FC2ブログ
2019年03月09日 (土) | Edit |
今朝は霜が降りるほど冷え込んだようだ。
庭のフクジュソウが霜で白くなっていた。
霜で白くなったフクジュソウ
今日は先月の大きなイベントの会員展を終えて最初の彩明会の例会があった。
前回の例会で顧問の先生が、例会を失念していたのを思い出し、出かける前に家に電話した。
やはり忘れていたようだ。
同じ亥年生まれ、一回り年齢が違うが、この間まで先生の元気さは、絵を描くことにあると思っていたのだが・・・。
今日は会員二人が休みで、総勢7人が集まった。
やはり10人以下の例会は、広い公民館の講堂では少し寂しく感じる。
例会
静物画は少し飽きてきていたので、今日は先日白馬村で撮ってきた写真を持って行って、それを見ながら描くことにした。
他の4人も外の景色を描いていた。
今日は午後2時から別のグループが講堂を使うことになっていたので、午後1時15分まで描いた後、先生の講評をしてもらった。
構図的には、少し山と林、雪、水たまりが同じような面積で区分してしまって、動きが感じられない、と批評された。
画面下の水たまりは切り取ってもいいのでは、と言われたが、その水たまりに映る白馬槍や木の幹のところを一番描きたかったところだったので複雑な気持ちだ。
家に帰ってきてバアに見せたら、水たまりを池と言われてしまうし・・・。
白馬の景色 ジイの描いた絵
朝は冷え込んだが日中は気温が上がってきて、バアはお昼過ぎに一人でリハビリウォーキングに励んだようだ。
2時前に戻ってきたときにはもう歩き終えていた。
夜になってときおり強い風が吹いて地鳴りがするような音が聞こえてきていた。
東京では今日春一番と認定されたようだ。