FC2ブログ
2015年08月11日 (火) | Edit |
今朝は7時に起きてすぐに可燃ごみを出しにステーションまで行ってきた。
風もなくすでに25℃になっていて蒸し暑く感じた。
今日は日本水彩上田支部の例会の日なので、あわただしく朝食を食べて8時半に家を出た。
東御美術会や彩明会の例会が続き、お弁当を作ってもらうことが重なっているので、今日は行く途中コンビニでお弁当を買っていくことにした。
例会への出席は3回目、先日は暑気払いもあったので、支部の会員さんたちとも顔馴染みとなり、お客さんという感じから仲間という感じになってきた。
今日は会員のお孫さん、といっても京都の大学生というから二十歳前後の若々しい女性だが、モデルになってもらって人物画を描く。先日の東御美術会でもモデルを使って人物画を描いたが、今日は浴衣姿の女性を描いた。
明治時代の洋画の黎明期の画家黒田清輝のうちわを持った浴衣の女性像を思い浮かべながら描いたが、人物画の難しさを今回も思い知った。
手や足の大きさが、身体や顔の大きさに比べて小さくなってしまう。
何度も書き直し、それでも直らなかった。
モデルさんは20分描いたら10分休む形で、昼休み1時間を挟んで午後2時20分までかけて描いたが完成までには程遠い形で時間切れとなった。
カメラを忘れたので携帯のカメラ機能でモデルを撮り、パソコンにメールした。
支部の例会では、それぞれ描いた作品を並べて講評するようなことはない。
今日のモデルさん 今日のジイの絵
ジイの目の届くところで描いている人たちは、すでに会員、会友で無審査で東京の本展に出品している人たちなので、しかもそのうちの二人は毎年人物像をモチーフに描いている人なので、ときどきそちらの人たちの描き方などを横目に見ながら描いていた。
彼らの域まで描けるようになるのはおそらく無理だろうが、早く自分なりの世界が描けるようになりたいものだ・・・。
3時に家に戻ってきた。外はまた猛暑日に戻ったように暑かった。
特に冷房の利かない軽トラに乗っていると、スピードを出さないと涼しくならない。
信号待ちにはイライラしてしまう。
家に帰って一息入れた後、畑仕事を始めた。お昼ごろから大雨洪水注意報が発表されていて、空にも黒い雲が広がり始めていた。
雨が降ってくる前に、気がかりだった落花生の土寄せをしておきたかった。
まずはミニ耕運機で土を耕した。落花生のある畝のところだけでなく、今作物を作っていない空きスペースも、ミニ耕運機で耕した。
雑草が生えないためであるが、そろそろダイコンや野沢菜、レタスやハクサイなどを植える準備のためでもある。
落花生には耕してこなれた土を思い切りかけた。
葉が広がっていたが、土でおしつぶす感じで土寄せをした。
咲いた花から鞘が土に伸びて、土の中に実ができるので、近い場所に土があれば実が多く成れるので、土寄せが豊作になるかならないかの決め手になる。
土寄せした落花生
午後の暑さと、空腹とで作業が終わったころにはヘロヘロしてきた。それでも畑仕事を続けた。
二女家族がまもなくやってくるので、スイカを収穫した。
先日長女が来る前に収穫した時は未熟だったスイカもだいぶ赤くなっていた。
2個収穫した後まだ7個できているので、ハクビシンに食べられないよう寒冷紗とネットを使ってスイカの上に掛けた。
全部食べられれば、今までにない数のスイカを食べることになる。
マクワウリもたくさん収穫できそうなので、しばらくは夕食に困らないと皮算用しているが・・・。
スイカにネットを掛けた 今日収穫したスイカ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック