FC2ブログ
2019年08月24日 (土) | Edit |
今朝は5時にトイレに起きてから眠れなくなった。
6時過ぎに眠れないのでベッドの中でスマホでニュースを見ていたら電話が入った。
相手は美術会の人でショートメールを送ろうとしていたようだ。
確かに電話の呼び出し音とは違う音が鳴っていたが、画面で電話のマークが出ていたのでボタンを押して出てしまった。。
今度の上田支部の支部展に出品する作品の画題とサイズを連絡しようとしたらしい。
それにしても朝が早い・・・。結局この電話で起きてしまった。
今日は、明神池のほとりにある美術館で開催されている展覧会に、佐久平水彩画研究会の人たちが10時半過ぎに来るというので、一緒に見ることにした。
見学の後我が家を見てみたいようなことも言っていたので、出かける前に掃除をしたり、片付けたりした。
展覧会は、上田支部の支部長が講師として指導している御代田町の人たちのグループが行っている。
その中の一人は佐久平水彩画研究会のメンバーだ。
支部長も来ているかもしれないと、支部展の作品目録の体裁案や印刷した案内ハガキを持参した。
館内に入ったら、支部長が受付をしていた。
偶然だが、受付をやる予定の人が体調を崩し、急遽代わりに受付をしていたとのことだった。
1時間ほど支部長やメンバーの人から、作品のコメントなどを聞きながらじっくりと見させてもらった。
早めに終わったら自宅に案内しようと思っていたが、お昼になってしまったので道の駅や日帰り入浴施設のある御牧の湯に隣接する御牧苑でお昼を食べることにして、そこに案内した。
とっさにどこか食べるところはないかと聞かれて、先日かつての職場の同僚と食事をしたお蕎麦屋さんが頭に浮かんだが、土曜日の12時前後は満席でしばらく待たされるのは必定だった。
次に浮かんだのが御牧苑だった。
ここならいろいろメニューが選べるのだが、みな手打ちのそばと天ぷらの定食を注文した。
食事の後我が家に案内した。
家に中には遠慮して入らなかったが、ジイ小屋を覗いたり、付近の景色を見てもらったりした。
佐久の人たちにとってもかなり自然豊かな風景に感じたようだ。
今年の東京展に出したしろかきの風景画のもとになった景色も見てもらった。
佐久平水彩画研究会には今年から参加させてもらったが、これでしっかりつながりができたことと思う。
佐久の人たちが帰った後は、今朝の寝不足を補うように昼寝をたっぷりした。
目が覚めたらバアがいなかった。
ジイが寝ている間にバアは一人でリハビリウォーキングに出かけていたようだ。