FC2ブログ
2016年03月05日 (土) | Edit |
今日の最低気温は、測定できなかった。昨夜温度計をリセットし忘れてしまったので、昨日の最低気温のままだった。
今朝は体感的にも間違いなく昨日よりは暖かい。
近くの立科町の記録では、5時前のマイナス3℃が最低となっている。
昨日はお昼前から暖かく感じるようになったが、今日は朝から春、という感じだ。
昨日初めて1輪咲いたクロッカスがもう3輪にもなっていた。
この陽気ならどこかにツクシが出ているかもしれないと思って庭中を探したが見つからなかった。
その後バアがブルーベリーのある角地の道路際で小さな小さなツクシの頭を見つけた。
大地の植物は、もう春を感じて動き出している。
そういえば今年の啓蟄は今日とのこと、きっと地中で虫たちも動き始めているのかもしれない。
クロッカス ツクシンボの頭
今日は暖かさに誘われて外仕事をした。
先日猫が屋根に登れるように登り板を取り付けたが、途中でたわんでゆらゆらするためか、猫たちは屋根まで上がっていかなかった。
そこでもう少し固い板に替え、途中で支柱を立てていたがたわまないようにした。屋根までの勾配も緩くしてみた。
ハナが様子を窺がっていたがチャレンジはしてくれなかった。
そのうちスズメたちが子育てを始めたら登ってくれるだろう。
脚立を出したついでに、屋根の雨樋に詰まったスズメの巣の残骸を掃除した。
よくぞこれだけの草を運んだものだと呆れるほどの量だった。
太陽光パネルの下にはおそらくこの数倍の草が詰まっているに違いない。
もっと早くやらなければならなかった、家の敷地の入口に生えているシモツケの刈り込みと、コナラの枝の剪定をした。
いずれも今の家を建てた時、外構工事で植えてもらったものだ。
13年を超えてみな大きくなって手に負えないぐらいになってきた。
そのあとは、バラの木を思い切って3分の1に切り詰めた。
皮の手袋をしてとげに刺さらないようにしたが、それでも皮を突き抜けてとげが刺さることもある。
バラを庭いっぱいに植えて楽しんでいる人もいるようだが、ジイには厄介なとげがあるバラは好きになれない。
バラ園で鑑賞するだけでいい。バラの絵を描くのも難しいし・・・。
剪定したバラの枝は、燃やすしかないので、畑の火燃し場まで運ぶのも一輪車を使って運んだがそれもひと苦労だった。
作業が終わって一息入れて手を見たら傷だらけになっていた。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック