FC2ブログ
2016年02月27日 (土) | Edit |
今日の最低気温はマイナス9℃。
猫のチビとハナが朝ご飯を食べて気分が落ち着いたのか、朝日が射しこむデッキのテーブルの上でひなたぼっこをしていた。
ガラス戸越しにシャッターチャンスを窺がっていたが、なかなかナイスショットは撮れなかった。
チビとハナ
福寿草が最初に開花してから二週間近く経つが、いくつも開花するようになってきた。
このあと葉が出て来るまで咲き続けるだろう。
福寿草
午前中まだ彩明会の会員展に行っていないバアを連れて、文化会館まで行った。
見終わったあと1時間ほど中央公園に行ってウォーキングをした。
週末の土曜日で、天気も良く、風もなくてポカポカ陽気になってきたので、子ども連れや上田高校陸上部の生徒たちのランニング練習などの光景が目に入った。
公園の入口に「マンサク」の黄色い花が咲いていた。
名前が思い出せなくて、ウォーキングしている1時間近くどうしても思い出せなくて、歩いていても気もそぞろだった。
もう家に帰ってからネットで調べるしかないと諦めて、車を停めておいた文化会館まで戻ってきて、不意に「マンサク」という名前が浮かんだ。
記憶の引き出しが、スッと簡単に開かなくなってきたのは、今に始まったことではないが、こんな時は悔しいが自らの老いを認めなければならない一瞬だ。
マンサク
12時を過ぎて空腹でめまいがしそうになってきたので、お昼を外食することにし、サンライン沿いにあるラーメン屋さんに行くことにした。
初めに行ったところはもうお店がなく、次に向かったところは初めて入るお店だった。
カウンター以外は空いていなかったので、お客の入りのいいお店だろうと安心した。
ネギ塩チャーシュウとチャーハンのセットを食べたが、鳥ガラのスープが美味しかった。
また食べに来てもいいお店だった。
ラーメンとチャーハンのセット
家まで一度戻ったあと、ジイだけまた文化会館まで行った。
今日も、受付当番のほかに顧問の先生が、午前に引き続き午後もずっと居てくれて、来場者の対応をしてくれた。
顔見知りの来場者などから、作品批評も聞けて勉強になる。
3時半ごろから学校で美術の先生をしていた油絵を描く人がきて、1時間近く1点1点講評をしてくれた。
顧問の先生とはまた違う視点からの講評で、これからの描き方の参考になった。
今日は早めに家に帰るつもりだったが、その先生に付き合っていたら4時半を過ぎてしまった。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック