FC2ブログ
2021年08月12日 (木) | Edit |
朝6時に起きて白馬村に向かった。
久し振りに釣り仲間と一緒に渓流釣りだ。
6時半に家を出て、上田菅平インターから高速で長野インターまで行き、そこからはオリンピック道路で白馬に向かった。
先月の大雨で国道19号が一時通行止めになり、その後片側交互通行に変わったがその影響で渋滞になっているとのことだったが、先月通行止めにときに白馬村に行ったときは30分以上う回路を走らないといけなかったのに比べると、今日は待ち時間10分ほどで片側交互通行を通過することができた。
8時過ぎに待ち合わせ場所に到着すると、四国から長野の七二会に来ているマイスターが早くも釣りを始めていた。
土手の上から久し振りの再会のあいさつしたあと、集合の場所と時間を確認し、近くのコンビニまで釣り券を買いに行った。
渓流釣りは場所にもよるが、同じ場所で一緒に釣ることは余りない。
それぞれエリアを決めて釣るようにしている。
ジイは先月釣り始めたところから始めた。
先月は散々な結果に終わったが、今回はソコソコ当たりもあってヤマメが釣れたが全体として小柄のリリースサイズばかりだった。
集合時間の12時までにはまだ間があったが、電話で連絡すると、もう一人のシェフナベさんと合流して下流のほうにいるというので、そちらに移動した。
お昼はマイスターが3人分の昼食を用意してきてくれていたのでご馳走になった。
昼食後は別の渓に移動した。
そこでも同じような状況で、釣れてもほとんどリリースした。
なにも当たりがないよりはましだが・・・。
午後2時に再合流したあとは、H川本流を攻めてみたい、というシェフナベさんの要望で本流を目指した。
ジイは、3月にバアたちと白馬に泊まりに来た時に歩いた渓流沿いの道を車で行って、吊り橋の近くから入渓した。
3月に吊り橋の上から眺めた時は、ポイントとなる場所があるように見えたが、実際に下に降りてみると、水量も多く流れが早くていいポイントが見つからず、ここでは小さなヤマメ1尾が釣れただけだった。
釣っている途中、ラフティングボートが来たので驚いた。
しばらくしたら、子供たちの声がしてきてさらにボート4艘が通り抜けた。
数年前から上流でラフティングが行われているのは知っていたが、こんな下流まで来ているとは思わなかった。
すっかり戦意を喪失して合流場所に20分早く戻って、車の中で休んだ。
4時過ぎに合流して、最後にラフティングの出発点近くのところで竿を出してみることになった。
ジイは納竿して橋の上から眺めているつもりだったが、思いのほか渓相がよくて魚がいそうな気がしたので、急いで脱いでいたウェーダーをもう一度履きなおして釣りだした。
一投目でこの日最初のイワナが釣れた。
車にビクを置いたままだったので車までビクを取りに戻った。
そのあとマイスターが見ている前で型のいいイワナを釣り上げたが、取り込む寸前でばらしてしまった。
針も残っていたので食いが甘かったようだ。ここで納竿となった。
釣り上げられなかったが、手応えだけは残ったので満足した。
納竿したあとは七二会のマイスターの古民家へ行った。
夕食はサフォーク肉のジンギスカンなど美味しい料理に舌鼓を打ち、ビールやワインなどを飲みながら、大いに盛り上がった。
コロナ第5波が猛威を振るう中、全員ワクチン接種済みの高齢者ということもあって、気が緩み少し飲み過ぎたのか、途中から一緒に会話の輪に入り続けられなくなって、1人横になっていた。
2021年07月08日 (木) | Edit |
朝5時半に起き、6時ごろ家を出て白馬村に渓流釣りに出かけた。
出るころからポツポツと雨が降りだしていた。
今年になってまだ2回目の釣行だ。4月のみちのく釣行以来となる。
ルンルン気分で出かけたが、長野インターを出て国道19号になって間もなくトンネルの手前で通行止めで迂回させられた。
他のルートと言っても簡単に思い浮かばない。
ナビで調べると近くに国道406号線の表示があった。
このルートなら一度鬼無里経由で白馬村まで行ったことがある。
その道を走りだすと、どんどん山の中に入り込み、道は狭くアップダウン、つづら折れの道が続いた。
対向車とすれ違えない狭い箇所もあるが、通勤時間帯になってきて対向車が増えてすんなりすれ違うのができない。
おそらく長野市内に向かう車だろう。
途中で三つ又に分かれるところがあり、その一つに七二会と出ていたので、そのルートを選んだ。
七二会まで出られれば土地勘がある。
不安になりながら走っているとようやく見覚えの景色が出てきた。
小学校や支所の建物を通り過ぎて、ようやく高い山道から国道のある下まで降りてくることができた。
そこからは通いなれた道となり無事白馬村に着いた。
時間を見たら到着予定時間を1時間近く過ぎていた。
コンビニで朝昼食を買い、朝食を車の中で食べた後、釣り支度を整えて早速最初の釣り場に入った。
雨が降っているが川の水は濁っていなかった。
まず今年買った川虫取りの網を使って川虫を取ったが、何度かやってもクロカワムシしか取れない。
諦めて持っていたミミズを使うことにした。
釣り始めた一投目にヤマメがかかった。
幸先いいスタートで気をよくして釣り上がったが、その後はパタリと当たりが止まった。
1時間半丹念のポイント探って釣ったがほとんど当たりがなくギブアップ。
次に向かったところでは、やはり最初に大型のヤマメをばらしてからは全く当たりがなくなった。
この渓は、リリースサイズのヤマメならいつでも釣れるようなところだったが、今年はまるで反応がなかった。
ここも諦めお昼を食べて気を取り直し、大きな堰堤のあるところに行った。
気温と水温の差があるのか川面から湯気のような霧が上がっていた。
水はガンガンに流れていてほとんどポイントがなかった。
頭から合羽を被っているせいか、堰堤から落ちる水の音が大きく響いて、大きな石でも落ちてきたのか思うようなときもあった。ここも早々に断念した。
堰堤
最後に隣の小谷村に向かった。ここでは川の水が濁っていて釣りにならなかった。
車を停めたところが広場風になっていて、記念碑が建っていた。
1999年9月9日と刻まれていた。
2014年の神城断層地震による被害は知っているがその前にも大きな災害を受けていたのだろう。
復興記念碑のようだが、子供たちのために整備された遊具やあずまやは雑草に埋もれていた。
相次ぐ被災で手入れをする人も余裕もなくなってしまったのだろうか?
釣りが思うようにならなかったこともあって、何となく憂鬱な気分で納竿した。
記念碑
帰りも同じう回路を通って帰った。
家に戻って調べたら、一昨日国道19号の近くの産廃処理業者の裏山の土砂崩れが国道封鎖の原因だった。
道路まで土砂が流れてきたわけではないが、まだ土砂の滑りが続いているということで、通行止めにしているものだった。
国道の脇はダム湖になっていて両側は高い山に囲まれている。
う回路も一度山の上まで登って行かなければならないのがよくわかった。
国道19号線以外に幹線道路はないので、早く開通させないと周辺の市町村は大変だ。
菅政権が東京都を4度目の緊急事態宣言を決断した。
緊急事態宣言再発効ならオリンピックは中止のはずが、東京と隣接3県だけ無観客とするという。
そんなにしてまでオリンピックをやって、何を得ようとしているだろう?
2021年04月22日 (木) | Edit |
昨日は少々寝不足だったので、9時に寝た後朝5時前まで一度も目をさすことなく熟睡した。
朝食前の釣りはやめて、6時半に朝食を用意してもらって7時半に宿を出ることになっていた。
師匠とシェフナベさんは、朝食前に川虫を取りに行った。
6時に戻ってきてひと風呂浴びてきていた。
川虫取りのほか試し釣りもしてきたようで型のいいヤマメを釣ってきた。
静峰苑の朝食の主食は、揚げ物だった。
釣行の間の食事は、体力勝負なのでいつもより量もカロリーも多いものを採ってきたが、さすがに朝からの揚げ物は腹にこたえた。
朝食
予定通り7時半に宿を出発して、8時前から以前に大釣りした渓に入った。
思ったほど水量がなく、入れ食いだったポイントでは川虫、ミミズ、ブドウ虫と持っている餌をいろいろ試したが全然当たりがなかった。
かろうじて1尾だけ釣った。
10時に再集合したあと、盛岡に向かう途中で師匠が初めての渓に案内してくれた。
ジイは本流に合流している小さな渓があったので、そこで試しに竿を入れるとすぐにヤマメが釣れたので、さらに釣り上がるとポイントごとに立て続けに4尾釣れた。
他の人は本流で釣り始めているので、一度本流で釣っていたシェフナベさんのところまで戻って、ジイは支流を釣ること、12時までに車に戻ることを確認して、再度支流に向かった。
結局その後は30分ほど釣り上がって2尾をゲットし、最初の渓の1尾を加えて今日の釣果は7尾となり、3日間の合計は何とか20尾に達して面目を保つことができた。
師匠やシェフナベさんはジイの倍以上釣ったようだが・・・。
12時半で帰り支度を整え、途中道の駅区界高原でお昼を食べた後、盛岡に向かった。
盛岡市内の入浴施設でさっぱりしてから帰る予定だったが、施設に着くと定休日だった。
仕方がないので、午後3時半の予定だったが1時間早く駅前のオリックスレンタカーに車を返した。
師匠の車が前日、未舗装道路に山道を走っているときに石にあたりサスペンションのどこかが傷ついたらしく、走ると擦れる音がするようになった。
ディーラーと協議して、盛岡からレッカー車で一関のディーラーまで運んでもらうことになり、師匠は盛岡のオリックスレンタカーの車で一関に帰ることになったので、レンタカーを返した後も、我々が盛岡から新幹線に乗る前まで一緒に付き合ってくれた。
盛岡駅
3時50分発の新幹線の指定席が取れたので、それに乗って帰った。
シェフナベさんとは大宮で別れ、北陸新幹線に乗り換えて上田には7時6分に着いた。
上田駅の駐車場の止めていた車に乗って家に着いたのは7時40分だった。
盛岡から4時間弱で帰宅できたので、車で行くのと比べると半分以下の時間で戻って来られた。
家に戻って夕食を食べた後,
自分が釣った魚と師匠から分けてもらったほぼ同数の魚を処理したり、荷物を片付けたりしても、まだいつも寝ている時間よりも早い時間に眠ることができた。
2021年04月20日 (火) | Edit |
今日から3日間のみちのく釣行へ。
毎年この時期の釣行は車で行くが、今回は大人の休日倶楽部会員パスを使って、新幹線で盛岡まで行き、そこでレンタカーを借りて行くことにした。
今までになかったこの時期に会員パスが発行されるのはコロナの中、少しでも利用者を増やそうというJRの企図だろう。
去年の9月に同じように会員パスを使ってみちのく釣行に出かけた時は一関での待ち合わせだったので、しなの鉄道の田中駅一番電車を使って行ったが、今回は上田駅新幹線の一番電車に乗るため、上田駅近くの新幹線専用駐車場に車を停めて出かけた。
それなら一時間以上早く盛岡につくことができる。
実際に、今日は9時24分に盛岡に着いた。
駅前のオリックスレンタカーで車を借りて、葛巻町へ向かう。
今までにみちのく釣行では帰路のコースを、今回は往路になった。
あとで宿を手配してくれた師匠の話では、初日の宿が定休日だったので泊まる宿の順番が逆転した結果だった。
いつも走っていたはずだが、走った道路が初めてのように感じた。
途中の葛巻の道の駅に寄ったところでようやく同じ道とわかった。
最初に入った渓は、何度も釣っている場所なので、どこがポイントかよくわかっているつもりだった。
天気は良かったが風が強く、風の町葛巻にふさわしい?状態のうえ、今年初めての釣りで感覚が鈍っているのか、竿を振った瞬間に木の枝に仕掛けを引っ掛けてしまった。
立て続けに二度も木の枝にかけてしまい、気合が萎えてしまいそうだった。
お昼までにわずか1尾釣り上げただけだった。
近くのお蕎麦屋さんでお昼を食べたあと、午後は移動して別の渓の上流で釣ったが、相変わらず風に悩まされながらで、2尾を追加しただけだった。
カタクリの花が咲いていた。
釣果は上がらなかったが、可憐な花に心癒された。
カタクリ
6時に今日の宿平庭山荘に到着、温泉にゆっくり浸かった後7時から夕食となった。
温泉で温まった身体に、冷たい生ビールのおいしいこと・・・。
しかし、今回は生ビール一杯だけにコロナ自粛、短角牛のステーキに舌鼓を打った。
ステーキ
部屋に戻って8時半には爆睡が始まった。

2020年09月26日 (土) | Edit |
天気予報では昨夜深夜には雨が上がる、というので朝食前に釣りに行くことにしていた。
師匠とシェフナベさんは4時半には起きて朝風呂に行ったようだ。
5時から釣り支度をして、5時半に宿を出て、昨日の午後釣った川の入渓ポイントを変えて入渓した。
7時半まで2時間弱釣ってジイの釣果は大きめのヤマメ2尾と小さめの1尾を釣り上げた。
釣った数は10尾を越えたが3尾以外はみなリリースサイズだった。
ホテルに戻って8時から朝食をとり、9時過ぎにチェックアウトした。
午前中は、朝食前の川の上流で作ることにした。
大きい川だけに魚影は濃い。
ただ釣れるのはリリースサイズが多かった。
後ろに大きな木の枝が下がっていて、釣れた時の取り込みに苦労した。
結局釣れたうちお持ち帰りは1尾だけにとどまった。
釣り餌も底をついたので納竿することにした。
これで今年度の渓流釣りはジ・エンドだ。
また来年も渓流釣りができるようお互いに身体をケアしていこうと誓い合った。
帰りに大沢温泉の露天風呂で疲れをほぐし、途中の道の駅でお昼を食べた後、高速で一関に戻った。
大沢温泉 露天風呂からの眺め
今回の釣行は、想定していなかった台風で釣りにならないのではと気を揉んだが、予想以上に台風が東に逸れたので、ほとんど台風の、影響も受けず、3日間つりができ、有終の美を飾ることができた。
午後3時過ぎに一関に着いた後、3日間案内役と釣りに指導をしてくれた師匠と別れた。
農作業など忙しい合間を縫って釣行の段取りをしてくれた。
3時50分発の東北新幹線で大宮まで3人で一緒に来た後、大宮で2人と別れ、30分後に北陸新幹線で上田まで戻ってきた。
7時半には着いたが、次のしなの鉄道は30分後ということで、待合室で待った。
8時12分着で田中駅に着くと、雨が降っていた。
駐車場に行くまでに雨に濡れてしまった。
荷物が多いので傘をさすこともできなかった。
気が付いたら荷物もだいぶ濡れていた。
8時半に家に無事に戻った後、まずは釣ってきたイワナ・ヤマメをもう一度水洗いして塩水に30分浸けた。
岩手から保冷バッグに入れてきたが、一緒に入れたコンビニで買ったロックアイスはまだ半分融けずに残っていた。
明日食べる分は、塩をして冷蔵庫に入れ、残りはジップロックに入れて氷漬けにした。
明日は朝6時から道普請で草刈りをしなければならないので、12時前に就寝した。