FC2ブログ
2015年04月28日 (火) | Edit |
今日も朝からいい天気だった。
7時に起きて可燃ごみを出しにステーションまで歩いて往復したが、半袖のポロシャツで涼しいかなと思ったが、大丈夫だった。
午前中から昨日と同様気温がグングン上昇して、真夏日になった。
午前中、クローゼットの中の衣替えをした。
冬の間一度も袖を通さなかったものもいくつかあったが、廃棄処分にしたのは数着だけだった。
新しく入れ替えた夏物にも、捨ててもいいと思えるものが多数あったが、とりあえず引き出しの隙間に突っ込んでおいた。もうおしゃれなど気にしなくていい年齢になったのだから、ほとんど着ないものは処分すればいいのだが、貧乏性のせいかなかなか捨てられない。
片付けついでにリビングコタツの掛け布団も片付けた。
まだ足元が冷えるときもありそうだが、昨日今日の暑さを考えると、いまさらコタツでもないだろう。
室温が26℃にもなっていた。そろそろしまってあった網戸を取り付ける必要がありそうだ。
陽射しが強いので天窓のブラインドを閉めようとリモコンを操作したが、また動かなくなってしまった。
先週電池の液漏れを起したリモコンの内部を分解して掃除をしたら動くようになったので安心していたのだが・・・。
仕方がないので、ホクシンさんに電話をして、新築の時にカーテン工事をしてもらったところに連絡を頼んだ。
間もなくカーテン工事業者から電話があり、リモコンをメーカーから取り寄せてもらうことにした。
12年前のリモコンと同じものはもうなさそうだが、最近のものでも動作するか確認してからメーカーから直接自宅に送ってもらうことになった。
連休に入るので送られてくるのは連休明けになってしまいそうだ。
11時過ぎのコープ長野の配達を受け取ってから、買い物に出かけた。
まずは野菜の苗を買いに上田のJAグリーンファームに行った。プラグ苗でブロッコリー、ハクサイ、キャベツを、ポット苗でエンドウを買った。
レタスの苗を買うのが本命だったが、もう売ってなかった。
今月初めに自分でポットに種を播いて育てるようにしたが、家の中のサンルームで育てたら、モヤシのような苗ができてしまい、使えそうもない。
暖かくなってきたので、もう一度デッキでポット苗を育ててみよう。
ナスやキュウリ、トマトなど夏野菜の苗もたくさん売られていたが、まだ買わなかった。
この後お昼の時間になったので、温泉施設の「湯楽里館」のところにあるレストラン「オラホ」でお昼を食べた。
来月バアの友人が訪ねてくるので、一緒にお昼を食べる場所の下見もかねていた。
晴れていれば眼下に東御市や上田市の市街地が見え、遠目には八ヶ岳なども見える所なので、食事さえよければ案内しようかと思っている。その食事は、まずまずの感じだった。
次に「バンバン」に行って、みちのく釣行でなくしてしまった釣竿の竿尻の栓を注文した。
また去年のみちのく釣行で竿の途中の1本が割れてしまった別の釣竿の修理も頼んだ。
この竿は、ほかにも竿先の2本が繋ぎ目のところが固まって戻らなくなってしまい、自分で何度やっても戻らず、無理にやると繋ぎ目で折れてしまう可能性もあるので、そのままにしていたものだ。
それも合わせて3か所分を買い替えるとなると、新しい竿を買った方がいいかと、修理に出すのを躊躇していた。
バンバンの店長さんが、固まった2本を上から下に打ち下ろすように落としているうちに、ジイが何度やってもうまくいかなかったのに、スッと戻してしまった。
以前に岩手の師匠から店長がやったやり方を教わって何度もやってみたのに・・・。
店長さんは、「自分の竿だと思うと思い切って打ち下ろせないんですよ」と言って笑っていた。
最後に上田アリオに行って食料品を買い込んで家に戻った。
ネパールの地震で状況が分かるにつれ、日に日に被害者の数が増えている。
ネパールもインド亜大陸のプレートとユーラシア大陸のプレートがぶつかり合う場所で地震頻発国ということだが、崩れたレンガのがれきの山を見ると、耐震対策が遅れていることがわかる。
今日の朝日新聞の天声人語には「地震は人を殺さない、危険な建物が人を殺す」という言葉を引用していた。
確かに津波など起こりようもない国だから、そういうことも言えよう。
それでも登山の最適期で入山している多くの登山者が雪崩に巻き込まれているともいう。
痛ましい限りだ。一人でも多くの生存者が救出されることを願うばかりだ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック