FC2ブログ
2019年12月07日 (土) | Edit |
今朝は6時に目覚ましをセットして起きた。
寝室のカーテンを開けたら外は真っ暗だった。
今の時期の日のでは6時45分ごろだ。
今日は今年最後のいきいきサロンがあり、8時に集合になっているので、バアを上八重原公民館まで送って行った。
8時に家を出て公民館に行ったがまだ誰も来ていなかったので駐車場で少し待った。
まもなく福祉運営委員長さんがきたのでバアを車から降ろして、ジイだけ家に戻った。
昨日百均でクリアブックを買ってきたので、上田支部や東御美術会の書類を整理した。
特に上田支部の書類は、ワードやエクセルに入力する原稿や、その校正刷りなど、もう廃棄していいものも残っていたので、会議などに使ったものだけを残してファイル化した。
来年から庶務を一人で引き継ぐ予定なので、過去の資料もいずれデータ化して、紙で残すのは必要最小限にするつもりだ。
10時ごろからジイ小屋の脇に建ててある農機具の物置の、扉が劣化して重たくなったので、取り換える作業をした。
今までの扉は、長野に引っ越してきたときに以前の家で使っていた2個の洋服タンスを壊して持ってきたタンスの扉を再利用したものだ。
新しい扉は、化粧合板を使った。
2個あった丸鋸の1個をジイ小屋に残しておいたので、合板をカットするまでは問題なかったが、扉に付いていた戸車を付け替えようと思ったら、戸車の車が回る溝を切らなければいけないことがわかった。
大半の工具を長女の家の倉庫に運んでしまったので、溝を切るためのノミなど手元になかった。
仕方がないのでマイナスドライバーを使ったら、切り落としたところが汚くギザギザになってしまった。
きれいに仕上げ直そうとヤスリを探したらこれも持って行ってしまっていた。
なんだかんだと手間がかかって、新しい扉を取り付け終わったら午後1時を過ぎていた。
物置の扉ビフォー 物置の扉アフター
お昼でいきいきサロンが終わるのかと12時ごろから電話を待ちながら作業していたが、電話がかかってこなかった。
今日のいきいきサロンは子供会とも合同で餅つき大会もあると聞いていたので、終わる時間も遅めの設定だったのだろう。
物置の作業を終え、1人でお昼を食べ始めたらバアが戻ってきた。
仲間の保健補導員さんに送ってきてもらったという。
ジイの好きな餡子のお餅をお土産に持って帰ったので、食べかけていたお昼をやめて、あんころ餅を食べた。
美味しかったので一人で全部平らげた。
明日は、泊まりで渓流釣りの納会で上尾に行くので、久し振りに合う仲間への手土産を買いに立科町のツルヤに行ってきた。
ツルヤブランドのリンゴバタージャムが好評だったのでまたそれを手土産にした。
2019年11月27日 (水) | Edit |
朝起きると雨は降っていなかったが、デッキが濡れていたので、明け方近く降ったのだろう。
今日の天気予報は一日曇りとなっていた。
空は雨雲がせわしく動いていて、時々霧雨となった。
9時過ぎに玄関のチャイムが鳴るので戸を開けたら、家の奥の田んぼや周りの畑をやっている農業生産法人のSさんだった。
藁のロールを持ってきたがどこに置けばいいか聞きに来てくれたのだ。
稲刈りの時に、稲束を50束作ってもらっていただいたときに、欲張って藁ロールの10個お願いしていた。
先日、奥の田んぼで作るはずの藁ロールが作られず、全部燃やされてしまったので、頼んだ藁ロールは忘れられたのかと思っていた。
聞いたところでは、奥の田んぼの切り藁はロールにできなくなっていたので焼いてしまい、藁ロールは他の田んぼで作ったものをわざわざ運んできてくれたものだという。
ありがたいことにちゃんと忘れずに届けてくれたというわけだ。
畑の隅に10個積んでいってくれた。
藁ロール
時々霧雨も降っているので、藁束を収納している小屋に、藁ロールも収納することにした。
少しはみ出てしまったが何とか屋根の下に積み込んで、濡れないようブルーシートを掛けた。
これだけの量があれば、来年の野菜作りは、株元にたっぷり敷き藁できるので、草取りも少なくて済みそうだ。
俄然来年の野菜作りへの意欲がわいてきた。
藁置き場に 藁置き場
小屋に収納する作業が終わるころには、雨雲が過ぎ去って青空が出て陽も射すようになった。
お昼前のコープの宅配が来る前に、リハビリウォーキングに出かけることにした。
足の具合は、先週佐久の整形外科で打ってもらったステロイド注射がまだ効いているようで、ズキズキする疼痛は感じなくなっている。
静岡への一泊で、囲炉裏の傍で長い時間座って痛みが出るのではないかと心配したが、激しい痛みは全くでなかった。
仲間の一人がカイロプラクティックの資格があると言って、マッサージやストレッチをしてくれたのもよかったのかもしれないが・・・。
50分ほど歩いて家に戻った。
コープの配達に間に合うか心配しながら歩いていたが、家に着いてから30分ほどしてやってきた。
いつものドライバーと違う人だったので、少し遅れてきたようだ。
リハビリウォーキング
午後は、百匁柿の渋が抜けていそうなものを30個ほど収穫した。
先週収穫した1個を剥いて食べたら渋くて食べられなかった。
その時に取った柿の1個を今日食べてみたら甘くなっていておいしかった。
採って数日置いたら甘くなるかもしれないと期待して収穫した。
そのあと、畑に焼却灰を蒔いた。
今年1年野菜を作っていないので、だいぶ土の酸化が進んでいる可能性もある。
春になったら苦土石灰を蒔くつもりだがその前に焼却灰を蒔いてみた。
時間があるときにミニ耕運機で、土に漉き込んでみるつもりだ。
畑に焼却灰
2019年11月08日 (金) | Edit |
昨日は東御美術会の例会だったが、5日の上田支部の例会で写生に行った上田城址公園と同じ場所での写生だったので欠席した。
今週は、ジイが属する水彩画などの会の例会が目白押しで、なかなかほかのことができないでいた。
特にタマネギの苗を植えるための準備が、大雨続きで畑が乾かずできない日が続いた。
買ってきた苗が傷んできていたので、何とかしなければと毎日気を揉んでいた。
昨日追加の干し柿を作った後、畑でタマネギ用のマルチをセットしようとしたが強風でうまくいかず途中で断念した。
今日も朝から晴れてはいたが、昨日の強風があまり納まってなくて、本来ならマルチ掛けを見送るところだが、今日しか時間が取れそうもないので、午前中マルチ掛けを始めた。
風にあおられながらもなんとか2畝分作った。
先月買ってきておいたタマネギの苗を見ると、何とか使えそうなものもあるが、全体的に球根の近くまで色が変わってきていて、少し引っ張ると根が球根から取れてしまいそうで、植えても定着できそうもなかった。
この苗を使うのは諦めて、もう一度苗を「大地」まで買いに行くことにした。
行く途中、長女の家に寄って頂き物のサツマイモとジャガイモを届けた。
もう時期が遅いので苗を売ってないかと心配したが、まだたくさん売り場に出ていた。
先月より少し値段が上がっていたので、150本買った。
あらためて買ってきた苗とダメになった苗
午後1時から買ってきた苗を植えた。
しゃがむと膝が痛いので、膝を伸ばし腰をかがめて植えた。
同じ姿勢を続けると足腰に負担がかかるので、休み休み植えていたので、全部植え終わったら2時半になっていた。
玉ねぎを植えた
一休みしてから、ジイ小屋で昨日デッサンを終えた八方尾根の雪景色の絵の彩色を始めた。
2時間ほどかけてまだ最初の一塗りだけ終わった。
これからどこまでかかるかわからないが、何とか上田支部会員展(小品展)に間に合いそうなので、出品する方向で準備することにした。
自分の絵が決まったので、小品展の作品目録を夕食のあとエクセルで作成した。
八方尾根の雪景色に彩色
2019年10月26日 (土) | Edit |
一昨日から昨日にかけて降り続けた雨は、昨夜7時頃には上がった。
今朝は、まだ雲は残っていたが雨は降ってなかった。
陽射しがほとんどないので、庭や畑はまだぬかるんでいた
。南側の畑には、新しい鹿の足跡が残っていた。
このところ毎晩のように、畑の先の林のほうから鹿の鳴き声が聞こえてくる、とバアが言っている。
残念ながら高音域の音が聞き取りにくくなっているジイにはたまにしか聞こえないが・・・。
鹿の足跡
畑の干し柿用の柿がだいぶ色づいていた。
周辺では今年は柿が不作と聞いているが、我が家は2年続きで豊作だ。
来月に入ったら干し柿づくりでもしようか。
柿
そろそろ、気温も下がり始めてきたので、夏の間デッキに出していたカネノナルキの小さい鉢のほうだけまずは家の中に入れ、玄関に置いた。
今年まで小さな苗の時から家のサンルームで育てていて、今年初めてデッキに出した。
今まで一度も、大きな鉢のカネノナルキのように花を咲かせることはなかったが、今年は花芽がたくさんできている。
年末にかけて花が咲くのを待とう。
大きい鉢のほうは、台風に備えて倒れないようがっちり固定しているので、後日時間を作って家の中に入れるつもりだ。
カネノナルキ カネノナルキの花芽
午前中、箱根駅伝の予選会の模様をテレビ観戦した。
去年シード落ちした早大がどうなるか心配したが、かろうじて9位になって出場権を手にした。
中央大も10位とギリギリで、伝統校の2校がこんな状態だと、本番でもまたシード落ちかと正月が思いやられる。
ニューイヤー駅伝と箱根駅伝で新年を迎えるのが恒例となって久しい。
特にひいきチームがあるわけではないが、苦しみながらもタスキを渡す光景を見て、自分も今年も頑張ろうという気持ちにしてくれる、と思い込んでいるところがある・・・。
午後から、長女の家の倉庫にフィットのタイヤを運んだ。
昨日持ち込んだメタルラックを組み立て、タイヤラックとして使えるようにした。
バアがリハビリウォーキングで長女の家に歩いてやってきて合流した。
先日倉庫の補修をしたが、一部まだ強度が不足していそうなところがあったので、そこを補修した。
そうこうしている間に、出かけていた長女夫妻が帰ってきて、お茶をご馳走になった。
丸山珈琲のおいしいコーヒーをご馳走になった。
2019年09月29日 (日) | Edit |
今朝は5時過ぎに目が覚めてから眠れなくなり、6時過ぎに起きた。
一日曇りの予報だったが、朝日が射して青空が見えた。
ハナがデッキにやってきてしばらく毛づくろいするのを眺めていた。
朝食の後、天気がいいうちに、庭の草取りを半分ほどやった。
夏の間ピント上に向かって伸びていたミントが、花をつけて頭が重くなったのか、庭の通り道の上に覆いかぶさってきていたので、道に出ている部分を鎌で切り落として片付けた。
コスモスも盛りを過ぎて、倒れ始めたので根元から切って片付けた。
茎が木の幹のように太く育っているものもあった。
ヒガンバナが開花していた。
ヒガンバナ
庭仕事をしている間、立ったりしゃがんだりしたが、膝周りの痛みはあまり感じなかった。
痛みは出なかったが、強い陽射しで汗が出た。
少し自信がついてきたので、庭の後は畑に行き、畑の区画を仕切るため敷いてある防草シートの周りにはびこっている雑草を手鎌で刈り取った。
気が付いたらお昼前になっていた。
午後から、町内会の知り合いに、中古住宅周辺の住民たちの情報を聞きに行こうとしたが、午後5時まで出かけているというので、中古住宅の壁塗りをしている塗装屋さんに、飲み物などを届けに行ったが、今日は日曜日なので仕事を休んでいた。
塗り終わったところを、長女にLINEで写真に撮って画像を送った。
先日電話したときに、瓦の下方の破風(はふ)が何かわからないと言っていたので、そこも写真に撮って送った。
壁塗り① 壁塗り②

家に戻って早速畑に行って、草だらけになった畑をミニ耕運機で耕した。
先日刈り払い機で刈り取った草が、耕運機の刃にからまって時々エンジンが止まりそうになった。
簡単に終えるつもりだったが、全体を二往復したので、終わったら4時になっていた。
さすがに立ち仕事を続けたので、終わった時は膝周りに痛みが出始めていたが、家に入ってリクライニングシートで休んでいる間に痛みも取れた。
かえって膝より足首のほうが痛い。
膝をかばうため、他の部位に負担がかかってしまうのだろう。
人体というのは、複雑でデリケートなのものだと、痛みを知って初めてわかる。
畑
5時過ぎに知り合いの家に電話したら帰宅しているというので、早速出向くと、周辺の家の情報をいろいろ教えてくれた。
長女夫婦が引っ越してきたときのあいさつ回りの範囲など丁寧に教えてくれた。この知り合いの人は、北御牧公民館の生涯学習の写真の講座で一緒になった人だ。その後もこの地区では一番いろいろ話をして気心も知れる人なので、いろいろ教えてもらうには気兼ねなくお願いできた。
出かける前の5時ごろから雷が鳴って、雨が降りだしていたが、知り合いの家から帰るころには雨は止んでいた。
5時ごろの雨雲