FC2ブログ
2019年05月11日 (土) | Edit |
今日は彩明会の例会で、東御市と小諸市にまたがる御牧ケ原台地にあるジオヒルズワイナリーに行った。
当初ジイの家周辺で描く計画になっていたが、去年オープンしたワイナリーで見晴らしもよく、トイレを借りたり、併設しているカフェで昼食も食べられるので、そこに変更した。
先日昼食の予約もしておいた。
集合場所の北御牧総合支所には参加者6人が、9時15分前には全員集まった。
そこからワイナリーまでは10分弱で行ける。
9時には現地に到着し、O先生に写生ポイントの意見を求めたが、見晴らしがよすぎて建物や林などのポイントが少なくあまり気に入らなかったようだ。
ワイナリーのカフェで働く人にあいさつしたら、10時オープンだがコーヒーなら飲めるというので、まずはコーヒーを飲みながら店内からの景色を眺めることにした。
大きいガラス窓から眺めるとまた視点も変わって、先生もこの周辺で描いていいかも、と言ってくれたので、お店から50メートル離れた大池の端まで行って、そこで描くことになった。
今日の景色
晴れているが適度に風もあり、時折雲が陽射しを和らげてくれる時間もあって、午前中は10時過ぎから描き始め11時45分まで描いて、そのあとカフェで昼食をとった。
若いスタッフ3人が食事を用意してくれた。
貸し切りかと思ったが、いる間にあとから数組来客があった。
食事はそれぞれ満足してくれたようだ。
ジイの食べたランチもおいしかったので、今度はバアと食べにこよう。
ランチ
食後は1時45分まで描いて終わりにした。
他の人たちもほぼ描き終えていた。
先生に講評してもらったが、全体的に描く技術が上達していると誉められた。
今日描いた絵
北御牧総合支所まで戻って解散したあと、参加した二人の女性会員がジイの家の北側のため池に生えているワラビを摘みに来るというので、道案内を車で先導して連れてきた。
早速ため池の土手を歩き始めて驚いた。
近所の人が誰も摘み取りに来ないので、いくらでも取れるはずのワラビがみな立ち枯れしていた。
8日の氷点下の冷え込みでみな枯れてしまったようだ。
我が家の庭のロウバイやキンモクセイ、シランなどの新芽もみな茶色く枯れてしまったが、ワラビも同じ状態だった。
せっかく摘みに来たのにほんの一握りしか収穫できなかった。
これからいくらでも出てくるだろうから、そのときに摘んで届けよう。
立ち枯れたワラビ
二人が帰り路が分かるところまで先導したあと家に戻ってきた。
そのあと、今日描いた絵の手直しをしたあと、今月2日の東御美術会で描いた絵の手直しもした。
同じ小諸市内からの浅間山なので同じような風景になっているが、2日の時には田起こしの状態だったのが、しろかき最中の田や、田植えが終わった田に変わった風景になった。
ジイの描いた絵 2日に描いた絵の手直し