FC2ブログ
2018年11月16日 (金) | Edit |
今朝も氷点下まで下がったが、昨日の朝よりは冷えていなかった。
バケツに洗車用の雑巾を入れて外の流しに出しっぱなしにしていたら、水が凍っていた。
まだ薄い氷だが今季初めて見る風情だ。
朝の氷
今日は朝からいい天気だったので、午前中からリハビウォーキングに出かけた。
毎日同じコースでは飽きてしまうので、途中からコースを変えて歩いた。
すでに45分や1時間コースを越えて、足を伸ばしている。
今日は家に戻ってきたら1時間15分が経過していた。歩数も8,000歩台だ。
朝の冷え方を考慮して、ライトダウンを着て歩いたら、途中から暑くなってきて背中が汗で濡れてきた。
風も弱く陽射しがあったので、デッキの温度計を見たら朝7時過ぎにマイナス1℃だったのに、12時前には15℃まで上がっていた。
リハビウォーキング
午後は、庭のオレガノやミントなどのハーブ類を片付けた。
ミントなど葉がまだ青々していたが、霜が降りるようになった今、いずれ枯れてくる。
枯れたまま立たせていては荒れ屋敷のように見えてしまう。
初めは枝切り用の剪定ハサミで少しずつ切っていたが、時間が掛かるので刈り払い機で一気に刈り取った。
刈った後は、庭のコスモスなどと一緒に庭で燃やした。
風が出てきていたのでよく燃えて刈った草はきれいになくなり、終わった時には庭がすっきりした。
最後にスカシユリの球根を掘り起こした。
半分だけ埋め戻し、残りは別のところに埋めたり発泡スチロールに入れて保管した。
スカシユリは、我が家の庭の土や気候に合っているらしく、ホームセンターで買ってきた一袋の球根が、数年でバケツ一杯の量に増えていた。
夕方、昨日手直しした小品展に出品する2枚の絵を額縁に入れてみた。
新しいマットは画用紙の大きさに合わせてカットしてもらったので、絵の良し悪しは別としてイメージ通りの形になった。
千曲川秋景 浅間山初冠雪
2018年10月20日 (土) | Edit |
今朝は4時間ぐらいしか寝ていないので寝不足だったが、いつものように7時に起きた。
朝になっても昨日のトラブルが回復していなくて、朝食の後も色々試みた。
今日も午後から天気があれる予報になっているので、曇ってはいるが雨が降りだしそうもない午前中にリハビリウォーキングに行くことにしていた。
スマホと格闘している間に、気が付いたらバアの姿が見当たらない。
電話をしたら、しびれを切らして先に歩き始めていた。もうだいぶ先まで行っていた。
慌てて後を追った。戻りかけているバアに途中で合流したあと、コースを変えて足を伸ばした。
歩く速さも距離も元気な時と同じようになってきた。あとは自信がつけば心配がなくなる。
今日のように一人で歩き出したのもリハビリウォーキングを始めてから初めてのことだった。
歩いている間、空の半分は黒い雲、残りの半分は青空になっていた。
その青空も午後になると雲に覆われてしまったが、少しぱらつく程度で雨は降らずに終わった。
夜になると、煌々と月が輝いていた。
雲 青空

2018年10月17日 (水) | Edit |
昨夜は霜注意報が出ていた。
夜中に寒くてバアは目が覚めたようだった。
そろそろ変えようかと思っていたが、今日躊躇することなく羽毛の掛布団に取り換えた。
最低気温は今日も7℃になっていた。
朝から雲に覆われていた空が少しずつ青空も出てきたので、9時半過ぎにリハビリウォーキングに出かけた。
薄日も射してきて風もなく、歩いていても気分がいい。
バアの歩きも好調で、歩くコースを延長して1時間10分歩いた。
歩く範囲の田んぼもさすがに遅れていたところも稲刈りが終わっていた。
はぜかけしている稲もそのうち脱穀されるのだろう。
午前中のリハビリウォーキング
午後から、デッキに出していた「カネノナルキ」と「ユッカ」を剪定してからサンルームに入れた。
どちらも夏の間外に出していたので、大きくなっていた。
霜にあたったらたちまちダメになってしまう。
それに合わせてサンルームに置いてあったクンシランやいくつかの観葉植物を処分した。
長年置き場所を変えて育ててきたが、場所を取るのと追肥や水やりなど管理の手が届かなくなってきた。
これも先日のリビングのドライフラワーと一緒で断捨離か・・・。
防衛省が今日、辺野古沿岸部の埋め立て承認を撤回した沖縄に対抗して、行政不服審査法を使って国交相に効力の停止と審査の請求を行った。
行政不服審査法は、本来行政の執行した行為に対する国民の不服審査を請求する権利を保障するものであって、国などの行政機関が請求するものではない。
県知事選挙で辺野古移設に明確に反対した候補者が大差をつけて当選した民意がありながら、「沖縄県民の心に寄り添って・・・」などと翁長前知事の葬儀の弔辞でいい、言った舌の根も乾かないうちにこういう措置をする安倍政権は、沖縄県民から「嘘つき」と言われても仕方がない。
2018年10月06日 (土) | Edit |
台風が近づいているというのに朝から青空が広がった。しかも気温が高い。
天気が崩れる前にリハビリウォーキングに行こうと、9時から追加でポストに入っていたPTAの資源回収のお知らせの配りものを組内の家のポストに入れて行きながら、バアと歩いた。歩き始めて真夏のような強い陽射しと高い気温に気が付いたが、いまさら家まで戻るわけにもいかず、そのまま歩き続けた。
それでも空が抜けるような青で、それを眺めながら歩くのは気持ちがよかった。
天高く馬肥える秋とはよく言ったものだ。
周りの黄金色に輝く稲穂と対照的で、3原色が色彩の原点ということがよく理解できる光景だ。
午前中のリハビリウォーキング
リハビリウォーキングから戻った後、ジイ小屋の棚づくりの続きをして、それなりに片付けて、少し居心地がよくなった。
ジイ小屋の棚
午後から、明日からの朝食に欠かせないバナナがなくなっていたので、丸子のツルヤに買いに行ったついでに、依田川の堤防に沿って整備されている遊歩道を1時間ほど歩いた。
アユ漁が解禁の間は釣り人も見受けられる依田川だが、今はひとっこ一人いなかった。
川沿いを歩けば涼しいかと思ったが、暑さが厳しかった。
今日はフェーン現象で長野市では30℃台の真夏日になっていた。
今日は台風の影響を受けず、風も雨もなかったが、気温だけは台風のもたらした暑さがあった。
ツルヤで買物をした後帰宅した。
まだ午後3時半だったので、畑の片付けでもしようかと思っていたが、何もせずグダグダと過ごしてしまった。
午後のリハビリウォーキング
2018年09月04日 (火) | Edit |
なぜか4時ごろ目を覚ましたら眠れなくなってしまった。
昨日病院の待合室で読み始めた原田マハ著「暗幕のゲルニカ」の続きを読んで7時の目覚ましの鳴るのを待った。
7時前にバアも起きてきた。4時に起きた時にぐっすり眠っているようだったので起こさないようそっとリビングで本を読んでいた。
台風21号の影響は午前中はまだ少し風が強いだけだった。
朝食の後、プランターを台風の風を受けにくい玄関前に移したり、畑に行ってモロッコインゲンやキュウリのネットの補強をした。
昨日腱鞘炎の注射を打ってもらい、痛みが劇的に和らいだので、くい打ちなど思い切りできた。
医師から即効性があると聞いたが、持続性については確認しなかった。
薬が切れてまた痛くなってきたら困る。
ヤマボウシの実が風でたくさん落ちてしまった。
玄関のプランター 畑 ヤマボウシの実
お昼を食べた後は、寝不足解消するようにしっかり居眠りをした。
台風の影響は、午後になって徐々に出てきた。
はじめは雨が風に乗って飛んでくるような降り方だった。
6時には暗くなって雨も風も強くなったが、9時を過ぎると外が静かになってきた。
午後4時ごろの雨
夕方までに読みかけだった「暗幕のゲルニカ」を読み終わった。
最初に読み始めたのは1か月前だが、しばらく中断していた。
昨日から一気に2日間で読んだ。
もう何年も前から読書力が減退して、新聞すら飛ばし読みしかできなくなっている。
しかし、内容が面白ければまだまだ読む力は生まれてくるのだけはわかった。
今日ぶどうを作っている東御美術会の会員の人に、Faxでぶどうの送付を依頼した。
今年からその人が作ったぶどうを送ることにした。
生産者お薦めのシャインマスカットにした。
今年は記録的な猛暑で雨が少なく心配したそうだが、順調に着色し糖度も上がっているとのこと。
出荷は例年より早く9月10日ごろから始まるらしいが、出荷日まで指定できないので、いつ頃届くかはわからない。