FC2ブログ
2020年06月29日 (月) | Edit |
今朝は6時半に起きた。寝室のカーテンを開けると、抜けるような青空が目に飛び込んできた。
今日は、佐久の浅間病院の検査、診察日だ。
9時の予約だが少しでも早く行って、早く終わらせたい。
早めの朝食を済ませ、8時15分に家を出た。
道路は、まだ通勤のためと思われる車両が多めだった。
とはいっても渋滞個所があるわけではないので、10分前に病院に着いた。
最初に採血となった。静脈が出にくい体質なので、いつも採血では看護師泣かせなのだが、今日は意外と早く終わった。
廊下から採血の様子を見ていたら、電気スタンドのような照明器具を採血する腕にあてていた。
後でバアに聞いたら、赤外線のような光を当てて脈が浮き上がって見えるようになり、何回も針を刺されずに済んだとのこと。
次にCTの窓口に行くと、造影剤を打ってから撮影するので、循環器科の窓口に行くように言われた。
循環器科に行くと、造影剤を打つために朝食をとらないできたか確認された。
退院の時そのような説明は一切なかったので、早起きして朝食をとってきたのに・・・。
検査の順番を変えて、先にエコーを撮ってもらいに行ってから、造影剤を打ってもらった。
ここでも静脈を探すのに苦労して看護師3人がかりで処置されていた。
採血室にあるような照明器具はまだ導入されていないようだ。
CTの順番を待っている間に、長女が夜勤明けの帰りに病院に駆けつけてくれた。
CTも終わって11時頃には結果が出てドクターの診察があった。
入院中も残っていた血栓はだいぶ少なくなって、膝上から膝裏にかけて少し残っている程度で、血流も良くなっているので、肺動脈血栓梗塞の予防のために入れている金属のフィルターを除去する手術をしたいとのことだった。
今週中にもということだったが、来週後半にしてもらった。
フィルターの除去手術は1泊2日でやる予定だ。
看護師からあらためて入院のための説明を受け、会計を済ませて病院を出るころにはお昼近くになっていた。
長女も一緒に佐久平駅の近くの食事処に行ったが、なぜか閉まっていたので、その近くにある吉野家で食べることにした。
久し振りに入ったら、ずいぶんメニュウが変わっていた。
新しいメニュウを注文して食べたが、結構おいしかった。
普段牛肉など食べないせいか?
昼食のあと、佐久平のイオンで買い物をしてから家に帰った。
家で一休みしたあと、今日の診察で処方してもらった薬は、院外となったので、東御市民病院の近くの行きつけの薬局にジイだけで行った。
夕方晴れていた空が次第に曇ってきて涼しくなったので、畑のネギの畝の周辺の草取りをした。
また明日は雨の予報となっているので、少し土が乾いているうちに草取りしたほうが、取りやすい。
1時間ほどやったところで終わりにした。
ネギの畝の草取り
2020年06月08日 (月) | Edit |
朝食の後、家の中の掃除をした。
1週間ぶりにバアが帰宅するのに汚くしておくわけにはいかない。
散らかっているものも片付けた。
一人暮らしになったらこういう掃除や片づけもしなくなってしまうのだろうか・・・。
バアより先に死なないと、ごみ屋敷に住むことになるかもしれない。
退院前の医師からの説明に長女も同行してくれることになっていて、家に車で来ることになっていたが、こちらから長女の家に行くことにした。
今日は夜勤で午後3時までに職場に行かなければならず、家まで戻ってこないで職場へ直接行く可能性もあるので、別々の車で入院している病院に行くことにした。
長女が通勤に使っているコースが少し遠回りなので、別の短いルートを通って浅間病院に行った。
なぜが信号のタイミングが悪くて佐久市内の信号が各駅停車のようだった。
約束した時間までには病院に着いたが、ギリギリだった。
外来の診療の合間に医師が説明のために病室まで来たので、20分ほど待った。
1週間強めの抗凝固剤を投与して様子を見たようだが、足の血栓はまだ滞留しているようだ。
これからはしばらく自宅で様子を見て、月末にもう一度足の状態を検査し、血栓を肺動脈まで移動させないフィルターの除去手術の日程を決めることになった。
医師としては、埋め込んだフィルターを1~2か月以内に手術で摘出したいようだ。
それ以上の長い期間入れていると血管に癒着して、除去手術が難しくなるそうだ。
それまでに血栓が消滅すればいいのだが・・・。
佐久市立国保浅間総合病院
退院の手続きが12時過ぎに終わって無事無罪放免となったので、市内のレストランで3人で昼食を取った。
バアはステーキ肉を注文して食べた。
そういう食欲があれば元気な証拠。
2時ごろまで3人で食事とおしゃべりをしたあと、長女は職場へ、ジイとバアは自宅へ戻った。
バアはシャワーを浴びて1週間の垢を落とした。
手術の後の首から胸にかけての内出血の跡が痛々しい。記念に写真に撮ったがブログにはアップしないことにした。
畑が見たいというので、一緒に畑の様子を見た。
この時期は1週間で野菜の成長も見違えるようになっている。
夕方5時半過ぎになって、少し陽射しが弱くなって涼しくなってきたので、近場をリハビリウォーキングした。
しばらく病院の廊下を歩くだけだったので、今回痛めた右足に加え、椎間板ヘルニアの手術の後の後遺症である左足の硬直もあって、両足が思うように動かない。
今までのリハビリウォーキングの半分のスピードで歩いた。
歩き終わった後の右下肢がかなりむくんでいたので冷湿布を貼った。
医師はなるべく歩いたほうがいいというが・・・。
リハビリウォーキング
今日家に戻って来たとき郵便受けにアベノマスクが入っていた。
いまさら使うことはないだろうが、安倍政権崩壊の象徴的な記念品になる可能性もあるので、捨てずに置いておこう。
アベノマスク
2020年06月01日 (月) | Edit |
今日も朝から曇り空となった。
バアが定期検診で東御市民病院に予約が入っていたので、早めに朝食と片付けをしたあと、8時半過ぎに家を出て市民病院に行った。
新型コロナウィルスの騒ぎで病院は空いているようで、10時には診察を終えて病院から出てきた。
採血で脈が出ず何度も失敗されたらしく腕に何か所も絆創膏が張られていた。
採血に時間が掛からなければもっと早く済んだのに、とバアが愚痴っていた。
それでも早めに終わったので、薬局で薬を出してもらうのは後回しにして、佐久の整形外科にバアの右足の痛みを診てもらいに行った。
ジイが変形性膝関節症、あとで半月板の損傷も見つけてもらった外科医院だ。
上田の整形外科では痛みと腫れが引かずに苦労したが、この外科医院で痛みから解放されるきっかけを作ってもらった。
ここでもジイは院内に入らず外の駐車場で待機していた。
途中でバアが外へ出てきてジイを呼んだので話を聞くと、静脈血栓症の疑いがあり、近くの佐久市立浅間病院に専門医がいるので、紹介状を書くということだった。
すぐに今日診てくれるということらしいので、紹介状をもらって浅間病院に行った。
11時半ごろだったが、すぐに担当医に呼ばれ、血液検査、レントゲン、心電図、2種類のエコー検査、CTと順番に検査をすることを告げられた。
途中午後1時半ごろ、最後の検査までに30分空きが出るというので、その間に院内のレストランで遅い昼食を食べた。
最後の検査は1時間かかり、担当医の診察は4時近くになってしまった。
そこで検査結果の説明を受けた。
下肢深部静脈血栓症という診断だった。
いわゆるエコノミークラス症候群と同じような症状だ。
しかも血栓の一部が肺動脈に達しているとのことだった。
大きな塊が肺動脈にまで行って血管を塞ぐようなことが起これば即、死につながる、血栓の一部が軟らかい状態でその危険性が強く、すぐに手術したほうがいいという説明だった。
静脈の血液が肺に行く途中で雨傘の骨のような形のフィルターを入れ、固まりが肺に行くのを止める手術をする、合わせて血液をサラサラにする抗凝固剤を服用し、経過を観察するため1週間程度入院する、というものだった。
夜勤明けで自宅にいた長女と電話で相談し、躊躇なく手術を受けることを決断した。
手術は5時ごろから1時間かかった。
術後オペ室で担当医からモニターの画像を見せてもらいながら長女と一緒に説明を受けた。
手術の対象となった部位のほかに、冠動脈など他の血管の状態も調べてもらいそちらは今すぐに処置をする症状は出ていないとのことだった。
傘の骨のような形状のフィルターというのも画像で見せてもらった。
説明を受けたあと、病室に送られたがコロナ対策で病室まで付き添えなかった。
退院まで面会もできないということで、お互いの連絡はスマホだけが頼りだ。
病室は個室を頼んだ。個室なら電話で会話もできる。
長女と病院を出たときは7時前になっていた。
自宅に戻って、長女に手伝ってもらって明日から必要になる衣類や生活用品、飲み薬などを用意した。
長女の職場に近い病院なので、明日出勤途中に届けてもらうことにした。
後でジイだけ病院に行こうと思ったが、面会謝絶なので行って会えない。
こういう時は長女が医療従事者ということで、本当に心強い。
医師の説明で理解できないものも長女が後で説明してくれるので助かる。
それにしても、今日は当初午後の診察開始時間に合わせて整形外科に行く予定を早めて、午前中に行ったのは我ながらいい判断だったと思った。
一刻を争う症状だと思ってもいなかった。
その日のうちに手術を受けられる病院を紹介してくれた整形外科の先生にも感謝している。
2020年05月14日 (木) | Edit |
9時に予約してある上田医療センターにいくため、いつもより早く6時半に起きた。
目覚ましは6時45分にセットしておいたがその前に起きた。
いつも上田医療センターは混んでいるので気が進まなかったが、薬が切れるので行かざるを得ない。
電話で薬の処方箋だけでもいいか事前に問合せすることも考えたが、次回からそのように頼めるか確認する意味でも診察を受けることにした。
予約の15分前には病院に着いた。
入口で手の消毒と検温のチェックがあった。
無事入口を通過して診療科の受付に行った。
待合室のソファーは、一人置きに座るようになっていた。まだ座る場所が数席残っているぐらいの混み具合だった。
30分ほど待って診察室に呼ばれた。
1時間ぐらい待つのがざらだったので、今日は受診者が少ないのだろう。
こちらから言う前に担当医師から、3か月後の受診日は診察なしで処方箋だけ用意しておくので、午後の都合のいい時間に会計窓口に来るように言われた。
事前に電話していたら今日もそのようにしてくれたかもしれない。
丸子のマツキヨで処方された薬を受け取り、隣接するデーツーで買い物をして家に帰った。
まだ11時前だった。
家に戻ってバアに全身消毒をしてもらってから家の中に入った。
午後4時少し外の気温が下がってきたようなので、リハビリウォーキングに出かけた。
外の気温はまだ25℃もあったが、風が多少吹いていたのでそれほど暑くは感じなかった。
昨日は黄砂で景色が霞んでいるように見えたが、今日はすっきりして見えた。
リハビリウォーキング
1時間弱歩いて家に戻ったあと、畑仕事をした。
食べるために買ってきておいたサトイモが3個青い芽を出していたので、畑に育つかどうかわからないが試しに植えてみることにした。
昨日の強風で、先日買ってきたキュウリの苗が倒れかけていたので、これも畑に植えた。
ネットは明日にでも取り付けよう。
今日も一日晴れて畑の土もカラカラに乾いていたので水やりをした。
家の入口のレンゲツツジが夕日に照らされて五分咲きになっていた。
キュウリの苗 レンゲツツジ

2020年04月10日 (金) | Edit |
今朝も氷点下まで冷えたようだが、霜は降りていないようだった。
今日も晴れているが風が強く吹く春先の典型的な天候だ。
昨日はとうとう東御市が含まれる上田保健所管内からも新型コロナウィルスの陽性患者が初めて発生した。
今日入ってきた情報では、東御市の田中郵便局の関係者が患者らしい。
いよいよこんな田舎にも迫ってきたのかと、感染力の強さには驚くばかりだ。
まさかこんな地方までと少し油断していたが、実際に身近に発生するとなるといよいよ細心の注意が必要だ。
今日も午前中上田支部の写生旅行係の責任者から、4月28日に予定していた写生旅行の下見をどうするか相談があったので、即中止を伝えた。
実は昨日のうちに支部長と相談して中止するよう今日連絡する矢先だった。
他の写生旅行係には責任者から連絡してもらうよう頼んだ。
午前中早めに用事を済ませるため、まずは立科町のツルヤに買物に行き食料品を買ってきた。
普段より少し多めの買物になった。
備蓄するような明確な意図があったわけではないのだが・・・。
買物の後上八重原接骨院に行った。
一人先客があって少し待ったので、施術が終わったら12時近くになってしまい、終わった後行こうと思っていた市長選の期日前投票は行かずに家に戻った。
お昼を食べた後は、リハビリウォーキングに行くつもりだったが、風がますます強くなってきたので、見合わせた。
選挙の投票にも行かなかった。
代わりに午後から夜にかけてプライムビデオで昨日から見始めたテレビドラマを10話分見続けた。
まだまだ続きそうで、しばらく寝不足になりそうだ。