FC2ブログ
2024年04月04日 (木) | Edit |
今日はいつもより30分早く起き、朝食の準備をした後、プラごみを出しに公民館まで車で行った。
月初めの第一木曜日は、2種類のプラごみが出せる収集日なので、溜まっていたプラごみを出しに行った。
朝食の後、8時20分に家を出て東御美術会の例会に出かけた。
途中日本水彩上田支部の支部長と待ち合わせ、支部長を車に乗せた後、祢津公民館に行った。
いつも支部長の送迎をしている人が腰痛で例会に出席できなかった。
これからもこういうケースが時々起きるかもしれない。
例会の画題は、春になって野菜や果物、花など5つぐらい用意されていた。
ジイは、前回持参した石膏のアグリッパ像を、今回も持って行ってそれを描いた。
前回は鉛筆でデッサンしたが、まだ完成していなかったので続きを描いた。
一段落した後、F6号の画用紙に今度は鉛筆を使わず、水彩絵の具のセピアを用いて、細い筆でデッサンした。
鉛筆の時のように何度も消しゴムで消しながら形を作るようにはいかないので、一発勝負でデッサンしなければならず、意外と神経を使った。
無駄口をたたかず集中して描いていたら、周りから冷やかされた。
光と影、濃い影と薄い影などセピア一色で描いていたが、途中で青系のウルトラマリンと混色したら、暗くなり過ぎて穴があいたように見えてしまった。
アグリッパ 鉛筆画 筆画
午後1時半まで描いた後、講評をしてもらって例会は解散した。
支部長がF60号の額がなくて困っているというので、我が家の額を貸してあげることにした。
今日は午後3時に上田創造館に支部長と一緒に、支部展のレイアウトの協議をしに行くことになっていたので、まずは我が家によって額を車に乗せた後、上田の創造館に行った。
打ち合わせは窓口で2,3分で済ますことができた。
毎年のことなので相手もこちらの要望をすぐに了解してくれた。
支部長を家に送り、額縁を降ろして家に戻った。
自民党の裏金問題にかかわる議員の処分が報じられた。
こんな茶番劇で幕引きを図る自民党はもうおしまいだ。
早く解散総選挙を願う。
こんなニュースより大谷のドジャース移籍後初ホームランのほうを国民は喜んでいる・・・。