FC2ブログ
2015年06月02日 (火) | Edit |
6時半に目覚ましをセットしていたが、その前に目が覚めたので起きた。
食事の支度の前に、可燃ごみを出しにステーションまで歩いて行ってきた。
7時前には朝食を始めたが、猫たちが朝ごはんを待ちかねているようにデッキに集まってきたので、バアは食事の途中で、猫ご飯をやりに行った。
東京へ出かける支度の最終チェックをして、8時20分に家を出た。道路は朝の混雑の最中かと思ったが、思いのほか空いていて8時45分には上田駅の駐車場に車を停めることができた。
待合室でしばらく時間をつぶしてから、新幹線ホームに行った。
ホームで待っていると、上りの新幹線が猛スピードで通過して行った。
長野新幹線から北陸新幹線になって、上田駅も通過していく電車が増えた。
下りの通過電車も来たので、急いでカメラのシャッターを切った。
あとで画像を見たらまるでホームに止まっているようだ。
通過する新幹線
乗る予定の新幹線は定刻通りやって来て無事乗った。
車内販売でコーヒーを買って飲んでいてまったりした気分に浸っていたが、ふといつもズボンのポケットに入れている携帯電話がないのに気が付いた。
外出着に着替えたときには、間違いなく入れたのは記憶しているがその後は一度も確認していない。
出かけるときの荷物のチェックの時にも携帯だけはチェックを忘れていた。
車の中か、上田駅の待合室で落とした可能性もあるので、バアの携帯から電話してみたが呼び出しに応じなかった。
家に置き忘れたのだろうと都合のいいように解釈して、携帯を持っていないことを意識からなくすことにした。
東京駅に着いた後、池袋の予約してあるホテルに荷物を預けるために戻ることにしていたが、大宮を過ぎてから、大宮で下りて在来線に乗換えて池袋まで行った方が、余程か早いことに気が付いた。
長女にはホテルで東京から行く時間で待ち合わせているので早くホテルに行っても仕方がない。
諦めて東京まで行き、エキナカの店舗などを覗いた後、池袋へ行った。
ホテルで荷物を預けロビーでしばらく待っていると長女がやってきた。
池袋に詳しい長女の案内で、東武デパートのレストラン街で昼食を取った。
明日の天気予報は雨の確率が高いので、今日午後から行く予定をしていた東京都立美術館の日本水彩画展は明日にして、先に国立博物館で開催されている鳥獣戯画展を見に行くことにした。
雨の中傘をさして行列するのはいやだ。上野に行き、国立博物館に行くと、係員から入口から大分離れた木陰のところで足止めにされてそこから並ぶように指示された。
なぜか行列の先頭になってしまった。用意していた折畳みの座椅子に腰かけて待った。
15分ぐらい待ったところで、館内の入口のところまで誘導された。
外の行列40分+館内160分待ちという表示がしてあったので、これなら2時間ぐらいで見られるようになるかもしれない、と期待した。待ち時間
その後すぐに館内に入り展示室のある2階に上がるとそこからは、何重にも列ができていた。
鳥獣戯画展の展示されている絵は、甲乙丙丁の4巻で、誰でもが一度は教科書などで見たことのある擬人化されたカエルやウサギが描かれている甲巻を見るのに長蛇の列ができていた。
それ以外の乙から丁卷はほとんど並ばずに見られるというが、それを先に見ていたらまた甲卷の列が伸びる可能性があるので、迷わず行列の後ろに着いた。
1時間、2時間と経過し、目的の甲卷が展示されているケースまでたどり着いたのはちょうど160分後だった。
それも半分はコピーされたレプリカ、半分が本物でわずか10mほど、立ち止まって見ないよう係員にせかされて、わずか3分で見終わってしまった。
こんな経験は生まれて初めてだが、もう死ぬまでこんなのはもう経験しなくていい。
乙から丁巻も、甲巻がゆっくり見られなかった反動か、なかなか前に進まずこれもわずかな量を見るのに、30分以上かかった。
しかも展示物の半分はレプリカだ。
博物館側も一度に全部本物を見せず、開催期間中、半分ずつ小出しするせこいやりかただ。
いつからこんな商業主義的な手法がされるようになったのだろう?
別室の鳥獣戯画を所有する京都功山寺の他の秘宝の展示もされていたが、ほとんど飛ばして見学した。
見終わった後、ショップで鳥獣戯画図録を購入しようとしたら、こちらも長蛇の列。
チケット売り場の脇のショップにもあると思うよとの長女の助言で、そこまで行って待たずに購入することができた。
夕食は新宿伊勢丹のレストラン街に予約してあるというので、上野から新宿まで行き、時間があったのでカタログハウスに行った。カタログハウスにしかない静音で軽いキャスターの付いたスーツケースの実物を見た。
以前の旅行でバアのスーツケースのキャスターが壊されてしまい、この次旅行に行くときは新しいのが必要だ。
当分海外旅行は控えようかと言っているが、また消費税が上がる前に買っておく必要もあるだろう。
確かに軽いし、動きも滑らかだったが、蓋がジッパーになっているのが難点だった。
アメリカでは荷物の保安点検係が、荷物から金銭などを抜き取る映像が流されていた。
ジッパーなど切り裂かれてしまったら大変だ。
6時半に長女の夫と合流し、予約してくれていたレストランで夕食を共にした。
長野にいてはとても食べる機会のない和食料理だった。ダイエットなど忘れて舌鼓を打った。
今日の夕食の一部① 今日の夕食の一部② 今日の夕食の一部③
食事の後は、新宿から地下鉄を利用して池袋駅まで、長女夫妻に道案内してもらった。
9時過ぎにホテルにチェックインし、さすがに疲れてベッドの横になっている間に寝込んでしまった。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック