FC2ブログ
2015年11月03日 (火) | Edit |
今朝は昨日よりさらに気温が高く7℃だった。青空が広がっていた。
日中になってさらに気温も上がり、絶好のウォーキング日和になったので、久し振りに家の周りを1時間20分歩いた。
家の周りも紅葉が進んできていて、それなりに目を楽しませてくれた。
散歩の景色
去年野沢菜の漬け方を指南してくれたMさんの家の近くを通ったが、Mさんの家の2階のベランダに、干し柿が簾のように干してあった。
去年、2,000個も干し柿を作ったと言っていたが、今年も同じぐらい干しているように見えた。
散歩から帰ったあと、我が家も干し柿を作ることにした。
去年は数が足りなくて干し柿にできなかった平核無柿だが、今年は40個以上はなっていそうだった。
実際に採って干し柿にしたら全部で51個あった。来年は100個以上なればいいのだが・・・。
年々倍増しているので期待しよう。
干し柿を作った
昨日デッサンした渓流の絵の彩色をする前に、水の落ち込む白い部分や笹の葉や、石の苔に生えている草の葉など、他の色で塗りつぶしたくない部分にマスキング・インクを施した。
今回参考に買った「燦めきの小径」の作者、田中己永氏も、以前に買った「静かな光を求めて」の作者あべとしゆき氏も、マスキング・インクをうまく使っているので、今度の絵にその技法を取り入れてみることにした。
今日はそこまでで、あとは先月彩明会で妙高に写生旅行に行って、途中まで描いてそのままになっていた絵を、半分ほど絵の具を落として描き直した。
外で描いていると乾きが早いので、絵の具の混色が褪せてしまって、あとから見ると色合いが汚く見えてしまう。
写生で描くのが一番いいという先生もいるが、ジイは家の中で描いた方が落ち着いて描ける気がする・・・。
気が付いたらもう外は薄暗くなっていた。
妙高の絵
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック