FC2ブログ
2019年09月15日 (日) | Edit |
朝は曇りがちだったが次第に晴れて気温が上昇した。
今日は東御美術会の例会の日だったが、さすがに疲れたのとやることが多いのとで欠席した。
午前中は、マラソンのオリンピック選考レースを見た。
日本新記録を出した大迫や設楽が、出場枠に入れなかった。
どちらも絶対と言われるプレッシャーがあったのだろうか?
それにしてもマラソンというのは過酷なレースだ。
満足に歩くこともままならなくなってきた年寄りから見ると、そこまで自分を追い詰めなくてもいいのにと思ってしまう。
デッキでチビが午前中ずっと寝ていた。こんな生き方もしてみたい・・・。
チビ
お昼を食べた後、長女から頼まれていた品物を受け取りに上田アリオに行った。
何かイベントでもあったのか駐車場も店内も混んでいた。
その割には食料品の買い物レジは空いていて、あまり待たずに済んだ。
外は車に表示される外気温では31℃になっていた。
日替わりで暑さと涼しさが来ている。「暑さ寒さも彼岸まで」あと1週間だ。
家に帰った後、中古住宅に行って、接骨院として再利用する離れの住宅をバルサンで消毒した。
煙の出ないタイプだったので、消毒している間家に戻った。
2時間後にもう一度行って、窓を開け放ち掃除機をかけた。
明後日には、赤羽から接骨院の道具を運び込む。
掃除が終わって、離れの窓から浅間山がくっきり見えたので、外に出てカメラに収めた。
ここからの浅間の風景もなかなかのものだ。
バルサン 浅間山
夕方、昨日額に入れた「春近し白馬鑓」の絵を見ていたら、修正するつもりで絵の具を落としたところが一部その後手直ししていないところを見つけてしまった。
もう一度額から出して修正した。
額に収めてもう一度見直したら、修正の仕方に満足できず、もう一度額から出して手直しした。
もうこれ以上は手直しをしないと自分に誓って額に収めた。
夜になって、最後の一人の画題の連絡が来たので、支部員の画題の入った名札の印刷をした。
さらに作品目録の最後の校正と、表紙に掲載する支部長の絵の色をどうするか、3パターンを試し刷りした。
元の絵はカラーなので、インクは多く使うがカラーで印刷したほうが出来上がりはよく見える。
印刷屋に出すと高いので、今まではシロクロで印刷していたが、家庭用のプリンターで印刷するのだから、シロクロにしなければいけない理由はない。
18日の搬入と審査、受賞者が決まらなければ印刷できないので、18日に3パターンを持って行って、カラーで印刷するかどうか決めてもらうことにした。
2019年09月13日 (金) | Edit |
昨夜はブログを書き終えて就寝したときには、午前1時を過ぎていた。
7時の目覚ましで起きたが、まだぼんやりだ。
毎朝朝食の時に飲んでいるコーヒーを作るため、コーヒーメーカーにコーヒーの豆を入れ、フィルターを取り付けてスイッチボタンを押したが、途中でエラーになった。
気が付いたら、肝心の水を入れていなかった。
水を入れてリスタートして事なきを得た。M君に失態を気づかれなくて済んだ。
我が家の普段の朝食と全く同じメニューを食べてもらった。
M君が来た昨日から、空気が入れ替わって湿気が取れ、気温も下がって過ごしやすくなった。
今朝もデッキの温度計は18℃だった。
曇り空なのでその後気温も上がらずかえって1,2℃下がってきた。
朝食の後片づけをしたあと、ジイとバアとM君で、いつも歩いているリハビリウォーキングのコースを30分かけて半分だけ歩いた。
陽射しがなく風も少しあったので歩くには最適だった。
360℃の眺望の中を歩く心地よさをM君にも味わってもらった。
リハビリウォーキング
家に戻ってからまたしばしおしゃべり、話題が尽きない。
気が付いたら11時になっていた。
お客さんには、昼食によく案内するお蕎麦屋さんに行くことにした。
12時近くになると満席になるので、席を確保するには早めに行かなければならない。
11時半少し前にお店に到着し、テーブル椅子席に着くことができた。
おそば大好きというM君に果たして気に入ってもらえたか?
食事の後、これから富士見町まで行くというM君に、富士見町に行く最短距離のコースを行ってもらうため立科町のツルヤまで先導したところで別れた。
そのあと、近くのコメリで来週の接骨院の引っ越しに使うコンパネなどを下見した。
一度家に戻ってN-boxに乗せることができるか計った後、助手席を倒せば乗せられることがわかったので、買い物は東部町のコメリまで行くことにした。
コンパネ2枚、重量ブロック4個のほか水彩画の型枠に使うベニヤや枠用の木材などを買った。
ついでに駐車場に使う車止めまで買った。
帰りに中古住宅によってコンパネなどを下ろした後家に戻った。
夜は、白馬鑓の風景画の修正をし、終わった後額に入れてみたら、P版50号のサイズではないことが分かった。
描いているときからなんでこんなに縦長なのだろう、と思っていたが、あまり縦構図で描いたことがないので今まで全く気が付かなかったが、縦のサイズが10㎝以上大き過ぎていた。
大きすぎる分上は白馬鑓の山頂を切るわけにはいかないので下を切ることにした。
下を切った後、砂利敷きの部分が小さくなったので、木の枝が写り込んでいる水溜りの部分を修正することにした。
全体の構図の違和感は紙をカットしてなくなったような気がするが、はじめに作った型枠の寸法が間違っていた。
まだ白紙の紙が貼ってある同サイズの型枠もあるので、それも作り直ししなければ・・・。
絵の修正は、色落としをして明日にでも手直ししなければ、支部展に間に合わなくなる。
大き過ぎてカットした絵 水溜りの彩色を消した

2019年09月12日 (木) | Edit |
今日は朝から晴れたが、昨日までのむっとするような蒸し暑さはなく、少し肌寒く感じるような乾いた空気だった。
デッキの温度計は18℃だった。
10時に田中駅近くの不動産屋さんに行き、長女夫妻が住むことになる中古住宅の売買契約の締結に行ってきた。
重要事項説明書に従って一言一句細かく説明を受けた。
付属する資料として登記簿や公図の写し、付帯設備表、物件状況確認書などの説明を受けたうえで、売買契約書の文面の説明を受けた。
過去の経験が生きて、文書の内容についてはおおむね理解できた。
1か所解釈によっては売り主の不動産屋さんが不利になりそうな表現があったので訂正してもらった。
買主に有利な表現だが、特別な想定外の問題が生じない限り争うことのないものだったので、あえて申し出た。
1時間程度で終わるものと思っていたが、丁寧な説明を受けたのでたっぷり2時間かかってしまった。
今回の契約では手付金だけで、残金は引き渡し時に支払うことになった。
その引き渡しは10月1日を予定して不動産屋さんを後にした。
家に戻る途中にある金融機関に行って、定期預金を普通預金に切り替える手続きをしてから家に帰った。
昼食の支度が終わった食べる時間は午後1時なっていた。
11年ぶりに再会するM君と、東部湯の丸インター近くのスーパーの駐車場で3時半に待ち合わせていたので、3時前に家を出てスーパーに行った。
待ち合わせ時間前にM君から電話があってお店の入口にいるとのことだった。
インターから出てくるものと、そちらから駐車場に入ってくる車を見ながら待っていたので、見過ごしてしまったかと思ったら、信濃追分に寄ってからこちらに来たので国道18号できたとのこと、見過ごしたわけではなかった。
あいさつもそこそこに、車を先導して家までやってきた。
まだこちらに越してくる前に2回ほど我が家を訪ねたことがあるということだったが、そういう記憶がジイにもないのと同様、どういう経路で我が家にきたか記憶力が抜群にいいM君でも記憶が定かではなかったようだ。
16年前から3年ほど一緒に仕事をしたが、話している間にその間の記憶が少しずつ蘇ってきた。
お互い仕事を通じて刺激し合い、高め合ってきて、今があるのだと実感した。
あっという間に2時間が過ぎ、夕食前に明神館の温泉に二人で行った。
露天風呂から眺める浅間山をみてM君もこの景色を見た記憶を鮮明に思い出したようだ。
温泉で身体を温めたら、右膝の具合も少し良くなった感じがした。
家に戻ると、バアが夕食の準備を終えて待っていた。
お客さんが来たら提供する定番の鶏の唐揚げとポテトサラダなどだが、お風呂から戻ったらジイが揚げようと思っていた唐揚げもすでに終わっていた。
夕食から楽しい会話を再開、気が付いたら11時になっていた。
バアにも共通する昔の職場の同僚や友人なども話題になって、大いに盛り上がった。
M君の年齢は、ちょうど長女と同じで、M君のお嬢さんはジイと同じ9月9日生まれで、丁度一緒に仕事をしているときに生まれたお子さんだ。
早やその子も中学3年生だという。
お嬢さんの話をするときの嬉しそうな顔に、一緒に仕事をしていた時の若くて元気で勢いのあったときの顔が重なってみえた。
まだまだ元気に生きている様子を見て拍手喝采だ。
2019年09月11日 (水) | Edit |
朝から午前中は青空も見えていい天気だったが、蒸し暑さはこの数日と変わらなかった。
一度涼しさを味わった老体にとって、暑さの蒸し返しはこたえる。
順調に回復してきた右膝まで回復が止まってしまった感じだ。
支部展に向けて準備しなければならないことがいろいろあるので、午前中はパソコンやプリンタと格闘しながら過ごした。
一息入れてスマホでメールをチェックしていたら、かつて同じ職場で地域福祉計画の策定にかかわったM君からのメールが入っていた。
新しい仕事の激務の合間を縫って、夏休が取れたので我が家に来たいという内容だった。
以前に何度かジイのブログにコメントを寄せてくれていたので、返信で我が家に骨休みに誘っていた。
急な話だが明日の午後から明後日来てくれることになった。
午後は立科町のツルヤに買物に出かけた。
午前中は好天だったのに出かけるころには、雨雲が広がって今にも降ってきそうだった。
天気予報は午後から雨となっていた。
お店に着いたときには土砂降りになった。
台風15号が関東地方にもたらした被害は大きかったが、その後の天気にも影響を残していったようだ。
その後夜まで晴れたりザーッと降ったり不安定な天気が続いた。
蒸し暑さがますますつのった。
夕方雨上がりに西の空に一瞬青空と西日が出たので、東の空に虹でも出ているかと外に出たが、虹は出てなかった。
しばらくするとまた雨が降ってきた。
新しい安倍内閣の顔ぶれが決まって、今日はそのニュース一辺倒だった。
まだまだ日本は嵐のような暗さから当分抜け出せないままだ。
こんな晴れ間も見えない。
束の間の青空
そんな時に宅配便がやってきて、ネットで注文してあったデッキや外の木部を塗装する塗料のキシラデコールの一斗缶が届いた。
使うのは10月を過ぎてからだが、値段が高いものなので増税前に購入した。
キシラデコール
2019年09月09日 (月) | Edit |
昨夜は午前2時ごろまで激しく屋根を打ち付ける雨音でなかなか寝付けなかった。
風の音はあまり聞こえてこなかった。
朝7時に起きたころには、もう雨が上がりかけていた。
食事をしている7時半には、東の空の雲の切れ間から朝日が射してきた。
朝日
台風が直撃した関東地方に住んでいる人には済まないが、この辺りは台風の影響はいつも少ない。
風もほとんど吹かなかったので、リンゴやプルーンなど果実の被害も少なかったようだ。
電車が止まっていて出勤できるのか心配していた長女は、だいぶ歩いて遅刻もせずに職場に行ったそうだ。
命を預かる病院に勤める看護師のかがみのようだ、とLINEで誉めてやった。
今日は日勤深夜で泊りだそうだ。
昼頃になると雨雲は完全に消えて青空になった。
気温も30℃を越えて真夏の暑さになった。
青空
午後は、今日までに連絡のあった上田支部展の作品題名、号数などを入力したり、額の下に貼る題名札などの入力項目を加工したりした。
いずれも本番の印刷は支部展開催直前までできないので、それまでの段取りが大事だ。
不動産屋さんから電話があって、12日には契約できる準備ができたとのことだったので、郵便局や農協に行って手付金などを用意した。
いよいよ長女夫婦の生活が大きく動き始めていることを感じる。
日没になると夕焼けが刻一刻と変化していた。
浅間山も上の雲も赤く染まっていた。
玄関わきの夕焼けベンチに座って眺めていると15分ほどでどんどん空の色が変化していった。
日中の暑さが嘘のように涼しい風が吹いてきた。
南の空には月も明るく見えてきた。
夕焼けを見終わって家に入ると、普段はいないはずのやぶ蚊に左腕を2か所も刺されていた。
浅間山 夕焼けと月 西の空の夕焼け
今日はジイの72才の誕生日だ。
この1年間ほど医療のお世話になったことはなかったが、それを嵐に例えるなら、これからの1年は今日のように嵐が過ぎて穏やかになり、終わりには夕焼けを愛でられるような年になって欲しいものだ。