FC2ブログ
2020年09月26日 (土) | Edit |
天気予報では昨夜深夜には雨が上がる、というので朝食前に釣りに行くことにしていた。
師匠とシェフナベさんは4時半には起きて朝風呂に行ったようだ。
5時から釣り支度をして、5時半に宿を出て、昨日の午後釣った川の入渓ポイントを変えて入渓した。
7時半まで2時間弱釣ってジイの釣果は大きめのヤマメ2尾と小さめの1尾を釣り上げた。
釣った数は10尾を越えたが3尾以外はみなリリースサイズだった。
ホテルに戻って8時から朝食をとり、9時過ぎにチェックアウトした。
午前中は、朝食前の川の上流で作ることにした。
大きい川だけに魚影は濃い。
ただ釣れるのはリリースサイズが多かった。
後ろに大きな木の枝が下がっていて、釣れた時の取り込みに苦労した。
結局釣れたうちお持ち帰りは1尾だけにとどまった。
釣り餌も底をついたので納竿することにした。
これで今年度の渓流釣りはジ・エンドだ。
また来年も渓流釣りができるようお互いに身体をケアしていこうと誓い合った。
帰りに大沢温泉の露天風呂で疲れをほぐし、途中の道の駅でお昼を食べた後、高速で一関に戻った。
大沢温泉 露天風呂からの眺め
今回の釣行は、想定していなかった台風で釣りにならないのではと気を揉んだが、予想以上に台風が東に逸れたので、ほとんど台風の、影響も受けず、3日間つりができ、有終の美を飾ることができた。
午後3時過ぎに一関に着いた後、3日間案内役と釣りに指導をしてくれた師匠と別れた。
農作業など忙しい合間を縫って釣行の段取りをしてくれた。
3時50分発の東北新幹線で大宮まで3人で一緒に来た後、大宮で2人と別れ、30分後に北陸新幹線で上田まで戻ってきた。
7時半には着いたが、次のしなの鉄道は30分後ということで、待合室で待った。
8時12分着で田中駅に着くと、雨が降っていた。
駐車場に行くまでに雨に濡れてしまった。
荷物が多いので傘をさすこともできなかった。
気が付いたら荷物もだいぶ濡れていた。
8時半に家に無事に戻った後、まずは釣ってきたイワナ・ヤマメをもう一度水洗いして塩水に30分浸けた。
岩手から保冷バッグに入れてきたが、一緒に入れたコンビニで買ったロックアイスはまだ半分融けずに残っていた。
明日食べる分は、塩をして冷蔵庫に入れ、残りはジップロックに入れて氷漬けにした。
明日は朝6時から道普請で草刈りをしなければならないので、12時前に就寝した。