FC2ブログ
2019年08月21日 (水) | Edit |
朝6時に起き、白馬村に出かける用意をした。
今日は、久し振りに四国から七二会に来ているマイスターと上尾のシェフナベさんと落ち合って、釣りをすることになっている。
6時半に家を出て、上田菅平インターから高速に乗り、長野で降りて、白馬村まで一気に走ったら、8時には集合場所に着いてしまった。
9時に集まる予定なので、当然ながらまだ誰も来ていない。
近くのコンビニに行って、日釣り券3人分を買って集合場所に戻るとシェフナベさんが到着して釣り支度をしているところだった。
それぞれ釣るエリアを決めて、ジイは早速自分のエリアで竿を出した。
ポイントに竿を出すとすぐに当たりがあるが、釣れるのはリリースサイズのヤマメばかりだった。
ただ、4年前の大地震のあと崩れた護岸の工事などですっかり魚がいなくなっていたが、魚も戻りつつある手ごたえを感じた。
釣っている間雨が降ったり止んだりしていたが、川の水が濁ることはなかった。
午前中いっぱい釣ってビクには何とか10匹が入っていた。
中にはリリースサイズだが針を飲み込んで、川に戻して生き永らえない小型のヤマメも入っていたが・・・。
釣り券を買ったコンビニでお昼の食料を買い、駐車場でお昼を食べた。
午後からは、本流釣りから支流釣りに変えた。
ここもそれぞれお気に入りのエリアに分散して釣った。
ジイが最初に行った場所にはすでに釣り人二人が釣っていて入渓できず、下流に戻って釣り始めた。
それが功を奏したのか、竿を出したところがいきなり大きなイワナがかかった。
午前中は全部ヤマメだったのに、支流はイワナのほうが多いようだ、同じ場所で立て続けにヒットし、3匹目は見るからに大物だった。
この支流では数年前に尺物を格闘の末糸が切れて逃しているので、同じ轍を踏むわけにはいかない。
護岸が玉石を積んだ野面積みだったので、ゆっくり降りれば川床まで降りれそうだったので、慎重に降りて網ですくい上げた。
久し振りに尺物を釣ったと最高の気分だった。
その後この支流で4時半まで釣って、型のいいイワナ5尾とヤマメ1尾を釣り上げた。
時折雨が降る釣りとしてはジイが一番好む条件だったせいか、最高の釣果となった。
気にしていた右膝の痛みも、湿布とサポーターをしていたせいか、ほとんど出ずに済んだ。
近くの用水で釣った魚の腹を裂いたあと、マイスター七二会の古民家に向かった。
釣った魚
5時半に古民家に到着した。
マイスターのパートナーの心のこもった料理に舌鼓を打ちながら、1年ぶりの再会に話の花が咲いた。
七二会に付いてしばらくすると日中は降ったり止んだりの雨がバシャバシャと音がするほどの本降りの雨となった。
尽きない話を打ち切って11時に就寝した。