FC2ブログ
2024年04月09日 (火) | Edit |
今朝は6時半に起床、外はかなりの雨が降っていた。
雨の割には気温が高いので助かった。
朝の雨
早めに朝食を済ませ、8時前に家を出て上田創造館に向かった。
家を出る前に、佐久市から上田創造館に向かっている支部員から小諸で渋滞に引っかかり遅れそうだと連絡があった。
上田市街地を通るコースを避けて、丸子経由で創造館に行った。
雨と通勤時間帯が重なっていつもより時間がかかって8時半に到着した。
雨の中支部展の搬入は、10数年支部展に出品している中で初めての経験だ。
絵の入った額4点のほか、支部展用の道具を運ぶのに雨に打たれながらほうほうのていで2階の美術館まで運んだ。あとから搬入に来た人の額の運搬も手伝った。
支部員22人の作品合計35点が搬入された。
公募展に応募してくれた9人の作品も搬入が済み、9時半から審査に入った。
審査は日本水彩画会会員、会友の5人で行われた。
しばらく他の支部員は審査が終わるまで、別室で待機した。
一般応募者の入選審査と、6つある賞の授賞者を決める審査で、約2時間かかって厳正な審査が終了した。
11時過ぎに待機している支部員は早やお昼を食べた。
昼食
12時から、美術館の展示室で、作品の展示作業を行った。
年々作業が手馴れてきて1時半過ぎにはほぼ展示作業が終わった。
支部展会場
最後に記念の全員の集合写真を撮って、解散となった。
朝のうち大雨だったが、帰るころには雨がほぼ止んでいた。
2時半前に家に戻ることができた。
一息入れてから、今日応募した人の作品の画題と号数をあらかじめ作っておいた作品目録に追加し、さらに受賞者一覧表も作品目録に入力した。
報道機関に受賞者一覧表を含めた報道と取材の依頼文を作成し、ファックスで6社に送信した。
夜にかけて、入力し終わっていた作品目録150枚を印刷した。
両面刷りなので倍の時間がかかった。
最後に、一般応募者のキャプション(題名札)を作成して明日の支部展開会の準備を終えた。
忙しい一日だったが支部展の準備は無事に終了した。