FC2ブログ
2022年05月02日 (月) | Edit |
いよいよみちのく釣行最終日。
帰りの車の運転のことを考えると朝釣りのために早起きしていたら、居眠り運転しかねない。
6時半に起床し支度をしていると、隣室のシェフナベさんの部屋から物音が。
4時に目が覚めて近くのT川に行って、川虫を取り釣ってきたとのこと。
T川に合流しているK川も含め5尾を釣ってきたとのこと。
シェフナベさんはまだまだ若く、気力充実だ。
朝食の後、宿代を清算し8時半に荷物を車に積み込んで、最後の釣行に出かけた。
ジイは一人で、昨日のA沢に行くことにした。
シェフナベさんたちはO川へ。
9時前から12時まで、昨日釣り始めたところからもう一度スタートした。
さすがに昨日釣ったポイントには当たりはなかった。
昨日当たりがありながら吊り上げられなかった大場所で30分粘って、1尾を上げた。
大物を期待したが意外と中サイズでガッカリ。
その先の初めての上流のポイントでもほぼ狙い通り、全部で8尾をゲットした。
迎えに来てもらう場所に12時前に戻った。
腹を裂いた後、まだ時間があったので、橋の下流で釣っていたら2尾釣れたがそれはリリースした。
仕掛けが根掛かりしたところで納竿し、迎えの車を待った。
待っている間に、川端に咲いているカタクリの花を撮った。
カタクリ
12時半過ぎにシェフナベさんと合流し、釣り支度、釣り道具を片付け車に積み込んで帰路に就いた。
盛岡までの道の途中にある道の駅雫石あねっこの温泉で汗を流した。
アルカリ性単純泉で身体がつるつるした感じになる温泉だ。
ここで少し遅い昼食を取り3時に出発。
盛岡インターから来た道をシェフナベさんと運転を交替しながら、9時過ぎに無事上尾に着いた。
高速はかなり車の量は多かったが、渋滞はほとんどなかったので往きと変わらない時間で戻ってくることができた。
荷物を積みかえて、シェフナベさんの奥さんに挨拶だけして、自宅に向かった。
今度の釣行のため、運転補助機能が付いた長女の車を借りてきていた。
高速道路を走るのもすごく楽になる機能が付いている。
帰りの道路も往きよりかなり混んでいたが11時30分過ぎには無事帰宅することができた。
2022年05月01日 (日) | Edit |
今日も朝食前の朝釣りに。
昨日までの2日間で転んで膝や脛を傷めたり、左足の踵の痛みがぶり返したりで、歩くのに不安があったので、朝釣りを休もうかとも思ったが、気を取り直して出かけることにした。
今まで行ったことがないA沢に行くことにした。
宿から20分ほどのところだ。
残念ながら午後からの雨の予報が外れて、朝から雨が降っていた。
ここでは一投目からヤマメがかかった。
リリースサイズに近かったが、昨日のこともあるのでリリースせずゲットした。
その後は順調に狙ったポイントで釣果を上げることができた。
集合時間の7時50分があっという間に来た感じだ。
宿に戻って朝食をとった後、10時にH川に向かった。
師匠がいれば道案内も釣り場も全部お任せだったが、今回はかつての記憶を頼りに自分たちだけで探したが、道を迷ったり、思っていた場所にたどり着けなかったりと、苦労した挙句釣った場所では釣果がなく、諦めて午後から朝釣りに行ったA沢の下流で別れて釣った。
ジイはここで朝釣りの分を含めて10尾の二桁になった。
4時半で納竿して宿に戻った。
一時雨が止んだように思えた時もあったが、ほとんど釣っている間雨が降っていた。
ただ初日より気温が高かったので、寒くて震えるようなことはなかった。
夕食はいつもの豪勢な料理のほかキリタンポ鍋が出た。
宿の人も3泊というとメニューを変えるのも一苦労だったに違いない。
昨日までは我々のグループだけに貸し切りだったが、今夜は別のグループ一組がいた。
9時過ぎに就寝。
明日は朝釣りをしないので、7時に朝食をたのんだ。
夕食① 夕食②
2022年04月30日 (土) | Edit |
昨日夜まで降った雨は朝には止んでいたが、まだ曇天で気温は低い。
4時半に起きて5時に宿を出て朝食前の朝釣りに。
宿から数分のT川に行った。
去年、師匠とシェフナベさんが釣ってかなりの釣果を上げたところと聞いていたので、期待大だった。
ただその時と比べ今日はかなり水量が多いとのこと。
水量が少なければ中洲になっているところまで行って、流れに立って竿を出した。
当たりがあるがなかなか合わせられない。
やっと釣れたがリリースサイズのヤマメ、それが二度続いた後はさっぱり当たりもなくなった。
8時まで頑張ったが釣果なしで宿に戻った。
釣っている途中で朝霧が立ち上って、絵に描きたくなるような景色になった。
近くのガソリンスタンドの気温表示が2℃になっていた。
この寒さで魚の活性が悪かったのだということにした。
朝釣りのT川
宿の朝食もいろいろおかずがあってボリューム満点。
午前9時半に再びO川に。
以前によく釣れた場所に行くが、反応なし。
護岸が修復されて以前とは違う渓相になり、ポイントも変わっていた。
午後は、上流に移動し4時半まで健闘するも釣果はイワナ2尾、それなりのサイズだったが、みちのく釣行で最初の2日間で3尾の釣果は最低の記録で、やはり気象条件や川の状況に原因があるのではなく、わが身の集中力、技術力の老化による低下が原因と言わざるを得ない。
河原に咲いていたヒトリシズカに慰められた。
O川上流 ヒトリシズカ
2022年04月29日 (金) | Edit |
みちのく釣行に出かけるため、昨夜は午後7時半に就寝。
早く寝付けるようコップ半分のお酒を飲んだが、それで心臓がドキドキしてすぐには寝付けなかった。
午前1時半に起床、身支度をして午前2時に家を出た。
ゴールデンウィーク初日で車が混雑するのが心配で早く出たが、上信越道、関越道も上り線はガラガラでシェフナベさんの家には、予定通り4時に到着した。
用意していただいていた夜明けのコーヒーをいただいてから出発。
圏央道の桶川加納インターから高速に入り、久喜ジャンクションから東北自動車道に。
以前は久喜インターまで一般道を走るのに30分近くかかっていたが、圏央道のおかげで10分で東北道に入ることができるようになった。
シェフナベさんと二人で運転を交替しながら、途中サービスエリアで2回休憩をとり盛岡インターまで行った。
まだ渋滞になるほどの混雑はなく、予定通り11時には盛岡インターから一般道に出ることができた。
いつもならその前に最寄りのサービスエリアで岩手の師匠と待ち合わせるが、今回は師匠が参加できなくなった。
ここ数年、盛岡インターから東に向かっていたが、今回は西の秋田県に向かった。
最初の現地O川には、12時過ぎに到着した。
ジイにとっては10年ぶりぐらいか。
はっきり覚えていないが、久し振りであることは確かだが、大釣りをした場所はすっかり渓相が変わっていた。
一部河川工事も進行中だった。
O川
身支度をし、お昼を食べてから早速釣り始めるが、思うような当たりがなかった。
しばらくすると雨が降ってきた。
天気予報では夕方から雨だったはずだが、雨が早まったようで、カッパを着てなかったので、だいぶ濡れてしまった。
上流に移動してまた釣ったが、釣果はヤマメ1尾に終わった。
今日は初日で今季初のつりでもあり、エンジンがかからなかったと自分を慰めて納竿した。
5時前に予約していた宿に投宿。
部屋は6畳の和室に一人ずつ個室だった。
宿
濡れたウェーダーや釣り用ベストなどはボイラー室で干すことができた。
体が冷え切っていたので、取るものもとりあえずお風呂に入ったが、広めの木の浴槽で足を入れた途端、熱くて飛び上がった。
水道の蛇口の給水栓がついていないので水が出せない。
裸になっていたので、急いで服をまた着て宿の人を呼びに行った。
宿の人は女性なので浴場にまで入ってこず給水栓だけ受け取って自分で水道を出して薄めることになった。
10分ほど水を出しっぱなしにしてようやく入れる温度になった。
それでも43℃ぐらいの熱さ、お風呂を出たらからだ中真っ赤になっていた。
冷え切った体が芯から温まった。
夕食は、民宿とは思えない豪勢な食事だった。
山菜の天ぷら、馬肉、だご鍋(うるち米をこねたダンゴにマイタケや鶏肉でだしを取った野菜たっぷりの鍋)など食べ切れないほどの量だった。
夕食① 夕食②
7時半に夕食を終えて、各人個室に。
一人部屋なので話す相手もなく、いつの間にか爆睡となった。
2022年04月24日 (日) | Edit |
朝から曇天、予報では午後から雨となっていたので、午前中に用事をこなす。
まず9時半に丸子のベルプラザに買物に行った。
最初にデーツーで猫ご飯、カリカリとレトルトの2種類を買う。
価格の安いデーツーブランドのものがなく、少し贅沢な値段のものを買った。
次はマツキヨ、続いてツルヤで人間のものを買った。
ツルヤでは、家にたまっていたペットボトルと食品トレイを回収ボックスに出した。
1時間ほどの買物で、家には11時に戻ったので、そのあと折り畳み傘持参でリハビリウォーキングに出かけた。
先日姫路城で傘を持たずに濡れた失敗があったばかりなので、今日は怠りなく持参して歩いた。
12時に戻ってくるように少しコースをショートカットとして歩いた。
歩いている人は見かけなかったが、田んぼや畑で働いている人を何人も見た。
リハビリとはいえ働かずにのんびり散歩している自分たちに少し後ろめたさを感じる。
ちょうど1時間歩いて家に戻った。
リハビリウォーキング
午後2時過ぎから予報どおり雨が降ってきた。
ナスやキュウリなど夏野菜の苗がホームセンターに並ぶようになっているので、そろそろ準備をしなければと思うのだが、畑の土が乾き切らないうちにまた雨が降ってしまうので、畑を耕すタイミングにならない・・・。
夕方から、来週末から出かけるみちのく釣行の釣り道具の準備をし、仕掛けづくりを始めた。
今シーズン初めての仕掛けづくりだったせいもあるが、釣り糸巻きの道具の使い方を忘れてしまって、なかなかうまく仕掛けが作れない。
最初の1個を作るのに30分もかかってしまった。
夕食をはさんで9時過ぎから20個の仕掛けを作り終えたら12時近くになった。
仕掛けが作れなくなったら引退と思っていたが、そろそろその日が近くなってきたようだ・・・。
こんな状態だと、現地でも足手まといになってしまう・・・。