FC2ブログ
2011年09月28日 (水) | Edit |
今朝も一けた台の気温で夜が明けた。
ミーちゃんは、昨日作った猫小屋に入って一晩過ごしたようだ。
様子を見に行くとゆっくり小屋から出てきた。
今日は、バアが郷土史研究で長野市松代などへ出かけるため、いつもより早く7時20分に家を出て行った。
一日一人でぼんやり過ごすのも面白くないので、渓流釣りに行くことにした。
先週の信州釣行で今シーズンは終わりと思っていたが、その時のミミズの餌も残っているし、大物を釣り逃した悔いも残っていたので、もう一度近場へ行くことにした。
8時半に家を出て、いつものところへ向かった。
途中、スーパー西友で昼食を買い、現地で釣りの支度をしていると、川下から釣りあがってきた釣り人と鉢合わせになってしまった。
こちらの姿を見て、あわてて上流目指して釣り上がっていった。
仕方がないので下流へ釣り下がることにした。
先週の釣行で、藪が深いので入らなかったエリアだ。
ただ、先週の雨で大水になったらしく、生い茂っていたアシがなぎ倒されていて、入渓しやすくなっていた。
先週の大雨でアシが倒されていた
入りやすいポイントは、先行者に釣り上げられてしまったのか、ほとんど当りがなかった。
それでも大木があって入渓しにくい場所を探してポイントを探ると、立て続けに25センチ前後の型のいいヤマメがヒットした。
川の土手のほうから声がしたので、視線をそちらにやると、畑をしていたおじさんが、ちょうど釣り上げるところを見ていたらしく、声をかけてきた。
そのおじさんが見ている間に、リリース2尾、25~27センチ4尾を上げることができた。
あまり人が見ているところで釣るという経験はないが、結構気分のいいものだ。
当りがなくなって移動したが、その後も丁寧に別のポイントを探った結果、お昼まででトータル11尾をゲットすることができた。
同じぐらいの数をリリースしたので、釣りとしては十分に堪能することができた。
気分よく納竿することにした。
あまり釣れなかったら午後までやるつもりだったが、お昼で終わりにした。
午前中だけで釣れたヤマメ
午後1時過ぎに帰宅して、釣り道具を洗い、強い陽射しの中で干した。
奥の田んぼの稲刈りが始まっていた。
今年の長野県の稲の作況指数は、やや不良で、97とと報道されている。
やはり、8月下旬の長雨が影響したらしい。
奥の田んぼの稲刈りが始まった
バアは午後4時過ぎに帰ってきた。
夕食は、ヤマメを塩焼きにして食べた。