FC2ブログ
2015年08月25日 (火) | Edit |
今朝は5時半に目が覚めてから眠れなくなり、6時過ぎに起きた。朝食前にゆっくり新聞に目を通した。
奥のMさんの家では6時半には畑をトラクターで耕していた。
朝食の後、いつもは土曜日か日曜日にやる家の中の掃除をやった。
9時前なら、電気料金の単価が割安だ。
掃除を終えたあと、畑に出てミニ耕運機で耕して、秋冬野菜の植え付けの準備をした。
先日一度苦土石灰と牛フン堆肥を入れて耕しているので、今日は畝立てをするための耕運だ。
一通り畑を耕した後、2種類のハクサイの苗を植え付ける畝立てをした。
今度は畝の真ん中に堆肥と化成肥料を入れた後、鍬で畝を作った。
畝を45cm間隔に穴があいている黒マルチを掛け、マルチ押さえを打ち込んでマルチを固定した。
台風の影響か、風が強くマルチを固定するのに一苦労した。
2条の畝作りを終え、ハクサイの苗を植えた後、3条目の畝を作って、マルチを掛けたところで、マルチを使い切ってしまった。
物置を探したが、同じ規格のマルチはなかった。
お昼にも近かったので、午前中の作業はここまでにしてお昼御飯を食べた。
今日のお昼は、バアの誕生日祝いに送ってもらった高級な松坂牛のすき焼きをバアが準備してくれていた。
霜降りの柔らかい牛肉に舌鼓を打った。
外食ではとても食べに行けないようなお肉で、これならしばらく元気になるだろう。
午後は、上田のJA信州ファームに黒マルチを買いに出かけた。
軽トラのガソリンが空になりそうだったので、いつものガソリンスタンドで給油し、タイヤの空気圧が甘くなっていたので、充てんしてもらった。
1ヶ月に一度ぐらい空気圧はチェックしたほうがいいですよと言われてしまった。
信州ファームで黒マルチと堆肥を買って家に戻った。
なんとしても今日中に秋冬野菜の植え付けを済ませたかったので、すぐに畑に行って午前中の続きをした。
レタスとキャベツの苗を植えた後、ダイコンと野沢菜の種を蒔いた。
ダイコンは、去年たくわんを作る予定がなく植え付け、思い付いてたくわんに漬けたので、本数が13本しか漬けられなかった。
今年は二斗樽にいっぱい漬けられるよう、全部発芽すれば60本収穫できる量の種を蒔いた。
二斗樽に漬けられるのはせいぜい30~40本だろうが・・・。
野沢菜も去年植物観察の講座で一緒になった中八重原のMさんに野沢菜をいただき、漬け方のレシピも頂いて北御牧風の野沢菜の漬け方をやって、美味しく漬けることができたので、今年は野沢菜も自分で作ることにした。
こちらもどれだけ採れるかわからないので、3畝に種を蒔いた。
ハクサイやレタス、キャベツの苗には、寒冷紗も掛け、すべての作業が終わった時には、6時近くになっていた。
これで今年の農作業は、タマネギの苗づくりを9月初旬にやればほぼ終わりになる。
秋冬野菜の植え付けをしました
最後に、スイカを収穫した。もうスイカのヘタが茶色く変色してきていて、これ以上育つ可能性がないので、全部収穫した。
全部で4個残っていたのでヤマちゃん家と半分ずつ分けた。
今年は、ハクビシンに食べられることもなかったので、実が付いたスイカのほとんどを食べることができた。
今日も夕食にスイカを食べたが、気温もだいぶ下がってきて、スイカを食べた後は、暖かい飲み物を飲まないと体が冷えてしまう。
あと残り2個のスイカを毎日食べていかないと捨てるようになってしまう。
今年最後のスイカ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック