FC2ブログ
2019年08月02日 (金) | Edit |
昨夜は午前1時に寝て目が覚めたのは6時前、それから眠れないまま7時にベッドから離れた。
昨夜は11時ごろからクーラーを点けて寝室を冷やしておいてから眠ったが、午前3時ごろ暑くて一度目を覚ました。
寝るときにクーラーを停めた後、室温が上がったのだろう。
寝ている間の室温調整が難しい。3時からは扇風機をつけて寝た。
今日は朝から陽が差して暑くなった。
朝ドラの後すぐのウォーキングは回避したが、昨日は歩いていないので9時半過ぎにリハビリウォーキングに出かけた。
バアは日傘をさしながら歩いていた。
都会では男の日傘も流行り始めているらしいが、こんな田舎で日傘をさして歩いたら笑われてしまうだろう。
ただでさえ二人でウォーキングしていること自体珍しいことなのだから・・・。
リハビリウォーキング
1時間以上歩いて家に戻ってきたら、デッキの温度計は35℃に達していた。
寝室のクーラーを点け、扇風機をリビングに向けて冷気がリビングに入り込むようにして涼んだ。
去年も暑い時にはそうしたが、これからは夏になるとこうした形で涼をとるようになるのだろうか?
熱中症で倒れるわけにはいかないから、暑さを我慢するような意地は張らないことにする。
午後になって、家の前の南側の畑にトラクターが来て、雑草がはびこっている畑を耕し始めた。
今日も大雨注意報がお昼前から出たし、天気予報でも夕方から雨となっているので、畑の土が乾いているうちに耕してしまおうということなのだと気が付き、4時からジイも畑をミニ耕運機で耕すことにした。
先月30日に刈り払い機で刈ったが、もう畑は刈った後の雑草で土が見えなくなっていた。
畑全体を一往復して耕した。耕運機の刃に土がついてこなかったので、それだけ土が乾いていた証拠だ。
耕したあと防草シートのヘリに生えている雑草を手鎌で刈り取ったりしていたら午後6時半になってしまった。
南側の畑のトラクター ミニ耕運機で耕した畑
外が少しずつ薄暗くなってきて、土手のユウスゲもパラパラと咲いていた。
土手の草刈りがなければ今頃は土手一面が黄色くなるほど咲いているはずなのだが・・・。
その代わり我が家のデッキの前のユウスゲが頑張っていくつも咲いていた。
玄関のポストの前のぽんちゃんベンチのプランターでは、ペチュニアが満開になっていた。
去年秋に咲き終わったプランターをそのまま駐車場の片隅に置きっ放しにしていたプランターだ。
ジイがポット苗で育てて植え付けたのより、よほど彩りのいい咲き方になっている・・・。
ちらほら咲いた土手のユウスゲ デッキの前のユウスゲ 玄関前のペチュニアのプランター


2019年07月02日 (火) | Edit |
朝起きた時は曇っていたが、9時ごろから雲が切れて青空も見えるようになってきた。
梅雨の晴れ間となったので、草だらけとなっていた畑をミニ耕運機で耕した。
表面の土は乾いていたが、耕運機で耕すと粘土質の土が刃にからみ付いてエンジンが止まるときもあった。
畑の後は庭の草取りをした。
去年大量にはびこったドクダミの根が網状に伸びていて、上に出ている葉を取っても取っても、次から次と生えてくる。
葉を取ると独特の匂いがしてジイは嫌いだ。
根絶やしするまで根気よく取るしかない。
デッキの下で生えてきたモミジを根から引き抜いているときに、右手の1か所をハチに刺されてしまった。
幸い毒性が強くないハチだったようで、キンカンを塗ったらあまり張れたり、痛痒くならなかった。
毎年1度や2度ハチに刺されているので免疫になったのか?
畑 庭の草取り
草取りは午前中では済まなかったので、午後昼食の後バアが望月にある運転免許センターに免許の更新に出かけるのを見送った後も草取りの続きをした。
バアが帰ってくるまでの1時間半草取りをした。
陽射しが強くなって蒸し暑いので大汗をかいた。気温は30℃を越えていた。
温度計
午後4時になって外もようやく涼しくなってきたので、バアとリハビリウォーキングに出かけた。
今まではバアのリハビリウォーキングだったけれど、最近はジイのリハビリのためのウォーキングのような気がする。
約1時間歩いたので歩数計は8,000歩台になっていた。
バアは朝のミニウォーキングと合わせて1万歩の大台に乗ったそうだ。
リハビリウォーキング
リハビリウォーキングに出かけるときため池の周辺の植えてあった麦がコンバインで刈り始めていたが、リハビリウォーキングから戻ってくると、もうきれいに刈り取られてコンバインもいなくなっていた。
駐車場の脇のスカシユリの黄色も咲き始めて、道路際がにぎやかになってきた。
麦刈り スカシユリ
2019年04月14日 (日) | Edit |
今日も6時過ぎに目が覚めてしまった。
今朝は昨日ほどの冷え込みにはならなかった。
少し曇りがちで、全県的に午後から雨の予報が出ていたので、雨が降ってくる前にと思い、朝食のあと畑に行って、去年野菜作りを終了させてから手付かずだった畑を久し振りにミニ耕運機で耕した。
冬の間草も生えてこなかったが、春になって畑の淵や中にも雑草がはびこり始めてきた。
このまま放置しておくとしっかり根を張ってしまう。
ミニ耕運機で畑全体を1回耕した。
新しく野菜を植えたりするときは、2,3回耕すが、今日は雑草を取るためだけなので1回で終わりにした。
耕運機の刃が入れられない、通路に敷いてある防草シートの脇の雑草は、手鍬で根から刈り取った。
ヒメオドリコソウやオオイヌノフグリ、ナズナ、ホトケノザなどに混ざって野生のビオラが咲いていた。
ビオラの花だけは見た目がかわいいので残した。
他の雑草にしたらとんでもない差別と思うに違いない。
確かに、「雑草」と分類するのは人間の身勝手だ。
食べられるもの、見た目にきれいなものは大事にされるが、それ以外のものは忌み嫌われて排除される。
普段の年なら、ここで畑を耕した後、苦土石灰や堆肥などを入れてもう一度耕し、ジャガイモの植え付けをするところだが、今日はそこまでの作業に至らなかった。
去年畑を終わらせるときに、来年は家庭菜園を休もうと思った。
今日、ミニ耕運機を動かしながら、ひょっとしたらジャガイモを植える気になるか自問自答したが、そういう気持ちは沸き起こってこなかった。
耕した畑 野生のビオラ
9時過ぎから始めて、12時前に作業を終えた。
久し振りの農作業で、足や腰が痛くなった。
庭のシバザクラや畑の道路わきのスイセンががまとめて咲き出した。
ソメイヨシノの花芽も赤く膨らんできた。あと数日のうちに開花するだろう。
週間天気予報では来週だいぶ暖かくなりそうなので、来週半ばには開花宣言できるかもしれない。
シバザクラ スイセン サクラの花芽
午後渓流釣りの仕掛けを作った。
こちらも去年の信州釣行以来のことなので、手順を思い出すのに時間がかかった。
年々指先が思うように動かなくなってきている。
今月末のみちのく釣行に必要な量を作った。
2018年11月12日 (月) | Edit |
朝起きた時は少しもやがかかっていたが、見通しはきいていた。
少し経つと霧が出てきた。
天気予報では一日曇りだったので、朝霧は晴れると、昨日ブログに書いたばかりで焦ったが、霧が晴れると青空が広がった。
曇ってくる前リハビウォーキングに出かけた。
9時半を回ったところなのでまだ冷えているかと思って、しっかり防寒着を着て出かけたら、少し汗ばむほどの暖かさだった。
バアの体調も足の状態もほぼ元気な時に戻ってきているように見える。
1時間いつものコースに変化を付けて歩いて家に帰った。
リハビウォーキング
家に戻って一息入れて入れてから、畑に行ってミニ耕運機で耕した。
今の時期畑の一部でタマネギやハクサイなどが植わっているはずだが、今年は何も植えていない。
右手が痛いこともあるが、来年は家庭菜園を休むつもりでいるので、秋冬野菜も作っていない。
畑仕舞いになるかもしれない、と思いながら耕した。
これで来年の春まで畑仕事は終わりだ。
来年のことはその時になってみなければわからないが、今年1年、畑と庭の手入れで身体の負担が大きかったので、一休みするつもりだ。
若いときのように疲れや体の故障がすぐに治る、というわけにはいかなくなった。
野菜作り自体は楽しいし、収穫の喜びも大きいが、それで身体を壊したら元も子もない。
午前中では終わらず、午後からも2時間ほどやって終了した。
耕した畑
ジイ小屋の脇の百匁柿を10個ほど採って、そのうちの1個を食べてみたら渋が抜けていて甘くなっていた。
平核無柿の焼酎漬けが渋が抜けたころ合いなので、次のために採ったのに百匁柿が渋抜きをしないで食べられるとなると、同時に食べていかなければならない。
これから毎日柿尽くしになりそうだ。
2018年10月07日 (日) | Edit |
昨夜は台風が朝鮮半島を横切って日本海に抜けたので、長野は風も雨もほとんど台風の影響がなかったようだ。
今朝は朝から青空になった。
午前中10時から家の周辺のリハビリウォーキングに出かけた。
台風の影響がなく、雨も降らなかったので、田んぼの乾きが進んで3連休中に稲刈りを済ませようとあちこちの田んぼから稲刈りをしたり、ハゼかけをする風景が目に入ってきた。
作業をする人に迷惑にならないよう少しコースを変えて近づかないようにした。
家に戻ってくる途中で先月に撮影したアケビの実が、誰にも採られずパックリ口を開けて中が黒くなり始めていた。
午前のリハビリウォーキング アケビの実
午後から、畑の夏野菜の片付けをした。
トマトの雨除けビニールやその支柱を片付けたり、2か所のキュウリのネットを片付けたりした。
右手に負担がかからないよう気を付けながらやったので片付けに2時間以上かかってしまった。
それでも農作業の中で段取りも必要だが、こうした道具の片付けも、重要な仕事だ。
来年は農作業を続けられるか思案のしどころだが、次の備えのためにはしっかり片付けておくことが必要だ。
半分自分にそう言い聞かせながらの作業だった。
右手が自由に動かせられればもっと早く片付いたと思うが・・・。
夏野菜の片付け
4時を過ぎたので、最後の片付けが残っていたが中断して、バアと午後のリハビリウォーキングに出かけた。
片付け作業をしているときは、強い陽射しだったが、陽が傾いてくると気温が急激に下がってきているのが体感できた。
午後のウォーキングも1時間かけて歩いたが、家に戻ってくるころには、すっかり汗が引っ込んでいた。
雲が取れた浅間山に夕日が当たっていた。
西日のせいもあるが、山の色が濃い緑から少し赤茶けた色に変わってきているようだ。
戻ってから畑の片付けの続きをした。
午後のリハビリウォーキング 浅間山