FC2ブログ
2021年09月24日 (金) | Edit |
彩明会の例会で今月11日に上八重原接骨院の敷地で浅間連峰を背景に田園風景を描いたが、途中で雨が降ってきたりして完成できなかったからといって、二人の会員がもう一度描きに来たいと、今日接骨院までやってきた。
ジイは他にやることもあるので付き合えないが、車を停める場所の誘導もあるので接骨院まで行ったが、すでに二人が到着していた。
車の誘導はカミちゃんがやってくれたそうだ。
事前に来ることをカミちゃんに伝えておいてよかった。
ジイは写生は二人に任せてすぐに家に戻った。
しばらく畑の様子を見ていなかったので、畑に行ったらキャベツや白菜の葉が青虫に食べられて筋だけ残っている状態になった。
特にキャベツは再生不能と思われるような食べられ方になっていた。
寒冷紗を外して数匹青虫を退治したが、日中隠れて暗くなってから活動しているはずだから全部退治できたわけではないだろう。
ハクサイはまだ葉が多いので何とか育つ余地はあると思うが、青虫を探すのも難しい。
農薬を使って消毒はしたくないし、悩ましいところだ。
いい加減に寒冷紗を掛けたのが失敗のもとだ。
タマネギの苗は順調に育っているようで、水やりをした。
キャベツの苗
ジイ小屋で東御美術会に出品する姨捨の棚田の絵を手直しした。
もうそろそろ手直しも終わりにしないと絵が汚れてきそうだ。
姨捨の棚田の絵
お昼前から大リーグエンゼルスの大谷が出場している野球の試合をテレビで観たが、まともに勝負してもらえずフォアボールばかりで面白くなかった。
午後3時前に接骨院に行った。
先客の車が停めてあったので、終わるまで庭の草取りをして待ったが、なかなか終わらない。
車をよく見たら家を購入した不動産会社のリフォームの担当の人のものだった。
家の断熱サッシの打ち合わせに来ていたようだ。
打ち合わせに来るといつも施術もしてもらっているので時間がかかっていたようだ。
施術を終えて家に戻った後、4時半からリハビリウォーキングに出かけた。
陽射しがあるが風がひんやりしていたので歩きやすかった。
接骨院で施術をしてもらった後バアの足の調子もよさそうで、フルコースを歩いた。
夕焼けになったが、自然の景色はジイの絵と比較にならない深みがある。
リハビリウォーキング 夕焼け
夜になって上田支部展の作品目録を100枚増刷した。
明日の午後の受付当番に持って行く。
トータル250枚だがコロナ禍で来場者が少ないようなので、これで間に合うだろう・・・。
2021年09月07日 (火) | Edit |
今朝も朝から晴れ。夏の間使っていた夏掛けを洗濯してデッキに干した。
ついこの間まで夏掛けだったのに、今や掛布団なしには寒い季節になってしまった。
10時過ぎからリハビリウォーキングに出かけた。
空はすっかり秋の色になっている。
陽射しがあっても風がひんやりしているので、歩きながら汗をかくこともなく気分よく歩ける。
途中からいつもとは違うコースを歩いていたが、リンゴ園で作業している人に見咎められないよう近づかない道を選んだ。
まだ主力のフジは収穫が先だが、早生の品種がお店に出回り始めている。
リハビリウォーキング
11時過ぎに家に戻った後、畑の一角に囲ってあったタマネギの苗床に肥料と培養土を敷き、普通のタマネギと赤タマネギの種を蒔いた。
赤タマネギは、去年の残りの種なので発芽率が悪いかもしれない。
タマネギの苗床
午後は1時半から祢津公民館で、上田支部の支部展の対策について緊急の役員会議を開いた。
国の緊急事態宣言の延長が検討されている状況で、3日から12日まで長な県では「県民の命と暮らしを守る緊急対策」が施行され、文化施設も閉館となっている。
緊急事態宣言に連動してこの緊急対策が延長された場合、9月21日からの支部展の会場である上田創造館も休館に追いやられる心配があった。
会議中、上田創造館に問合せすると、今のところ延長の通知はないが、すでに会場の使用を許可している団体の催事については、仮に延長になっても開催させる予定とのことだった。
それならひとまず開催できる前提で準備を進めることができる。
会議の半分は、開催できなくなった場合の対応策を検討する予定だったが、そちらは検討する必要がなくなり安堵した。
21日に搬入日までに準備することについて最終的な詰めの協議をした。
授賞式については、最終日閉会のあと宴会場に移動して懇親会と合わせて開催する予定だったが懇親会は中止し、閉会後作品を搬出する前に展示会場で行うことにした。
1時間ほどの会議時間を想定していたが話が長引いて2時間近くになってしまった。
会議終了後急いで家に戻り、息つく暇もなく接骨院に行った。
いつもより1時間遅くなってしまった。
夜勤明けの長女は家で寝ているようなので、寄らずに収穫したモロッコインゲンだけ届けて家に戻った。
夜になって8時ごろクール宅急便で岩手の師匠からの贈答品でサンマが届いた。
大船渡港の最初の水揚げのサンマのようでまだ生きがいいプリプリのサンマだった。
去年は歴史的な不漁で送られてこなかったが、早速明日焼いて食べよう。
サンマ
2021年09月05日 (日) | Edit |
昨夜は12時前に就寝し、朝7時の目覚ましで起こされるまで一度も目が覚めなかった。
昨夜から夏掛けから薄い掛け布団に変えて寝たのがよかったのかもしれない。
曇っている空も10時頃から青空が出てきた。
午後にはまた雨になる予報だったので、晴れている間に歩こうと11時過ぎにリハビリウォーキングに出かけた。
つい先日までは涼しくなるタイミングを探して歩いていたが、このところは雨が降らないタイミングを探すようになった。
今日は空模様から歩いている間に降ってくることはないだろうと傘も持たずに歩き始めた。
長袖でないと肌寒く感じる季節になった。
歩いているコースでは、ススキが目に付くようになってきた。
ちょうど1時間歩いて戻ってきたらすぐに昼食の支度だ。
リハビリウォーキング
午後は、畑のブルーベリーを摘んだ。
もう今年最後の収穫だ。
雨が多くてしばらく摘めなかったので、実が熟れ過ぎて割れてしまっているのがあった。
冷凍してあるブルーベリーと合わせてジャムにでもしようかと考えている。
今年はジャムの在庫が増えたので、年内ぐらいは朝食のヨーグルトのソースとして利用できそうだ。
最後のブルーベリー
イチジクの実も大きくなってきた。
収穫は半月ぐらい後に始まるか?
イチジク
畑のモロッコインゲンの棚がまた風で倒れていたので、新たに杭を立てて倒れないよう補強したあと、収穫もした。
バケツにいっぱい採れた。
秋ナスもおいしそうに大きくなっていた。
ナスとインゲン
トマトやキュウリは、雨除けビニールが倒れてから収穫できなくなってしまった。
秋どりキュウリも苗が枯れてしまった。
畑に出たついでに草取りもした。
夏の雑草が終わりかけて草取りも少し楽になった。
2021年09月01日 (水) | Edit |
今朝は肌寒く感じるほどの気温となった。
デッキの温度計も20℃を切っていた。
朝起きたらカーテンと窓を開けるのが習慣となっていたが、今日はさすがに窓は開けなかった。
午後から雨の予報になっていたので、10時過ぎにリハビリウォーキングに出かけたが、歩き始めて間もなく雨が降り始めた。
しばらく傘なしで歩いていたが、雨の量が多くなってきたので傘を差した。
こんな日に歩いている人は見渡す限り誰もいなかった。
県道にはいかなかったので、ほとんど車にも出会わなかったが、家の近くまで戻ってきて初めて1台の車とすれ違った。
車は町内唯一のお店であるK商店の車だった。
ナンバーも覚えてしまった。
リハビリウォーキング
家に戻るころには雨が止んでいた。
午後になっても雨が降り始めてこなかったので、畑に行って先日買ってきたハクサイとキャベツのプラグ苗の植え付けをした。
はじめに植える場所の土をミニ耕運機で耕した。
雑草が生えていたところを一度耕しておいた場所なので、もう一度耕すと前回耕した時に土に混ぜ込んだ雑草の根がたくさん出てきたので、熊手で拾い集めて捨てた。
クワで畝を立て施肥をしたあと黒マルチで畝を覆った。
50㎝間隔で穴が開いているマルチを使ったので、穴ごとにプラグ苗を植えていけばいい。
ハクサイは12株を2列に、キャベツは6株を1列に植えた。
定着したら寒冷紗を掛けるつもりだ。
葉物野菜なので、チョウチョや虫が付かないようにしなければならない。
ハクサイの苗 キャベツのプラグ苗
苗を植え終えた後、タマネギの種を蒔く床を作った。
種蒔きのときの表土に使う培養土の在庫が足りないので、後日買ってきて晴れの日を見計らって種蒔きをする。
今年の家庭菜園は、育ったタマネギの苗を11月ごろ畑に植えたら終わりだ。
畑仕事を終えたら、咲いているバーベナにカラスアゲハが蜜を吸っていた。
もう弱弱しい飛び方だった。季節の変わり目を実感した。
カラスアゲハ
2021年08月27日 (金) | Edit |
昨夜は疲れて12時前に就寝し、今朝は7時に目覚ましで起こされるまで熟睡していた。
久し振りに十分な睡眠時間が取れた。
午前中、家の掃除などを終えた後、畑に出た。
昨日刈払機で刈った草をかき集めた。
刈った夏草を畑に置いたままミニ耕運機で耕すと、耕運機の刃のドラムに巻き込んで止まってしまうことがある。草が肥料になるからと思ってやっていたが、巻き込んだ草を取り除いて元通り刃が回転するようにするのは結構骨が折れる。
刈った草をかき集める作業をしているだけで大汗をかいてしまった。
カボチャのツルが伸びた一面に生えた雑草は、カボチャの実が点在して草の中にあるので、昨日刈払機で刈ることができなかった。
まだ熟しきれていないカボチャもありそうだが、藁小屋の近くの2個を残して全部収穫したら4個も出てきた。
そんな作業をしていたら、ミニ耕運機で耕し始めるのが11時を過ぎてしまった。
カボチャ
バアが水分補給に冷たい飲み物を持ってきてくれた時に、12時半ぐらいまでかかる、と言っておいた。
12時丁度ぐらいにミニ耕運機のエンジンが止まってしまった。
多分草がドラムに挟まり過ぎたからだと思うが、これ以上やり続けると熱中症になる、というサインだと思って、午前中の畑仕事を止めることにした。
昼食後1時から畑仕事を再開した。
燃料を足し、挟まった雑草を取り除けてからエンジンを始動すると間もなくかかった。
予定していたエリアの耕しを終えた後、キュウリ苗を植える予定の場所をもう一度ミニ耕運機でよく耕し、畝を立てて肥料を入れ、キュウリネットを立てた。
続けてキュウリの苗を植えるには炎天下なので夕方涼しくなってから植えることにした。
午後ジイが畑仕事をしている時間帯のデッキの温度計が36.5℃まで上がっていた。
バアが写真を撮ってくれていた。
耕した畑 温度計
2時半に作業を終えて家に戻り、汗で濡れた服を着替えた。
30分ほど休んだ後、接骨院に行って施術をしてもらった。
電気をやってもらっている間、眠くなってきたのでスマホのニュースを見ながら必死にこらえた。
施術が終わった後、今日まで夜勤明けの休みで家にいた長女に冷たい飲み物と、畑で採れたカボチャで作ったパンプキンプリンをご馳走になった。
プリンの上に、お客さんから頂いた豆でカミちゃんが作った餡が乗っていて、カボチャのコクと甘さが調和して美味しかった。
パンプキンプリン
家に戻って5時からリハビリウォーキングに出かけた。
今日は空にほとんど雲がなかったので、ずっと西日を受けながら歩いたが、陽射しは畑にいるときに比べたら全然暑さが違った。
疲れてもいるので歩くコースをショートカットして50分歩いて家に戻った。
歩数は、すでに歩き始める前に目標の6,000歩を越えていたので、歩き終わったら倍の数字になっていた。
昨日も草刈りで歩けなかったので、今日はバアのためのリハビリウォーキングだった。
リハビリウォーキング
家に戻った後すぐに畑に行って、キュウリの苗を植えた。
ポットの中で根がグルグル巻きに生えていた。
早く広い土に中で伸びたかったに違いない。
秋どりのキュウリを植えるのは初めてなので、今の暑さが峠を越えて朝晩ひんやりしてきたときにどうなるか・・・。
夏のキュウリは先日の大風で雨除けビニールと一緒に倒れて以来全滅になってしまった。
秋どりキュウリの苗