FC2ブログ
2016年06月10日 (金) | Edit |
まだ空には雲が残っていたが、半分以上は青空になった。朝から日射しは強くて暑かった。
明日の彩明会の例会で千曲市の姥捨の棚田を描きに行くことになっているが、この場所を提案した手前、暑いさなかに写生できる場所まで車で入って行けるかどうか、もう一度確かめたかったので、天気もいいことだし軽トラで下見に出かけることにした。
バアも付き合うというので一緒に行った。
棚田の中の細い道路を走るのに軽トラなら問題なく走れるし、場合によったら写生ポイントまで、重いお絵描き道具だけでも運ぶことになるかもしれないので、あえて軽トラで行った。
9時半に家を出て1時間ほどで現地に到着した。
4月に下見に来た時は、何もなかった田んぼには田植えを終えて、稲が育っていた。土手にも草や花がいっぱいになっていた。
一番高くて見晴らしが効くところに、四阿(あずまや)があり、数台は停められる駐車場があった。
4月に来た時は、棚田よりも上にある姥捨駅の方からそこまでフィットで下って行き、帰りは坂の角度がきつくて、ハンドルを切るのに何度も切り返さないと溝に落ちそうでひやひやした場所だ。
下からの道から登って行けば普通車でも登れることが分かった。
他に2か所ほどの写生ポイントやトイレの場所などを確認することもできた。
日陰がほとんどない場所なので、今日のように暑かったら熱中症に気を付けなければ・・・。
姥捨の棚田① 姥捨の棚田②
1時間ほど下見した後、帰りは上田市域に戻ってきた千曲川沿いにある「道と川の駅」に立ち寄ってお昼を食べた。
広い駐車場で大型のトラックなどがたくさん停まっているので、賑わっているのかと思ったが、食堂などはこじんまりしていて、内装もメニューも昔ながらの大衆食堂の風情だった。
外観は垢抜けた感じだったが・・・。
午後1時過ぎに家に戻って、休む間もなく、今度は東御市文化協会絵画部会のグループ長会議が中央公民館で2時から始まるので、それに出席するために出かけた。
絵画部会には、水彩画、油絵、水墨画など7つのグループがあり、ジイはその中の水彩画の彩明会の代表として参加した。
ジイが所属する東御美術会の会長さんも出席していた。
絵画部会の副部会長兼会計役を彩明会が去年から引き受けていたので、今年もジイがそれを引き継ぐことが確認された。
来年度以降の体制が話し合われたが、どうやら申し合わせ事項として、次は副部会長が部会長になり、別のグループ長が新たに副部会長になって、その次の年に副部会長が部会長になる、という流れが決められていたようだ。
前の彩明会の会長さんからもそれらしきことはほのめかされていたので固辞するわけにもいかなかった。
会議は1時間で終了し、次回は9月ごろ行われることを確認して散会となった。
来年は部会長役になるので気が重いが、巡り合わせでそうなるのなら仕方がない。
夕方畑に出ているとカラスアゲハを発見、バアが写真に撮った。
カラスアゲハ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック