FC2ブログ
2012年02月16日 (木) | Edit |
プラごみを出しに行くため、車で八重原公民館まで行った。
帰ってきてから温度計を見るとマイナス6℃だった。
冷たい風が強めに吹いていた。
曇っていたので、日中の気温も氷点下のままだった。
午後になって少し陽が射すようになり気温も上がってきたので、上田まで買い物に出かけた。
上田駅の先にある「タカハシ」という額縁の専門店に行った。
来月のいきいき生涯学習塾の作品展に出す風景画用の額縁を買った。
サイズは水彩画の「四つ切」用のものを、とお店の人に言ったら、そのサイズはあまり一般的ではないようだ。
全紙というサイズより一回り小さい小全紙用の額縁を買い、持って行った絵のサイズに合わせてマットを作ってもらった。
紙のサイズも、静物画に使っているF8までしか使ったことがないが、10号、20号・・・と大きいサイズにも挑戦していくのに、その実寸も知らなければ・・・。
しかし、これから彩明会や東御美術会の会員展に出品するようになると、額縁も揃えなければならない。
今日の額縁屋さんは、1,000円で入会すると、会員割引があるというので、入会した。
この割引を使って今回買った割引が、1,000円以上になったので良しとするか。
ポイントが貯まると、貯まったポイントに応じて割引率が高くなるシステムのようで、リピーターを確実に捕まえておこうとする商法のようだ。
額縁屋さんの次は、上田アリオに寄った。
アリオの中にあるシネマコンプレックス「トーホーシネマズ」を覗いた。
『はやぶさ遥かなる帰還』が上映されていた。
12日に主役の渡辺謙が挨拶に来たと信濃毎日新聞に載っていた。
今日はそのつもりで来ていないので観なかったが、放映中に来てみよう。
ウォーキングを兼ねて、広い店内を買うあてもなく歩き回った。
最後に夕食の食材などを買った。
帰りに、千曲川に飛来してきているコハクチョウを見に行った。
今日で二度目だが、今日は前回より見物の人が多かった。
冷たい風が相変わらず吹いていたが、コハクチョウを見るついでに遊歩道になっている土手の上を歩いた。
渓流釣りの解禁日なので、近くで誰か釣っていないか探したが、釣り人の姿はなかった。
夕方のローカルニュースでは、安曇野の梓川でニジマスの放流と、それを釣る釣り人の様子が放映されていた。
それを見て、少し腕がうずいたが、もう少し暖かくなるまで自粛だ。
家に帰って早速、作品展に出す予定の絵「志賀一沼の秋」を額に入れてみた。
もう一枚は、やはり3月24日に始まる彩明会の会員展に出す予定の「冬の明神池」。
志賀一沼の秋 冬の明神池