FC2ブログ
2019年06月30日 (日) | Edit |
昨夜は0時過ぎから強い雨が屋根を打つようになった。
しばらく雨の音が気になってベッドの中で寝付けなかった。
7時に起きるとやはり夜中と同じように強い雨が降り続いていた。
今日は予報では全県的に24時間傘マークになっていたので、今日は日中外にも出られないと思った。
ところが9時過ぎから雨が弱くなってきたと思ったら、10時までに薄日も射すようになってきた。
外が明るくなったので家の中の掃除をした。
11時を過ぎると空の3分の2は青空になってきたので、バアとリハビリウォーキングに出かけた。
手術前にウォーキングして以来の久し振りのウォーキングだ。
軽く30分ほど歩くつもりが、40分近く歩いた。
バアも最近は長い時間、距離を歩いていないので、少し左足がまた固まりかけているようだ。
ちょっとした登坂でもスピードが落ちる。
ジイも歩き始めは股関節が油切れで少し痛くなった。
やはり歩くことは健康維持に欠かせないようだ。梅雨時で思うように歩けないが、ウォーキングはしてもいいという許可も出たので、これからは天候の様子を見ながらだがしっかり歩くことを心がけよう。
雨上がりの青空 リハビリウォーキング
ハンセン病患者の家族の損害賠償請求に対して、一昨日熊本地裁で国に対して賠償を命ずる判決を出したことに拍手したい。
最近は司法のろくでもない判決が続く中で、久々の胸のすく判決だった。
2019年06月28日 (金) | Edit |
昨夜は1時ごろお酒を飲んで寝たらすぐに寝付いた。
退院したときの注意事項に飲酒、喫煙をひかえると書かれていたが、もういいだろう。
朝6時前に目が覚めて、隣にバアが寝ていない。
バアは昨日は女子会の後、大宮のホテルに長女と泊ったのだと、眠りから覚めてくるにしたがって思い出した。
今日は、佐久医療センターに術後の最初の検診に行かなければならないので、もうひと眠りしないで起きることにした。
いつもの朝食のうち手間と時間がかかる生野菜のサラダは、昨夜のうちに用意して冷蔵庫に入れておいた。
コーヒーは、コーヒーメーカーで作らずブルックスのドリップコーヒーを淹れた。
目玉焼きは省略したが、あとはいつもの朝食のメニューの通りのものを食べた。
8時に家を出るつもりだったが、少し遅れて8時7分に家を出た。
朝起きた時には雨は止んでいたが、出かける時には雨が降っていた。
通勤ラッシュには引っかからず8時40分には医療センター着いた。
今日は最初に採血をし、その結果で診察することになっていた。
採血後1時間しないと結果が出ないと言われていたので、診察予約時間は9時半だったが、早めに病院に行った。
それでも採血の順番は50番だったから、8時ごろから来ている人がいるのだろう。受付番号も123番だった。
採血が終わった後、院内のコンビニで100円コーヒーを買ってロビーの椅子に座って時間を潰した。
10時前に待合室に行くとすぐに呼ばれて、執刀医の先生の診察を受けた。
血液検査の結果では、痛み止めで処方してもらって退院後も飲んでいた薬の影響で、肝臓の関係の数値が基準以上に高くなっていた。
特に体を動かしたりしない限り痛みは感じなくなっているので、痛みが出た時にだけ飲む頓服薬を処方してもらった。
この薬なら肝臓への負担もないそうだ。
手術の際に腹壁に張り付けたメッシュがどういうものか聞いてなかったので、あらためて聞いてみたら縦横15×10㎝台のメッシュを左右両側から、ビス状のもので腹壁に留めているとのこと、メッシュが腹壁と一体化するのに1か月程度、ビスは自然と融けてなくなるものとの説明を受けた。
まだ下腹部が腫れているのは水分が溜まっているせいで、自然とこれも時間の経過で腫れも引いていくという説明を受けた。
8月にもう一度検診して問題なければ無罪放免とのことだった。
お酒も解禁となった。これで大っぴらに寝酒を飲むことができる・・・。
「過激な運動」に刈り払い機や草取りは問題ないかと尋ねたら、全く問題なし、ジョギングもOKとのことだった。
これで手術前の日課だったバアとのリハビリウォーキングも問題なしということが分かった。
女子会から帰って来るバアの新幹線が佐久平駅に11時過ぎに到着するというので、10時前に病院を出て、佐久平駅の近くのイオンの中のスタバでコーヒーを飲みながら時間調整をしたあと、佐久平駅まで行ってバアと合流し、お昼前に帰宅した。
2019年06月20日 (木) | Edit |
昨夜は3日分のブログをアップして12時過ぎに就寝した。
比較的早めに寝付くこともできたようだが、さすがに朝は5時前に目が覚めてから寝付くことができなかった。
ベッドでじっとしていたがバアが7時前に起き出したので一緒に起きた。
今日は一日、家の中でリクライニングできる椅子で横になって安静にしていることが多かった。
昨日までは、起き上がったり歩き始めるときに腹筋を使うと痛みを感じていたが、次第にその痛みも和らいできて、夜になるころにはお腹に力を入れてもほとんど痛がらずに済むようになった。
くしゃみをしても痛がらずに済むようになった。
お腹の腫れはまだ残っているが、気長に晴れの引くのを待とう。
もしかしたら脂肪がたまっているのかもしれないが・・・。
今日は午後からバアの運転免許更新のための、事前の高齢者講習の日なので、早めの昼食を取った後、バアは自分で車を運転して予約してあった自動車教習所に出かけていった。
ジイの入退院の送迎がいい練習になっただろう。
午後3時半には講習を終えて無事家に戻ってきた。
4時過ぎから空が暗くなってきて雷も鳴りだした。
デッキにも大粒の雨が落ちてきたが、ザーザー降りにはならなかった。
東御市に大雨洪水警報も発表されたが、家の周辺は特に警戒しなければならない状況にはならなかった。
黒い雨雲 大粒の雨
退院してから、薬は痛み止めと解熱作用のあるアセトアミノフェンという粉薬しか飲んでいないが、驚くほど回復が早く、自己治癒力がまだ残っている証拠だと思い込んでいる。
2019年06月19日 (水) | Edit |
朝5時に目が覚めた。さすがに2日間眠り続けてもう眠れそうもなかった。
病室の窓から院内の通路をウォーキングしている人がいた。
持って行った少し厚めの単行本の小説を半分ぐらい読んだところで、朝の検診があった。
体温も血圧も平常に戻ってきたようだ。
朝食も運ばれてきて、今度は完食した。
8時に医師団の回診があって、今日の退院は午前中でもいいような話になった。
ただバアが、コープの配達の日なのでそれを受け取ってからだと早くても午後1時過ぎに家を出るようになるというので、2時に退院ということにしていた。
病院側としては午前中で病室を空けてもらったほうが、午後から入りたい人がいるので都合がいいのだろう。
経営的にも1日で2日分の差額ベッド代が入る。
バアと連絡したら8時45分に家を出るということになった。
ナースステーションに10時ごろの退院に変更してもらうように伝え、昼食をキャンセルしてもらった。
退院後の注意事項や痛み止めの薬などを受け取り、医療費を清算して10時20分過ぎに退院できた。
運転席に座ってみたら何も支障なさそうなのでジイが運転して帰った。11時に帰宅した。
家で定位置の椅子に座って、やはり我が家が一番とホッとした。
コープの宅配の受け取りも間に合ったので、お世話になったヤマちゃん夫妻にもお礼を言った。
お昼を食べて休んでいたら、また1時間ほどリクライニングシートで眠った。
お腹の中でたくさんの細胞が戦っているので、脳の細胞を休ませているのだろうか。
このままボケてしまうのではないかと少し不安になるほどだ。
庭に出て植物を観察した。一輪だったバラがだいぶ咲き出していた。
タチアオイも咲いていた。早稲のブルーベリーが色づき始めていた。
イチジクは実がほとんど出ていない。4月から5月にかけての寒波のせいだろうか。
かわりにアマガエルが葉に隠れていた。
バラ タチアオイ ブルーベリー イチジクの葉のアマガエル
夜になって覚醒してきてテレビで野球やボクシングを見た後、3日分のブログを書き始めた。
まだ腹筋に力を入れると痛みを感じるが、普通に動いたり歩いたりできるのだから、近年の医療技術はすごいものだと思う。
お腹にメスを入れて手術していたら10日や1か月安静にしていなければならなかっただろう。
腹腔鏡手術では3か所小さな穴を空けるだけなので、その穴も塞がっているので、今夜はシャワーも家で浴びることができた。
入浴してもOKということだった。
1週間後に検診を受けるが、このままなら完治宣告を受けられそうだ。
2019年06月18日 (火) | Edit |
朝7時前に体温や血圧を測りに看護師が来た。
お腹が張っているので、朝食は医師の回診で確認してからにしましょうとお預けになってしまった。
昨日は朝から何も食べていないし、手術の後夜中にお腹が空いたら食べるように、院内にあるコンビニでおにぎりとシュークリームをバアが買って冷蔵庫に入れておいてくれていたが、昨夜は何も食べてはいけないと言われてお預けになっていた。
8時過ぎの医師団の回診で朝食の許可が出たが、30分待っても朝食が来ないので、シュークリームをぱくつき始めたら朝食が運ばれてきて、少しばつが悪かった。
医師から明日退院という話もされた。
昨日はバアたちが帰ってからずっとうつらうつら状態で、今朝まで眠ってしまったので、日中は眠れないかと思ったが、ベッドの横になるとまた傾眠状態になった。
持って行った小説も読み始めても10ページと進めなかった。
昼食は12時前に運ばれてきた。
朝食は半分しか食べられなかったが、昼食もまだ3時間ぐらいしか経っていないので完食はできず3分の1ほど残した。
午後2時過ぎにバアとヤマちゃん夫妻が見舞いに来てくれた。
昨日バアが駐車場に置いて行った車は、バアが今日乗って帰るのに本来なら有料になるが、事情を話したらナースステーションで無料になるチケットを渡してくれた。
明るいうちに運転して帰れたので無事家に戻ったようだった。
夕食は6時前に運ばれてきた。
いつも家で食べている夕食の量の倍以上なのでやはり完食はできなかった。
お腹の腫れについて少し心配だったので看護師に伝えておいたら、7時に医師が来てくれて、お腹の腫れは傷口から出る水分のせいで時間が経てば、その水分も体外に出されてお腹の腫れも引くということだった。
説明を聞いて安心したのか、午前中気になった腫れが少し減ったような気がした。
痛み止めの薬を朝夕の2回と勘違いして、夕方飲むときにお昼の分が残っているのに気が付いた。
看護師に聞いたら6時間は間隔を空けないといけない薬なので、次は深夜に飲むよう言われた。
夜は目が覚めて眠れないかと思ったが、ベッドで横になるとまた傾眠状態になった。
10時22分の地震の揺れで意識が戻った。
LINEでバアや子供たちと連絡し合う。
都内の長女の家は高層階なのでかなり揺れたようだ。
さいたま市の次女は新居への引っ越し中でわからなかったらしい。