FC2ブログ
2016年09月15日 (木) | Edit |
朝5時に起きて信州釣行の下見に出かけた。
普段7時の目覚ましでも起きづらいのに、釣りに行くときはしっかり目が覚めるから不思議だ。
今日は朝食や水分もとらず、身支度だけして5時半少し前に家を出た。
まだ外は完全に明るくはなっていなかった。1か月前に比べると朝の日の出もだいぶ遅くなったようだ。
上田・菅平インターから高速に乗る前に、途中のコンビニで、朝食と昼食用のおにぎりとパンを買った。
一緒にホッとコーヒーも買った。最近のコンビニのコーヒーは、家で淹れるコーヒーと遜色ない味と香りのコーヒーが1杯百円で飲めるようになった。
道路が空いているので、7時10分には白馬村に着くことができた。
最初にHR川に行った。前回下見に行ったときは、午後4時ごろ帰りに立ち寄って、釣り始めると途中で雨になり、時間的に少ししか釣れなくて、魚影が濃いのか薄いのかも分からなかった。
渓相が思いのほかよく、下流のH川との合流点近くは、ほとんど水量がないのに、上流は意外と水量があったので、もう一度釣りに入りたかった。
今日は朝一番で、時間もたっぷりあったが、ポイントの多い割に当りは少なく、2時間ほどやって小さなイワナ2尾だけだった。
入渓した上流では、大がかりな堰堤工事をやっているので、信州釣行の際、みんなで入渓するには向きそうもない。
次にH川本流の様子を見に行った。
先月彩明会の例会で絵を描きに来た公園の周辺の様子を見たが、水の濁りが目に付いた。
先月絵を描きに来た時は、水が濁っていなかったのは、お盆明けでまだ護岸工事が始まっていなかったからだろう。
H川とM川の合流点まで行ってみると、H川の濁り水とM川の澄んだ水が対照的だった。
ここでは1尾釣りあげたが、魚影は薄い。
次に少し足を延ばして小谷村のN沢に行った。
シェフナベさんたちと行った時は散々だったが、水量は極端に少なくなっていたが、去年釣れた場所には、かなりの当りがあった。
結構相手にあしらわれて餌だけ取られてしまったが、ここでは3尾釣ったが、型は小さく1尾はリリースした。
ここは信州釣行で再挑戦してもいいかもしれない。
次に新潟県境まで行って今まで一度も入渓していないところに行ってみたが、先行者がいたので、竿は出さなかった。
あまり魅力的な渓ではなかった。
最後に、M川の上流部に行った。前回下見した場所より上流に入渓して、1尾釣った。
当りは、少ないが単独釣行ならもう少し時間をかけてじっくり攻めたい渓だった。
1時間釣って、午後4時を過ぎたので納竿した。
今日は、スマホを持って出るのを忘れてしまった。
釣っている途中で気が付いて、ひょっとしたら途中で落としたのではないかと心配になり、移動の途中で家に電話したら、忘れて出かけたことが分かった。少しホッとした。
最初に寄ったコンビニでは、公衆電話がなかった。
次のコンビニでようやく電話があった。近頃はコンビニでも公衆電話がない時代になったようだ。
10円玉3個を入れて、電話したらバアと話している途中で切れてしまった。
昔はテレホンカードを何枚も持っていて公衆電話を使うので何の不自由も感じなかったのに・・・。
午後6時過ぎに家に戻ったが、もう外は薄暗くなっていて、釣り道具の洗浄や片付けは明日やることにした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック