FC2ブログ
2020年09月08日 (火) | Edit |
午前中長女が家に来た。パンプキンプリンを届けに来てくれた。
今日は、午後から病院ではなく別の場所で研修があるとのことで、午前中時間が空いたようだ。
パンプキンプリン
長女が帰った後、午後から天気が崩れる予報が出ていたので、晴れている間に歩こうと、リハビリウォーキングに出かけた。
さすがに陽射しは強かったが、ひところに比べれば我慢できない暑さではない。
歩いている途中の田んぼの稲は、穂が垂れ下がってきて、稲の葉も黄色く色づいてきた。
それと対照的に空の青が深くなった。
秋らしいうろこ雲も見られるようになった。
今日も1時間歩いて家に戻った。
リハビリウォーキング 稲穂 うろこ雲
午後になってクロネコヤマトの宅配便が届いた。
次女からの誕生日祝いのプレゼントだった。
低温調理器で作ったローストビーフだった。
写真を撮ったがビニール袋の光が反射して中身がよく見えない。
明日食べるときにもう一度写そう・・・。
ローストビーフ
何も言わなかったが、午前中の長女のパンプキンプリンも誕生日祝いだったのか?
4時半に接骨院に行くと先客が二人いたので、母屋の庭でしばらく待った。
後でもう一人予約のお客さんがいるというので、庭の草取りをして待つことにした。
予約のお客さんのほかにもう一人来たので、結局先客4人が終わってから施術を受けた。
ジイが終わった時には閉院時間の6時を少し過ぎていた。
その間に、長女が研修から戻ってきたので、バアは母屋でお茶をご馳走になっていた。
病院などで待たされるのは苦痛だが、接骨院では待たされるぐらいの来院者があることに安堵感が生じるから、これが身内感覚ということなのか?