FC2ブログ
2024年04月13日 (土) | Edit |
今日は彩明会の例会で、写生場所として我が家の周辺で描きたい、というので午前9時に明神池の脇の梅野記念絵画館の駐車場に集合になっていた。
15分前に駐車場に行くとすでに6人が集まっていた。
もう1人来る予定の人を待って9時になってしまったが、来そうもないのでジイも含め総勢7人5台の車で我が家の駐車場にやってきた。
写生会は喜多池の周りでそれぞれ描きたい場所を選んで始まった。
ジイは、「黄昏」を描いた場所と、何枚も季節ごとに描いている喜多池の2か所で、A4サイズの紙にスケッチ画を描いた。
画題① 画題②
晴れて気温も20℃以上になったので、暑くて大変だった。
描いている途中陽射しが強いがサングラスを外さないと色彩が違ってしまうので、眩しかった。
白内障の手術をしてから炎天下で描くのは初めてなので、手術前ほどの眩しさではないがやはり眩しかった。
喜多池を描いているときは、池の鯉がなども水面の虫を食べようとライジングしていた。
長い時間池の水面を見ていることがなかったので、鯉のライジングを間近に何度も見たのは初めてだった。
昼食は、ジイ小屋のテラスにデッキのテーブルや椅子を運んでおいたので、そこでみんなで食べた。
午後1時半過ぎまで描いて2枚仕上げた。
顧問の先生は、B5サイズだが5枚も描いていた。
スケッチ画① スケッチ画②
2時には家を出て明神池の集合場所までみんなで行きそこで解散した。
初めての人も数回来た人も田舎の道は目印が乏しく、自力で戻るのが難しいので、帰りもジイが先導して集合場所までいった。
家に戻って一休みした後、3時からバアとリハビウォーキングに出かけた。
3時を過ぎてもまだ気温が高く途中で上着を脱いで歩いた。
観測所の最高気温は22℃台だったが、体感的には25℃以上の夏日だった。
このまま暑さが続けば、リハビリウオーキングの時間も朝夕の涼しい時間に変えなければいけないかもしれない。
毎年目を楽しませてくれる歩くコースの途中のシダレザクラが満開になっていた。
リハビリウオーキング 枝垂桜
我が家の庭のシダレザクラも今日開花した。
ツボミの時はソメイヨシノより先に開花すると思っていたが、一日遅れとなった。
今年のつぼみは今まで以上に多いので、満開になった時が楽しみだ。
シダレザクラ① シダレザクラ②