FC2ブログ
2016年09月04日 (日) | Edit |
今日の天気予報は午後から雨のはずだったが、一日晴れで夜10時現在まだ雨も降ってこない。
長野地方気象台は、午後1時前にこのエリアに大雨洪水注意報を発表したが、また空振りとなった。
夜になって注意報を解除した。
今日は一日東御市や隣の立科町でも総合防災訓練が行われていたようで、防災無線が朝から訓練の模様を放送していて賑やかだった。
FMとうみを通じて市から配布されたラジオから緊急放送も鳴りだして、うるさいくらいだった。
スマホのメールも防災訓練関係のお知らせが10件も入った。
我が家の周辺は、洪水や地震などの災害が起こりにくい場所なので、こうした情報も他人事のように感じてしまう。
自然災害で一番危険度があるのは風かもしれないが、それも10年近く住んでいて台風による強風は一度も不安を感じるようなものは経験していない。
最近は「過去にも例のない災害」といういい方を気象庁やマスコミが言うようになったので、過去の経験だけで安心してはいけないのだろうが・・・。
明日日本水彩上田支部の写生旅行の下見に行く予定になっていたが、先週の週間天気予報で雨となっていたので、8日に延期したが、今日の週間予報では、出かける先の大町方面は明日は日中晴れで、8日が雨となってしまった。
長野の気象台は予報を外すことが多いから直前まで様子を見ることにした。
朝一番で昨日蒔いた野菜の水やりをした。発芽するまでしっかりやる必要がある。
朝だけやれば済むと思っていたが、結局夕方もう一度水やりをした。
空を見ると青空と雨雲が混在しているような感じだった。
夕方の空
天気予報が悪かったので、今日も一日出かけずにジイ小屋で絵を描き続けた。
山の絵を完成させ、海外旅行4作目に取り掛かった。
今度は、チロルからイタリア北部のドロミテ山麓にある氷河湖のミズリーナ湖を描く。ここは2時間のフリータイムで湖を1周した。
景色や花を撮っていたら思いのほか時間がかかってしまって、集合時間の3分前にバスに戻る、というきわどい経験をしたところだ。
午前中にデッサンを仕上げ、午後から彩色を始めた。
まだ3分の1程度の出来あがりだが、例によって写真と描いた絵の比較ができる形にした。
構図や色彩の配置など、写真のとおりに描こうとしているわけではないので、同じにはならないが・・・。
絵の比較
今日の午後岩手の師匠から、サンマが送られてきた。
早速夕食にグリルで焼いてご馳走になった。
台風10号が上陸した大船渡漁港からの水揚げだ。
今朝獲れたばかりのような新鮮でプリプリした魚体だった。もちろん味は最高!
師匠から送られたサンマ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック