いたら先月取材を受けた東御市文化協会のユーチューブに彩明会の活動と会員展がアップされていた。
50分の長編で、丁寧に編集されていた。
アクセス件数はまだ30台だったが、全世界に解放されていると思うとこそばゆい感じだ。
このブログも同じことだが、ユーチューブのほうが閲覧される機会が多いだろう・・・。
見たい人は、ユーチューブで東御市文化協会を検索し、スクロールして彩明会で見られる。
2021年04月15日 (木) | Edit |
今日は朝からいい天気になった。
昨夜から冷え込んで遅霜の心配をしたが、氷点下にはならなかったようだ。
朝7時のデッキの温度計は2℃だった。
午前中上田のAコープと隣のグリーンファームに行った。
先日行ったときにはほとんど出ていなかった野菜の苗がボツボツ出ていた。
レタス、サニーレタス、ブロッコリーのプラグ苗を買った。
去年は買いに行くのが遅くなって買えなかった。
定番のナスやキュウリ、トマトなどは例年だとゴールデンウィーク中が盛りだ。
今年は春が早く来たので感覚が狂っているが、そうした夏野菜はいつもみちのく釣行から帰った後に手掛ける。
Aコープのほうはそろそろ地元で採れた野菜が店頭に並び始める。
温室育ちだろうがアスパラガスを買った。
買物はこれで終わらず、東部湯の丸インター近くのベイシアに行っておやつ類などを買ってから家に戻った。
12時を過ぎていた。お昼を食べた後は、買ってきた苗をケースに入れて水に浸して乾かないようにしたうえで数日日に当てる。
ついでに先日の遅霜で全滅したマリーゴールドの花苗をまた種から育てることにした。
植え替えまで時間がかかってしまうが自然には勝てない。
レタスなどの苗 マリーゴールド
午後2時からリハビリウォーキングに出かけた。
朝の冷え込みが嘘のようにポカポカの陽気になった。
多少風もあったが、昨日のことを思えばほんの微風だ。
今日の上空は飛行機雲が出る空気だったようで、普段音がしても姿を見つけられない飛行機が、航跡に飛行機雲が出るので簡単に見つけることができた。
1時間歩いている間少なくとも8機は見ることができた。
普段こんなに飛行機が飛び交っているなどとは気が付かなかった。
そろそろサクラが終わり始めて、代わりにハナモモが目に付くようになった。
まだまだ歩いていても楽しい風景が続く。
リハビリウォーキング
夕方30分「凍てつく朝」の絵を手直しした。
2021年04月14日 (水) | Edit |
昨夜から降り始めた雨が朝も降り続けていた。
一時止んだように見えたがまた強く降り出し、11時前まで降った後ようやく止んで晴れ間が出た。
コープの配達の日だったが、今月から配送者が交代し、今まで11時半ごろには来ていたのに、12時を過ぎないと来なくなった。
水曜日は、コープの宅配を受け取らないと始まらない、という生活のリズムがある。
この時間にしか来ないとなれば、午前中に一区切りできることをするようにしよう。
雨の後の陽射しを受けて、我が家の庭も草花がみずみずしく輝いて見えた。
今の時期が一番いろどりがあって美しい。
我が家の庭
午後から風が出てきた。先日の遅霜で枯れてしまったマリーゴールドのポット苗をまた一から作り直そうとしたが、風が強すぎて種が飛んでしまいそうなのでやめた。
そのかわり挿し木したレッドロビンの苗木を、鉢に降ろすことにした。
1本を除いて残り6本はしっかり根を張っていた。
鹿沼土と腐葉土を配合した土を鉢に入れて、レッドロビンを1本ずつ鉢に植えた。
レッドロビンは成長力があるので定着すればすぐに伸びてくるだろう。
風が強いので玄関のたたきに置いた。
夜になって冷えてきたし、霜注意報も出たので家の中に入れた。
レッドロビンの挿し木 鉢に植え替え
午後2時から風の中リハビリウォーキングに出かけた。
昨日歩いていないので、強風にめげて今日も歩かないわけにはいかない。
風をよけるため立科町の町道を歩いた。
台地の谷に位置する道路は不思議と風がない。
歩き始めた時は晴れていたので、陽射しを受けて暑く感じた。
立科町の町道から再び中八重原の台地まで登ってくると再び強風に迎えられた。
また雲が広がって陽射しもなくなり、肌寒く感じた。
リハビリウォーキング
家の裏のため池まで戻ってくると、池の淵にカワウがいた。
ウォーキングに出かけるとき池でカワウが大きなコイを飲み込もうとしているところを見た。
多分同じカワウだろう。
1時間経ってもまだ魚をねらっていたようだ。
かわう