FC2ブログ
2015年08月22日 (土) | Edit |
今朝は5時に起床。少し眠いが釣りに出かけるので、すぐに起き出すことができた。
大方の準備は昨夜のうちにしたので、何度も忘れ物がないかチェックして、5時半に家を出た。
ちょうど東の空から陽が昇って眩しかった。
家を出て10分ほどして、携帯を忘れたのに気が付いたが、釣りに支障があるわけではないので戻らなかった。
何かしら忘れ物があるのにはもうジタバタしなくなった。年寄りの特権だと思うようにしている。
今日は上田・菅平インターから高速に乗り、長野インターで高速を降りて、途中西友に寄って、朝食、昼食用のおにぎりなどを買った。
道路が空いているので、2時間ほどで小谷村に着いた。
少し霧雨が降っていたので、四阿のある休憩所で釣り仕度をした。
昨年11月22日の白馬村神代断層地震の影響で、今年2回ほど釣りにきているが、全く釣りにならなかった。
今日はどのような状況か不安だったが、昨年秋の信州釣行できた時の状況に近かった。
去年より河床の土砂が堆積していたが、水質は春先のような濁りは消えて、透明度が増していた。
岩に藻が張り付いているのが気になった。
去年入渓しなかった場所に行って釣った。
27cmのイワナ1尾以外はみな小型のヤマメで2尾をゲットし3尾をリリースした。
小谷村 イワナ
2時間ほど釣って、これなら来月予定している釣り仲間たちとの釣行で、またここへきてもそれなりの釣果が得られそうだったので、この渓をあとにした。
次はH川へ入渓、ここでも1尾を釣り上げ、1尾を釣り落とした。
魚がいるかを確認するのが目的なので釣果は二の次だ。
今まで入渓したことのない場所を1時間釣り上がったが、釣果は1尾だ。
水量が多くポイントはあるがほとんど当りがなかった。
昨日地元で採った川虫は、朝のうちは元気だったが、お昼が近くなると暑さもあってほとんど死んでしまい、使いものにならなかった。
現地調達しようと何度か網ですくってみたが、全然採れなかった。
ここでお昼になったので、車に戻って腹ごしらえをしたあと、今まで行ったことのないM川に行った。
堰堤道路を上がっていくとキャンプ場に着き当り、その先は車の進入を禁止するロープが張られていて進めなかった。
そこまでの渓相は竿を出す気にならなかった。
左岸からの遡行を諦め、一端H川まで戻って、定宿にしているホテルに近い場所の様子を見に行くと、ここは完全にラフティングの会場になっていた。
夏場だけなのだろうが6月に来た時もやっていた。
その上流は、かなり土砂が入りこんで浅くなりポイントがなくなっていた。
春先に行って、護岸が崩れている姿を見てショックを受けた上流部は、重機が何台も入って、数百メートルにわたって護岸の修復工事をしていた。
いままで何年もそこそこの釣果を上げていた場所だったが、これで数年は釣りにはならないだろう。
今度の信州釣行で泊る場所は、朝飯前の釣り場にこの辺りを考えて、ここから近い所を予約してしまったが、どうしようか?
ラフティングの舟だまり H川上流部の渓相 護岸工事
近くの休憩場所で着替えをして帰るつもりだったが、H川の上流部が釣れないとなると、どこか別に探さなければならないので、もう一度M川に引き返し、今度は右岸側から上流部の様子を見に行った。
思った以上に奥が深い。渓相もよくなってきたが、大堰堤がいくつも続いていた。
着替えてしまったので、竿を出すわけにはいかなかったが、今度の釣行で試してみたいと思った。
できればその前に一度釣りに来たい。
M川の大堰堤
4時近くなってしまったので、帰りはノンストップで家路へ急いだ。
帰りも高速を使い、5時半過ぎに家に戻ることができた。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック