FC2ブログ
2024年05月22日 (水) | Edit |
今日も10時からリハビウォーキングに出かけた。
昨日と同様春先の風が吹いていて、陽射しはあるが少し涼しく感じた。
1台の黒い軽トラが歩く先々で目に付いた。
どうやら田んぼに引く用水の係の人なのかもしれない。
一昨年町内会の役員をした時に、用水の係は町内会の役員より大変でなり手がいない、という話を聞いたことがある。
イネづくりでは水が命だから仕方がないかもしれないが、イネづくりに縁のないジイにはわからない。
岩手の師匠からLINEに田植えが終わり、ようやくみちのく釣行以来の渓流釣りができたという書き込みがあった。
4時間で20尾も釣ったらしい。
信州釣行で2日かけて0尾だったジイとは段違いだ。
コープの宅配がある日なので、いつものコースをショートカットして家に1時間で戻った。
リハビリウオーキング
午後1時半に家を出て、東御中央公民館で行われている臨時の東京展作品研究会に顔を出した。
日本水彩画会の会員3人が、2人の作品の指導をしていた。
去年出品して入選を果たせなかった2人だ。
ぜひ今年は入選して欲しいものだ。途中で退席して、JA銀行に行って、来週の東御美術会の写生旅行の傷害保険の手続きをした。
一人の保険料110円で意外と大きな補償が付いている。
去年も手続きしているので、簡単に手続きが済んだ。
そのあとベイシアに行って食料品などを買ってから家に戻った。
ジイが家に帰るのを待っていたバアにせかされて畑に行ってレタスを収穫した。
昨日長女たちがレタスを収穫して食べたらおいしかった、というので我が家でも今夜の食材にしたいという。
まだぎっしり詰まってはいないが、丸くなっていた2個を収穫し、1個はヤマちゃんにお裾分けした。
夕方から夜にかけて、バアの4姉妹の生まれ故郷を巡る2泊3日の旅の、飛行機やレンタカー、ホテルの予約を全てネットで手続きをした。
これも今夜忘れないうちに行程表を作らなければならない・・・。
2024年05月21日 (火) | Edit |
今日も天気がいいので10時からリハビウォーキングに出かけた。
風が少し強かったが、かえってその風のせいで暑さを感じないで済んだ。
風に乗って野鳥の鳴き声がよく聞こえた。
カッコウの鳴き声も聞こえてきたので、そろそろマメ類の種蒔きをしなければ・・・。
姿は見つけられなかったが、ヨシキリが荒れ地の雑草の近くで賑やかに鳴いていた。
七二会で聞こえてきていたホトトギスの鳴き声がこちらでも聞けるようになった。
リハビリウオーキング
1時間強歩いて家に戻った後、来週の東御美術会写生旅行の行程表を作成した。
先日下見に行った場所のうち、大岡温泉と新行高原を写生地にし、新行高原の昼食場所も予約できたので行程表を作ることができるようになった。
夕方宿泊する不動温泉さぎり荘とも最終的な打ち合わせをすることができた。
週間天気予報では写生旅行中の二日間雨の予報となっているので、写生できない場合もあるので、その時の対応についてもさぎり荘と話し合い、大広間を借りることにした。
そんなことにならないよう予報が変わることを願うばかりだ。
午後2時過ぎにジイにとっては久し振りに接骨院の施術を受けに行った。
今回はいつもの右膝ではなく、先月から左の肩甲骨周辺に出てきた痛みを施術してもらった。
施術の後は、夜勤から戻った長女にコーヒーとクッキーをご馳走になった。
帰り際畑の様子を見に行った。
春に植えたレタスを今日採って食べたそうだ。
夏野菜も順調に育っている。
我が家のものより成長がいい。
接骨院の駐車場から浅間山がクッキリ見えていた。
手前の田んぼはまだ田植えが済んでいなかった。
我が家の周辺ではすでにほとんど田植えは終わっている。
今日の浅間山
2024年05月20日 (月) | Edit |
8時40分ごろ合併浄化槽の汚泥を引き抜く業者がやってきた。
前回やってもらったのが記録を見ると2010年8月となっているから、実に14年ぶりだ。
本来浄化槽法では年1回以上の汚泥の清掃が義務づけられているが、やっていなかった。
年4回保守点検に来る業者には、その都度汚泥の溜まり具合を確認するが、まだ必要ない、という回答が続いてきた。
したがってやるべきことをしなかったという意識はない。
約3トンの汚泥、汚水が引き抜かれた。
浄化槽清掃① 浄化槽清掃②
空になった浄化槽は、すぐに水を入れないと土圧などで壊れる可能性があるので、またきれいな水を入れなければならない。
業者に依頼すると5,000円以上かかるというので、自家水を自分で入れることにした。
その値段は我が家の2か月分の水道料に匹敵する。
引き抜きが終わったあと、3トン抜いたので原則3トンの水が必要だが、そこまで入れなくても2トンほど入れればいいのではとのこと、2か所の外水道を使って入れ始めた。
1時間ほど入れた段階でまだ3分の1にもなっていなかったので、入れっぱなしにしてリハビウォーキングに出かけた。
二人で歩くのは5月15日以来となる。
朝起きた時には雨後の曇り空だったのに、いつの間にか青空のほうが多くなった。
陽射しの強さが真夏と変わらず暑かった。
途中でコースを変えて早めに家に戻るようにしたので、ウォーキングだけでは6,000歩に達しなかった。
リハビリウオーキング
家に戻って浄化槽を見たら、ちょうどいい量が入っていたので水道を止めた。
午後、先週の遊彩会の作品研究会で指摘された個所を修正した。
まだ、指摘されたように改善できているように思えないので、来月7日の出品予定日までじっくり描き込んでみようか。
農道を行く
2024年05月19日 (日) | Edit |
昨夜は10時過ぎには就寝したので、5時ごろから目を覚ましたり、また寝ついたりを繰り返して、最終的に6時半に目を覚ました。
隣に寝ていたシェフナベさんは5時半ごろには目を覚ましていたらしいが、ジイに気を使ってジイの目覚めを待っていたようだ。
外に出ると20℃近くで涼しく空気が美味しく感じた。
ホトトギスが朝から谷あいにこだまするように「トウキョウトッキョキョカキョク」と鳴いていた。
朝食をいただいた後、車を3台連ねて再び渓流釣りに出かけた。
2時間釣ったが、ジイの釣果はゼロ。
2日間で1尾も釣れなかったのは今回の釣行が初めてのことだ。
そろそろ渓流釣りも潮時かと少しネガティブな気分となった。
釣れないときはそんな気分になるが、多分また数日経てばまた釣りに行きたくなる・・・と思う。
シェフナベさんに初めて渓流釣りに連れて行ってもらったのが1983年だからもう釣り歴40年以上だ。
11時半に納竿し、白馬村で昼食を一緒に食べた後、帰路に就いた。
初めにマイスターと別れ、上信越道でシェフナベさんと別れ、2時半前に帰宅した。
帰路に着いたときに、バアに電話したが、電話が通じなかったので心配したが、スマホが飛行機の機内モードになっていた。
何かの拍子に指が触ってしまったのだろうが、本人に自覚はなかったという。
いろいろ便利な時代になっているが、その裏で余計な心配や不安も増えている。
子供たちのためにも、そのうち室内の様子が分かるカメラを設置して、ネットで見られるようにしなければならないかもしれない。
早く家に帰ってこれたので、釣り道具を外水道で洗って干した後、先日買っておいた、サツマイモの苗を畑に植えることにした。
苗の葉が萎れてきていたが、茎がしっかり生き生きしていたので心配ないと思ったが、今夜から明日にかけて雨が降る予報になってるので、植えるには土が乾いているうちがいい、という判断をした。
すでに植えようと思っていた個所はミニ耕運機で耕してあったので、元肥を入れて畝を立て、簡単に植えることができた。
サツマイモを自分で育てるのは初めてなので、さてどんな結果になることか?
サツマイモ
二日分のブログは明日書くことにして早く寝ることにしたが、8時過ぎにパン焼きを始めたので焼き上がりが12時前になってしまった。
2024年05月18日 (土) | Edit |
マイスターが10年ぶりに四国から長野の七二会の古民家に移住してきた。
ジイたちがみちのく釣行に出かけていたゴールデンウィーク中に荷物を運び、最終的にゴールデンウィーク後に落ちついたようだ。
先週電話があり、片付けの仕上げとして重い荷物の移動の手助けをして欲しいとのことだったので、今日シェフナベさんと一緒に七二会に行くことになった。
埼玉から来るシェフナベさんと上信越道の坂城パーキングで落ち合ってから、七二会に行った。
久し振りに行く七二会の古民家から見る北アルプスは、初めてと言っていいほど雲一つなく稜線がはっきりと見えた。
古民家の母屋は、移住してきた今年から本格的に手を加えて改装する構想をしているようだ。
七二会からの眺め 古民家
すでに隣接する蔵を改装して居住空間として十分使える状態になっている。
そちらはジイたちも手伝って20年近く前から改装してきた。
四国に行っている間も年に数回はやってきて手を加えていたようだ。
蔵にあったダイニングテーブルやソファを、四国から運んできたものと入れ替える作業をした。
蔵の入口を玄関口に改装してあるので、間口が狭く数人で工夫しながらやらないと運び出しも運び入れもできないので我々の手が必要だった。
10時過ぎから始めてお昼前にはすべての運搬作業を終了することができた。
昼食を食べたあと、次なる目的の渓流釣りに3人で出かけた。
快晴で気温が急上昇し、川で竿を出しているだけで日焼けしてしまった。
みちのく釣行で味を占めて、早速釣り餌は川虫を採取したが、小さなヒラタしか採れなかった。
川虫や持って行ったミミズ、ブドウ虫などいろいろ餌を換えてやってみたが、全く当たりがなかった。
一度だけ川虫で当たりらしいのがあったが、それだけだった。
3か所に移動して釣ったが、ジイは3か所目は何度か写生に来たことのある場所だったので、釣りをせずに絵の題材になる景色を探し歩いた。
大出公園の風景
5時半まで釣った後、帰りに美麻のぽかぽかランドで温泉に入った後七二会に戻った。
古民家から見える夕焼けも美しかった。
夕食は、再婚した奥さんの盛りだくさんの手作り料理に舌鼓を打ちながら、ビール、赤ワイン、焼酎を飲み大いに語らった。
七二会の夕焼け