FC2ブログ
2015年06月29日 (月) | Edit |
今日も朝から晴れ渡った。
朝のニュースでこの晴れも今日いっぱいで、また明日から天気が崩れると言っていた。
バアが二日続けて寝ていて足を吊ったという。
この半月ほど股関節を痛めたらしく、歩くのがつらそうだ。
天気もよくない日が続いたので、なおさら歩くことが減り、運動不足となっているのが原因だろう。
思い立って、八島湿原に行くことにした。
そこなら山歩きと違ってそれほど高低差がないので、足の負担は少ないだろう。
9時に家を出て、和田峠からビーナスラインを走り、八島湿原の駐車場には10時前に到着した。
空が青く、爽やかな風が吹いていて、なだらかな丘陵の緑が鮮やかに映えていた。
八島湿原
入念なストレッチをしてから、ゆっくり木道歩きをした。
八島湿原の周りを一周するつもりだったが、半周したところで道を間違えて、物見岩の方に向かって山道に入ってしまった。
バアの足の調子もよかったので、遠回りになるが八島湿原を一望できる高いところまでいけるのからいいかと、そのまま進んだ。物見岩から湿原へ回り込む道へなかなか出くわさず、このまま蝶々深山まで行かなければいけないのか、と不安になったが途中で沢渡への分岐が出てきてホッとした。
沢渡の脇を通って湿原へ行くコースは覚えていた。
途中の丘の上でお昼を食べた後、沢渡から御射山ヒュッテを経て再び八島湿原に出ることができた。
午後1時に駐車場に戻った。
湿原の外周では、もう終わっているかと思ったレンゲツツジもまだたくさん咲いていた。
レンゲツツジ
早咲きのニッコウキスゲも見ることができた。
最近数年群生するコバイケイソウも見る機会がなかったがそれも見ることができた。
帰りは、ビーナスラインを車山肩まで行き、ニッコウキスゲの様子を見て歩いたが、まだこれからという感じで、見ごろまでは10日ぐらいはかかりそうだった。
車山肩のニッコウキスゲ
それにしても電気柵の内側しか花芽がなかったのがさびしい。
ビーナスラインを走っているときに、5頭の鹿の群れ目の前の道路を横切って行ったが、高山植物の食害を思うと、かわいいとばかりは言っていられない気持ちになる。
これも鹿にしたら人間の身勝手な都合なのだが・・・。
車山肩から白樺湖、女神湖経由で家に戻ってきたときは3時前だった。
出かけるときに、麦刈のコンバインが麦畑に来て刈り始めたところだったが、帰ってくるとすでに南側、西側の麦畑全体が、刈り終って跡かたもなくなっていた。
すっきりしたが風景的には寂しくなってしまった。
これで秋の麦蒔きまでしばらく殺風景になってしまう。
刈り取られた麦畑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック