FC2ブログ
2016年01月19日 (火) | Edit |
夜中に少し雪が降ったらしく、昨日雪かきした駐車場にもうっすらと雪が積もっていた。
最低気温はマイナス6℃とそれほど冷えていないはずだが、厳しい寒さの風が吹いていて体感的にはもっと冷えているように感じた。
朝の雪
朝9時半ごろ、NTTの電話工事の人がやってきた。ソネット光からドコモ光に切り替えるため、光電話をひとまず一般のアナログ電話に切り替える工事をするためだ。早速工事を始めたが、建物に接続する個所の工事のための梯子が凍ってしまって、危険で工事が出来ないという。夜中にまた降った雪が積もり、足元が不安定になっていた。
午後からまた出直したい、というので承諾した。梯子が倒れて怪我でもされたら困る。
晴れて陽は射しているが、気温がお昼になっても氷点下のまま、路面の雪もなかなか溶けてこなかった。
デッキのルーフテラスの屋根からツララがいっぱい垂れ下がっていた。
つらら
いつもは11時過ぎにやってくるコープの宅配も、午後1時前になってしまった。
しかも、冷凍品が間に合わず、あらためて配達に来るということで暗くなってからもう一度届けに来た。
午後2時過ぎにNTTの工事の人がやってきた。初めは電話線を100メートル以上張り直すようなことを言っていたが、前のケーブルが家の一番近い電柱まで来ていたので、短くて済んだようだ。
気温はあまり朝から上がっていないが、梯子を立てる足元の雪は解けて問題なかったようだ。工事をやる人は市内の旧東部町の人なので、地理も気候も慣れているようだった。
工事の代金は、当初12,000円程度と言われていたが、実際には2,160円で済んだ。
スマホを契約して以来、振り回され続けた電話だが、ひとまずこれで最初の工事が終わり、この次は27日の光回線の切り替え工事だ。また、これでパソコンなどの設定をやり直さなくて済めばいいのだが・・・。
電話工事
午前中NTTの工事の人が中断して帰っていた後、バアのスマホに電話が掛けられなくなってしまったので、工事を始めた時に何かおかしくしてしまったのではないかと、工事をした人を疑ってみたが、冷静に考えればスマホの電話が通じないことと、電話工事は関係ない。
バアのスマホをよく見たら、機内モードになっていた。スマホのカメラ機能を使いこなすためいろいろ試しているときに、スマホに付いている音量調整つまみをいじっている間に、そのモードになってしまったようだ。カメラモードで音量つまみを押すと、それでシャッターがおりる仕組みになっていた。まだまだスマホを使いこなすには、時間がかかりそうだ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック