FC2ブログ
2016年09月02日 (金) | Edit |
今日も朝からいい天気だ。このところずっと天気が悪かったり用事があったりで、運動不足だった。
久し振りにウォーキングをして15,000歩になった。
朝9時40分に家を出て、明神池に向かって歩いた。
近所のTさんが栽培しているセンブリが収穫期を迎えたらしく、手伝いの人も交えて収穫作業をしていた。
丹精込めて栽培してきた作物を収穫するのは、1年のうちで一番気持ちの上で高揚する時期なのだろうと推察する。
センブリ畑 センブリの花 
歩き始めは風も適度に吹いていて気持ちよかったが、次第にアスファルトの照り返しが暑く感じるようになった。
明神池に着くころには少しばててしまって、木陰で石に腰掛けて少し休んだ。
途中の田んぼはもう水抜きが始まっていて刈り入れも例年より早まるかもしれない。
明神池は、松林がマツクイムシの影響で木の数が激減して隙間が増えていた。
ジイにとっては水彩画の写生場所の原点ともいえる場所なので、これ以上景色が壊れないよう祈るばかりだ。
明神池
家に戻った時は11時40分、ちょうど2時間のウォーキングとなった。
午後から畑仕事をするつもりだったが、あまりにも暑いので畑仕事は涼しくなってからやることにして、ジイ小屋で会員展に出す絵の最後の手直しをして、額縁に入れた。
そのままにしておくといつまでも手を入れて、最後は駄目にしてしまうといけないので・・・。
12日の開会まで封印だ。
そのあと山の絵の続きを少し描いたが、まだ描き終わるにはだいぶ時間がかかりそうだ。
余里の絵 野尻湖の絵
午後4時を過ぎて少し涼しくなってきたので、畑仕事を始めた。
台風12号がまた日本に近づいてきそうなので、週末までにタマネギやダイコンなどの種蒔きをしておかなければいけない。
まずは、タマネギの苗床に肥料を入れてもう一度鍬で耕した後、種まき用の培養土を入れた。
種蒔きは明日やることにした。
このあと、コープの宅配車が出入りしやすいよう草が生えていた角を草を根こそぎ剥いで、隅きりを作った。
砕石を買ってきて入れれば車輪がはまることもないだろう。
ここまでやって疲れてギブアップ、陽が西の山に沈むところだった。
タマネギの苗床 隅切り 日没
昨日の夜、ブログをチェックしたバアが、ビフォー・アフターの写真が1枚ずつ拡大してもわかりにくい、というのでソフトをダウンロードして2枚の写真を並べて見られるようにしてみた。あらためて見て違いがわかったかな?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック