FC2ブログ
2016年06月02日 (木) | Edit |
今朝は冷え込んで最低気温は9℃まで下がっていた。外へ出ると長袖でも寒く感じた。
今日は、東御美術会の例会で、立科町と佐久市の旧望月町の境にある茂田井宿に写生に出かけた。
我が家からは近い場所なので、Fさんを迎えに行ったあと現地に直行した。
冬物のジャンパーを羽織って行って正解で、高台で描き始めたころは少し寒いくらいだった。
陽が昇るにつれて日当たりのいい場所なので、そのうち冬服は脱いだが、別の場所の木陰で描いていた人たちは、午後になってもずっと寒かったそうだ。
写生の様子
古い造り酒屋の家並みを描いた。
デッサンが絵の良し悪しの決め手になる、と言われているのでしっかり描こうとしたが、家並みを描くのは難しかった。
遠近法も意識しながら、屋根の高さを狂わないように描こうとしたが、何度も描き直してもうまく描けなかった。
途中家に用事で戻ったりしていたので、小一時間の時間のロスも重なって、デッサンだけでお昼までかかってしまった。
お昼のお弁当を食べたあとの休憩もそこそこにして描き始めたが、2時の終了時間までに半分も描き進まなかった。
写生に行った茂田井宿 今日描いた絵
帰りは、立科町のツルヤに皆で立ち寄って、体が冷えた人たちは熱いコーヒーを、日向で描いて暑くなった人は、アイスなどを店内の休憩スペースで飲んだり食べたりした。
そこで解散となり、家に戻って来たのは3時過ぎだった。
5時を過ぎて畑でたっぷり水やりをした。
ジイが種をまいて苗を作ったタマネギは、すっかり葉が倒れていたので、小さい球のものを残して、バアに手伝ってもらって収穫した。
明後日頃まで畑で干した後、ジイ小屋の軒先に吊るして保存するつもりだ。
収穫したタマネギ
畑から戻って家の玄関に入ったら、東京に出品した絵が置かれていた。
二人が畑にいる間に届けてくれたようだ。
画材屋さんも落選した人のところに届けるのは気が重いことなのだろう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック