FC2ブログ
2024年04月07日 (日) | Edit |
昨夜は11時過ぎに就寝、ジイとしてはいつもより1時間近く早い。
朝6時に目が覚めてしまって、その後全然寝付けなかったので、早く寝た意味がなかった・・・。
今日は、長女の家と我が家の野菜の植え付けをしなければならないので、朝食の後、9時に長女の家に行った。
長女は仕事でいないのでカミちゃんに手伝ってもらって植え付けをした。
最初に焼却灰と市の生ごみ処理施設から出る「さらさ」という肥料を畑に撒いてからミニ耕運機で耕す作業をした。
途中からミニ耕運機をカミちゃんと交代した。
今後のことを考えると、ミニ耕運機の操作技術を習得してもらっていた方がいい。
カミちゃんがミニ耕運機を動かしている間に、ジャガイモの畝立てをして元肥を入れた。
畝を立て直した後、ジャガイモを2列植えた。
一列はジイが用意したキタアカリ、もう1列はカミちゃんが用意した男爵を植えた。
種イモを植える作業はカミちゃんがやった。
種イモを植えてもらっている間に、レタスとブロッコリーの畝を立て元肥を入れて黒マルチを掛け、買ってきて置いたプラグ苗を植えた。
二人で手分けして作業をしたので、11時過ぎにはほぼ作業が完了した。
一人でやっていたら午前中いっぱいで終わったかどうかわからない。
長女の家のジャガイモ植え
長女の家の玄関横の雨樋が劣化して穴が空いていたので、補修した後家に戻った。
ミニ耕運機をカミちゃんが乗っているN-boxに乗せて運んでもらった。
家に着いて、ミニ耕運機に使うガソリンを入れた携行缶を置き忘れていることに気が付き、カミちゃんに持って来てもらうことにした。
午後からの我が家の畑作業を携行缶を持って来がてら、手伝ってくれるというので喜んでお願いした。
午後1時にカミちゃんが来てくれたので、早速作業開始。
お昼前にミニ耕運機でジャガイモを植えるエリアを耕しておいたので、カミちゃんにはそれ以外の畑をミニ耕運機で耕してもらった。
午後の畑作業
その間に、ジャガイモを植える畝を3列立てて元肥を入れた。
その作業をしている間に、他の場所の耕うんをカミちゃんが終了した。
ジャガイモの種イモの配列を終えた後、植え付けはカミちゃんにやってもらった。
その間に、松本一本ネギを植える畝を作り元肥を施した。
ジャガイモの植え付けが終わったカミちゃんに今度は松本一本ネギも植え付けをお願いした。
その間に、レタス、ブロッコリー、キャベツの苗を植える畝を各1列ずつ元肥を入れて立てた。
その3種類のプラグ苗の植え付けも全部カミちゃんにやってもらった。
しゃがんでやる作業を全部カミちゃんにやってもらったので、腰が痛くなることはなかった。
ほとんど休憩もなく作業を続け、4時過ぎの植え付けが全部終了した。
カミちゃんにやってもらって2馬力だったので、ここまでできた。
一人ではここまでとてもできなかった。
我が家の寒冷紗 ネギ
家でバアがお茶を用意してくれたので、やっとゆっくり休憩がとれた。
5時前にもう一度長女の家の畑に行き、午前中持って行った寒冷紗が長さが足りなくてできなかった長めの寒冷紗をレタス、ブロッコリーに掛けた。
長女の家の寒冷紗
家に帰って、まだ植えていないサトイモ、ショウガ、アスパラガスの植え付けをしようと思ったが、疲れたので明日の午前中まだ雨が降る前にやることにした。
夜入浴前に体重を計ったら、昨日より1㎏近く体重が減っていた。
今日の日中の最高気温は22.4℃だった。
身体の水分がかなり抜けた感じがする。
夕方畑から庭に戻ってきたら、モグラが死んでいた。
多分猫がモグラを捕まえたのだろう。
野鳥やネズミは食べてしまうが、モグラは美味しくないのか食べないで放置する。
モグラ
家の入口のシデコブシが一気に開花した。
こんなに花が咲いたのは初めてだ。
シデコブシ