FC2ブログ
2016年07月16日 (土) | Edit |
今まで目覚ましの前に目が覚めることが多かったのに、今朝は5時の目覚ましで起きた。
疲れがたまってきたのかも。
6時からの添乗員さんの朝散歩に参加するため身支度をしてバアと一緒に部屋を出た。
今朝の参加者はバアも初参加だが今までで一番多い14人が参加した。
旅も終盤を迎え、みんな少しでも多く味わっておきたい気分なのだろう。
出る前にホテルの窓から見えた景色では山に霧がかかっていて、山の緑が湿っているように見えたので、雨が降っているかと心配したが、それは杞憂だった。
少し冷気に包まれて気持ちのいい散策となった。
人も車も通らない田舎道を40分ほど歩いてホテルに戻った。
朝散歩
7時半の朝食にはまだ時間があったので部屋で休んでいたら眠くなってしまった。
8時半出発だったので、開場する7時半にレストランに行って急いで朝食を食べた。
時間通りの出発で、最初の行き先はバスで30分のところにあるオーバートラウンというところだった。
そこで日本人女性の現地ガイドと合流した。
ここから二つのロープウェイを乗り継いで頂上駅まで行き、頂上駅からクリッペンシュタインファイブフィンガーズ展望台まで往復歩行時間1時間、標高差40m、歩行距離1.5㎞を歩くツアー最後のハイキングだ。
最初のロープウェイ乗り場から、これから行く先の山はガスに包まれてよく見えなかった。
ロープウェイ出発駅
二つ目のロープウェイから頂上駅は何も見えない霧の中だった。
今回のツアーは最初のハイキングの時以外はすべて高いところはガスに包まれる状況だった。
滞在1週間すべて天気に恵まれるなどということは、山歩きツアーでは余程のことだ。
何も見えない手探り状態でガイドの後を付いて行った。
霧の中ハイキング出発
途中、遭難した学生を慰霊する教会堂もうっすらと見えたが、冷たい強い風に煽られて歩くだけで精一杯で、ガイドの説明にも上の空だった。
顔も強ばって口も動かなかった。
目的地のクリッペンシュタインファイブフィンガーズ展望台のすぐ近くまで来たときに、先頭を行く現地ガイドさんが叫んだ。
見えてきましたよ、と・・・。
眼下に昨日歩いたハルシュタット湖が見えてきた。
今まで何も見えなかったものが一瞬にして劇的に景色が視界に入ってきたことに全員が驚きと感動の声を揚げた。
こういうことのほうが旅行では長く記憶に残るに違いない。
それぞれ展望台で見えてきた背景の山並みを背に記念撮影をした。
展望台に近づいたら霧が晴れてきた ハルシュタット湖 霧が晴れてきた展望台 ファイブフィンガー展望台
それもつかの間また霧が景色を覆うようになってきたので、山頂駅まで引き返した。
山頂駅の近くで霧の晴れるのを待ったが、寒いので予定より早いが、ロープウェイで下に下りることにした。
下山後は、またバスでザンクトボルフガンク湖に向かった。約1時間で湖に到着した。
午後1時に予約してあるレストランの場所を確認した後45分の自由時間になった。
昼食会場のレストラン
そのあと有名なオペレッタの舞台になった湖畔にある白馬亭で、有志10人でお茶をした。
白馬亭 白馬亭内のカフェ カフェの紅茶の砂糖スプーン
ここで10年ほど前に来た湖がザンクトボルフガンクだったことを思い出し始めた。
白馬亭を出て両側をホテルやレストラン、土産物店に囲まれた細い道を歩いている間に少しずつ記憶が蘇ってきたが、確信できるほどの記憶ではなかった。
船着き場のところでようやくここで船を降りたことを思い出したが、正直なところ初めて来たと言ってもいいくらいだった。
船着き場
午後1時に再集合し、レストランで皆で一緒に食べるツアー最後の昼食になった。
食後は、レストランから20分ほど湖畔沿いの道を歩いてシャーフベルク鉄道の始発駅に行った。
ここからやはりアプト式の登山鉄道に乗って、40分ほどかけて山頂駅まで登った。
この鉄道を押し上げるのは真新しい機関車だった。
途中までは車窓からザンクトボルフガンク湖を見下ろす絶景に感動してカメラのシャッターを押し続けたが、ここでも山頂駅に近づくにつれて霧が出てきて、駅に停車した時にはほとんど視界が効かなかった。
戻りの電車の発車時間まで8分しかない中、うっすらと見えている山の上の展望レストランまで登って行ったが更に霧が濃くなった。展望はなしで、トイレに行っただけで急いで駅まで戻った。
山頂展望台① 山頂展望台②
バアは初めから登るのをやめて駅で待っていた。
添乗員さんはジイと一緒に上に行ったと思ったらしく、展望レストランから下りて来る人数と顔をチェックしていて、バアがまだ戻っていないと思ったらしく、発車時刻を過ぎてもいたので焦っていた。
もうとっくに先頭の席に座っていたのだが・・・。
始発駅まで戻ったあと駅の駐車場で待っていたバスに乗ってゴーザウのホテルに5時半に戻った。
部屋で一休みしたあと、再び6時15分にバスでホテルを出発して、15分ほど行った先にあるゴウザウ湖の湖畔のレストランで夕食を取った。メインは川魚だった。
食事を終えて8時前にホテルに戻った。
ゴウサウ湖① ゴウサウ湖② 夕食会場のレストラン 夕食① 夕食② 夕食③
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック