FC2ブログ
2015年05月18日 (月) | Edit |
今日は9時前に、日本水彩展に出品する絵を、Tさんの家まで持って行った。
Tさんも4度目の出品で、画商が明日Tさんの家に絵を取りに来るので、ジイの絵も一緒に東京まで運んでもらうためだ。いろいろ考えた挙句、絵の題名は「みちのくの朝(あした)」にした。
朝の光と、東北の震災の復興に向けた新たな一日を迎える朝とを重ね合わせられれば、との思いだ。
そこまでの表現力が伴っていないのが残念だが・・・。
この絵で今回も落選するなら、まだまだ力不足と納得しよう。
お茶でも飲んでいきなさいと誘われたが、お断りして急いで家に帰った。
明日やってくるバアのお客さんのために、家の中、外と掃除や草取りなど仕事がたくさん待っていた。
まずは家の中の片付けと掃除を午前中かけてやった。
普段から整理してこまめに掃除をしていれば苦労はしないのだが、ゴミ屋敷にさえならなければ、とついつい手抜きをしてしまう。
午後からは、まず家の前の道路の雑草や芝生を刈払機で刈りこんだ。
午後になって雲が出てきて風も少しひんやりしてきたので、草刈りをしていても汗をかくこともなかった。
刈払機の油がまだ残っていたので、使い切るまで畑の方の雑草も刈りこんだ。
草刈りの後は草取りだ。庭のほうの草取りは、バアが午前中からやり始めていたが、広い庭?なので、一人では到底終わらない。
ジイは鎌を使ってガンガン根こそぎ取った。
真夏の雑草ならいざ知らず、まだ5月半ばだというのに、雑草は夏場のそれのように深く根が張って、容易に手では抜けなくなっていた。
何とかお客さんに見られても恥ずかしくない程度に雑草を取り終ったらもう5時になっていた。
昨日の山歩きの筋肉痛も出てきて足腰が少し痛くなってきたが、みちのく釣行で痛めた右足の痛みはぶり返すこともなかったのでホッとしている。
夜は、去年の信州釣行で釣って凍らせておいたヤマメを甘露煮にした。
久し振りにやったので、段取りや手順などレシピを見ながら、思い出し思い出しの作業だった。
2時間ほどで出来上がったが、思いのほか早く煮詰まってしまい、少ししょっぱそうに見えるが、まだ試食していない。
出来上がった甘露煮
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック