FC2ブログ
2015年10月29日 (木) | Edit |
今朝は9℃、少し涼しいが過ごしやすい気温だ。
午前中、昨日収穫して干しておいた野沢菜を漬けた。
陽の当る玄関前で、まずはバアが野沢菜を、3,4cmの長さに包丁で刻んだ。
用意した2斗樽に刻んだ野沢菜を入れ込むのはジイの仕事だ。
昨日収穫した野沢菜は、3畝のうちの1畝分だけだったので、ジイは足りないのではと心配したが、バアの見立てが正解で2斗樽にちょうどいい量だった。
去年始めて漬けた時より少し量も多そうだ。
野沢菜を刻まないで漬けるのが一般的だと思うが、八重原風には刻むようだ。
漬けものにする調味料は、去年中八重原のMさんに教わったとおりにした。
好みによって、ショウガやトウガラシを入れてもいい、と言っていたので、今回はトウガラシを入れた。
去年は、バアがあまりトウガラシを好まないので入れなかったが、味を引き締めるのに欠かせないと思うので、トウガラシはあとで取り出してもいいように刻まずに入れた。
漬けた樽は、去年はジイ小屋にしまったが、今年からジイ小屋はアトリエとして使っているので、外の物置にしまった。
野沢菜漬け① 野沢菜漬け②
午後から、昨日手直しした千曲川の秋景を描いた絵をもう一度手直しして、明日の飾り付けの備えをした。
穏やかな天気だったので、カボチャ用に単管パイプで作った棚の一つを解体した。
今年初めて棚にしてみたが、成功とはいえなかった。
残り一組は、稲藁を保存するために利用するつもりだ。
単管パイプの棚を解体した
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック