FC2ブログ
2020年09月01日 (火) | Edit |
9月はジイの誕生月だ。今月中にまた一つ年をとる。
誕生日を迎えるたびに、この一年間無為に過ごしてこなかったかと自責の念が沸き起こる。
古希を過ぎても惑うばかりだ。
気温が20℃しかなかった。朝起きると窓を全開するのが日課となっているが、今朝はひんやりした空気が家の中に入ってきた。
少し雲のほうが多かったので気温は急上昇しなかった。
涼しいうちにリハビリウォーキングをしたほうがいいだろうと思って10時半過ぎに歩き始めた。
昨日までの暑さと打って変わって、涼しい中での歩きとなった。
いつも1時間近くかかるコースを5分ぐらい短縮して歩き終わった。
道路の端の草むらに赤い花が目に付くようになった。
スマホのアプリで調べたらマルバルコウソウという外来種だった。
夏の雑草が枯れ始めている中で、鮮やかな赤色が目を引く。
先日牧草地の草が丸められていたが、白いビニールに巻かれて山積みになっていた。
こうして畑で発酵させてから牛の餌になるそうだ。
リハビリウォーキング マルバルコウソウ 牧草
午前中歩いたので、午後の接骨院行きは、少し早めに3時ごろ行った。
すでに二人の先客が施術を受けていたので、しばらく母屋の庭で待った。
施術を終えたところを見計らって入室した。
二人目の人は初めて来院した人だった。
新しいお客さんも来ているようだ。
バアとジイの順番で施術を受けて、ジイが終わるころいつもの夫婦がやってきた。
同じ時間帯でよくかち合う人だ。御主人はリハビリウォーキングでよくすれ違う人だ。
今日は、施術が終わった後しばらく奥さんと話をした。
我が家に隣接する畑で作っているセンブリの収穫の時は手伝いに来たこともあったそうだ。
よそから来た我々には知らない、この地域で暮らしてきた人たちの歴史を垣間見たような気がした。
午後からの来院者だけでも6人になった。
夜になって、窓を開けていると寒く感じるほど涼しくなった。
これで暑さから解放されるといいのだが・・・。
自民党の総裁選は、党員投票をしない両院議員総会で決めることになった。
国民の蚊帳の外で決めることとはいえ、選挙もしない、候補者の政策や政治家としての信条も分からぬまま、一国の総理大臣を決めてしまう日本の議会制民主主義とはお粗末、としか言いようがない。