FC2ブログ
2019年07月10日 (水) | Edit |
今朝は5時過ぎに目が覚めた。寝室のカーテンの隙間から朝日が入り込んでいた。
トイレに起きた後6時半ごろまで眠れなかった。
そろそろ起きようかと考えている間に眠り込んだようで、7時の目覚ましで起こされた。
起きると朝から青空が広がって久し振りの晴天になった。
今週土曜日の彩明会の例会で写生に行くことになっている原村は、昔に行ったきりで写生するような場所があるか不安なので、下見に行くつもりだがなかなか都合があったり天気が悪かったりで行けてない。
今日のこの天気は絶好のチャンスだが、11時半ごろにコープ長野の宅配があるので出かけられない。
午前中、ジイ小屋で以前に上田支部の人からいただいた図面台をイーゼルとして利用しているが、画用紙を置く棚の幅が少し狭く不安定だったので、幅の広い板に付け替えた。久
し振りに電動丸鋸で板をカットしたり、ビス止めしたり、木工作業をした。いろいろ手順が悪く手間取った。
宅配を受け取り、お昼を食べながらテレビを見ていたら、上田市の「アジサイの小径」が見ごろを迎えているニュースをやっていた。そこへなら車で30分もかからずに行けるので、早速見に行くことにした。
天気予報では朝のうちだけ晴れで、その後は一日曇りとなるということだったが、空のどこにも雨雲は湧いていなかった。
ナビの付いていないN-boxで行ったので、少し道に迷って30分以上かかってしまった。
アジサイの小径を歩いていると年配のご夫婦も鑑賞しながら歩いていた。
あいさつして話を交わしたら、やはりお昼のニュースを見て見に来たのだという。
アジサイの小径の途中にあるお寺でスケッチを描くつもりで、スケッチ道具を持って歩いたが、以前に東御美術会で描きに来た時の写生ポイントには、アジサイの木が切られてしまったらしく、描く気にならなくなってしまった。
そのかわり、今まで歩いたことのないアジサイの小径の先の神社まで歩いてきた。
そのあたりは1種類のガクアジサイだけが植えられていて、変化に乏しかったせいか誰も歩いていなかった。
アップダウンが多くて久し振りにバアも汗をかきながら歩いていた。
アジサイの小径 アジサイ① アジサイ② アジサイ③
2019年06月07日 (金) | Edit |
今朝はゆっくり寝ていようと思っていたが、6時前に目が覚めたあと眠れなくなった。
バアも同様で、足がつって目が覚めたあと痛みで眠れなくなったようだ。
このところよくつるらしい。
ジイがリハビリウォーキングに付き合えなくなってからも歩いているが、歩く距離は少なくなっている。
その影響もありそうだ・・・。
9時ごろから雨が降りだした。関東甲信地方は梅雨入りした。
9時ごろから雨
午前中バアの女子会参加のための新幹線の切符を買いに上田駅のみどりの窓口に行くため、10時前に家を出た時には、本降りになっていた。
先にカインズに行って猫の餌やペットボトル飲料などを買ってから上田駅に行った。
駅前広場の駐車場がタイミングよく空いていたので、そこに車を停めてみどりの窓口に行けた。
大人の休日俱楽部の会員証で、東京までの往復の乗車券、往きの新幹線指定席、帰りの自由席券全部で1万円でお釣りがくる金額で済んだ。
10分もかからずに切符が入手できたので、帰りにイオンに隣接するガソリンスタンドで給油したあと、イオンで買物をした。
ガソリンの価格はまた少し上がって152円だった。
それでも会員価格、外に出ている表示価格は155円だ。
原油の価格がトランプ政権の対イラン政策にも一因があると思うと腹が立つ。
ガソリン代で余計に払った分は、イオンの大感謝祭でアプリを利用した20%引きで買った衣料品で取り戻した?
12時を過ぎていたので帰る途中とんかつ屋さんでトンカツ定食を食べた。
なぜか大盛のご飯が来たので普通盛に替えてもらったが、それでも食べ切れなかった。
このところ少しお腹が出てきているが、食べ終わったお腹は誰が見てもポッコリ膨らんでいた。
午後になって雨も止んできたので屋根を見たら、いつの間にかまたスズメがしっかり巣を作っていた。
昨日跡形もなく取り除いたはず、雨の中作るわけがないから、朝のうち雨が降る前に作ったのだろう。屋根が濡れているので、壊した巣の草が屋根にこびりついてしまった。
壊した後、屋根でスズメが恨めしそうにこちらをにらんでいた。
頼むから他の家に作ってくれ!ジイ小屋ではツバメが巣を作っている・・・。
屋根のスズメ
今年はヤマボウシの花がほとんど咲いていないと思ったが、雨で重くなった枝が下を向くようになったら、高いところでは花が咲いているようだった。
やはり5月初めの低温で花の数が圧倒的に減少しているが、太陽の光が当たるところでは花芽が回復して咲いたようだ。
上尾の元同僚たちが昨日ジイの絵を見に行ってくれたようだ。メールで感想を送ってきてくれた。
ヤマボウシの花
2019年06月05日 (水) | Edit |
今日は朝から曇り空で気温は20℃ほどだったが、少し蒸し暑く感じた。湿度が高いせいだろう。
昨日夕方白い可憐な花を咲かせていた月見草が、10時前に見に行くとすっかりピンクになってしぼんでいた。
本当に一夜花だった。
月見草
午前中、庭の草取りをした。
今まで庭の通路の部分を中心に草取りをしていたが、ジャーマンアイリスやアヤメなどが咲き終わったので、そこに同居するように生えていたイネ科の雑草を抜いた。
オオムラサキツツジの周りにはつる性の雑草がツツジの枝の中に入り込んで絡みつき始めていた。
ちょこっとだけ草取りをするつもりが結局1時間以上やる羽目になった。
これからの季節、草取りはきりがない。
コープの配達が来たのを切り上げるタイミングにした。
畑にある2本の柿、百匁柿と平核無柿が今年はすごい量の花が咲いている。
今まで見たこともないような量だ。こ
の花が全部実になったら、枝が折れてしまうに違いない。
平核無柿は、毎年干し柿にしているが、去年は半分ぐらい取らずに木に残した。
去年作った干し柿を冷凍保存したら、今でも解凍して美味しく食べられることが分かったので、今年はたくさん干し柿を作るつもりだが、それでも取り切れないほど実ってしまいそうだ。
柿の花
午後3時過ぎから次第に雨雲が広がってきて、雷も鳴り出しあっという間に降りだしたと思ったら、道路が雨に濡れ水の流れができた。
1時間もしないうちに雨はやみ日が差してきたと思ったら、東の空にくっきりと虹が見えた。
雨はこれで終わりかと思ったら、7時過ぎ外が暗くなってからまた降った。
雨雲① 雨雲② 虹
午後は、写生旅行で写真に撮ってきた大王わさび農場の水車小屋を、スケッチ画で描いた。
当日我々のグループとは違う数人が、一番のビューポイントで写生をしていた。
腕に覚えのある人たちのようで、大勢のギャラリーをものともせず筆を振るっていた。
確かに描いている絵もジイよりうまかった。
ということで気後れして別の人が来ない木陰で描いたのだが、やはり水車小屋をモチーフにこれからも描いてみたいので、1時間でパソコンの画面を見ながらスケッチを描いた。
その後は、明日の東御美術会の例会の準備をしにジイ小屋に行ったついでに、写生旅行で描いた有明山の絵の空の色を塗り直したり、山の色を重ね塗りなどをして手直しした。
水車小屋のスケッチ 有明山
2019年05月25日 (土) | Edit |
今日は雲一つない快晴となった。
先日ミッチャンから、女神湖へ行く途中の道路わきにサクラソウが群生しているという情報を入手した。
以前からこの時期になると咲く場所だが、年によっては草刈りできれいに刈られてしまっていることもあった。
今年は久し振りに群生しているとのことだった。
9時ごろ家を出て、はじめに区長の家に行ったが留守だった。
まずはそのサクラソウ目指して車を走らせた。
確かに今まで見てきた中では一番の群生の仕方だった。
女神湖や白樺湖につながる観光道路だが、行き交う車はほとんど停めて見学することはなく行き過ぎていった。
サクラソウ
抜けるような青空なので、まずは女神湖まで行き、湖畔を植物を観察しながら、景色を見ながら一周した。
女神湖の水量は、田植えの時期でもあるせいか今まで見たことがないほどの少なさだった。
水辺が10m以上狭くなっていた。
水が減って乾いた底の土に、鹿の足跡がいくつも付いていた。
周回道路の木陰の部分は涼しいが、何も遮るものがない場所では、じりじりで太陽が照り付けて暑かった。
女神湖① 女神湖②
女神湖の次はお決まりのコースで白樺湖まで足を伸ばした。
白樺湖入口のローソンで、軽食を買い湖畔を3分の1ほど歩いた。
はじめはローソンの近くだけと思ったが、気分がいいのでどんどん先まで行ってしまったので、ジイだけローソンの駐車場に止めてあった車を取りに戻り、歩いた先にある駐車場まで車を移動させた。
バアと合流し木陰のベンチに座ってお昼を食べた。
今日はスケッチ道具を持ってこなかったのが残念・・・。
白樺湖① 白樺湖②
白樺湖でのんびり景色を楽しんだ後、家には戻らずに上田まで買物に行った。
カインズで、明日からの写生旅行でみんなが飲むペットボトル飲料をケースで買った後、アリオに行って食料品などを買ってから家に戻った。そ
の後は家で明日からの写生旅行の準備をした。
10号の画用紙2枚とスケッチ用の画用紙も用意した。
明日からの二日間、天気の心配はなさそうだが、気温は真夏日になるのは間違いなさそうだ。
今日も、午後4時を過ぎてもまだデッキの温度計が30℃を指していた。
明日、明後日はジイも他の会員も、熱中症に気を付けて過ごさなければいけない。
温度計
午後7時を過ぎてから区長の家に行った。いれば家の電気が点いているはず。
4度目でようやく区長に会えて公民館に貼るポスターも預けることができた。
2019年05月19日 (日) | Edit |
屋久島では50年に一度あるかないかの豪雨に見舞われ、百名山宮之浦岳や縄文杉などへ登山していた300人以上の人が一時足止めになったというニュースが昨日から流されている。
どうやら無事帰還したようだが・・・。
ここは、そんな天候とは無縁の青空が見える天気になった。
9時半過ぎにウォーキングに出かけるというバアについて行くことにした。
ヘルニアの診断以降あまり無理をしないように、歩くのも控えているが、運動不足で体重も増加傾向にある。
普段は人影も滅多に見られない農道だが、今日は苗箱を積んだ軽トラなどが行き来し、道端にも車が止まって田んぼの中で作業する姿があちこちで見受けられた。
今日あたりは田植え日和なのだろう。
1時間強歩いて、いろんなところで田植えやしろかきをしている風景を見た。
少し風があったので、暑過ぎず清々しい気分で歩くことができた。
リハビリウォーキング しろかき風景
午後からは、一歩も外に出ないで、家の中で原田マハの小説を読んだ。
シェフナベさんから借りてきた原田マハの本もこれで5冊も読み終えた。
こんなペースで本を読んだのは何十年ぶりか?
読む時間は余りあるほどある生活を送るようになってから、じっくり本を読むことがなくなってしまった。
何冊も読みかけの本はあっても読み切った本はめっきり減っていた。
老化のせいとばかり思っていたが、そうとばかりはいえない。
原田マハの小説のプロットに、先へ先へと読ませる巧みさが隠されているようだ。
夕食後は、キッチンのシンク周りの汚れや排水孔を掃除した。
これからの季節は手入れを怠ると臭いが出やすい。