FC2ブログ
2016年02月22日 (月) | Edit |
今朝の最低気温はマイナス3℃で、それほど冷えていないはずだが、風が冷たくて体感的には寒く感じた。
今日はいよいよ彩明会会員展の初日、いつもより30分早く目覚ましを設定しておいたが、6時には目が覚めてしまった。
8時過ぎに家を出て、Fさんの家に寄り、Fさんを乗せて、会場の文化会館に向かった。
8時半に到着、もう3人ほど来ていた。展示室を開け、準備開始。
昨日まで使っていた写真展の設営状態をそのまま引き継いだので、段取りの手間が一部省け、作業はスムーズに運んだ。
去年まで会長さんをやってくれたSさんが今年はジイと入れ替わりで庶務・会計担当になったが、去年まで会員展の準備から設営までSさんが完璧に段取りしてくれているので、それ以下にならないよう結構気を使った。
今年は、会員展に使う事務用品などやお茶の道具などをSさんに預けておいたが、いざ準備を終えて、受付の体制に入ろうとしたら、記帳用のペンや、お茶の道具などが用意されていなかった。
急いで自宅まで取りに行ってもらうハプニングがあった。
あらかじめ確認しておけばよかったのだが、何事にも用意周到なSさんのことだからと思って間違いないと思い込んでいた。
完璧な人でもジイと同じように抜けたところもあるとわかって、何かほっとした。
作品の展示には、暗黙のルールがあって、会場入口から見て正面の壁面にいい作品を並べる、というものがある。
今年はジイが会長なのでジイの絵もそこに飾る、ということになったが、正面に9点並べることができるので、一人だけあぶれてしまったが、9人の本人が一番いいと思う作品を展示してもらうようにした。
ジイは20号の「千曲川秋景」を飾った。隣は先生の絵なので、その引き立て役になった。
彩明会会員展 ジイの絵(左)
今日は、12時に市長が来場するというので講師の先生やSさんと来るまで会場で待機した。
少し遅れてきたので、その対応をした後、ジイは午後1時から受付当番になっていたため、お昼を食べに行かれなくなってしまった。
仕方がないので、自販機の菓子パンを買って飢えをしのいだ。
今日は結局一日午後5時まで一日中展示室にいたことになる。
元会員の人や里山同好会の人など顔見知りの人もかなり来てくれた。
こちらに移住してきてからの人たちだが、ジイも顔が広くなったものだ。
地方のミニコミ誌の2社の取材もあったりして、忙しい一日となった。
5時きっかりに展示室を閉め、家に帰った。
家に帰ってからも、講師の先生に出品した全員の作品の講評を書いてもらう用紙を作ったり、報道各社や市長への礼状作りなどしていたら夜中になってしまった。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック