FC2ブログ
2016年09月17日 (土) | Edit |
今日は、午前9時から午後1時まで東御美術会会員展の受付当番だ。
車を運転できないFさんと二人一組で受付をするようにしてあったので、Fさん家経由で文化会館に行った。
9時過ぎの最初のお客さんは、里山同好会で一緒に幹事役をしているIさんだった。
音楽好きなIさんは、昨日のフォレストのコンサートを聴きにきた後も、ご夫妻で見ていただいたようだが、メールでジイの受付の日に説明を聞きながら鑑賞したい、といってジイの受付日にあらためて来てくれた。
他にも、入れ替わり立ち替わりでジイの知人たちが来てくれたので、地元出身のFさんが、顔が広いね、と驚いていたが、ジイの知り合いは、水彩画の他は里山同好会関係で知り合った人以外にはいない。
午後1時までの当番だが、午後1時30分から中央公民館で、上田支部展に出品する彩明会の作品研究会をやるので15分フライングで、文化会館を抜け出した。
Fさんはほかの人に家まで送ってもらうことにした。
中央公民館の近くのコンビニでお昼を買い、中央公民館に行って予約してあった学習室を開けて、段取りをした。
彩明会の会員が来るまで待ちながら、コンビニのお昼を食べた。
7人が集まって、顧問の先生の指導を仰いだ。
ジイが持って行った、1週間でのやっつけ仕事で描いた絵は、まだ完成にはほど遠かったが、逆にいろいろ手を加えるところを指摘してもらったので、仕上げに向けては大変参考になった。
支部展では2点出品することになっているので、もう1点は、今年の東京展に出すために描いて最終的に出さなかった、去年と同じテーマのみちのくの朝の渓流を描いた絵を、もう一度手直しして出すことにしようと思っている。
ジイは1点しか持って行かなかったが、他の人は2~3点持ち込んで講評してもらっていたので、全員の講評が終わると3時前になっていた。
研究会が終わった後、急いで家に戻って、畑仕事を始めた。
今夜半から明日は一日中雨の予報になっているので、今日畑をやらないとまた当分出来なくなってしまう。
去年は早く蒔きすぎて失敗した野沢菜の種蒔きが、毎年作っている人に聞いたら15日が目安と聞いていたので、もうそれから2日も過ぎている。
さらに、レタスの苗もポットからあふれてしまうほどの大きさになっているので、何としても今日やらなければならない。
畑の土は、3日前の雨でまだ水分が残っていたが、ミニ耕運機で耕して、元肥を入れて畝を立てた。湿り気があるのでサクサクとはいかなかったが、べとべとの塊にはならなかったので、苗を植えたり種を蒔いたりするのに支障はなかった。
レタスは、マルチをするか迷ったが、これから寒くなって行くので、マルチも高温にはならないだろう、と結局マルチを敷いた。
先日植えたハクサイやキャベツは順調に育っていたが、気が付くとキャベツが青虫に食べられて丸坊主になっていた。
油断して寒冷紗を掛けていなかったのが失敗のもと、遅ればせながら寒冷紗を掛けたが、まだ見えないところに青虫がいるかもしれない。
野沢菜は、今年の春、菜の花畑で有名な飯山市の菜の花公園に行ったときに貰ってきた野沢菜の種を蒔いた。
飯山の菜の花とは、種を取るために春先まで漬け物にしないで残しておいた野沢菜の一部が始まりだ。
作業を終えたらもう外は薄暗くなっていて、写真に収めることもできなかった。
今日もあっという間に過ぎた一日だった・・・。
ブログを書き終えたころ雨が降り出した。
明日は6時から道路の草刈りが予定されているが、雨でもやるのだろうか?
あさ5時半に起きる準備だけはしておこう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック