FC2ブログ
2016年07月14日 (木) | Edit |
今日も朝散歩があるというので、5時に目覚ましをセットして昨夜は寝たが、今朝も目覚ましが鳴る前に目が覚めた。
バアも散歩に出るつもりで一緒に起きたが、外を見て雨が降っていたので断念し、またジイだけ散歩に参加した。
昨夜激しい雷雨があってその名残りの雨が朝まで続いているようだった。
今日も10人ほどの参加で散歩スタートとなった。
ホテルからかつて鉄道があったところが遊歩道になっている道をしばらく歩いた後、住宅街に出た。
しばらく坂を下って行くと、昨日スーパーへ行くときに歩いた旧市街の中央にある教会まで辿りついた。
歩き始めて間もなく雨は止んだので、前回の散歩と同様バアも一緒に歩けばよかったのに、と思った。
40分ほどの街歩きだったが、初めてのところを歩くのは気持ちがいい。
昨日夜中に降った雨が、散歩のときに見えた高い山の上で新雪になって積もっているのが見えた。
7月半ばでも雪が降る、とは昨日のポルドイ峠で実体験したので驚かないが・・・。
朝の散歩 教会山は新雪が積もっていた 
今日は、コルチナ・ダンペッツォから約30㎞の距離にあるトレ・チーメ(三つの山の意)に向かった。
出発前に現地ガイドが来て、これから行く所はかなり気温が下がっているので、十分防寒対策をした方がいいというので、出発を10分遅らせて部屋に戻った。
今日のホテルは明日までの連泊なのでスーツケースは部屋に置いてある。
ジイは部屋に戻ってウィンドブレーカーを1枚加えた。
荒々しい雲の動きの合間に青空も所々に見える空模様だった。
バスは途中氷河の浸食でできたミズリーナ湖に立ち寄った。
昨日のカレッツァ湖も氷河湖だが、その特徴は山間を氷河が山を削りながら下ってできるので、縦長の形になるということだ。
貰っていた行程表では、帰りに寄ることになっていたが、午前中のほうが逆光にならないので、写真を取るために先に寄ってくれた。
しかし、残念ながら鏡池のようにはなっていなかった。
午前のミズリーナ湖
ミズリーナ湖をあとにしばらく走ってトレ・チーメのハイキングコースの出発点となるアウロンツォの山小屋の駐車場にホテルから出発して1時間後に到着した。
到着する前から道路沿いには、昨夜降った新雪が積もっていたが、駐車場の脇の岩場で計ったら5cmも積もっていた。
バスを降りると寒風が吹いていて一気に身体が冷え込んだ。
駐車場の周りは雪が積もっていた
寒さに震えながら、最初の目標地点のラヴァレード小屋までほぼ平坦な道を約45分歩いた。
高山植物が寒そうに雪の中から顔を出していた。
寒いが、昨日のように霧で何も見えないよりは、雄大な景色が寒さを和らげてくれる。
スケールの大きい岩の山が眼前にそびえたつ光景は、日本のアルプスでも見られないものだ。
トレチメを歩き始めた トレチメの反対側の景色 雪に埋もれた高山植物 トレリメの全容が現れた

ラヴァレード小屋でしばらく休憩したあと、ゆるやかな登り坂を登った先の鞍部まで行くと、その先はさらに遠くまで山々が連なる絵ハガキにしたくなるような景色が広がっていた。
その場所からは、トレチメの裏側が見えた。
ラヴァレード小屋到着 トレチメの反対側の景色 トレチメの裏側が見えるところまで歩いた
鞍部から左に回り込んで別のルートからラヴァレード小屋まで戻った。
途中トレ・チーメの垂直の岩壁をロッククライミングしている姿が目に入った。
場所によっては垂直余里も反り返っている岩場もある難所だという。
ロッククライマー
ラヴァレード小屋からまた出発点のアウロンツォ小屋まで同じ道を引き返したが、来る時は雪に埋もれるように顔を出していた高山植物が、雪が溶けてきて一斉に花が開き始めていて、晴れていればすごいお花畑だったろうと思えた。
あまり経験できない冬山を歩いたような満足感に満たされた2時間半のハイキングを終え、12時半に駐車場を出発した。
帰りは雪が溶けてお花畑に
そのあと、来るときに寄ったミズリーナ湖の湖畔に立つホテルのレストランで昼食を取った。
ラザニアの前菜にメインはスズキの塩焼きだった。
ドリンクで頼んだ白ワインが変わった容器に入れられて来た。
ワイングラスに注いだら、2杯分入っていた。
魚の塩焼きをナイフとフォークで食べるのは難しい。できればお箸で食べたいところだ。
昼食を食べたホテルレストラン 昼食① 昼食② 昼食③ 昼食④ ワインの入った容器 ワインの入った容器
食後1時間と言っていたが正味45分ほど、フリータイムが与えられたので、近くのケーブルカーで高いところまで行って湖を眺めようとしたが、ケーブルカーの入口が点検で閉鎖されていた。
先に数人が早めにケーブルカーに乗るためにレストランを出ていったが、その人たちは乗れたという。
仕方がないので、早足で歩けば30分ほどで湖を一周できるというので歩くことにした。
湖の周りも名前のわからない植物がたくさん咲いていて、それらを観察したり撮影したりしていたら、見えていた湖よりも奥が深かったので、集合時間が迫ってきて最後は小走りにバスまで戻った。
2分前だったが、ケーブルカーに乗れたグループも片道9分と書いてあったのに倍近い時間がかかったらしく、我々よりも後からバスにやってきた。
午後のミズリーナ湖 午後のミズリーナ湖②

ジイは、昼食に飲んだワインが効いてバスの中で苦しくなった。
ミズリーナ湖からホテルまでは30分ほどで戻ってきた。その後は夕食もフリーだったので、添乗員さんが希望者を近くのピザ屋さんに案内してくれることになったが、それはパスしてスーパーに行って軽食と飲み物を買ってきて、ホテルの部屋で夕食を食べた。スーパーの帰りに、今朝朝散歩で歩いた道を、逆回りでバアを案内しながら歩いた。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック