FC2ブログ
2015年05月17日 (日) | Edit |
里山同好会の例会が、一日順延して今日となった。
朝から青空が広がっていて、今日は雨の心配はゼロだった。
バアは二日続きの弁当作りで早起きだった。
バアは、昨日は一緒に行かないことにしていたが、今日はミッチャンにも誘われて行くことになった。
8時に家を出て、中央公園の駐車場に行った。
今日は市の主催の湯の丸百体観音ウォークがあるので、駐車場がいっぱいになっているのではないかと心配したが、比較的空いていて問題なかった。
今日の参加者は11人と、延期したにもかかわらず、まずまずの人数だった。
今日の目的地である戸谷峰は、三才山トンネルを過ぎた先にある野間沢橋にある登山口から登る。
車3台に分乗して、野間沢橋の先の駐車スペースに停めるつもりだったが、すでにバスや乗用車で駐車場は満杯になっていた。
仕方なくさらに先にあるドライブインの駐車場に停めた。
9時30分にその駐車場を出発し、登山口には8時45分に到着、すぐに登り始めた。
この登山道は、電力会社の鉄塔の管理用道路で、普通の登山道とは違うが、よく手入れされていて、急登が続いていたにもかかわらず比較的歩きやすかった。
ずっと樹林の中の木洩れ日の下を、涼やかで心地よい風と空気の中の歩きだったせいもあるかもしれない。
木洩れ日の中の登山
登山道では、ジャニンジンや、タガソデソウ、ムラサキケマン、マルバコンロンソウ、ジュウニヒトエ、フデリンドウなどの花を見ることができたが、なんといってもこの山では、ニリンソウの群生こそが代表だろう。
きつい登りに苦しくなった頃にニリンソウが現れて疲れを癒してくれた。
ニリンソウの群生 ニリンソウ
目印にもなる3つの鉄塔を過ぎて、駐車場を出てからちょうど3時間で、山頂に着いた。
山の名前に峰が付いているので、山頂があるのか心配したが、三角点もあって銘板も立っていた。
汗をかいて頑張って登ってきたご褒美のように、山頂からは、槍・穂高から鹿島槍まで北アルプスの山並みがよく見えた。常念岳の麓の安曇野も見えていた。
反対側には武石峠や美ヶ原の山々が見えていた。
頂上で我々の団体だけで独り占めして昼食を食べた。
午後1時15分に山頂を出発して下山した。
帰りは急な下りが多かったので、ほとんど植物観察は割愛した感じで下った。
途中先導者がリスを発見し、みんなで見ることができた。
3時ちょうどに車を置いてあるドライブインに到着した。
三才山トンネルの有料道路料金所のトイレと鹿教湯温泉の入口のコンビニで休憩した後、中央公園に4時10分に無事帰ってくることができた。
家に戻ってから、畑を観察すると、昨日雨が降ったのが嘘のように、畑の土が乾ききっていた。
ジャガイモの新芽には早くもテントウムシダマシが張り付いていた。
テントウムシダマシを捕殺し、ジャガイモの芽を間引きした。水やりも畑全体にやったら、6時半になっていた。
大阪都構想の是非を問う大阪市の住民投票の結果が出て、反対が多数となった。
橋下市長は、任期の満了をもって政治の世界から引退すると表明した。
こういう危ない政治家が表舞台から退くことは喜ばしいことだ。
憲法改正に向けて安倍首相も、橋下氏にすり寄っていたようだが、これを機に安倍首相の傲慢な鼻をへし折る流れになればいいのだが・・・。
今日沖縄で、「米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の同県名護市辺野古への移設計画阻止を訴える県民大会」が行われた。
辺野古への移転が、普天間の危険を除去する唯一の方法というなら、沖縄がすべての基地を返して日本から独立する方法もある・・・。
安倍政権は、沖縄の声を真摯に受け止めなければ、そういう選択肢もあることに思いを致さなければならない。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック