FC2ブログ
2016年02月28日 (日) | Edit |
今朝の最低気温はマイナス8℃、少しずつ少しずつ最低気温が上がってきている。
今日は彩明会会員展の最終日となる。7日間、行っていた時間はまちまちだが、一度も休まず顔を出した。
出かける前に家の掃除をした。25日に保険屋さんが来たのでその時リビングや玄関周りだけは掃除したが、それ以外は1週間分のほこりが溜まっていた。
今日の会員展は、午前中の受付当番が前会長のSさんだが、午後1時から教え子の葬儀に急きょいかなくてはならなくなった、というので午後の当番の人が来るまでの繋ぎ役を、と思って早めに行ったが、Sさんはぎりぎり12時まで受付をやっていった。
午後1時からの当番の人も事前に頼まれていたらしく、12時ごろには来てくれたので、ジイも12時15分に会場を出てお昼を食べに家に戻った。
バアとミッチャンは、市民大学の臨時の講座があって、入れ違いに出かけていった。
ヤマちゃんが別に用事があって一緒に行けないので、バアが車を運転していった。
ジイは、お昼を食べ、J2に降格した松本山雅の試合を前半だけテレビ観戦した。
去年J2で8位だった熊本との試合だが、前半だけ見る限り熊本に試合の流れを握られて苦しい試合運びをしていた。
おまけにPKを取られて先制を許していた。こういう試合をしていては、来年J1復帰するのは難しいだろう。
2時過ぎにまた文化会館に行ったが、順々に会員が集まってきたので、3時を待たずに顧問の先生から、1点1点順番に出品作の講評をしてもらった。
自分のだけでなく、他の会員の絵に対する講評は、これからの作画に参考になる。
先生が講評をジイの作った記入用紙に書き残してくれているので、それを預かった。
コピーして全員に配るつもりだったが、自分の絵の講評を他に人に見られるのを嫌う人もいるようなので、欲しい人だけ申し出てもらうようにした。
顧問の先生の講評
午後4時で会員展を閉めて片付けをした。全部片付いたところで、別室で反省会をやった。
入場者は7日間で約300人去年より100人少なかった。
文化会館で期間中に行われる他のイベントにも影響されるところがある。
去年は、市の消防音楽隊の発表会が最終日に重なったが、今年は開会日の前日に行われたあとだった。
新米会長としては、入場者の数よりも無事に7日間済んだだけでもよかったと思う。
前会長さんが帰り際、お疲れ様と言って、箱詰めのイチゴをジイに手渡した。
とてもジイにはまねのできない気配りだ。恐縮したが、ありがたく頂いて帰った。
夜は、NHKBS1の2時間のドキュメンタリ¥「難民クライシス」の一部と、NHK総合の「NHKスペッシャル・今世紀最悪の難民危機奔走する日本人女性」を見た。N
HKスペッシャルは、シリア難民の最前線で活動する国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の日本人スタッフたちの姿を追ったものだった。
シリアからの難民はすでに400万人を超え、もはや難民救済のレベルを超えた状態で、UNHCRだけで対処できる限界を超えている。
全世界的な規模で解決に当らなければならない大きな問題だということがわかる。
米ロの協議をもとにシリア国内は停戦状態になったというが、まだ実態が正確に伝わってきているわけではない。
旧約聖書の時代から連綿と続いてきた争いがその根底にあるので、一朝一夕で解決できるとは思えないが、なぜ生きるために憎しみ合い、殺し合いまでしなくてはならなくなってしまうのだろうか?
ともに生きる社会を目指すはずが、他人をけ落とし、自分だけが生きればいいと思う・・・。
人は一人では生きていけないのに。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック