FC2ブログ
2020年02月25日 (火) | Edit |
昨日の午後NHKのBS放送でスピルバーグ監督の「シンドラーのリスト」が放送されていたが、それを見損なってしまった。
昔見た記憶があるが、どんなストーリーだったか思い出せない。
アマゾンのプライムビデオで見ることができることが分かったので、午後11時過ぎから見たら、午前2時を過ぎてしまった。
今朝は目覚ましで7時過ぎに起きたが、さすがに寝不足で午前中はボーっとしていることが多かった。
空もこちらの体調に合わせるかのようにぼんやりとした曇り空だった。
午後からは雨になる予報が出ていたので、10時前からリハビリウォーキングに出かけた。
浅間山は春霞がかかったようにぼんやりとしか見えなかった。
リハビリウォーキング 浅間山
先日から我が家のフクジュソウも咲き始めたが、アップで撮ろうとするとカメラが固まってしまう。
ドコモショップで指摘された悪さをしそうなアプリは全部アンインストールしたのだが、カメラが起動しなくなる現象は収まらない。
ドコモのクレーム対応には疑念を持ち始めている。
フクジュソウ
リハビリウォーキングの歩き始めの頃はまだ少し薄日が差していたが、途中から黒い雲が広がってきて、薄暗くなってきた。
ほぼ1時間歩いて家に戻ってきたが、雨には降られずに済んだ。
お昼ごろから雨が降ってきた。
午後2時から始まる接骨院の午後の診療に出かけたが、送迎付きの先客がいたので、ちょうど勤務明けで自宅にいた長女のいる母屋でお茶をご馳走になりながら、終わるのを待った。
先週の月曜日以来で少し間が空いていたので、カミちゃんにたっぷり施術してもらったので、少し固まりかけていた膝もだいぶほぐれた感じになった。
家を建てた当初は想定していなかったサンルームに冷蔵庫を置くようになり、その電源コードをコンセントから引いたため、通路にコードが伸びて引っかからないようガムテープで留めた。
そのテープが劣化してきたなくなったので剥がしたら、接着剤だけ残って余計汚くなっていた。
今日は、その接着剤を剥がした後、コードを隠すプラスチック製のカバーを床に張り付けた。
カバーを踏むと高くなった分足に抵抗があるが、ひっかけて転んだりすることはないだろう。
これでまた一つ懸案事項が解決できた。
電気コード
先週金曜日の佐久平水彩画研究会でU先生から指摘された白馬鑓の絵の修正する個所の絵具を落とした。
主に絵の下の部分だが、どのように描き直したものか思案に暮れている。
絵の具を落とした絵
いよいよ長野県でも新型コロナウィルスの陽性患者が今日一人出たことが発表された。
すでに全国的に発症が広がっていることは間違いない。
厚労省は、韓国のように検査体制を充実したとたんに罹患者が急増するのを恐れて、意図的に検査対象を重症者にしかしないようにしている。
国民のことよりオリンピックや経済的なリスクなど政治的意図を優先している。
安倍政権の本質がこんなところにも表れている。
2020年02月24日 (月) | Edit |
我が家の寝室は東側にボウウィンドウがあって、朝、目覚めるすぐにカーテンを開ける習慣になっている。
今朝は起きると眩しい朝日が目に入った。
ひと月前には夜明けの赤く染まった空を見ることができたが、今は晴れていれば青空が見えるようになった。
今日の日の出は6時25分だからだいぶ早くなった。
朝の冷え込みはマイナス5℃となったが、気温がどんどん上がって、10時ごろにはデッキの温度計が10℃近くまで上がっていたので、リハビリウォーキングに出かけた。
弱い風が吹いていて顔に冷たく感じたが、陽射しは背中を暖かく包み込んでくれた。
ブドウ畑から足を延ばして、長女夫妻の家まで行った。
倉庫に置いてある道具の一つを家で使うためを持ち帰った。
今日は祝日で接骨院は休診のはずだが、午前中だけ開院しているとのことだった。
そうと知っていればもう少し早めに来て受診したのだが・・・。
お昼に近くなったので受診せずに家に帰った。
昨日全面的に雪で白くなった浅間山が早くも半分近く雪が融けてきていた。
リハビリウォーキング 浅間山
午後、会員展に取材に来て記事にしてくれたり、放映してくれた地元のミニコミ誌やケーブルテレビあての礼状を作成し、ファックスで送付した。
また来年も記事を載せてもらえれば、それを見たという人が来てくれる。
夜になって、会員展の資料を整理してファイルした。いつまで彩明会が続くかわからないが、記録として保管しておかなければ・・・。
桜を見る会などのように、都合の悪い記録はなかったことにする、という必要もない。
2020年02月20日 (木) | Edit |
今朝は6時過ぎに目を覚ましたあと眠れなくなり、6時半に起きた。
もうこの時間なると外は明るくなっていた。ただ空一面薄曇りで陽射しがなかった。
今日も彩明会の会員展の受付の手伝いで出かけるので、その前に庭のロウバイの花を撮った。
その直後カメラのアプリが固まった。
午後5時にドコモショップの故障窓口の予約を取ってある。
実際の不具合の状態を見てもらうため、再起動しないでそのままにしておいたら、スマホが熱くなって電池が急速に減っていった。
ロウバイ
9時過ぎに家を出て文化会館に行った。
今日で3日目だが、午前中の入場者はパラパラで少なめだった。
やはり大勢来てくれたほうが張り合いがある。11時40分までいて家に戻った。
バアが早めにお昼の支度をしておいてくれたので、帰宅してすぐに食事ができた。
午後の受付当番は、ジイと同じ年の若手?なので少し遅く行っても心配ない。
12時半前にバアとリハビリウォーキングに出かけた。
バアは昨日も一人で歩きに行ったが、ジイは会員展開催中ウォーキングなしになってしまうのもまずいので、今日だけでもと思って歩いた。
いつもより短いコースを50分かけて歩いた。
リハビリウォーキング
その後2時前に家を出てまた文化会館に行った。
午後は、日本水彩上田支部の人など、午前よりは多くの人が来場した。
文化協会の広報担当が4時ごろ展覧会の様子を写真を撮りに来たが、来場者がいないときだったので、人のいるときにというので最終日の午後3時ごろなら会員がみな来るのでそのころに来るように言った。
広報担当の人は、ジイのことはよく知っているようで親しげに話しかけてきた。
話している途中で、ジイとかつて生涯学習の水彩画教室で一緒にやっていた人だったと思いだしたが、名前がどうしても思い出せなかった。
いまさら名前も聞けず困ったが、家に戻って文化協会の広報誌を見てようやく名前が分かった。
最終日に写真を撮りに来た時まで覚えていられるか心配・・・。
4時半に会場を出てドコモショップに行った。
予約してあったので、5分も待たずに呼ばれた。
メーカー修理になるものとばかり思っていたが、いろいろ初期化状態でカメラの動作の確認をしたところ、カメラ本体に異常はなく、何かしらのアプリが悪さをしているという結論だった。
実際にカメラで原因となった接写時のフリーズは何度撮影しても起らなかった。
店外の明るい場所で写しても問題なかった。
結局悪さをしている可能性のあるアプリを探し出してそれをアンインストールするしかないようだ。
実際に入れてあるアプリの中から可能性のありそうなアプリを2点指摘されたのでそれは消去した。
これでしばらくカメラを使ってフリーズを起こさなければいいのだが・・・。
6時前にドコモショップを出て家に戻った。
2020年02月15日 (土) | Edit |
2日続けて暖房を点けずに寝た。朝起きた時の室温は17℃で少し肌寒い感じだった。
外はデッキの温度計では5℃だった。
今日は1日晴れの予報だったが、午前中薄曇りでお日様が顔を出さず、思ったほど気温が上がらなかった。
朝食の後、昨日預かってきた来年度の健診票の配布順を、住宅地図で調べながら仕分けした。
バアが保健補導員になってから、大掛かりな配布物は4度目になるが、同じ姓の家が多く、住宅地図では姓は書いてあっても名まで描いていない家もあり、また代変わりして下の名前が違った世帯もあるので、家を探すのも大変だ。
9時ごろから始めてようやく一段落したのは10時半だった。
まずは、地図を見なくても分かっている同じ組の家を歩いて配った。
一度家に戻って、車で行かなければ往復30分以上かかる家3軒を車で届けに行って、午前中の配布は終わりにした。
お昼を食べた後、午後1時から車で上八重原公民館に行って車を停め、そこを起点にして歩いて配ることにした。
車で配って歩くことも考えたが、道路は狭いし、車の乗り降りでバアの腰が悲鳴を上げてもいけないので、歩いて配ることを選択した。
一通り配り終えた最後は長女の家になるように回った。
長女の家には着いたときは3時半を過ぎていた。
長女は夜勤らしく出かけた後だった。
長女の家で休もうと思ったが、家に戻って一息入れた。
途中休憩もなしで、2時間以上歩いたので、ジイもバアも二人ともくたくたになっていた。
バアの歩数計は13,000歩になっていた。
お茶とおやつでひと心地ついたあと、ジイ小屋で50号の絵の続きを描いた。
しばらく彩明会に出品する絵にかかりきりになっていたので、50号の白馬鑓の雪景色の絵は久し振りだ。
まずはずっと気になっていた白馬鑓に山の色の青さのトーンを落とした。
次に、林の木立の幹や枝などを描き込んだ。
木の枝を入れたら少し遠近感が出てきたように思う。
50号の絵の半分から下の、雪と雪が融け始めた草と水たまりに映る空と木の枝の部分までは、描き込めなかった。
この辺ところが一番描きたかったところなので、どういう風に描き込むか思い悩んでいる。
来週の金曜日の佐久平水彩画研究会までに最初の仕上げをしておきたいのだが・・・。
火曜日からの彩明会会員展が始まるので、その準備も大詰めだ。
白馬鑓
健診票を配っていると、日当たりのいい家の庭先にはフクジュソウが満開になっていた。
我が家のフクジュソウは、ようやく花芽の先が割れてきた程度だ。
フクジュソウ
2020年02月14日 (金) | Edit |
昨夜は暖房を点けずに寝たにもかかわらず、今朝の室温は20℃もあった。
デッキの温度計は既に5℃になっていた。
昨日の異常な暖かさが今日も残っているようだ。
午前中昨年の医療費の領収書の整理をした。
そろそろ確定申告の準備をしなければならないのと、先日市の国保の担当課から高額療養費の申請をするよう通知があり、その領収書を持参する必要があったからだ。
今日は午後から総合福祉センターで保健補導員の全体研修があるので、バアを送っていったついでに市役所に行って、高額療養費の申請もしてくることにした。
午後1時前に家を出て総合福祉センターまでバアを送ったあと、近くにあるベイシアで買い物をしたあと、その隣にあるコメリで買い物をしているときに、生涯学習課の職員から電話が入った。
先日会員展の立て看の印刷を依頼してあったが、印刷ができたという連絡だった。
コメリの買い物を中断して生涯学習課のある中央公民館に行き、印刷してもらった紙を受け取った。
それから隣の市役所に行き高額療養費の申請も済ませた。
バアの会議が終わるのにはまだ大分時間があるので、コメリまでもどって買い物を続けた。
普段は必要なものを買えばすぐ帰る、というパターンだが、今日は時間がたっぷりあるので、隅から隅まで見て回った。
買い物を終えて会計をしているところでバアから電話があって、グッドタイミングだった。
これ以上コメリにいたら余計なものまで買ってしまったかもしれない。
家に戻ったあとは、バアが会議の時に預かってきた配布物の仕分けをした。
上八重原のもう一人の保健補導員が配る分を家まで届けにいった。
彩明会の会員展が始まる前にバアの担当区域の配布を終わらせたいので、明日から配り始めるつもりだ。
この仕事が終われば、2年間の保健補導員の仕事が終わり、あとは引き継ぎをするだけだ。
最近は日没もだいぶ遅くなって5時にはまだ西日が射していた。
庭のロウバイが5輪ほど開花していた。
去年1輪しか咲かなかったが、今年はまだたくさん蕾が開花を待っている。
家の前の麦畑が西日を受けて暮色に染まっていた。
これも風景画の画題に使えそうだ。
家の裏のため池は風がなく鏡池のようになっていた。
ロウバイ 麦畑 ため池