FC2ブログ
2018年11月03日 (土) | Edit |
今朝はいつもより30分早く起きた。
先週の土曜日に実施する予定だった里山同好会が、雨予報のため翌日ではなく1週間遅らせて今日実施することになった。
今日は朝からいい天気で絶好の山登りの天候だ。
バアがお弁当を作ってくれるので、出かける前の慌ただしさがなくなった。
8時に家に出て集合場所の中央公園に行った。
今日は最後ということもあって、7人全員が参加となった。
今日の行き先は、国土地理院の調査で、海から一番遠い地点と指定された箇所がある佐久市臼田の榊山だ。
佐久市内に住む会員を家の近くで拾って総勢7人で登山口まで行った。
登山スタートは9時半過ぎ、初めは沢に沿ってなだらかな林道を歩いた。
これならバアでも歩けるかも知れない、と思いながら歩いた。
陽のあたる山筋の紅葉がきれいだった。
紅葉
林道は落ち葉の絨毯が敷き詰められていた。
全行程2.3㎞の残り1㎞のところまで来たところで林道が終わり、そこからは流量の少ない沢に沿って登った。
そこからは勾配がきつくなった。
板状節理の石が欠けて小さな石ころになって登山道に転がっていて、歩きづらくなった。
まだしっかり踏ん張れないバアには無理なコースになってきた。
海から一番遠い地点には11時に到着した。
ここまでほかに登山者もおらず、完全に貸し切り状態だ。
海から一番遠い地点
記念の写真を撮った後、さらに先に榊山山頂があるというのでそこを目指した。
海から一番遠い地点まではそれなりに整備されていたが、そこから先の頂上までは、赤いテープの目印だけが頼りで、落ち葉に埋まって登山道も消えて分かりづらかった。
途中に1か所三角点があったのでそこが山頂かと思われたが、国土地理院の地図を持っていた人によると、もっと先が山頂になっているというので、さらに先を目指して、ようやく山頂に着いた。
山頂と確認できたのは、4等三角点と木に掛けられた表札でだった。
木の葉が落ちていなければ、眺望もなかっただろう。
木の枝越しに荒船山の断崖が見えた。
山頂
山頂でお昼を食べた後、記念の写真を撮ってから下山した。
上りは2時間半近く費やしたが、下りは1時間と少々で午後2時には登山口まで戻ってきた。
下っている途中で、上ってくるそれぞれ二人の登山者二組に出会った。
帰りに臼田支所に寄って、当直していた職員に海から一番遠い地点到着証明書の発行をお願いした。
後日書類ができたら佐久市に住む会員が受け取りに行くことになった。
佐久市内でその会員を下ろし、途中佐久南インターの近くにできた道の駅に寄った後、中央公園に4時に戻ってきた。
これで10年続けた里山同好会の山歩きも最後かと思うと感慨ひとしおだ。
今月21日に納会をして会を解散することになった。
2018年10月22日 (月) | Edit |
今日も一日晴れの予報が出ていたので、白樺湖に行く予定をしていた。
朝起きると霧に覆われていて景色が見えない状態で山に行けるのか心配した。
朝食を食べ、出かける支度をしている間に霧が晴れて青空が出てきた。
立科町のツルヤが開店する9時半に合わせて家を出た。
朝食に使うレタスが傷んでいて足りなくなったので、それを買うのと、白樺湖で食べるお昼の弁当などを買うためだ。
クーラーボックスを持って行ったので、他にもいろいろ食料品を買った。
これでしばらく買物をしなくて済むだろう。
ツルヤから白樺湖に向かう途中で、白樺湖よりも車山に登山することになった。
白樺湖の周回道路を歩くことで回復ぶりを測るつもりだったが、それより石がゴロゴロした山道を歩けるかどうか、バアはそちらを試したかったようだ。
車山肩の駐車場に車を停め、1時間かけて車山山頂の測候所のドームまで登った。
小石を敷き詰めた登山道は歩きにくかったが、ほとんど休憩なしに登り切った。
富士山を始め、南アルプス、中央アルプス、北アルプスの峰々が見渡せた。
足元の石が気になって、下を向きながら歩くことが多かったが、時折立ち止まって雄大な景色を見入った。
車山登山開始 頂上間近
測候所のドームのそばの風の少ない場所で、お昼のお弁当を食べた。
元気な時は、車山山頂から登ってきた方向とは反対の、蝶々深山のほうへ歩いて行くことが多かったが、今日は来た道を戻った。
一気に無理をしてもいけない。
下山中は余裕もできて、登山道の脇で咲くマツムシソウも発見した。
マツムシソウ
帰りは、途中長門牧場に寄って、車山登山のご褒美でソフトクリームを食べた。
そろそろソフトを食べる季節ではなくなりかけているのだが、この牧場に来ればソフトを食べるのが定番になっている。
ジイがスケッチしている間、バアは車山登山だけでは1万歩に達していなかったので、牧場の中を歩いて1万歩越えをさせていた。
ジイは、牧場のレストランのテラスから、蓼科山を背景に牧場を描いた。
短時間で素早く描こうと、少し乱暴な描き方になってしまった。
バアも1年ぶりに山に登れたうれしさを娘たちにLINEで伝えていた。
長門牧場 ジイのスケッチ画

2018年09月23日 (日) | Edit |
今朝は5時半に起きた。地元の秋の道路清掃と草刈りの一斉活動の日だ。
各組によって開始時間は自由だが、この組では移住してきた10年以上前からずっと6時から行われてきているので、ジイが組長の時だけ変更するわけにはいかない。
現役の長い間、遅寝遅起きの生活習慣だったジイには、田舎暮らしをするようになってからも、その生活習慣は変えられていないので、朝早いのは辛い。
4時半には寝坊したかと一度目が覚めた。
またすぐに眠れて、5時半の目覚ましで起きたが・・・。
6時10分前に集合場所に行ったが、隣のヤマちゃんはもう来ていた。
同じ勤め人なのにヤマちゃんは現役の時から早起きだ。
6時から草刈りを開始した。
すでに事前にかなりの区域を刈っていてくれた人がいたので、45分ほどで組が請け負っているエリアは全部刈り終えることができた。
家に戻るとバアが朝食の支度を全部してくれていて、ジイはコーヒーをセットするだけだった。
朝食を食べた後、出かける支度をして8時に家を出た。
今度は里山同好会の例会だ。今日は小布施の雁田山(759m)に登る。
今回の参加はジイを含めて4人だけだったので、ジイの車で出発した。
カーナビでは、高速を利用するコースが最初出たが、一般道優先でコース変更した。
菅平、須坂経由で行くと、登山口に近い美術館の駐車場に到着するのに、1時間強で済んだ。
美術館の駐車場
一番近い登山口は、最後に下ってくるところにして、そこから20分ほど整備された遊歩道を歩いて、葛飾北斎の描いた天井画で有名な岩松院の脇からの登山口から登り始めた。
山頂が低い割に一周4時間のコースタイムというので、不思議に思ったがその理由がすぐに分かった。
登り始めてすぐに急登が続いた。
天気も良く気温も高めだったので、一気に汗が噴き出した。
急登なうえに植物観察をしながらなので、あとから登ってきた人たちに次から次と追い越されていった。
急な坂 登山中の小布施の街の景色
同行した一人は、植物にはまり関心がなく山登りだけが目的のような人なので、途中からしびれを切らして先に行ってしまった。
山頂に近い分岐点から電話がかかってきて、先に山頂まで行っているというので、ジイたちはマイペースで登って行った。
山頂と思われるところまで行くと先行した人はそこにいなかった。
登山のガイドブックによると、分岐点から反対方向に昔の山城跡があると書いてあったので、そちらに行って待っているかもしれない、と電話を掛けたが呼び出しているが電話に出なかった。
心配になり、ジイが荷物を置いて、引き返し城跡まで行ったが誰もいなかった。
いくつもあるアップダウンを繰り返して30分以上かけて山頂と思われるところまで戻った。
戻る途中で電話があって、先行していた人はさらに先まで行っていたようだ。
1時を過ぎて戻ってお昼を食べた。20分休んで下山を開始した。
ガイドブックに書かれている地図をよく見ると下山途中に雁田山山頂の表記があった。
山の最高地点ではなく、三角点のあるところが山頂なのだからそれもそうかも知れないが、先行者との後行者のそれぞれの思い込みがあってすれ違いが起きてしまった。
途中でジイや会長の足がつり始めた。
下りも登りと違うコースだが同じように急坂だ。
筋肉痛に即効性のあるメンソレータムの「ラブ」を持っていたので、それを塗ったらジイはつらなくなった。
会長も効果があったようだ。
結局先行者とは登山口の先、駐車場の手前で落ち合うことができた。
集団で行動する山登りでは、脚力に差があったら一番遅い人に合わせなければならないのが鉄則だ。
里山同好会に途中から参加してきた人なので、まだ関係性が十分できていないが、里山同好会もあと1回の例会が終われば解散するつもりなので、そう強くは注意しなかった。
ジイは体の疲れ以上に精神的に疲れてしまった。
3時半に駐車場を後にしてどこにも寄らず、東御市中央公園の駐車場にはちょうど1時間で無事戻ってくることができた。
解散したあと、山歩き中に電話がかかってきた日本水彩上田支部の庶務の人の家に寄って、11月の会員展小品展の案内原稿を受け取ってから家に戻った。
5時過ぎに戻るとバアが玄関の外で待っていた。
グーグルナビで現在地確認できたので帰ってくるのが分かったらしい。便
利な世の中になったものだが、隠し事もできなくなった?
2018年08月04日 (土) | Edit |
昨夜は10時就寝。今
日は、里山同好会の番外編で滋賀県と岐阜県の県境にある伊吹山に日帰りで行く日だ。
はじめはレンタカーを借りて、会長の息子さんが運転手役で行くことになっていたが、夏休みのこの時期予約が取れなくて、マイカー2台に分乗していくことになった。
そのうちの1台は我が家のフィットになった。
日帰りの長距離を、一人で運転する自信がないので、交替してもらえるなら、という条件で車を出すことにした。
早く寝たので、4時前には目が覚めて起きた。
5時に家を出て集合場所の会長宅に行った。
会員7人に会長の息子さんを入れて8人、4人ずつ2台の車に分乗して5時半に出発した。
中山道和田峠から岡谷インターで高速に乗るコースだ。
駒ケ岳サービスエリアで最初の休憩をとり、ここで運転をYさんに交替してもらった。
小牧ジャンクションから一宮ジャンクションの間はしばらくノロノロ運転の渋滞があったが、高速を降りる手前の最後のサービスエリアである養老サービスエリアで休憩をとって、再度ジイに運転を交替して、目的地の伊吹山ドライブウェイの頂上駐車場まで走った。
会長さんが事前に作ってくれた行程表より1時間早く到着した。
外は30℃を越える暑さで、陽射しに当たるとじりじりと焼ける感じがした。
霧が上がってきてときおり日差しを遮ることがあるとホッとする感じだ。
山歩きでは晴れが何よりなので、暑さなどで文句は言えない。
11時に西コースの登山を開始、といっても登山口には「頂上まで40分」の看板があった。
スタートから立ち止まって植物観察に熱中するので、山頂で一息ついたときは12時半になっていた。
ジイは、空腹で「花より団子」の気分だった・・・。
山頂
伊吹山にちなんで名前が付けられている植物がいくつかある。
代表的なものはイブキトラノオだが時期のせいか意外と少なかった。
長野県内のほうがもっと群生している。ク
ガイソウと同じ仲間のルリトラノオは、長野では見たことがない。
イブキトラノオ クガイソウ リリトラノオ
白花のイブキボウフウやイブキアザミなどもあった。
まだ花芽だけで花はこれからというコイブキアザミは触るとチクチクとトゲが痛かった。
コイブキアザミ
花弁にギザギザの切れ込みがあるイブキフーロを探したが、山頂付近でわずかに咲いているのを発見した。
珍しい植物としては、キバナノレンリソウなども会長さんが見つけたというので、下山途中で写真に収めた。
イブキフウロ キバナノレンリソウ
午後1時までお昼の食事休憩をとり、山頂の道標の前で記念写真を撮った後、下山した。下りも登るときに見落とした植物を観察しながらで、頂上駐車場に着いたのは2時前になっていた。
帰りは、2時半に駐車場を出発、来たコースを辿って帰ったが、高速道路では、来るときに渋滞していた一宮、小牧間もスイスイと走れたので、最初の休憩は恵那峡サービスエリアになった。
ここでまた運転を交替してもらった。さ
すがに疲れて眠くなり始めていたのでちょうどいいタイミングだった。
途中外気温が38℃に達している箇所があった。
連日猛暑で40℃台に達している多治見市周辺では、37℃だったが・・・。
運転を交替してもらった後、次の駒ケ岳サービスエリアで交替するまで助手席でぐっすり眠ることができたので、その後会長宅まで戻るまでの運転はすごく楽になった。
午後7時前に無事会長宅に到着し、解散した。
途中で夕食を食べてこなかったので、予定より30分早い到着だった。
家に帰って、さすがに疲れてブログも書かずに寝てしまった。
2018年07月21日 (土) | Edit |
今朝も6時半に起きてお弁当作りをしたが、ほとんどはバアがやってくれてジイはおにぎりを握ったぐらいだった。
今日は里山同好会で鉢伏山・高ボッチ登山の日だ。
去年の例会で、天候の悪い中登山口の近くまで行ったが、前日の土砂崩れで道路が不通となり、雨も降ってきたので登山せずに引き返した因縁の山だ。
今日は天気予報も晴れで心配はなさそうだったが、猛暑で山では急な天候の変化もあると言っていたので、一抹の不安も抱えながらの例会となった。
今日も参加者は5人だけだったので、ジイの車1台で行くことになった。
集合場所の中央公園を8時半少し前に出発し、丸子経由で新和田トンネルを通って岡谷から国道20号を経て、高ボッチ高原まで行った。
広い駐車場がいくつかあったが、これをやり過ごして最初の鉢伏山山荘の有料駐車場まで行った。
ここから案内板では山頂まで800m15分となっていたが、10時45分に登山開始し、道々山野草を観察しながら登ったので、時間は倍の30分以上かけて山頂に到着した。
鉢伏山登山
途中雲が次から次に湧いてきて怪しい雲行きになってきたので、早めの移動をしたいところだったが、山頂を目指すより植物観察を優先するグループなので、そうもいかない。
11時半に山頂に到着したあと、誰も登山者がいないところで昼食をとることにした。
昼食を済ませて記念の集合写真を撮った後、12時に山頂をスタートして、山荘の駐車場に戻った。
山頂で記念写真
そこから高ボッチ高原の広い駐車場まで戻った後、トイレで用を済ませ高ボッチの山頂を目指した。
こちらは山頂まで600m10分と表示されていた。
ここでも山頂で記念写真を撮ってから車に戻った。
高ボッチ山頂
どちらの山もなだらかな勾配で身体に負荷はほとんどかからなかった。
鉢伏山や高ボッチでは、エゾカワラナデシコやハクサンフウロ、コウリンカ、イブキトラノオ、ツリガネニンジンなどが目についた。珍しい植物ではバアソブのつぼみを見つけた。
どちらの山頂からも諏訪湖が一望できた。
空気が澄んでいれば絶景になっていただろうが、今年の今頃は湿度が高く霞んで見えた。
諏訪湖の眺望① 諏訪湖の眺望②
2時に高ボッチを後にしてどこも寄らずに東御市中央公園に3時45分に戻ってきた。
高ボッチでは気温22,3℃だったが、東御市まで戻ってくると33℃になっていた。
家に戻っても外の気温は変わらず、室内も冷房をつけていたが、車の冷房よりは控え目の効き目で暑く感じた。
一日家にいたバアのリハビリウォーキングをするため6時過ぎに家を出た。
昨日も歩いていないので足の動きはあまり良くなかった。
リハビリは休んだ分だけ後退するようだ。
リハビリウォーキング
シェフナベさんから恒例の桃が届いていたので、早速夕食にいただいた。
今年の暑さのせいか甘みは最高だった。猛暑もいいことがあるのだと思った。
シェフナベさんからの桃