FC2ブログ
2016年03月22日 (火) | Edit |
今日の最低気温はマイナス6℃、最高気温は20℃。
昨夜は寝る前に少し冷えてきたのでしばらくぶりに暖房を点けた。
それが正解で、朝までぐっすり眠ることができた。
朝から快晴で気温が急上昇した。道路際の垣根のキャラボクを切ることにした。
以前に亡くなった隣のHさんのおばあさんが、我が家の以前の地主が勝手に植えたと文句を言っていたことを思い出した。
その恨みが親子二代に引き継いでいるのかもしれない。
たわいない繰りごとと聞き流していたが、土地に対する執着が人一倍強いのだろう。
昔と違って測量技術が格段に向上しているので、車に踏まれたからと言って、土地が減ってしまうようなことはないのだが・・・。
4本の株になっていて、切り口の年輪を数えたら20年以上の木だった。
切っているうちになんでここまでしなければならないのかと、腹立たしくなってきたが、理屈の通らない人が相手だから仕方がない。
駐車場に近い一株は、根から引き抜くことにした。
ヤマちゃんが見るに見かねて手伝いに来てくれた。
道路の垣根 切った後の道路
西側の道路に垣根を切ったあとは、コープの宅配便が新たに回り込むジイ小屋の脇のキャラボクも、箱型のボディーに木の枝がこすらないよう切ることにした。
切り倒す前に下の枝を切り落としたら、思ったよりすっきりしたので、切り倒すのは思いとどまった。
ジイ小屋のキャラボク 切った後のキャラボク
11時半にコープが配達に来たので、事情を話してジイ小屋の東側から、ヤマちゃん家の方にバックで入ってもらうようにしてもらった。
今日から新しい配達員に変わったが、今度の人は同じ上八重原の人だという。
午後から切り倒したキャラボクを、全部燃やした。生木だが脂分が多いのでよく燃えた。
人間のわがままの犠牲にしてしまったようで、かわいそうなことをした思いだ。
畑の脇で火燃しをしながら、そろそろ畑仕事を始めなければ、と考えていた。
火燃しが終わったあと、西側の道路のほうを見直すと、サンシュユが満開になっていた。
今までは、キャラボクが冷たい風を防ぐ役目を果たしていたが、それがなくなって来年またサンシュユが咲いてくれるだろうか?
満開のサンシュユ
夕方、県展から戻って来た「みちのく釣行」を日本水彩の理事の人から指摘されたところを手直しするため、絵の具を一部拭き取った。堰堤の高さが狂っている点を直すことや、絵の右側の部分に変化を付けるためだ。きれいに拭きとれず少し前の色が残っているが、やるだけやってみよう。今日は、紙が乾かないのでここまでで終了した。
手直しする絵
コメント
この記事へのコメント
あまりお気になさらずに
Y様
まったく突然メールを差し上げて失礼します。
わたくし、貴兄ゆかりの埼玉で秩父に住んでいます福田といいます。10年来のひそかなこのブログ拝読者です。
15年ほど前北御牧の朝鮮ニンジンの研究に農業試験場をおたずねして以来、御牧に行き来しておりまして、このブログは現地情報にきわめて有用なのと、Y様の過ごし方に同世代としてたいへん共感するところ多く、しかしながら、接点のない一方的読者なので連絡は差し控えてきました。
今回の隣地との出来事は、田舎にありがちなこちら秩父でも土地に対する迷信のような感覚、草一本まで所有者の支配下にあるような、とても昔の感覚が見える時があります。
どうぞ、あまり気になさらないで、お過ごしください。こういうことで田舎暮らしに影が差し込むのはやりきれない気持ちで登校しました。
お元気で同じようにお過ごしください。
  埼玉県秩父  読者 福田博
2016/03/23(Wed) 09:24 | URL  | 福田博 #-[ 編集]
Re: あまりお気になさらずに
心温まるお言葉ありがとうございます。
また長年の読者とか、感謝します。
福田様の言われる通り、自ら求めてやってきた田舎暮らしですので、
このぐらいのことでくじけてはいけないと、自分に言い聞かせています。
越してきて8年目に入り、いろいろな新しい人間関係もできてきていますので
そちらを大事にしながら田舎暮らしを楽しんでいきたい、と思っています。
2016/04/08(Fri) 22:03 | URL  | ジイとバア #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック