FC2ブログ
2021年11月26日 (金) | Edit |
今日も一日晴天になった。
昨日まで浅間山にかかっていた雲が次第に取れてきて、午後には浅間連山の山容が姿を見せた。
やはり昨日想像したように、右端の浅間山が山腹まで真っ白になっていた。
その左の黒斑岳も冠雪していた。
今季一番の積雪になっていた。
浅間山
午前中上田のカインズとアリオに買物に出かけた。
カインズでは冬越しできるビオラの苗を買ってきた。
一緒にプランターの土も買ってきたので、家に戻った後植えようと思ったが、冷たい風が吹いていたので明日以降に延期した。
午後3時から祢津公民館で上田支部の役員会をやるので、途中支部長の家の近くまで迎えに行って支部長を乗せ、一緒に公民館まで行った。
急に決まった会議なので、公民館の部屋は借りられなかったので、ロビーの一角で打ち合わせをした。
来月の常任委員会と1月の総会に向けた資料の確認が主なものだったが、肝心の役員体制については、事前に昨日支部長から聞いていた通りの形で、提案することになった。
とにもかくにも来年からの体制が大きな変更もなくスタートできそうなので安堵した。
会議は1時間で終わり、4時半前に家に戻ることができた。
ジイが出かけている間にバアは一人でリハビリウォーキングをして、8,000歩台になったという。
ジイもリハビリウォーキングはしなかったが、買物などで出かけたので、目標には届かなかったが5,000歩は確保した。
夜になって、家の近くでシカの鳴く声が聞こえてきた。
ときどき南側の林から聞こえてくるが、今夜の鳴き声はもっと近くから聞こえた。
センブリを栽培している近くの畑の周りには鹿の足跡が絶えないので、夜は家の周りは徘徊エリアになってしまったようだ。
今日はアマゾンの宅配で眼鏡の曇り止めが届いた。
最近テレビのコマーシャルに登場する代物だ。
早速メガネに塗り込んでマスクをしてみたが確かに曇らない。
コロナ禍になってマスクを常用するようになり、眼鏡の曇りについては、それようのマスクを買ったり、鼻パッドを付けたり、眼鏡拭きを買ったりいろいろ試したが、完璧にはならない。
さて今度はどうだろうか?
曇り止め
2021年11月25日 (木) | Edit |
今日も晴れ、風が強い。
朝の気温は、数日氷点下まで下がらなかったので、起きるのが楽だ。
朝食の準備が終えた後、プラごみを出しに車で公民館まで行った。
7時半過ぎだがこの時間帯が一番車の通りが多い。
午前中畑でキャベツを1個収穫した。
大きくなり過ぎて中央の部分に亀裂が出たように見えたので慌てて収穫した。
表面の一皮だけ1㎝ほどのスジが入っていただけだったので、中まで傷んでいるわけではなかった。
そろそろ畑の土の天地返しをする時期だが、今年は手を抜いてやめよう。
21日の東御美術会の例会で描きかけになっていた柿の絵を仕上げた。
柿は毎年少なくとも1枚は描いていると思うが、上達していない。
静物画
午後は、1時半からリハビリウォーキングに出かけた。
風があって寒そうに見えていたが、実際に歩いてみると風が冷たくなかったので楽に歩くことができた。
まだまだ本格的な寒さにはなっていない。
以前に比べて踵の痛みが苦にならなくなってきた。
まったく痛みを感じなくなるまでにはまだ時間はかかりそうだが・・・。
歩いている途中、浅間山の上空には雲がかかっていてよく見えなかったが、雲の切れ間から少し白く雪が積もっている様子が見えた。
山の中腹まで雪が降ったように見えるが、それは想像と期待でかもしれない・・・。
リハビリウォーキング 浅間山
夕方日本水彩の支部長から電話があり、24日に会員だけで話し合った結果を知らせてくれた。
支部の副支部長の一人と会計が交代するだけで、他の役員は次期も継続の方向で総会に諮ることになったとのことだった。
とりあえず大きな変更はなくなったのでホッとした。
2021年11月24日 (水) | Edit |
今日も朝から晴れていい天気となったが、昨日に続き風が強く吹いていた。
我が家の庭木も常緑樹を除いてほとんど落葉した。
母屋とジイ小屋の間が吹きだまりになっていて、枯葉が山になっていた。
落葉した庭木 吹きだまり
畑のほうにも落ち葉が飛んでいた。
タマネギの苗が強風にも負けずにすっくと立っていた。
一昨日の雨で水分も含んで元気がいい。
無事冬越ししてくれるといいのだが・・・。
玉ねぎ
ハクサイの外側の葉が黄色くなってきた。
早く収穫して食べなければいけないのだが、最初に収穫したハクサイがまだ食べ切れなくて冷蔵庫に残っている。なべ物に使ったり、シチュウにしたり、浅漬けで食べたりしているのだが・・・。
今日はバアのCT検査の予約日なので、10時に佐久の病院に着くように家を出た。
少し早めに着いたが、駐車場が満車で停められないかと思っていたら、タイミングよく1台目の前の車が出ていくところだったのですぐに停めることができた。
今日は検査だけで診察もないので簡単に終わると思っていたのに、検査前の点滴の針がなかなか入らなくて手間取り、予約した検査時間より遅くなって、CT検査がずれ込んでしまった。
その上点滴がなかなか終わらず12時を過ぎてしまった。
会計を終えて病院を出るころは、病院の中は午前の外来が終わって閑散としていた。
午後2時からミニ文化フェスティバル展示会場で取材を受けることになっていたので、病院の近くのお店で急いで食事を済ませることにした。
前回の病院の帰りに行ったかつやに行って食べた。
今まで食べたこともない4種類のカツを乗せたかつ丼を注文して食べた。
カツの山もりでどんぶりの底にあるご飯が見えなかった。
店員さんに取り皿を頼んで載っているカツの半分以上を取り除いてから食べ始めた。
とても全部は食べ切れず、残りはパック詰めにして持ち帰った。
かつ丼
家に戻ったら1時45分になっていたので、文化協会の人に電話して遅れることを伝えた。
中央公民館に着いたら2時10分だった。
すでにカメラやマイクがセットされていてジイの着くのを待ってくれていた。
取材した二人は以前に彩明会の会員展の時と、その後の例会にも取材に来たスタッフだったので旧知の間柄だった。
3人が向き合ってすでに撮影した会員の作品を1点1点パソコンの画面を見ながら、二人から尋ねられたらジイがその作品の説明やコメントをする、という形で進められた。
展示した順番があいうえお順だったので、ジイの絵が最後になった。
全部で14点の作品を講評し終わったら約1時間が経っていた。
あっという間に時間が過ぎてしまったが、これを何分ぐらいに編集するのかわからないが、きっと大変だろう。
まだ毎週、週替わりで12月下旬までミニ文化フェスティバルが続くので、それまでにかなりのグループの取材があるはず。
全部編集してYouTubeにアップするのは年明けになる、と言っていた。
取材
夕方4時半に長女夫妻がコストコで買ってきたものをたくさん抱えてやってきた。
こちらが頼んだもののほか、たくさんの種類のパンもお裾分けしてもらった。
冷凍保存できるものはすぐにジップロックに詰めて冷蔵庫に入れた。
これだけで1か月ぐらいは十分食いつなげる量だ・・・。
岩手の師匠から、今年も長芋が送られてきた。
師匠の家の畑の長芋という。
長野のスーパーの店頭に並ぶ長芋は、千曲川や犀川の河川敷の畑のものが多く粘り気に欠けるが、師匠の家の長芋は粘り気があっておいしい。
早速長女の家にもお裾分けした。
師匠の長芋
2021年11月23日 (火) | Edit |
昨日の午後から降り出した雨は夜中まで降り続いたが、今朝は雨は上がっていて陽射しが出ていた。
かなりの雨量だったようで、畑や庭がたっぷり水分を含んでいた。
昨夜玄関の外灯が夜遅くまで点灯したまま、消灯しなくなっていたので元のスイッチを切っておいた。
時間設定で午後10時に消灯し、それ以降は人感センサーが感知したときだけ点灯するようになっていた。
午前中念のためスイッチを入れ直し、外灯も蜘蛛の巣が張っていたのできれいに洗浄し、点灯のタイミングの明るさや消灯時間の設定などをセットし直した。
朝のうち穏やかだったがこのころは風が強くなって、日陰の玄関での作業が寒さが身に沁みた。
原因がわからなかったが後になってわかった。
玄関の外灯
午後から1週間ぶりにバアとリハビリウォーキングに出かけた。
ジイがウォーキングを休んでいる間もバアだけはまじめに一人で歩いていた。
久し振りのウォーキングなので歩き方を注意しながら、左足に重心がかかり過ぎたり、踵を強く付かないようにして歩いた。
今の痛みは一番痛い時を10としたときに比べ3か4ぐらいになっている。
ちょうど1時間歩いて家に戻った。
風は吹いていたが、午前中玄関先で感じたような寒さは感じなかった。
リハビリウォーキング
その後は3時前に接骨院に行って施術を受けた。
施術を受けながらの会話の中で、昨日午後3時過ぎに一瞬の停電があったことが話題となった。
我が家だけではなく長女の家も同じ停電があり、長女家では照明器具などが一斉に通電後点けっぱなしになったという。
その話で、昨夜の玄関の街灯の点けっぱなしの原因がそこにあったのかと合点がいった。
施術が終わった後、夜勤明けで家にいた長女にコーヒーをご馳走になった。
明日は休みを利用して群馬のコストコに買出しに行く、というのでいろいろ欲しいものをお願いした。
2021年11月22日 (月) | Edit |
朝からどんよりした曇り空、お昼ごろから雨が降りだした。
今日の天気予報はズバリ的中した。
朝のうちは雲に覆われて放射冷却がなかったせいか肌寒く感じなかったが、逆に日中は陽射しがなく気温が上がらなかったので、家の中でも寒く感じた。
まだ本格的に暖房を点けていないので、久し振りに4枚重ねの厚着をして過ごした。
今日は特に出かける予定もなく、一日家の中でのんびり過ごした。
午後から夜にかけて、書斎代わりに使っている2階のプレイルームで、1人用のコタツに入って、プライムビデオで3本の映画を見て過ごした。
こんなに長い時間テレビを見続けたのは久し振りだった。
見終わって今ブログを書きながらも、頭の中は空っぽになった感じだ。
水彩画関係の組織の今後についていろいろ思いを巡らせていたが、自分の力ではどうにもならないことばかりなので、なるようにしかならないと思いきったら気分的に楽になった。
2021年11月21日 (日) | Edit |
バアが7時前に起きたのでジイも一緒に起きた。
なぜか6時半から目が覚めていた。
朝食の準備を一緒にした。
野菜サラダに使うキュウリの千切りなど、バアのほうが2倍以上の速さで刻む。
7時半過ぎには朝食を食べ終えた。
食べた後の食器洗いは数年前からジイの仕事。
水彩画の会などがあるときはバアにやってもらうが、時間があれば自分でやるようにしている。
出かける支度をして、8時20分過ぎに家を出た。
今日は東御美術会の例会と常任委員会が祢津公民館である。
水彩画の会の昼食は、以前はバアに作ってもらっていたが、最近は行く途中のコンビニ買って行くようにしている。
そのほうがお互いに負担が少ないと悟った。
バアが入院手術をした時に自分で弁当作りを試したこともあったが、時間と手間がかかるし、限られた時間で作るのは思った以上に大変なことが分かった。
9時前に祢津公民館に着いた。
はじめに庶務から報告があった後、何点か準備された画題の中から自分の描きたいものを探していたら、小諸高原美術館で、今日まで小山敬三記念公募展が開催されているので、これから見にいくという人がいたので同行させてもらうことにした。
東御美術会の会員も何人か出品して受賞もしているというので、ぜひ見ておきたかった。
全部で7人ぐらいで見に行ったので、残った人が半分しかいなかった。
11時過ぎに戻って来たので、絵を描くか迷ったが、せっかくの機会を逃してももったいないので、遅まきながら描くことにした。
菊の花や野菜の画題は避けて、かごに入ったカキを描くことにした。
一番シンプルな画題を選んだつもりだが、描き始めると意外と難しかった。
昼食をはさんで午後1時間まで描いたが、最初の色を一通り付けただけで時間となった。
画題のカキ 描いた絵
午後2時前から常任委員会が開かれた。
議題の主なものは来年度の事業計画と役員体制だった。
幸い公民館の生涯学習の講座から育った人が3人新たに会員になるようだが、会長が今年限りで退任したいという発言があり、会議が紛糾した。
そのことは結論が出ず、会長、副会長経験者で来月までに話し合ってもらうことになった。
東御美術会だけではなく、日本水上田支部も今年いっぱいで役員に任期が満期となるので、次の役員の人選について、日本水彩画会会員の資格を持っている7人で話し合って決めてもらうことになっている。
こちらのほうは、支部長は会員もしくは会友から選出するという本部の内規があるので、会員、会友でもない一般の支部員のジイなどが口をはさむことではない。
東御美術会の会長も上田支部の会員の中から選出するのが穏当な線なので、合わせて来週話し合って決めてもらうといいのだが・・・。
今日の東御美術会の常任委員会の後、上田支部の4役の打ち合わせをする予定だったが、日を改めて話し合うことになった。
会議が終わって3時半に祢津公民館を出た。
西の空に暗雲が立ち込めてきて日差しが遮られていた。
どちらの会の未来を象徴しているようだった・・・・。
暗雲
帰りに文化会館に寄って、4月に仮予約した上田支部小品展の利用申請書、使用料減免申請書を提出してから家の戻った。
2021年11月20日 (土) | Edit |
今朝はマイナス1℃で昨日よりは冷えなかった。
霜も降りていなかったが、室温は昨日より下がって14℃台になっていたので、家の中が肌寒く感じた。
先月27日に芽掻きをしたジャガイモを床下から小屋裏に移しておいたが、野菜収納箱を開けてみたら、前回芽欠きした以上に芽が伸びていたので、デッキで芽掻き作業をした。
作業している間、大木に育ってしまったイロハモミジの葉が、風が吹くたびに落ちてきた。
収納箱にまで落ちてくるので場所を移動して芽欠きを続けた。
芽欠きを終えた後はデッキに積もったモミジの葉を掃き出した。
ジャガイモの芽欠き
11時前にヤマちゃんと一緒に立科町の鷹野リンゴ園に行った。
今年も贈答用のリンゴの送り状を届けに行きがてら、自家用のリンゴを買いに行った。
リンゴ園の駐車場にいっぱい車が止まっていた。
大阪や富山のナンバーの車があった。
10箱以上積んでいる大坂ナンバーの人に聞いたら、やはり大阪から買いに来たのだという。常連客のようだった。
だいぶ待たされて自家用リンゴを買うことができた。
家に戻った後家の掃除をしたらもうお昼の時間だった。
午後買ってきたリンゴを1個ずつ新聞紙にくるんで冷蔵庫にしまった。
10個ほどはジャムにするため新聞にくるまずに残した。
今までは食べ切れなくて残ってボケてしまったリンゴをジャムにしたが、今年はまだ蜜が入っている状態でリンゴジャムを作るつもりだ。
午後1時過ぎに家を出て、中央公民館に行った。
午後2時に集合し、ミニ文化フェスティバルに出品する絵の飾り付けを彩明会としてやることになっていた。
2時前の会員の7人が全員集合したので、早速飾り付けをスタート。
2時過ぎには飾り付けが終わった。
その後、一通り作品の説明を会員から聞いてメモを取った。
来週の24日に展示した作品のビデオ撮りとインタビューがある。
その取材対応は会長がやることになっているので、みんなから聞き取ったことを参考に答えるつもりだ。
ミニ文化フェスティバル
解散したあと副会長兼会計のAさんと来年以降の彩明会について話し合った。
会長失格のジイをずっと支えてきてくれたAさんと話し合って、来年から会長を引き受けてくれることになった。
庶務的なことは引き続きジイがやることで了解してもらった。
Aさんも東御美術会の庶務として屋台骨を背負っていて会長よりも大変な役割を負っているので心苦しいのだが、ジイの今の心情を汲み取ってくれて、さらに大変な会長職を引き受けてくれて、この一週間おりのように心に引っかかっていたことが解決できてホッとした。
居間に置いてあるカネノナルキの花が咲き出した。
年々居間でその存在感を増しているカネノナルキだが、これだけ花が咲くと邪険に扱うわけにはいかない・・・。
カネノナルキ
2021年11月19日 (金) | Edit |
今朝は冷え込んで霜が降りた。
家の前の畑が霜で白くなっていた。
デッキの温度計はマイナス3℃だった。
いよいよ毎朝氷点下にまで下がる季節がやってきたようだ。
今日はいつもより15分早く起きて朝食の準備。
可燃ごみをステーションまで運ぶ時間も必要だった。
8時15分には家を出たが、計算では9時10分前に着くはずだったが、まだ通勤ラッシュが終わっていなくて、佐久創錬センターに着いたら9時丁度になっていた。
途中コンビニで昼食を買うつもりだったが、それでは遅刻になるのでコンビニに寄らずに会場に直行した。
長野からの講師の先生が9時半過ぎに到着。1年ぶりの再会となった。
コロナの影響で教えを乞う機会が奪われていた。
その間自助努力で学習すれば力量が上がるなどというのは、理想論に過ぎない。
やはり第三者からの刺激で触発されなければ、上達はしない・・・。
今日参加した12人がそれぞれ2点から5点作品を持ってきて、講師から講評をしてもらった。
中には、完成度の高い作品もあって、唸るしかないものもあった。
ジイが持って行った作品は順番では最後のほうに近かったが、それまでの作品に圧倒されて、みんなに見てもらうのが恥ずかしくなった。
苦手な人物画ではいろいろご指摘いただいたところがあったので、忘れないうちに手直ししようと思う。
佐久平水彩画研究会 作品
午後3時過ぎに例会が終わったので、急いで家まで戻った。
4時に接骨院に行った。いつもは3時を目安に行っているが、今日は1時間遅れとなった。
施術を終えて家に戻るころには日没が済んであたりが暗くなりかけていた。
家に着いたときには、浅間山の稜線から半分欠けた月が上がり始めた。
今日は98%の部分月食の日だ。家の駐車場に車を停めて、急いで写真を撮りに行ったが、そのころには月が雲に隠れてしまった。
月食の月より、夕焼けのほうがきれいだった。
ほぼ月食で月が隠れるころ合いの時にスマホのカメラで月を撮った。
手ブレしてきれいな月の写真は撮れなかった。
一眼レフカメラで三脚を使って撮ればいい写真が撮れたかもしれないが、そこまでして撮らなくても、また次の機会があるだろう。
夕焼け 部分月食
2021年11月18日 (木) | Edit |
今日は半年ぶりに上田医療センターの診察を受けに行った。
実兄が前立腺がんから全身に転移して70才で亡くなったので、ジイも10年以上前から定期的に前立腺の検診を続けている。
血液検査の数値では、前立腺の肥大はあるもののがん化には至っていない。
コロナ禍なので、今まで3か月ごとの検診だったのが、半年に1回の検診になった。
間の3か月は、飲み薬の処方だけで終わる形になった。
今日は診察前に尿検査をしたので、その数値も見ながら診察を受けた。
待ち時間は1時間20分だった。
例によって診察は3分ほどだが、これも悪化していないから早く終わるものなのだ、と悟っている。
今日はバアと一緒に家を出たので、バアは病院の近くにあるコメダ珈琲で診察の終わるのを待っていた。
11時過ぎに会計を済ませバアと合流したあと、上田のアリオへ買物に行った。
買物といえばアリオが一番多かったが、コロナが始まってからは近場の立科町のツルヤが多くなった。
今日はちょうど5%引きのハッピーデーなので、アリオに行く気になった。
長野県内のコロナ感染も今日で彫塑1週間感染者ゼロが続いている。
買物をしたあと、アリオの中のレストランで昼食を食べた。
和食のお店で、今が旬のサバがメインの定食を注文して食べた。
ジイは2日続けて外食になったが、バアは久し振りなので、バアの好みに合わせたつもりだ。
昼食
午後1時前にお店を出て、途中でガソリンスタンドで給油した。
表示価格は176円だったが、会員価格の170円で入れることができた。
地球環境とガソリンの単価を考えると、次に買い替える車は電気自動車を選択する可能性が高まった。
ガソリンを入れたあと丸子のベルプラザに行き、マツキヨの薬局に行ったが、2時半まで薬剤師の休憩で閉じられていた。
その間、ツルヤとデーツーで買物をして待った。
薬をもらって家に戻ったら午後3時になっていた。
天気もいいし、風もないのでリハビリウォーキングをするには好条件だったが、すでに病院や買物などで7,000歩を越えていたので、歩くのは中止した。
浅間山に夕日が当たっていた。
明日の夕方は久し振りの皆既月食に近い部分月食がある。
その月が現れる場所がわかるように月が上がり始めていた。
夕陽に照らされた浅間山
買物から戻った後、ジイ小屋で人物画の最後の手直しをしたあと、明日の佐久平水彩画研究会の準備をした。
人物画を皆の前にさらけ出すのは初めてで恥ずかしいのだが、明日は長野市の先生が来て指導してくれるので、どのように講評してもらえるか楽しみでもある。
いよいよ庭のモミジの落葉が始まった。
デッキの上もモミジの枯葉がいっぱい落ちていた。
落ち葉
2021年11月17日 (水) | Edit |
今朝も快晴の天気だった。マイナス2℃まで冷え込んだようだ。
今日は日本水彩上田支部の人たちと3人と、長野支部長の個展を見にいった。
10時に中央公園の駐車場で待ち合わせ、ジイの車で行った。
東部湯の丸インターから長野自動車道で長野須坂インターまで高速で行き、インターを降りて5分ほどで個展会場の美術館に到着した。
1時間ぐらいかかると思っていたが、10時35分に着いた。
美術館といっても、公民館風のそれほど大きくない建物の一角を使った美術館だった。
全部で30点ぐらいが展示されていた。油絵が多かったが、今月前半の個展の際は水彩画が多かったそうだが、買い取りされた後の補充で油絵の比率が多くなったようだ。
美術館 風景画
経歴を見ると、油絵から始まって、日本画、水彩画へと変遷していったようだ。
それぞれの名だたる展覧会で入選のみならず数々の受賞もしていた。
公務員の傍ら20代から描き続けてきたようだ。
本人に会えなかったのが残念だった・・・。
1時間ほど鑑賞させてもらった後、インター近くのファミリーレストランでお昼を食べた。
平日の12時前だというのに結構混み合っていた。
長野県内では、コロナ感染者が一番多く出た長野市だが、ここ1週間は県内の感染者0が続いているので、警戒が薄れ出しているのだろうか?
昼食
1時間ほど滞在したあと、お店を出て一路中央公園の駐車場まで来た道を戻った。
家には2時に戻って来た。
バアが家にいなかったので、スマホのアプリで検索したら近くをウォーキングしているのがわかった。
最近は、ジイが付き合わなくても一人で歩くようになってきている。
朝9時半に家を出るときにやってきていた大豆を刈り取る機械が、別のところで刈っていて、家の周りの大豆畑は全て刈り終わっていた。
すっかり景色が変わっていた。
まだ麦を蒔くのは遅いわけではなさそうなので、この後麦畑になることを期待したい。
やはり家の周りは麦畑のほうが景色になる。
大豆畑 機械車
2021年11月16日 (火) | Edit |
昨夜は遅くまで眠れなくて、ブログも翌日まわしになった。
朝7時の目覚ましの音も夢うつつだったが、何とか起き上がった。
昨日と打って変わって曇り勝ちの朝だった。
午前中昨日書けなかったブログを何とか書いてアップした。
今日は畑でハクサイとネギを収穫した。
ハクサイは、先日収穫してまだ残っていたが、ネギと一緒にお昼になべ物にして食べるというので、次のために収穫した。
最初に採ったハクサイよりズシリと重かった。
午後になって雲が切れて青空が広がってきたので、歩いて接骨院に行った。
途中でスマホを忘れてきたのに気が付いて戻ったので、歩いた歩数はスマホに出ている歩数より1,000歩は多いはずだ。
左の足の踵の痛みはほとんど気にならないぐらいに収まってきている。
リハビリウォーキング
接骨院ではカミちゃんに昨日の整形外科でのリハビリの様子を報告した。
ハクサイと一緒に使ってもいいので、午前中収穫したネギを持って行った。
接骨院から帰りは、西日が眩しくてサングラスを掛けようとしたらポケットに入ってなかった。
施術を受けているときにポケットから出て落としてきたらしい。
郵便局の宅配車が走っていくのが見えた。
ブルックスのコーヒーを注文してそろそろ届く頃だ。
我が家に届けに来たのかもしれないと思ったが、間に合わない。
ゆーパックは事前にメールでの配達予告がないので、留守の時に限って配達に来ることが多い。
玄関に宅配ボックスを置いているが活用してもらっていないので、何度か不在連絡票を置いて行かれ、あとで配達に来るたびに宅配ボックスを使うよう伝えておいた。
今日もポストに用紙が入っていたので、また利用しなかったのかと思ったら、宅配ボックスにチェックが入れてあった。
初めて宅配ボックスが役に立った。
これでゆーパックの時は留守でも受け取れるようになるだろう。
宅配便
夜になって長女にサングラスを調べてもらったら接骨院には落ちていない、と行ってきた。
玄関の靴箱の上に置いてある入れ物を見たら、サングラスが入っていた。
はじめから持って行ってなかったようだ。
どうも昨夜からのメンタルダメージが残っているようだ。
今夜は早く寝て明日に備えることにする。
2021年11月15日 (月) | Edit |
今朝は雲一つない青空になった。
浅間連山がくっきり見えた。冠雪も消えていた。
雲一ついない青空
風もほとんど吹いていなかったので、落ち葉焚きには絶好の日よりだ。
9時過ぎから畑で、12日に刈り倒したコスモスとカキの葉をかき集めて、燃やした。
1時間もかからずきれいに燃やし尽くした。
まだくすぶっているところを、念のためたっぷり水を掛けて消火した。
焚火
午後2時に家を出て、予約してあった佐久の整形外科のリハビリ室に行った。
昨日1時間半も歩いたことを報告したらPTさんが驚いていた。
ただ今朝起きた後の踵の痛みは、思ったほど感じなかったのでそれも併せて報告した。
一番痛い時を10としたら今はどのくらいかと聞かれたので、6ぐらいと答えた。
リハビリは相変わらず右膝が曲がらずに歩けるようになるためのストレッチだった。
右足をかばって左足に痛みが出るという理屈はわかるが、痛い左足のほうには今日も何もケアがないので、何か納得できないまま来週の予約をして終わった。
家に帰った後、ジイ小屋で一昨日の懐古園で描いてきた絵の手直しをした。
写生しているときの絵は、筆の水分が多くなりがちで絵の具が乾くと色が薄くなってしまうようだ。
その辺を意識して今日は水分を少なめにしたら、今度は思った以上に発色が強く濃くなり過ぎたようだ。
懐古園の絵
一段落したあと、一昨日の彩明会の例会を休んだTさんに電話した。
来週のミニ文化フェスティバルや来月の食事会について伝えた。
食事会には欠席するとの返事だったので理由を聞いたら、2年前の元会員が亡くなられたときのジイの対応に不満があったようだ。
それ以来、例会も休みがちだったのもそれが原因だったようだ。
今年1月の総会のときにも、会員や元会員が亡くなった時の会としての香典について話し合い、決められていなかったルールを決めたが、それでも納得できていなかったようだ。
亡くなられた人や遺族への弔意の表し方は、人や地域によって異なる機微な問題なので、ジイの何気ない言葉がTさんを修復できないような傷を負わせてしまったようだ。
会長の資格なし・・・。
2021年11月14日 (日) | Edit |
今日も朝から晴れていい天気になった。
久し振りにバアとドライブに出かけることにした。
考えてみたらジイは水彩画の会でアチコチ写生に出かけて紅葉を見てきたが、今年はバアと一緒に紅葉を見に遠出をしていなかった。
リハビリウォーキングで近所の紅葉はさんざん見てきたが・・・。
長野県内でも南のほうや標高の低いところではまだ紅葉が残っているが、我が家より高い山のほうは終わっているだろう。
諏訪湖まで行ってみることにした。
往きは女神湖、白樺湖経由で行くことにした。
9時過ぎに家を出て、どこも寄らなければ1時間半ぐらいで諏訪湖に着く。
女神湖に向かう途中から紅葉は終わっていた。
わずかにカラマツの葉が少し残っているところがあったが、女神湖ではドウダンツツジが残っている程度で、木々はすでに落葉してだいぶ経っている感じだった。
女神湖では車を停めてその場の空気を吸って写真を撮って終わった。
女神湖
次の白樺湖ではいつも車を停めて湖周をウォーキングする駐車場に行くと、何かイベントをやっていて、一部有料区間になっていた。
ここも歩くのは諦めて諏訪湖に直行することにした。
白樺湖
茅野市内が渋滞していて、諏訪湖畔に着いたのが11時を過ぎていた。
国道20号から湖畔道路に行く道をナビの指示に従って走ったのに、湖畔の道路に入るT字路で何か様子が変だと思ったら、歩行者の人から一方通行の道を逆走してきていると教えてもらった。
逆戻りしないとすぐ捕まるよ、というので地図を見たら、道路に隣接している敷地は諏訪警察署の敷地だった・・・。
11時半近くになったので、何度か利用しているレストランに直行した。
まだ店内は満席になっていなかったのですぐに座ることができた。
以前に食べておいしく感じたローストビーフがメインの料理を注文して食べた。
食事を終えてお店を出ると、席が空くのを待っている人たちが大勢いた。
こんなお店が家の近くにもあるいいのだが・・・。
ランチ① ランチ②
お店を出た後、日曜日でも空いている無料の駐車場まで行って車を停め、そこから湖周のウォーキングを始めた。
ウォーキングロードは、ランニングロードを兼ねていて、路面が足の衝撃を吸収するクッション材が入った舗装をしているので、踵に不安のあるジイにとってはとても歩きやすかった。
途中でバアは足の親指の巻き爪が食い込んで痛くなったようだが我慢して歩いていた。
約1時間歩いたところで、何度か入って買ったパン屋さんがある建物があったので、そこのお店でコーヒーでも飲んでバアが待っていることにして、駐車場までジイだけで戻り、車で迎えに来ることにした。
駐車場まで40分かけて戻り、車で迎えに行った。
すぐ近くまで5分ぐらいできたが、バアが待っているお店の手前近くから渋滞になり、着いたのは駐車場から15分後だった。
バアの歩数計は7,000歩台、ジイの歩数計は12,000歩台になっていた。
ウォーキング道路がよかったので、踵の痛みはひどくならなかった。
諏訪湖
帰りに、諏訪大社上社に寄った。
ここも針葉樹が多いところなのであまり目立たないが広葉樹はほとんど落葉していた。
七五三のお参り姿が目に付いたが、入口で写真を撮った後スマホのカメラが部リースしてその後の写真は撮れなかった。
買ってすぐの頃しょっちゅうフリーズしてドコモに改善を申し入れて、その後あまりフリーズしなくなっていたが、また最近そういうことが起きるようになってきた。
時々メーカーによるバージョンアップがあるが、そのたびに不具合が再発するようでは困る。
次の機種変更ではメーカーを変えることも考えなければ・・・。
諏訪大社上社
諏訪からの帰りは往くときとは道路を変えて大門街道を走って帰った。
この道もコロナ以来初めて走った。
この道はスキーの時も渓流釣りの時も走る道路だったのに・・・。
2021年11月13日 (土) | Edit |
今朝は氷点下まで冷え込んだ。雲一つない快晴になった。
この時期によく出る霧もなく、空気も景色も澄んで見えた。
いつもより15分早く起きてバアと一緒に朝食の支度をした。
今日は彩明会の例会で小諸の懐古園まで写生に行くので、8時20分に家を出た。
途中のコンビニに寄ってお昼のお弁当を買おうとしたら財布が見つからなかった。
慌てて家にいるバアに電話をして家に財布を置き忘れているか調べてもらったが、家にはないという。
もう一度お絵描き道具の入った袋や彩明会の資料などを入れたバッグを調べ直したら、バッグの底に入っていた。
5分ほどもたついたおかげで集合場所の中央公園の駐車場に着いたらすでにほかの会員5人はみな集まっていた。
まだ集合時間の15分前だったが・・・。
出かける前に昨夜作った今後の予定を書いた資料を配って説明した。
懐古園には、車2台に分乗して行った。
一人が途中で帰るというので、他の5人が大きな車で来たAさんに乗せてもらったのでジイは運転しないで済んだ。
懐古園は、土曜日の好天ということでまだ9時半だというのにかなりの人出だった。
園内はまだ冷気が漂っていて、日陰では寒く感じた。
サクラの木はほとんど落葉していたが、モミジがまだ鮮やかに残っていた。
もう県内は南信を除いて紅葉の見ごろのところは少なくなっているが、懐古園はまだ見ごろとなっているので観光客も来ているのだろう。
駐車場に止めてある車のナンバーも首都圏のものが多かった。
園内を一通り歩いたあと、同じ場所で描くことになった。
写生した風景 紅葉 写生風景
描き始めたころは防寒対策をしていって正解と思っていたが、途中からポカポカ陽気になってきた。
画用紙に日が当たるようになるので、イーゼルを移動させながら描いた。
途中昼食の時間も取ったが、午後1時半まで描いた。
描いている途中で光の当たり方が随分変化したので、明暗が違ってきたが、なるべく午前中の明暗の記憶を頼りに描き終えた。
描き終えた絵を並べてそれぞれ批評し合った。
ジイの絵も左のサクラの大木を半分だけ入れて描いたが、賛否両論だった。
手前にある木と奥の建物や紅葉している木との遠近を出すために、あえて半分画面から切れる大きさでサクラを描いたつもりなのだが・・・。
あとで手直しをするつもりだ。
ジイの描いた絵
2時過ぎには中央公園に戻ってきて解散したので、中央公民館に寄って来週の土曜日から彩明会で展示するミニ文化フェスティバルの会場の様子を見てきた。
写真クラブの人たちが展示を準備をしているところだった。
2021年11月12日 (金) | Edit |
今日の天気予報では9時ごろから一日雨になるはずだったが、朝起きた時から陽射しが出ていた。
朝食をとっているころは、予報どおり曇ってきたが9時ごろにはまた青空が広がった。
雨が降るとしばらく畑の土も乾かないので、9時過ぎから畑に行って、イチゴの苗を植える作業をした。
曇りかけた空はまた青空が広がっていた。
当初植える予定をしていたところは、余ったタマネギの苗を植えてしまったので、イチゴが植わっている南側に新たに植えることにし、ミニ耕運機で耕した。
夏の間キュウリを植えていたところで、収穫が終わった後一度だけ耕しただけだったので、土が軟らかくなるまで何度もミニ耕運機で往復した。
雨は降らなかったが風が強かった。
耕したところに施肥をし、肥料と一緒に使える有機石灰を蒔いたあと、黒マルチを掛けた。
風が強くてマルチが飛ばされそうでピッと張るのに苦労した。
イチゴの苗は、すぐ隣のイチゴの畝から、伸びて根を張った株を掘り出して植えた。
これで今年の畑仕事はほぼ完了した。
元気ならば、土が凍るようになる前にスコップで土起こしをするのだが、今年は見合わせることにした。また踵が痛くなっても困る・・・。
イチゴの苗
畑の隅に植わっていたコスモスがすっかり枯れていたので、刈払機で切り倒した後落葉したカキの葉と一緒に片付けた。
そのうち風のない日に燃やすつもり。
畑の隅
庭の木々はあらかた落葉したが、なぜかモミジだけはまだ紅葉したまま残っている。
日を浴びていい色になっていた。
スマホのカメラをマニュアルモードにして撮ってみた。
モミジ
午後になっても雨が降りそうもないので、1時半から50分ほどリハビリウォーキングに出かけた。
今日は雨の予報だったので歩けないと思っていたが歩くことができた。
午前中の畑仕事と合わせて、歩き終わったら1万歩を越えていた。
踵が調子いいからと歩いてみたが、少しやり過ぎだったかまた痛みが出てしまった・・・。
リハビリウォーキング
雲の切れ目から浅間山が顔を出したと思ったら、また山頂近くがうっすらと冠雪していた。
左となりの黒斑岳も白くなっていた。
浅間山
ウォーキングから戻った後、接骨院へ行って施術してもらった。
踵に痛みも楽になってきた。
2021年11月11日 (木) | Edit |
7時前に目覚めたが、目覚ましが鳴るまで待ってから起きた。
午前中立科町のツルヤとコメリに買物に行った。
コメリではパンジーの苗を買ってきた。
家に戻った後、すぐにパンジーの苗をプランターに植えようと思ったが、強い風が吹いていてしかもまだ作業場の駐車場が日陰ので、日が当たる午後から植えることにした。
ここ数日の強風でほとんどの庭木の葉が散ってしまった。
ジイ小屋の脇に植えてある柿の木がすっかり落葉して、柿の実が3個だけ残っていたので高枝ハサミでとった。
今年はこの百匁柿も畑の平核無柿も霜害で花が付かなかったので大不作になった。
毎年食べ切れないほどなる百匁柿もこれで全部だ。
干し柿もできなかった。
百匁柿
昼食の後、駐車場で3個のプランターと1個の小さな鉢に買ってきたパンジーを植えた。
冬越しできるかわからないが、春からずっと玄関前を飾ってくれたペチュニアやベコニアが終わったので、その代わりとしてしばらく咲いてくれればいい。
パンジーの苗① パンジーの苗②
苗植えを終わった後、風が強いのでためらっていたバアを誘って、リハビリウォーキングに出かけた。
風が少し冷たくなってきたので、ショートカットして40分で切り上げた。
家まで戻ってきてバアの歩数が6,000歩に500歩届いていなかったので、家の周りをまわってようやく6,000歩を越えた。
ジイは8,000歩台になっていたので、ドクターストップがかかる歩数になってしまった。
リハビリウォーキング
夕方1時間ほど、ジイ小屋で人物画の続きを描いた。
モデルの人物を描いたときは、背景が壁だったので、あえて外の景色を背景にしてみたが、それだと逆光にしなければならないのに、正面からの光が当たっているように描いているのに気が付いた。
これはどうしたものか途方に暮れる・・・。
人物画
2021年11月10日 (水) | Edit |
今日は朝から晴れたが、風があったが、南風で冷え込みは弱い。
午前中ジイ小屋で、今月20日から中央公民館で始まるミニ文化フェスティバルに彩明会として出品する絵をどれにするか、描き貯めてある絵の中から2点を取り出した。
まだどこにも出品していない絵を出そうと思った。
先月の上田支部小品展に出品した2点を出すことも考えたが、また同じ絵を出して手抜きしていると思われたくない。
先月写生に行って描いた真楽寺の大沼の絵と、今年4月の東御美術会の例会で描いた果物の絵の2枚を出すことにした。
静物画のほうはまだ手直しするところが多かった。
何とかコープの宅配が来るお昼前に描き終わった。
真楽寺 静物画
コープの宅配を受け取った後、キャベツも大きくなっている、とバアが言ってきたので、3個を収穫し、1個ずつ3軒で分けた。
キャベツ
午後1時半からバアとリハビリウォーキングに出かけた。
整形外科で足底腱膜炎と診断されてから、ジイだけ歩くのは控えていたが、今日は踵の痛みがあまり感じなかったので、試しに一緒に歩くことにした。
歩き始めたころまで強風が吹いていたが、間もなく風が弱くなって歩くのにちょうどいい陽気になった。
約1時間歩いて家に戻って来たが、歩いている途中でときおり踵に痛みを感じることもあったが、今までに比べると格段に痛みが減少していた。
これからも理学療法士に指示された足のリハビリをまじめに続けるよう心がけよう。
リハビリウォーキング
家に戻った後、立科町の鷹野リンゴ園に行って贈答用の伝票をもらってきた。
先日電話したらフジの収穫は10日ごろから始める、と言っていた。
リンゴ園は収穫中なのか出払っていて誰もいなかったが、伝票の置き場所は教えてもらっていたので、受け取ることができた。
出かけたついでに長女の家にキャベツとタマネギを届けに行った。
長女の家も接骨院の定休日で出かけて留守だった。
2021年11月09日 (火) | Edit |
天気予報どおり朝起きると雨が降っていた。
気温は10℃以上あった。
今日は上田支部の例会の日なので、大急ぎで朝食を食べ、片づけをしたあと家を出た。
雨で道路が渋滞しているかと思ったが意外と空いていた。
今日は長野支部の支部長の個展の最終日ということで、数人がそれを見に行くということで欠席が多かったが11人が出席した。
午前中で帰らなければいけない人もいたので、役員会議を最初にやることになった。
いろいろ懸案事項があったが、最大の懸案だった小品展は、11月に予定していた会場の文化会館が他の催しで入っていて使えないため、思い切って春にしたらどうかということで、4月の文化会館の空き状況を確認したら、5日から10日の6日間が取れたので、急遽その日程にすることに決まった。
これで来年度の事業計画の骨格が決まったので安堵した。
役員会は10時半で終了し、役員以外の人が描いていた静物画にだいぶ遅れて取り掛かった。
季節がらハクサイが画題の一つにあったのでこれを描いた。
デッサンが終わるころには昼食の時間になった。
昼食の後、休憩しないでジイだけ続きの絵を描いた。
午後1時過ぎまで描いたところで、9時過ぎから始めた人たちはほぼ完成したのでジイも未完成だが筆を仕舞った。
画題 ジイの絵
午前中降っていた雨が止んで、東の空に虹が出ていた。
虹
神川公民館を出た後、東御市文化会館に行って、急遽決まった来年4月の展示室の申込書、減免申請書の用紙をもらった。
仮予約してあるので、申請書をあとで提出すれば決定通知書が届くことになる。
家に戻ったら2時だった。3時前に接骨院に行った。
施術を受けながら、昨日の整形外科のリハビリ室の受診結果をカミちゃんに報告した。
施術が終わった後、夜勤明けの休みで家にいた長女にコーヒーをご馳走になった。
今日はお昼に家に来て、お昼をバアと一緒に食べたそうだ。
ジイばかり出歩いているので、留守番で家にいるバアに気を使ってくれたようだ。
夜は、今日の役員会議で協議した内容で、来月の常任委員会と1月の総会資料を作り直した。
2021年11月08日 (月) | Edit |
今日は朝から曇り空だったせいかあまり冷え込んでいなかった。
9時ごろには雲の間から陽射しも出るようになった。
畑に植えてあるハクサイの生育状況を見にいった。
寒冷紗を掛けているのでよく見えなかったが、寒冷紗をはずしハクサイに触ってみると、もう立派に巻いていた。
その場で一個を切って半分に割ってみた。
スーパーの棚に並んでいるハクサイと遜色がない。
バアが早速昼食にハクサイの浅漬けを出してくれた。
シャキシャキして美味しかった。次はなべ物か?
漬物にする予定はないので、これからどんどん食べて収穫して行かないと、年が越えると凍ってダメになってしまう・・・。
お隣さんと長女の家にお裾分け第一号を届けた。
ハクサイ
午後は、3時に佐久の野沢整形外科のリハビリの予約をしていたので、1時過ぎに家を出て佐久のカインズとベイシアで買い物をしてから整形外科に行った。
リハビリ室の理学療法士に最初に歩行する姿を見てもらった。
歩いている姿を動画に写して、自分でも確認したが、以前に痛めた右ひざをかばう歩き方をしていた。
右足の歩幅が短く膝もまっすぐに伸びていないので、重心が左足に偏っているのが分かった。
自分では自覚がなく無意識で右膝をかばう歩き方になっていたようだ。
痛む左足の踵を中心のリハビリを想定していたのに、まずは右膝周りの筋力アップが重点になった。
そのあとで、左足の指先の曲げ伸ばしになった。
かなり指先が硬くなって曲がりにくくなっていた。
理学療法士の指は90℃曲がるのにジイの指は、上下ともに45℃ぐらいしか曲がらなかった。
このことが足底腱膜に歩いたときの衝撃が強くなる原因の一つになっているそうだ。
片足立ちもじっと真っ直ぐ立っていられなくて手を広げてバランスを取らないと長く立っていられなかった。
特に右足の時のふらつきが激しかった。
右膝周りのストレッチ、両足の指先の屈曲、片足立ちの訓練の3点を一週間頑張って、来週もう一度確認してもらう予約をして、今日のリハビリが終わった。
夜、明日の上田支部の例会の後に行う役員会の資料作りをした。
12月の常任委員会と1月の総会に向けての資料だ。来年は役員改選の年度になる。
ジイの庶務の仕事は継続になるだろうな・・・。
今日は風が強く吹いていたので、庭のヤマボウシやハナモモ、サクラなどがほとんど落葉し、庭が落ち葉の絨毯になった。
落ち葉の絨毯
2021年11月07日 (日) | Edit |
一昨日の夜、入浴中に浴槽にスマホを落としてしまった。
完全防水と思っていたので、お湯の中から慌てずに取り出した。
その後、見ていたテレビの音声が出なくなった。
夜寝るときに枕元で充電したまま寝ているが、朝起きると充電量が38%にしかなっていなかった。
テレビの音声は出るようになっていたが、昨日は何度も100%充電になるまで、充電し直した。
まだ2年も経っていないので、故障したからといって機種変更するわけにもいかず、どうしたものか考えあぐねていた。
二日目の今朝になって、昨夜充電した結果は100%充電できていた。
今日一日様子を見たが、いつも通りの状態に戻ったようで、少し安堵した。
もう入浴中はテレビなど見ないことにする・・・。
今朝は目覚ましも時間通り7時に鳴って起こされた。
今日は久し振りに霧も出ず、朝日が射していた。
朝食の後、全日本大学駅伝を途中の3区から見た。
出雲駅伝と同様東京国際大学のヴィンセントがぶっちぎりの走りをしていたが、その後は首位が目まぐるしく入れ替わる争いで、昼食後まで見続けた。
子育て中は、食事中にテレビを見るのは厳禁だったが、今は自由気ままにテレビを見ている。
外の気温は、デッキの温度計が20℃まで上がっていた。
駅伝は最終区になっていたが、調子が戻ったスマホのテレビ中継を音声だけ聞きながら、網戸洗いを始めた。
この時期に20℃まで気温が上がることは滅多にない。
今日を逃したら寒空で網戸洗いをしなければならない・・・。
午後1時から始めて、高圧洗浄機を使って洗ったので、1時間後には網戸と窓ガラス磨きの両方を終えることができた。
最後にジイ小屋の網戸とガラスも洗って、2時半には片付けることができた。
高圧洗浄機の威力で体力の消耗を最小限にとどめることができた。
網戸① 
この間にバアは一人でリハビリウォーキングに行ってきた。
網戸洗いが終わった後、ジイ小屋のテラスを片付けたあと、洗った網戸をジイ小屋の中に収納した。
以前は、母屋の2階の小屋裏に仕舞っていたが、リビングの網戸など幅があるので、階段を上げるのに一苦労だったが、何年か前からジイ小屋に仕舞うようになってから、ずいぶん楽になった。
体力がなくなってきて、何事にも通じることだが、無理をしないで省力化を図る知恵が必要になってきた。
網戸②
網戸をしまった後、夕食までジイ小屋で人物画の続きを描いた。
まだまだ思うように描けないが、50%ぐらいの仕上がりになってきた。
人物画
2021年11月06日 (土) | Edit |
昨夜は、夜中の2時に寒気がして目が覚めた。
トイレに行った後、床下暖房を点けてから寝た。
おかげで朝目覚ましで起こされるまでぐっすり眠ることができた。
今朝も濃い霧に包まれていた。
この数日朝のうち霧が出ている。
毎年今の時期だったか記憶は定かではないが、季節の変わり目に多い現象であることは間違いない。
その霧も朝食を終えるころには晴れてきた。
玄関先の西側の大豆畑は日が当たっているが、その先に霧の名残りがあった。
霧
今日は左足の踵の痛みが和らいできているので、10時過ぎからリハビリウォーキングに出かけるバアに付き合って一緒に歩いた。
いつものコースではなく、中八重原のブドウ畑の方角に向かって歩いた。
バアが一人では歩くには、歩いている途中で何かがあっても助けを呼べない場所もあるので、ジイが一緒の時にしか歩けないコースだ。
リハビリウォーキング
歩く頃には気温も上がってきて、歩くにはちょうどいい気候だった。
家を出た時の喜多池は無風状態で鏡池になっていた。
鏡池
シクロヴィンヤードのブドウ畑は、10月中に収穫が終わり、葡萄酒の仕込みも終わったようだ。
先日までブドウの葉が青いところもあったが、すっかり紅葉していた。
手入れがいいので、いつ見ても気持ちがいい。
ブドウの木も年々太くなってきている。
手入れの行き届いたブドウ畑を見ていると、ワインもおいしいに違いないと思えてくる。
ブドウ畑
1時間以上歩いて家に戻ると歩数計が8,000歩になっていた。
踵の痛みもひどくならなかった。
庭のモミジがいい色に紅葉していた。
間もなく落葉が始まる。
今年は思い切ってチェーンソーで剪定をするつもりだ。
バアは形よく剪定して欲しいというが、プロでもないジイにそれを要求するのは無理というものだ・・・。
モミジ
2021年11月05日 (金) | Edit |
今朝は朝食の準備が済んでからごみステーションまで可燃ごみを出しに行った。
今日はそれほど重くないので歩いて行った。
足の踵の痛みも少なかった。
3日連続のごみ出しも今日で終わりだ。
まだ元気なうちはいいけれど、身体が思うように動かなくなると、ごみ出しも大変になってくるのだろうかと不安になる。
ごみ出しをした時には、東のほうだけ霧がかかっていたが、間もなく霧も晴れて快晴になった。
バアが10時から一人でリハビリウォーキングに出かけたが、ジイは家で留守番をした。
足底腱膜炎が悪化しないよう様子を見ることにした。
飛行機が飛ぶ大きな音がしたので外に出て見たら、軍用機のような飛行機が2期低空で飛んでいた。
何のために飛ぶのかわからないが、あまり気持ちがいいものではない。
飛行機
ジイ小屋で、先月の東御美術会の例会で描いた柿の落葉の絵の続きを描いて、背景の色ニ同じ暖色を使ってみたら大失敗、葉が背景に沈み込んでしまった。
慌てて色を落としたが、うまく修正できるか疑問。
カキの落葉
柿の葉は諦めて、人物画の続きを描いた。
まだまだ恐る恐る彩色を重ねている段階。
19日の佐久平水彩画研究会の例会までに仕上げて、講師の講評をしてもらう予定だ。
人物画
お昼前に庭のドウダンツツジが日を浴びて真っ赤になっているので写真に撮った。
去年病気になって葉が少なくなったが、今年は少し生き返ってきたようだ。
毎年その時の気象条件によって紅葉する色が違うが、今年は特にいい色になった気がする。
ドウダンツツジ
午後は、3時に接骨院に行った。
接骨院の駐車場から見る浅間連山が、空気が澄んでいてきれいに見えた。
浅間連山
2021年11月04日 (木) | Edit |
いつもより少し早く起きて、プラごみを上八重原公民館まで出しに行った。
駐車場でカミちゃんに会った。
もう2年同じ町内会に暮らすようになっているが、ごみ出しで出会ったのは初めてだ。
濃い霧に包まれて視界が悪かったので、そばに来るまで気が付かなかった。
朝食の後、8時半に家を出て上田城址公園に写生に行った。
今日は東御美術会の例会で、当初小諸の懐古園に行く予定だったが、ジイの都合で上田城に変更してもらった。
午後神川公民館に行かなければならなかったので、そこから近い場所にしてもらった。
9時過ぎには8人が集まったが、広い場所なのでそれぞれ別れて好きな場所で描いて、帰りも自由解散ということにしてもらった。
最初に上田城南櫓に行ってスケッチした。
南櫓
下の駐車場から見上げる風景で描いたことはあるが、真正面から描くのは初めてかもしれない。
城郭を描くのは難しいので敬遠しがちだが、スケッチぐらいならと描き始めたが、案の定苦労した。
犬を散歩させていた夫婦が近くで描くのを眺めていた。
そのうち見せてくださいという言葉をきっかけにおしゃべりをしながら描き続けた。
描き終わるまでおしゃべりをした。
ずいぶんとほめ上手な人たちだった。
上田城南櫓のスケッチ
11時に描き終わった後、お濠の周りを少し歩いて描くような場所を探したが意外と紅葉を見物に来ている人が多く、ここで描くのは諦めて、人通りの少ないかつて鉄道の軌道敷だったケヤキ並木で描くことにした。
この辺で4人が描いていた。
何回か描いたことのある構図で、スケッチを始めた。
急いで彩色まで始めたが、神川公民館に行かなければならない時間になったので、未完成だったが道具をしまった。
上田城の紅葉 旧鉄道敷
神川公民館には、集合時間の1時10分の20分前に着いたので、車の中でお昼を食べて時間が来るのを待った。
時間になると20人ほどが集合して、それぞれ普段使っている部屋の掃除をした。
上田支部が使っている部屋では、3団体5人で掃除をしたので、30分で掃除は終わった。
ジイは外回りのガラス磨きが手薄だったので、途中からそちらのほうを手伝った。
2時過ぎからは、来年度の公民館の使用申請をするための説明会となった。
書類の書き方など細かい説明があったが、毎年同じような書類を提出しているので、話を聞いているうちに眠くなってしまった。
1時間近い会議など滅多にやらないので、じっとしているだけで睡魔に襲われる年齢になってしまった。
3時前に会議は終了し、3時半に家に戻った。
帰った後、ジイ小屋で未完成だった2枚目のスケッチ画を完成させ、1枚目の南櫓の絵の手直しをした。
鉄道敷のスケッチ
2021年11月03日 (水) | Edit |
今朝は朝食の支度を終えた後、近くのごみステーションまで溜まっていた金属陶器を出しに行こうと袋を持ち上げたら、あまりの重さに歩いてステーションまで行く元気が出なくて、車で運んだ。
先日デッキの修理をした時に出てきた壊れた素焼きの鉢なども一緒に金属類を整理したら、かなりの量と重さになってしまった。
金属陶器は月1回の収集なので、出しはぐると大変だ。
明日は、やはり片付けて出てきた発泡スチロールを公民館まで車で出しに行かなければならない。
これも月1回の収集だ。
明後日は可燃ごみもステーションに出すぐらい溜まってきた。
月初めはごみ出しウィークだ。
朝食の後は、タマネギの水やりをした。
植えた苗がほとんどピンと上にまっすぐ立ち始めたので、定着しているようだ。
これから厳しい寒さの冬を越さなければならないので、100%生き残れるわけではないが、今までで一番の量の苗を植えたので歩留まりが悪くても食べ切れないほど採れることを期待している。
午前中髪が伸びて鬱陶しくなってきたので、バアに切ってもらった。
バッサリ短くしてもらいたいところだが寒くなると頭がスース―してしまうので、適度なところで長さを調整してもらった。
もう40年以上切ってもらっているので安心して任せられる。
午後になると少し風が出てきた。
バアが歩くのを躊躇しているようなので一緒にリハビリウォーキングに出かけることにした。
昨日整形外科から帰って足底腱膜炎の自分なりのリハビリをしたら、今日は朝から痛みが弱くなっていた。
バアと1時間歩いて時々痛みを感じたが今までよりは軽かった。
無理をしない程度にウォーキングも続けよう。
リハビリウォーキング
夕方から2時間久し振りにジイ小屋で絵を描いた。
以前にデッサンだけしてそのまま放置していた人物画をもう一度デッサンの手直しをして、最初の色を付け始めた。
しばらく人物画から逃げないようにしようか・・・。
年賀状に使う絵も描かなければならない。
人物画
2021年11月02日 (火) | Edit |
9時前に家を出て文化会館に来年の上田支部小品展の会場予約に行った。
今年は、文化会館のイベントが優先的に入っていて、きつい日程を組まざるを得なかった。
来年はそういうことにならないよう、予約ができるようになる1年前の初日に行けば、こちらの思うような日程で予約ができると思って行ったのだが・・・。
なんと来年も同じイベントが予定されていて10月下旬から年内はふさがっていることが分かった。
来年の9月には東御美術会の会員展があり、上田支部展(公募展)が10月初旬から予定を組んでいるので、その間に小品展を入れるのは無理なので、全く違う日程、例えば6月から8月の夏場にやるしかなさそうだ。
今度の上田支部の例会の時に三役会議を開くのでその時に対応策を相談することにした。
文化会館に行った後、佐久の野沢整形外科に行った。
半年前ぐらいから時折左足の踵が痛くなる時があり、湿布をしたりマッサージをしたりしていたが、このところのデッキの修理の作業などで痛みが頻発するようになった。
昨日もコナラの剪定枝を薪のサイズにチェーンソーで切って束にしたあと、夜になって痛みがでてきた。
お風呂に入って温まると痛みが和らぐのだが・・・。
野沢整形外科には膝を痛めて以来、大変お世話になっているし、バアの血栓の時にもお世話になった先生なので、何かあれば頼りにしている。
以前はあまり待たされずに診察してもらったが、久し振りに行くとかなり混み合っていた。
10時過ぎに着いたが診察してもらったのは11時半だった。
MRIを撮ってもらうことになった。
最初に膝を見てもらったときにはなかった装置だが、その後医院の建物を増築して導入されていた。
MRIの撮影に着替えを含めて30分かかったので結果が出て診察を受けたのは12時半だった。
画像をモニターで見せてもらったが、疲労骨折や骨棘はなかったが、足底腱膜が炎症していた。
踵の骨も炎症を起こしているのが分かった。
最新のMRIの画像は鮮明で素人でもわかる。
痛みがひどくなればステロイド注射も考えられるが今のところはリハビリで対処することになり、来週リハビリの予約をして今日は終わった。
毎日のリハビリウォーキングを止めるようには言われなかったが、歩いているときに痛みはあるので、今日は歩かないことにした。
家に戻ったら午後1時を過ぎていた。
遅いお昼を食べ一休みしたあと、2時半にバアは歩いて、ジイは車で接骨院に行った。
バアが先に家を出て、あとからジイが車で追いかける形になった。
そろそろ接骨院に着く頃を見計らって家を出たら、まだ歩いている途中だった。
リハビリウォーキング
接骨院の施術を終えた後は、一緒に車で帰るつもりだったが、まだ目標の歩数に届いていないと言ってバアは歩いて帰る、というのでジイだけ先に車で帰った。
夜になって、足底腱膜炎のリハビリ方法を書いた紙を見ながらリハビリを試した。
少し痛みも和らいでいる・・・。
2021年11月01日 (月) | Edit |
リビングの壁に掛けているカレンダーの10月を切り取って11月のカレンダーにした。
日本の政治は変わらないが、月日だけは一日一日変わっていく。
ジイも間違いなく老いていく。
朝起きると外は濃い霧に包まれていた。
朝霧
無風状態なので、9時過ぎから畑で火燃しをした。
先日のデッキ修理で材木がたまったし、夏野菜を片付けたので燃やすものが山になっていた。
今の時期は田んぼを焼く煙があちこちで立っているので、気兼ねなく火燃しをすることができる。
火燃しの合間に先日のタマネギの植え換えで余った苗をどうするかバアに相談したら、捨てるのはもったいないね、と言われてしまった。
赤タマネギを植えた場所の隣には、イチゴの苗を植えようかと思って耕していたスペースがあるので、そこを使って余ったタマネギの苗を植える畝を作った。
11時を過ぎてから植え始めたので、全部植え換えて、道具を片付けていたら12時半になっていた。
玉ねぎの苗
昼食の後は、去年の冬にコナラの木の剪定をして木の下に積んでいた枝を、チェーンソーで半分の長さに切った。
夏にマイスターと再会したときに、七二会の古民家のストーブ用にコナラが使えるか聞いたら、ストーブの燃料としてコナラは大歓迎と言われた。
長さは45㎝がいいと言われたが、去年剪定したときは60~70㎝ぐらいの長さに揃えてしまった。
2時間かけて枝を半分に切り終えた。
コナラのカット①
午後3時からリハビリウォーキングに出かけた。
今日は午前中から動き回っているので、歩くコースはショートカットして45分歩いて家に戻った。
歩数計は1万歩台になっていた。
リハビリウォーキング
家に戻った後、半分の長さに切ったコナラの枝を束にして、駐車場の雨の当たらない場所に積み上げた。
七二会に行く機会があったら運べるようにした。
フィットでは1回で積み切れるかどうか?
作業が終わったら外はも薄暗くなっていた。
コナラのカット②
2021年10月31日 (日) | Edit |
今日の午前中は天気予報どおり曇り空で、時折雨雲が流れてきて通り雨も降った。
昨日のうちに畑仕事は全部終わらせておいて正解だった。
天気も良くないので、午前中は外にも出ずに、上田支部の今年の事業報告と来年の事業計画など来年の総会の資料作りをした。
事業報告では、このブログの過去の記録を見れば、ほぼ間違いなく毎月の活動を確認できるので、ブログも役に立つことが実感できた。
今年も、いろいろ予定していた事業の一部が、コロナで中止になった。
来年の事業は、計画通り実施できることを願う。
お昼前から曇っていた空に青空が出始めた。
予報より早く晴れてきた。
午後2時半から3日ぶりにリハビリウォーキングに出かけた。
風もなくため池が鏡のように景色を映していた。
出かけるときにデッキの温度計が17℃になっていたが、歩いている間体感的には20℃を越える暖かさで、途中から着ていた上着を脱いで歩いた。
気分がいいので久し振りに、フルコースを歩いた。
今日は歩いている間に3人のウォーカーとすれ違った。
リハビリウォーキング
家に戻って、おやつをたくさん食べてしまった。
せっかく歩いてカロリーを消費したのにそれ以上に補給してしまった・・・。
夕食は、お隣さんから頂いたサツマイモで焼き芋にして食べた。
入浴前の体重計は、今までにない数値に上がっていた。
夜は衆院選の結果をテレビで観続けた。
8時には、投票所の出口調査結果をもとに、自公政権の過半数確保が報道された。
事前の予測通り今回の選挙での政権交代はなくなった。
奇跡は起こらない。
生きている間にもはや政権交代は起こらないのではないかと、暗澹たる思いになった・・・。
2021年10月30日 (土) | Edit |
昨夜は11時から試運転で床下暖房を点けた。
おかげで朝まで寒くて目が覚めるようなことはなかった。
一度もトイレに起きることもなかった。
今日の最低気温はマイナス0.6℃になったようだ。
今朝は朝から眩しい日が射していた。
今日こそタマネギの植え換えを終わらせるつもりで9時から畑仕事をした。
最初に赤タマネギの苗から始めた。
昨日黒マルチを掛けた時には少し湿り気の土だったので、早速植え始めたらもうかなり乾き始めていて、苗を植えこむために開ける穴が周りの土が崩れてきてすぐに埋まってしまった。
しばらく大きめに穴を開けてやっていたが、うまく深く入り込まず、何度もやり直したりしたので、途中からジョウロで水を掛けて土を湿らせてから穴を開けるようにして、ようやく苗がスムーズに差し込めるようになった。
赤タマネギは全部で160本になった。
これだけで1時間以上かかってしまった。
苗の周りの土がへこむほどになったので、土を入れた。
赤玉ねぎ
次の普通のタマネギのほうは、あらかじめ土を湿らせていたので植えるピッチを上げることができた。
こちらは3畝で全部で460本を2時間弱で植えることができた。
普通のタマネギ
苗は100本以上余ってしまった。
道具を片付けて家に入ったら12時半になっていた。
午後は、冬物衣料を見に上田のイオンに行ったが、買いたいという衝動は起こらず衣料品は買わずに、食料品と来年のカレンダーを買った。
帰る途中にあるニトリで冬用のずれないシーツを購入、今年夏用の冷感シーツをニトリで購入したが、そのシーツが裏地にイボイボが付いていてずれなかったので、同じタイプの冬用を買った。
今日もガソリンを入れたが、最近のガソリンの高騰はニュースになっている。
全国平均ぐらいの価格で入れられるのならまだしも、長野県は全国平均より10円近く高い。
今日のスタンドの表示価格は178円だった。
特別割引でいつもは表示価格の5円引きになるが、今日はなぜか169円で入れられた。
それでも全国平均より高い・・・。
買物から戻った後、午前中植えたタマネギの苗に水やりをした。
ナスとピーマンの葉が、霜ですっかりやられてしまったので、全部引き抜いて片付けた。
畑に残っているのは、ネギ、キャベツとハクサイだけとなった。
ナスとピーマン
2021年10月29日 (金) | Edit |
今日も朝のうちは霧雲で陽射しがなかったが、8時半ごろから陽が射してきた。
デッキの手すりが白くなるほどの霜が降りていた。
庭の樹木の紅葉がすすみ、畑のナスやピーマンの葉も枯れてきた。
今日は9時過ぎから畑でタマネギの苗を植える作業を始めた。
まずは苗を植える畝づくりだ。
最初にミニ耕運機で耕した。
まだ、一昨日に降った雨の影響で土は乾き切っていないが、少し湿りがちのほうが苗を植えやすい。
耕した後、鶏糞と化成肥料を撒いて土をかぶせ、平らにした後黒マルチを掛けた。
一つ目の畝に残っていた黒マルチを掛けたらピッタリの長さで使い終わった。
二つ目の畝を新しく買ってきた黒マルチを掛けたところで、最初のマルチとの違いに気が付いた。
最初の黒マルチは、タマネギ用のものではなかった。
これでは苗の間隔が広すぎて植える本数が少なくなってしまう。
最初の畝の黒マルチをタマネギ専用のものでやり直した。
全部で3畝作った。
これでだいたい450本の苗が植えられる。
種から育てた苗を植え換えるために苗床から抜いた。
スジ蒔きした種は間引きもせずそのまま育てたが、ほとんど同じぐらいの太さでびっしり成長していた。
赤タマネギの苗と合わせると700本以上が採れた。
玉ねぎの苗 玉ねぎの苗 赤タマネギの苗
これでは苗が大量に余ってしまうので、急遽隣の畑にもう一畝作った。
畝を作るだけでお昼までかかってしまった。
玉ねぎの畝
午後からは用事があるので、苗の植え付けは明日にすることにした。
キャベツやハクサイが丸くなってきた。
あと半月もしたら収穫できるだろう。
キャベツ
午後2時から診療が始まる接骨院に行った。
接骨院の前の田んぼで、トラクターが稲わらのロールを作っていた。
出来たロールはよく見るが実際に目の前で作っているところは初めて見た。
藁ロール 藁ロールのトラクター
接骨院では、すぐに施術してもらったので、二人が終わったら3時前だった。
長女も今日まで休みで家にいたので、お茶をご馳走になったあと、佐久に用事のある長女を送って行った。
帰りは佐久を5時に出たが、途中で夜になった。
日が暮れるのが早くなったことを実感した。
今日はセブンイレブンで初めて長野美術館の東山魁夷唐招提寺御影堂障壁画展の前売りチケットを購入した。
昔はプレイガイドまで出向いて買うようなチケットが、ネットで注文して近くのコンビニで簡単に買えるようになった。
長女に手助けしてもらう羽目になったが・・・。
2021年10月28日 (木) | Edit |
今日中にデッキに置いてあるテーブルやベンチ、花台などの塗装を終わらせたかったので、9時過ぎから作業を始めた。
玄関ドアの塗装もしたいので、まずは塗料が周りに落ちないよう養生をした。
朝のうち雲がかかって陽射しがなかったが、作業を始めるころには陽射しも出てきた。
駐車場にブルーシートを敷いてそのうえで塗装をした。
テーブルやベンチより小さい花台のほうが細かい作業が多く手間がかかった。
塗装中
最後のテーブルを塗りかけて、玄関ドアを先に塗ることにした。
午後になると玄関に日が当たるようになる。
眩しいと細かいところがよく見えにくくなるので、日陰のうちに塗ることにした。
白内障のせいかもしれないが、逆光になると急に見にくくなる・・・。
玄関は今まで別の色で塗っていたが、今回はデッキと同じ色にした。
前の色の塗料も残っているが、濃い色のほうが色褪せてきたときに目立たない気がする。
塗る前の洗浄したドアはかなり色むらも出ているのが分かる。
特にドアは西日が当たるところなので、2,3年で褪色する。
今日も塗っていてドアの下半分が紫外線で表面が傷んでザラザラになっていた。
キシラデコールの吸い込み方がすごかった。
デッキはもう修理するつもりはないが、玄関ドアの塗装はやり続けなければならないだろう・・・。
塗装前の玄関ドア 塗装し終わった玄関ドア
玄関を塗り終えたらもうお昼だった。
午後から残っていたテーブルを塗装し、デッキの前のジンチョウゲを剪定し片付けた。
ジンチョウゲは家ができてすぐに植えたものなので、18年になるが、あとから植えた他の木の日陰になって半分ほど枯れていた。
塗ったテーブル、ベンチなどをデッキに戻した。
デッキ
2時半にリハビリウォーキングに出かけた。
今日は長女の家の和室の居間に、防寒用の二重サッシが取り付けられた、というので、それを見るためウォーキングのコースは長女の家までの往復になった。
和室なので、今まであった障子を外して、障子風のサンが入った二重ガラス窓だった。
特に南側は鴨居をはさんで2段になっていた障子窓をはずして一体型のものにした特注品だという。
かなりお金もかかったことだろう。
家全体が大きくて広い空間が広がり、気密性は二の次の昔からの構造の建物だから過大な期待はできないが、せめてこの居間だけでも少しは寒さがしのげるといい。
二重ガラス窓
お茶をご馳走になった後、また家まで歩いて帰った。
西の空に大きな雲が広がって陽射しを遮っていた。
往きはポカポカ陽気だったが、帰りは少し風が冷たく感じた。
リハビリウォーキング往き リハビリウォーキング帰り