FC2ブログ
2016年04月22日 (金) | Edit |
昨日の雨は残っていなくて、朝起きた時には青空が広がっていた。
昨日仕上げた額縁の押さえ板の角を削り忘れていたので、やすりや電動のグラインダーで角を取った。
持ち運びするときに、角が尖っていると、指にトゲが刺さったりすることがある。削りかすが出たので、ジイ小屋の中をきれいに掃除した。
昨日と今日で細かい木屑が舞って、いろいろなものの上にほこりのように溜まっていた。
部屋の中がきれいになったところで、昨日仕上げる途中になっていた神川の桜を描いた絵の仕上げをした。
外で描いた絵は、絵の具がすぐ乾いてしまうせいか、絵の具を混ぜた色があまりいい色に出ていない。
それを直すのに一苦労した。
もう一枚彩明会で描きに行った東条のアンズの絵は、手直しが難しいほどひどい絵になっているので、あらためて描き直すつもりで、写生するときに撮った写真をプリントした。
そこまででお昼になった。
仕上げた「神川のサクラ」
午後から、旧武石村で合併して現在は上田市の一部になっている余里集落のハナモモを見に出かけた。
余里川に沿って、集落が点在し、家の周りは畑、山に白、赤、ピンクのハナモモをこぞって植えて村おこしにしているところだ。
初めて行ったのは、北御牧公民館の生涯学習講座の写真入門講座で撮りに行ったときだ。
それ以来、彩明会の写生やバアと一緒に行ったりしたが、また来月彩明会で、この集落に残る古民家を描きに行くことになっている。
その下見も兼ねて、そろそろハナモモも散り始めるので、見に行った。
集落に入る一番手前の駐車場に車を停めて、そこから歩いた。
一番奥のところまで全部で4か所無料駐車場があるが、あえて一番遠いところから歩いた。
天気も良し、景色も良しでゆっくり歩いて楽しもう、というわけだ。
今日は、来月の写生のことが頭にあって、見る景色も風景画を描くための構図を思い浮かべながら眺める、そんな景色の見方になっていた。
バアもスマホのカメラを使ってあちこち撮っていた。
川沿いに上流に向かってずっと登りの歩きだったので、一番奥の集落まで行くまでにかなり疲れてしまった。
明日の鏡台山登山の足慣らしのつもりが大丈夫だろうか?
戻りはずっと下る一方になったのでだいぶ楽になったが・・・。
約2時間のウォーキングだったが、1万歩を優に超えた。
車で片道20分ほどのところなので、3時には家に戻ってくることができた。
余里のハナモモ① 余里のハナモモ② 余里のハナモモ③
明日の里山同好会の例会に配る写真のプリントをキタムラに頼むのを忘れていたので、ネットでオーダーし、夕方取りに行った。
ついでに東御美術会のテーマ展の時の集合写真もオーダーした。
これも明後日の例会の時には配れる。
フィルムカメラ時代は、写真屋にフィルムを持ち込んで、ベタ焼きするか1枚焼いてもらって写り具合を確認し、もう一度必要な枚数の焼き増しを注文する二度手間をしなければならなかったが、今は家でパソコンで写り具合を確認し、場合によっては加工もしたうえで、ネットで必要なだけ注文すれば、1時間もしないうちに出来上がってしまう。
そのうち家までドローンで届けてもらう時代になりそうだ。
それまで生きているかわからないが・・・。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック