FC2ブログ
2022年11月21日 (月) | Edit |
朝7時に起きて外を見ると、昨日の雨はすでに上がっていたが、まだ青空は出てなかった。
気温は6℃と平年の11月と比較するとかなり暖かい。
一昨日のインフルエンザの予防接種の副反応は何もないと思っていたが、左肩を回すと少し痛い。
朝のうちは曇っていたが、次第に晴れて青空が出てきた。
明るくなったので、バアにリビングの窓際で髪を切ってもらった。
少し頭が軽くなった感じがする。
落ちた髪の毛を掃除したあと家の中全体も掃除をした。
太陽光の発電モニターが、累計で86,000kwの発電量になったことを表示していた。
太陽光
お昼にはまだ1時間近くあったので、リハビリウォーキングに出かけた。
この時期としては異常に暖かく、歩き始めて間もなく背中が汗ばんだ。
昨日の雨が標高の高い浅間山では雪になったらしく、雲の間から時折白くなった浅間山が見えた。
夕方になってやっと雲がとれて浅間山の冠雪が見えたが、もう西日が傾いて暗くなりかけていた。
リハビリウォーキング 浅間山① 浅間山②
歩いている途中でお腹がすいて力が出なくなった。
途中でコースをショートカットして家に戻ったが、7,000歩台になっていて目標はクリアできていた。
午後庭の生ごみを投棄している穴がいっぱいになったので、その近くに穴を掘った。
夏場は、投棄している生ごみがすぐ分解されるが、最近は気温が低下して生ごみを分解するミミズや他の虫の活性が落ちるのか、生ごみが分解されずに蓋の近くまで迫っていた。
今年の冬を乗り切るため少し大きめ、深めの穴を掘った。
掘った穴の周りに動物がほじったり、虫が出入りしたりしないよう除草シートを敷いた後、自家製の蓋をして、周りを石で固めた。
こうしないと夜中に動物が来て掘り出してしまうことがある。
こういう穴は、2年の1か所のペースで場所を替えて作っている。
ごみ穴 生ごみ
夜にジイ小屋で、次の50号の絵を描くために準備をした。
50号の紙に16等分する線を入れた。
この線を目印に、A4 サイズの写真を16等分した風景を転写していく。
今日は線を入れただけでデッサンはしなかった。
その代わり、先月の佐久平水彩画研究会の時に指導してもらった大王わさび農場の絵の修正をした。
水車の形を修正したり、水車小屋の屋根や壁の色を修正した。
かなりの部分を修正したが、第三者から見たら余り変化はないかもしれない。
この絵を今度の年賀状に使うか迷っている。
50号の画用紙 大王わさび農場
2022年11月17日 (木) | Edit |
今朝は曇り空、霧も出ていた。
9時過ぎに市内の業者の若い人が、床下のエアコンの設置状況を見にきた。
今年3月にエコキュートの設置をしてくれた人だ。
若い仲間と電気工事、水道、給湯関連の工事をしている。
主に下請け仕事をしているようだ。
本来ならエアコンを最初に設置してもらったホクシンハウスに頼むところだが、このエコキュートの工事をめぐって、ホクシンの社風が変わってしまったように感じたので、エアコンはホクシンハウスを介せず、孫請けしたこの会社に直接頼むことにした。
エアコンの設置工事は12月になってからのようだ。
コロナ以降半導体不足などの影響で電化製品がなかなか手に入りにくくなっている。
今使っているエアコンもまだ十分暖房能力があるが、15年目なので故障でもしたら、部品がないと言われれば修理もできない。
実際に、最初に家を作った時に2階に取り付けたエアコンは12年目ごろに故障して、部品がなくて修理できなくなった。
そうなってからでは、これから寒くなる冬をここで暮らすのは難しくなる。
現場を見終わった後、長女の家に一緒に行って、石油給湯器の交換の見積もりを出してもらうように頼んだ。
こちらの給湯機も同じように品不足なので、早めに手を打っておかないとお風呂や台所のお湯が使えなくなったら大変なことになる。
12時過ぎに、鷹野リンゴ園に行って、贈答用のリンゴを注文をした後、自家用のリンゴも買ってきた。
お昼を食べた後、1時過ぎからリハビリウォーキングに出かけた。
今日は青空が出ていないので、気温も上がっていないのかと、防寒して出かけたが、思ったほど冷えていなくて歩きやすかった。
ほぼフルコースを1時間かけて歩いた。
今日も大豆の収穫の収穫をしていたが、見える範囲ではほとんど刈り終わっていた。
リハビリウォーキング
家に戻った後、自家用リンゴを一箱持って長女の家に届けに行った。
長女が早速リンゴを剥いてくれて食べたが、おいしかった。
自家用でも今年のリンゴは粒ぞろいだ。
今日の夕焼け、陽が沈む場所がだいぶ南のほうに移動していた。
夕焼け
昨日、長野県ではコロナ感染者の数が、過去最大の3,821人となった。
北海道も1万人越で過去最高とか・・。
寒い地域の感染が増えている。
やはり今のコロナは、飛沫感染が主で、マスクや換気が大事だということが分かる。
今日も3,108人となっている。
市町村別の人数が公表されなくなったので、保健所管内別の人数だけでは、身近にどれだけ増えているのかが実感できない。
今日のニュースで東御市の市議17人が先週東京に会派合同で視察に行き、11人が集団感染したと報道された。
バスを利用したり会食したりしたことが感染の原因のようだ。
今日予定されていた臨時市議会が定足数に達せず開会できなかった。
こういうニュースがあると身近に迫ってきていることが実感できる。
2022年10月13日 (木) | Edit |
朝食の準備をした後、上八重原公民館にプラごみを出しに行った。
昨日の夜組長会議の時に持って行こうと思っていたのに忘れていた。
ごみ出しは朝7時半まで出さなければならない。
ジイの生活パターンでは、7時半のごみ出しは早過ぎるので、昨夜のうちにフライングで出すつもりだった。
7時半を過ぎていたが、プラごみはカラス除けにネットを掛けてその中に入れるようになっているが、出す量が多過ぎてすでにネットからはみ出していた。
午前中、ブルーベリージャムを作った。
収穫後冷凍してあったブルーベリーを使った。
昨夜バアが作ったイチジクジャムと合わせて、冷凍庫に入れた。
ブルーベリージャム イチジクとブルーベリーのジャム
ジャムづくりの後、畑にあるごみ焼き場で、剪定枝や段ボールなどを燃やした。
もう雑草は伸びない季節になっていると思っていたのに、まだかなり雑草が生繁っていたので、刈払機で刈ることにした。
火燃しだけで終わるつもりが、草刈りまでしていたら、12時を過ぎていた。
お昼を食べて、一休みをした後畑に行って、葉物野菜を栽培するために使った黒マルチを撤去した。
収穫が終わった後もマルチをしておけばそこだけは草が生えない、と思ってマルチを残したのが大失敗だった。
雑草は黒マルチの上まで生い茂って、かえって黒マルチを外すのに邪魔になるほどになっていた。
来年からは、収穫が終わったらすぐ黒マルチを外したほうがいい。
午前中刈り払い機で刈り取った雑草をまとめた。
あとで乾いたら燃やそう。
畑
3時過ぎから、リハビリウォーキングに出かけた。
歩いている途中で、郵便局の宅配の車とすれ違った。
行先を見ていたら我が家のほうに向かっていた。
注文したコーヒー豆が届くことになっていたので、その配達だったようだ。
戻ってくる郵便車を待って確認したら宅配ボックスに入れておいたとのこと、これで再配達の電話をしなくて済んだ。
車が来るまでウォーキングの途中でコースを変えて待っていたので、その後はいつもと逆のコースで歩いた。
坂のアップダウンが逆なので少し上りがきつく感じた。
リハビリウォーキング
家に戻って宅配ボックスを確認すると、コーヒー豆のほかに四国のマイスターからの贈り物も一緒に届いていた。ニホンミツバチの自家製蜂蜜とスダチ、ギンナン、緑のレモンが入っていた。
毎年送ってもらっているのでうれしい。
夜、久し振りに元気そうな声を聞いた。
マイスターの贈り物
2022年09月20日 (火) | Edit |
昨夜は10時ごろから風の音がするようになり、時折雨が屋根を打つ音が聞こえるようになったが、まだ大きな台風が近づいているにしては、静かなほうだった。今朝は7時に起床、台風はまだ東北の辺りを横断しているようだった。デッキが雨でびっしょりと濡れていたので風雨が強かったのかもしれないが、就寝中はその音で目を覚ますことはなかった。目を凝らすと雨が降っているようにも見える静かな雨だったが、起きてから10時頃まで断続的に風雨が強くなってきた。そのあとは11時ごろから雨が止んだ。空はまだ厚い雲に覆われていたが・・・。午後2時半に1週間ぶりに接骨院に行った。先客があったので、しばらく待った。午前中の来ている受診者が、午後一番で来ているようだった。施術を終えた後、夜勤明けで家に戻っていた長女にコーヒーをご馳走してもらって、しばらくおしゃべりをしてから帰宅した。家に戻って一息入れた後、4時半からリハビリウォーキングに出かけた。もう雨の心配が要らないほど空に雨雲はなかった。ただひんやりした風が吹いていたので、長袖のポロシャツの上からウィンドブレーカーを羽織って歩いた。それでも少し肌寒い感じがした。50分ほど歩いて、目標の6,000歩は越えていた。今度の台風で田んぼの稲が心配だったが、稲が倒れているところも見受けられた。九州では田んぼが浸水している光景がニュースで報じられていたが、台地になっている八重原では水に浸かる心配はない。素人目だが、多少稲が倒れていてもコンバインでやる稲刈りにはあまり影響がないようだ。風もそれほど強くなかったので、リンゴなどの果実も落果は少なかったようだ。5時半過ぎ、日没前の夕陽で空が赤く染まっていた。
2022年07月07日 (木) | Edit |
今朝は7時に起き、朝食の準備を済ませてから、上八重原公民館までプラスチック類を出しに車で行った。
昨日は家の近くのごみステーションに金属類を出しに車で行った。
壊れた扇風機など重いものがあったので歩いて持って行くのはしんどかった。
だいたい月初めは、特殊なごみ出しが集中しているので、気を付けないと翌月まで出せなくなってしまう。
まだ車で出しに行ける元気が残っている間はいいが、高齢化が進んで車も乗れなくなったらどうするか、いまのところそうなったら長女夫婦に頼るしかない・・・。
自動ロボットかドローンが運んでくれるようになるのを期待しよう。
今日は東御美術会の例会で、8時半に中央公園の駐車場に集合することになっていた。
プラごみ出しなどで時間を取られ、家を出るのが少し遅くなった。
おまけに道路も混んでいて8時半に間に合いそうもなかったので途中で2,3分遅れると電話を入れた。
駐車場に着くと他の6人全員が首を長くして待っていてくれた。
行先は小諸懐古園の近くにある小山敬三美術館の近くと決めたようだ。
ジイの車を先導に2台で向かった。
地元の人だけが知っている無料の駐車場に車を停めて、かつて「寅さん記念館」のあった場所に咲いているアジサイを描くことになった。
あとから上田支部の正副支部長もやってきた。
ジイはアジサイではなく、小山敬三美術館の敷地に行ってそこから千曲川や赤い橋が見える景色をスケッチすることにした。
描き始めたころは、木陰で風もあって涼しかったが、次第に日が当たるようになり、暑くなった。
9時半から11時半まで2時間かけて1枚のスケッチを完成させた。
千曲川の景色 スケッチ①
まだ時間があったので、2枚目は美術館の建物を描いた。
陽が当たらない木陰を選んで描いていたら、やぶ蚊に何か所も刺されてしまった。
これからの時期外で写生するときは虫よけスプレーが必携だ。
お昼をはさんで1時半に描き終えた。
小山敬三美術館 スケッチ②
今日は今年から入会した二人も同じ千曲川の風景画を描いていた。
二人とも丁寧に描いていて、午後2時までデッサンを描き続けていた。
どのように彩色してくるか次の例会で見てみたいものだ。
新しい会員たち
2時半前に中央公園に戻ってきて、即解散となったので、3時前に家に戻った。
一休みしてから、支部長の家に、今年採れたタマネギを届けに行った。
以前家庭菜園をやっていると聞いていたので、タマネギなど届けたら失礼かと思っていたが、先日の日本水彩展の絵が戻ってきて支部長の家に届けるとき聞いたら、もう家庭菜園はやっていないとのことだったので、それでは近いうち届ける、と約束していた。
タマネギ健康法を長年実践している話を聞いていたので、最近のタマネギの価格高騰に難儀をしているかもしれなかった。
家に戻ってしばらくすると、陽射しが弱くなり、外気温も25℃近くまで下がってきて過ごしやすくなってきたので、リハビリウォーキングに出かけることにした。
南の空は青空だが、西の空には怪しい雲が張り出してきていて、それが陽射しを遮っていた。
念のため折り畳み傘を持って歩いた。
あまり家から遠く離れないよう、県道まで上がらない範囲で歩いた。
途中家の近くまで戻って来たところでポツポツと雨が落ちてきたが傘をさすほどでもなかった。
0からスタートしたバアの歩数計は5,700歩台だった。
今日中には家の中だけでも6,000歩には達するだろう。
家に戻ってくると、ヤマちゃん家の前のユウスゲがたくさん咲いていた。
リハビリウォーキング ユウスゲ
雨は降りそうで夜になっても降ってこなかった。
今日は母の命日、34年前65歳の若さで亡くなった。
7年前兄は70才で亡くなった。
母の死んだ年齢より10年、兄の年齢より5年近く長生きしたことになる。
それだけ長く生きた分、生きるに値する人生を送って来たか自問するが、答えは出ない・・・。