FC2ブログ
2016年04月14日 (木) | Edit |
今朝は6時半起きで目覚ましをセットしたがそれより早く目が覚めた。
ナベさんたちが7時に上尾を出ると聞いていたので、8時少し前に家を出て、待ち合わせ場所の佐久インター入口にあるおぎのやに向かった。
途中でナベさんから電話があって、軽井沢インターを過ぎたところだというので、ナベさんたちのほうが早く着きそうだった。
おぎのやに着くと、うわさで閉店したと聞いていたが、本当に閉店になっていて、駐車場の出入口にロープが張られていた。
やはりナベさんたちのほうが先に到着していた。
同行したビギナーのオーさんは71歳とのこと、見たところジイより若々しく見えた。
早速K川に入渓することにし、近くのコンビニで日釣り券と昼食を買ってから現地に行った。
初めての人には入渓しやすく、ポイントも多い所でまずはナベさんとオーさんに任せ、ジイは最下流まで行って、釣り上がった。
1時間半ほど釣ったがジイには当りが全くなかった。
最初の入渓ポイントに行くと、まず最初にオーさんが20数センチのヤマメを最初にゲットしたことを知った。
まずは、釣果があったことにホッとした。
もう少し上流に移動して1時間ほど釣ったが、ジイはここでも全く当りがこない。
ナベさんは2尾釣りあげていた。12時を過ぎたので、ここでお昼にした。
午後からはH川に移動し、ここでもナベさんとオーさんのペアと別れてジイは、下流のボサ(枯れたカヤなどが生い茂っているようなところ)の多い所から釣り始めた。
いつ釣っても最低でも1尾は釣れるところでようやく最初の1尾を釣ることができた。
それからは、釣れるもののリリースサイズばかり・・・。
2時半にナベさんたちの釣っている場所に行くと、二人とも釣れているので、移動せず釣り続けることにした。
ジイはまた下流に戻って釣り上がった。暑くなってきている服も1枚脱いで、釣った。
水温も上がってきたのか、魚の当りも出てきて、4時までの間にようやく6尾となった。
二人のところに戻るとちょうど納竿していたところだった。
オーさんも合計6尾を釣っていて、みないい型のヤマメだった。
本当にビギナーなの?と思うほどの釣果だ。
ガイド役としては、これだけの結果を出してもらえれば言うことなし。
泊るところに行く前に我が家に寄ってもらった。
ここで着替えをして、一息を入れてもらってから、予約してあるペンションサユールへ案内した。
サユールには何度か泊ったり、記念会の時の夕食会場に利用させてもらったりしたことがある。
オーナーさんに会うと覚えてくれていた。
明日は7時出発に合わせて朝食も早く準備してくれるとのことなので、その時間迎えに行くことにして二人と別れて家に戻った。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック