FC2ブログ
2022年01月10日 (月) | Edit |
今日は最低気温がマイナス1℃台で3月下旬並みの陽気になった。
真冬でもこのくらいの寒さなら年を取っても過ごしやすいのかもしれない。
10時に奉灯句の俳句の審査をしてくれる先生の家を訪問した。
ジイとバアの家と同じ時期に家を建てたらしく、木立に囲まれた別荘風の建物だった。
もともとの地元の人ではないが県内の高校の教員をしていた人なので、ジイたちのような全くの県外からの移住者とは違うようだ。
退職後も生涯学習などの講座の講師を20以上受け持っていて全国的にも飛び回って忙しくしているとのこと。
お隣のミッチャンもこの先生の講座を受講したことがある。
今年の上八重原の奉灯句の手順などをすでに文書で用意してくれていたので、来月から3月末までに何をすればいいかわかったので一安心だ。
30分ほど打ち合わせや暮らしぶりなどをお話しあって家を辞した。
昼食の後午後1時過ぎにバアの運転で明神池まで車で行った。
椎間板ヘルニアの手術をしてから一度も車を運転していないので、それからほぼ3年経っている。
これからのことを考えるとまた運転できるように訓練しておいたほうがよい。
特に今年は後期高齢者になるので運転免許証の更新の際に認知機能検査や運転実技のテストもあるようなので、練習も必要だ。
恐々だったが無事明神池の駐車場を往復できた。
明神池の外周や周辺の公園を1時間ほどリハビリウォーキングした。
池が全面結氷しているように見えたが、一部昨日からの気温の上昇で氷が融けていた。
そこに水鳥がたくさん来ていた。
ほとんどの鳥が氷の上で休んでいたが冷たくないのか心配した。
リハビリウォーキング 明神池の鳥
夕方、明日の上田支部の総会資料のブッキングをして準備した。
今日は成人の日で孫のアーちゃんも振袖を着てさいたま市の成人式に出席したそうだ。
3回に分けてやったらしく、それぞれ式の模様はユーチューブでライブ映像が見られるようになっていた。
家の玄関でとった記念写真がLINEで送られてきた。
次女は自分の成人式の時は振袖を着なかったが、娘には着せてやったようだ。
マスクをして写った孫の顔は、次女の顔と見間違うほど似ていた。
成人式