FC2ブログ
2016年07月04日 (月) | Edit |
朝起きると雨が降っていた。天気予報では、昼間一時雨とはなっていたが、朝からとはなっていなかった。
何度もブログに書いたが、長野県内の天気予報は外れることが多い。
いく筋も山脈を抱えているから、予測が難しいのだろうけれど、観測技術が飛躍的に向上しているのだから、プロとして予報能力を高める努力を惜しまないで欲しいものだ。
その雨も9時ごろには止んで、晴れ間も出るようになった。
晴れている間に、大きくなってきた花苗を道路に接している畑の端に植えることにした。
雨で土の湿り具合もいいし、日中雨の予報なので、植えた後の水やりも省ける。
奥のMさんの家に近い道路の淵には、キンギョソウの苗を植えた。
植えてみるとまだ苗がナヨナヨしていて心もとなく、風に揺れていた。うまく根が付けばいいのだが・・・。
ジイ小屋に近いほうの道路の淵には、ペチュニアの苗を植えるつもりで準備したが、大きく見えたキンギョソウでも小さく見えたので、それよりまだ小さい苗のペチュニアはもう少し育ってから植え替えることにした。
キンギョソウの苗を植えた場所 ペチュニアを植える予定の場所
キンギョソウを植えた場所の近くにあるジャガイモの3畝の間が雑草で埋もれて土が見えなくなっていた。
テントウムシダマシの被害で、葉が枯れてきてあまり収穫が期待できず、草取りの意欲も湧いてこないが、最後の土寄せも兼ねて、畝の間をミニ耕運機で耕した。
水分を含んで粘り気がある土は小さくこなれないので、二度三度耕運してようやく土寄せできる状態になった。
草取りをしながら、土寄せをした。
茎の根元はどれほどの実が付いているのかわからないが、大きなひび割れができているので、それを塞ぐように土を掛けた。
あと10日から二週間ほどで収穫どきを迎えるので、旅行から帰ってきたら掘り返すつもりだ。
午後2時半ごろ畑の草取りなどを終え、買物に出かけた。
旅行までの1週間に必要な食料品と、旅行中のおやつなどを買うのと、溜まった新聞や雑誌、ビンカンなどのリサイクル品を出すためだ。
旅行前に身辺をきれいにしておかねば・・・。
買物に出かける時ポツポツと降ってきていた雨は、通り雨だったのか、家に戻ってくると土やコンクリートは全然濡れていなかった。
夕方少し涼しくなってから、庭の一部を草取りした。
庭も畑も、夏の10日間も留守にすると雑草が伸び切って手もつけられない状態になる。
それも覚悟で出かけるだから仕方がないが、せめて出かけるままではきれいにしておきたい、と気持ちだけはもちつつ身体がなかなか言うことを聞いてくれない・・・。
日中雨がほとんど降らなかった分夜中に雨が降る予報に変わったが、日没前の空は雲が高い所にある感じだ。
満開になったイトランが西日を受けて白く光っていた。
夕方の空 西日を受けるイトラン

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック