FC2ブログ
2019年03月10日 (日) | Edit |
今朝は氷点下にはならなかったようだ。
朝のうちは青空が出て空気が暖かく、春先のような陽気だった。
庭のフクジュソウは、昨日は霜にあたって萎れていたが、今日は全員で春の歌を歌っているような姿だった。
クロッカスも一気に3輪咲き出した。
満開のフクジュソウ クロッカス
午前中上田アリオに買物や資源リサイクル物を出しに行った。
買物をする前に、上田城跡公園まで歩いて行った。
ウォーキング
そのころは青空は薄い雲に覆われるようになって、陽射しが弱くなっていたが、それでも暖かく感じながら歩くことができた。
ウメやマンサクが見ごろになっていた。
ウメ マンサク
お濠を一周して戻るつもりだったが、それでは1時間に満たないのでもう一周してからアリオまで戻った。
一周目にはいなかったカワセミが、お濠の一角にいるのを見つけた。
カメラマンが望遠で撮っていた。
コンパクトカメラではここまでがやっとという姿でしか撮れなかった。
カワセミ
午後昼食をとりながらびわ湖毎日マラソンをみた。
埼玉県職員の川内優輝選手は、公務員として最後のランとなった。
これからはプロとして走ることになる。
他のスポーツと違って陸上スポーツのプロは金銭的に恵まれているとは言い難い。
ましてマラソンなどの長距離選手の現役年数には限界がある。
当面東京オリンピック出場が目標だろうが、それに選ばれなければ将来は無きに等しい。
練習環境が整っている実業団に属さずに頑張っていた川内君を密かに応援していたのだが・・・。
9月のMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)で頑張ってもらいたい。
夕方、東京展に出品する絵や昨日描いた絵の手直しをした。
明後日の日本水彩上田支部の作品研究会でみんなの批評を聞くつもりだ。
2019年03月07日 (木) | Edit |
今朝は6時に起床して早めに朝食をとり、東京に出かけた。
最近は新幹線より割安な高速バスの利用がメインになった。
バスの事故が起きるたびに安全性に不安を覚えるが、それも時が経てば不安も薄れてくる。
佐久インター近くのバス停には到着時刻の5分前に着いた。
丁度通勤時間帯でもあったので、計算より5分遅くなったが・・・。
いつも10分程度は遅れてくるので車の中で待っていたら、時間前にバスがやってきたので慌てて車から降りてバスに乗った。
夜のうち降った雨は止んでいたが、途中佐久から軽井沢までの間は、積雪で真っ白になっていた。
それも群馬県側に入ると雪はまったくなかった。
車窓から見える景色は、首都圏に近づくにしたがって、早くも木が芽吹いているものもあって季節の違いを感じた。
東京都内に入ったころから、バスのフロントガラスに雨粒が当たるようになった。
池袋には予定到着時刻より10分も早く着いた。
早く東京に着いたので、用事も12時半過ぎにはすべて終わった。
新宿の地下の四川料理の中華レストランでお昼を食べた。
ランチ② ランチ①
雨が小やみになっていたので、新宿御苑に行った。
園内の梅は満開になっていた。早咲きのヒカンサクラ系のサクラなども満開になっていた。
我が家ではロウバイが咲き始めたばかりというので、ここではもう花が茶色くなり始めていた。
新宿御苑散策 満開のウメ オカメサクラ ロウバイ
スイセンも花が終わっているものあった。おそらく1か月以上季節の差があるのだろう。
歩き始めて30分もするとまた雨が本降りになりだしたので、園内の大温室に入った。
ここならガラス張りの中なので雨の心配はない。
新宿御苑は環境省の施設だが、中でも温室は国内の温室園芸の先駆け、基礎を作ったところというだけあって、種類も装置も目をみはるものがあった。
日本では見られない原色の花がたくさんあった。
長いカタカナの名前などとても覚えられない。
名前にシンジュクが入ったここで作出されたランの品種も咲いていた。
バナナの花 蓮の花 新宿の名前が付いたラン
温室を出るとさらに雨が激しくなっていたので園内の散策はやめて、新宿三丁目近くの喫茶店で休憩した。
もう何年か東京通いをしているが雨に降られたのはほとんどなかった気がする。
その後新宿、池袋でショッピングをした後予約してあった高速バスで帰路に就いた。
帰りも、都内の道路が空いていたので、遅れることなく佐久に着き、9時過ぎには帰宅することができた。
こちらは雨が降った気配はなかった。
2019年03月01日 (金) | Edit |
今日は朝から晴れて眩しい朝日が家の中まで入り込んでいた。
朝食の準備を済ませてから、可燃ごみを出しにステーションまで歩いて往復した。
もうひところのような寒さは感じなかった。ごみ袋の重さが腕に負担だったが・・・。
10時過ぎにリハビリウォーキングに出掛けた。
昨日は家の中の電動ウォーカーで30分歩いたが、やはりそれよりは外を歩いたほうが数倍気分がいい。
家を出た時は少し風があったが、蟹原の公民館まで下がっていく途中から風を受けなくなり、番屋川沿いを歩いている間は、無風状態で日当たりの中をポカポカ気分で歩くことができた。
また坂を上って一望千里のところまで台地の上に出ると、風を受けるようになった。
地形によって、また歩く方角によって風の感じ方がこれほど違うのかと改めて感じいった。
一望千里の付近で浅間連山を見るとそれぞれの山頂付近が、雪で白くなっていた。
浅間山は雲で隠れてしまって見えなかったが、烏帽子岳は先日までとは違ってまた雪で山頂付近が白くなっていた。
昨日の雨は山の上では雪になっていたのだろう。
リハビリウォーキング 烏帽子岳
気分よく歩けたので、距離を伸ばして1時間20分歩いて家に戻った。
家に戻って庭を見るとフクジュソウがとうとう開花した。
今日は3輪だけだったが、これから次々開花していくだろう。
オオイヌノフグリはもう満開になっていた。
開花したフクジュソウ オオイヌノフグリ
午後から、久し振りにジイ小屋で絵筆を握った。
始めに50号の「しろかき終えて」を手直しした。
画題名をしろかき終えてに変えた。東京に出すならその画題にしようと決めた。
そのあと彩明会の会員展で好評だった安曇野の大王わさび農場の初夏に行った時に撮った写真があったので、それを10号の画用紙に描き始めた。
デッサンと最初の色付けをしたところで終わりにした。
まだ海のものとも山のものとも定まらない。
日中10℃以上まで気温が上がったが、ジイ小屋はまだ暖房なしではいられなかった。
初夏の大王わさび農場
2019年02月13日 (水) | Edit |
今朝はまたマイナス10℃まで冷えた。
さらに朝から冷たい風が吹いていて、外に出ると痛く感じる寒さだった。
リハビリウォーキングに出かける気分にならず、午前中はジイ小屋で、去年描いた「しろかき」の絵の修正をした。
先月佐久平水彩画研究会で、指導してもらった箇所を中心に手直しした。
当初は全く新しく描き直そうと思っていたが、まずは修正してどこまで見られるようになるか、やってみることにした。
空、水面、手前の土手の草など・・・。
去年、東京展に出す候補の1点にしていたが、別の「唐沢の滝」を出して落選したので、「しろかき」を出したらどうなるか、試してもみたい思いがある。
どちらを出すか迷ったからこそだが・・・。
今回は、もう一つ「姨捨の夕陽」も候補に入れるつもりなので、迷いの連鎖になりそうだが。
午前中では終わらず、午後にかけてようやく修正が終わった。
15日の佐久平水彩画研究会でもう一度先生から指導を受けることになっている。
しろかきの絵
そのあと彩明会の会員展に出品する絵の最後の手直しをした後、額装した。
先日の彩明会の例会で顧問の先生に見てもらって、カキの静物画より10号の「しろかき」の絵のほうがいい、というので50号の「みちのくの朝」と、3年前に描いた10号の「姨捨の夕陽」に新作の大王わさび農場の「朝もや」を出品することになった。
ただ、10号の風景画用の額縁は2個しか手持ちがないので、他の会員に額縁を1個借りることにした。
今日バアがフキノトウを見つけた。
畑の奥にあるふきではなく、ジイ小屋の脇に生えているキャラの木の根元から顔を出していた。
毎年、車が通るそばなので、育った葉を刈り取っているフキだ。
フキノトウ
今日は一日寒い風が吹いて気温も5℃以上には上がらなかったので、晴れてはいたが外歩きはしなかった。
それでもバアは今日も休まず、室内のウォーキングマシンで歩いていた。
2019年02月01日 (金) | Edit |
昨日の午後から降り出した雪は、4,5㎝ほど積もっていた。
玄関前の吹きだまりでは10㎝ちかくになっていて、履いていたサンダルが雪に埋もれてしまった。
駐車場や車の出入りをする道路を今季初めて雪かきをした。
心配した右手の痛みは全然問題なかった。
今朝の雪 雪かき
雪かきをしていたら、浄化槽の定期点検を委託している業者がやってきた。
まだ8時過ぎというのに寒い中ご苦労さんだ。
前回来てもらったときに、ブロワーが故障していると言われ、早速ネットで取り寄せて交換しておいたので、どのくらいの値段で購入したのか聞かれた。
前回業者から提示された額の半分ぐらいの値段だったので、その通りに答えた。
業者の車が点検を終えて出て行った後、出かけようとしたら今度は水道のメーターを測りに来た人が、水が漏れているかも、といってきた。
メーターで水漏れがわかる見方を教えてもらったので、あとで確認したが水漏れの現象は見つからなかった。
ただ、以前にトイレの修理をしてもらった後から時々水がちょろちょろ流れる音が聞こえるようになったと、バアから言われている。耳が遠くなってきたジイにはよく聞こえないのだが・・・。
いろいろ住宅設備も不具合が出てくる年数になったということか。
我が家も築後17年目に入った。
9時を過ぎてから、文化会館に来年度の彩明会の会員展のため展示室の予約をしに行った。
今年の4月の新年度から月曜日が完全な休館となり、1週間の開催期間といっても実質6日間しか借りられないが、予定していた日程で借りることができた。
帰りに中央公民館に寄って立て看板の印刷をしたあと家に帰った。
家に帰る途中で、急に思い立って布引観音の近くの千曲川の雪景色の写真を撮りに行った。
思い描いていたほどの雪が積もっていなかった。
まだ一度も気に入った雪景色の千曲川が撮れない。
向かい側の布引観音の入口のほうがしっとりした雪景色に撮れた。
こちらのほうを一度絵にしてみようか?
千曲川 布引観音
お昼を食べた後、リハビリウォーキングに出かけた。
道路に雪が残っているのでジイもバアも長靴を履いて歩いた。
いつものウォーキングシューズよりだいぶ重たいので、歩くのに時間がかかった。
晴れた日には50分で往復できる距離だが、1時間かかった。
途中鹿の足跡らしいものが雪の中に残っていた。
写真の足跡は1頭のものだが、他の場所では複数の足跡が残っていた。
リハビリウォーキング 鹿のあしあと
リハビリウォーキングから戻った後、大王わさび農場の風景の絵の続きを描いた。
ほぼ最初の色は付け終わった。
まだこれからひと手間、ふた手間手を加えなければならないが・・・。
会員展までには間に合うだろう。
大王わさび農場