FC2ブログ
2020年10月11日 (日) | Edit |
久し振りに朝から青空になった。
やはり雨で暗い朝より明るい陽射しのある朝のほうが、今日も一日命を与えられたと強く感じることができる。
外へ出たら昨日までの肌寒さとは違って生暖かい空気になっていた。
それでも衣替えをしてしまったので、下着は冬用の長袖のシャツとズボン下をはいた。
朝食の後、明るい陽射しが入る中家の中の掃除をしたが、着込んでいたので汗をかいた。
掃除の後畑の様子を見に行った。
レタスとハクサイの苗は、雨で土が潤ったせいか生き生きして見えた。
よその畑を見ると、ハクサイなど葉が大きく育っているので、そこまでこれから育つか少し心配だ。
レタスは、よく見ると中央の葉が丸まり始めているように見えるが・・・。
レタスとハクサイ
ダイコン、ニンジンも今のところは順調に大きくなっている。
ダイコンは太さが3,4㎝になっていた。
ニンジンとダイコン
畑の一角に植えたエノキが、早くも黄色く色づき始めた。
隣のブルーベリーの葉も赤くなり始めている。
黄葉したエノキ
今日も午後4時からリハビリウォーキングに出かけた。
昨日長女の家にブドウを届けがてら歩いて行ったが、お米は?と言われてしまった。
毎日ブログをチェックしているので、岩手の師匠の新米もお裾分けがあるのかと期待していたらしい。
今日も背中に新米と午前中畑で採った秋ナスを背負って歩いて持って行った。
今日は夜勤明けの翌日の休みで在宅しているのは昨日確認してあった。
新米などを手渡した後、家には上がらずウォーキングの続きをして家に帰った。
昨日はコーヒーをご馳走になってゆっくりしていたら、家に着く頃には外が暗くなってしまった。
今日はまだ陽が沈む前に家に戻ることができた。
その後夕陽が沈んだが、真冬の頃に比べると陽が沈む位置が随分南に移動しているのに気が付いた。
冬至の頃に向けてさらに南寄りに移動する。
リハビリウォーキング 夕陽
2020年09月29日 (火) | Edit |
このところ最低気温が10℃を切るようになってきた。
近くの立科町の観測所の最低気温は午前3時半の8.1℃となっている。
今ブログを書いている午後10時過ぎで、10℃を切っているからまたこれからさらに冷え込んでくるだろう。
午前中は青空も出て陽も射していたが、この間までのような暑さを感じなかった。
久し振りに畑で作業をした。
大根とニンジンの畝の周りが草だらけになっていた。
大根とニンジンが順調に育っているのに並行して、雑草も順調に伸びて広がり始めていた。
じっくり移動式の椅子に腰を下ろして草取りをした。
大根は四葉ぐらいの時に間引きをしているので、もう間引かないで、混み合ってき始めたら少し細くても順番に収穫していけばいいだろう。
ニンジンは種の蒔き方が下手だったせいか、3本以上固まって生えているところもあるので、もう少し育ったら間引きをする必要がある。
春に植えた時は、発芽率が悪くてほとんど間引かなくて済んだが・・・。
切り藁を掛けておいたのが発芽率を高めた原因だろう。
ダイコン、ニンジンの雑草 草取り後
タマネギの苗も周りも草も取った。
最後にイチジクの実が熟し始めてきたので、ハクビシンに食べられないよう、周りを防獣ネットを張り巡らせた。
トウモロコシの時はこういうネットも乗り越えて食べられてしまったので、効果があるかどうかわからないが、ダメもとでやってみた。
ネットの下から入られないように、地面にネットの裾を止めた。
お昼までに終わらず、昼食後にも続けて2時前に終わった。
イチジク防獣ネット
午前中は青空だったのに午後から薄い雲に覆われるようになった。
天気予報では、雨が降りだすことはなさそうだったので、2時過ぎからリハビリウォーキングに出かけた。
バアが少し歩くコースに飽きてきたと言うので、途中から中八重原のほうにコースを変えて歩いた。
こちらのほうも稲刈りが進んでいた。
途中にある農協の作業場では、大型の乾燥機がフル回転していた。
排気口からもみ殻の粉塵が吐き出されていて、近くを通ったら目にゴミが入った。
排気口の近くの木の枝や葉が粉塵の粉で白くなっていた。
1時間10分歩いて家に戻ったが、午前中の畑仕事と合わせ、9,500歩になっていた。
リハビリウォーキング
5時15分前に接骨院に行った。
昨日収穫したミョウガと今日の午前中収穫したショウガなどを持参した。
この時間だと先客が帰った後ぐらいで、最後のお客になる。
長女が夜勤明けで家にいるので、今日も施術の後お茶をご馳走になった。
ショウガ
2020年09月22日 (火) | Edit |
今日は朝から冷え込んでいたがいい天気になった。
明後日から出かける予定があるので、遅れていたレタスやハクサイの植え付けをすることにした。
天気予報では、今夜から雨が降るというし、台風12号も近づいてくるので、苗を植えるのは今日を逃したらまただいぶ先になってしまう。
まだ9月の初めに種を蒔いたポット苗は十分に育っていないが仕方がない。
まずはミニ耕運機で耕した後、畝を立てて施肥をしたあと黒マルチを掛けた。
畝に黒マルチ
とりあえず畝を3列作ったが、畑に植えるところまで育った苗は、レタスは15本、ハクサイは4本だけだった。
午前10時から始めてお昼をはさんで午後3時までかけて、2列の畝に苗を植え、寒冷紗を掛けて作業が終わった。
苗を植え寒冷紗を掛けた
午前中は青空が出て陽射しがあったが、午後からは雲が広がって太陽が雲に隠れてしまった。
畑作業を終えてからリハビリウォーキングに出かけようと思ったが、疲れてしまったので中止した。
ジイだけは畑仕事で、目標の6,000歩は達成していた。
4時過ぎに車で接骨院に行った。
祝日なので休みのはずだが、営業をしているというので施術を受けに行った。
先客が二人いたので、終わるまで庭で待っていようかと思ったら、長女が夜勤明けで家にいたので、母屋でコーヒーをご馳走になりながら待った。
その後施術が終わった後も母屋でご馳走になった。
明後日からのみちのく釣行の間、バアの面倒をお願いした。
明後日は休みなので、小諸のイタリアンに一緒に食べに行くようだ。
接骨院の近くの畑で稲刈りが暗くなるまで行われていた。
コンバインの動いている姿を撮った。
稲刈り風景
シェフナベさんから連絡があって、台風と一緒にみちのくに行くようだが、予定通り出かけることになった。
雨で釣りができないかもしれないが、春のみちのく釣行ができなかっただけに、何とか来年につなげられるよう、みちのくの地に足を運んでおきたい。
こんな年まで渓流釣りを続けられるのも岩手の師匠やシェフナベさんのおかげだ。
2020年09月16日 (水) | Edit |
5時半にスマホのアプリの音声メッセージに起こされた。
枕元に充電しながら置いてあったスマホの電源コードが寝返りを打った時に外れたようだ。
今度のスマホは余計なおしゃべりが多い。
アプリをアンインストールしたいが、歩数計や体重記録などとも連動しているのでできない・・・。
それから熟睡できずに目覚ましが鳴る7時までスマホのニュースなどを見ながら時間を潰した。
朝の天気は晴れていた。
天気予報では下り坂で一日曇りとなっていたので、畑仕事をするのは今日しかないと、9時半から畑に出た。
まずはまだ雑草が出始めた畑をミニ耕運機で耕した。
レタスやハクサイの苗が育ったら植える予定の場所は念入りに耕した。
キュウリは完全に収穫できなくなり、葉や茎が枯れてきたので、支柱やネットを解体した。
今年は今までになく大量に収穫できたし、種も取ることができた。
キュウリネットの片づけ
モロッコインゲンも片付けようとしたが、まだ花も咲いている枝もあるので、もう少し収穫できそうなので残して、周りの草取りだけした。
ここまででお昼になったので、昼食の後、眠くなるのをこらえて畑に行き草取りをした。
夏の雑草も種がつくようになって、根の張り具合が弱くなり、手で引き抜きやすくなった。
午後3時過ぎまで草取りをして、疲れたので終わりにした。草取りには終わりがない。
午後からは曇りになるはずだったが、陽射しが強くだまされた気分だ。
家で休憩し昼寝をした後、4時からリハビリウォーキングに出かけた。
途中、稲刈りが終わった田んぼがあった。
いつ刈ったかわからない後、道路にコンバインが落としたと思われる泥やタイヤ痕が残っていたので、おそらく今日刈ったのだろう。
9月中旬で稲刈りが始まったのは近年では初めてかもしれない。
7月の長雨の後、8月の梅雨明けからはずっと晴れて高温が続いたので、稲の生育が平年より早くなったのだろうか?
稲作などしたことがないジイにはわからないことだが・・・。
今後の台風がどうなるか異常気象が当たり前になった昨今、早く台風の影響を受ける前に収穫できるに越したことはない。
リハビリウォーキング 稲刈りが終わった田
今日はいつもより長めのコースを歩いたが、ちょうど1時間で家に戻ってきた。
バアの足取りもだいぶ軽くなってきた。
今日から菅内閣がスタートしたが、期待感ゼロだ。
2020年09月02日 (水) | Edit |
朝起きると青空が広がっていた。今日は畑仕事に専念することにした。
10時に家を出て上田のカインズに一人で行った。
上田で多数の感染者が出ているので、いつもは買物はバアも一緒だが、今日は感染リスクを避けて一人だ。
カインズの白菜の苗は1個60円近い値段で高すぎて手が出ない。
時期的には遅いが種から苗作りすることにした。合わせてレタスの種も買った。
種蒔きするタマネギも今年はネアアースのほか赤タマネギの種も買った。
帰りにアリオでしか売っていない自家製パンに入れる干しアンズを買うために寄った。
セルフレジを利用してそれだけ買って家に帰った。
午後1時から畑仕事を開始した。
午前中は晴れていたのに西の空には黒い雲が広がり始めていた。
まずは、ミニ耕運機でタマネギの苗床や、レタスやハクサイを植えるところとニンジンダイコンを植えるところを耕した。
2日続いた雨で畑はまだ完全に乾いてなくて粘りがあった。
ハクサイ、レタスを植える場所
最初に、ダイコンとニンジンの種をそれぞれ一畝蒔いた。
今年の春に蒔いた種が残っていたので、それを使った。
秋作でもうまくいくといいのだが・・・。
ニンジンは、種を蒔いた後、ロール状の藁をさらに細かくカッターで刻んで蒔いた上にかぶせた。
春の時はロール状の藁を植えに敷いたら発芽率が悪かった。
細かく刻んだほうが発芽しやすいだろう。
大根も春の時と同じように、畝の高さを高くした。
そのせいなのか種がよかったのか、どちらかわからないが、春に蒔いたダイコンは途中で枝分かれせず、まっすぐに伸びた。
ニンジンとダイコン
次に、タマネギの苗床を作った。
田の畔に使う畔板を利用して枠を作り、耕して肥料を入れた後、その上に培養土を1㎝かぶせた。
初めて苗作りをした時からのジイのアイデアだ。
苗床を作った後、今日買ってきた2種類の種を筋蒔きした。
最後に、苗床の上にスダレをかけた。これは生涯学習の講師から教えてもらったアイデアだ。
今まではこの方法でかなり発芽率が高かった。
これで500本ぐらいの苗が作れれば最高だ。
タマネギの苗床
最後に、ポットにレタスとハクサイの種を蒔いた。
それぞれポットは15個用意した。
全部発芽して育てば、3軒でまた食べ切れない量になるだろう。
全部作業が終わったら午後6時を過ぎていたので、リハビリウォーキングは中止したが、ジイの歩数計は9,400歩に達していた。