FC2ブログ
2015年04月27日 (月) | Edit |
今日はいつものように7時に起床した。
昨夜は2時ごろの就寝になってしまったので、まだ眠かったが、生活のリズムを取り戻さなければならないので起きた。
午前中は、みちのく釣行の片付けで大忙しだった。
魚は、大型のイワナ8尾を我が家とヤマちゃん家用に二等分し、山ちゃん家には、オカモト㈱製の「ピチット」という浸透圧脱水シート(業務用)に2尾ずつ包装して届けた。
この「ピチット」は、魚の生臭みをとり、旨みを濃縮する作用がある。
シートには水あめ成分と昆布成分を浸み込ませてあって、魚の臭み成分であるアンモニアやトリメチルアミンを吸収し、アミノ酸や核酸などのうまみ成分は分子が大きいのでシートの浸透膜を通ることができないので魚の残る、という仕組みらしい。
これは長女が以前に送ってくれたものだ。
残りの4尾は塩焼きにしてお昼に食べた。
中型・小型のイワナなどは、二つに分けて氷漬けになるよう水を入れたジプロップに入れて冷凍庫にしまった。
釣り道具一式を水洗いしてデッキに干した。
真夏を思わせるような天気になったので、濡れたものは一気に乾いた。
今日は上田で29.1℃と平年より8.1℃高い、7月上旬並みの気温になったというから、この辺りも同じようなものだっただろう。
庭は留守の間にすっかり花盛りになっていた。
出かける前に開花宣言した白いハナモモが満開になっていた。
ハナズオウも咲き、シバザクラもチューリップも満開だ。
深谷のマイスターの七二会の古民家に生えていたヤブツバキの苗を4年ほど前にいただいて植えたが、ようやく今年初めて花を咲かせた。
今が一番庭がきれいだ。
ハナモモやシバザクラが満開 ハナズオウ ヤブツバキ
畑では、ようやくジャガイモがまだ2,3個だが、大きな地割れを起した先から緑色の新芽を外に顔をのぞかせるようになった。
午後から中断していたブログを下書きし直し、みちのく釣行の4日間を整理した。
夜は溜まった新聞を拾い読みして、世間ずれしないよう情報を収集した。
安倍さんはアメリカに行って、得意満面な顔をしていたが、その裏でアメリカと何を約束してくるのだろうか?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック